錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

島を歩けば何かに当たる

2018年11月09日 | 
巷では良く『犬も歩けば棒に当たる』なんて言いますが・・・
南の島を歩くと何かしらに当たるのです。
それが、これ・・・・


昨日のことですがサトウキビを植え付けを前に整地された畑の脇を車で走っていると、おっ!
クジャクが歩いてる。
そこで車を安全な場所に止めてカメラを向けると・・・・ 消えた
でも何処へ?
指先のカラスと見間違えたか?
いや、いくら何でもクジャクとカラスはサイズからして違う。


ならば、そのクジャクは何処よ!と畑の脇を歩いてみる。
もちろん毒蛇のハブも潜んでいるかもしれないけど・・・
すると、キョケッ!と一鳴きして一羽の鳥が飛び出した。
まぁ、こちらも何時飛び出しても良いようにスタバっていたので間髪入れずにシャッターを押す。
ところが、そこに写ったものはクジャクではなくキジだった。
突然飛び出すんじゃねぇよ!
って言うか、お呼びじゃない!


しかーし、その先に我がもの顔で闊歩する野良のクジャクを発見。
農作物を荒らす迷惑なクジャクなんて鉄砲で撃たれて食われっちまえ!ってね。
でも日本って国は、そう簡単にはいかないんですよね。


そして車へと戻ろうかすると・・・
電柱の先に一羽のカンムリワシが止まってた。
いやぁ・・・・
この南ぬ島(ぱいぬしま)を歩くと何かしらの生き物と出会うことができるのですが、何も考えずに無関心に歩いてしまうと一つの出会いもありません。
まぁ、それは人との出会いも同じかな?

今日の遊び相手

2018年10月23日 | 

今日の福岡県南部は朝から厚い雲に覆われていましたが、とうとう昼を前にして雨が降ってきました。
と、なると・・・
Cherryの心はマジ憂鬱。
って事で、外出を断念したCherryは雨の降る中でもできる仕事を探して何かしらやっていた。
が!

夕方近くになって西の空を見ると、これまでの雨は上がって青空が見えてんじゃん!
こうなるCherryは気持ちはアゲアゲの急上昇。
と、言うことで車に飛び乗り近場の海岸までお出かけですよ。


で・・・・
そこで待っていたのはトビ。
いやぁ、このトビはCherryの遊び相手(モデル)にはもってこい。
ただ、青空は見えていたも太陽は薄曇に遮られ、おまけに夕時って事もあって何となく薄暗い。
だからシャッタースピードは思ったように上げられない。
ならばISO感度を上げればイイじゃん!と思うけどISO感度を上げると画像は荒れる。
よし!
こうなったら暗くなってもアンダーで撮影し後は画像ソフトで誤魔化そう。


でも・・・・
これが限界かぁ?
とは言え、今日のトビは逃げることなくCherryの相手をしてくれました。
これが晴れた日中だったら最高だっんだろうけど・・・・


しかーし、それも束の間で・・・
再び、西の空からから厚い雲が流れてきました。
そして、その海には海苔養殖用の網を張るポールが立ち並んでたんでた・・・・
思えば季節は晩秋なんですね。
で、もう暫くすると海苔収穫で海が忙しくなる時期に突入です。

コシジロヤマドリ

2018年05月10日 | 

今日のお昼過ぎ、九州脊梁の稜線に添って敷かれた道を車で走っていると一羽のヤマドリ(Syrmaticus soemmerringii ijimae)が歩いていました。
いやぁ・・・
オスのヤマドリはニホンキジなどに比べると色彩的な派手さはないが赤いボディが美しかった。
そして、このヤマドリを撮影した場所は熊本県と宮崎県の境という点と腰部分が白くなっている事からして南九州亜種のコシジロヤマドリと考えて良さそうです。
でもって・・・・
今日のドライブは仕事絡みでのお出かけだった上に、そこで出会った生き物は、このコシジロヤマドリと車の前を通過した一頭のシカだけ。
おまけに谷筋では2頭のムカシトンボを見かけたものの近くの枝に止まることなくCherryの目の前をスルーして行き二度と戻ってくることはなかった。
と言うて事で『バイきんぐ』の小峠英二じゃないけれど・・・・
なんて日だっ!
こんなんじゃ、ストレス解消になりゃしない・・・ってね。

キュウシュウコゲラ 🐦

2018年03月17日 | 

今朝、福岡と熊本の県境に添うように敷かれた林道を車で走っていると・・・・・
最も小さいキツツキの🐦キュウシュウコゲラ(D.k. kizuki )を発見!
でも今朝はサクラを見るだけのお出かけだったので何時も使っているカメラが無い。
おまけにチョコチョコと動き回って大半がケツの画像だったり、場合によっては幹や枝の裏に隠れて、その姿は写り込んでない。
でもって、“ヨシ!撮れた”と思った画像は微妙にピンボケ・・・・
とは言え、こいつらのヤサ(縄張り)は分かったし、常に2羽で行動していたことから上手くいけば来月あたには営巣も見つかるかしれない。
と、言うことで・・・・
次回は本気モードで追ってやる。

ウミネコを見てたら・・・・

2018年03月15日 | 

ここ福岡南部の昨日の最高気温は23.1℃。
だから・・・
日中は窓全開で車を運転していても暑い。
と、言うことでCherryは今年初となるエアコンっちゅうヤツを入れてしまいました。
で、そんな春真っ只中の行楽日和という事もあって、お昼を少し過ぎた時間になるとお弁当を買い込んで海までGo!
やっぱ青空の下で食べるお弁当は美味い。


で、お弁当を食べ終わりCoffeeを片手に海を眺めているとウミネコがミャオー、ミャオーと鳴きながら群れ飛んでいました。
あのさぁ、Cherryが気分よく春を楽しんでいるんだから少し静かにしなさい。


でも、このウミネコたちもCherryと同じように今はランチタイムみたいです。
おー・・・ その口には、しっかりと魚を銜えている!
けど、その魚を横取りしようなんてヤツもいる。
これ正に泥棒猫ってかぁ。


ところが・・・・
このCherryは、ある影に気付いた。
ご覧の皆さんは分かるかなぁ?
ほらぁ・・・
画像の左端に二つと、右より中央の下付近に大きなのが写っているじゃないですかぁ。
よーく見てくださいよぉ。
いや、何も見えねぇし・・・
お前の目がおかしいんだよ!
   ・
   ・
   ・
   ・
ならば、これならどうですか?


黄色で囲った部分にグレーの影が見えませんか?
※白の指印はウミネコの影です。
囲っちゃうと分かり難いと思うので初めの画像で、その部分を注視すると見えてくると思いますよ。

はい、もうお分かりいただけたかと思いますが、その正体は・・・・


そう、その影は元気に泳ぐスナメリたちだったのです。
要するにスナメリたちが追っていた魚を上からウミネコたちが横取りしていたんですね。
と、言うこで・・・・
食事後のコーヒータイムがスナメリウォッチングへと変更されましたぁ。

モズとセグロカモメ

2018年02月08日 | 

今朝の、ここ福岡県南部の最低気温は-4.4℃を記録しました。
しかーし、昨日から今日にかけての天気はというと良く晴れて抜けるよな青空が広がっています。
と、言うことで外へと飛び出すと・・・・
河口では複数のセグロカモメが群れるようにして飛んでいました。
ただ、ここらの海岸では普通に見られるセグロカモメなのですが、飛ぶ姿が青い空に映えて美しいく感じるのはCherryだけかなぁ?


そして、電線に止まる一羽のモズ。
で、早速カメラを向けると・・・


しっかり上から見てやんの。(笑
そんなマジマジと見なくても、この Cherry は危害は加えないよ。
いやぁ・・・
外がどんなに寒くても、鳥たちは元気いっぱいに活動しているみたいですね。
って事で、Cherryも少しは見習わなくてはね。

ムシ 時々 トリ(笑)

2018年01月25日 | 
このところ、このブログでは鳥ネタが続きます。
と、言うことで・・・・
最近はムシ時々トリ。
そして場合によっては魚や爬虫類がUPされるでしょう・・・・ なーんちゃってね。(笑


って事で、早々にタゲリの登場です。
なーんだ、前にUPされた画像と同じじゃん!、なーんて思ったでしょ?
でも、良く見てくたさいよ。
こいつは立派なミミズ咥えているんですぅ。
地面を足先でカサカサと小突いていたと思ったら、そこへ頭を突っ込んでミミズを引っ張り出したんですよ。
まぁ、タゲリが良くやるミミズ狩りですが、土の中にいるミミズが良く分かるよなぁ・・・ って、何時も思うんですよね。


しかーし、タゲリの他にネタになりそうな鳥も近くにいなかったので河口・・・
いや、どちらかと言うと海と言った方が正しいのかもしれないけれど、そんな場所まで移動してみるとカンムリカイツブリの姿がありました。
ただ時期的に冬羽だった事からカンムリの謂れである、あの立派な冠は備わっていなかった。


そして、小さな港へ車を止めると、その脇に20羽ほどの群れでヤツがいた・・・
そう、ユリカモメ。
早速、エサを投げてみると直ぐに争奪戦が始まり、ギャー、ギャーと鳴きながら飛び交うユリカモメで港はパニック状態。
でも、そのうちにお腹が満たされたのか?沖の方へと飛び去っていき、Cherryだけが港に取り残されました。


でもって・・・
時間は日暮れ時の少し前と言うこともあって他に遊んでくれそうな生き物の姿は見当たらない。
ただ、時おり上から目線でCherryの頭上をミサゴが通り過ぎて行く・・・・

飛ばないのぉ〜!

2018年01月25日 | 
最近は個体数を減らし、あまり見かけなくなったユリカモメ。
そんなユリカモメですが、今朝は冷たい風が吹く海岸で一羽のユリカモメ見つけることができました。
そこで、大塚愛のさくらんぼ”の曲にのって・・・


飛ぶ?
飛ぶの?


飛ばないのね~


やっぱり飛ぶ?


なぁんで飛ばないのぉ〜

狩る者と狩られる者

2018年01月24日 | 

何時も群れているタゲリが今日は珍しくバラけていた。
そしてCherryが近寄っても全く動こうとしない。
何故だろう?
まぁ、おかげで撮影のチャンスには恵まれたのですが・・・


そして、一羽のタゲリをファインダーを通して追っていると・・・・
足を止めて何かに怯えてる様子。
何?
どうした?
何が起こった?
と、思ったら・・・・


近くの窪みに素早く身を隠した。
で、その行動に違和感を感じたCherryは、ファインダーから目を離し周囲を見渡すと・・・・


あっ!?
チョウゲンボウか?
いや、違う!
こいつはハヤブサ・・・
と、思った次の瞬間に・・・・


一羽のタゲリに襲い掛かった。
そしてタゲリの羽が周囲に舞散りトドメの一撃を喰らう。


そして、Cherryの視線を感じたのかハヤブサはタゲリを抱えたまま飛び立った。
何処へ行くぅ・・・・
すると、大きく旋回するように飛んで400m程先に舞い降りました。


降りた場所は把握できている。
そこでCherryは逆光にならないように道を迂回して、そーっと車で接近・・・・
で、ハヤブサを刺激しないように抜き足、差し足、忍び足で接近しながら撮影。
狩る者がいれば、狩られる者もいる。
弱肉強食の世界。
そして、これを可哀想と思うのであれば、毎日のように屠殺される生き物たちの事も考えてほしい・・・

頭上を飛ぶセグロカモメ

2018年01月24日 | 

ジョウビタキのジョビちゃんと別れて、Cherryは車で河口の堤防へ・・・
すると、遠い場所でトビとカラスがトラブっていた。
って、言うか・・・
こいつらは、本当に良くトラブルやつらですよ。


そして、そんな喧嘩なんか関係ないね!って顔して、セグロカモメが次々と Cherry の頭上を通過していく。
餌を求めて今からご出勤ですかぁ。
寒いから気をつけて行くんだよー
今日もご安全に・・・