錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

ウンカリーナの人工授粉

2018年08月22日 | 昆虫・植物
ネットでググるとウンカリーナの人工授粉し難しいらしい・・・
まぁ・・・
ウンカリーナの種は外観からしても独特だから簡単に人工授粉ができれば普通に流通するはずですよね。
ならばウンカリーナは何故に人工授粉し難しいのか、その花を部分的に切って中を確認してみた。


ん・・・
見た感じではキバナツノゴマと変わらない構造をしています。
が!
一つだけ違うところは葯に花粉が乗ってない。
何でぇ?
もしかして花は咲いたものの葯が成熟していないとか?
いや、それは無いよなぁ・・・
そこでCherryは考えた。
もしかして、このウンカリーナの授粉に関しては例の生き物が関わってんじゃないのかなぁ?って。


もし、そうだとすると・・・・
方法は一つ。
その生き物が行う事と同じことをすれば良い。
と、言うことで・・・・
推測した方法を実際に再現してみた。
ん・・・
どうかなぁ?
ただ、授粉が成立していなけば花柄からポロリと落ちるはずだけど3日ほどが経過した今でも落下せずに残っているし、子房の部分が何となく膨れてきているようにも感じられる。
ただし、思い込みだけで“ヌカ喜び”に終わるかもしれないけど・・・

所詮世の中 こんなもの・・・・ ってかっ!

2018年08月21日 | 昆虫・植物
何時だっかなぁ・・・?
植木鉢に吹き流し被せて交配と採卵をやっていたクロツバメシジミでしたが、今年の猛暑から成虫を投入した2日後には全べて死滅。
だから、その植木鉢を撤収しようとしたらメキシコマンネングサに独特の食痕を発見。
そこで、この植木鉢は元の場所に放置していたのですが台風19号の接近を前に幼虫を回収に取り掛かりました。
すると・・・・


早速、メキシコマンネングサの多肉部分に頭を突っ込んだ幼虫を発見。
投入から僅か2日で交尾して産卵してくれていたことに心から感謝。
で、その後、メキシコマンネングサを掻き分けながら探していると・・・・


おっ!
幼虫どころか既に前蛹なっている。
って事は・・・・


はい!はい! 蛹もありました。
けど、この台風19号が接近しなかったらクロツバメシジミが羽化していても気付かなかったかもしれない。
しかーし、回収できた数は累代に使った数よりも少ない。
ただ、少ないながらも雌雄の蛹は得られたので上手くいけば次の交配に使えるのだけど、所詮世の中って、こんなもの・・・・ってかっ!
おまけに・・・
今回は失敗したとばかり思って、これらとは別の蛹も用意したというのに結果はコレかい!

引き継がれた命

2018年08月20日 | 昆虫・植物

今月の3日に死んでしまったヤエヤマツダナナフシ(Megacrania tsudai)が産み残した卵から可愛い幼虫が生まれてました。
って事は・・・
親のナナフシは産卵を始めてから半年近くも生きてたんですね。
そして、この小さなヤエヤマツダナナフシは生まれたばかりだというのに硬いタコノキの葉っぱを早々に齧っているのが確認できました。
ただ、この時期の死亡率が最も高いもので暫くは慎重に見守ることに・・・・

餌取りのはずが・・・

2018年08月19日 | 昆虫・植物
昨日は早速、近くの山へとアオタテハモドキの餌を取りに出かけてきました。
以前と比べると最近は随分と暑さも和らいだとは言え、それでも目くそ鼻くそ・・・
やっぱり暑い。


で、その空を見上げるとティーウェイ航空のBoeing737-800が低空で飛んでいた。
そして、そこに写るアキニレの梢を見ると・・・・


ん!?
何か飛んでいる。
で、良く見ると・・・
それは紛れもなくヤマトタマムシではないですかぁ。
そこで、このヤマトタマムシを捕獲しようと車のトランクからネットを取りだしてロッドを伸ばすと・・・・ 届かない。
しかーし、車にはレイノスのXT820が乗っている。
と、言う事で急いでロッドをXT820に交換して伸ばす。
すると、自身の身長に8mが加算されるので10m近くまでの虫は捕獲できる。


へへへっ!
ヤマトタマムシGET!!!!!
いやぁ・・・
こうなるとCherryは欲という名の魔物に憑依され次から次へと鬼採りですよ。
そして気づけば、陽は西へと大きく傾いてた。
って言うか・・・・
本来はアオタテハモドキの餌取りで山へと出かけたんだけとなぁ。

3種類の Acanthaceae 食い

2018年08月19日 | 昆虫・植物
先日、ある方のご厚意でAcanthaceae科を食草とする3種類の幼虫を頂きました。
いやぁ・・・
今年は飼育材料が少なっただけに本当にありがたいことです。
で、その幼虫と言うのが、これ。


葉裏の色からして、あの偽物タテハの幼虫です。


そして、こちらは青い偽物タテハの幼虫。
こいつが無事に羽化したら累代して楽しもうかと画策しています。


でもって、こいつは大きくなるチョウだけに大飯食らいの幼虫です。
そして、こいつが食べる本来の食草は手元っていうか・・・ 自宅の裏庭に十分な量が用意できているのですが、今回の飼育は代用の食草探しでのトライです。

と、言うことで上手く代用の食草が見つかれば良いのですが・・・・
ただ、最初にUPした画像の幼虫はJusticiaの一種を部分的ですが齧ってました。

ウンカリーナが開花

2018年08月16日 | 昆虫・植物

マダガスカルの半砂漠地帯に自生する多肉植物のウンカリーナが黄色い花を咲かせましたぁ。\(^o^)/
で、そうなると種が欲しい。
だから、このチャンスを逃すまいと筆先に花粉を絡めて受粉しようとするも・・・
花粉が筆先に付かない。
なんでぇ?
もしかして、もしかすると受粉させる時期を逸していましたのかなぁ?
でも、まだ蕾はある!
と言うことで・・・・
次は必ず受粉させてやる!

ん!?  ん・・・・  マジかっ!

2018年08月16日 | 昆虫・植物

いやぁ、今年の7月は暑かった。
って言うか、今でも十分過ぎるほど暑いんだけど・・・
だから吹き流しで交配から強制採卵をしていたクロツバメシジミは数日で死んだ。
そして、それらが産卵した卵を気無作為に抜き取って孵化を待ったが、その全ての卵が孵化することなく萎んでしまった。
だから、仕切り直そうと新たなケージを組みはじめたところ・・・
ん!?
ん・・・
このベトベトに食い散らかした痕ってクロツの食痕だよね?
マジかっ!
ならば、もっと有精卵を産んおくれよぉ・・・

セット完了

2018年08月15日 | 昆虫・植物
今日、8月の15日は終戦記念日。
いや、そうだけど・・・・
お盆ですよ。
それも先祖の霊を送り火と合わせて鐘楼船で送り出す日。
だから、今日のCherryは一日、自宅で待機となる訳ですが・・・
そうなるとCherry的には暇で暇で仕方がない。


と、言うことで・・・・
オオクワガタの産卵セットを組みましたぁ。
って言うか台風も接近していたことだし、最悪の時にはと数日前に朽木を仕込んでいたんですよね。
そして・・・


その朽木をCherryブレンドのマットで埋めてゼリーも入れた。
後は、この2つのプラケに、それぞれ1♂と♀2の計3頭のオオクワガタを投入しました。


さぁ、この♂のオオクワガタには頑張って交尾したもらって、たくさんの卵を♀には産んでもらいましょう。
でもって・・・・


事の序とばかりに今日はカブトムシの産卵セットも組んじゃいましたぁ。
こちらも、たくさん産んでくれれば良いのですが・・・

ずーっと 豆でも食ってろっ!

2018年08月15日 | 昆虫・植物

昨年から我が家の玄関先で頑張っていた蘇鉄の新芽を無断で食ってたクロマダラソテツシジミの幼虫。
その幼虫を先日、無銭飲食の現行犯で身柄を確保したのですが、このお盆の時期に殺処分するのも如何なものかと飼育することにしました。
しかーし、だからと言って蘇鉄の新芽は食べさせませんよ。
と、言うことで与える餌は・・・  
店頭に並ぶインゲン豆。
好き嫌いは言わせねぇよ!
だって、俺の大切にしていた蘇鉄の新芽を食っていたんだから“ずーっと インゲン豆でも食ってろっ!”ってね。

久々に天蚕のヤママユガ

2018年08月15日 | 昆虫・植物

台風15号が接近する中で夜の山へと出かけたCherryは、漆黒の闇の中で天蚕のヤママユガを発見。
いやぁ、今年は仕事の都合で街灯パトロールも儘ならず本当に久々の対面でした。
で、その上を見ると♂の姿も・・・
さては・・・
こいつらは先ほどまて交尾してやがったな。
そこでCherryは車のトランクからネットを取り出して、交尾を終えたばかりの♀のヤママユガをGET!
よし、これで今日から強制採卵たぁ!
なーんて、ちょっとだけ勇んでみたものの現在接近中の台風には逆立ちしても勝てません。
と、言うことで、台風が通過した明日の夕方から強制採卵を始める予定です。
ただ、その数は20個もあれば十分なんだけど・・・
しっかし、こんな時間に帰ってきたCherryはマジ眠い。