こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「リトルバスターズ!」 TVアニメ版 BD第6巻 感想

2013年05月31日 20時08分37秒 | ビジュアルアーツ系

葉留佳シナリオ完結の第6巻!

20130531_01

描き下ろし三方背スリーブケースは今巻のメインヒロイン・三枝葉留佳です。二木佳奈多とのツーショットが良かったなぁ~・・・と思ったのは、私だけ?ヽ(´ー`)ノ

中のジャケットイラストはこんな感じ。

20130531_02

理樹と葉留佳の2人ですね。夕暮れの教室で少し寂しげです。

そして、中身はこんな感じ~。

20130531_03

36ページオールカラーのブックレット、「リトルバスターズ!カードミッション」シリアルナンバー付きオリジナルカード、「ヴァイスシュバルツ」&「ChaosTCG」のPRカードでした。

第6巻は第16話「そんな目で見ないで」、第17話「誰かにそばにいて欲しかったんだ」、第18話「答えは心のなかにあるんだ」の3話収録。

第16話「そんな目で見ないで」
序盤はいつものイタズラ全開の元気な葉留佳が見られますが、ベンチの一件からそれが一変します。この辺では佳奈多は完全に悪役ですね。
つか、普通ベンチの取り壊しとか謹慎処分とか風紀委員が取り仕切るんだろうか?こういうのって生徒などから申告なり何なりあって生徒会や学校側が取りまとめてやるもんじゃないの?それに生徒がベンチを壊すって、例え取り壊しが決まってたとしても普通はやっちゃいけないよね。危ないし。コレは風紀委員が悪いんじゃね?・・・って突っ込んではいけないんだねヽ(´ー`)ノ ・・・たぶん、風紀委員会の権力が強いんだろうなと勝手に解釈しますw まぁ正確にはそういうのを風紀委員にまとめてしまってるだけなんでしょうね。
とりあえず、葉留佳シナリオはドロドロの旧家の話などあまりKeyっぽくなく、見ていて気分が良いものではないので(アニメでは若干抑えられてますが)、あまり好きではなかったりします。
和解してからの姉妹は好きですけどね。特に佳奈多は好きになりましたw

第17話「誰かにそばにいて欲しかったんだ」
誰かがバラまいた誹謗中傷で傷ついた葉留佳は自分の生い立ちを語りだす。葉留佳と佳奈多の話は本当に重いよね~。アニメでは割とサラッと流されてましたけど、原作ではその辺ジックリやってたので、なかなかに辛かったです。
過酷な運命にあった葉留佳の生い立ちを聞き衝撃を受けた理樹だったが、葉留佳の「生まれて来なければ良かった」という言葉に反論する。理樹たちリトルバスターズのメンバーに励まされた葉留佳はとりあえずの笑顔を取り戻す。
父親の所在を知り、どっちがどっちの娘なのか・・・その自分の出生の秘密を探ることを決意する葉留佳。しかし、三枝晶に会うが拒否されてしまう。
その後、三枝家が学校に来ていたのを目撃した理樹。そこで理樹は佳奈多の心情を知り、どうやったら2人が自由になれるか悩む。・・・この直後の佳奈多の変身とか結構キますよね。原作では対応を失敗するとBADエンド突入なので、CLANNADの姉妹エピソードの成り済ましとは違い、すごい重いです。

第18話「答えは心のなかにあるんだ」
理樹の本心を試すため葉留佳に成り済ました佳奈多。それを目撃した葉留佳は彼女が卵料理を作れることを知り唯一彼女に勝てる要素を無くしたことで動揺する。その後、佳奈多から事情を聞いた理樹。本当の佳奈多は優しいですよね。
憎しみに囚われている葉留佳に本当はどうしたいか問いかける理樹。理樹から問いただされた葉留佳は気持ちを固め、佳奈多と話すことを決意する。そして、佳奈多から本当の気持ちや事情を聞き、2人の約束を思い出し、ようやく2人は和解。和解後は三枝晶から両親の話を聞き、更に母親とも会ったし、ようやく問題解決ですね。佳奈多の私服姿最高です!
・・・ぃゃ~、それにしても、2人の話はマジ重いわ~。鞭打ちとか間引くとか、もう止めて~って感じです(つд⊂) ところで、和解した後の佳奈多のシスコンぶりはハンパねぇですよねw これまでのクールなイメージから一変しますしw

今回は以上!

6月に樋上いたるの個展が開かれるんですよね。すっごく行きたいんですが、1番見たい前半部分が見られないんだよなぁ。後半は丁度関東へ出張する予定があるので見られるんですが。関西でもやらんのかな。つか、VAは大阪にあるんだし、関西でやってほしいよw
初期の頃からのファンとしては、前半のKanonやAIRのイラストの方が見たいんですよね~。・・・いっちゃおうかなw

コメント

「ガールズ&パンツァー」 BD第5巻 感想

2013年05月30日 19時28分44秒 | アニメ・漫画・ラノベ

いよいよ決勝戦が始まる第5巻!

20130530_01

5巻のジャケットはいつもの大洗女子のメンバーではなく、聖グロリアーナ女学院のダージリン、サンダース大付属のケイ、プラウダ高校のカチューシャの3人ですね。

中身はこんな感じ~。

20130530_02

鑑賞の手引き(所謂ブックレット)、トランプ、総作画監督・杉本功の自選修正原画集でした。

第5巻は第9話「絶対絶命です!」、第10話「クラスメイトです!」、OVA第5話「スノー・ウォー!」の3話収録。

第9話「絶対絶命です!」
プラウダ高校に追い込まれ絶体絶命の状況に陥った大洗女子。降伏しようという話になったところで、生徒会から戦車道を再開した理由が語られる。みほの言葉で再び立ち上がった大洗女子は起死回生の作戦を考案する。あんこう踊りはちょっと笑ったけどねw
タイムリミットが過ぎても降伏しない大洗女子のところてん作戦開始。カメさんチーム大活躍でしたね。今まで何もしてこなかった生徒会長の実力がここで見られます。何気に柚子も操縦上手いですよね。
本隊から抜けて敵のフラッグ車を狙うあんこうチームと歴女チーム。2チームが敵フラッグ車を追いかけてる間に、本隊は敵本隊に追い詰められて残るはアヒルさんチーム(フラッグ車)のみという状況に。お互いのフラッグ車がほぼ同時に撃たれて・・・結果は次回ですねw

第10話「クラスメイトです!」
辛くもプラウダ高校に勝利した大洗女子。次はいよいよお姉ちゃんのいる黒森峰女学園との対決です!
その前にまたも戦車改造&補充。2チーム増えますね。自動車部のポルシェティーガーは決勝戦でかなり重要な役割を果たします。壊れやすいですがw
本番前日の練習も終了し、それぞれのチームが思い思いの夜を過ごす。あんこうチームはご飯会。沙織の料理食べたいなぁ~。凄く女子力高いのに彼氏が出来ないのは不思議だねw それにしても、アマチュア無線2級合格っていつの間にw つか、麻子が教えたって、麻子の方が凄いなw
決勝戦当日。かつて大洗女子と戦った高校の隊長たちが激励に。オールスターですね。そして、ついに決勝戦スタート。その前に前年の決勝戦で助けた人からお礼を言われてみほも救われましたね。
決勝戦が始まってすぐアリクイさんチームがやられてしまいましたが・・・あの3人、登場した意味あんのかw まぁフラッグ車であるあんこうチームを守りましたけどw

OVA第5話「スノー・ウォー!」
プラウダ高校戦で偵察に出た優花里&エルヴィンの様子が詳しく描かれています。本編では麻子たちの方が描かれてましたが、優花里たちは随分とサバイバルな偵察になってたんですねw プラウダ高校のコート着てまで敵中偵察してるしw 優花里も色々と準備よすぎるだろw
秋山優華里の戦車講座は砲塔のない駆逐戦車について。その前にあんこうチームの新戦車・三式中戦車(チヌ)の解説。その中で前回の戦車解説に誤りがあったことを謝罪してましたね。こういうのって公式HPとかで言うものだけど、映像の中で謝罪するのは珍しいパターンです。
しかし、エレファントって聞くとメタルマックス2を思い出(ry

サウンドドラマ 第9話~第10話
第9話:優花里のクラスが数学の小テストが行われるということで、優花里が大ピンチw 戦車グッズを守るため、あんこうチームの先輩たちがサポート。勉強会の成果もあって戦車グッズは何とか大丈夫だったようですw まぁ勉強は普段からやっておくにこしたことないですねw
第10話:アイスクリーム選びで悩むみほはトランプで選ぶことに・・・なんだけど、何故かアイスを賭けて大富豪(大貧民)をやることにw 結果は・・・麻子が圧倒的強さを見せつけて、みほは途中まで散々でしたが、ラスト勝負のジャンピングチャンスで一発逆転w でも、みほが何のアイス食べるか考えてなかったので、結局ふり出しに戻りましたねw

今回は以上!

ガルパン凄い人気ですね。優花里の中の人がナレーションしてる陸上自衛隊のDVDが週間売上1位(海自や空自もTOP10入り)になるとかwww
個人的には大好きなRPG「メタルマックス」シリーズのガルパンverとか出てくれたら嬉しいなと思うんですがw

コメント

「カルマルカ*サークル」 DreamParty2013春グッズ

2013年05月29日 20時10分11秒 | ビジュアルアーツ系

サガプラのドリームパーティで販売されたグッズを通販で買いました~。
今回は発表されたばかりの新作「カルマルカ*サークル」のグッズばかりですね。・・・つか、通販開始当日、すっごいアクセス集中で全然先に進めませんでしたね。
たぶん19時丁度~19時10分あたりに販売開始されたと思ったんですが、全然開けなかった・・・。開始10分くらいのときに1度は開けたんですが、そこから反応がなくて、結局購入ページに行けたのは20時30分頃でした。
そのときには在庫が△になってましたが、何とか購入手続きが出来、ホッと一安心。まぁその手続きが終了したのは30分後の21時でしたけどwww もう勘弁してほしいわぁ(つд⊂) ここまで時間かけて買えなかったらショックだよw

・・・と、いうわけで、先ずは1点目。シークレットブックです。

20130529_01

表紙は天ヶ瀬奈月ですね。この娘がメインヒロイン的な感じなんですかね?

2点目はクリアファイル。裏と表でイラストが違います。先ずはこちら。

20130529_02

天ヶ瀬奈月(左の娘)&朝比奈晴(右の娘)の2人ですね。・・・晴って書いて「しん」って読むのか、最初分かんなかったw

クリアファイルの裏はこんな感じ。

20130529_03_2

夏目暦(左の娘)&乙音ニコル(右の娘)の2人です。
私的には、乙音ニコルが1番好みだったりします。・・・うーん、私の好みって分かりやすいかなw
まぁとりあえず最初の印象で決めるとそうなるってだけで、プレイ後はどうなるか分かりませんけどね。余程のことがない限りは変わる可能性は低いけどw

3点目はタオルです。

20130529_04_2

今回1つしか買えなかったので(個数制限されてた)、未開封です。中身は「カルマルカ*サークル」のヒロイン4人のちびキャラ版ですね。
・・・まぁ例え2個買いしても使うことはないんだけどw

4点目は団扇です。裏表でイラストが違います。先ずはこちら。

20130529_05

こちらはヒロイン全員集合ですね。私はニコルちゃんが好み(ry

裏側はこんな感じ。・・・どっちが裏か分かりませんけどw

20130529_06

天ヶ瀬奈月だけですね。やっぱこの娘がメインヒロインか。

最後は缶バッヂです。

20130529_07

このバッヂ分の売り上げに関しては被災地への義捐金として寄付されるそうですわ~。

今回は以上!

サガプラに関しては絵が気に入ってたのでこれまでグッズは買ってたんですけど、作品は未プレイでした。
でも、この作品からプレイしようと思ってます。なので、楽しみです!

コメント

「アイドルは××××なんてしませんッ!」 第2巻 感想

2013年05月28日 20時13分33秒 | アニメ・漫画・ラノベ

お漏らしアイドルの奮闘を描く「アイドルは××××なんてしませんッ!」の第2巻!

20130528

・・・なんでコレ買っちゃったんだろう・・・と今でも思うが、このアホな設定が良かったのかもしれないw

前巻のラストでファンの1人にお漏らししているところを見られてしまった華恋ちゃん。そして、そのファン(桜井すずり)がなんと華恋ちゃんのプロディーサーになっちゃいますw
お漏らしを見て○○○○しちゃう変態すずりの「もれドル」としてのプロディースが成功しちゃって、観客の前でも普通にお漏らししちゃうわ、宗次郎にオシ○コ飲ませちゃうわ、本格的にモレドルになってしまいましたねw しかもそれが評判になってしまうところとか、「日本人終わりすぎてる」っていう宗次郎のセリフにウケたw
・・・でも、まぁ、私も嫌いではないよw 華恋ちゃん可愛いし、おっぱい大きいし、問題ないと思う(爆)

最後は華恋ちゃんのライバル・リラルラが登場し、完全に華恋ちゃんを敵視しているみたいですが(リラは天然系だから分からんがルラの方はかなり)、モレドルvs正統派アイドルの対決が続くのかしらw

つか、宗次郎、すずりの登場で完全に出番取られちゃったなw 華恋ちゃんからの信頼は厚いみたいですけど。

コメント

「シャイニング・ブレイド」 エルミナ・ローデリア 1/8スケールフィギュア

2013年05月27日 19時45分59秒 | 美少女ゲーム(感想・情報・グッズ)

「シャイニング・ブレイド」に登場する男性恐怖症のお嬢様・エルミナのフィギュアを買いました~。

20130527_01

開封するとこんな感じ。

20130527_02

エルミナといったら、ゲーム中はずーっと彼女が歌う「蒼き清浄なる歌」ばかり使ってた気がしますw それが1番使いやすかったしw

バストアップ~。

20130527_03

肌も色白ですねw

後ろから~。

20130527_04

一応、スカートやらその下に穿いているものから(ぱんちゅではないw)、色々分解は出来ますが、何かと差し替えるとかそういうのはありませんw

右から~。

20130527_05

左から~。

20130527_06

真上から~。

20130527_07

そして、最後は定番のコレです!

20130527_08

ぱんちゅ(ry

今回は以上!

シャイニングシリーズは2作品しかやったことないけど、今後はやるかどうか分からんかなw
ブレイドは面白かったけど、色々物足りなかったかなぁ。もう少し戦闘システムに工夫がほしかったかも。

コメント

第80回 東京優駿(日本ダービー)

2013年05月26日 21時09分42秒 | 競馬

競馬の祭典、ダービー。
毎年そうですが、やはりこのレースは特別盛り上がりますね~。

今年は4強対決でしたね。朝日杯FS~スプリングS~皐月賞と3連勝中のロゴタイプを筆頭に、名牝の息子エピファネイア、藤沢厩舎のエース格・コディーノ、裏街道を連勝してきたキズナです。
そんな中で1番人気に支持されたのは3連勝のロゴタイプではなく、皐月賞には出走していないキズナでした。父親のディープインパクトに似た走りで派手な勝ちっぷりで且つ鞍上が武豊ということになり確かに話題にはなってたけど・・・1番人気になるとは思わなかった。4強の中では1番応援していた馬ですが、毎日杯や京都新聞杯は相手が弱かったですし、実力より人気先行なのかなぁとレース前は思ってました。
でもレース後は“本当に強かった”と思いましたねぇ。

直線入ってすぐのとき進路が若干狭くなった時点で、「ぁ、これはもうダメかな?」と思ったんですが、坂を上がってからの脚が凄かったですね。完全に勝ちパターンに持ち込んでいたエピファネイアを更に外から一気に差して勝つとは・・・。エピファネイアも33秒9の脚を使ってたのに、それを差し切るのは本当に強いと思います。しかも前残りの競馬が多かった東京競馬場で後方3番手からの差し切りですし。この馬が1番父親に似てると思ったんですが、今回の勝利で現時点でディープの代表産駒(牡馬限定ですが)になった気がします。
今後のことはまだ不明ですが、凱旋門賞にも登録してあるし、斤量の軽い3歳で行けたら夢が広がりますね。武豊がディープインパクトのときの無念をディープの仔で晴らすというドラマを見たい!
2着のエピファネイアは本当に惜しかった。福永騎手も勝ったと思っただろうなぁ・・・。でも、3コーナーあたりで躓くというトラブルがあったのにも関わらず2着に来たのだから実力は本物ですね。今回はキズナが上回ったというだけで、まだ勝負付けは済んでないと思います。一応、エピファネイアがラジオNIKKEIや弥生賞で先着してますし。
ロゴタイプは皐月賞で見せた脚が今回はなかったですね。やっぱ距離が長かったんでしょうか?コディーノは見せ場がまったくないなぁ。藤沢厩舎はなかなかダービー勝てないですね。

それにしても、武豊がG1勝つと競馬場は盛り上がりますね。レース後の歓声が凄かったように思えます(TVでは歓声が切られていましたが、アナウンサーが“隣の声が聞こえない”と言ってたし)。やっぱ華がありますしね。ただ、武豊の跡を継ぐジョッキーが出てこないのは将来不安かな~。実力云々ではなく、競馬界の“顔”となるジョッキーがなかなか出てこないですね。彼が引退したらどうなるんだろう。
武豊は前はそれほど好きというわけじゃなかったんですが、落馬事故から復帰してからは応援するようになりました。当たり前のように勝ってた頃はそうでもなかったのに・・・不思議なものですねw
そういや、先週のオークスは弟の幸四郎騎手が勝ったので、2週連続兄弟制覇ですね。桜花賞→皐月賞もデムーロ兄弟でしたし、今年のクラシックは兄弟がキーワードだったのかなw

さて、これでダービーが終わり、来月からは来年のダービーへ向けて2歳馬がデビューします。やっぱ競馬の1年はダービーで終わりダービーから始まりますね~。来年のクラシックも楽しみです!
・・・まだ菊花賞&秋華賞が残ってますけどねw

コメント

「ひだまりスケッチ×ハニカム」 BD第6巻 感想

2013年05月25日 20時28分58秒 | アニメ・漫画・ラノベ

ひだまり4期ハニカムもついに最終巻!

20130525_01

6巻のジャケットはひだまり荘1~2年生の4人ですね。・・・あれ?ってことは、ハニカムBD/DVDジャケット登場回数はヒロだけ少ない?w

中身はこんな感じ~。

20130525_02

ブックレット、エンドカード2枚、キャラクターデュエットソング(ゆの&宮子&乃莉&なずな)とミニドラマが収録されたCDでした。

第6巻は第11話Aパート「12月22日 お姉ちゃんだったのですね」、第11話Bパート「12月21日~24日 うろおぼえうた」、第12話「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」の2話収録。

第11話Aパート「12月22日 お姉ちゃんだったのですね」
寄贈する美術書運びを手伝う為、ゆの、宮子、真美、中山の4人が吉野屋先生の家へ。サイドポニーの真美ちゃんが結構好きなので、このエピソードは気に入ってますw
入学直後のデッサンが紛れていると知ったときの皆のキビキビした動きはウケたw 部屋の中が色々凄いですね、目覚まし時計とかw
吉野屋先生の弟が娘を連れて登場。かなりイケメンですよねw 弟が語る姉の話は良かったですね。吉野屋先生は個性的ですけど良い先生ですよね。
最後の吉野屋姉弟の写真を見たときの沙英さんの反応が面白かったw 確かに勘違いするよねw

第11話Bパート「12月21日~24日 うろおぼえうた」
夏目がメインの貴重なエピソード。ついに夏目が憧れの沙英の住むひだまり荘へやってきますw 誘われたときの夏目の反応が面白いw
ひだまり荘でのクリスマスパーティ。今年はヒロ抜きでクリスマスパーティの料理を作ったみたいですねw
夏目も最初はひだまり荘の雰囲気に戸惑っていた様子だったけど、だんだん馴染んでいきましたね。夏目は好きなキャラの1人なので、もっと出番がほしいです。
夏目、パーティ終了後は沙英に駅まで送ってもらって嬉しそうでしたねw 沙英の小説読んでることがバレましたがw ネコロングってああやって使うのか・・・本当、抱き枕だなw

第12話「12月31日~1月1日 ゆく年くる年」
大晦日。なずなの部屋に集まった1~2年生の4人。宮子の判子作り、すっごい細かいですね、ビックリですw 本当に才能を無駄に使ってるなぁ・・・w 
なずなの年賀状を出すついでに銭湯“正の湯”へ。その後はヒロ&沙英が帰ってきて・・・受験勉強まっただ中のヒロたちを和ませるつもりが逆に気を遣わせてしまいましたねw
ゆののお父さん、面白いなぁ~。あのお父さんマジいいですw あの親バカぷりがwww お母さんには尻にしかれてますがw
年が明け1月1日。皆で初詣。最初はヒロ&沙英がなずなの部屋で寝てましたけど、その後は合流。おみくじは宮子が超吉、ゆのが大凶・・・どこまでも真逆な2人ですねw つか、超吉って本当にあるの?w
ひだまり荘の6人だけじゃなく、吉野屋先生や大家さん、夏目や校長先生までも合流。・・・夏目のツンデレっぷりは年が明けても相変わらずですw そういや、夏目といつも一緒にいる友達2人も良いですけど・・・名前わかんないんだよなw
最後はレギュラー陣が集まって初日の出を迎えるという最終回に相応しい終わり方でしたね。

キャラクターソング ゆの&宮子&乃莉&なずな 「フラワーリーフ ~みんなでひとつ~」
ひだまり荘1~2年生の4人が歌っています。曲自体は歴代オープニングテーマが重なったような感じですね。ところどころそんな感じがありました。
このままオープニングテーマとしても使えそうなくらい良い歌だったと思います!

ミニドラマ「ひだまりテレフォン」
最終回の続きです。お風呂から上がったゆのに次々と電話がって思ったらお父さんかよwwwwww しつこいよwww 色々と理由を言ってゆのを実家に帰らせるつもりですねwwwww あのニャン太の声って本当にニャン太なの?お父さんじゃないの?w
次はお父さんだと思ったら今度はお母さんから。どうやら夫婦喧嘩?w ゆのの両親離婚危機・・・なんだけど、あんま緊張感ないのはなんでだろう・・・w ゆのの性格だからだろうか?w
まぁ、お父さんの勘違いだったようで何よりw ハタ迷惑なお父さんだなw ああいうお父さんだと娘のゆのも大変だw まぁ・・・ゆのみたいな娘だったらお父さんは可愛くて仕方ないんだろうなぁ・・・ヽ(´ー`)ノ
とりあえず、おやすみ、ゆのw

今回は以上!

これでひだまり第4期も終了。・・・あとはヒロ&沙英の卒業ですね。ヒロの進路エピソードの時点で泣けてしまった私は、多分、2人の卒業にも泣いちゃうと思いますw
2人の卒業で終わってしまうのか、それとも、ゆの卒業までやるのか、気になるところです。個人的には、ヒロ&沙英のいないひだまり荘は想像できないので、2人の卒業で終了ってのが1番綺麗な終わり方だと思っていますが。
とにかく、ゆの卒業まではOKだけど、それ以上の延命はしないでほしい。終わりどころが分からなくなってしまった「ら○○た」のようにはするな!ってことですねヽ(´ー`)ノ

コメント

「ソードアート・オンライン」 BD第8巻 感想

2013年05月24日 19時44分22秒 | アニメ・漫画・ラノベ

いよいよ世界樹攻略が始まる第8巻!

20130524_01

第8巻のジャケットはアスナ・・・とキリトの後ろ姿ですね。あとオベイロンw

中身はこんな感じ~。

20130524_02

ブックレット、ピンナップ、リーファ&キリトのキャラソンCDでした。

第8巻は第20話「猛炎の将」、第21話「アルヴヘイムの真実」、第22話「グランド・クエスト」の3話収録。

第20話「猛炎の将」
秘密裏に開催されたシルフとケットシーの領主会談へサラマンダーの部隊が強襲。そこに駆け付けたキリトは、ウンディーネとスプリガンの同盟という盛大なブラフを立ててサラマンダーの指揮官・ユージーンに撤退を要求する。
キリトが二刀流を披露するエピソードですね。ここでのユージーンとのバトルはフェアリィ・ダンス編で1番好きなバトルシーンです!キリト、カッコイイですね~。戦闘時間が短かったのが残念でしたけど。
ぁ、キリト君がリーファちゃんの剣を取ったシーンが良かったですねw リーファちゃんがお尻フリフリするし、おっぱい揺れるしw 領主2人にくっつかれたときに嫉妬するとか、シルフとケットシーが去ってからさりげなくキリトに寄りそうところとか・・・リーファちゃん可愛すぎるわぁ~(*´Д`*)

第21話「アルヴヘイムの真実」
ついに世界樹の麓にある都市アルンに辿り着いたキリトとリーファ。しかし、そこでサーバーメンテナンスのため一旦ログアウト。しかし、和人も直葉もALOでも現実でも一緒なのに全然気づかないところがなんか面白いw ・・・ここまではそれが面白かったんだけどね。この次の回ではそれが逆に辛かった。
一方、オベイロンからパスワードを盗み見て籠を抜け出したアスナは、ある部屋に辿り着く。そこでアスナが見たものは須郷がやっている人体実験の被検体300人分の脳だった。・・・あのナメクジによる触手プレイは笑ったなぁ・・・。アスナ、フェアリィ・ダンス編ではロクな目にあってないなw
現実世界では和人と直葉がアスナの病室へ。・・・直葉ちゃん失恋しちゃいましたね。しかし、直葉ちゃんの失恋はこの1回だけじゃ留まらないんですよね~。このあたりの直葉ちゃんは見てて辛かったヨ(つд⊂)

第22話「グランド・クエスト」
アルン中央市街に入ってすぐユイがアスナのプレイヤーIDを感知。それを聞いたキリトが世界樹の上へ飛ぼうとするが障壁にはじかれてしまう。しかし、上にいるアスナがユイの声が聞き、システム管理者用コードを世界樹の下へ落とす。・・・キリトって本当、たまに暴走するよねw まぁずっと探していた人だしそうするのは分かるんだけど。
アスナが世界樹の上にいることを確信したキリトはリーファと別れ、単身でグランド・クエストに挑戦する。でも、さすがのキリトでもあの膨大な数の敵の前では歯が立ちませんでしたね。1人であそこまで戦えるのは凄いですけど。
戦闘不能になったキリトはリーファに助けられる。しかし、また単身で行こうするキリトを今度は止めるリーファ。・・・直葉ちゃん2回目の失恋ですね。同じ日に2度も失恋って・・・辛すぎだろ(つд⊂) しかも、ここでお互いの素性がバレるし。

そーどあーと・おふらいん その8
キリト氏がアルンで死亡したニュースってw しかも、いつものキリトの席が棺桶になってるしwww って、閉じ込められてるだけかw
プレイバックコーナーのゲストはアリシャとサクヤの領主2人。・・・この2人もその場のノリに乗ってますねw 3人ともとことんキリト死亡として扱ってるし、おふらいんでのキリトの立ち位置って本当可哀想だなw でも、たまに顔出すキリトが面白いw とりあえず最後は領主2人に助けられて良かったねw まぁキリトとリーファの関係を誤解されちゃいましたけどwww
スロットトークは世界樹攻略プチ会議って・・・随分マジメなテーマだなって、まったく全然これっぽちもオチがなかったなw そして2人の関係は誤解されたままだったなw

キャラクターソングCD リーファ「Sky The graffiti」、キリト「Sword&Soul」
今回は2曲収録されてました。リーファちゃんとキリトの兄妹ですね。
リーファちゃんは以前に直葉ちゃんとしてのキャラソンがあったはずなんですけど・・・ALOのリーファちゃんは別人扱いなのかw こっちの歌は空を飛んでるイメージで明るく元気な歌になっています。
キリト君の歌はただひたすらに格好良かったですね。最近では珍しい格好よくて強い主人公というイメージそのままの歌でした。

今回は以上!

SAOはBD/DVDが結構売れてるみたいですね。約30000枚ですか?5000枚以上売れればヒット作といっても良いこの業界でこの数字は凄いと思います。
ってか、SAOの上に「ガールズ&パンツァー」がいることのほうが驚きなんですけどねw まさかここまでヒットしてるとはwww 私は両方とも好きなんでどっちもBD買ってますけどヽ(´ー`)ノ

・・・ところで、シリカちゃん&リーファちゃん&直葉ちゃんのスケーリングフィギュア化はマダー?

コメント

「境界線上のホライゾン」 浅間・智 1/7スケールフィギュア

2013年05月23日 20時53分01秒 | アニメ・漫画・ラノベ

「境界線上のホライゾン」に登場するオッドアイな狙撃巫女、浅間・智のフィギュアを買いました~。

20130523_01

開封するとこんな感じ。

20130523_02

・・・先ず台座の上に餃子トーリを敷きます。その上に浅間・智を置きます。・・・えーっと・・・それだけですw

バストアップ~。

20130523_03

うむ、オッドアイですね。実際にコンタクトなしでオッドアイって見たことないんですけど、そんな人っているんですか?
それはそうと、やっぱ胸が大きいなw

続いて背中~。

20130523_04

突きだしたお尻が良いですね(*´Д`*) あと、背中丸見えも良いですw

今度は左側~。

20130523_05

髪も長いですね。私、基本的に長髪が好きですw

身体正面から~。

20130523_06

おっぱいおっぱい!(←アホw

ちょっと斜め上から~。

20130523_07

このおっぱいに挟まれたいと何度思ったことか(←どうしようもない変態さんですねw

真上から~。

20130523_08

おっぱいで餃子トーリが見えないwwww

ぁ、その餃子トーリはこんな感じw

20130523_09

彼女に潰されるなら本望かなw

智には弓を持たせることが出来ます。

20130523_10

羽根は簡単に差し替えることが出来ますが、弓の持たせ方が難しかったかなぁ~。
右手だけじゃなくて股の間にある左手にも乗せなきゃならないんですけど、それが上手くいかなかったわ。

背中からはこんな感じ。

20130523_11

私、お尻フェチではないんですが、このお尻は良いですね(*´Д`*)b

左側はこんな感じ。

20130523_12

羽根が長いですねw

身体正面はこんな感じ~。

20130523_13

おっぱいおっぱい!(←そればかりだなw

斜め上から~。

20130523_14

挟まれたい(ry

真上から~。

20130523_15

キャストオフがあれば良かったのに・・・と思うw

最後に、下から覗くとこんな感じw

20130523_16

巨乳最高!!

今回は以上!

・・・結局、胸のことしか言ってなかった気がするw ぁ、それはいつものことか(爆)

「境界線上のホライゾン」は巨乳キャラが多かったけど(つか、女性キャラの8割以上は巨乳のようなw)、私の好みはこの浅間・智と、メアリ・スチュアートしかいなかったんですよね。つまり、第1期の時点では浅間・智しかいなかった(メアリは2期からでしたので)。とりあえず、巨乳だから好きというわけじゃないことだけは分かっていただけたであろうかw
そんなわけで、メアリ・スチュアートのフィギュア化を希望します!
・・・ちなみに、この作品の内容は設定が難しくてほとんど理解してません(爆) まぁ詰まらなくはないんだけどねw

コメント

電撃通販グッズ その2

2013年05月22日 19時38分04秒 | 美少女ゲーム(感想・情報・グッズ)

今年1月に発売された「電撃HIME 2013年3月号」の通販で販売されたグッズが届きました~。

前回はテレカでしたけど、今回はテレホンカードバインダーとタペストリーです。

先ずはオーガスト作品「大図書館の羊飼い」のテレホンカードバインダー!

20130522_01

白崎つぐみですね~。恥じらいを見せつつパンツを見せてるところが良いですねw

バインダーの裏側はこんな感じ~。

20130522_02

そして、同じ絵柄のテレカも付いてました。

20130522_03

「大図書館の羊飼い」のヒロインの中では小太刀凪が1番好きですけど、つぐみちゃんは家庭的な女の子なので1番嫁にしたいタイプですなぁ~(*´Д`*)

続いてはAries作品「ナイものねだりはもうお姉妹」のWスエードタペストリーです!

20130522_04

一之瀬姉妹の長女で武蔵の幼馴染・和葉ちゃんです!・・・ぁ、おっぱいは自主規制w
最初に好きになったのは妹の帆花ちゃんだったんですけど、和葉のシナリオを見てからは彼女が1番好きになりました!
私は元々は幼馴染属性が好きだったんですが、近年妹ブームが来て妹属性が好きになったんですけど、和葉シナリオを見て改めてやっぱ幼馴染最高!となりましたw

今回は以上!

「大図書館の羊飼い」は既にファンディスクが発表されていましたが、今週になってスピンオフ作品「放課後しっぽデイズ」も発表されましたね。
キャラクターも図書部や生徒会とは違うっぽいし、あの学園は数万人いるし、図書部以外の活躍も見たかったので、どんなストーリーになるのか楽しみ!全年齢対象なのはちょっと残念ですがw

コメント