こばとの独り言

ひたすらに趣味を語るブログ。
【18禁作品がメインの為、閲覧は自己責任でお願いします】

「アマアネ -My Sweet Sister-」 あらすじ・感想

2019年09月08日 11時45分00秒 | Campus

2019年8月30日発売、Campus作品「アマアネ -My Sweet Sister-」をプレイしてみました(*'▽')

しばらく入院してたのでプレイするのが遅くなりました。
まぁそもそも、自分、何故か抱き枕カバー「だけ」予約してたんですよね・・・届いていたダンボールを開けたらソフトが入ってないことに気付いたんですよ。それで調べたら、抱き枕カバーとソフトは別売りだと知りましたw 今までは抱き枕カバー「付き」だったからなぁ・・・勘違いしてたわ(´ー`)
そのため、今回はダウンロード版になります(爆)

アマアネ -My Sweet Sister- キャラクター紹介
久城悠太
本作の主人公。麻保志学園後期課程2年生。学園広報部所属。Webデザイナーの父親に憧れ、同じWebデザイナーになることが夢。しかし、その父親を数年前に亡くしている。父親を失った後は夢を諦めようとしたが、父親の作ったサイトを見て、再び夢を追いかけることにした。真面目な性格でしっかりしており甘えるのが苦手で、人の頼みを断れないお人好し。
3年前に母親が再婚し、義父と義姉が出来たが、2人とも外国に住んでいたため、披露宴のときにしか会ったことはなかった。再婚後は母親が義父の下へ行ってしまったため、3年間一人暮らしをして寂しく感じていたが、義姉のアリスがやってきたため、寂しさも無くなったようだ。

久城アリス

悠太の義姉。長い金髪を持つ美少女。少し天然でドジも多いが、前向きな自分の気持ちをストレートに伝えてくる。しかし、悠太と出会うまでは引っ込み思案で人見知りが激しく友人もいなかった。そんな自分を変えてくれた悠太に一目惚れ。出会ってから3年後、悠太のお嫁さんになるべく来日し、麻保志学園後期課程3年に編入された。
義姉の下で花嫁修業を続けたため、家事は得意。世話焼き好きで義弟のお世話をするのが大好き。しかし、義弟のことになると暴走しがちになるのが玉に瑕。悠太の事は「ゆーくん」と呼ぶ。ライバルは深谷ねね。

深谷ねね

悠太の同級生。他人と関わることが苦手な上、物事をはっきり言うタイプ。学園きっての秀才で、第四化学準備室を研究室として私室として利用して日々怪しい実験を繰り返している。研究に没頭するあまり、食事はあまり気にしないタイプだが、大好物のメロンパンには目がない。
悠太(学園広報部)には自分の研究室の一部を分け与えている。アリスが来日するまでの3年間で悠太が何度も電話で彼女の事を話していたため、アリスから“恋のライバル”と思われてしまっている。

アマアネ -My Sweet Sister- あらすじ
3年前に母親が再婚し、その時に出来た義姉が日本にやってくるため、空港まで出迎えに行った久城悠太。3年ぶりに会った義姉のアリスはすっかり大人っぽくなっており、人見知りだったはずの性格も変わって明るくなっていた。“家族”がいる生活を楽しみにしていた悠太だったが、再会してすぐにアリスが「ゆーくんのお嫁さんになる」と告白してきたため、その期待は脆くも崩れ去ってしまうのだった。
義姉との生活が始まったものの、“姉”としてだけではなく“異性”としても接してくるアリスに対し、悠太は戸惑いの連続だった。家族として接しかった気持ちと、男として答えを出さなきゃいけないという気持ちの狭間で揺れ動く中、悠太は偶然、アリスのオナニーを見てしまう。
オナニーを目撃したことで、ますます異性としてアリスを意識してしまう悠太に再び試練がやってきた。麻保志学園に編入されたアリスは、家だけじゃなく学園でも人目をはばからずスキンシップを取ってくるため、悠太は注目の的になってしまっていた。放課後、学園広報部の仕事でアリスと一緒に行動し、その日の夜、依頼されたポスター制作で行き詰まり悩んで自信を失いかけていた時、彼女から“想いこそが自信になる”と言われ、“実績こそが自信になる”と考えていた悠太は、考えを改めることにした。
その後、アリスのアドバイスで前向きに考えるようになった悠太は、部活の仕事に区切りをつけ、明日行われる小テストの勉強をしていた。テスト勉強も一段落したところで、お風呂のスイッチを入れ忘れていた事に気付いた悠太は、お風呂場に向かうが、お風呂場から全裸姿のアリスが出てきて驚いた。裸を見られたことを気にしないアリスはずっと全裸姿を悠太に見せつけるが、悠太はそれに耐え切れず慌てて自室に戻ることにした。そして、彼女の全裸姿と先日のオナニーが頭の中に蘇り、我慢できずにオナニーを始めてしまう。アリスをオカズにオナニーをしていると、アリスがやってきたため、慌てた悠太は転倒し大きな音を立ててしまう。音に驚いたアリスは心配して悠太の部屋に入るが、悠太はアリスにオナニーしていたのがバレてしまうのだった。
アリスにオナニーしているのが知られてしまった悠太は“終わった”と思ったが、彼女は悠太のオナニーを手伝うと言って、手コキを始めた。最初は抵抗があった悠太だったが、アリスの行動を止めることが出来なかった。行為が終わった後、アリスはこれからもオナニーしたい時は呼んでねと言い、悠太はそれに頷いてしまう。翌日、悠太は気まずい気持ちでアリスと会うが、元々悠太の事が好きなアリスは手コキしたことを気にしていなかった。そして、悠太も自分の気持ちが変化していた事に気付いていた。だから、再会してからずっと保留にしている告白の返事をする決断をしたのだった。
アリスはねねに悠太の嫁として認めてもらって喜んだが、ねねから「悠太は面倒なやつだ。アリスは悠太のことを理解していない」と指摘され、自分よりも悠太のことを知っているねねに対抗心を燃やし、彼女に勝手に挑戦状を叩きつけていた。一方、アリスに告白すると決めた悠太ではあったが、どうやって伝えたら良いか悩んでいた。アリスが学園広報部に入部し、人手が増えた事、そして、姉の評価を落とさないためにも頑張ろうと不眠不休で部活の仕事に明け暮れていた。しかし、そんなある日、悠太は部室で倒れてしまう。ねねから連絡をもらって急いで学園に戻った。命に別状はないが、保健室で深い眠りについている悠太を見て、アリスはショックを受け、悠太の異常に気付いていながら何も出来なかったことを後悔していた。悠太を幸せにする・・・悠太に惚れてからずっと心に誓っていた部分が揺らぎ始めていた。自分を責めて落ち込むアリスに、ねねは「これが初めてではない」と伝えた。この1年間で何度も同じ事を繰り返している。それが悠太の「面倒なやつ」とねねが評した理由だった。バカがつくほどのお人よしで頼まれたら断れない性格。自分よりも誰かを優先してしまう人。アリスにとっての「悠太への想い」と、悠太にとっての「誰かのためにという想い」は「誰に何を言われても付き通す強い想い」という点では同じだった。ねねは何度も悠太を止めようとしたが、止められなかった。だから、ねねはアリスにお願いした。悠太を変えてほしいと。今回の件で、自信を失っていたアリスではあったが、大事なのはこれからだとねねに励まされ、悠太を変える決意をしたのだった。
翌日、目を覚ました悠太は、しばらく安静にしていた。そして、回復したのを見計らって、再び仕事を再開しようとしたが、アリスから今受けている仕事は顧問にお願いして全て取り下げてもらったと言われ、勝手なことをしないでと怒ってしまう。しかし、アリスからお母さんのように人は簡単に死んでしまうから、もっと自分を大切にしてほしいと泣けれてしまい、そんな姉の姿を見て、悠太は激しく後悔した。自分もいつのまにか父親と同じように“家族に心配される立場”になっていたことに気付かされ、アリスを泣かせたことを反省した。迷惑をかけたお詫びとしてアリスの希望で一緒にお風呂に入ることになったが、そこで悠太はようやくアリスへの告白の返事をし、2人は恋人同士になったのだった。
翌日、悠太とアリスは学園に登校し、顧問から今後学園広報部への依頼は顧問を経由して受け付けることにすると伝えられた。そして、ねねに恋人同士になったことを伝えたが、ねねから「お前はアリスの願いを叶えられていない」と忠告される。アリスの願いは「悠太のお嫁さんになること」。つまり、恋人になるだけでは不十分だった。アリスへのプロポーズをどうするか考える悠太だったが、アリスをデートに誘ってそこで伝えることに決め、アリスをデートに誘う。そして、迎えたデートの日、日中はアリスと普通にデートを楽しみ、最後は夜に街を一望できる場所に彼女を連れて行った。そこでアリスに指輪を渡し、プロポーズをした。すると、アリスは微笑みながら目に涙を浮かべ、悠太のプロポーズを受け入れた。そして、卒業したら結婚式を挙げようと約束したのだった。
アフターストーリー
婚約し、ねねともより一層仲良くなり(?)、幸せな生活を送っていたアリスと悠太。そんなある日の事、先日悠太が倒れた件に関してお詫びとして顧問の先生から温泉旅行券をプレゼントされた。アリスは新婚旅行だと大喜びし、張り切って準備を進め、旅行当日を迎えた。温泉街で観光を楽しんだり、途中でお似合いのカップルとして雑誌の取材を受けたりして旅行を満喫した2人は、夜は一晩中セックスしたのだった。
幸せな日々を送る中、アリスは出産に関するドラマを見て、それに影響されて悠太の赤ちゃんを産む決意をし、悠太に精力のつく料理ばかりを食べさせていた。そして、アリスがあえてそういう料理を作っていることに気付いた悠太だったが、その理由が「悠太の赤ちゃんを産むため」だと知って驚いた。翌日、部室でねねを交えて家族会議を始めるが、まず子作りしようと考えたキッカケをアリスは話した。ドラマを見た後、妊娠と出産には事故がつきもので、今の医学でも流産や死産はゼロではない。高齢になればなるほどその確率が高まり、若くて体力があるほどそのリスクは低くなる。アリスは少なくとも3人は子どもが欲しかった。だから、早いうちに子どもを作りたかったと話した。そんなアリスの話を聞いて、今からだと資金とか学園のこととか色々と問題があると悠太とねねの2人はアリスを説得しようと試みた。しかし、アリスは既に両親に話して援助してもらうことになっている・・・つまり自分が外国の実家にいたときから両親公認だったと話し、2人は驚くのだった。
アリスが真剣であることを理解した(アリスの国では子どもを先に作って結婚は子どもが大きくなってからというのが珍しくないらしい)悠太は、結婚だけじゃなくその先まで考えることにした。そして、自分がどうしたいかを考え決断をして、両親や顧問にも相談した。その日の夜、悠太はアリスに自分の決意を伝えた。まだ両親に援助してもらう形ではあるけど、アリスと子どもを作りたい。なるべく早く自分で稼げるようになるためにも、報酬が出る外部からの依頼も受けていく・・・つまり、デザイナーのプロになるということだった。実際に1件企業依頼が来ており、悠太はそれを受けることにしていた。だから、悠太はアリスに子作りしようと伝え、2人は子作りセックスを始めたのだった。

アマアネ -My Sweet Sister- 感想
【九條アリスについて】
ただひたすらに弟のために頑張る(時々ドジして時々暴走する)お姉ちゃん!って感じでした。こんなお姉ちゃんが欲しかった・・・そして、甘えたかったw 家事とかは完璧にこなすけど、ゆるふわ天然系なお姉ちゃん。こんなお姉ちゃんに甘えられたら最高ですね!
あと、おっぱいも素晴らしい。大変よいおっぱいでした。( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
【シナリオについて】
まずは懸念事項だった主人公の変化について。序盤は主人公が若干ヘタレてたけど、一度反省してからは即決が多くなったし、素直にお姉ちゃんに甘えるようになったので、その点は良かったです。序盤少しヘタレたことは許そう(上から目線w
アフターストーリーはアリスお姉ちゃんの暴走っぷりがエスカレートしたり、ねねちゃんとのやり取りもだんだん面白くなっていったし、短いシナリオながらもイチャラブメインではあったし、概ね満足でした。まぁ出来れば、もっと甘えるシチュが欲しかったと思いますけどねw
残念な点は、婚約して子作りをするという話の流れだったにもかかわらず、最後に結婚式や子どもがいるシーンがなく、「妊娠してませんでした」というオチで終わってた点かな。まぁ主人公のことになると残念な子になるアリスお姉ちゃんらしいオチではありますが・・・そこまで話を作っておいてお預けはないだろうとも思った。続編を作ってそういう結末を見せるつもりなら本編はこういう終わり方でも有りだけど、今までのCampus作品で続編(1人のヒロインについての2作目という意味)は出ていないし、望みが薄いなら、ウェディングドレス着てるアリスお姉ちゃんか、赤ちゃんを抱いてるアリスお姉ちゃんを見せてほしかったかなって思います。
まぁでも、他は悪くなかったし、不満だったのは終わり方だけですかね。
【Hシーンについて】
Hシーンは12回・・・ですが、初体験まででオナニー1回、手コキ1回、授乳手コキ1回(手コキと授乳手コキは使いまわしで、おっぱいが出てるか出てないかの差分)、フェラ1回と4回分あるので、それを差し引くと8回ですね。ああ、あと、恋人になってからも使いまわしの授乳手コキがあるので、実質7回か。本番なしをシーン回数には入れたくないので、回数はそれだけです。本番Hも1枚ずつしか用意されてないので7枚。思ったよりも少ない印象になってはいますが、おっぱいはお風呂でのバック以外は見せてるので、おっぱい率に関しては満足かなw 個人的に初体験を迎えるまでのHシーンは少なくしてほしい・・・または、初体験前にシーンを挿入するのなら、その分、初体験後も多くしてほしいと思う。やはり、本番が無いというのは物足りない感がハンパないので。パイズリフェラに関しては、体験版で見られたので、満足でした。その後は夜通しHになってますし、あのHシーンは良かったと思います。ただ、案の定、1回だけアナルがありましたね。まぁ最初に普通にしてからアナルだったし、その分短かったので、見なかったことにします(´ー`) こういう作品ではアナルは止めろとあれほど(ry
まぁともあれ、おっぱいはしっかり見せてくれたし、声優さん的にも甘エロな声で良かったし、Hシーンは期待通りで満足でした。Campus作品はHシーンに外れがないのが良いですなぁ。毎回巨乳っ子だし、おっぱいも見せてくれるし、今後も続けてほしいものですな!
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
【その他】
Campusでは望み薄かもしれないけど、続編作ってほしいかなぁ~。もっとアリスお姉ちゃんに甘えたいし、おっぱいも見たいw

麻保志学園シリーズのあらすじ・感想についてはこちら↓
ハルウソ】【天文時計のアリア】【ナツウソ】【罪恋×2/3】【Triangle Love】【Deep Love Diary】【アキウソ
不運と幸運と恋占いのタロット】【初恋*シンドローム】【フユウソ】【忘却執事と恋するお嬢様の回想録
フルウソ】【ハレウソ】【二人と始める打算的なラブコメ】【その花が咲いたら、また僕は君に出逢う
恋音セ・ピアーチェ

麻保志学園シリーズのグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
「Deep Love Diary」初心なお嬢様千佳さんにぶっかけちゃえタペストリー
「フユウソ」RTキャンペーン第3弾りいちゅ先生直筆サイン入りイラスト色紙『和泉葵』
「フルウソ」和泉葵B2タペストリー

「アマアネ -My Sweet Sister-」の公式サイトはこちらから↓

アリスお姉ちゃんオンリーでフルプラ1本分作ってくれると嬉しいぞw 甘えるシチュとHシーンがメインで!ネタは尽きるかもしれないが(爆)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「アマアネ -My Sweet Sister... | トップ | 「幼なじみのお姉ちゃん先生... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みぞ)
2019-09-10 07:25:44
主人公の序盤部分のヘタレは気になりましたが、全体としてはイチャラブ多めだったし、声も良かったので僕も続編作ってほしいと思いました。

Hシーンに関しては使い回しが多かったのと、思っていたよりも本番シーンが少なかったのは、僕も気になりましたね。
イチャラブものなんだから本番シーンは多くして欲しかったし、本編で1回しかなかったのは不満でしたね。
付き合う前と後の使い回しHシーンは明らかにいらなかった気がしますし。
ただ、尺も長めで満足のいくシーンも多かったのは評価出来ました。

エピローグについてはやっぱり子供が出来て幸せなシーンが見たかったですね。最後の方にあれほど妊娠にこだわっていたので。
こんばんはです~。 (こばと)
2019-09-11 23:09:53
続編でもっと甘えるイチャラブが見てみたいですね。

本番じゃない使いまわしで回数を水増しされるのはイヤですね~。
まぁでも全体的には良かったですよね。えっちでしたしw

エピローグはやはり願いを叶えるところまで見たいですよね。アリスお姉ちゃんの願いはお嫁さんになることなんだから、最低限、結婚式までは見せてほしかったです。

コメントを投稿

Campus」カテゴリの最新記事