こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&デレステ&あいミス&プリコネR&艦これがメインです。

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」 マスターアップ

2017年11月30日 11時45分00秒 | Lass

2017年12月22日発売LassPixy第3弾タイトル「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」がマスターアップしたそうですね。

マスターアップおめでとうございます~(*'∇')

Lassが発売延期しないというのは珍しい・・・やはり元々完成していたんでしょうねぇ~。

期待はしているんですが、2作続けてイチャラブのコンセプトを無視してきたので、期待半分不安半分って感じかな~。

ラストくらいはイチャラブメインにしてほしいなぁ・・・。

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
星ヶ丘まどか編】【広原・D・セリカ編

「Pure Marriage ~赤い糸物語~」のグッズ購入品はこちら↓
星ヶ丘まどかB2タペストリー

「Pure Marriage ~赤い糸物語 さくら編~」の公式サイトはこちらから↓

Pure Marriage ~赤い糸物語~ さくら編

さくらちゃん可愛い(*´Д`*)b

コメント (2)

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」 あらすじ・感想その6 エニス・ユートリア編、感想まとめ

2017年11月30日 00時00分00秒 | あかべぇそふと系

最後はエニス・ユートリアでした~(*'∇')

エニス・ユートリア キャラクター紹介
ハーバルダム魔法女学園の校長先生。マギ・フィロスの代表でもある。見た目金髪(巨乳)の美人で普段はしっかりしているが、お茶目なところもあり、中身は意外と子供。時折生徒たちより子供っぽいときがあり、こなつ以上にドジっ子。しかし、生徒想いの優しい先生である。尚、抱き枕がないと眠れないらしいw
成の祖母・フミとはお互い信頼しあった親友同士であったため、フミの遺品等を来栖一家の代わりに管理していた。フミと出会ったのはフミが中学生の頃だと話していたが、フミは80歳以上まで生きていたため、エニスもそれに近い年齢かそれ以上のはずだが、彼女に年齢のことを聞くのはタブーであるw 尚、成の祖父母がくっついたのは自分がキューピットになってあげたから・・・らしい。
現在の魔法使いの10倍は魔力を持っていた古の魔法使いですら扱える者がいなかったという伝説の空間魔法(テレポート)を「魔装」や「魔法の杖」の補助なしでも使える世界一の魔法使いだが、年齢のことも含めて色々と謎が多い。昔の人なので機械音痴でパソコンは使えず(それどころかノートパソコンの存在すら知らないw)、たまにドヤ顔でオヤジギャグも言う。はわわとあわわでは、彼女はあわわの方(謎)
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

エニス・ユートリア 攻略情報
御影とエニス先生は最初は攻略できません(2人に関する選択肢が表示されても選べない)。こなつちゃん、久遠ちゃん、静流、照のうち、いずれか1人をクリアしておく必要があります。
他の教室を回ってみようかな→あえて、エニスさんを手伝う→そういえば、エニスさんが休日出勤してたっけ→みんなを危険に晒すわけにはいかない→掃除しようかな

エニス・ユートリア編 あらすじ
エニスの仕事を手伝った日の夜、成はエニスの驕りで夕飯を御馳走になりますが、その時、成はエニスに自分の祖母・フミとの関係を聞きます。フミは普通の人間のため、エニスも最初は魔法使いであることを隠して接していました。しかし、次第に自分が魔法使いであることを隠しきれなくなったエニスは自分が魔法使いだと打ち明けますが、フミは既に気付いていたようで、特に態度を変えることなく友人で居続けてくれました。フミとの交友をキッカケとして、魔法使いと人間は共存できるのだと分かったエニスは元々魔法使いのみの組織だったマギ・フィロスに普通の人間も加えた「星見の里」を設立します。今はまだ「星見の里」の職員はマギ・フィロスの魔法使いの存在を知らないようですが、いつかその垣根も取り払いたいとエニスは語ります。
エニスとフミの親密な関係を知った成は、自分は祖母のように彼女の役に立っているだろうかと考えますが、エニスは成のことをフミと同じくらい助けてもらっている、本来自分が何とかしなければならなかった寮の問題や寮生の魔法制御に関しても成に任せきりにして、しかも自分の仕事まで手伝わせている、私はダメな校長先生ねと弱音を吐きますが、すぐにそれを誤魔化すように明るく振舞います。それを聞いた成は、例え彼女が自分のことを何とも想ってなくても、自分は彼女を支えようと心に誓うのでした。彼女のことが好きだから。
その後、エニスが泥酔してしまったため、仕方なく彼女を寮の自分の部屋まで運んだ成。しかし、エニスをベッドに寝かせて離れようとした瞬間、抱き枕がないと眠れないと言ったエニスが成を抱き寄せ、ホールドされた成は抜け出せず、その日の晩はエニスに抱きしめられながら過ごすことになりました。その時、彼女が寝言で校長先生だから生徒のために頑張らないとと言っていたため、もっと彼女を支えたいと思い、翌日、御影からエニスについての情報を聞き出しますが、御影が知っていることは学園の教育理念でもある“優しい魔法”くらいでした。エニスは“優しい魔法”の使い方を教えるために学園を創設し、実際に活動するためにマギ・フィロスを作った。だから、その“優しい魔法”について知れば、エニスの助けになれるしれないということでした。
それから成はこなつ達にも“優しい魔法”について聞きますが、教育理念であること、魔法福祉部はその理念に基づいて活動していることくらいしか分かりませんでしたが、最近やたらと成がエニスのことを気にしていることから、こなつ達に自分がエニスのことが好きであることがバレてしまいます。翌日、成はエニスの仕事を一所懸命に手伝っていましたが、成の気持ちに気が付いたエニスは、成に寮の仕事や寮生のサポート等、もっと他にやることがある、だからそっちに時間を使ってほしいと言い、成のこともあくまで自分にとっては“生徒”であることを強調し、成が告白しようとするとテレポートの魔法で成を寮まで強制的に転送させ拒否しました。告白すらさせてもらえなかった成は夜まで部屋に閉じこもっていましたが、こなつにこのまま諦めるのかと叱咤され、再びエニスにアタックすることを決意し、立ち直ります(こなつの説教は成に自分の気持ちを気付いてもらえない怨嗟も含まれていましたがw)。
成はエニスに言われた通り、自分のするべきことをして、それが終ったらエニスの手伝いをするようになりました。エニスは無理をしないことを条件に手伝ってもらいますが、ある日、エニスの手伝いしているときに倒れてしまい、成はエニスの部屋へと運ばれます。エニスからこんなに頑張っているのは私のことが好きだから?と聞かれた成は、首を立てに振りますが、エニスからの回答は「ごめんなさい」でした。でも、今度はそれだけでは終わらず、エニスは言葉を続けます。本当に来栖くんとフミちゃんは似てるわねと。エニスは魔法で自分の成長を止めて長い間、ずっと生きてきました。それこそ、自分の歳を忘れてしまうくらいに。人は時が経つごとに変わっていくのに、エニスだけは変わらない。それでも、フミは何も言わずにエニスの傍にいてくれました。成もまたエニスとフミが古くからの付き合いだと知っているのに、その点に何の疑問も抱かずに傍にいてくれる、そんなところが似ているのだと。
エニスが自分の身体の成長を止めたのは“優しい魔法”を広めるためでした。誰かを助けたり、ほんの少し背中を推したりできる“優しい魔法”の使い方。人間とは違う才能を持っているからこそ、その力に驕らず、誇示せず、正しく使うことができる、魔法使いの在り方を、未来の魔法使いたちに教えたい。それを教えることが私の全てだと話します。誰も道を踏み外さないように、間違った魔法を作り出さないように。だから自分の成長を止めて教師で在り続けるのだと。成の告白を断ったのは、成長を止めて見た目は若く見えるとはいえ、実際の年齢は相当なおばあちゃんだから、若い成とは釣り合わないという理由でした。成は祖母とはずっと一緒だったんだから、自分も一緒にいられると主張しますが、エニスは女の子と男の子じゃ事情が違う慌てふためきます。ただ、それは表向きの理由であり本当の理由は別で、成長を止める魔法は処女じゃないと使えないためでした。つまり、処女ではなくなると魔法の効果が無くなり、普通に歳を取り始めてしまうからでした。
再び答えをはぐらかされた成ですが、その日の晩、ドッペルゲンガー事件のときのエニスと偽エニスが対峙したときの夢を見ます。自己を捨て生徒のために頑張ろうとするエニスと、誰かに愛し愛されたいと願う偽エニス。その時は成の助けもあり本物が勝ちましたが、偽エニスの言っていたことが間違いだったのだろうかと疑問に感じ、御影にドッペルゲンガーを生み出した鏡の魔道具について聞き出します。鏡は映った人とまったく同じコピーを作り出しますが、唯一、違う部分があり、コピーは本物が心の奥底に秘めた想いを元に性格が作られるようでした。それを知った成は、自分を犠牲にしているエニスと、人としての幸せを望む偽エニス、そのどちらも彼女の本音だったことが分かり、再びエニスのもとへと行き、三度目の告白をします。それでもエニスは誰も間違った道を歩まないようにしたいと信念を曲げようとしませんでした。成はそんなことを続けていたら、もしもエニスさんがいなくなった時に、みんな何もできなくなる、だったら次の世代に託すべきだ、エニスさん一人が奮闘する必要なんてどこにもないと返します。それが出来ないのは自分の生徒を信用していないからなのか、誰も踏み外さないようにずっと見守っているということは、エニス自身が生徒を心のどこかで疑っている何よりの証拠だと言います。そして、あなたが生徒の幸せを願うように、彼女たちもあなたの幸せを願っているはずだと。エニスはそれでも付き合えないと言って3度目のテレポートを使おうとしますが、2度もくらった成はその発動の瞬間を見極めエニスの懐へと移動し回避します。
エニスは癇癪を起して近寄る成から離れようとし、成は離れようとするエニスに近付き、成るエニスの肩に触れようとしたとき、エニスが自分自身にテレポートを使ったため、成も咄嗟にその術式に触れて一緒に転送されます。転送された先はエニスの部屋でした。成はエニスの姿を確認すると、彼女の肩に触れて“癒しの手”を使います。するとエニスは落ち着き、エニスは癒しの手を泣きたいときに泣かせてくれない、怒りたいときに怒らせてくれない“酷い魔法”と言いつつも、今度は成の言葉を受け入れようとしていました。成は落ち着いたエニスに4度目の告白をします。すると、エニスはあなたのような人とは初めて会った、ちゃんと“私”を見てくれるあなたが好きと返事をします。その返事を聞いた瞬間、成はエニスを抱きしめてキスをし、エニスも成と一緒に歳を取っていくことを決意するのでした。
成と結ばれ、成長を止める魔法が解除されたエニスは学園やマギ・フィロスの後継者のことを考え始め、どうしようか悩んでいると、成は思いつめている彼女を気分転換させたくてデートに誘います。エニスは仕事のことがあって楽しめないかもしれないと言っておきながら、いざデートで遊園地に来ると、子どものように大はしゃぎし、デートを楽しみました。その日の夜は成の部屋にお泊りをしますが、朝目を覚まし、成の机の上を見ると、見覚えのあるおもちゃのコンパクトを見つけます。起きてきた成にコンパクトのことについて聞くと、幼い頃、この町の公園で出会った女の子からもらったコンパクトで、そのコンパクトは魔法使いの人が魔法で直したと話します。そして、成はコンパクトを直してくれた魔法使いの人のようになりたくて、「星見の里」の手伝いをするようになったと話します。それを聞いたエニスは、その魔法使いは自分だったことを確信すると、成も驚きます。そして、エニスは、最近悩んでいた後継者について答えが出たと言います。今すぐ探す必要も特別なことをする必要もなかった、これまで通り仕事をしていればいい、残りの時間をいつも通りに過ごしていればいい、成のように憧れ一つで人生を変えてくれる人がいるのだから、焦らなくても私の信念を継いでくれる人は現れるはずだからと。そう言っていたエニスですが・・・。
エニスの身体の異変は少しずつ起こり始めていました。魔法の制御がだんだんと出来なくなっていたのです。原因を探るために御影にエニスの身体を調べてもらったところ、エニスの魔力の総量が時間とともに減少していることが判明。このままいけば数ヶ月もしないうちに魔法が使えなくなるという診断でした。それを聞いたエニスな涙を浮かべ校長室に戻り、成もすぐに追いかけます。エニスは肉体の成長を止めるという大魔法の誓約を破った反動がどこかにくる覚悟はしていた、魔力を失うだけであとは普通の人間として生きられるというのならまだいい方だと言い、彼女の部屋はテレポートでないと行けない場所のため、魔法が使える今の内に荷物を運び出したいと言って1人だけでテレポートして行ってしまいます。しかし、流石に1日ではショックで立ち直れないのか、翌日になっても姿を現すことはありませんでした。そこで成は御影に協力してもらい、彼女を迎えに行くことにしました。
御影の協力のおかげでエニスの部屋に入った成は、例え魔法が使えなくなってもこれまでしてきたことは皆に引き継がれていると伝え、励まそうとしますが、エニスは自分が魔法を使えなくなること自体は落ち込んでいるわけではなく、むしろ学園の校長とマギ・フィロスの代表を後継者に託し、これから普通の人間として成と一緒に歩んでいこうと前向きに考えていました。部屋から出てこなかったのは単に引っ越しの準備をしていたからでした。エニスは成と結ばれた時点でこうなることを覚悟していたため、魔法が使えなくなることには何の後悔もしていませんでした。何故なら魔法が使えなくなることを後悔することは、つまり大好きな成と結ばれたことを後悔することとイコールになるから。エニスはそんなこと絶対にしないと言います。校長室で泣いていたのも、今までお世話になった魔法への感謝の涙を捧げていただけだったと説明。すると、全て自分の勘違いだったことを知った成の方が落ち込みます。エニスのフォローで成は何とか立ち直り、2人が校長室に戻ると、そこにはエニスが魔法が使えなくなったと聞きつけた大勢の生徒達で埋め尽くされていました。涙を浮かべてエニスに魔法が使えなくなっても先生は先生だと訴える生徒たちを見て、エニスはこの子たちの先生で本当に良かった、この子たちになら安心して後を託せると確信し、校長を辞めることを生徒に告げます。驚いた生徒たちが理由を訊ねると、エニスは成に抱きつき、この人と一緒になるからよと答え、それを聞いた成も、結婚してほしいと公開プロポーズします。すると、エニスは幸せそうな笑顔で「はい!」と応え、生徒達から歓声が湧き起こるのでした。

エニス・ユートリア編 感想
最後の最後に妊娠エンドが見られて満足です。出来れば花嫁衣裳も見せてほしかったかなーとは思いますけどもw エニス先生の信念を崩すのに時間はかかってましたが、恋人になった後はバカップルぶりを発揮して幸せいっぱいなお話で良かったですし、自分を犠牲にしてまで見守り続けた生徒達を信じて未来を託すという大団円のお話になってるので最後に見るといいかもですね。終わり方としては1番良かったです。
それにしても、エニス先生は可愛いですね~。恋愛への憧れをずっと押え込んでいたせいか、恋人になった途端に甘えんぼさんになって、積極的にイチャイチャしてくるから、すごく可愛いかったです!料理上手だし、おっぱいも凄いし、声もエロイし、それでいて可愛いし、文句なしですなぁ~。金髪巨乳万歳!!ヽ(´ー`)ノ
Hシーンは5回。照と並ぶ巨乳の持ち主なんで期待してたんですけど・・・最初の3回は照のHCGにも引けをとらないくらいに文句なしに良かったです。ただ、後半の2回はなぁ・・・いや、エピローグのHは内容は甘々な上に子作りHだからエロくて良かったんですけど、対面座位で抱き合ってるからおっぱい隠れちゃってるのが残念でした。残り1回は、いわゆる尻壁ってやつですからね?テレポートに失敗して壁に埋まって尻だけ突き出してる状態でエッチする。こんなの凌辱系ならともかく、普通の作品でやるなよって思いましたねぇ・・・まほろばって時々アブノーマルなHシーンありますよねぇ。キャラの可愛さに対して、壁尻の需要はないと思うんですけど・・・まぁ新妻ラブリケの愛子先生でも疑問に感じるHシーンが多かったし、あかべぇはイチャラブと凌辱の区別がついてないんじゃないかと思ったりする。まぁでも、初体験の全裸正常位、2回目の窓に張り付いてのバック、3回目のパ○ズ○フェ○→騎乗位は文句なしだったので、ヨシとしますわ(´ー`)
一般シーンだと恋人になった後の甘えんぼになるエニス先生が反則的に可愛かった。あんな風に甘えられたらもう抗えませんよw あとはやっぱりエニス先生が妊娠してるエピローグですかね。結婚した後のお話が見られるのはエニス先生だけですが、普通の人としての幸せを掴んでいるところが見られて満足です!

まほ×ろば -Witches spiritual home- 感想まとめ
色々とやらかしがあるあかべぇだから不安要素はあったものの、蓋を開けてみると普通に面白くて楽しめました。イチャラブが多目でシリアスは控えめになってるので、キャラの可愛さに惹かれた人はプレイして損はないと思います。エニス先生の“優しい魔法”の教育理念そのままの内容ですね。魔法が出てくる割に戦闘シーンがないという。ただまぁ、ヒロインの言動が時折ギャグにならんくらい冷たいときがあるので、そこに好き嫌いはあるかもですね。あの辺は修正してほしかったな・・・。特に静流の言動は酷かった。まぁそういうのは時々しかないし、私が気になっただけで気にしない人は全然気にならないと思いますけどね。
ヒロインに関しては文句なしに可愛かったですね。たまに冷たいときはあるけど、恋人になった後は本当に可愛かったので、甲乙付け難いです。そんな中でも、やはりプレイ前から気に入っていたエニス先生とこなつちゃんの2人が好きだな~。エニス先生は見た目的に1番好みでおっぱいも最高、恋人になってからの甘えんぼぶりもすごく可愛くてとても良かったです。こなつちゃんはやはりお嫁さんスキルや幼い頃からの一途な想いが良かったです。あと、他のヒロインルートになると自分のルートのときより積極的な言動が増える(主にエッチなネタでw)とか見てて面白かったですw そして、どちらもおっぱいがイイ!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
ただ、主人公がなぁ・・・。困った人を放っておけない性格なのは分かるけど、余計な行動したり一言多いんだよなぁ~。あと難聴ぶりも酷くて聞き直すことも多いし、察しが悪くて頭も悪い。わざわざ聞く必要のないことを聞いたり、かといえば話をちゃんと聞いてなかったり、聞いてても理解してなかったり、余計なお節介をやいたり、ヒロインとの約束を忘れてたり、他にも無神経なところがあって、いちいち鼻につく行動を取るのがなんか好きになれなかったな。よくエロゲではヒロインが主人公のことをバカとかアホとか言ったりするけど、それはギャグの範囲なのよね。だからそう言われても笑える。でも、この作品の場合、本当に主人公がバカでアホだから笑えない。ライターさん的にはギャグで使ってるのかもしんないけど、全然ギャグに聞こえない。むしろ、本気でバカを治してほしいと思ってる。イラつくので。本当、こんな主人公じゃなかったらもっと良かったのになぁって思います。
Hシーンに関しては一部マニアックなシーンはあるけど、おっぱい見せる率は高めなのでCG的には満足でした。巨乳っ子好きなら安心する絵だと思いますw キャラの可愛さに反してエロエロですしね(特に、こなつちゃん)。ただ、あかべぇ系の特徴とも言えるんですけど、打ち付け音がループせずに最初の数秒で止まってしまうのが残念なんですよね。打ち付け音つけるならずっとループさせてほしいですね。あと、選択肢。今時、射精箇所を選択肢オンリーにしてるエロゲは少ないのに、何故わざわざ選択肢形式にしてあるんでしょうかね。hibikiworksの方は固定できるようになってるし、こっちもそうしてほしいですわ。システム側で固定するんじゃなくユーザーの自由にしてほしいです。正直、エッチシーンの途中で選択肢が出てきて雰囲気邪魔されるのはイヤです。選択肢出るならエッチする前にどうするか決めるようにしてほしい。あと、前戯で2回射精して本番で1回だけっていうパターンが多いけど、普通逆じゃね?前戯で本気出して本番が1回だけって物足りないよ。前戯は1回で良いから本番を2回にしてほしかったよ。何故逆にした?HCGは良かったんだけどなぁ・・・そこが残念だったなぁ。
不具合的なものだと、選択肢のところでセーブして、そのデータをロードした後、選択肢を選ばずに別のデータをロードすると、選んだ選択肢とは違う部分のエピソードが再生されるというのがありますかね。しかも、何故か背景が変わらないままそのシーンでは見られないはずの違うエピソードが始まるので違和感ある。その場合はタイトル画面に戻って改めてロードし直せば直りますが・・・不思議なバグがあるもんですねw あとは「次の選択肢までスキップ」を選ぶと未読文まで飛ばされるので注意。何故そんな仕様にした・・・それならそんなアイコン作るなよw
まぁそんな感じで。イチャラブ多目な作品で設定もきちんと活かした内容になってるので、キャラクターデザインが気に入ったらプレイしてみることをオススメしたいですね。あかべぇもやれば出来る子w

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」のあらすじ・感想はこちら↓
小向こなつ編】【山吹久遠編】【九条静流編】【星川照編】【九条御影編】【エニス・ユートリア編

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」の公式サイトはこちらから↓

『まほ×ろば』を応援しています!

やっぱり、エニス先生のおっぱいは最高だぜ!
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

コメント (2)

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」 プレイ記録その11 イベント「Trinity Field」 ポイントランキング結果

2017年11月29日 11時45分00秒 | アイドルマスターシンデレラガールズ

イベント「Trinity Field」の結果が出ました。自分の順位はこんな感じでした(*'∇')

今回の期間は、艦これの秋イベントを最優先し、その後はエロゲの日となってしまったので、とりあえず、スカチケだけは取っておきたいと思いまして、そこまでは頑張りましたw

尚、スカチケはこの子を選びました。

金髪巨乳っぽいのでw

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


PRPがようやく700を突破しました(*'∇')

こういう節目は大体、アップルパイプリンセスであることが多い私w

未だにPRPの1位はアップルパイプリンセス(*´Д`*)b

ただ、最近フルコンボが出せなくなってるので絶不調です(´・ω・`)

なんていうか、今までミスったことがない部分でミスることが多くなったんですよねぇ・・・。他の曲もそうなんですけど。

楽曲Lv25まではあともうちょっとでフルコンボ達成できるっていうのが増えてきたんですけどねぇ・・・どうしても、1~2箇所コンボが途切れてしまうんですよねぇ・・・。


自分、無課金でプレイしてるんで、あんまりガシャが出来なくて、ついにSSRとSRの育成が終わってしまったので、今はレアの方のLvを上げています。

でも、今日から1週間はシンデレラガールズ6周年記念で1日1回無料で限定ガシャの方が引けるっぽいので、それでせめてSRキャラを引きたいところですわ~。

フミフミが欲しい・・・。

コメント (4)

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」 あらすじ・感想その5 九条御影編

2017年11月29日 00時00分00秒 | あかべぇそふと系

5人目は九条御影でした~。

九条御影 キャラクター紹介
エニスも認める校内随一の魔法使い。こなつたち魔法使い課程の上の教育課程となる魔道士課程の生徒。年齢的には成と同い年くらい。寮生の静流とは実の姉妹となるが最近は疎遠になってしまっている。掴みどころのない性格をしており、成はよくからかわれ振り回されている。人を小馬鹿にするのは好きだが、自分が小馬鹿にされるのは嫌い。
普段は学園の研究室で魔法の研究をしており、そこで生活していて、図書館で調べものをするとき以外、滅多に外出しない。学園一の魔法使いという肩書は伊達ではなく、学生の身分でありながら魔法使い課程の授業では教師の助手をしている。しかし、教え方は壊滅的に下手である。家事も苦手。何でも彼女の家系の女人は家事が壊滅的に下手らしい。
人に教えることもそうだが、自分の気持ちを伝えることも苦手としており、非常に不器用な女の子。彼女の説明が回りくどく、否定するときはストレートすぎる言い方をしてしまうため、何かと誤解されやすい。彼女は努力する人を決して否定せず、むしろ、その前向きな気持ちこそ評価されるものだと思っている。
現在、ある物質を全く異なる物質へと変化させる新魔法「物質変換(オルタネイト・マテリアル)」を研究中で、成の前でコッペパンをメロンパンに変えて見せた(原材料がどっちも小麦のため“全く異なる”という段階ではないが)。研究の最終目標は「物質変換」の魔法を一般化させること。研究は順調そうに見えるが、エニスからはその研究をする前にもっと覚えるべきことがあると言われ、普段仲がいいエニスとはその点においては意見が対立している。
普段は人をからかったりするが、魔法のことに関しては常に真剣で、今まで失敗もせず何でも出来た魔法だけが自分の価値だと思っており、その点がエニスからすれば不安材料となっている。故に挫折を知らない御影が新しい魔法を開発することに反対している。

九条御影 攻略情報
御影とエニス先生は最初は攻略できません(2人に関する選択肢が表示されても選べない)。こなつちゃん、久遠ちゃん、静流、照のうち、いずれか1人をクリアしておく必要があります。
他の教室を回ってみようかな→あえて、エニスさんを手伝う→御影の部屋を掃除してあげてもいいかもな→みんなを危険に晒すわけにはいかない→買い物に出よう

九条御影編 あらすじ
ドッペルゲンガー事件解決から数週間後。自分の魔法の正体が“癒しの手”であることが判明した成は、他にも魔法を覚えたいと思い、御影の下で魔法の修行を続けていました。しかし、一向に上手になる気配がありませんでした。御影は魔法の素質がまったくない成が“癒しの手”だけ上手に扱えるのは、それが先天性のもので今まで無意識に使っていたのだろうと言い、そして、他の魔法が上手く使えない原因もそこにあると分析します。本来、魔法使いは術式を組み立てることを覚えてから魔法を使うことを覚える、しかし、生まれつき“癒しの手”を使えていた成にはその認識がなく、普通の魔法使いが使う魔法の手段を知っても理解ができないから上達しない・・・つまり、“癒しの手”以外の魔法が使えないということでした(正確には初歩的な魔法でも使えるようになるまで年単位の時間が必要となる)。
いくら練習しても上達しないなら時間の無駄だとバッサリ切り捨てる御影。しかし、成にとって御影と過ごしたこの数週間は決して無駄ではありませんでした。しかし、その時間を否定されてしまった成はショックを受け、御影の下を去ります。それから数日後、御影と会うのが気まずくてしばらく学園には顔を出さなかった成ですが、この日はエニスに仕事の手伝いに呼び出されたため、校長室にやってきます。そこで落ち込んでいる様子を見せると、エニスが御影も元気がなかったことを話し、何があったか聞かれます。成は数日前の出来事をエニスに話すと、エニスは御影ちゃんは大の説明下手で自分の気持ちを伝えるのも下手な不器用な女の子なのとフォローし、成に対しても元気がなかったのは魔法のことだけじゃなく、御影ちゃんに嫌われたのかと思って悲しかったのよねと言います。
エニスに背中を押された成は御影に会いに行き、彼女に謝ってどんなに時間がかかっても魔法を使えるようになりたい、だからまた魔法を教えてほしいと頭を下げます。すると、御影は謝るのは私の方だと言い、言いたかったのは自分の指導の時間が無為であり、成との時間は有意義だったということでした。だから、もう会えないと思っていた成がまた来てくれたことが嬉しいと自分の気持ちを正直に話し、再び成に魔法を教えることにします。しかし、自分の研究の時間を削ることも難しいことから、魔法を教える代わりに研究を手伝ってほしいと言います。すると、成はそれを引き受け、御影の助手になったのでした。
御影の助手になってすぐ、魔法薬を作る依頼を受けた彼女の手伝いをしていましたが、その魔法薬のせいで成と御影の服が解けてしまい、エニスに頼んでテレポートで寮の成の部屋に転送してもらいます。成は自分の服を着て事なきを得ましたが、御影はまだ裸であり、どうするのかと思いきや、成の部屋を出て静流の部屋に行き、勝手に静流の服を着始めます。突然に行動に驚く成でしたが、この時初めて御影と静流が実の姉妹であることを知ります。しかし、姉妹という割には仲が良いようには見えず、静流も元気が無くなったことから、2人の間に何かあったのだと思い、翌日、御影に聞いてみることにします。
元々は仲が良かった姉妹ですが、静流が見習い課程に入った後、静流が御影から離れていきました。理由は、稀代の天才と言われる姉と比べられ続けたせいで静流が姉に対して劣等感を抱くようになったからでした。それからというもの、静流は姉に追いつくべく自分の不得意な魔法で姉に出来ないことをしようと努力を続けるようになっていました。御影は人には適材適所というものがある、そもそも自分たちは立つ舞台が違うのだから、比べることに意味はないと妹の行動を否定しますが、成は姉に追いつきたい一心で頑張ってる静流のことを可愛いと評し、きっと静流は御影に褒めてもらいたいんだと伝えます。そうすれば静流もきっと満足するはずだと。御影は静流に一言褒めるだけで済むはずだったことを告げずにいたということは、私もまた静流のことを避けていたのだと成の言葉で気付きますが、もう今の関係になって10年以上経過しているから今更遅すぎると言って、この話を打ち切るのでした。
翌日、成は静流と御影の話をしたとき、彼女が思っている御影像があまりに完璧人間すぎて自分のそれと大きく認識が違っていたため、御影はダメ人間だから一度研究室に来たら言うと、静流は言われた通り研究室を訪れ汚部屋と化している研究室を見て驚き、自分の認識と大きく乖離していることを知ります。静流はこんな汚部屋では話をしたくないからと御影を屋上へと呼び出し、そこへは成も同行します。2人は久しぶりに面と向かって話をしようとしますが、上手く言葉に出来ていなかったため、成が2人に癒しの手を使うと、少しずつ対話を始め、2人の間にあったわだかまりは解け、静流は御影のことを“お姉ちゃん”と呼んで教室へと戻っていき、御影も成に“今日はありがとう”と顔を赤らめながら礼を言うのでした。
御影と静流が和解してから数日後。研究室に殺虫剤をまいたため、お昼を食堂で取ることにした成は御影を連れて食堂に来ますが、周囲の学生たちに恋人同士に間違われ、御影がそのことで成をからかおうとしたところ、逆に恋人に見られても構わないと反撃され、恥ずかしさから御影はしばらく会うのは禁止だと言って去って行ってしまいます。御影に会わない日が数日続いたある日、校長室でエニスの手伝いをしていると、空上部の部員がやってきて、魔法板の交換をしてほしいと依頼が来たため、エニスは女の子が運ぶには重いからと成に手伝ってあげるようお願いします。成も快く引き受け、魔法板を運びますが、その途中で御影と久しぶりに会います。しかし、御影は空上部やエニスの依頼よりも自分の助手を優先すべきだと言い始めたため、少しカチンときた成は今はエニス校長の依頼の方が優先だと突っぱねます。すると、自分を優先してもらえなかった御影は怒って去って行きますが・・・。
翌日、弁当を作って久しぶりに研究室に行った成ですが、昨日とは打って変わって御影がいつも通りだったことに拍子抜けします。御影はここ数日個人的な薬を作っていたようでしたが、その事件に手伝ってほしいと言われたものの、それが惚れ薬だと聞いた成は拒否します。すると、御影は自分でそれを飲み、成のことが好きだと告白し、キスを迫ります。既に御影のことを好きだと自覚していた成でしたが、それでも惚れ薬の力を使うのは間違っていると御影を拒否すると、御影は惚れ薬なんて作っていない、さっき飲んだのはただの水で、告白は本心だと伝えます。こんなことをしたのは、誰かに成を盗られたくなかったからで、こういう風に言わないと自分の気持ちを伝えることが出来ないからでした。しかし、御影は自分の気持ちから逃げるのを止め、改めて真正面から成に好きだと告白。御影の真剣な気持ちを聞いた成は、自分もその想いに応えようと、御影に「好きだ」と返事をします。そして、2人は結ばれ恋人同士になったのでした。
恋人同士になり、2人は寮生やエニスからも祝福され、交際は順調でしたが、エニスからの課題を全てクリアした御影はそろそろ本格的に物質変換の研究を開始したいとエニスに直訴。エニスは彼女に不安要素があることを成に話しますが、それがどんな不安なのかは話さず、成がいるなら大丈夫かもと一応は承諾します。御影はいくつかの実験の後、物質変換の魔法で成の“魔法の杖”をプレゼントすると言い、成はその翌日に彼女から貰えるプレゼントのお返しにお弁当を作って研究室に向かいますが、研究室の近くまで来ると中でガラスの割れた音がしたため、急いで研究室に入ると、物質変換の魔法に失敗した御影が立ち尽くしていました。いくらやっても制御が上手くいかない・・・初めての挫折に御影は自分には魔法しかないと言って相当混乱し、目の焦点も合っていなかったため、成は彼女に落ち着いてもらおうと近づきますが、御影はそんな成を突き飛ばします。成が倒れて怪我をすると御影は冷静さを取戻し、成を魔法で治療しようとしますが、一瞬動きが止まり、魔法は使わずに普通の治療を始めます。
成の治療が終わった後、御影は一人にしてほしいと言って成を研究室から追い出そうとしますが、成はそれを拒否し、御影の傍にいると伝えます。少し落ち着いた御影と屋上に向かい、そこで話をしますが、御影にとって魔法だけが自分の価値を見出せるものであり、自分の心の拠り所だったため、その魔法に失敗して裏切られたショックが大きく、今は魔法を使うことが怖いと話します。そして、魔法を止めてしまおうと言う御影に成が肯定すると、お互い魔法を使わない生活の話を始めます。そして、御影は成がずっと自分の傍にいてくれることが分かると、成にキスをおねだりし、2人がキスを交わすと、御影は師匠がいつまでも弱音を吐いていられないと言って立ち直り実験を再開するために研究室に戻ることにしたのでした。
翌日、成にたくさん弱音を吐き支えてもらった御影は、自分が失敗したことをエニスに報告し、その上でアドバイスを求めます。すると、エニスは笑顔で私に分かることなら何だって教えてあげると言って笑顔を見せます。そして、早速アドバイスをしますが、御影が成功したのはパンからパン、水から水という“同系統”の物質変換だけでした。異系統への物質変換はイメージが難しく大量の魔力と精密な魔法制御が必要になることから成功率は低く、ましてや御影が作ろうとしていたのは、ただの石から魔法付与された“魔法の杖”だったことから、失敗するのは当然だと言います。御影はエニスの説明に納得するも、すらすらとアドバイスを言えることに違和感を覚え、その理由を聞くと、以前保育園で見せてもらったパンからパンへの変換を見て分かっていたと話し、その時にアドバイスをしなかったのは、その頃の御影は失敗を知らないことから言っても聞かないであろうと判断したからでした。御影はそれを聞いて否定できなかったため顔をしかめます。
エニスが御影に物質変換の研究をそれとなく止めさせていたのは、失敗したことのない御影にとって失敗したときの挫折のショックが大きいからであり、その為に卒業まで待ってもらい、それまでに少しずつ小さい失敗を経験させるつもりだったと話します。そして、今回研究を強く止めようとしなかったのは成の存在があったからでした。その後、エニスからアドバイスを貰った御影は図書館で術式の基礎が学べる魔導書を捜していました。彼女は感覚的に術式を組み立てていたため、術式の基礎というのを習っていなかったのです。だから基礎から始めれば何か新しい発見があるかもしれないと思い至りました。御影がどの本がいいか悩んでいると静流がやってきて、自分の使っていた魔導書を御影に渡します。そして、普通の人は何度も何度も失敗するもの、それなのに一度の失敗で魔法使いを辞めるなんて情けないこと言わないでほしい、お姉ちゃんは私の目標なんだからと言って図書館を後にします。御影はそんな妹の姿に、自分は独りなんかじゃなく色んな人に支えてもらっているのだなと感じたのでした。
それから数日後、術式の基礎を最初から学んだ御影は、再び成の“魔法の杖”を作ることにします。最初は上手くいかなかった制御も、成に支えられて初めて成功し、御影は大はしゃぎして喜ぶのでした。

九条御影編 感想
最初はドSすぎて正直引いてたんですけど、真っ向から受け止められたり、ストレートに言われると弱いという大きな弱点を持っていて、後半は主人公にイジられまくっててだんだん可愛くなっていきましたね。ニヨニヨしちゃいますw そういうところが静流と姉妹なんだなぁと感じましたね。だから恋人になってからの御影はドS部分がほぼ無くなってました。いや、ドSは変わってないけど、それ以上に弱点を晒しちゃってる感じなんで、ドSっぷりが発揮できてないというかw まぁとにかく最初のイメージからはだいぶ変わって可愛いなと思うようにはなりましたね。
御影編で1番良かったのは、静流編では見られなかった、和解後の九條姉妹の会話があった点ですね。静流編の感想でそれが見たいと言いましたが、御影編で見せてくれたので満足です。イチャラブも割とあります。ほぼ毎回照れる可愛い御影を見るだけでしたがw クーデレも良いものですな(*'∇')
Hシーンは5回。静流よりかは大きいけど巨乳とは言い難い・・・いわゆる普通乳の部類になるかと思いますが、5回ある本番Hでおっぱい見せたのはたったの2回。人によっては3回になるかもしれないけど、最後のは授乳Hで主人公が片方のおっぱいを吸ってて見えなかったので、私的にはアウトだったかな。透明人間エッチはバックでおっぱい見えませんでしたが、透明になって女の子にイタズラするというのは男子の憧れですw
一般シーンだと先程言った通り、静流との和解があってそれが割と早い段階にあるおかげで姉妹の会話が多かった点が良かったですね。あと、御影と寮生の交流も描かれていましたし、そのあたりのガールズトークはもう少し見たかったかなって思います。魔装脱衣ゲームとか見てみたかった(爆)

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」のあらすじ・感想はこちら↓
小向こなつ編】【山吹久遠編】【九条静流編】【星川照編】【九条御影編】【エニス・ユートリア編

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」の公式サイトはこちらから↓

『まほ×ろば』を応援しています!

姉妹丼は無いんですねw

コメント (4)

「フラワーナイトガール」 こばと団長の活動記録 その38 水影の騎士・序章EX破級 攻略完了

2017年11月28日 12時00分00秒 | フラワーナイトガール(花騎士)

2017年11月27日に追加された水影の騎士・序章のEX破級をクリアしました(*'∇')

一応、一発でクリアできましたが、自分のパーティは総合力67万なので、推奨総合力68万はさすがにキツイw

序章なので、1番強いサクラさん&ウメてんてーのコンビになりますが、それが2連戦になります。1戦目からEX級より強い2人と闘うことになるので、正直余裕は無かったです。
アクアシャドウ側はダメージ軽減があるため長期戦が必至になる上、1戦目が命中率20%、2戦目が命中率30%アップするので、サフランさんと言えども相当運が良くないと1戦目でやられてしまう可能性があるんですよね。
1戦目でサフランさんがやられるとかなりキツイんですが、それでもまぁ勝てなくはない・・・しかし、4パーティで戦って残り1人になったりするので、出来ればサフランさんが残った状態で2戦目に突入したいところ。
相手に命中率アップがあったとしても、やはり回避持ちが多い方がいいなぁ~。何せスキル食らえば死ぬからなw あとはソーラードライブの効果アップで一気に削るしかない。

尚、自分のパーティ編成はこちらです。

第1パーティはスキルパーティ。サフランさんを入れておいて1戦目を確実に1パーティで勝つためにこうしました。
第2パーティは攻撃力デバフパーティ。サフランさんもアプリコットちゃんもいなくともある程度攻撃に耐えられるようにしました。加えてペポちゃんの挑発回避で粘る。
第3パーティはクリティカルパーティ。ここはクリティカルというよりもアネモネのカウンター狙いですね。
第4パーティはソーラードライブパーティ。300%まで溜めておけば10万弱のダメージが与えられるので一発逆転が狙えます。あとホシクジャクで保険かけてますw

一応、このパーティ編成で勝率は100%ですが、8割くらいは第4パーティまでもつれこむのでいつもギリギリですわw

そんなわけで、今のところ15回クリアしました(*'∇')

毎回ギリギリなのでハラハラしてますわw


【新規入手の花騎士紹介】

今回はイベリスちゃん(クリスマス)、リューココリーネ、クラスペディアの3人です(*'∇')

イベリスちゃん(クリスマス)は今回の追加キャラですけど、イベリスちゃん大好きなんで11連で回して入手しました!33連でしたね。

寝室も騎乗位で良かったし、満足でした!ロリ巨乳は最高だぜ!!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


【進化&開花した花騎士紹介】

今回はイベリスちゃん(クリスマス)とレッドチューリップの2人ですね。

イベリスちゃん(クリスマス)はすぐに開花LvMAXにしましたw 進化グラも良かったので開花グラも楽しみ!!

イベリスちゃん大好きですわ~(*´Д`*)b

 


【雑談】

前回のイベントのナーエですが、獲得EXPはMAXにしておきました(*'∇')b

しかし、これ・・・1個しか手に入らないし、ぶっちゃけ、もったいなくて使えなくないですか?w FFシリーズでいうエリクサーみたいなもんじゃね?w

でも、このイベントまだありそうな気はしますね。まぁそれなら使ってもいいのか。

どっちにしろ、育成前の虹(開花有り)がいないと使い道はなさそうですけどねぇ・・・w

コメント (6)

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」 あらすじ・感想その4 星川照編

2017年11月28日 00時00分00秒 | あかべぇそふと系

4人目は星川照でした~。

星川照 キャラクター紹介
フミが管理人をしていた寮に住む学園の魔法使い。静流とは同級生。空上部所属。元々は一般人だったが、祖母が魔法使いだったため、その血筋により魔法使いとして覚醒した。
いつも元気いっぱいで前向きな性格の女の子で細かいことは気にしない。寮のムードメーカー的存在になっていて、良く食べ良く遊び良く寝る。いくら食べても太らない体質で、こなつからは羨ましがられている。食べた分は全ておっぱいに栄養がいっている模様。料理は大雑把に見えるために不安になるが普通に上手い。
運動は得意で休日はいつも何かしらのスポーツをしてる。その代わり勉強が苦手で静流に見てもらっているがいつも赤点ギリギリの成績。性知識が殆どなく(子どもも作り方も知らない)下ネタは一切分からない。そのせいか、成に裸を見られても何とも思わない。魔法使い版の人生ゲームで圧勝したように、かなり運は良い様子。
空力魔法(スウィフト)が得意で箒に乗って空を飛べる。魔法の杖は箒。ただし、細かい魔法制御が苦手で、魔法の制御に失敗すると、極度の空腹状態になって動けなくなってしまうという欠点がある。
所属している空上部は、空力魔法と箒を使って行う競技(地上で言うところの陸上競技)。照の種目はウィザース・レースと言い、立体的なコースを走ってタイムを競う空上競技の花形種目となっている。照は空上部のエースとして他校にも知られており、誰も追いつくことが出来ないその圧倒的なスピードから「シューティング・スター」という二つ名まで持っている。自己ベストは3分24秒12。目標は祖母が作った60年間破られていないレコードタイム3分12秒56を更新すること。しかし、細かい魔法制御が苦手なためコーナーで曲がりきれず、それがタイムロスになってなかなか祖母のタイムに迫れないでいる。

星川照 攻略情報
静流と照の様子を見よう→照の部活でも見に行こうかな→照のことだ→照の買い物について行こうかな→みんなで力を合わせて捕まえてやろう

星川照編 あらすじ
ある日の放課後、照に連れられて部活を見学していた成は、照はスピードは圧倒的だけど魔法制御が上手くないためコーナリングが苦手であることを部長から聞き、照のために何か出来ないかと思い、御影に飛行魔法を教えてほしいとお願いします。すると、御影は教えてもいいが、条件が1つあると言い、どうして飛行魔法を教えてほしいと思うようになったのか理由を教えてほしいと聞いてきます。成は照の役に立ちたいという理由があったものの、恥ずかしくて言えず、御影にからかわれていると、自分は照のことが好きなんだということを自覚します。その後、御影から飛行魔法に関する魔導書を受け取り、この日から飛行魔法の勉強を始めますが・・・。
それから数日後、朝起きると何故か照に抱き枕にされていました。その後、照と一緒に遊びに出掛けますが、照の様子からあまり異性として見られていないのではないかと思っていました。その日の晩、成がお風呂に入っている間に、照は女性陣から質問攻めに遭い、そのやり取りの中でこなつ達は、“成は異性として照のことが好き、けど照の好きは友達としての好き”という認識になり、こなつは照に自分の中の“キスしたいの好き”を見つけてあげてとアドバイスします。照はそう言われて自分の中に“キスしたいの好き”があるかどうか考えますが・・・。
そんな中、迎えた空上部の練習試合。照は自信満々で勝つ気でしたが、そこへ練習試合の相手で自称・照のライバルである宝生綺羅々が声をかけてきます。2人の実力差は明かでしたが、綺羅々は1年間、照に勝つために練習してきたと言い、実際に試合ではトップスピードでは照には及ばなかったものの、コーナリングの差で照に勝利します。自分の苦手分野で負けた照は、皆の前では元気を装っていましたが、自分の部屋に戻ると今日の負けを悔しがりながら、夜の空に浮かぶ月を眺めていました。すると、屋根の上から空を飛んでる成が下りてきて、コーナリングの魔法制御の練習を手伝うと言われます。そして、成が手を伸ばすと、照はその手を掴み、その時感じた感情が“キスしたいの好き”であることに気付き、“月はキレイだね(I LOVE YOUの意味)”と伝えるのでした。
翌日、照のコーナリングの特訓に付き合った成は、お昼ご飯も一緒に食べますが、そのとき、照から好きと言われ、それはいつもの友達としての好きなのだろうと思っていました。しかし、照の反応は本気であり、それを証明するために照がキスをしてきます。そして、成に対してもしも成が私のことを“キスしたいの好き”だと思ってるならキスしてほしいと言ってきたため、成は照にキスを返します。そして、2人はそのまま初体験を済ませるのでした。
それからも照は成と一緒に特訓を続けますが、照にとって最大の試練が訪れます。それは定期テストの筆記試験でした。いつも静流にノートを見せてもらっていた照ですが、自分の失言から静流が意地張ってしまい、勉強を教えてもらうことが出来なくなってしまいます。それでも照は赤点を取っても大会で頑張ればいいと思っていたのもつかの間、部長から赤点取った人は大会には出さないと言われてしまい、一転して大ピンチになってしまいます。照は静流には頼れないことから、成に自分がサボらないよう見ててほしいと言い、成も照が勉強しているところをずっと見守ります。やる気を出した照は静流に筆記試験で勝つつもりで勉強し、毎日徹夜して頑張った結果、自力で赤点回避することに成功し、憂いなく大会を目指せることになりましたが、大会の一回戦の相手は綺羅々のいる学園に決定。この前の練習試合で全試合完敗したことから部員たちは弱気になりますが、照だけは「燃えてきた」といってやる気満々だったため、他の部員もそのやる気に引っ張られ、練習を始めるのでした。
大会の1回戦の相手が判明した日の放課後、照は成と手を繋いで下校していましたが、そこへ綺羅々がやってきて、男と一緒にいる照を見て見損ないます。すると、照は成がいたから自分でも気付けなかったことに気付けた、だから今の私は今までの中で1番速いと真っ向から反論し、必ず勝つと宣言します。綺羅々もライバルからの勝利宣言を受け、照の祖母の記録は自分が抜くと宣言して去っていきます。翌日、照は練習で初めて1人でコーナーを曲がりきり、祖母と同じタイムをたたき出すことに成功します。そして、迎えた大会当日。照は第一試合でしたが、開会式にも姿を見せずに行方不明になっていました。成は照がいるならあそこしかないと思い、学園の屋上へ向かうと、案の定、照は屋上にいました。照は表面上は普段通りでしたが、成は彼女が緊張していることに気付き手を握ります。すると、彼女は震えていて、さすがの照るも自分が緊張していたことを認めます。成は照は深く考えなくてもいい、好きなことを好きにやったら良いんだと伝えると、照は私がいつも考え無しで動いている自由人みたいじゃんと怒りますが、思い直すとその通りだったため少しショックを受けます。そして、成から祖母の記録を塗り替えるんだろ、その時を俺も皆も見てると言うと、照は叫び声を挙げて気合を入れ、モヤモヤした気持ちが吹き飛んだ彼女は笑顔を見せるのでした。
そして始まった1回戦。レースは完全に照と綺羅々の一騎打ちになり、両者互角のままラスト1周を迎えます。しかし、照は苦手なS字コーナーでミスをしてしまい絶体絶命のピンチになってしまい、諦めかけたそのとき、成や静流たちの応援の声が聞こえ、見事に立ち直り、そのまま全力で駆け抜け、綺羅々を抜き去りトップでゴールします。タイムは3分12秒51。照はついに祖母の大会記録を破ることに成功し、1回戦でライバル校を破ったハーバルダム魔法女学園は見事に大会に優勝します。照は学校を代表して表彰台に上がりますが、上がる前は皆にVサインすると宣言していたものの、いざ上がってみると色々な想いが胸の中を駆け廻り、気が付くと涙を浮かべていました。照は止まらない涙を必死にこらえながら、インタビューに対し「ありがとう」とだけ答えます。結局、照はVサインは見せられなかったものの、最後は「嬉しい」という気持ちを思いっきり口にして叫ぶと、成たちは照の代わりにVサインをしてくれたため、照もVサインで応えるのでした。

星川照編 感想
( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
ふぅ・・・6回ある本番H全てでおっぱい見せてくれたので満足です・・・それをこの子に期待していたことなので!(爆) 前戯で1つだけおっぱい見せなかったけど前戯はぶっちゃけどうだっていいです。ただまぁ、パ○ズ○フェ○と69がセットになってたのは残念だったかなぁ・・・パ○ズ○フェ○はパ○ズ○フェ○だけで楽しみたかったです。本番Hは最初のうちはそんなにエロくは感じなかったけど徐々に良くなっていきましたね。まぁ何はともあれ、( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
シナリオ的には、部活青春系ですね。照自身が恋愛に疎く、それは最後まであんまり変わらなかったので、そんなにイチャラブ感はなかったです。でもまぁ青春モノなので見てて楽しかったです。特に最後のレースは燃えましたね。ライバルとの決着は手に汗握る展開でした。あと、観客席の静流と久遠ちゃんとこなつちゃんのやり取りは笑いましたw ぶっちゃけレースそっちのけでその様子を見ていたいくらいでしたw 最後は静流の熱血ぶりに久遠ちゃんが根負けしてツッコミ入れられなくなってるしwww あとは、静流編もそうだったけど、こなつちゃんの恋愛&エッチ方面での暴走っぷりが光ってましたね・・・w こなつちゃんのこの暴走っぷりは笑えますw 恋人が出来た後も主人公一筋なんだなってのがよく分かりますねヽ(´ー`)ノ
とりあえず、明るく楽しくって感じがして良かったですが、恋人としてはイチャラブ感が薄いので、その辺はもうちょっとこう、何とかならんかったかなーと思いつつ、照なら仕方ないかと思う面もあり、複雑な気持ちですかねw あの純粋さが照の良さだと思うので。まぁでも、おっぱいをいっぱい堪能できたのは良かったと思います。やっぱり巨乳っ子はおっぱい見せるべき!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」のあらすじ・感想はこちら↓
小向こなつ編】【山吹久遠編】【九条静流編】【星川照編】【九条御影編】【エニス・ユートリア編

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」の公式サイトはこちらから↓

『まほ×ろば』を応援しています!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

コメント (2)

「艦隊これくしょん -艦これ-」 こばと提督の戦況報告その17 秋イベント2017限定海域「レイテ沖海戦(前篇)」攻略編 西村艦隊、スリガオ海峡突破!(E4攻略完了)

2017年11月27日 12時00分00秒 | 艦隊これくしょん -艦これ-

ついに西村艦隊がスリガオ海峡を突破しました!!(*´Д`*)b(E4クリア)

E4はポイントがめちゃくちゃ多くてルートギミック解除の面倒くささがハンパなかったので、攻略できるかなぁ~って思ったけど、ボスの方は大して強くなかった印象です。

道中は夜戦ばかりなので大破ポイントが結構あるにはあるけど、警戒陣で行けばほとんど回避してくれるので、むしろ今までの最終マップに比べたら楽でした。
ボスもゲージ2回ありますが、どっちも警戒陣のままでOKですね。むしろ、7番目に置いた子の弾着発動率がかなり上がるので(私は100%だった)、警戒陣で行く方がいいです。回避しまくって大ダメージも与えられるというのだからかなりお得w 最初が夜戦っていうのも大きいかな。殆ど陣形に関係なくダメージ通るし、駆逐艦がこれでもかっていうほど大活躍するので。もちろん主砲連撃狙いです。カットインは不要。

まぁそれでも扶桑型戦艦がいないと最後は撃沈させるのは難しいかもですが。最上や時雨でも夜戦じゃないと殆どダメージ通らないし。あとは基地航空隊が意外とダメージ通るので、それに賭けてみると良いかもですね。最後の雷撃だと魚雷装備しないと厳しいかな・・・でも1回目の戦力ゲージの時、1度だけ魚雷で倒したことあるんですよねw

ボスルートは第三遊撃部隊で行くのが基本ですが、史実通りの西村艦隊ルートと道中が比較的楽だという志摩艦隊ルートの2パターンが考えられます。自分はPT小鬼群が大嫌いなので、道中におけるPT小鬼群との戦闘が1回しかない西村艦隊ルートで行きました。あと、志摩艦隊ルートは最初は潜水艦の夜戦となるので、ぶっちゃけ最初から鬼門なんですよね。ギミック解除時、ここでカットインくらっていきなり大破っていうのが何度かあったし。
西村艦隊ルートはSマスのヌ級改、ZZ1マスのPT小鬼群さえ何とかすれば後は問題なかったかな。ヌ級改は当たるとほぼ大破確定だけど、警戒陣なら滅多に当たらないのでまぁそれほど脅威ではなかったかw PT小鬼群はカットインをしてこないことを祈るのみw

尚、ボスルート開放後は途中まで雪風を使ってたんですけど、雪風だけ毎回大破しまくるので、支援艦隊送りにして、代わりに夕立入れました。雪風はいつでもどこでも真っ先に大破する子ですね・・・本当に幸運艦なのか?w

私の編成と装備は、こんな感じでした。

1.山城改二:主砲×2&徹甲弾&水爆
2.最上改:主砲×2&水爆×2
3.照月改:高射角砲+高射装置×2&対空電探改
4.夕立改二:主砲×2&水上電探
5.潮改二:主砲×2&水上電探
6.時雨改二:主砲×2&水上電探
7.扶桑改二:主砲×2&徹甲弾&水爆

照月は道中の航空戦&PT小鬼群対策で入れておきました(対空装備は意外とPT小鬼群に当てられる)。それだけじゃなく、ボス戦でも夜戦で戦艦を撃沈させることは可能ですし(主砲装備に比べたら安定はしませんが)、ボス相手でも結構なダメージ通るので、問題なく使えます。だから、道中を安定させるなら対空カットイン要員は有りだと思います。
潮は毎回こういうボス戦で駆逐艦を使うときは毎回入れてますね。お気に入りな上に強いので。夕立は雪風が役立たずだったので入れました(爆)
あとは西村艦隊ですね。とは言え、ぶっちゃけ対ボスのことだけを考えるなら、扶桑型戦艦の2隻だけで良い気がします。時雨も最上も砲撃戦だと全然ダメージ通らないし。扶桑型の2隻も弾着かクリティカルが出ないとダメージが通らないですね。なかなか硬かったです。まぁそれでも特効かかってるので、他の戦艦使うよりかは楽でしょうけど。

今回のイベントは前回のイベントと比べると、戦闘に関しては楽になったけど、ギミック解除がすごく面倒くさいという印象でした。
それと、ドロップ艦が前回と比べると微妙なところ・・・葛城と雲龍は欲しいけど保留かな~。エロゲ優先しないとw それが終わってまだイベント中なら、葛城あたり掘ってみようかなって思います。

最後に。クリア後の山城&扶桑&時雨のセリフはなかなか感動的なので、是非とも聴いてみて下さいね(*'∇')b

歴史、変えられて良かった(iдi)

コメント

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」 あらすじ・感想その3 九条静流編

2017年11月27日 00時00分00秒 | あかべぇそふと系

3人目は九条静流でした~。

九条静流 キャラクター紹介
フミが管理人をしていた寮に住む学園の魔法使い。こなつや久遠より学園は1つ上。無類の猫好きで、いつも教会で猫と遊んでいるが、そのことは他の寮生には秘密にしている。しかし、教会で猫たちと会話しているのを成に目撃された挙句、猫にパンツを下ろされてワレメを見られてしまうことになる。
同級生の照とは対照的に冷静で落ち着いている。ツンデレ気味で、なんだかんだ言って照の相手をしているあたり、面倒見は良いようである。ただ、真面目で勉強の教え方も上手く何でも出来るように見えるが、料理と運動と早起きと機械操作が苦手で結構苦手なものが多い。そして、素直になれない性格が災いしてか、見栄を張ることが多く、出来ないことでも頼まれると嫌とは言えない。そのため貧乏くじを引かされることが多い(主に照のせいでw)。あと、煽りに弱く、すぐに冷静さを失ってしまうのが欠点で、失言が多い。そして、自虐的だがその自覚がない。
普段よく使う魔法は変身魔法(トランス)。魔法の杖はグリモワール(本)。変身魔法を使うと猫に変身する。というか、現状は猫にしかなれない(本人はカーバンクルになりたいと思っている)。猫になると猫の特性を使うことが出来る。ただし、猫の習性も兼ね備えているため、猫じゃらしやボールなどで誘導されると、その誘惑に勝てないというどうにもならない欠点がある。魔法の制御に関する安定感は抜群だが、ごく偶に魔法の制御に失敗すると猫そのものになってしまう。ただ、失敗率が高く、その理由は彼女にとってトランスはどちらかというと苦手な部類になるため。
彼女の本来の得意魔法は「テレパス」である。自分の言葉を相手の脳に直接伝えることが出来、尚且つ、相手の心が読める魔法。たまにしか使わないが、成と出会ったときはこちらの魔法を使っていた。得意魔法を使わないのは、最近のスマホなどの電子機器の発達が早いせいで魔法を使わずとも似たようなことが出来るため、彼女の中ではテレパスの評価が低いからである。
他に魔法薬を作るのが得意で、放課後は魔道士課程の教師などから依頼されて魔法薬を作っていることが多い。尚、ウィザーズ・レースで活躍している照の隠れファンで、照が出場する試合は必ずチェックしていて、競技についても結構詳しいが、本人がいる手前、それを隠している。

九条静流 攻略情報
静流と照の様子を見よう→静流は先に帰ったかもしれない→静流のことだ→静流のフォローに行ってあげよう→みんなで力を合わせて捕まえてやろう

九条静流編 あらすじ
ある休日の昼間、静流が魔導書を買いに行くと言ったため、ついていくことにした成。そこでまぁ色々とあり、目的の魔導書は売り切れてて買えませんでした。その日の夜、寝る前に戸締りの確認をしたところ、締めたはずの玄関が開いていることに気付き、不審者がいないか見回りをします。すると、静流が部屋におらず、窓が開いていたため、内緒で外出したものと思い、成は捜しに行きます。静流がいたのは成と静流が出会った教会でした。静流はそこでカーバンクルになるための特訓を毎晩していたようで、皆に秘密にしていたのは“カーバンクルになるのが夢”と言ったら皆に笑われると思っていたからでした。しかし、成に夢に向かって頑張っている人間を笑うヤツなんてどこにもいないと言われると、自分の夢は他人にバカにされると思っていた静流は少し心のモヤが取れますが、それでも自分の弱いところを見せたくないため、成に皆に秘密にしてほしいと言い、成も出掛けるときは声をかけることを条件に夜の特訓を許可し、“癒しの手”で特訓を手伝うことを約束します。
2人が教会で話していると、以前静流が少しだけ魔法の基礎を教えたことがある彩乃という名の女の子がやってきて、また魔法を教えてほしいと言います。その子は時々静流が夜の特訓をしていると家をこっそり抜け出してきて、静流に魔法を教えてほしいとおねだりしているようでしたが、静流は自分の特訓を優先したいからと断り続けていました。しかし、成からこの子に魔法を教えてあげれば、何か新しい発見があるかもしれないと言われ、特訓に行き詰っていた静流は、一理あると思い、女の子に魔法を教えることにします。こうして、この日から3人の夜の秘密の特訓が始まるのでした。
翌日、静流が探していた新作の魔導書を御影が持っていたため、借りることにした成。その日の晩、彩乃に魔法を教えた後、静流は自分の特訓を始めますが、またも魔法に失敗し、その時、静流の得意魔法が実はトランスではなくテレパスであり、トランスはむしろ苦手であることを成は初めて知ります。その後、御影から魔導書を借りていたことを思い出した成は、静流にその魔導書を渡しますが、静流は魔導書が御影の物であることを知ると、アイツには施しを受けないと言って成に本を返し、気分が最悪だからと言って帰ってしまうのでした。
静流から本を突っぱねられたことを知った御影の寂しそうな顔を見て、ドッペルゲンガー事件のことを思い出し、2人の間には何かあると思った成。その日の晩も静流と彩乃の特訓に付き合った成ですが、ひょんな事から自分が静流に好意を抱いていることをテレパスで知られてしまいます。静流はその告白についての回答は保留させてほしいと言って答えは保留します。その後、静流は彩乃に魔法を教えていましたが、彩乃が念動力を使いたいと言ったため、静流は彩乃は念動力よりも空力魔法の方が向いていると答えます。しかし、魔法が上手く使えなくていつも先生に怒られている彩乃は、クラスで1番凄くて先生にも褒められている子は念動力が得意だから自分も使えるようになりたいと言って聞きませんでした。それはまるで不得意なトランス魔法を使い続けている静流そのものでした。自分とそっくりだった彩乃を見た静流は、成くんの言っていた通りだった、違った視点で物事を見たら新たな発見があったと言い、私たちはバカみたいでも、それでも誰かに認められたい、そうしなきゃきっと私たちは誰にも価値を感じてもらえないと呟くのでした。
それから数日後、静流はずっと悩んでいる様子で、それが定期試験にある特別試験の時に悪い方へ出てしまい、不合格となってしまいます。落ち込む静流を励ますために、照たちに言われて静流を外に連れ出すことにした成。静流は最初は落ち込んでいたものの、成に手を繋がれると少し元気を取り戻し、以前探していた魔導書が再入荷していてそれを買うと途端に元気になり、寮に帰る時間も惜しいからと公園に移動して読むことにします。しかし、本を読もうとしたときに握っている成の手を離さないと読めないことに気付いて、寮に帰ってから読むことにしますが、その時、まだ先日の告白の返事をしていなかったことに気付き、返事をすることにします。そして、返事をしようとしたその時、成に御影が声をかけてきます。御影は静流が魔導書を持っていることに気付き、それは静流には高度すぎて扱えない物だと言いますが、静流は天才のあなたに私の気持ちなんて分からないと言って走り去ってしまいます。成はすぐに静流のことを追いかけようとしますが、その時、御影は成に向かって「愚昧のことを宜しく頼むよ」と呟くのでした。
静流はいつもの教会にいましたが、成が来たことに気付くと特別試験の内容について話します。特別試験は本人が恐れているものに打ち克つというものでしたが、静流の前に現れたのは御影でした。そして、先ほどの公園で言われたことと同じようなことを言われたのです。「バカなことはいい加減にやめろ」と。静流はそれに言い返すことも出来ず逃げ出してしまい試験に落ちましたが、先ほどの公園でも同じことをしてしまいました。静流は幼い頃から御影を見返したいと思っていましたが、それは口先だけで結局いつも逃げてしまいました。静流が見返したいと言っている相手の御影は静流の実の姉でした。そのことを成や寮生の皆にも秘密にしてきたのは、姉のことを離せば比べられるから。子どもの頃からずっと天才の姉と比べられてきた静流にとって姉と比べられるのは耐えられないことでした。静流が苦手なトランスでカーバンクルになろうとしていたのは、御影にも出来ないことをやろうとして見返すためでした。誰かに自分にも価値があるんだと、そう認めてもらいたかったのです。けど、静流は分かっていました。姉と比べるのがイヤだと思っていながら、誰よりも姉と自分を比べてたのは自分自身だったことに。
カーバンクルに変身できないなんて自分でも分かっている、こんなことしてても無意味だと分かってるのに止められない。こんな惨めな私を笑ってよと初めて人前で弱音を言う静流に対し、成は静流の努力を笑えるわけないと言って彼女を抱きしめます。そして、静流が頑張ってきたこと全てを認める、静流が今までしてきた努力は役立っていると伝えます。静流は何も役立ってないと否定しますが、成は彩乃はしっかり感じているはずだと返します。不向きな念動力を覚えようとしてる彩乃に諭そうとしていた静流は、きっと自分と同じ失敗をさせたくなかったからじゃないかと。そして、静流が自分を頼ってくれたことは嬉しいと話し、静流に好きだと改めて自分の口から告白の言葉を伝えます。すると、自分のことを成に認めてもらえた静流は、こんなタイミングで告白なんてバカみたいと言いつつも、成に顔を近づけてキスをし、「好き」と告白の返事をします。こうして2人は恋人同士になったのでした。
恋人同士になった直後に初体験を済ませ、そのまま教会で寝てしまった2人は、起きるとすぐにキスをしますが、それを彩乃に目撃されてしまいます。静流は特別に魔法を教える代わりにさっきのことは忘れてほしいと言い、彩乃もそれにうなずきますが、彩乃は数日前に静流に問いかけられた宿題の答えを話します。苦手な念動力にするか得意な空力魔法にするか、彩乃が選んだのは空力魔法の方でした。その理由は定期試験の時にクラスの誰よりも高く飛ぶことに成功し、初めて学校の先生に褒められ、飛ぶことが好きになったからでした。それを聞いた静流は、自分が何年も悩み続けてきたことに対したったの数日で答えを出した彩乃は凄いと言い、彩乃に自分のことを棚に上げていたことを謝り、自分ももう迷わないと言って、苦手なトランスなんかに拘らず自分の好きなこと・・・得意分野を伸ばすことに決めます。そして、ここ最近ずっと彩乃に魔法を教えて誰かに教えるのが好きであることに気付いていた静流は、彩乃に自分の最初の生徒になってほしいとお願いするのでした。
それから静流は再試験に合格し、成にテレパスの練習に付き合ってもらいつつ、彩乃に魔法を教えていました。そして、彩乃に教えるための魔導書を借りに図書館に行ったときに御影にも会い、これからはあなたの背中なんて追いかけない、私には私にしか出来ないことをすると告げ、そんな妹の成長を見た御影は、成に妹を導いてくれてありがとうとお礼を言うのでした。
それから数日後、怪我をしたカーバンクルの治療のためにエニスの下に送られくるという情報を魔法新聞で見て驚いた静流。その日、成はエニスに呼び出され、興奮状態で暴れているカーバンクルを癒しの手で落ち着かせてほしいと頼まれます。魔法を打ち消す力を持つカーバンクルですが、それは厳密には相手の術式を崩して使えなくしているだけで、自分で術式の修復が出来る癒しの手には効果はないということだったため、成はカーバンクルの治療の手伝いを了承します。
そして、カーバンクルが学園にやってきて、学園生のいない夜に治療を行うことになりましたが、そこで問題が発生します。成は学園に来るなり、魔装しているエニスと御影からカーバンクルが逃げ出したという話を聞いて、術式が崩されているエニスに癒しの手を使おうとしましたが、想像以上に破壊されていたため、癒しの手はカーバンクルには使えないことが判明します。しかし、事態は更に深刻な状況になっていました。カーバンクルが学園の外に逃げ出したのです。そして、教会で空を飛ぶ練習をしている彩乃のことを思い出した成は、急いで静流に連絡を取ると、静流はこれから教会に向かうところだったと言ったため、カーバンクルが学園の外に逃げ出したことを伝えると、静流は急いで教会へと向かいますが、一歩遅く、カーバンクルは教会に逃げ込んでいました。急いで教会に向かうと静流は先に到着していましたが、カーバンクルは彩乃の目の前でエニス達に向かって威嚇していました。
まだカーバンクルが彩乃の存在に気付いていなかったため、エニスはカーバンクルを捕獲しようとしますが、今までずっとカーバンクルの術式崩壊に対抗しながら魔法を使っていたせいで、魔力を使い果たしてしまったため(御影曰く、そもそもカーバンクルの前で魔法を制御できていたこと自体が凄いこと)、御影が最終手段を使うと言います。それは、御影の全魔力をカーバンクルにぶつけるというものでした。静流と成は自分たちが無力であることに打ちひしがれ、お互いの手を握って御影の行動を見守りますが、御影が魔法を使おうとした直前にカーバンクルに勘付かれ、更にカーバンクルが後ろにいた彩乃の存在に気付いて襲おうとしていました。今の位置関係では御影の魔力をぶつけたら彩乃に危害が及ぶという絶体絶命の状況の中で、静流は咄嗟にテレパスで「止めて!」とカーバンクルに言います。すると、カーバンクルは動きを止めました。本来ならカーバンクルの近くでは魔法を使えないはずでしたが、成と手を繋いでいた静流は癒しの手の効果で術式を維持できていて、成もまた静流の術式を知り尽くしていたため、魔法が使えたようでした。静流は私たちのしてきたことは無駄じゃなかったと言い、テレパスでカーバンクルに自分たちが救いたいことを伝えると、カーバンクルは静流を受け入れ大人しくなります。そして、静流からエニスに渡されたカーバンクルは治癒魔法で瞬く間に傷が癒えました。こうして、静流は御影でも出来なかったカーバンクルと彩乃の両方を救うということをやり遂げたのでした。
事件解決後、静流と御影はお互いに話したいことがあると言って、彩乃を成に任せて、静流は御影と話をします。静流は御影への不満をいっぱい言った後、「“お姉ちゃん”に褒められたかった」と言います。すると、御影は静流の頭を撫でてあげて、私にとって静流は自慢の妹だよと伝え、静流の努力を認めていたと言います。それを言っても静流には信じてもらえないだろうから言わなかったと。こうして、お互い不器用すぎて素直になれなかった姉妹のわだかりは解け、元の仲のいい姉妹に戻るのでした。

九条静流編 感想
彩乃ちゃんルートはないんですか(爆) 数年後、学園の空上部に入ったってことは、巨乳になったということですよね(暴論)。空上部=巨乳ですからね、ロリ巨乳枠を希望します!w 数年経っても語尾の「~なの」は変わってなかったし、イメージ的には小柄な身体かなぁと思いましてw しかし、彩乃ちゃんはアレだけ出番あるなら、ビジュアルくらい用意してくれても良かったのではないでしょうかw この作品、サブキャラは一切立ち絵無しですよね。
・・・閑話休題。静流編は、姉に対して劣等感を抱いている静流が姉の背中を追いかけるのを止め、自分のやりたいことを見つけるお話です。その過程で彩乃ちゃんという最初の生徒と出会い、彩乃ちゃんと一緒に静流も成長していく内容になっていて、良かったと思います。姉である御影とのわだかまりが解けるシーンも良かったです。イチャラブに関しては素直になれない静流が暴走する展開が多くて、イチャラブというよりもラブコメって感じがしたかな。見てて面白かったけどさw あとは彩乃ちゃんと静流の関係が微笑ましいので、この2人のやり取りはずっと見ていたいなぁと思いましたね。主人公に関しては相変わらずの阿呆っぷりを発揮してたのでここではノーコメントで(爆)
Hシーンは6回。しかし、1回分は足○キだけで終わってしまうので、実質5回です。おっぱい的には微乳~普通くらいかな?大きくはないけど小さくもないって感じ。本番でおっぱい見せるHは3/5回。初体験とお風呂場Hと猫娘になった静流との教会Hの3回ですね。おっぱいを見せないのは静流の部屋でのバックと最後の図書館での対面座位ですね。バックの方はア○ル開発になってました。個人的にア○ルってマニアックな部類だと思うんですけど、最近のエロゲはイチャラブゲーでも普通に使ってくるので困りますね。対面座位は静流編のHシーンの中では1番甘々な感じが出て良かったと思うけど、おっぱいが隠れてたのが残念でした。猫娘Hは静流がずっと「にゃあ」しか言って無くて色気はないけど、可愛いから許す(爆)
一般シーンだと個人的には彩乃ちゃんとのやり取りが1番好きだったかなぁ。微笑ましかった。あとは、静流が自虐になったり暴走したりイジられるところですね。そういう静流を見てるとニヨニヨが止まらないw 猫娘になったときも可愛いw 笑って済まされない失言が多い点は気になったけどね。それから、姉の御影と和解するシーンかな。残念だったのは和解してからすぐにエンディングになって、数年後のエピローグになってしまい、元の関係に戻った2人の会話が見られなかったことですね。静流の話してる内容から仲良くしているのは分かるんですけど。それが物足りなかったかなぁ・・・まぁ数年後の彩乃ちゃんが登場したのは良かったけどw だから、彩乃ちゃんのビジュアルをプリーズ!もちろん成長した方の姿でw

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」のあらすじ・感想はこちら↓
小向こなつ編】【山吹久遠編】【九条静流編】【星川照編】【九条御影編】【エニス・ユートリア編

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」の公式サイトはこちらから↓

『まほ×ろば』を応援しています!

静流は冷静さを失うと相手を傷付ける発言をすることが多いので、微妙に好きになれなかったんですよね~。普段は面白いんだけど。

コメント (2)

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」 あらすじ・感想その2 山吹久遠編

2017年11月26日 00時00分00秒 | あかべぇそふと系

2人目は山吹久遠でした~。

山吹久遠 キャラクター紹介
フミが管理人をしていた寮に住む学園の魔法使い。幼い見た目をしているが、こなつとは同い年。魔法福祉部に所属。超が付くほど人見知りで人ごみは苦手で、買い物に1人で行くのも困難なほど。ただし、初めて自分のことを“友達”と言ってくれたこなつにだけは懐いており、仲のいい姉妹のように見える(というより、母娘の方が正しいかもw)。
いつも“イチカワさん”という名のウサギのぬいぐるみを抱きかかえていて、寮生以外とは直接会話することはせず、ぬいぐるみを介して腹話術のように会話する。ぬいぐるみを自分で修繕するため、裁縫は得意。尚、イチカワさんは久遠の母親のお手製である。又、小さい頃は両親が仕事で不在がちだったため、1人で家にいて家事をしていたため、一通りの家事はこなせる。今はやらないだけである。
かなりの偏食家で野菜類は全然食べないため、こなつはいつもどうやって食べさせるか四苦八苦している。又、背が低いことを気にしており、偏食と関連付けられている。基本的に引きこもりで、こなつと一緒にいるとき以外は部屋でゲームをしているか居間でテレビを観ていることが多い。テレビ番組はバラエティとお笑いが好き。
得意魔法は使役魔法(パペットオーダー)。魔法の杖はなくイメージを膨らませるだけ。使役魔法は対象物に自我を芽生えさせる。使役魔法は制御が難しいが、久遠は魔法の制御が寮生で1番上手く問題なく扱える。というより、寮生より上の魔道士課程の魔法使いでも出来る人は少ないほど、魔法の制御に関しては天才的な素質がある。ただ、使役するぬいぐるみ(イチカワさん)の性格に問題があるという欠点があるw
成との出会い方が最悪だったのと、こなつが成に好意を抱いている様子を見せている事から、成に対して敵意を剥き出しにしている。しかし、成と一緒に生活していくうちに色々と助けられ、少しずつ態度を軟化していくが・・・。

山吹久遠 攻略情報
こなつと久遠の様子を見よう→久遠が気になる→久遠のことだ→久遠は何をしてるんだろ→みんなで力を合わせて捕まえてやろう

山吹久遠編 あらすじ
ある日の朝食の時間、久遠がスープをこぼしそうになったため、成が咄嗟にイチカワさんをどかそうと持ったところ、久遠がイチカワさんを盗られると勘違いしたため、お互いに引っ張り合いになり、イチカワさんの耳が千切れてしまいます。怒って部屋に戻った久遠ですが、自分も悪かったと反省したのかすぐに下りてきて、成に放課後は糸と綿を買いに行くから一緒に来て欲しいと言います。最初はこなつが一緒に行こうとしたものの、久遠がそれを断ったため静流たちは驚き、こなつは妹が姉離れしたような寂しさを感じつつも久遠が成に好意を抱いていることを確信し、成に久遠のことを託します。そして、放課後。成と一緒に買い物に行った久遠は、用事が終わると、たどたどしい口調ながらも今朝自分が怒り過ぎたことを成に謝るのでした。
その日の夜、2人で買い物に行っていた件で静流たちが冷やかすと、久遠は皆に「嫌い」と言って部屋に戻ってしまいます。その後、成は自分の部屋に戻ろうとしますが、久遠の部屋から声が聞こえたため、こっそり覗き見すると、久遠がイチカワさんと話していて、成と一緒にいると胸がポカポカすること、そのポカポカはこなつといるときとは別のものであること、そして、皆に「嫌い」と言ってしまったことを明日謝ると言っていました。しかし、翌朝、イチカワさんがどこかへ消えてしまったため、寮生全員で寮内を探しまわりますが、見つけ出すことが出来ず、成は皆に朝食を食べさせている間にも1人で捜したものの、見つけることが出来ませんでした。久遠は成に探してくれてありがとうとお礼を言い、昨晩「嫌い」と言ってしまったことを謝ります。その後、久遠もまだ朝食を食べていなかった事から一緒にリビングに戻りますが、久遠が椅子に座ろうとすると、そこにはいなくなったイチカワさんがいて、久遠は驚きつつも見つかったことに安堵し、結局誰が見つけたかは分からないままだったものの、イチカワさんを嬉しそうに抱きかかえるのでした。
その日の昼、久遠はイチカワさんが動かないことから、成に魔法の制御を手伝ってほしいとお願いします。そして、久遠の部屋でイチカワさんを動かそうとしますが一向に動く気配がなく、成も一切手ごたえはありませんでしたが、突然イチカワさんは起き出し普通に喋り始めます。イチカワさんは起きてすぐまた休むことになり、久遠はイチカワさんを机の上に置きますが、成がずっと近くにいたため、恥ずかしがって成を部屋から追い出そうとします。そのとき、成は誰かに背中を押されたかのように久遠の方へと倒れこみ、2人はそのままベッドの上に倒れ、成と久遠はキスする寸前まで行きますが、部屋の外からこなつが久遠を呼び出したため、キスは未遂に終わるのでした。
その日の夕食の最中、成と目が合った久遠は、咄嗟に昼間の件について成の自意識過剰だと言って昼間に起こった出来事を皆に話してしまい、成のこともっと嫌いになったと言って部屋に戻ってしまいます。しかし、それは本心ではなく、素直になれないために出てしまった言葉で、部屋に戻った久遠はまた成を傷付けてしまったと1人で泣いてました。久遠はイチカワさんに話しかけるも、イチカワさんは自分の魔力で動かしてることから、自分が知らないことには答えてくれないことは分かっていて、どうしたらいいか分からずただただ泣いていると、イチカワさんは一人で勝手に動きだし、久遠を叱咤します。久遠は自我に目覚めたイチカワさんに驚きます。イチカワさんが朝からいなくなっていたのも、久遠がいきなり成に押し倒されたのも、イチカワさんが久遠と成をくっつけるための作戦だったようでした。イチカワさんは自分が強引すぎたことを謝り(成が予想以上のヘタレであることも言ってましたがw)、久遠に成と恋人になるための作戦を提案しようとします。その時、丁度成が昼間のことを謝ろうと部屋を訪ねてきたことから、まだ面と向かって話が出来ない久遠は咄嗟にイチカワさんを成に投げつけてしまい、成とイチカワさんがぶつかったときに光が出て、成の意識はイチカワさんの中に入ってしまうのでした。
翌日、エニスに相談した2人ですが、エニスは久遠の使役魔法がその領域を超えて、イチカワさんに自我を芽生えさせ、使い魔になったと説明し、成がイチカワさんの中に入ったのも、イチカワさんには叶えたい願いがあって、その願いを叶えるにはこうするのが良いと判断したからだと話します。イチカワさんの願いが叶えば元に戻るという話ではあったものの、心当たりのある久遠は顔を赤らめながら秘密と言って話してはくれませんでした。そして、イチカワさんの中に入ったまま数日が過ぎ、学園では定期試験の日がやってきます。久遠は筆記試験と実技試験は軽くパスしましたが、問題は最後の特別試験でした。今年の特別試験は、ある魔法がかけられた部屋に入り、そこに現れる“自分が恐れているもの”と対峙して、それに見事打ち勝った証明として出現するカードを持ち帰るというものでした。久遠はイチカワさん(成)と一緒に教室に入りますが、そこにはこなつ、照、静流の3人とイチカワさんがいて、久遠にもう二度と会えないとお別れを言って遠ざかって行きます。久遠は走って追いかけますが、一向に追いつけず、やがてこなつ達は消えていき、久遠は何も出来ずただ泣くだけで、結局不合格となってしまい、久遠は教室の前で成を抱きしめながら泣き続け、成は何も言葉にすることが出来ませんでした。
幼い頃から、仕事で忙しい両親は家を留守にしがちで、久遠はいつも家でお留守番をしていました。1人でいるのが当たり前で、むしろ1人でいる方が気楽でした。そんなある日、久遠は母親が作ってくれたぬいぐるみ・・・イチカワさんを貰って少し変わりました。そして、今の学園に入学してこなつと出会い、友達といる幸せを知り、静流や照とも出会って皆でいることの幸せを知り、いつしか一人ではなくなっていましたが、その分、皆と離れ離れになるのが怖くなっていました。いつか皆離れ離れになってしまう、それは分かっていること。けど、そうなったら久遠はまた一人ぼっちになってしまう。久遠に課せられた特別試験は、そんな彼女の心情を投影したものでした。こなつがずっと一緒にいてくれたお蔭で平常心を取り戻した久遠は、そう成に話しますが、成はそれならずっと俺が傍にいる、この身体のままでもいいから傍にいさせてくれと伝えますが、久遠は“ナルは(イチカワさんの身体ではなく)ナルのままがいい”と言って抱きしめ、私もナルと一緒にいたいと応えます。そんな彼女の気持ちに成が応えようとすると、イチカワさんの身体が光り出し、成の意識は自分の身体へと戻ります。自分の身体に戻った成は、急いで久遠の部屋に戻り、1人泣いている彼女を抱きしめ、「好きだ」と告白します。すると、久遠も「ナルが好き」と答え、2人はキスをして恋人同士になったのでした。
恋人になったことはすぐにこなつ達にも報告し祝福されますが、久遠の課題は解決されておらず、2週間後に行われる追試への対策として、久遠を自立させることにします。その為にはイチカワさんを手放して腹話術を使わずに他の人とコミュニケーションをとったほうがいいという寮生全員の意見が一致したため、照や静流の案で試してみますが、主に発案者のせいで失敗してしまいます。その日の晩、皆が寝静まった後、成の部屋にイチカワさんがやってきて、久遠のことを託すと、再びいなくなってしまいます。マスターのために自分が出来ることをするという書置きを残して。久遠は自分が自立したらイチカワさんも喜ぶと思い、改めて自立することを誓いますが、特訓を始めても成を頼ってばかりでなかなか自立できませんでした。そんな時、イチカワさんが戻ってきて、人見知りを直す方法として喫茶店でのバイトを提案します。久遠は成やイチカワさんが賛成するならとバイトすることを決め、翌日早速面接に行きますが、その喫茶店“フェザーハウス”の店長・羽衣双葉は魔法学園のOGだったため、エニス校長からこのお店を紹介してもらえたようでした。双葉は久遠を見るなり可愛いと言って気に入り、久遠が自己紹介しただけで採用を決定。こうして久遠は喫茶店でバイトをすることになりましたが・・・。
それから久遠は頑張って接客したり1人で買い物行ったり、人見知りも改善されてきましたが、それと同時にどんどん成に対して甘えんぼになっていました。成は自立させたいのに甘やかしていいのかと疑問に感じつつ、甘えてくる久遠を拒否できず、そのまま甘やかしていましたが、それが久遠の弱さを助長させることになっているとは成も気付いていませんでした。そして迎えた追試当日。久遠は再び試験に落ちてしまいます。久遠がずっと人見知りを直そうと頑張っていたのは、自分のためではなく成に嫌われたくないからでした。久遠は人見知りこそ改善しても根本的な部分は何も変わっておらず、依存の対象がこなつやイチカワさんから成に移っただけでした。成と離れたくない一心で成に嫌われないよう頑張ってきた久遠は、このまま卒業できなくてもいい、卒業しなければずっと成と一緒にいられると言いますが、成はそうじゃないと否定します。試験に合格しないと成に嫌われると思った久遠は、合格するために成に癒しの手を使ってほしいと懇願しますが、成はこのまま自分に依存させたら久遠のためにはならないと思い、心を鬼にして癒しの手は使わないと拒否。すると、成に拒絶された久遠は、成や皆のことが嫌い、もうずっと1人でいると言って去っていき、寮の部屋に引きこもってしまいます。
久遠が部屋に引っ籠り、照と静流が久遠を心配して廊下からずっと声をかけている中、黙って久遠を見守る成とこなつ。こなつは成の久遠への想いを確認すると、学園の中庭に連れていき、ある物を一緒に作ってもらいます。言葉だけでは届かないからと。それは、こなつが久遠と出会ったときに彼女にプレゼントしたタンポポの花の王冠でした。こなつは部屋で1人泣いている久遠の元へそれを届け、私たちは離れ離れになっても心は繋がっている、大切な人との絆はずっと続いていると伝えます。すると久遠は自分が忘れさえしなかったら、皆とは、こなつとはずっと友達なんだということに気付き、ようやく部屋から出てきます。そして、部屋から出てきた久遠を出迎えたのは、こなつや成たち寮生の皆でした。そして、こなつが久遠の頭に王冠を乗せると、これでわたしたちは絶対に久遠ちゃんのことを忘れない、久遠ちゃんが忘れない限りと言うと、久遠はみんなは最初からずっと一緒にいてくれた、一緒にいようとしなかったのは自分の方だったということに気付き、皆の名前を1人ずつ呼び、“みんな、私のおともだち”と言います。すると、こなつたちはその久遠の言葉に笑顔で頷き応えます。そして、久遠は皆に依存しない本当の自立をするために、イチカワさんをこなつに自立するまで預かっててほしいと言って渡します。久遠がこなつにイチカワさんを渡したとき、イチカワさんに「ありがとう」と言うと、久遠にはイチカワさんが笑って応えたように見えたのでした。
それから久遠はエニスに頭を下げ、再々試験を受けさせてもらえるようお願いします。エニスは久遠が昨日までとは変わったことに気付き、再々試験を許可。そして、週明けの月曜日の放課後、久遠はラストチャンスの再々試験を受け、見事に自分の弱さに打ち克ち、カードを入手。そして、カードを持って教室から出ると成が出迎えますが、すぐにこなつ達が駆け寄って来て久遠に抱きついて押し倒します。久遠は自分を子ども扱いする皆を口ではバカ呼ばわりしていましたが、顔は終始笑顔で、それを見た皆も笑顔になり、その様子を見ていた成は、これからもこの笑顔を見守っていこうと思うのでした。

山吹久遠編 感想
依存体質の久遠ちゃんが自分から独り立ちしようと決意するまでのお話。なんというか、娘の成長記みたいな感じで、微笑ましかったと思いますw 依存しまくって甘えてくる久遠ちゃんは可愛かったなぁ・・・自立するようになってからは元の毒舌に戻ってしまったのは残念ですけど。まぁそっちはそっちで、ツン多目のたまにデレるというギャップが良いですね。なんだかんだで主人公にゾッコンLOVE(死語)ですから、それが分かってること前提でツンを楽しみニヨニヨするのがツンデレの醍醐味ですw
シナリオの方は、例によってイチャラブ期間がたっぷりあって、終盤に久遠ちゃんが周囲を拒絶するシーンがありますが、シリアスなのはそんなに長引くことはありません。問題が解決した後も、本来の素の久遠ちゃんとのイチャラブが見られますし、甘えんぼな久遠ちゃんとツンデレの久遠ちゃん、その両方をじっくり堪能できる点は良かったと思います。あとは、真面目な部分では、こなつちゃん達との友情の話は良かったと思います。まぁ現実的にはそう甘くはないですけども、青春時代を送っている子たちにはこれでいいのかな(爆)
ただ、個人的にはこなつ編同様に、主人公について少し不満な点があったかな。久遠ちゃんが不合格となった特別試験のとき、成も事前に説明受けてたのに、久遠ちゃんが見せられているものにまったく察することが出来ずにただ戸惑うだけ、久遠ちゃんが泣き出してもただ見てるだけ、結局こなつちゃんが泣いている久遠ちゃんを落ち着かせ、落ち着いた久遠ちゃんが説明したことでようやく理解するというアホっぷりを発揮してました。この主人公、人の説明を聞かないことが多いですね、いや説明を聞いても、起こった問題と自分が聞いた説明が結びつかないという、本当もうどうしようもない頭の悪さを発揮してるので、時々イラッとします。この主人公さえまともだったらもっと良かったのになぁ・・・。
Hシーンは7回。ちっぱいなので興味はないし、おっぱい見せる率は4/7回と微妙なラインでしたが、お風呂場Hだけは良かったかな~。ちっぱい子のパ○ズ○フェ○ですけど、アングルは良かったです・・・おっぱいが足りなかったけどw あと本番の方もお漏らしするし。やっぱり、こういうロリ系はお漏らしがないと物足りないですね、おっぱいで魅せられないならお漏らしで魅せてほしいです(爆) まぁ久遠ちゃんは完全なぺったんこではなく、膨らみかけですけどね。
一般シーンだと・・・依存体質の頃だったけど、やっぱり久遠ちゃんが甘えんぼになるところが良かったなぁ・・・素の久遠ちゃんは毒舌キャラですけど、恋人に対しては甘えんぼになるという点はポイント高かったです。ただまぁ最後は甘えんぼではなくなってしまうんですけど。それが残念だったかなー、自立してからも時々は甘えんぼになるところを見せてほしかったですわ。CG的にはエンディングの皆に押し倒されるシーンが1番良いかな。友情を描くお話には欠かせない1枚だと思います。久遠ちゃんが皆と一緒に見せる笑顔が良かったです。エピローグのウェイトレス姿も良かったですけどね。

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」のあらすじ・感想はこちら↓
小向こなつ編】【山吹久遠編】【九条静流編】【星川照編】【九条御影編】【エニス・ユートリア編

「まほ×ろば -Witches spiritual home-」の公式サイトはこちらから↓

『まほ×ろば』を応援しています!

最近はこういうロリっ子を見ると、父親のような気分になりますw

コメント (6)

「フラワーナイトガール」 こばと団長の活動記録 その37 ツツジ登場記念ガチャ結果

2017年11月25日 12時00分00秒 | フラワーナイトガール(花騎士)

ツツジちゃんの登場記念ガチャ、引き続きやってみました(*'∇')

ツツジちゃんが出るか、銀鉢が出るまで続けるという条件で回し続けた結果がこちらになります。

結局、ツツジちゃんは出ませんでした(´・ω・`)

ログイン毎に引いていったので連続ではないのですが、それでもこんなに金鉢って連続で出るもんなんですねwww

尚、途中、金鉢が出ても全て所有済だったのはキャプチャしてないので、実際はこれより数回多く引いてます。
まぁ見ても分かると思うんですが、結構所有済の子が同時に出てたりしてるので、虹色メダルが30個以上増えました・・・団長メダルガチャ1万円分以上ですねw

最初はツツジちゃん目当てだったんですけど、前回引いたユズリハとか、今回引いたナイトフロックスとかネモフィラとかモミノキとかずっと欲しかった子が立て続けに出てくれたので、このまま金鉢が出続ければ欲しいガチャ金の花騎士が全部揃うんじゃね?とだんだん目的が変わっていったように思えますw

欲しいガチャ金はあと4人なんですよね~。ガーベラ、クチナシ、ススキ、アネモネ(光華の姫君ver)の4人。・・・全員巨乳ですね、ええw
・・・ああ、あとキンギョソウもかなぁ~。

とりあえず、ツツジちゃん登場記念ガチャに関しては、ユズリハ、ナイトフロックス、ネモフィラ、モミノキの巨乳4人が出てくれたことが何よりの収穫でしたわ~。特にナイトフロックスは寝室最高で満足でした(*´Д`*)b

お金結構使っちゃったけど、エロゲ3本ほど諦めたので問題なしです(爆) 私としては気に入ったおっぱいキャラが手に入っただけでも満足w

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


【進化&開花した花騎士の紹介】

今回はユズリハ、ナイトフロックス、ネモフィラ、モミノキの4人。

欲しいガチャ金がいっぱい入手できたので一気に上げてしまいましたw

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!


【現在の通常攻略パーティ編成】

欲しいガチャ金が一杯増えたので、通常攻略(極限任務&国家限定任務&特殊任務以外のダンジョン攻略)に使うパーティ編成を大幅に変えてみました(*'∇')

第1パーティ以外は全て金にしてみました。虹は極限任務等で活躍してるので使う機会が多いし、通常攻略は金で固めても良いかなと。シャボンソウちゃんがいる第1パーティだけは別ですけどw

しかし・・・おっぱい比率高いなぁ(´ー`) 全員巨乳だなぁ・・・w
いや、本当はね?ピンク髪ロングのハナモモちゃん(ジューンブライドver)とか金髪ロングのポインセチアちゃんとか使おうかなぁ~って思ったんだけど、おっぱいの魔力には勝てませんでした(爆)

尚、第4パーティはおっぱいよりも可愛い子を優先してあります(*'∇')(第1、第4パーティに関してはいじってないです)

とりあえず・・・虹ツツジちゃんに関しては虹色メダルで交換しておこうかなぁと思ってたりしますね。娘として欲しいw

コメント (2)