こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「新妻LOVELY×CATION」 あらすじ・感想その8 アペンドライフ編 vol.4

2017年08月31日 00時00分00秒 | hibiki works

新妻ラブリケのアペンドライフ第4弾!

新妻LOVELY×CATION アペンドライフ編 vol.4 あらすじ
栗原愛子編「妻の二面性?」(2年目8月)
親戚からのもらい物で珍しくお酒を飲んだ主人公と愛子。さほどお酒に強くないのに一気飲みした愛子はすっかり悪酔いしてしまいました。愛子の対応に苦慮してると、彼女は突然主人公を押し倒しエッチを始め、行為が終わった途端に寝てしまうのでした。
成瀬乃々編「これからのこと」(3年目8月)
出産予定時期まであと2ヶ月。乃々は双子ということもあって早産リスクを考え、24時間いつ何が起こってもいいように入院することになりました。出産時も大変なようですが、それでも乃々はどんなに痛くてもいいから無事産まれてきてほしいと言ってお腹をさすり、主人公もそれに手を添えます。
その後、2人は出産した後のことを話し合いますが、乃々は少なくとも1年以上は子育てに専念する必要があり、そのサポートとして主人公の母親もしばらくは一緒に住むことに決まっていました。乃々が復帰した後は子供たちを安心して預けられるところを探さないといけませんでしたが、それについては主人公に心当たりがありました。それは穂花も預けられている保育園でした。
主人公は2年ぶりに愛子と会いますが、愛子は以前と相変わらず優しく対応してくれて、保育園は生後6か月からでも預けられると教えてくれます。乃々の仕事復帰が早ければそれだけ余裕が生まれますが、0歳時でも大丈夫なのかと聞くと、愛子から慣らし保育をしていけば大丈夫だというアドバイスを受けます。ただ、それも個人差があるため、夜泣きが酷くなる可能性などリスクはあると言います。しかも、乃々が身ごもっているのは双子。身体が弱い可能性もあり、普通の赤ちゃんと同じようにあてはめてはいけないような気がしており、愛子も同意見だったため、主人公は生後1年から預けることにしたのでした。
保育園での話がまとまったため、乃々に報告しに行くと彼女は一安心しますが、主人公が愛子の名前を出すと急に具合悪そうにします。主人公は看護師を呼ぼうかと言いますが、乃々は大丈夫だと言い、単に女として見られなくなるかもしれないという不安があり他の女の人に嫉妬した・・・でもそれを我慢して流そうとしたらお腹の子が嫌がったと話します。主人公は不安にさせたことを謝り、乃々の手を握ってお腹を触ります。そして、今までずっと乃々を愛してきた、俺の2年半は乃々しかなかった、俺の子供のお母さんになってくれる乃々のことが一番大事だと伝えると、乃々は手を握り返してきて、子供を産んだら別人になってしまうと不安を吐露します。しかし、主人公はそれでも今まで培ってきたものだけは変わらないと言って乃々を安心させると、乃々は謝った後にありがとうと感謝の言葉を言うのでした。
石動雪編「優しさは誰のため?」(3年目8月)
「家へ帰りたいです」と突然言い出した雪。主人公は彼女が安定期に入ったこともあり、雪の希望通り家に戻ることにします。雪の実家を出るとき、雪の父親・実秋はこの家で暮らそうと言いますが、雪の母親・京香がそのくらいにしておきましょうと言って実秋を止め、主人公と雪はそんな父親を見て苦笑いしつつも家に帰ります。
久しぶりに家に帰ってきて、何故帰りたくなったのかと理由を聞くと、雪は両親が胎教に良いと言って流していたクラシックに飽きてしまったようでした。両親が善意でやってくれているのが分かっているだけに強く言い出せず、元々構うことは好きでも構われることは苦手な性格だったため、いっそのこと帰って有耶無耶にしてしまおうと考えたようでした。2人は親との距離感を保つのは難しいと思いつつ、ほど良い接し方を学んでいこうと考えるのでした。
その後、ショッピングモールまでベビー用品を見に来た2人はいくつか購入しますが、お店を出た後、先ほどのお店に雪の両親が入っていくのを見かけます。娘が出て行って落ち込む実秋を励ます京香は、私たちは雪を構い過ぎたと言って、実秋を諭します。京香も雪とずっと離れていたため甘えさせたくて仕方がなくて、娘の体調管理に気を遣って母親として教えられることを教えようとしたけど、それが気付けば過干渉になってしまったと反省していました。実秋もそれを聞いて、雪は親離れしたのに親である自分たちが子離れできていなかったと言い、2人はこれからはさりげなく見守っていこうと話し、雪たちに聞かれてもちゃんと答えられるようにベビー用品の下見をしようとベビー用品店に入っていきました。
その様子を見ていた主人公は親というのはこんなにも無条件で子供を愛しているんだと気付かされ、やっぱり理由を言わずに出て行ってしまったのは良くなかったなと考え、雪に話をしに行こうと言おうとすると、既に隣に雪はおらず、彼女は両親のところへ行っていました。雪は両親に声をかけ、自分たちのために下見までしてくれてありがとうとお礼を伝え、雪が産まれた頃の苦労話を知りたいと言います。すると、実秋は「そのうちな」と言って優しい笑みを浮かべ、4人で一緒にまだ不足していたベビー用品を見に行くのでした。

新妻LOVELY×CATION アペンドライフ編 vol.4 あらすじ
栗原愛子編「妻の二面性?」(2年目8月)
おっぱい見せなかった。以上、終わり。
成瀬乃々編「これからのこと」(3年目8月)
安定期に入っていると言っても精神的に不安定な妊婦である乃々ちゃんが色々と不安を話す内容。愛子先生に嫉妬までしちゃいます。乃々ちゃんを安心させるために信用できる人だという説明をしただけでも嫉妬されてしまうというのはなかなか妊婦さんは難しいところがありますね。まぁそれを受け入れてこそ男の甲斐性というものですが。・・・ただ、嫉妬深い子だと通常のときでも嫉妬しそうな気はしますw
ところで、他のシナリオで愛子先生・・・というか他のヒロインが出てくるのは珍しいですね。まぁ私も子供を預けられる場所と聞いて真っ先に愛子先生が思い浮かびましたがw なんていうか、やっぱりというか、保育園の先生をやってるときの愛子さんの方が良いなぁって思いましたねぇ・・・w
石動雪編「優しさは誰のため?」(3年目8月)
雪編の場合は両親に関するエピソードが多めって感じなんですかね。でも、内容的には1番良い気がする。真面目な話だけど、今回は心温まるエピソードでした。前半はちょっとだけ笑ったけどw
こういうのを見ると自分が産まれたときはどうだったのかなってふと気になってしまいますねw
アペンドライフ編 vol.4 感想まとめ
乃々ちゃんと雪ちゃんのエピソードに関しては悪くなかったです。いや、雪ちゃんのは良かったと思います(求めているアペンドの内容ではないですが、その辺はもう諦めた)。なので、今回のMVPも雪ちゃんです。
愛子さんのHシーンは論外・・・ううん、Hシーンはあと1回だけですが・・・ちゃんとおっぱい見せてくれることを願うばかりです・・・1番おっぱい大きいのにまったくおっぱい見せないとか詐欺ですか。今までのシリーズの巨乳っ子の中でも1番Hシーンが酷いです・・・。愛子さんは何ていうか、キャラは好きなんだけど、シナリオの内容やHシーンなど色々と恵まれてないなぁ・・・。

「新妻LOVELY×CATION」のあらすじ・感想はこちら↓
栗原愛子編】【石動雪編】【成瀬乃々編】【アペンドライフ編Vol.1】【アペンドライフ編Vol.2】【アペンドライフ編Vol.3
アペンドH・石動雪編

「新妻LOVELY×CATION」のグッズ購入品はこちら↓
成瀬乃々B2タペストリー

「新妻LOVELY×CATION」の公式サイトはこちらから↓ 

『新妻LOVELY×CATION』を応援しています!

愛子さんのシナリオとHシーンだけでも作り直してほしいです・・・。

コメント (4)

「アマカノ ~Second Season~ +」 公式サイト公開

2017年08月30日 12時00分00秒 | NEXTON系

2017年12月22日発売予定あざらしそふと最新作「アマカノ ~Second Season~ +」の公式サイトが公開されてます。

まぁ先週の金曜日の話なんですけどw エロゲの日からしばらくはどうしてもチェックが甘くなってしまいます(´Д`;)ヾ

内容的にはほぼ雑誌に掲載されていたのとあまり変わらないかな。ただ、店舗特典が公開されています。

雪静ちゃん大好きな私としてはアマゾンは外せないのですが・・・私は公式通販の方で買う予定です。アマゾンも予約すると思いますが、アマゾンは恐らく発売日には届かないと思うので。

ちなみに、公式通販の絵柄は、雪静ちゃんの水着メイド姿。かなり良い感じだったので、もうそっちは予約確定していますw

一応、絵柄も見たんですけど、こちらは会員限定の先行公開らしく、ネットでの公開は控えてほしいという通達が出ているので、後日公開された画像を見てみて下さい。雪静ちゃん好きな人なら公式通販が1番良いと思いますよw

公式通販の予約は9月29日からなので、ネクストンパスポート会員の方は要チェックです!

「アマカノ ~Second Season~ +」の公式サイトはこちらから↓
http://azarashi-soft.nexton-net.jp/amakano2+/

アマカノ ~Second Season~」のあらすじ・感想はこちら↓
高社雪静編】【沓野奏編】【硯川・ユーフラジー・涙香編】【一ノ瀬穂波編
アペンドその1】【アペンドその2】【アペンドその3

アマカノ ~Second Season~」のグッズ購入品はこちら↓
オリジナルサウンドトラック】【高社雪静スマホケース】【高社雪静抱き枕カバー】【ビジュアルファンブック

「アマカノ ~Second Season~」の公式サイトはこちらから↓ 

あざらしそふと3RD PROJECT「アマカノ~Second Season~」

雪静ちゃんの抱き枕カバー第2弾をお待ちしておりますw

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その7 四月一日奏恋編、感想まとめ

2017年08月30日 00時00分00秒 | まどそふと

最後は四月一日奏恋ちゃんでした~(*'∇')

四月一日奏恋 キャラクター紹介
奏恋は幸樹のクラスメイトでクラス委員。演劇部に所属していてこちらでも副部長という立場にいる。サバサバしていてちょっと(?)腹黒くあざといところはあるものの、明るく面倒見は良くて、男子のノリにもついていける。そのあざとさから下級生からはエロイ先輩という噂が流れており、一部からビッチと思われている様子。
奏恋が面倒見が良いのは、彼女には年の離れた双子の妹・奏歩と華音がいて、共働きで殆ど家に帰ってこない両親に代わって面倒を見てあげているから。家での奏恋は学園でのイケてる女子アピールとは程遠い家庭的な優しいお姉ちゃんである。というよりも、妹たちにとって奏恋は“お母さん”に近い。
奏恋は演劇部のエースであり、スカウトが来るほどの抜群の演技力を持っているが、家庭の事情を理由にあまり練習に参加しておらず、いつも脇役を担当しているが・・・。

四月一日奏恋編 あらすじ
奏恋が風邪で欠席した日の放課後、縁から昨日奏恋に用事を頼んで資料室のカギを預けたが、彼女が返さずに帰ってしまったから回収してこいと命令されます。幸樹は縁から奏恋の家の住所を教えてもらいカギの回収に向かいますが、見舞の品を持って行くと、風邪を引いたのは本人ではなく、妹の方であると判明します。
奏恋には華音と奏歩という2人の年の離れた妹がおり、今回風邪を引いたのは華音の方で、妹2人がプリンを所望したことから、丁度お見舞いの品として買ってきたプリンをあげます。その後、華音がお腹すいたため、これまた買ってきたうどんの材料が役に立ち、幸樹が作ることにし、奏恋は幸樹に料理を任せ他の用事を済ませることにします。その後も幸樹が妹たちの相手をしてあげた結果、奏恋は幸樹の学園でのイメージと違う姿に少し意識するようになったのでした(その後、本来の幸樹の目的を忘れていたことに気付きましたがw)。
それからというもの、奏恋の妹たちに懐かれた幸樹は、時々奏恋の家に遊びに行くようになっていました。一方、最近帰りの遅い幸樹のことを不審に思った兎亜は、未尋に尾行させ、幸樹が何をしているか突き止め、幸樹が奏恋の家で奏歩や華音と一緒に遊んでいるときに兎亜が勝手に家にあがりこんできます。兎亜は状況を確認するとすぐに帰ろうとしますが、帰って夕飯はピザを食べるという兎亜の言葉に、奏恋は夕飯を食べて行きなさいと言い、それに呼応するかのように妹2人も兎亜に懐きます。
妹2人のことは兎亜に任せ(若干不安はあったもののw)、幸樹と奏恋は一緒に夕飯を作りますが、幸樹が他の家事もしようとしたため、奏恋は家族でも特別な関係でもないのに悪いと気を遣います。しかし、幸樹は自分は家族でもなんでもない他人に救われたことがあると、親元から飛び出して未尋の両親に助けてもらった経緯を言い、そうやって助けてもらったから、次は自分の番であり、なるべく人の役に立とうという意識を持てっていると話します。それを聞いた奏恋は、幸樹が妙に大人びている理由に納得がいき、周囲に対して優しいところが好きと言い、その直後に自分がとんでもないことを言ってることに気付いて、慌ててそういう意味じゃないからと誤魔化すのでした。
翌日、昨日のことを尾行していたという未尋にも報告したところ、花音と奏歩が通う幼稚園でお遊戯会が中止になって園児たちが残念がっているという情報を教えてもらいます。気になった幸樹は奏恋に聞いてみると、その話は本当で、依頼していた劇団からキャンセルが入ってしまって中止になったと答えます。奏恋も何とかしたいとは思っていたものの、演劇部もコンクールを前にして急に他の行事を押し付けることは出来ないため、どうしようか困っていると言います。しかし、演劇ならともかく、人形劇なら特別な練習はいらないからいけるかもということになり、2人で人形劇をすることになりましたが、ナレーターなど他にもやることがあるため、奏恋はあと2人ほど人数を集めることにします。
金次郎と雅人にも人形劇に協力してもらうため、奏恋はプールの覗き穴のことを2人に男子部経由で教えますが、そこに幸樹もいたことに不機嫌になります。しかし、幸樹から委員長以外に興味ないと言われそうになって、奏恋はその場では怒った風を装っていましたが、内心は満更でもない様子でした。そして、休日。幸樹たちは奏恋の家に集まって早速人形劇の準備に取り掛かります。人形劇の題材は「はさみ王子と光のお城」で、奏恋の妹が好きなお話だからという理由で採用されました。そして、作業に入りますが、幸樹と奏恋の間にある雰囲気・・・特に奏恋の様子から、雅人は奏恋が幸樹のことを好きなんじゃないかと考え、奏恋に幸樹のことが好きか確認した後、金次郎と一緒にキューピッド役を買ってでます。すっかり幸樹のことを意識するようになっていた奏恋は2人に協力してもらいますが・・・。
準備は順調に進み、本番前日。この日は幼稚園でリハーサルすることになっていましたが、そこに向かう途中、幸樹は奏恋の持ってた荷物を持とうとして胸に触れてしまいます。奏恋は恥ずかしさから先に行ってしまい、幸樹も意識してリハーサルは失敗し、先生方に心配されるも奏恋のフォローもあり、どうにか無事終了します。幸樹は奏恋に大丈夫かと心配されますが、特訓するから大丈夫と言い、金次郎から委員長とやったらどうかと言われたものの、幸樹はひとりでやるから大丈夫と言ってしまい、2人きりになれると思っていた奏恋はショックで帰ってしまいます。雅人と金次郎の2人は幸樹の態度に呆れ果て、流石に今のは幸樹が悪いと怒ります。幸樹は奏恋のことを意識しているので今2人きりになったら練習に集中できないと言い訳し、雅人たちも一応納得して、それなら明日告白しろと言います。幸樹と別れた後、雅人は奏恋に先程の幸樹の言い訳を説明し奏恋を安心させた後、明日告白するつもりらしいと伝え、奏恋はそういうの言う必要ないと文句を言おうとしたところ、既に電話は切れていたのでした
そして迎えた本番当日。劇は昨日とは違い途中まで上手くいっていたものの、終盤に王子が行方不明になったヒロインの少女を見つけたシーンで、本来なら少女は王子の告白を断るはずが、華音と奏歩の一言で方向転換させられ、幸樹は告白せざるをえなくなります。保母さんたちも状況を理解し見守る中、幸樹は奏恋に告白。奏恋もそれを受け入れ、人形劇も雅人の強引なナレーションによりハッピーエンドに終わります。こうして2人は恋人同士になりましたが・・・。
付き合い始めクラスメイト達にも認知され、キスも済ませた2人。しかし、幸樹はまだ漫画のことは奏恋に話しておらず、用事があるからと奏恋と帰るのを断ります。奏恋は幸樹が何か隠していると思い、兎亜に聞きますが、兎亜はお兄ちゃんがいつか話してくれるとだけ言って教えてくれませんでした。そこで奏恋は幸樹が自分から気を逸らしているのがシャクだったためちょっと困らせようと考えます。幸樹が生徒会の仕事を終え、かおること一緒に「デレスク」の打ち合わせに行こうとすると、奏恋が生徒会室に入ってきて幸樹を連れ出します。そこは演劇部の部室でした。最初は柔軟運動のサポートをお願いしますが、次第に他の部分を触っていいと言い出し、やがて2人はキスをしてエッチするという話になります。幸樹は今まで遠慮していた部分がありましたが、奏恋からの誘いを受けて、打ち合わせよりも奏恋とのことを優先しようとします。さすがに奏恋は罪悪感が出てきたため、自分も妹たちを迎えに行かないといけないから、幸樹が用事を終えた後にまた会おうと約束して、その場は解散になります。そして、夜になり家の用事を済ませた奏恋は幸樹と待ち合わせするため外に出ますが、家に出た途端に幸樹に抱きしめられます。幸樹は我慢できなくて打ち合わせを翌日に延期させてずっと奏恋を待っていたようでした。そして、2人はホテルに行って初体験を済ませ、幸樹はその帰りに奏恋にかおるこのことはボカして漫画の仕事をしていることを伝えるのでした。
それから数日後、なかなか漫画のことについて本当のことを話せない幸樹。しかし、ようやくそのタイミングが訪れ、チャンプで漫画を描いていること、自分が原作でかおるこが作画していることを教えます。すると、奏恋は破廉恥な漫画をかおること描いていることに驚くと同時に他の女の子とエッチな内容を話していることにヤキモチを妬いてしまいます。幸樹は兎亜から女は面倒な生き物と警告を受けていましたが、それを今実感し、ひとまず奏恋を安心させるために、今度デレスクで奏恋みたいにヤキモチを妬く女の子を描いて見せると約束。しかし、奏恋はヤキモチをネタにされるのはイヤ、どうせ漫画のネタにするっていうならもっと違う私にしてほしいと言って幸樹を押し倒してエッチなことをします。そして、翌日、奏恋は演劇部がコンクール直前で脚本もまだ仕上がってなくてせっぱつまってるので幸樹を貸してほしいとかおるこに直談判し、かおるこも奏恋がヤキモチを妬いていることをすぐに察知して了承します。こうして、幸樹はしばらく演劇部で奏恋と一緒に行動することになったのでした。
それから幸樹は演劇部の手伝いを始めますが、今まで奏恋の部活でのことを知らなかったため、彼女の抜群の演技力に驚きます。普段彼女は家庭の事情であまり練習に参加しないため主役級を演じることはありませんでしたが、奏恋は演劇部の中でもスカウトが来るほどにズバぬけて実力があるため、今回は部長が押し切って主役を張ることになっていました。その後、奏歩と華音から両親が見に来るから張り切っているという話を聞き、奏恋が主役を受けた理由を何となく理解します。ッその後、幸樹の漫画の進捗具合が遅くなるなどのトラブルもあったものの、本番前日のリハーサルまで無事終了します。奏恋は下校途中に明日幸樹と両親を引き合わせると言いますが、そのとき母親から電話がかかってきて、奏恋の表情が曇ります。そして迎えたコンクール当日。演劇も無事に終わり、奏恋の演技力もあってか見事に優勝します。その後、生徒会メンバーで演劇部の人たちを労いにいきますが、幸樹はその時の奏恋の表情に何か違和感を覚えます。そして、両親が仕事で来られなくなったと奏恋は言っていたものの、表向きはさほど気にしていない様子で笑顔のままでしたが、幸樹の胸の中にそのことがしこりのように残るのでした。
コンクールから数日後。奏恋は妹たちのことを優先して全国大会での主役を辞退し少々騒ぎになりましたが、それでも演劇部は全国大会への準備を始めていました。そんな頃、生徒会室でかおるこが漫画の最後のコマで女の子が見せる自然な笑顔について上手く描けないと悩んでいて、アーシェに協力してもらって作り笑いと自然な笑顔を比べた絵を描きます。それを見た幸樹はふとコンクールが終わった後の奏恋の笑顔が作り笑いだったんじゃないかと思い始め、いてもたってもいられなくなって奏恋の家に向かいます。奏恋の家では今日が父親の誕生日だったことから、パーティの準備をしており、妹2人ははしゃいでいました。奏恋は幸樹が何か用があって来たのだと思い、買い物に付き添う体で外に連れ出します。奏恋は演劇部の話か聞きますが、幸樹が自分が何故奏恋のところに来たのか上手く言葉に出来ずにいると、奏恋のスマホに父親から仕事があって帰れないという連絡が入ります。奏恋は仕方ないと言い一瞬寂しそうな表情をしたものの、すぐに笑顔に戻りますが、幸樹はそれを見て、少しずつ自分が何を言いたかったのか言葉にします。奏恋は演技が上手だからどんな時でも笑えるんだろうけど、ずっと見ていたら作り笑いに気付いてしまう、笑って自分の感情を押し殺して済ませるなんて、そんなの悲しすぎる、辛い時まで無理して辛くないふりするなと。部活のことについても、奏恋がどんなに真剣に楽しそうに演劇に打ち込んでいたか見てきた、華音と奏歩も自分たちのことを理由にされたら可哀想だと。
奏恋はそんな幸樹の言葉に、私がワガママを言ったらどう変わるっていうのと言いますが、幸樹は言ってもないうちからどうにもならないって決めつけないでほしい、両親のことそんな分からず屋だって思ってるのかと聞きます。奏恋の大好きな人たちは、お前の大切なワガママひとつ聞いてくれないのかと。幸樹はこのことに関しては兎亜に感謝しつつ、ワガママ言われて困る方がまだマシだ、家族なんかそれでいいじゃないか、あの時本当はああだったと後で聞かされるのが一番嫌で一番怖いと伝えます。言わなければなにも変わらない・・・そんな幸樹の言葉に奏恋は父親に電話しようか迷っていましたが、幸樹はそんな奏恋の背中を押すため、強引にスマホを奪い取り父親に電話をかけ、父親のことを煽ります。それを見て奏恋もようやく父親と向き合うことにし、幸樹のことをフォローしつつ、今日は帰ってきてほしい、華音も奏歩もすごく楽しみにしてたんだよと伝えます。すると、父親は「奏恋ひとりにたくさん背負わせてごめん」と返事をして家に帰ることにしました。こうして、奏恋の生まれて初めての父親に対するワガママは無事に報われたのでした。

四月一日奏恋編 感想
奏恋編は付き合うまでの流れが非常に良かったですね。今までそれほど接点が多くなかった同級生とふとしたキッカケで近づいて、周囲が背中を押して2人がくっつくっていう同級生ヒロインらしい展開、私は大好きです!縁先生が1番のキューピッド役だったんじゃない?キッカケは縁先生の用事で行ったことですしw 付き合ってからもクラスメイトや演劇部の部員たちに生温かく見守られたり、奏恋編は割と普通な学生恋愛を満喫できるお話だったと思う。メインヒロイン4人がちょっと変わり者だったせいもあるんだけどw 後半は奏恋ちゃんの演劇部や家庭のこと・・・彼女自身が我儘を言えずに我慢していたことを幸樹が気付いて、我慢しなくていいと背中を押してあげるというお話になっていて、幸樹にしてはちゃんと動いたなと感心しました(爆) ただ、付き合う直前の練習を一人でやりたいと言ったシーン、あそこだけはダメだったな。あのときはまたやっちまったか・・・って思ったものだけど、その後は軌道修正してちゃんとすぐに告白してくれたのでそこは良かったです。ヘタレ主人公だとそういう余計な部分まで気になってしまうんですよねぇ・・・。まぁ奏恋編は他のシナリオに比べたらだいぶマシでした。
奏恋ちゃんは本編のときはアーシェ編でしかほとんど出番がなくて、そのときのやり取りから腹黒い小悪魔系の女の子って印象だったけど、家での奏恋ちゃんを見るとそのイメージが見事に吹き飛びますね。すごく良いお姉ちゃんしてた。奏恋ちゃんのエピソードの何が好きかって、妹2人の面倒をちゃんと見ている“お姉ちゃん”な奏恋ちゃんを最初から最後まで余すことなく見られるという点ですな。家事をしつつ、妹たちと一緒に遊んでいる幸樹を見て幸せそうな笑みを見せるところとかグッときましたわ。奏恋ちゃんはお嫁さんという点でもそうだけど、理想的な母親になれそうな気がします。お嫁さん度では未尋ちゃんに匹敵するかも。未尋ちゃんと同じ小悪魔系の子が恋愛したらどうなるんだろうと興味ありましたが、予想以上に良かったです。奏恋ちゃんが大好きになりました(*´Д`*)b
Hシーンは4回。メインヒロインの3人にも負けないおっぱいの持ち主というのは分かってましたが、なかなか凄かったですね。本番Hは4回ですが、最後のH以外はおっぱい見せます。正常位の1回目と騎乗位の2回目は幸樹の手が邪魔でしたが、まぁ及第点かな。初体験に関しては最後は手をどけてくれるのでそこは良かったです。2回目の騎乗位も手が邪魔だったけど、あのボリューム感はたまらんかった。3回目の部室Hは・・・パ○ズ○があったものの、これに関しては不満でした。何故着衣パ○ズ○なの?パ○ズ○はおっぱい見せなきゃ意味が無いのに・・・。奏恋ちゃんのHシーンで1番の不満点がパ○ズ○だったなぁ・・・期待してたのに・・・。本番Hの方はバックでしたが、後ろから見せているとはいえ、おっぱいは見えていたのでこれも及第点。出来ればあそこでエッチするなら窓に張り付いて正面から見せてくれれば最高だなとは思いました。最後のHは正常位だけど抱き合ってておっぱい見えなかったのが残念。でも孕ませHというシチュエーションは良かったと思う。それよりも母親にバレてて、幼い娘たちに説明するところはちょっと笑ったw 翌日の華音ちゃんと奏歩ちゃんの反応も良かったですw
一般シーンだと、やっぱり四月一日家でのシーン全部かな~。華音ちゃんと奏歩ちゃんが娘で、幸樹と奏恋ちゃんが両親って言ってもしっくりするくらい普通に所帯じみてましたよねw そこに兎亜ちゃんが加わったときも良かったです。さすがの兎亜ちゃんも幼い子2人を相手にして戸惑っていて、普段は見られない新鮮な兎亜ちゃんを見られて満足でした。まぁすぐに手懐けて妹指南を始めるのは流石ですがw 四月一日家のシーンはもっと見たかったなぁ・・・本当に微笑ましかったです。あとは雅人とサルが協力して2人をくっ付けさせたところかな。今までそれほど役に立ってなかった友人ポジションの2人が初めてまともに活躍しましたねw デートシーンがないのは残念だったけど、内容的には今回のFDの中では1番良かったです!最後に良い物を見られて満足でした(*´Д`*)b

ワガママハイスペックOC 感想まとめ
まどそふと初のFDってことで楽しみにしていましたが、メインヒロインについては不満の方が多かったかな。普通アフターストーリーってイチャラブメインになるはずなんだけど・・・気持ちがすれ違ってたり嫉妬されてあまり一緒にいなかったりスリの犯人を探したりで割とシリアスがあったのが残念だったかなー。まぁちゃんとヒロインたちが成長していくためのお話だから仕方ないんですけどね。もうちょっとこう何とかならんかったのかなぁ・・・アーシェ編なんてスリの話は別に無くとも良かったんじゃね?って思いましたし、未尋ちゃんのシナリオでは主人公がヘタレるし・・・(主人公がヘタレるのは他のシナリオでもそうだけど未尋編が1番顕著だった)。ヘタレ主人公はやっぱりダメだよな・・・だからこう、全てが不満ってわけじゃないけど、すっきりしなかったなーって感じ。それでも、サブヒロインの3人に関しては良かったと思います。特に奏恋ちゃんと千歳さん。千歳さんに関しては初体験までなら1番良かったです。ああいう展開には弱い。奏恋ちゃんはトータルで1番良かった、ずっと見ていたくなる四月一日家の日常でした。縁先生は以前のまどそふと作品らしいラブコメっぽさが出て良かったですね、意外と可愛かったしw 本来ならその本来のまどそふとのラブコメっぽさは未尋ちゃんの役目だったはずなんですけどねー、幸樹がヘタレたからなぁ。
ヒロインに関しては未尋ちゃんが1番というのは変わりませんね。変わる事はありえないw でも、奏恋ちゃんがそれに迫る勢いだったことは認める。未尋ちゃんに負けないくらいのお嫁さんっぷりと小悪魔っぷりを見せてきましたしね。この2人は何となく似ている部分が多いことに気付きましたねぇ~。家庭的なところや子供の面倒見が良いところ、そういう表面的な部分だけじゃなく、自分の意見を言わずに押し込めて我慢しちゃうところとか(まぁワガハイのヒロインには我儘を言いたいけど言えないっていう共通の問題を抱えてはいますけど・・・兎亜ちゃん以外ですがw)。未尋ちゃんと奏恋ちゃんの差は「先輩」と呼ぶかどうかの違いと、髪がピンクか赤かの違いですな(爆) そんなわけで、未尋ちゃんが1番好きだけど、奏恋ちゃんもすごく良かったということで・・・あとは千歳さんも良いですね。そこはかとなく感じる母性。学生時代の優しい笑みを浮かべる千歳さん最高でした。眼鏡さえなければ、かおるこさんや兎亜ちゃんを越えたかもしれません(爆) ええ、眼鏡だけは・・・眼鏡だけは何故かダメなんですよ、自分w まぁそんな感じで、最終的には、未尋ちゃん>奏恋ちゃん>>>>かおるこさん>兎亜ちゃん>千歳さん>アーシェちゃん>縁先生・・・かな。やっぱりお嫁さん度をいっぱい出していた2人は最強ですなw 千歳さんは眼鏡が(しつこいw
Hシーンに関しては個別ルートで散々言ってきたけど、メインヒロイン4人に関してはシナリオ同様に不満が多かったです。何故おっぱい見せない・・・?あれだけのおっぱいヒロインを揃えておきながら、あまりおっぱい見せないのは残念でした。本編ではそこそこ見せていたから期待していたぶん、裏切られた感じ。その分、サブヒロイン3人が頑張ってくれたのは救いです。奏恋ちゃんとか良かったですね~着衣パ○ズ○以外は。というか、パ○ズ○に関しては不満が1番多かったような・・・。まぁ1番良かったのは謎の母性を見せる千歳さんなんだけど、千歳さんは眼鏡が・・・(まだ言うかw
あとはカメラワークのON/OFF機能をつけてほしい。せっかくおっぱい見せてたのに、カメラワークで見えなくなってしまうのが本当にイヤ。特にパ○ズ○フェ○のときは動かさないでほしい。というか、カメタワーク自体が要らない。とはいえ、ああいうのがあった方が良いっていう人もいると思うので、ON/OFF機能で取捨選択できれば良いかな。現にそうしているメーカーはあるんだし。
これでワガハイも終わりなのかな?それとも好評ならまだ続くのかな?個人的には奏恋ちゃんのアフターストーリーが見たいです。四月一日家の日常はとっても良かったので、華音ちゃんと奏歩ちゃんの成長も併せて見守っていきたいなぁ~。妹2人を優しい目で見る奏恋ちゃん、本当に良かった・・・。
まぁそんな感じで。メインヒロイン4人に関してはシナリオの好みが分かれそうですけど、サブヒロイン3人に関しては普通に良かったので、そっちがオススメですね(´ー`)b

さてさて、お次も2017年8月発売タイトルになります~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

元々奏恋ちゃんは好きな方だったけど、今回のFDでますますどころか未尋ちゃんの次に好きになっちゃいました・・・。四月一日家の日常はもっと見たかった!

コメント (8)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その6 鷹司千歳編

2017年08月29日 12時00分00秒 | まどそふと

6人目は鷹司千歳さんです~。

鷹司千歳 キャラクター紹介
千歳は某週刊少年漫画の編集者で、幸樹とかおるこの漫画「デレスク」の担当をしている。まだ幸樹がネットに小説を投稿していた頃に目を付けて漫画原作としてデビューさせてくれた恩人でもある。
真面目な性格でクールだが漫画への情熱は本物で、よく幸樹と「デレスク」のネタについて熱く語り合っている。堅実でリアリティな考えを持っているかと思いきや、作品に求めるのは分かりやすいエンターテイメントで、辻褄よりも演出、リアリティよりも派手さを好む傾向にある。
幸樹の作品・・・特にネットに投稿した小説「紫苑の君へ」は千歳の好むジャンルとは違うが、何故か気に入っており、その理由は不明だったが・・・。

鷹司千歳編 あらすじ
幸樹が初めてネットに投稿した小説「紫苑の君へ」の書籍化にあたり、打ち合わせをすることになりますが、そこへ挿絵を担当することになったかおるこも同席します。いつも通りクールながらも作品への情熱を感じる千歳の姿に、かおるこが本当は担当部署が違うのにこの小説の書籍化は自分がやると言って押し倒したんですよねと言うと、千歳は珍しく感情を見せ驚いて少し照れた表情をして目が泳ぎます。更に幸樹の作品のどこが好きかと追い打ちをかけられ、千歳は目をそむけながら返答に困り、黙秘権を行使します。千歳との打ち合わせが終わった後、他の編集者に呼び止められた幸樹とかおるこは、千歳についてある依頼を受けます。それは彼女に彼氏がいるかどうか探りを入れてほしいというものでした。しかし、千歳との付き合いが長いかおるこは、絶対に彼氏はいないと断言しますが・・・。
数日後、かおるこは幸樹の小説の進捗具合が気になって鳴海家を訪問します。そこで「紫苑の君へ」の制作秘話について知りたいと言うと、兎亜はあれは幼年期のお兄ちゃんの体験談だと話します。幸樹は兎亜に話されるくらいならと自分からその小説の元となった自分の思い出を話します。
幸樹と兎亜はとあるTV局のお偉いさんの隠し子でした(この辺のことについては本編参照)。時期や季節などは不鮮明でしたが、ある時、公園のベンチに座っていた幸樹に制服姿のお姉さんが声をかけてきます。隣では兎亜が眠っていましたが、お姉さんは2人を見て、両親が心配していると言いますが、幸樹は心配なんかしていないとキッパリ答えます。お姉さんはどうしてそんなこと言うんです?と言って悲しそうな顔をしたため、幸樹は罪悪感に襲われますが、それでも正直に、お母さんは僕のことも妹のことも別に要らないからですと言います。母親から無視されているという鳴海兄妹の現状を聞いたお姉さんは、達観した男の子の発言に驚きますが、あなたはまだ子供でも良いんですよと諭し、お腹が空いていたようなのでご飯を食べさせ(とはいっても肉まんですが)、その日は遅くまで一緒にいてくれて、家まで送ってもらいました。それがお姉さんとの出会いでした。幸樹は母親が周囲の反応を恐れて引っ越すまでの間、時々そのお姉さんと会っており、自分たちの母親を真っ向から糾弾した彼女のことを信頼してましたが、それを恋だと自覚するには幸樹はまだ幼すぎたのでした。
その後、お姉さんに糾弾された後の母親は荒れ、子供たちへの負い目があるからか暴力こそ振るわなかったものの、束縛するようになっていました。幸樹はそんなこともあり、また騒動が起こったら今度こそお姉さんと会えなくなると子供なりに感じ取っていたため、家の状況をお姉さんに話すことはせず、小説家になりたいと将来の夢を話します。お姉さんは子供なら普通は漫画家を目指しそうなものでは・・・と言いますが、幸樹の家にあるのは漫画ではなく小説だけだったため、幸樹はあまり漫画を読んだことがなかったからでした。お姉さんの方も幸樹の雰囲気を察してか踏み込もうとせず、自分も親には医者になれと言われているけど小説家を目指していると話します。幸樹にとってお姉さんと話す時間は幸せであり、この頃には彼女のことが好きだと自覚していましたが、今の幸樹にとってそれは胸に刻まれた深い傷跡でもありました。お姉さんとの別れは唐突で、皮肉にもお姉さんが糾弾したことにより周囲を気にするようになった母親が引っ越しを決めたため、二度と会えなくなってしまいました。幸樹は、引っ越す直前にお姉さんへのラブレターを書いていつもい一緒にいたベンチに貼り付けておきましたが、それがお姉さんの手に渡ったかどうかも確認できませんでしたが・・・。
「紫苑の君へ」のプロットを千歳に提出した幸樹。しかし、いつもはズバッと直すべきところを指摘する千歳が抽象的な言葉しか言わなかったため、違和感を覚えます。そのとき、幸樹たちに千歳に彼氏がいるかどうかの依頼をしてきた編集者の姿が見えたため、かおるこがハッキリと聞くと、千歳は恋人はいないと答えます。幸樹たちは何故恋人を作らないのかと聞くと、千歳は付き合った先に結婚や出産があるが、子供と向き合うことの責任の重さなど色々なことを考えてしまって自信がないと答えます。“力になってあげることが出来なかった後悔”があるからと。そんな風に言う千歳は動揺している様子でした。かおるこはその様子に違和感を覚え、幸樹にもそれを伝えます。幸樹は千歳の異変には気付いていませんでしたが、かおるこに言われて次の打ち合わせのときに改めて千歳の様子を確認してみると、かおるこの言っていた通り、どこかいつもと違うこと、同時に自分と目を合わせてくれないことに気付きます。幸樹は自分がまた何かやらかしたのではと思い、気に障ることでもしたのか聞くと、千歳は激し動揺し何故そう思ったのか逆に聞いてきます。その千歳の反応に異変の原因が自分にあると感じた幸樹は、俺に対して思うところがあるなら正直に言ってほしいと言うと、千歳は知りませんと答え、2人は口論を始めますが、かおるこが仲裁に入り、お互い冷静になり謝ります。すると、少し落ち着いた千歳はいつも締切を破る幸樹の私生活に疑問を抱いていたところもあるので、鳴海家でホームパーティをしようと突然言い出します。
千歳の提案で突然始まった鳴海家のホームパーティ。流石の兎亜も戸惑いを隠せない様子でした。千歳は何故か兎亜のことをずっと凝視してましたが、パーティが始まったときに兎亜が自分たちのことを芸能人の隠し子と言ったことに驚き、2人に幼い頃はどこに住んでいたか質問します。幸樹が東永崎と10年前までは武蔵大杉だったと答えると、千歳は私も実家は武蔵大杉だと話し、激しく動揺し、予め買ってきた苦手なビールを飲み始めます。そして、完全に酔っ払った状態になったため、幸樹は彼女を家に送っていきますが、その途中で千歳は話したいことがあると言い、彼女の住むマンションの一室まで着くと、千歳は「紫苑の君へ」のエピソードに登場する手紙の内容について聞いてきます。そして、一旦私服に着替えると、千歳は一通の手紙を幸樹に見せます。その手紙を見て、幸樹は驚きます。何故ならそれは、幼い頃、お姉さんに向けて書いた手紙だったから。つまり、幸樹の初恋のお姉さん“紫苑の君”は千歳だったのです。千歳も今の今まで確信が持てないままでしたが、今日のパーティでの兎亜の一言で確信したようでした。千歳はあの時の子供が幸樹だと気付いて編集者として声をかけたわけではありませんでしたが、ネットに投稿された「紫苑の君へ」の中に何か引っかかるものを感じていたのは確かで、あの日からずっとあなたを探していたのかもしれないと話します。そして、幸樹が今夢に向かって人に恵まれて幸せに日々を過ごしていることを嬉しく思うと言って一筋の涙を浮かべながら笑顔を見せます。その笑顔は幸樹の記憶にあるお姉さんのものと一致します。しかし、千歳はこのままでは作家と編集者の適切な関係性が保てないと言い、幸樹はそんなのはイヤだと反論し、2人で「紫苑の君へ」を作り上げたいと訴え、千歳にキスをし、あなたのことが好きですと告白します。しかし、幸樹の気持ちを受け止めきれない千歳は、今夜限りという条件で幸樹に抱かれるのでした。
それから幸樹は「紫苑の君へ」のプロットの後半部分を変え、初期の“初恋のお姉さんに似た人”と“初恋のお姉さん本人”へと変更。かおるこは新しいプロットの方が良いと言いますが、千歳はあえてそうしているのか素っ気ない反応でした。幸樹は千歳があくまでそういう態度を取るのなら自分から変えていこうと思い、積極的に行動を起こします。そして、取材という名目でプールデートをしますが、帰り際にエッチするかどうかの話になり、あくまで仕事だと言い張る千歳に幸樹はお互い好きだからエッチできるのであって本能のままに求めるのはよくないと言って一歩引いてしまい、デートは結果的に失敗に終わります。しかし、その後、千歳の今後の打ち合わせは鳴海家でやりたいという提案を受け入れ、兎亜を説得して追い出して千歳と2人きりになりますが、千歳から先日の幸樹の発言について、まるで女性に本能はないような言い方は疑問を感じると言って、自分から迫ります。そして2人は、恋人同士ではなく、仕事に関係を持ち込まないことを条件に、ひとまずは身体だけの関係となるのでした。
しかし2人のそんな関係は長くは続きませんでした。幸樹に肩入れしすぎた千歳は、編集長からそのことを指摘され、改めて最近チェックしたプロットを見てみると、いくつか見落としがあったことに気付きます。このままでは良くないと感じた千歳は、“小説家になりたい”と言っていた幼い頃の幸樹の夢を思い出し、幸樹を信じて「デレスク」の担当を変更してもらうことを決意します。幸樹は担当変更の話を聞いて、千歳の考えを聞くために打ち合わせが終わった後に彼女の部屋を訪れますが、千歳が公私を切り分ける事が出来ず、幸樹の提出物へのチェックの甘さを指摘されたと言い、自分の手で幸樹の才能を腐らせることは出来ないと話します。幸樹はそれが分かっているなら、それを念頭に置いておけば大丈夫なんじゃないかと言いますが、千歳はそれは難しいと判断したからこそ自分から担当変更を申し出たと返します。幸樹は自分たちの関係はそんなものだったのかと食い下がりますが、千歳は自分としか仕事が出来ないという半端な気持ちでしか取り組めないのなら誰に対しても迷惑だから連載を止めてもいいと返し、まるで自分を誤魔化すかのように強引に話を終わらせるのでした。
千歳に関係の解消と言われショックを受けた幸樹はその言葉をそのまま受け入れ落ち込んでいました。見かねた兎亜は、落ち込む幸樹に対し、大事なのは自分がどうしたいか、周りにどう見られるかなんてどうでもいい、そういう「俺が我慢すれば」とか「こうするのがお互いのため」みたいなオチは大嫌い、ちょっとは根性を見せなよと兎亜なりに励まします。兎亜に励まされた幸樹は、再び立ち上がり、千歳と再び会う約束をします。そして翌日の放課後、幸樹は急いで帰って花屋で花束を買った後、待ち合わせの場所へ行き、千歳を待ちます。しかし、約束の時間から2時間過ぎても彼女が来なかったため、諦めよう・・・・とはせず、彼女の家に行こうとすると、千歳が無駄に引き延ばしただけ無駄でしたと言って姿を見せます。そして、言うことは分かっている、“自分は作家として成長して見せる。迎えに行くから待っていろ”ということでしょうと聞きますが、幸樹は元からそんなつもりはなく、違うと答えます。そして、誤解が解けたところで、幸樹は花束を千歳に渡し、「結婚してください」とプロポーズします。専業主婦になって俺だけの編集者になってほしい・・・大人になること止め子供のまま我儘に自分のしたいことをする・・・それが幸樹の出した答えでした。幸樹が自分を求める理由が関係を持った責任感でもあり、女として手放すには惜しいと感じていたからでもあり、お姉さんとしての面影が必要だったからでもあり、そして、編集者としての実力も含めて自分の全てが必要だったからと分かると、幸樹のプロポーズを受け入れ、ようやく2人は恋人同士(婚約済み)になったのでした。

鷹司千歳編 感想
千歳さんが初恋のお姉さんだったって分かって初体験を済ませるまでの展開はとても良かったんですが、その後が微妙だったかなー。距離を保った関係を維持しようとする千歳さんに対して、せっかく積極的にアプローチを仕掛けて良い感じだったのに(ここまでは良い)、肝心なところでヘタレてる。大人の立場がある千歳さんから何も言うことは出来ないと分かってるはずなのに、千歳さんの言葉を額面通りに受け取ってしまうとか、千歳さんも言ってたけど「バカなの?」ですね。それでも最後は千歳さんの硬いガードを完全に壊してくれたのは良かったですが・・・これも兎亜ちゃんのお蔭ですなー。
千歳さんは色々と厳しい人ですけど、そこはかとなく感じる優しさに母性を感じるというか、あの過去のエピソードを見てしまうと、余計に母性ヒロインに見えてしまいますね。千歳さんは口では色々と言っていましたが、結局、幸樹のやること全て受け入れていましたし。だから千歳さんの気持ちは決まってたんだし、あとは幸樹が覚悟を示して千歳さんの背中をちょっと押してあげるだけだったんだよなー。なのにあんなに拗れるとか・・・。手紙のシーンまでは良かったんですよね~本当に。ありきたりとはいえ、思い出のお姉さんが実は・・・っていうのは好みな展開でした。だから、普通に付き合って恋人になってくれれば尚良かったんですけどね~。セフレですからねぇ・・・しかも幸樹がヘタレっていうか「はぁ?」って思う行動ばかりしやがるし(初体験のときとプールに行った後の行動が矛盾してる、温泉に行ったとき温泉にも入らず日帰りで帰ろうとする等)、色々残念でした。あと、眼鏡。
Hシーンは4回。初体験は同意の上で幸樹が強引に迫る展開、途中2回はセフレとしてのH、最後だけが恋人Hになります。千歳さんも充分な巨乳ですが、美巨乳って言った方がいいかな。ボリューム的には兎亜ちゃん以外のヒロインと比べると物足りないですが、それでも充分大きく、形は良かったです。ただ、眼鏡がな・・・3回目のH以外は眼鏡かけてるのでそれが残念・・・まぁ眼鏡キャラだから当然なんですけどw しかも、唯一眼鏡を取ったエッチがバックでおっぱい見せず・・・どうやら、今回のワガハイOC、とことん私の好みを外したいらしいな(´ー`)?最初の2回でおっぱい見せたのに肝心の眼鏡外しエッチでバックでおっぱい見せずとか私にとっては嫌がらせでしかないわー。まぁでも、本番H4回のうち、3回でおっぱい見せたのは良かったです。1番は最初の正常位かな。騎乗位も良いですが、幸樹の手が少し邪魔だった。最後の正常位が所謂フライングち○こだったので、それよりかは最初の正常位がいいかな。未尋ちゃんもせめてこれくらい見せてほしかったぞ・・・。眼鏡以外で残念な点は、パ○ズ○ですね~、ただのパ○ズ○だったし、何よりアングルが微妙でせっかくのおっぱいが幸樹の身体で隠れてしまっている。それが残念でした。やはり、パ○ズ○は2つのおっぱいがちゃんと見えてる状態が良いです。
一般シーンだと間違いなく、過去エピソードと手紙を渡したのが千歳さんだったと分かるシーンですね。縦読みの告白とかもろもろひっくるめて非常に好みな展開でした。だからその後は普通に恋人になってほしかったかなーっていう思いはあります。心残りはプールデートでエッチしなかったことかなー。折角眼鏡取ってくれてたのに・・・あの水着姿好きだから、水着Hも入れてほしかったよ・・・幸樹のせいでそれが台無しになってしまったので、幸樹許すまじ(爆)

とりあえず、Hシーンの眼鏡なしバージョンを作って下さい(どどーん

さてさて、お次で最後になります。四月一日奏恋ちゃんです~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

眼鏡さえなければ・・・眼鏡が(ry

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その5 岩隈縁編

2017年08月29日 00時00分00秒 | まどそふと

5人目は岩隈縁先生でした~。

岩隈縁 キャラクター紹介
縁は幸樹のクラスの担任で生徒会顧問。彼氏いない歴=年齢で、休日は合コンなどに積極的に参加しているが、1度も成功したことがない。そのせいか、だいぶ性格が荒んでこじれてしまっている。
元ヤンだったせいか、ちょっと粗暴なところがあるものの、生徒のことをちゃんと考えている良い先生。しかし、普段の態度から生徒達から少し怖がられてしまっている。
実は武闘派レディースチーム「砥羅武髏(とらぶる)」の初代総長をしていた。尚、「砥羅武髏(とらぶる)」には恋愛禁止という厳しい掟があったが、きちんと守ったのは総長の縁のみで、縁が引退した後にすぐ解散したというある意味伝説のチームであるw

岩隈縁編 あらすじ
兎亜にお遣いを頼まれて駅前まで来た幸樹。そこで街コンをしている縁と音楽の中川先生を発見。2人の様子をしばらく見ていると、縁の合コンに中川先生が付き添っているだけのようでした。幸樹は見ているのがバレないように視線を外してその場を去りますが、帰ってきた後、街コンに失敗して酔っ払っている縁に見つかり、からまれてしまいます。そして、暴れそうな彼女をおぶって河川敷まで来ますが、そこで縁は幸樹を誘惑してきてフェラをします。その後、セックスまで要求してきたため、幸樹はタクシーを呼んで無理矢理帰らせるのでした。
翌日、昨晩のことが気になってそれとなく縁に聞いてみるも、縁が覚えてなかったようなので、自分が忘れればそれで済むと考えていました。しかし、縁は必死に演技で誤魔化しており、幸樹にフェラしたことはしっかり覚えていました。そして、この日から幸樹のことを意識して、生徒会メンバーに幸樹のことを聞いたり、授業中もつい幸樹のことを目で追ってしまうようになっていました。どうしても幸樹のことが気になる縁は、生徒会の顧問をしていることを口実に生徒会室まで様子を見に行きますが、生徒会室の前まで来ると、幸樹とかおるこが卑猥な会話をしていることに驚き、女の敵と言って殴り込みに入ります。
すぐ誤解は解けたものの、幸樹とかおるこの創作活動がバレてしまい、無許可を許すわけにはいかないと言いますが、幸樹がかおるこを庇ってかおるこにはアシスタントとして手伝ってもらっているだけだと主張したため、学園と漫画どっちを選ぶと幸樹に聞くと、幸樹は学園は自主退学して漫画を選ぶと答えます。縁はそんな幸樹の覚悟を認め、幸樹の停学処分だけで済むように動くことにします。そして、学園と編集部とで話し合った結果、定期テストや学園行事があるときは学業優先にして休載するということで決着し、停学も幸樹だけに下されることになりました。両者が納得する形で落としどころを見つけられた背景には縁が間に立って色々と動いていたおかげでもありました。かおるこはそんな縁の行動に感じるものがあり、家で幸樹と一緒にいた兎亜も同様のことを感じていました。つまり、幸樹に対してのアプローチが少しあからさまになっていたのでした。
幸樹の停学明け、しばらくの間、放課後はボランティア活動をすることになりましたが、そこには縁も同行していました。翌日、生徒会室でまた不穏な会話が聞こえたため、殴る込みをかけた縁ですが、前回と同じく漫画のネタについて話し合っていたたけで、何もありませんでした。ただ、前回と違って今回は未尋と兎亜がいたため、2人は縁を生徒会室に監禁し、査問会を開きます。2人によって次々と縁の過去が暴かれあっさりと陥落。流石に兎亜たちも若干罪悪感が出てきましたが、男と縁がないことを指摘されると、縁は思わず「男のチ○コくらいしゃぶったことある」と言ってしまい、縁が先日のことは覚えてないと思っていた幸樹は驚くと同時に最近縁が自分の近くによくいる理由に気が付きます。しかし、縁が恥ずかしさのあまり逃げ出したため、幸樹はそれを追いかけ何とか彼女を捕まえ、自虐する縁に対して自分が思ってることを正直に伝え、キスと初体験を済ませます。こうして、2人は恋人同士になったのでした。
それから周囲には内緒で付き合い始めた2人。幸樹は初めての彼女に浮かれて縁にも止められていたのに学園でもエッチなことをし続けていました。漫画の方にも支障が出始めていたため、胸騒ぎがした兎亜は未尋と一緒に決定的瞬間の動画を撮影し、ネットに流して社会的に抹殺すると脅します。その後、鳴海家に行って、縁は兎亜の試練を受けます。兎亜の試練はなかなか理不尽なものでしたが、元ヤンの縁はそれに屈することなく、兎亜と話し合った結果、兎亜には遠慮しなくていいと分かり、真っ向からぶつかっていくことにしたのでした。

岩隈縁編 感想
こういう恋愛と縁遠かった先生が恋に目覚めるとすごく可愛くなるっていうのは、良いですね。純情乙女全開な縁先生は可愛かったです。迫られると断れないとかw 何より、兎亜ちゃんと真っ向から張り合って対等に接することが出来る人間が現れるとは思いませんでしたw 搦め手を使う兎亜ちゃんとまともにやり合うなら、縁先生みたいな真っ直ぐすぎる人の方が良いってことですかね。半年後にはあの兎亜ちゃんが少し自立するという最も意外な結末を迎えましたしw まぁしかし、このお話でも幸樹は何もしなかったどころか、縁先生が止めろって言ってたのに学園でエッチなことして迷惑かけてましたね・・・結果的に兎亜ちゃんと未尋ちゃんに見られただけで済みましたが、普段はヘタレなくせにああいうときは積極的になるんですね。ただ、縁に告白したシーンはよく行動を起こしたと思います。付き合うまでの幸樹は割と好感が持てたかな。
Hシーンは4回。内1回は付き合う前でフェ○だけで終わってしまうのが残念。前戯だけで終わるのは回数に数えないでほしいです・・・。実質回数が1回少ないです。おっぱいが大きいので、期待していましたが、3回ある本番Hで2回見せてくれたので比率としては過半数は超えてますね。最初のエッチはどうせなら壁に手をついてバックを下から見る形にしてくれた方が良かったのに・・・野外だし。本番Hとしては2回目の保健室Hが1番良かったかな。騎乗位でおっぱいがじっくり堪能できて良かったです。最後はメイド服でパ○ズ○フェ○があり、アングルとしてはとても良かったんですが、何故かフェ○のときだけ顔部分が拡大されてしまい、肝心のおっぱいが見えなくなってしまうのが残念でした。かおるこ編でも言ったけど、カメラワークのON/OFF機能はつけてほしい。マジで。パ○ズ○フェ○っていうのは、おっぱいに挟まれながらフェ○されるという行為。それなのに、カメラワークで顔だけ映されたら、ただのフェ○にしか見えないじゃないか。それだと意味がないんだよ。パ○ズ○フェ○のときはカメラワークみたいな誤魔化しの演出なんか使わず、おっぱいに挟まれているのを見せてくれればそれでいいんだよ。何度でも言おう、パ○ズ○フェ○のときはカメラワークは使うな!!ヽ(`Д´)ノ
一般シーンだとデートシーンですかね~。ワガハイOCの中でも珍しいデートシーンでの1枚絵。フクロウと戯れる縁先生がすごく可愛かったですw 本当、乙女してるときの縁先生は油断できないですな~w あの破壊力はなかなかのものですよw

さてさて、お次は鷹司千歳さんです~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

兎亜ちゃんと親しくなった後の縁先生はもっと見たかったかも・・・たぶん、兎亜ちゃんの新鮮な一面をいっぱい見られると思うしw

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その4 鹿苑寺かおるこ編

2017年08月28日 12時00分00秒 | まどそふと

4人目は鹿苑寺かおるこさんです~。

鹿苑寺かおるこ編 あらすじ
かおるこの両親に挨拶に行ったとき、幸樹は自分たちの仕事について説明し、晴れて恋人同士として認められました。幸樹が家族間でのギクシャクを解消してくれたため、かおるこはますます幸樹に惚れてしまい、アーシェが引くほどベタベタするようになっていました。
そんなある日のこと。かおるこが相談したいことがあると言って、幸樹に事前の連絡もなく生徒会室にやってきます。幸樹が作家であるということについて、かおること両親の間で認識のズレが生じており、かおるこの両親は幸樹がいつか太宰治のような有名な文豪になると信じているようでした(かおるこの説明が悪かったせいですがw)。そして、かおるこの当面の悩みは、誤解を解くこともそうですが、両親が幸樹の仕事の現場を見たいと言い始めているということでした。
もうちょっと何とかできなかったのかという雰囲気はあったものの、皆で話し合った結果、文豪の雰囲気を出すために古民家レンタルで家を借りてそこにかおること一緒にしばらく住んでみることにします。そして、そこでかおることイチャイチャしつつ仕事もしてみますが、3日もするとやる事がなくなってきて、途方に暮れていました。千歳が様子を見に来て原稿を見ると、いつも以上にキレがあると評価しますが、それも抑圧の反動のようなものでした(ただし、もう1つの仕事である小説の評価については鼻で笑われた)。
幸樹の原稿が終わったため、次はかおるこが作画作業に入りましたが、やることがない幸樹は餌付けして棲み付いた野良猫のゴブリンと戯れてると、兎亜と未尋とアーシェが訪ねてきます。流石に生徒会メンバーが全員揃うと賑やかになり、その日は肝試しをしたり夜遅くまで大騒ぎし、日帰りの予定だった3人は結局泊まることになり、明け方帰って行くのでした。
古民家に住むこと5日目。この日は幸樹が最初にエッチなことを始めたせいか、かおるこは原稿そっちのけでエッチを優先してしまい、翌日慌てて原稿を進めることになりました。締切が過ぎているため、千歳からの催促の電話も幸樹が出ることになり、色々と嫌味を言われ、かおるこの手伝いをすることになります。普段見ることがないかおるこの必死な姿に幸樹もタジタジになりつつも手伝い、何とか期限までに原稿を提出。しかし、この日は両親が挨拶に来る日でした。
幸樹が徹夜明けでぐっすり眠っている間にかおるこが両親を迎えに行ったため、既に来ており寝顔まで見られていました。そして、最初はうまく誤魔化せたものの、夕方に千歳から電話がかかってきて、今度のセンターカラーの描写について言い争いになった挙句、その様子をかおるこの両親に見られてしまい、1週間にも亘って準備した文豪のイメージは脆くも崩れ去り、作戦は失敗に終わるのでした。
今回の件で幸樹に依存しすぎて迷惑をかけてしまったと反省したかおるこは編集部に1人で呼ばれたため、納期遅れの件で叱られるものだと思っていました。しかし、千歳の用件はそうではなく、かおるこにとって「デレクス」はそれほど恥ずかしい作品なのかという問いかけでした。文学は良くて漫画の原作は低俗と言われては、漫画に対して真剣に情熱を注いでいる私が穏やかではない・・・そういう千歳の言葉に、かおるこは自分がそういう考えに至っていなかったことを恥ずかしく思います。そして、千歳は、幸樹のことを信頼しているのは幸樹が作品に対して真摯だからであり、かおるこには幸樹のような情熱がないと言います。
千歳にもしも幸樹がいなくなっても「デレスク」を1人で描き続けられるかと聞かれ、かおるこは真っ先に“怖い”と感じ、自分ひとりでは何もできなくなっているほどに幸樹に依存していたのだと気付きます。自分ひとりで漫画を描けるくらいの拘りを、自分はこの作品に持てているか・・・改めて考えてみると、自信がありませんでした。千歳が怒っているのは、かおるこのそういう部分で、今回呼び出された理由でした。両親に対して幸樹の作品を説明できない・・・つまり、“幸樹の作品なんか恥ずかしくて親に説明できない”と言っているのと同義であり、「デレスク」は幸樹の作品である・・・かおるこは無意識のうちにそう見ている、この場に幸樹を呼ばなかったのはきっとそう言われたら彼はかおるこを庇うからと指摘され、かおるこは改めて幸樹に依存していたのだと思い知ると同時にますます幸樹のことが好きになり、千歳にあることを提案します。
後日。兎亜からネットのいもさらだのアカウントがパンクしていると聞かされ、その原因がしかくん先生のロングインタビューがウェブで公開されているからだと発覚します。そのインタビューは千歳との対談形式になっていて、しかも、かおるこが顔出しした状態で、いもさらだ先生との「デレスク」誕生秘話など作品に関する様々な出来事などが語られていました。そのインタビューの中で、かおるこはいもさらだに依存していたことを話していたり、彼女のことを1番よく知っていたと思っていた幸樹がその内容に1番驚いて衝撃を受けていました。幸樹はかおるこに電話し、かおるこもすぐ幸樹の家にやってきます。かおるこは今回の両親との一件について、最初に幸樹に「ウソは気が引ける」と言われたことを思い出し、最初からどうすればいいかなんて答えが出ていた、最初を間違えなければあんなことにはならなかった、両親に怒られるのがイヤで逃げてばかりだった怖がりな自分のせいだと言います。
かおるこは幸樹と一緒に作り上げた「デレスク」が大好きで、だからきちんと両親にもその漫画を見せて説明したと話し、両親は最初は目を白黒させていたけど、それでも向き合おうとしてくれている、これからは本当に私たち家族だけの問題だからと幸樹を安心させ、もう一度、幸樹にパートナーにしてくれますか?と聞きます。すると、幸樹は俺のパートナーはかおるこしかいないと答えます。こうして、鹿苑寺お家騒動は一応の決着を迎えたのでした。

鹿苑寺かおるこ編 感想
かおるこさん相変わらず天使でした。そして、かおるこさんの両親はやはりかおるこさんの両親なんだなって思いましたw 間違いなく、かおるこさんの天使のような性格は両親譲りですね、これwww かおるこさんは本当に癒し系ですなぁ~。一緒にいるだけで幸せになれそうですw
かおるこさんのシナリオは、前半はイチャラブ、後半はかおるこが潜在的に抱えていた問題についてですね。前半のイチャラブパートは導入部分こそ、それでいいのか?って思ったものの、未尋ちゃん達の出番もあったし、のんびりイチャラブってたので概ね満足でした。後半はかおるこさんと両親のことについてですが、かおるこさんが幸樹と一緒に作った作品についてどう思っているかを改めて考え、両親と向き合っていくことになりますが、ほぼかおるこさん側で解決しちゃって主人公は特に何もしてなかったのがちょっと物足りないかな。ただ待つだけで終わっちゃった感じ。まぁこの主人公はヘタレなんであんまり余計なことはしてほしくないですけどw
Hシーンは4回。かおるこさんこそおっぱい見せてくれるに違いないと思ったけど、半々だったのでまぁ普通かな・・・。最初の騎乗位が本番だったら良かったのに、素股だったのが残念でした・・・そこまでやってるのに何故素股?って思いましたね。しかもその後の本番はバックでおっぱい見せず。意味不明。2回目のパ○ズ○フェ○は良かったですが、未尋ちゃんのと構図がほぼ同じでしたね・・・アングルとしては好きなので別にいいけどw 最後の本番HCGが1番良かったけど、画面拡大の時間が結構長くて、肝心のおっぱいを見せる時間が少なかったのが残念でした。渦巻き作品とかにはある、カメラワークのON/OFF機能を標準でつけてほしいよ、マジで。折角おっぱい見せてるのにカメラワークで見えなくなるのは本当にイラッとする。というか、Hシーンにおけるカメラワーク自体がいらない。とにかく、オレが見たいのはおっぱいなんだ!ヽ(`Д´)ノ
一般シーンとしては、浴衣かおるこさんは良いですね。黒髪ロングに浴衣は本当に良く似合います。1番日本人らしい姿ですからね~。あとは肝試し。怖がるアーシェが面白かったのと、未尋ちゃんの動物に好かれる設定が初めて活かされましたねwww かおるこさんの「それどうやってるのー!?」って、私もそれ聞きたいwww 未尋ちゃんはアレだけでも食っていけるぞw

さてさて、お次は岩隈縁先生です~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

かおるこさんマジ天使!(*´Д`*)b

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その3 桜木・R・アーシェ編

2017年08月28日 00時00分00秒 | まどそふと

3人目は桜木・R・アーシェちゃんでした~。

桜木・R・アーシェ編 あらすじ
アーシェに看病してもらいつつエッチしてもらうという至福の夢を見た幸樹。目を覚ますとベッドの横で兎亜がじっとこちらを見ていました(あと、夢精してたw)。この日は卒業前の自由登校期間を利用して3泊5日でアーシェのいるウィーンに行く日でした。そして、無事ウィーンに着き、アーシェが迎えに来る間にカフェでのんびりします。そのとき、アーシェにプレゼントするために日本で買ってきたペアリングをニヤニヤしながら眺めていましたが、それを見ていた男がいて、幸樹が席を立ったときぶつかってきてペアリングを盗みます。幸樹は最初は気付かなかったものの、そばにいたおばさんが自分のポケットを指さして何か言っていたため、ようやくスリに遭ったと分かり慌てて追いかけたものの、荷物も持って走っていたため追いつくことができず、結局逃してしまうのでした。
その後、アーシェが迎えに来ますが、アーシェにはプレゼントのことは話していなかったため、スリに遭ったことは内緒にして、落ち込みつつも彼女の部屋に行きます。その日の夜はアーシェ特性の丼を食べて兎亜たちから預かったアーシェへのお土産を渡しますが、そこで本来なら自分もペアリングを渡すはずだったのに・・・と再び落ちこんだものの、アーシェに心配されないように表面上は元気を装っていました。
翌日、アーシェが学園に行っている間、街に出て犯人捜しをする幸樹。しかし、結局見つけることは出来ませんでした。しかも、犯人を見つけようと必死の形相だったのが災いしたのか、幸樹らしきアジア人が怖い形相で街を出歩いていたというアーシェの友達の目撃情報があって、アーシェに何をしていたのかと疑われてしまいます。幸樹はその場で適当な嘘を吐きますが、そんな幸樹の様子にアーシェは何か感付いたらしく、急に素っ気ない態度となりますが・・・。
翌日、アーシェに疑われつつも、何とか誤魔化した幸樹は再び犯人捜しをするために町を歩きますが、初日と同じ行動をしてみると、犯人の方が再びスリをするため幸樹に近づき、幸樹もそれに気付いて追いかけます。犯人を追いかけてようやく捕まえたものの、犯人は周囲の人に幸樹がスリだと言いふらしつつ殴ってきましたが、そのとき幸樹がスラれたときに盗まれたことを教えてくれたおばさんが通りかかり、周囲の人にどっちがスリかを教え、警察もやってきてあえなくスリが御用となり幸樹はようやくペアリングを取り返します。幸樹を疑ってずっと後をつけてきたアーシェは、スリを捕まえたことに喜んでいる幸樹とおばさんを見て浮気していると勘違いするも、その疑いはすぐに晴れ、盗まれた物を取り返そうとしたという事情を聞いて言ってくれれば警察に届けも出せたと怒りつつも、殴られた幸樹の身体を心配します。そして、幸樹は道の真ん中で、取り返したペアリングをアーシェにプレゼントするのでした。
3日目。この日は幸樹が帰る日でしたが、午前中はアーシェが張り切って観光案内します。しかし、昼食を食べて午後になると急にアーシェは元気がなくなり、寂しいと口にします。2ヶ月後、幸樹が卒業すればウィーンに引っ越してくると分かっていても、それまで離れ離れになるアーシェの寂しいという気持ちは変わらなかったため、2人は路地裏に移動して何度もキスを重ねます。そして、2人はエッチを始めて夢中になってしまったため、飛行機に遅れて土産も買い忘れたものの、幸樹の短いウィーン旅行は無事終わり日本に帰るのでした。
日本に帰ってしばらく経ったある日、アーシェから日本に一時帰国することを聞き、そのことをかおるこ達にも教えた幸樹。卒業式に合わせられたらいいのにという兎亜の言葉に幸樹はそれはどうしようもないと言いますが、かおるこは何か隠している様子でした。そして、迎えた卒業式。予定通りに式は進行し、現生徒会長である未尋の送辞と元生徒会長である幸樹の答辞を終え、幸樹がステージの袖に戻ってくると、そこには何故かアーシェがいました。驚く幸樹をよそに、卒業の歌の伴奏をするためにアーシェはステージ上にあるピアノに向かいます。そして、アーシェを知る2~3年生も彼女の存在に驚きますが、アーシェの演奏を聴くとすぐに静かになり魅了されるのでした。
卒業式が終わった後、アーシェは事情を説明します。事の発端は、幸樹がウィーンに来たとき、アーシェも卒業式に一緒に参加できないかと言ったことでした。アーシェはかおること相談して最初は卒業式を見るだけのつもりでしたが、かおるこは一緒に卒業式に参加できないかと学園側に掛け合ってくれ、アーシェが卒業の詩のときにピアノの伴奏という形になったようでした。2人は再会のキスを何度もした後、アーシェがかおるこ達と校門前で待ち合わせをしていると言ったため、幸樹は一旦アーシェと別れ、荷物を教室に取りに行った後、校門に向かい、そこで1年前の生徒会メンバーが集まり、記念撮影をします。その後、2人は校舎を一通り回って最後は思い出の多い生徒会室へ。そこでアーシェと出会ったことや、アーシェがいない間の1年間のことなど、色々話した後に思い出作りとしてエッチをします。行為が終わった後、幸樹の家で卒業パーティをすることになっていたため学園を出た2人は、校門を出たところでもう一度学園の方へ振り返り、もう2度と戻ってこない校舎に向かって「ありがとうございました」と感謝の言葉を言うのでした。

桜木・R・アーシェ編 感想
アーシェ編は前半がウィーンに行き、後半は卒業式のお話。前半はなんというかスリにあってそれを捕まえただけのお話で、あとはアーシェとエッチしてたくらいですね。だからイチャラブ的にはアーシェとのHしかないという。せっかく会いに行ったのに何故イチャラブを優先せず、あえてトラブルを持ち出したのかが分からん。
後半の卒業式はちょっとしんみりした雰囲気が出てたのは良かったですね。あの生徒会メンバーだけに何の感動も起こらないかなって思ってたけど、そんなこともなく、アーシェが伴奏するところとか、皆と一緒に写真撮影をするシーンはとても良かったです。特に記念撮影のCGは最高ですね。いかにも卒業式って感じがして。青春を語るなら必ず欲しい1枚です。まぁどっちにしろ、イチャラブ少ない気がするんですけどw というか、結構短くてあっさり終わった感じはする。
Hシーンは4回。最初が夢オチというのが微妙で、おっぱい見せる本番Hは2回だけ。全体では5回本番Hがあるので、微妙に少ないです。まぁ最後の本番Hは時折見せてる瞬間もありましたが(最後だけ体位を変えて連戦)、見せる時間も少ないので見せないという認識です。期待してたパ○ズ○もないし、アーシェも微妙だったかなー。本編では結構おっぱい見せてたのに、何故FDでは見せなくなるのか・・・。
一般シーンだと先程も言った通り、卒業式関連が良かったです。アーシェとのことだけじゃなくて、奏恋ちゃんや金次郎たちのことにも触れてたし、しんみりした卒業式らしい雰囲気は良かった。記念撮影には奏恋ちゃんとかも映ってたらもっと良かったですけどね、奏恋ちゃんはアーシェ編では活躍してたし、それぐらいは良かったのではとちょっと思う。まぁ生徒会メンバーっていう枠組みなら仕方ないですが。

さてさて、お次は鹿苑寺かおるこさんです~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

この子の場合は出来れば本編の途中からやり直してほしい気はする・・・途中までは良かった(´ー`)

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その2 鳴海兎亜編

2017年08月27日 13時47分41秒 | まどそふと

2人目は鳴海兎亜ちゃんでした~(*'∇')

鳴海兎亜編 あらすじ
兎亜との事を始め、色々なことがあって忙しかったものの、最近はようやく落ち着いてきた幸樹。兎亜との関係も以前のようなラブラブ感はなく、付き合う前の雰囲気に戻って・・・それよりも更に悪化して、何もせず完全に物置と化していました。我儘っぷりに拍車がかかっている妹の姿でも幸樹は可愛いと思ってしまい、つい世話を焼いてしまいますが・・・。
そんなある日の夜のこと。金次郎から電話がかかってきて、「お前、いもさらだ先生だろ!?」と電話がかかってきて、戸惑います。慌てて兎亜に確認を取ってもらったところ、すぐに出元を発見します。以前幸樹はかおること一緒に出版社のパーティーで面識のないグルメマンガの作家さんと写真撮影しましたが、その作家さんが許可なくSNSに写真をアップしてしまい、それが広まってしまっているようでした。30分後には消されたものの、既に拡散された後であり、長年かけて自分が積み重ねてきた“いもさらだ先生”のイメージが面識のない作家に崩されてしまったことに、兎亜は怒り心頭でした。
早朝、鳴海家ではもう1人の被害者であるかおるこも来て3人で相談します。ネット上では、兎亜が何もしなくてもこちらで情報を流そうとしていた、しかくん先生=男、いもさらだ先生=女という方向でまとまりつつありましたが、それでも怒りは収まっていませんでした。かおるこは学園や親にバレることを恐れていましたが、画像が流れたのはほんの30分程度であり、よほどネットに依存していない限り特定は難しいだろうということで保留にします。ただ、幸樹には1つだけ懸念事項がありました。それは、このことを確認するために電話してきた金次郎の存在でした。学園に登校した後、金次郎は幸樹の話を聞こうとせずバラそうとしていたため、兎亜の作戦により懐柔作戦を決行。それは幸樹とかおるこのサインをしてあげることでした。しかし、金次郎はそれをネタに自分のキャラを登場させろと言い出し、挙句に2人が付き合っているとネットで話題になっていると話します。かおるこはすぐに訂正しようとしますが、幸樹と兎亜が付き合っていることは秘密であり、言うことが出来ず、それが却って金次郎を勘違いさせてしまう事態となってしまいました。
いもさらだ先生としかくん先生と付き合っている、お似合いだという話がネットで拡散しているのを見て、嫉妬した兎亜は不機嫌になり、とある行動に出ます。翌日、いもさらだ先生に対する悪意に満ちた情報が流れており、幸樹はかおること一緒に編集部に行きますが、千歳の話を聞いているうちに、幸樹もかおるこもその犯人は1人しかいないと確信します。そして、兎亜に理由を問いただそうとお仕置きをした幸樹ですが、兎亜が態度を変えたのはエッチのときだけで、それ以降はますます冷たい態度なってしまったため、ネット上の悪評よりも妹の態度の方が怖いという結論になったのでした。
結局、兎亜の再度の印象操作により、いもさらだ先生に対する悪評は誤解であり、悪評を広めた犯人は特定したということで終息(後にトンコツ事件と兎亜が命名するw)。しかし、まだ問題は残されていました。幸樹と兎亜はまだ仲直りをしていなかったのです。幸樹は幸樹で兎亜がそんな行動に出た理由が皆目見当ついておらず、ヤキモチに気付いてほしくてただ甘えたいだけだった兎亜はますますヘソを曲げてしまい、自分の非を認めていなかったため、かなり拗れてしまっていました。しかし、かおるこから気持ちは共感できるけど、それを踏まえても今回は兎亜が悪い、なんでもかんでも自動的に気付いてほしいという考え方は甘えだと指摘し、謝って好きと伝えればそれだけでハッピーエンドになると教えますが・・・。
仲直りする方法を密かに試みる兎亜。しかし、なかなか思う通りにいかず、それでいて皆にも素直に言わないことから、未尋は幸樹の誕生日が近いから心のこもったプレゼントというものにチャレンジしてみたらと提案します。今まで兎亜は幸樹の誕生日を適当に祝ってただけのため、まともに祝ったことがなく、その場では気乗りしない感じでした。しかし、実際にはどんなものをあげていいのか決まらず迷っていて、兎亜は思い切って幸樹をお出かけに誘います。幸樹はアグレッシブに動く妹の姿に驚き、戸惑いを隠せないまま買い物に付き添うことになりましたが、彼女の言動から時期的に自分の誕生日プレゼントを選んでくれるのではと僅かに期待します。しかし、兎亜にあくまで生徒会の仕事の依頼で以前のように彼氏へのプレゼントを選ぶだけでお兄ちゃんにはデスクトップPCだよと言われて少しガッカリします。それでも一緒にプレゼント選びをしますが、どうしても実用性を考えてしまう幸樹では上手くアドバイスが出来ませんでした。それでも、幸樹は相手が自分のことを考えて選んでくれたものなら、だいたい何でも嬉しい、それまで何の興味もなかったものだって好きな相手からのプレゼントならその瞬間から一生の宝物になると話します。しかし、何をあげても喜ぶなんて言われて安心するくらいなら最初から悩まないと兎亜に返され、幸樹はそれも一理あると思い、言い返せなくなってしまいます。そして、その後、兎亜は幸樹の提案で女の子向けのファンシーショップに行き、この日は幸樹のプレゼントを選ぶつもりが、逆にプレゼントされて終わってしまうのでした。
それから兎亜は幸樹へのプレゼントを考えますが、偶然通りかかった虎太郎を見て、あることを思い付きます。それからというもの、生徒会に顔を出さなくなり、帰りも遅くなったため、幸樹は何をしているのか心配しますが、兎亜からは冷たくあしらわれるだけでした。重度のシスコンである幸樹は、兎亜を構えない時間が長くなったことから、自分の誕生日前日に兎亜の好きな物をたくさん用意してグータラさせる作戦に出ますが、何故か兎亜に叱られてしまい戸惑います。そして迎えた誕生日。兎亜に放課後は予定を空けておくようにと言われ、放課後、生徒会室で幸樹の誕生日パーティの準備を始めますが、幸樹はその買い出しで色々と買い物を頼まれ、その買い出しが終わって生徒会室に戻ると、そこには生徒会メンバーだけじゃなく金次郎たちも一緒にいて、幸樹の誕生日を祝ってくれました。ただ、平日で皆も色々と予定があったため1時間で解散となり、幸樹は主賓だからと片付けを免除され、兎亜と一緒に帰ります。その途中で兎亜からプレゼントを渡され驚く幸樹。そのプレゼントは兎亜が幸樹に内緒でずっと編んでいたマフラーでした。幸樹は今日1番のサプライズに大喜びし、兎亜も素っ気ない態度を取りながらも顔は照れてました。近頃すっかり寒くなってきたせいか、兎亜が何度もくしゃみをしていたため、幸樹は早速兎亜が編んだマフラーを自分と兎亜の首に巻きつけます。あまりに幸樹が喜ぶことから、兎亜は本当にわたしのことが好きなんだね、わたしがこんな感じになっちゃった原因は、大半はお兄ちゃんにあるかねと言います。ワガママで、ぐーたらで、ヤキモチ妬きで、良いところを探すのが難しい人間性になってしまっていると。すると幸樹は、そんなことない、兎亜のことは皆大好きだと返します。兎亜はわたしは妹だからどんなわたしでも可愛いと前に言ってたけどずっとそういうものなの?と聞くと、幸樹はそういうものだとアッサリ回答。兎亜はそれならずっとこのままでいいやと自分を貫くことにしたのでした。

鳴海兎亜編 感想
良くも悪くも兎亜ちゃんらしいかな・・・イチャラブはあまりないけど、時折あるときはものすごく可愛いですね。兎亜ちゃんは言動の裏に隠された本当の気持ちっていうのが少し分かり難いところがあるので、未尋ちゃんの解説はとてもありがたいw そして、その気持ちに気付けばニヨニヨが止まらなくなるこの可愛さ、主人公が可愛がるのも分かりますw まぁ、ネットで悪い噂を流した件は流石に擁護しきれないけど、嫉妬をああいう風に表現するのは兎亜ちゃんらしいとは思いました。
Hシーンは4回。ちっぱいなので特に気にしませんが、ちゃんとおっぱい見せるHが1回しかなかったですね。まさかの未尋ちゃんと同じとは・・・ちょっとガッカリ。最後のHはリボンで乳首が隠れちゃってるので惜しかったです。おっぱい見せた3回目のバックはとても良かったのですが、未尋ちゃん含め、ここまでおっぱい見せないのはわざとなのかしら・・・。
一般シーンだと、誕生日プレゼントであるマフラー密かに編んでるシーンとか本当ニヨニヨが止まらなかったなぁ・・・本編にあったエプロン姿で料理をしているシーンが最高だと思ってたけど、それに匹敵するシーンがあるとは思わなかったw そして、兎亜ちゃんが必死に内緒にしているのに、正直すぎる性格のかおるこさんがうっかり喋りそうになって、慌ててフォローする未尋ちゃんとアーシェちゃんの構図が面白かったですw ある意味、かおるこさんは兎亜ちゃんとは対極にいる人だからなぁ・・・w
なんだかんだ言って全ての行動が“お兄ちゃん大好き、独占したい”っていう気持ちに集約されているので、やっぱり可愛い妹ですね。本人は否定するでしょうけどw

さてさて、お次は桜木・R・アーシェ編です~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

あの声で「お兄ちゃん」はやはり最高です(*´Д`*)b

コメント (4)

「ワガママハイスペックOC」 あらすじ・感想その1 宮瀬未尋編

2017年08月27日 00時00分00秒 | まどそふと

2017年8月発売タイトル第2弾は、まどそふとの「ワガママハイスペックOC」でした!

再び未尋ちゃんが見られる~ってことで楽しみにしていました、ワガハイFDです!

店舗特典はこちら~。

まぁこの作品に関しては、未尋ちゃん以外の選択肢はないですねw

ワガママハイスペックOC 概要
2016年4月に発売した「ワガママハイスペック」のメインヒロイン4人のアフターストーリーに加え、サブキャラだった女性キャラ3人をヒロイン昇格してストーリーを追加した、まどそふと初のファンディスクです。
だからOCを楽しむには、まず本編をプレイしましょう。尚、OCは最初にヒロインを選択するだけでそのヒロインのストーリーが見られるようになっています。
そんなわけで、「ワガママハイスペック」の復習をするならこちら↓を参照して下さい(爆)
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

・・・と、いうわけで、1人目は宮瀬未尋ちゃんでした~。

私がこの子以外を最初に選ぶことは天地が引っくり返ってもありえないことですよw

宮瀬未尋編 あらすじ
未尋と一緒の大学へ通いキャンパスライフを楽しむこと1年。この日の夕食も鳴海家の2人は未尋の料理を堪能していましたが、デザートを食べているとき、幸樹は兎亜からいつになったら未尋と結婚するのかと聞かれ、結婚するつもりではあるがタイミングもあると濁します。未尋の方は先輩と早く結婚したいとその場では冗談めかして言いますが、本音はいつになったらプロポーズしてくれるのかとずっと待っていました。
将来のことを考えて慎重になっている風に見えて単に覚悟が出来てないだけの幸樹と、そんな幸樹の優柔不断な態度にイラつきながらもそういうところも可愛くて好きだと思ってしまいなかなか踏み込めない未尋。同棲こそしてないものの、付き合って鳴海家に通い続けて3年も経過している事に気付いた未尋は、もしかして飽きられてしまうのではないかと危機感を持つようになり、幸樹との未来を築くために良い女でいるだけではいけないと思い、再び小悪魔になることを決意するのでした。
未尋はどうやったら幸樹を焦らせることが出来るか研究するために男性ファッション誌を参考にします。1番効果的なのは他の男の存在をちらつかせることでしたが、未尋自身が他の男に興味がなくて幸樹一筋であり、浮気を疑われること自体が嫌だったため、この作戦は却下したものの、ファッション誌に掲載されている有名なバンドのボーカリストの写真を見て、あることを思い付きますが・・・。
ある日、宮瀬で未尋の父親の新作メニューの試食をしていると、この店では普段流れないようなロック調の曲が流れたことに気付いた幸樹は、未尋から“ハローストレンジ”というバンドの曲だと聞きます。しかし、未尋が最近このバンドにハマっている、見た目も結構イケていると言って嬉しそうにPVを見せてきて、他の男のことを話す未尋を見たのは初めてだったため、幸樹は表向きは平静を装っていましたが、内心は焦っていました。未尋からライブの誘いを受けて一緒に行くことになりましたが、動揺しているのはバレバレで、未尋もそんな幸樹の様子に作戦が上手くいっていることを確信すると同時に、かつて学園時代に幸樹が生徒会の女子に囲まれていて自分が内心焦っていたことを思い出すのでした。
未尋はずっと自分と一緒にいると思いこんで彼女の態度にずっと甘えていたことに気が付いた幸樹は、ライブまでに未尋が好きというバンドの勉強をして、当日は普段は着ないようなファッションに身を包み緊張していました。そして、キャラ付けもいつもと違う風を出していましたが、そんな幸樹の様子に未尋は戸惑うだけでした。幸樹の変わった格好は、途中で会ったかおるこやアーシェには笑われたものの、今更路線変更も恥ずかしいので、そのままでいようと思ったところ、陣痛が始まった妊婦を発見して幸樹は慌ててしまい、すっかり元通りになってしまうのでした。
その後、妊婦が付き添いもなく1人だけだったことから、救急車を呼び旦那が来るまで付き添って、再び駅に向かいますが、その前に大雨に降られてしまい、2人はズブ濡れになってしまいます。幸樹はすぐに電車に乗っていればライブにも行けたのにと謝ったものの、未尋は困ってる人を助ける先輩が見れたので満足です、先輩は私の自慢の彼氏ですと言って笑顔を見せます。そして、未尋は幸樹に自信を持ってと言いかけましたが、ズブ濡れになっていたせいか、くしゃみをしてしまい肝心なところを伝えることが出来ず、幸樹は未尋の期待に応えきれてなかったと思ってしまうのでした。
少し空回りしているものの未尋のために頑張っている幸樹を見て、自分が愛されていることを実感した未尋。しかし、それだけではまだ足りないため、もっと何かないか案を考えていると、ちょうど親戚の子供を一時的に預かるかどうか母親が話しているのを聞いて、その子を自分が預かって幸樹と一緒に面倒を見て幸樹の父性を目覚めさせようと思いつきます。そして、大型連休の初日、未尋は親戚の子である陽菜を連れて鳴海家にやってきます。幸樹は最初は緊張していたものの、次第に陽菜と打ち解けて仲良くなっていき、未尋もそんな様子を見て未来の自分たちを重ねます。その後も陽菜の相手を続けますが、何をしても未尋のサポートが必要で、挙句に未尋に甘える陽菜を見て嫉妬してしまった幸樹は落ち込んでしまいます。
幸樹の様子がおかしいことに気付いた未尋はどうしたのかと幸樹に聞くと、幸樹は自分が情けないと弱音を吐きます。未尋はそんな幸樹に不安だったら遠慮なく甘えて良い、いつだって先輩の味方ですからと伝えます。しかし、未尋に甘えた結果、幸樹はますます自己嫌悪してしまい、このままでは未尋と結婚はできないと思い込み、事態は未尋の想定外なところまで進んで、ますます結婚から遠ざかってしまうのでした。
未尋に甘えないように漫画の原稿の進行具合も何もかも未尋には一切伝えずに頑張ることを決めた幸樹。しかし、その様子から兎亜は何かおかしいと気付き、未尋に幸樹のことを報告します。未尋は自分が思ってたのとは違う方向に行ってしまったことに驚きますが、幸樹が無理していることが分かると、泊まり込みで幸樹の世話をすることを決意。学園時代に1度だけ来たメイド服を着て、幸樹のメイドとしてお世話をすることに。そして、未尋の献身的なお世話のお蔭で幸樹は何とか締切までに原稿を仕上げますが、また未尋に甘えてしまったことについて、もっとしっかりしないといけないと思いますが、未尋はこの家の雰囲気が好き、私が2人の世話をして2人が笑顔になるのが好き、私が好きな事だから頑張ろうと思えるからこれは先輩のためでもあり、私のためでもあると伝えます。しかし、それでも幸樹は今を変えたいと焦る気持ちは変わりませんでした。
男として自立して未尋を引っ張っていきたい幸樹と幸樹の世話をしたい未尋。そんな風に想いがすれ違って一向に進行しない2人の様子を見て、現状を打破するために兎亜は手を打つことにします。兎亜はアメリカの仕事を受けると言って、そのサポートとして幸樹にアメリカについてきてもらうと2人に話します。少なくとも3年間。兎亜は家族だけの同行を許可されていると言い、未尋は連れて行けないと話し、未尋も本音を抑えて3年くらいなら待つと言います。兎亜はプロジェクトが始まる前にアメリカに行きたいから、明日までに返事をほしいと言ってその場は解散になりますが、その後、幸樹は未尋に本当にいいのかと意思を確認します。未尋は兎亜は先輩の妹なんだから私より兎亜を優先するのは当然だと言い、兎亜のサポートをするよう促しますが、その言葉を聞いて、幸樹は未尋にそんなことを言わせてしまって彼氏失格だと思います。未尋は家に帰った後、兎亜から電話がかかってきたため、電話に出ると、未尋はそれでいいんだと言われます。あくまでも良い子でいようとする未尋に対し、兎亜はわたしならガマンなんてしないで止めると言いますが、未尋はそれでも自分の考えを変えることはしませんでした。けど、本音は行ってほしくないと思っていました。
未尋の態度が変わらなかったことから、兎亜はアメリカに行くことになりました。鳴海家では引っ越しの準備が始まり、幸樹はアメリカでも支障なく日常生活を送れるように未尋からの英語のレッスンを受ける日々を送ります。お互い本音を言えないまま日々が過ぎていきますが、幸樹は未尋との繋がりを形に残すため、ある物を用意していました。そんなある日、兎亜に確認しながら引っ越しの準備をしていると、未尋がやってきてやっぱり行かないでと言います。兎亜はそれでも決まったことは変えられないと言い、2人は喧嘩を始めますが、未尋が“私、家族じゃないから先輩と兎亜の問題に口出しなんて出来ない”と言うと、幸樹は未尋はまだ家族ではないことに今更ながらに気付き、1番悪いのはハッキリとした態度を取らなかった自分であることを自覚します。そして、2人の喧嘩を止めると、俺が未尋のことを一番に考えなきゃいけなかった、未尋が大丈夫って言ったからと言ってそれに甘えてはいけなかったと言います。兎亜も大事だけど、一番大切にしなきゃいけないのは未尋なんだからと。そして、兎亜にアメリカには行かない、日本に残ると伝え、兎亜にもアメリカ行きの話を諦めてほしいと言います。
未尋も兎亜にそうしてほしいと言うと、兎亜はアメリカ行きなんてウソとネタばらしをします。そして、どうせ結婚してもやることは一緒なんだからさっさと結婚してしまえば良いと言って、未尋には嫌なことを言ってゴメンと謝ります。全ては2人の本音を引き出すためのウソでした。兎亜が自分の部屋に戻ると、未尋はどこにも行っちゃやだと言って泣いて抱きつきます。未尋の本音を聞いて、未尋の建て前の言葉を真に受けていかに自分が彼女に甘えきっていたのか反省した幸樹は未尋に謝り、未尋の傍から絶対離れないと約束し、結婚してほしいとプロポーズします。すると、ずっとその言葉を待っていた未尋は、ずっと欲しかった言葉をくれたと言って再び泣いて抱きつきます。そして、数年後、2人は自分たちのお店である宮瀬2号店で学生時代の仲間たちに祝福されながら結婚式を挙げるのでした。

宮瀬未尋編 感想
未尋ちゃんのお嫁さんっぷりは健在。それだけじゃなく、今回で母性にも完全に目覚めたので最高クラスが最強クラスに格上げされましたw 元々、兎亜ちゃんに対してはそういった素振は見せてたけど、この子は本当に良いお母さんになりそうですなぁ~。未尋ちゃんの一途な想いも伝わってくるし、未尋ちゃんに関しては文句なしの可愛さで満足しました。
問題は主人公の幸樹の方ですが、本編の頃からあまり好きじゃなかったけど、未尋アフターを見て、またやっちゃったなぁって思いましたねぇ。何このヘタレは~。折角のFDなのに台無しにしやがってとは思いました。中盤までは未尋ちゃんの言葉を聞いているようで聞いてなかったですよねぇ、未尋ちゃんはずっと今のままが好きって言ってるのに、何故それを変えようとするのか。まぁ男だから格好つけるのは分からんでもないけど、終盤になるまで未尋ちゃんの気持ちを無視して独りよがりな考えのままでしたね。未尋ちゃんを悩ませてまで男のプライドが大事なのか?兎亜ちゃんが行動を起こすまでは完全に大切なことをはき違えていて、結果的に未尋ちゃんに“先輩は私のことより兎亜のことを優先するのは当然”って言わせちゃうし。幸樹を見てるとイライラする。この主人公、やっぱり好きになれない。
Hシーンは4回。元々、雑誌で紹介されたサンプルHCGで本番3回はおっぱい見せないことが判明してたので、Hシーンに関してはもう期待せず諦めていましたが、その期待通り(?)に本当に見せませんでしたね(´・ω・`) ヒロインの中で1番おっぱいが大きいのにおっぱい見せないとかどんな嫌がらせですか・・・。ただ、最後のウェディングドレスHで待望のおっぱい見せ本番Hが見られたので(しかも騎乗位)、そこは満足でした。というか、本編含めて未尋ちゃんのHシーンで1番良い本番HCGが最後の最後、大逆転で見られたのは良かったです。あと、パ○ズ○フェ○も良かったですね。本編のパ○ズ○フェ○の方がアングルは良くとも、セリフが多くてほとんどただのパ○ズ○にしか思えなかったので、今回ちゃんとパ○ズ○フェ○してたのは良かったと思います。まぁこの2点だけかな。良いなって思ったのは。裸エプロンが見られたのも良いですが、これでおっぱい見せればなぁ・・・。っていうか、未尋ちゃんは前戯ではしっかりおっぱい見せるのよね。何故本番になると隠すの?意味不明です。前戯だけじゃなくて本番でもしっかり見せてほしいです・・・。本編もやや不満だったけどFDの方は更に不満が大きくなったわ・・・。未尋ちゃん自身は大好きなだけに、このHシーンに関する不満は何とかならんのか・・・。
一般シーンだと、親戚の陽菜ちゃんが遊びにくるところで、未尋ちゃんが母性に目覚めて未来の家庭を夢見て、3人で並んで買い物に行くシーンが特にお気に入りですね。是非とも実際にそうなったときが見たいw あとは今まで見ることが無かった、未尋ちゃんと兎亜ちゃんの喧嘩が見られますね。小悪魔なようで実のところは自分の気持ちを押し込めちゃうところがある未尋ちゃんの背中を兎亜ちゃんなりに押してあげるシーンです。まぁそのシーンがSDで表現されてたのはどうかと思いますが(SDだったので最初は2人で打ち合わせした茶番劇だと思った)、やはりこの2人の友情は良いですね。未尋ちゃんは幸樹と結婚したことで名実ともに兎亜ちゃんの姉となったので、長年の目標でもある“兎亜ちゃんに「お姉ちゃん」と呼ばせること”が出来るか、経過を見守りたいですw まぁアニメ版の特典ストーリーでは一時的に達成してましたけどw それからエピローグの結婚式で未尋ちゃんのウェディングドレス姿を見られたのは良かったです~。やっぱりエピローグはこれで締めないとね!ただ、個人的な要望を言えば、プロポーズのシーンにも1枚絵が欲しかったですね。だって、未尋ちゃんがずっと待ち望んでいたシーンですよ?こんなに重要なシーンなのに、立ち絵だけで済ませてしまったのは残念です・・・。
まぁでも、何はともあれ、やっぱり未尋ちゃんは可愛い。未尋ちゃんは俺の嫁!(*´Д`*)b

さてさて、お次は鳴海兎亜ちゃんです~。

「ワガママハイスペック」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編】【TVアニメ版BD特典SS編

「ワガママハイスペックOC」のあらすじ・感想はこちら↓
宮瀬未尋編】【鳴海兎亜編】【桜木・R・アーシェ編】【鹿苑寺かおるこ編
岩隈縁編】【鷹司千歳編】【四月一日奏恋編

「ワガママハイスペック」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
通販早期予約CP色紙】【C89グッズセット】【C89グッズ】【おいも大好き鳴海兎亜ちゃんのおいもさぶれ
ミニ色紙】【鳴海兎亜B2ダブルスエードタペストリー&A4アクリルパネル】【TVアニメ主題歌CD
宮瀬未尋グッズその1】【まどそふと通販グッズ2016夏】【宮瀬未尋B2タペストリー&鳴海兎亜抱き枕カバー
桜翠学園購買部グッズ】【宮瀬未尋グッズその2】【鳴海兎亜&桜木・R・アーシェおっぱいマウスパッド
ビジュアルファンブック】【ワガママハイスペック&ノラと皇女と野良猫ハート描き下ろしコラボ複製色紙
鹿苑寺かおるこ抱き枕カバー&グッズセット2016夏】【宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル
宮瀬未尋&鳴海兎亜B2タペストリー】【C91グッズ】【Character1 2017グッズ】【猫耳かおるこタペストリー

「ワガママハイスペック」のイベントレポートはこちら↓
まどそふとカフェ】【ワガママハイスペックコラボカフェ

「ワガママハイスペックOC」の公式サイトはこちらから↓ 

【ワガママハイスペックOC】応援中!

出来れば、Hシーンだけやり直してほしいです(爆)

コメント (4)

気になる新作タイトル2017年その10:「なちゅらるばけーしょん」

2017年08月26日 12時00分00秒 | hibiki works

気になる新作タイトルのコーナー!

今回はhibikiworks最新作「なちゅらるばけーしょん」です!

×CATIONシリーズの次は“ばけーしょん”シリーズですかね?w

絵師は「PRETTY×CATION2」以来となる浅海朝美先生です。
まだディザーサイトだけなんで、詳しいことはよく分かりませんが、ヒロインは2人だけなんでしょうか。それと、発売日が2017年12月22日に決まっているようですが、新妻ラブリケから半年も経ってないこの時期に発表ってことはロープラかミドルプライスの可能性も?

色々と気になりますね。

hibikiworksといえば、新妻ラブリケでやらかしてしまいましたが、さすがに反省はしてるでしょうし、気にはなるのでチェックしていこうと思います。

・・・まぁ、アマカノ2S+と発売日が被ってますけどね(爆)

「なちゅらるばけーしょん」のディザーサイトはこちらから↓
http://www.hibiki-site.com/natural_vacation/index.html

コメント (4)