こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

電撃G’s Festival! COMIC Vol.19

2011年08月31日 20時11分29秒 | アニメ・漫画・ラノベ

「Rewrite」の時は釣られなかったのに、何故か今回は買ってしまいましたよ、抱き枕カバー付きの電撃ジーズフェスティバルコミックをw

20110831_01

今回の特集は「ロウきゅーぶ!」なんです。ぃぇ、それだけだったら別に買うつもりはなかったんですが、付録に惹かれてしまいまして・・・。

そう、私のお気に入りキャラの香椎愛莉ちゃんの抱き枕カバーが付いてるんです!!(どどーん)

こんな感じの。

20110831_02

メイド服の愛莉ちゃんです!・・・ぇぇわぁ・・・特に胸のあたりが(*´Д`*) 小学生なのにこの体形は反則だろ!?w
ぁぁ、付録は開封したくないので(2個買いとかしないのでw)、写真は表紙に載ってるヤツにしときましたw

ちなみにBD版は予約済みです。・・・別に○リコンではないですよ(´Д`;)ヾ
内容が良いから買うんです、ぇぇ、本当ですよ!!・・・決して愛莉ちゃんのために買うわけでは(´Д`;)ヾ

ぁ、原作は今のところ読むつもりないです。アニメ版で最後まで観続けるつもり。多分、第2期もやるだろうし・・・。でも、原作の絵の方が好きなんですよね。原作の愛莉ちゃんの絵もイイ!!
あと、PSP版も買わないです。愛莉のフィギュアにはちょっと惹かれちゃったけどwww
1/8スケールか1/7スケールで愛莉ちゃんのフィギュアが出たら絶対に買いますけどね。体操服より制服・・・ぃゃ私服がいいかなぁ・・・水着もいいけど(*´Д`*)(爆)
・・・ぃぇ、本当に○リコンでは(´Д`;)ヾ

コメント

「ひだまりスケッチ」 第6巻

2011年08月30日 19時51分30秒 | アニメ・漫画・ラノベ

「卒業・・・したくないよぉ・・・」

ひだまり荘に住む高校生たちの日常を描く4コマ漫画の最新刊!ラストのヒロのエピソードは今までで1番良い話でしたね。ちょっと泣けます。

20110830

今回の表紙は、ゆの&なずな。・・・これでひだまり荘のメンバー全員が表紙になりましたね。次は吉野屋先生か?w

6巻は夏休みがメインです。最後はヒロ&沙英の高校生活も残り半年となり、2人の進路についても触れています。
最初の漫画の「宮ちゃんサマサマー」はウケたw ゆの相変わらず寒いギャグだねw 寒いからこそ笑ってしまう感じですwww
ヒロの体重ネタも相変わらず良いですが、最近このネタはヒロ&宮子のコンビがメインですよねw ヒロそんなに太ってるようには見えないけど・・・やっぱその辺は女の子だからかな?沙英の映画デートの話はウケたwww
あとは”ひだまり荘のお父さん&お母さん”、沙英&ヒロのカップリングも相変わらず良いです!遊園地(TDLと思われるw)の帰りの電車の中や、避難訓練のときの手話がいいですね!アレで全部通じるところはさすがですwww 避難訓練といえば、地震体験でゆのが選ばれたときかなぁ~さすが吉野屋先生、良い人選ですよwww

そして・・・冒頭でも言いましたが、最後はヒロの進路についてのエピソードがあり、それがめっちゃ良い!今までで1番良い話でした。・・・私がヒロ好きだっていう点を除いても・・・ですよ?w
進路をどうするか悩むヒロは最終的に吉野屋先生のように美術教師になろうとしたけど、相談した吉野屋先生に本心を見抜かれてしまい、それでまた悩むことになって・・・。
・・・そうですよね~、あんなに楽しそうな日々を送ってたら、誰でもそこに留まりたくなりますよね。私もひだまり荘に住みたいくらいですし。
留まることは出来ないと知りつつも”卒業したくない”と泣いてしまったヒロの背中を押したのは誰よりもヒロのことを近くで見ていた親友の沙英。持ちべき者はやはり友!
沙英のおかげでヒロはしっかり前を見るようになり、無事進路も決まったようです。沙英自身も美大か文系かで悩んでいるけどね。
・・・青春やわぁ~。いいわぁ~私のような灰色の青春を送った者からすれば、ああいうことで悩めるだけでも羨ましいことだと思います。

TVアニメ第4期の製作が決定しました。5~6巻の内容をやるんでしょうが、最終回は今回のヒロのエピソードをやってほしいなぁ。
放送は来年の4月頃かな?ともかく楽しみです!!

コメント

TVアニメ「WORKING!!」 Blu-ray BOX

2011年08月29日 19時48分45秒 | アニメ・漫画・ラノベ

北海道にあるというファミレスで働く従業員たちの日常を描く4コマ漫画「WORKING!!」のTVアニメ版のBD-BOXが出ました!

20110829_01

全部展開するとこんな感じになります。

20110829_02

イベント「ワグナリア~夏の大感謝祭~」のBDや、特製ブックレットが付いて来ました。あと、DVD版には収録されていなかったらしい話の部分の原作者書き下ろしキャラクターコメンタリーもBOX化にあたり収録されています。

私が1番好きなキャラはちっこい先輩(でも巨乳w)の種島ぽぷら(第1話の”脇”は最高w)ですが、ぽぷら以外は原作の方が好きで(特に八千代さんの”ほわほわ感”はアニメでは表現しきれてないので)、ぽぷらのみアニメ版の方が好きだったりします。阿澄佳奈さんが合い過ぎるwww
まぁぶっちゃけ原作から色々時系列がごっちゃになってたり削られたりしてる部分があるので、原作を読まない方が楽しめるというタイプアニメです。本当の名作は原作を知っていても楽しめるんですけどね。アニメ版の第2期から観る人は、原作を読まずにアニメだけで観た方が良いでしょう。

内容そのものは以前観たものなので、BOX版はキャラコメだけ観ることにしましたw

第1話は宗太&ぽぷら&杏子の3人。
ぽぷらは相変わらず一生懸命で可愛いですね!ちっさい子好きの宗太は相変わらず変態ですねw 店長の杏子は相変わらずやる気ねぇなw
一見、本編の話を無視して会話してるように聞こえるんですけど、映像を見てるとしっかりリンクしてるんですよね、すごいw

第2話はぽぷら&山田の2人。BD版に新収録されたものですね。
1話に引き続いてぽぷら、そして、ワグナリアに居候している謎の家出少女・山田。
・・・って、この時点で山田出てねぇよwww うーむ、サボリ魔の山田がキャラコメとはいえ、しっかり仕事してるとは(爆)
なんだか、ずっと2人で恋愛話してたような気がしますが・・・相変わらず山田はその手の話が好きですねw やってることは斜め45度ですけどw ぽぷらも乗せられすぎw

第3話は佐藤君&八千代さんのカップリングです!・・・まだ付き合ってませんけどw
チーフだけど時々ボケる天然な八千代さんの意外としっかりした進行(音尾さん以外にですがw)と、あまり喋らない佐藤君のさりげないツッコミが良いですねw
八千代さんによる従業員の紹介があったけど、従業員のことをしっかり見ている八千代さんもさすがに山田はフォローしきれなかったかwww
・・・結局というかやはり、最終的に八千代さんによる杏子の話になりましたねwww 毎回延々とこの杏子の話を聞かされる佐藤君も大変だwww まぁしかし惚れた弱みか、佐藤君は大人しく聞いてますねw
って、途中でエンディングになって八千代による杏子語りが打ち切れましたねwww 後半は佐藤君全然喋ってないよwwwww

第4話は相馬君&八千代さん。これもBD版に新収録されたものです。まぁ偶数の話数は全部そうですけどw
ワグナリア微笑み殺しペアですかw 確かにニコニコしてるけど、2人のニコニコの意味合いが違うようなw
第3話で延々と杏子の話をしてた八千代さんにまた杏子の話をさせないように頑張る相馬君が涙ぐましいw 基本的に腹黒な相馬君だけど、ツメが甘いというか・・・女性陣に弱いですよねw 結局は杏子の話を止めきれずに・・・かわい相馬さんですw
佐藤君をからかうため・・・もとい、喜ばすためボイスレコーダーに八千代の声を録音する相馬君・・・八千代のあの声が入ってるなら私もちょっと欲しいw

第5話は佐藤君&相馬君。
人の秘密を知る相馬君による個人情報暴露w それを突っ込む佐藤君。八千代に関しては相馬君が勝つけど(引き分けに近い勝ちだがw)、それ以外は佐藤君が勝つっていう感じですよねw
3話~4話が八千代さんの独壇場だった分、今回2人がいっぱい喋ってましたが、終始相馬君が佐藤君をからかって、佐藤君が相馬君に仕返して・・・の繰り返しでしたねw

第6話は宗太&なずなの小鳥遊兄妹。
なずな、基本的に良い妹ですよねw ぽぷら同様に癒し系ですw ただまぁ・・・人の心を掌握するのが1番うまいので将来が最も怖いですけどw 悪女になりそうw
下の兄妹による家族の紹介。危険な部分を避けて話す宗太ですが・・・なずなは何となく理解してるっぽいですねwww 姉や母をも掌握しようとしたり、クラスメイトを手なずけたり・・・なずながマジ怖いw

第7話は宗太&山田。相性悪い2人ですなw
冒頭から宗太の説教からスタートですねw 結局最後まで説教がありましたがw でも山田は相変わらず反省してないしwww
なんか途中から宗太が小さいものトークになって、山田も納豆トークになってるしw 私的に山田の納豆の食い方は邪道だと思うw

第8話は山田&音尾。
サボリ魔の山田と存在感のないオーナーの音尾さん。山田が調子に乗りまくりですねwww さりげなく養子縁組狙ってるしwww
山田が納豆トークをしているうちに音尾さんのツッコミにより実は納豆嫌いが判明?w ぁぁだからあんなに一杯色んなものを混ぜるのかw
音尾さんと奥さんの馴れ初め初公開?色々衝撃的すぎるんですけどw 奥さん謎すぎるwww

第9話はぽぷら&まひる。ようやくメインヒロイン・まひる登場w ぁ、宗太を主人公にした場合ですがw
ぽぷらがキャラコメ初の女性2人組って言ってたけど、第2話で既にやってま・・・ぃぇ、こっちはDVD収録版ですけどw
ぽぷらの胸の話が・・・まひるがショック受けて「胸囲だけに」って・・・オヤジギャグかよwww 一体どんだけのサイズなんだよ、ぃゃ、大きいのは分かるんだけどw 背がアレだけ低いのになぁw
ぽぷらが憧れる小鳥ちゃん登場の回だけに、2人でひたすら小鳥ちゃんの話してましたねwww 男の娘恐るべしw
Bパートは宗太との仮想デートの話でした。まひるの想像で64回殴られる宗太・・・がんばれw

第10話は佐藤君&ぽぷら。
八千代や相馬とのキャラコメで佐藤君のストレスが限界になったところで、ぽぷらとのキャラコメ回・・・ってことで、終始ぽぷらがイジメられてますねwww
でも、八千代のところでぽぷらに逆襲されてたなw まぁぽぷらに他意はなかったけどw

第11話は相馬君と山田。
さすがの相馬君も山田は苦手な相手ですねw かわい相馬さんの名付け親ですしwww なんだかとことん相馬君が手玉に取られてるw

第12話はまひる&梢。
梢はやはりというかなんというか・・・やっぱ酔っ払ってますねw 暴走する梢の相手をするまひるが大変そうだw
まひるの胸の話・・・まひるのは小さいんじゃなくて無いのか、やっぱ無いのかw まひるは性格が可愛いとは思うけど胸が小さいのが残念ですw
梢が振られる理由が分かりましたねぇ。確かにプロレス技をかけまくったら振られるよなw そしてそれを自覚しないのが原因かw

第13話は宗太、ぽぷら、まひるの3人。まぁなんだかんだでこの3人が主役ですよねw
宗太とぽぷらはともかく・・・まひるがいる時点でちゃんとしたキャラコメになるんだろうかw ・・・と思ったら、小鳥ちゃん登場の回なので、ぽぷらがやや暴走気味でしたねw まひるは相変わらず胸のことを気にしてるしw
北海道の公園ってジンギスカン禁止って看板があるんですか、へぇ~初耳ですw
・・・最後は上手くまとめましたね。まぁこの3人は普通にしてれば比較的マトモなメンバーだからなw

キャラコメは以上!

「WORKING!!」は第2期が10月から放送されますね。第2期は宗太&まひる、佐藤君&八千代さんの2組のカップリングがメインになるかな?最新刊に収録されてた佐藤君&八千代さんのデートが観たいなぁ。
とりあえず、BS放送で第1話が9月に先行放送されるらしいので楽しみです!

コメント

今週のTVアニメ(8/22~8/28)

2011年08月28日 18時52分43秒 | アニメ・漫画・ラノベ

毎週恒例の”今週放送されたTVアニメの感想コーナー”です!
現在観ている放送局は、地上放送(滋賀)、CS放送(AT-X)、BS放送です。

バカとテストと召喚獣にっ! 第7話
まだまだ続く強化合宿!最終4日目ですw 明久、まさかのメール送信間違いwww 美波に「好き」って言ってしまったw そして雄二までも被害にwww
脅迫犯を捕まえるために女子(秀吉含む)の隠し撮り写真によって仲間を集めようとする明久たち。・・・ぁ~瑞希の浴衣姿いいわぁ~オレも欲しい(爆)
いよいよ最終決戦。男子のエロ心に対抗するは瑞希&翔子の最強コンビ!まぁ私はB組男子が言ってた「姫路が入ってないんじゃ意味がない」には納得ですけどw
長きに渡る戦いこそ男子の勝利に終わったが、やっぱ最後は敗北でしたねwwwwww 学園長の裸なんか見たくねぇwww 「割にあわねぇ!!」に吹いたw まぁ脅迫犯が分かっただけでも良いんじゃないですか?w EDはなんか哀愁が漂ってましたねw
最後の明久と美波のキスシーンは衝撃的でした。どうなるんだ!?瑞希ファンとしてはショックでした(iдi)

異国迷路のクロワーゼ 第8話
アリスにお茶会に招待されブランシュ家を訪れた湯音とクロード。クロードとカミーユはやはりというか・・・幼馴染だったんですね。無邪気に遊ぶ湯音とアリスと違って、クロードとカミーユは大人な会話ですねぇ。
湯音が話す日本の童話に夢中になるアリス。アリスの想像が少し面白かったw まぁ確かにそういう想像も出来るわなw アリスの作ったオリジナルの物語は良い話ですね。意外だった(爆)
少し人生を悲観しているカミーユのやや冷たい態度も湯音のたった一言で少し和らいだようですね。さすが癒し系少女ですw 新EDも結構良かったです~。

ロウきゅーぶ! 第8話
小学女子バスケ部のコーチをしていることが葵にバレた昴。まぁ美星のおかげで大きな問題にはならなかったようだけど。
昴と葵の関係について分かったときの智花の嬉しそうな顔が可愛かったですねwww 単純というか・・・素直というかw
また皆でプール。今度はコレまで葵にバレたwww さすがにこればっかりは許されなかったですねwwwww 葵のスケスケが良かったですw
昴をかけて葵たち高校チームと勝負。・・・なんで水着姿で?w 完全に葵によって抑えられしまい、落ち込むバスケ部。昴と離れたくない一心で葵を止める愛莉。
まぁ全部、葵の思惑通りになった感じですね。愛莉も泳げるようになったし・・・そのビデオを見てた昴は完全に変態でしたがwww

花咲くいろは 第21話
若旦那と崇子が結婚ですか。なんか映画撮影の詐欺にあってから急接近したなぁ・・・ってかエニシングって何だw
結婚する条件に女将から「式を挙げること」をあげられた若旦那。当然そんなお金もなく落ち込んでいたが、緒花の発案により喜翆荘で式を挙げることに。
民子が徹と2人で式の買い物。その帰りに海に寄り・・・徹から緒花の話を聞いた民子は緒花に嫉妬して再び出会った頃に戻ってしまいましたね。「死ね」復活ですw
結婚を止めると言い出した崇子に、女将が語る自分が結婚したときの話。女将の過去編いいですね。結構美人ですしw もっと見たいですw

まよチキ! 第6話
いよいよ文化祭の開催。スバルのチャイナ服もよかったけど、モブキャラのエプロンウェイトレスが凄かった(*´Д`*) 無理だろうけど、あのエプロンドレスでのスバルが見たかったなぁ。
スバルの秘密を守るため宇佐美と文化祭デート。しかし、何故かスバルの監視付きにwww ってか、スバルの行動、モロに女の子ですよwww
見守る会の会長ナクル登場。以前からちょっとだけ出てたメガネ少女ですね。ってスバルを信じてる理由はBLかよwwwww
文化祭の裏で行われる見守る会vsS4。S4の会長は奏かw カルトクイズって最後の問題はファーストキスかよwww 公衆の面前で2人のキスシーン公開されちゃいましたねw 奏はマジでドSだわぁ。
最後のマサムネの笑顔よかったっすね~。可愛かった!

ゆるゆり 第7話
なんだか、OP前のあかりがどんどん不憫になっていく・・・ただでさえ出番少ないのにw
2人一組でクリスマスデート。結衣&綾乃(共通の話題もなく気まずい)、京子&ちなつ(京子にとって最高、ちなつにとって最悪)、あかり&千歳(意外と合う?w)、向日葵&櫻子(いつも通りw)ですか。
会話がない結衣と綾乃が1番面白いかも・・・綾乃の「どうしよう東照宮」に吹いたwww ちなつちゃんは劇場版みらくるんにハマっちゃった?w あかりと千歳は・・・和風クリスマスかよ、渋すぎだよwww 向日葵は乳揺れ最高すぎるwww
お正月。・・・あかりの着物姿は結構可愛いですね~。ちなつはなんかますます変態になってますねw

R-15 第6話
スランプに陥った丈途に部長が紹介したのは天才マネージャー・倉部勝代。ぁぁ、見た目が気に入ってたので今まで気になってたキャラだったのだけど、ついにメインになりましたねw まぁやっぱ声がヘンだけどw
ってか、全然応援してなくね?w むしろ足引っ張ってね?w 可愛いから許すけど(爆) しかも何気におっぱい大きいですよねw あとED後の浴衣姿はめっちゃ良かった!
謡江ちゃんの手作り弁当いいなぁ~私も食べたいなぁ~。しかも食べさせてもらえるなんて・・・。あの笑顔が最高すぎる(*´Д`*)b
それにしても・・・最後のマッスルはキツイなぁ・・・あれはトラウマになりそうだwwwww

夏目友人帳 参 第7話
祓い屋の的場清司に連れ去られた夏目。・・・ニャンコ先生、今度はぬいぐるみですかwww 名取とニャンコ先生、結構良いコンビですねwww
何とか的場の手から逃れた夏目は森に住む妖怪のところへ向かう。そこで会ったのは的場に復讐しようとする呪術師だった。ケガしたニャンコ先生、自分で傷口が舐められないのかwwwwwwww 「やっぱ先生、妖怪だったんだな」に吹いたwww
今回は結局、的場の手のひらに踊らされていただけでしたね。

怪盗天使ツインエンジェル 第8話
皆で海水浴。・・・ぉぉ、葵の白いビキニ最高っすね!!特に胸(ry 他のメンツは・・・あの新聞部の子は意外と大きかったですねw メガネっ子なので不要ですけど(爆)
ツインエンジェルの新たなライバルで双子の姉妹テスラとナイン登場。テスラの声が堀江由衣ですか!胸も大きいし・・・下手すりゃ葵より大きいかも?髪も長いし・・・水着姿も制服姿も良かったし・・・ぉぉぅ・・・1番好きになりそうな気が(*´Д`*) 若干腹黒い気がしますけどw

猫神やおよろず 第8話
前回から登場したゴン太の母親・鎮葉。柚子をゴン太の嫁にしようと画策中?w
賭けに負けたときに鎮葉に取られたゲームソフトを取り戻すため、神社で手伝うことになった柚子と繭。・・・柚子の巫女姿イイ!!なんだろうね、巫女ってなんか夢があるよねw ゴン太の態度が柚子と繭で180度違うのは面白いですがw オチはゴン太のゲームソフトだったってことですねw
前回から引き続き、ゴン太の妄想が止まらないですねw ・・・ポロリの反応が素早いですねwww
そういや、ナンプラー・ラーメンで一儲けしたあの社長、店まで建てちゃって・・・完全に調子乗ってますねwww つか、本当にレギュラー化してるなw

神様のメモ帳 第8話
襲撃された四代目。平坂組の事務所に戻った鳴海はそこで四代目が書いていたメールに気付く。・・・平坂組の皆に一喝するとは・・・鳴海カッコイイなw
平坂組が仕切るライブの開催。そこに錬次を誘い込み、ヒソンに関する真実を伝えるアリスと鳴海。まぁしかし、こういうときの解決方法はやっぱ殴り合いなんですねw

ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~ 第8話
羽衣狐が率いる京妖怪によって次々と解かれていく秀元の封印。・・・冒頭の第5の封印・清水寺にいた人は死に際が面白かったですね・・・思わず笑ってしまったwww 最後の3人も途中までしか戦いが見られませんでしたが呆気なく負けたっぽいですね。
リクオが遠野の妖怪を仲間にして京都へ。鏡花水月を会得したようですね。冷麗が付いていくってことは、氷麗は出ないの?まぁ出てきたとしても、嫉妬爆発でしょうけどwww
ってか、最後の手押し相撲は一体・・・w

輪るピングドラム 第7話
苹香と多蕗の舞台デート。まぁ苹香のライバルゆりの主演舞台でしたけど・・・ベル○イユのばら?w
続いてはゆりのパーティ。今度は晶馬も一緒ですが・・・浮いてますね、この2人w ここでゆりが多蕗との婚約宣言。苹香もさすがにショック受けてましたねw
カエルの産卵ってモザイクかかってたなぁw ・・・晶馬がんばったのに・・・ペンギンが食っちゃった?www

THE IDOLM@STER 第7話
伊織の家でっかいなー。やよいの感想「お掃除大変そう」って・・・そりゃまぁそうだけど、言うのはそれだけなのか?w
伊織と響を連れてやよいの家へ。もやし祭って・・・本当にもやしばかりだなw でも、あの伊織が満足するって相当美味いんだなw
つか、やよいメインの話かと思ったけど、どっちかっていうと伊織メインだよな、コレw 伊織出番多いなぁ。

うさぎドロップ 第7話
旦那や旦那の両親と上手くいかなくて家出して大吉の家にやってきたイトコの春子とその娘の麗奈。春子と買い物にいるときコウキ君の母親と鉢合わせて慌てる大吉に吹いたw 
結婚や離婚についてのりんと麗奈の言葉は大吉と春子にグサリときてましたねwwwww 更に「お泊りしていることは内緒」と言われて「家出していること」を言っちゃったり・・・子供は無邪気な分、ある意味残酷ですなw
嫁姑問題って難しいですね~・・・春子の愚痴聞いてると結婚したくねぇわぁ~って思うヽ(´ー`)ノ

神様ドォルズ 第8話
詩緒の笑顔が面白かったwww ガンバレ、詩緒w
ククリの修理を終えて東京に戻った匡平たちは今度は海に。でも台風のせいで泳ぐことができず・・・・・・日々乃さんの水着姿は!?見せてくれないの!?・・・なんてこったorz 停電中の暗いところでちょっとだけ見られたのは・・・まぁ良かったけど。
Bパートは日々乃さんが本を返しに図書館へ。そこで阿幾に会う。そこに詩緒もやってきて2人が戦うことになり、阿幾に「案山子は破壊の道具」と切り捨てられてしまう。怒る日々乃と泣く詩緒。匡平のおかげで多少は和らいだようですけどw
・・・ところで、日々乃と詩緒でもってる日々乃父の喫茶店は経営大丈夫なのか?w

ダンタリアンの書架 第3話
Aパートは叡智の書によって変わってしまった少年たちの話。
無視されたことに腹を立てヒューイが読もうとする推理小説の犯人を言ってしまうダリアンが良いw 本屋で出会ったヒューイの友人・カミラに敵意を剥き出しするも・・・お菓子の誘惑に負けてしまいましたねwwwwwww しかも折角家まで行ってもお預けくらってるしwww あのクセっ毛って動くんだ?w ダリアンとカミラの言い争いが良いですねw
Bパートはヒューイとダリアン強盗に捕まるお話。・・・捕まったのにすっげー緊張感ないなwww 13年に1度花を咲かせる食虫植物ってか食人植物ですね。怖い(´Д`;)ヾ
カミラさんの声が能登麻美子さんでしたが・・・もしかして巨乳なのか?(爆) 見た感じそうは見えなかったけど脱ぐと凄いとか?w

魔乳秘剣帖 第6話
影房再登場。・・・あれ?乳がデカくなってね?千房に斬られはずなのにw って思ったらパッドかよwww
千房が乳を吸う原因がマザコンかよw その原因を取り除くための修行。右乳山と左乳山とか色々アホすぎる設定だwww
お風呂シーンはエロかったですねw 色々限界ギリギリな描写でしたw

コメント

ドラマCD「DOG DAYS」 第1巻

2011年08月27日 20時08分29秒 | アニメ・漫画・ラノベ

可愛らしい獣耳キャラクターが多数登場するファンタジーアニメ「DOG DAYS」のドラマCDシリーズが発売開始!

20110827

・・・このジャケット、左上にいるウサ耳ベールの水着姿が最高すぎます(*´Д`*)b

ドラマCD版はTVアニメ版を補完するオリジナルエピソードになっていて、第1巻は第5話と第6話の間のエピソードです。具体的な時系列でいうと姫様奪還戦の翌日ですね。

Disc1
1.プロローグ
リコッタとノワールによる今回のイベントの解説。本編では会話してなかったけど、リコッタとノワールって実は仲良しなんだ・・・。ぁぁ、だからBD第1巻のブックレットの描き下ろし漫画で共演してたんだなw

2.今日の戦は水上戦
シンクによる登場キャラクター紹介。姫様のコメント、相変わらずライブ風w こんな可愛い子が国のトップだったら国民も一致団結しそう(特に男w)。

3.ふたりは仲良し!
シンクとユキカゼの会話。シンクがユキカゼに「さん付け」&「丁寧語」で話してそれを改めないため、ユキカゼが泣き落としw このときからシンクはユキカゼのことを「ユッキー」って呼ぶことになったんですね。

4.本日の衣装=カラフル水着!
水着キター!!ドラマCDなのが非常に惜しい!!!!!まぁブックレットに描いてあったイラストで我慢するしかないかw くぅ・・・ミルヒ&ベールが最高だなぁ・・・ベール&ユキカゼの乳揺れも見たいw

5.姫と秘書と騎士団長
ミルヒと秘書官アメリタと騎士団長ロランの会話。水着を着るよう言われて照れるアメリタさんが可愛いw

6.湖畔・ガウル陣営
ガウルとゴドウィンの会話。戦が始まる前から酒を飲んでるって・・・ただの酔っ払いですねw 2人を一喝する近衛隊長のビオレが強いwww んがお目付き役として来ただけなのに水着を着ることにw 彼女は結構好きです!声が丹下桜さんですしw

7.水着着装!
水着を着ました・・・ってシンクかよ(´Д`;)ヾ

8.紀ノ川←→ロンドン
場所は変わって地球。ベッキーと七海のビデオチャットです。TVではあまり出番がなかったのですがベッキーも好きなんですよね~。ツインテールは良いw

9.全騎士入場!
今回の戦いの解説、そして、両国の騎士が入場。ううむ・・・映像で観たいぃぃぃぃ!!水着姿の女性キャラが多い中での水上戦なんて・・・ユキカゼの乳揺れ音とか・・・OVAで出してくれない?w そしてミルヒはやっぱアイドル風の登場なんですねw

10.ガレット本隊帰還中
再び場所が変わって帰国中のガレット本隊。心ここにあらずなレオンを心配するバナード&ルージュ。レオンに元気がない理由は第6話で判明しますが・・・。

Disc2
1.開戦!シンクVSガウル
いよいよ戦闘開始。先ずはシンクvsガウル。姫様奪還戦に続いてのバトルですね。なんだか楽しそうですw エクレはガレット軍に所属するファンに迫られてましたねw ってか、エクレのファンは変態が多いのか?w

2.水上戦でもジェノワーズ!
ビスコッティ最強コンビのダルキアンとユキカゼが出陣!(でも今回活躍の場一切なしというw)一方、ガレット軍のジェノワーズも大活躍!この3人は戦闘面では言うことはないんですが・・・基本アホですよねw ロランvsゴドウィンはなかなか熱かったですw

3.姫様&エクレール
姫様移動中。「んしょんしょ」って・・・ミルヒは戦闘中でも可愛い!w 最後は落ちて自爆しちゃったけどw 一緒に落ちたエクレが幸せそうですねw

4.近衛メイド長、緊張
ルージュ、何故か緊張中。その理由は後で分かりますw

5.ちょっと休憩・・・
休憩中。皆、疲れて死んでますねw ガウルたちの考えたサプライズイベントとは・・・。

6.サプライズイベント
ガウルたちによる姫様へのサプライズイベント計画。ビオレとシンクの会話って珍しいですね。一叱りってなんか怖い((((゜Д゜;))))w

7.姫様、回ってー
休憩時間中の姫様トークライブ(これって堀江由衣さんのライブが元ネタ?w)。ミルヒはどこに行ってもアイドルですねw 可愛い! ぁぁ・・・私も現場に行きたいwww 

8.王子と勇者と
シンクとガウルの会話。姫様(というよりも王族)について話してます。ちょっとだけシリアスです。

9.視線
戦を見守るレオンとバナード。レオンかなり怒ってます!まぁ勘違いしてますけどねw バナードはちょっと引いてます・・・その理由とは・・・w

10.正義見参!
姫様の水着チェンジ!!こっちの水着もいいわぁ~映像で観たい(爆) そして、まさかの姫様再び誘拐!これがサプライズイベントですかw しかし、ガウルたちの計画をぶち壊す更なるサプライズイベントがwww レオンが獅子王仮面、レナードが豹柄仮面に変身www そしてビオレが大激怒w ビオレが怒った理由・・・つまりルージュが緊張してる理由がココで分かりますw

11.大成功?
レオンとレナードの乱入によって終結したサプライズイベント。ハプニングはありましたが一応ドッキリ大成功ですねw ガウルの「褒める前に謝れ」に吹いたwww レオンとバナードはもうすっかり成りきってますがビオレの叫びが切実でしたw

12.戦い終わって
戦いは終了。皆で今回のイベントの感想です。

13.ビスコッティの夜は更けて
ビスコッティの夜。シンクの罰ゲームが見たいw

14.Stand up Ears ~Princess&Saver MIX~
今回のイベントでシンクとミルヒが歌ったデュエット曲。結構良いですね。DDの歌は全部好き!

15.ガレットの夜は更けて
ガレットの夜。あの姉弟の面倒を見るビオレも気苦労が絶えないですねwww 大部隊を率いたルージュは尻尾の毛が薄くなった?w お疲れ様ですwww

今回のドラマCDは以上!なかなか面白かったです。
是非とも映像で見たいですよ~。だって水着ですよ!?ベール&ユキカゼの乳揺れがぁ(爆) あとミルヒの可愛い水着姿ももっと観たい!・・・OVAじゃダメですかね?

第2巻も楽しみです!

コメント

TVアニメ「DOG DAYS」 BD第2巻

2011年08月26日 22時10分37秒 | アニメ・漫画・ラノベ

姫様奪還戦が繰り広げられる第2巻!!ラストはミルヒオーレ姫のライブもあるよ♪

20110826_01

第2巻の三方背BOXのキャラはレオン閣下と・・・何故かジェノワーズw ウサ耳ベールが大好きッス!!胸が大(ry

ちなみに中のジャケットの絵はこんな感じです。

20110826_02

ガレット姉弟ですね。そういえば、弟のガウルは姫奪還戦以外はあんま出番なかったですねw

第2巻は第4話「突撃!姫様奪還戦!!」、第5話「激闘!ミオン砦!」の2話収録。

第4話「突撃!姫様奪還戦!!」
ジェノワーズによってミルヒが攫われ、奪還戦を受けてしまったシンク。実際には受ける必要なかったんですけどw エクレの「ドアホーがー!!」のドロップキックが良いwwww
ダルキアン卿とユキカゼが初登場ですね。ユキカゼは結構好きですw 胸が大(ry ダルキアンは強すぎですwww 一薙ぎで塔が真っ二つとか有り得ねぇw
ゴドウィン将軍いいですよね、声がw 若本さんの声は最高ですw 見た目がTOD2のバルバトスと被るけどw

第5話「激闘!ミオン砦!」
姫様奪還戦の完結編。シンクvsガウル、エクレvsジェノワーズ(エクレ命名3バカw)、ダルキアンvsゴドウィン将軍・・・後にダルキアンvsレオン。結局ダルキアンとレオンはどっちが強いんだろうか・・・ダルキアンは手を抜いてたっぽいけど。
エクレのジェノワーズに対する「3人ともバカに違いないが」と、シンクがガウルの必殺技を食らった後の「やっぱり効いてたー!?」に吹きましたねwwww
結局、姫様奪還戦はレオン閣下の一喝で終了w さりげなくジェノワーズ3バカトリオのタンコブが増えてましたねw
ミルヒのライブ「きっと恋をしている」最高っすね!髪を下ろしたミルヒがめっちゃ可愛い!

特典はブックレット(描き下ろし漫画&公式サイトにアップされた4コマ漫画などを収録)と劇中歌「きっと恋をしている」のCD、「きっと恋をしている」のスペシャルムービーでした。
描き下ろし漫画「なぜなにフロニャルド」、今回は戦興行について。お相手はシンク&エクレールのビスコッティ名物コンビでしたw 戦興行で活躍する人のグッズかぁ・・・ユキカゼとジェノワーズのベールのグッズは欲しいですねw あともちろん姫様のも!!よし、フロニャルドに行ってく(ry
劇中歌「きっと恋をしている」のCD、てっきりサントラとかに収録されるのかと思いきや、サントラは全て特典CDになるんですね。BD買っておいて良かった・・・ミルヒの歌う3曲は全部好きだったのでCDで欲しかったんです!ボーナストラックは「リコと眠ろう」。冒頭は寝るというよりリコによる音楽再生機器の解説コーナーだったようなw リコも可愛いけど・・・添い寝してもらうならやっぱミルヒでしょ!!ぃゃ、まぁ実際に姫様が隣にいたら眠れないと思うけどw
「きっと恋をしている」のスペシャルムービーはフルコーラス版!完全新作で全部やってくれるのかと思ったけど、やっぱそういうわけにはいかないんですねw 5話までの映像を継ぎ足しただけでした。ま、仕方ないっすねw いつか姫様ライブの完全版を観たいw

・・・ちなみに10月2日のDDイベントのチケットは落選しましたorz ・・・ふっ・・・まぁいいさ。私はKeyのイベントさえ行ければそれで(遠い目

コメント

TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 BD第5巻

2011年08月25日 19時55分02秒 | アニメ・漫画・ラノベ

佐倉杏子と魔女化した美樹さやかの戦い、そして、暁美ほむらの過去が明らかになる第5巻!

20110825

5巻は第9話「そんなの、あたしが許さない」と第10話「もう誰にも頼らない」の2話収録。

第9話「そんなの、あたしが許さない」
ソウルジェムが黒く染まりグリーフシードと化して魔女になってしまったさやか。さやかの亡骸を見て泣き崩れるまどか。
QBさんの語るエネルギーのお話やソウルジェムの秘密(本当はもう秘密なんてないんだが)・・・つまるところ、詐欺ですねwww 重要なことをあえて言わないところは巧妙ですw さすが営業部長w
杏子はさやかを魔女から戻すためにまどかを連れてさやかの元へ。杏子vsさやか。最後は杏子の自爆でした。杏子の最期の言葉は「ひとりぼっちは寂しいもんな、いいよ、一緒にいてやるよ」でした(´Д`;)ヾ
QBさんの「そんなの不可能に決まってるじゃないか」・・・殴りてぇぇぇぇ!!!ヽ(`Д´)ノ
エンディングはTV版では使われなかったさやか&杏子のキャラソンでしたね。映像がなんだか百合百合しいんですけどw

第10話「もう誰にも頼らない」
ほむらが魔法少女になったときのお話です。これまでのほむらの行動の謎が一気に解けます。
メガネほむら可愛いですねw ってか全然性格違うよなw そして第10話にして初めてまどかの魔法少女姿が見られます。久しぶりのマミさん登場!マミさんやっほーい!(爆) すぐ死んじゃいましたけどorz その後も同士討ちするマミさんも出てきたりなかなかショッキングです(´Д`;)ヾ
ラストシーンは第1話の冒頭ですね。ここで話が全て繋がるわけです。なかなか鳥肌モノでしたねぇ。これを見る限りは、主人公はまどかっていうより、ほむらですよね。

特典は蒼樹うめさん描き下ろし4コマとドラマCD!!
4コマは、杏子にう○い棒を貰ったときと、魔法少女になる前のほむらがマミさんの家に招待されたときのパロディ。即食いしたまどかがリスっぽくて可愛かったですwww 太ったまどか&ほむらには吹いたwww
ドラマCDは杏子が魔法少女になってすぐ・・・杏子の家族がまだ居た頃の話です。
魔女に苦戦した杏子はマミに助けられ、その後マミに弟子入りを申し入れる。マミさんと杏子のコンビって本編では見られなかったシーンですよね。ぬおおお、映像で見てみたかったです!
素直な杏子って新鮮ですねぇ~。マミさんのお姉さんぶりがイイ!怒ったマミさん素敵ですwww マミさんって若干中二病ですよねw 技名叫ぶの必須なんてwww
途中までは良かったけど、やっぱりというか・・・既に本編で知ってる通り、家族が死んで杏子が荒れて、結局コンビ解消。なかなか良いコンビだと思ってたのに残念ですよね(´Д`;)ヾ

そういや、まどマギのゲーム版が出るけど・・・どうしようかなぁ・・・買おうかなぁ・・・。迷ってます。

コメント

「フルメタル・パニック! アナザー」 第1巻

2011年08月24日 19時32分30秒 | アニメ・漫画・ラノベ

フルメタ本編は既に完結しておりますが、その十数年後の世界を描くスピンオフ作品「アナザー」がスタートしました。

20110824

この「アナザー」はフルメタ原作者の賀東さんが書いているわけではなく、新人さんが書いています。ただ、周囲のスタッフは本編と同じみたいですね。賀東さんも監修という立場で参加しているようです。なので、フルメタの世界観はまったく変わらずに読むことができます。

主人公は宗介ではなく、陣代高校に通う普通の高校生・一ノ瀬達哉。
達哉は、米ソ冷戦終結後(フルメタの世界では20世紀のうちに冷戦が終結してない設定なんです)に普及した人型重機PS(パワースレイヴ)の操縦が人より少し上手い程度の普通の高校生です。
そんな彼がひょんなことから自衛隊兵士の乗るASの暴走事件に巻き込まれ、そこで初めてのASの戦闘を経験し、それを知った民間軍事会社の社長の発案で軍事訓練を受けることになる・・・という感じですね。
本編の主人公だった宗介が物語スタート時に色々と知っていたのに対し、今回の主人公の達哉は何も知らない一般人なので、読者と同じ視点で物事を知っていくことになります。その点は親切設計ですねw まぁ既に本編を読んだ人にとっては今更感ですけど。

内容はASメインになっていて戦闘描写も本編に負けず劣らずと言った感じで良かったのではないかと。
何より、本編の主要キャラのその後の姿が見られる点は良かったのではないかと。今回はメリッサ・マオしか出てきてませんけど、マオとクルツの娘が出てましたね!短編集「九死に一生?」のほうでテッサとマオが名前をどうするか考えてましたが、最後に言ってた「クララ」になったようです。見た目はマオ似、性格は2人を足して2で割った感じ、能力は間違いなくクルツですね。射撃能力高すぎですw
私的には、宗介やかなめ、クルツあたりは出てきてもいいけど、三十路になったテッサは・・・あまり見たくないかも。でも、テッサのことだし、きっとすっごい美人になってるんだろうなぁ~・・・マオもまだかなり若く見えるし、テッサもきっと・・・・・・しかも18歳の時点でもまだまだ胸が成長してたみたいだし・・・ううむ、なんか見てくなってきた(爆)

今回の新ヒロインのリーナは・・・なんでしょう、クールで無愛想なんだけど、マオの趣味で着せられるコスプレ姿がめっちゃ良いんですけどwwwwwww ポニーテールってのがイイ!
でも1番のお気に入りは・・・まぁ読んだ人なら分かるよね。うん、達哉の妹の由加里ちゃんです。何、あの反則的な可愛さは!?まさしく「二次元的な意味での理想的な妹」ですよ!!
「テイルズオブデスティニー」のリリス・エルロン、「はなまる幼稚園」の土田さつき、「夜明け前より瑠璃色な」の朝霧麻衣と並ぶ、最高級の妹キャラ登場っすね!もう妹キャラ四天王結成ですよ(爆)
何気に出番も多いし、これから楽しみですw

そういや、表紙に出ておきながら最後にちょっとだけしか出てこなかった日本製の新型AS、名前決まってないんですねw どうしようかな、応募してみようかなw
これが達哉のASになるのかな?私の好きな青色を使ってるので、どんな性能かちょっと気になるんですけどw

ASといえば、本編では敵ASだったシャドウが今回は主役機になってますね。意外です。まぁそれもアリかなw
とりあえず、PSのダイダラがイイですねwww 是非ROBOT魂で出して欲しいですwww M9はコンセプト通り「残念なM9」になってるので、別に要らないですけど(爆) なんだよアレ、格好悪すぎだろw ”本物の”M9に乗ってたマオが怒るのも分かるわw

本編は完結するまですっごい時間かかったけど、アナザーはちゃんと定期的に出していってほしいですね。
本編のアニメ版が終了してないので、アニメ化は無理でしょうけどw

コメント

「フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?」

2011年08月23日 20時07分40秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20110823

フルメタ本編が完結してから1年。短編集も完結を迎えました。あとがきによると、もう1つの短編集”サイドアームズ”は続くようですが。
シリアスメインの短編集”サイドアームズ”は本編並に好きなので、続いてくれるのは嬉しいですね。ギャグメインの短編集はボン太くんが出てくるので捨てがたいのですけどw

今巻は8年前にドラマガに掲載されたもの3本と、昨年掲載されたもの1本と、書き下ろし1本が収録されています。
ってか、8年前って・・・その間ずっと短編集出なかったんだねΣ(゜д゜|||) まぁあの本編の内容だと時系列的に難しいね。本編終了後のエピソードならいけそうだけど・・・陣代高校の主要メンバーは宗介&かなめ以外は卒業しちゃってるしなぁ。
まぁいいや(いいのか)。

与太者のルール
前後編の2話構成になっています。所謂サバイバルゲームで、宗介1人vsかなめ率いるサバゲー同好会の勝負が描かれています。
ルール無用なら宗介の圧勝なんだろうけど、色々制約があったせいか、なかなか良い勝負できたのでは・・・んなわけなくw 勝負こそかなめ達の勝利でしたが、実質は宗介の圧勝でしたね。
宗介がかなめに銃を使うこととは何かを教えるためのイベントだったとそういうことだと思います。ただまぁ・・・かなめの指導方法が宗介に似ていたような気がするんですが、気のせいですかねwww
ぁ、あの店員の北野さんが可愛かったと思いますw 眼鏡さえなければ最高だったんですが(爆)

ご近所のサーベイヤー
かなめのマンションのごみ収集所の清掃員をしているおばさんのお話。
そのおばさんの態度にムカついていたかなめは、ある日マンションに泥棒が入り、清掃のおばさんが疑われていることを知る。ムカつくものの、普段のおばさんからすればそんなことをするはずがないと思ったかなめは真犯人は他にいると考えるが・・・。
おばさん格好良いですねw どんなに疑われても自分の信念を曲げない。あとちゃんと人を見る目があるようですし。結局、宗介の持っていったDVDによって犯人は捕まったんでしょうかね?

つぶらなテルモピュライ
ボン太くんファン待望のエピソードwww 300人のボン太くんvsガラの悪いインディーズバンドのファン30000人の戦いですwwwwww まぁ最後は宗介らしいやり方でボン太くんチームが勝ちましたけどw
それにしても、ふもふもばかりでしたね、会話がwww ってか、かなめって実はボン太くんの言葉が分かるんじゃないの?w
ふもっふアニメ第2期やらんかなぁw

テッサの墓参り
本編最終回、メリダ島での最終決戦から3ヶ月後の後日談です。テッサが主役ですが、アルもメインに入っています。メリッサは妊娠したんですねぇ~。
かつてテッサの兄レナードが作り出した世界最小のAS<アストラル>の体を手に入れたアルを護衛にして、テッサがアルの開発者バニ・モラウタの墓参りをするお話です。テッサとアルの会話って結構珍しいと思いますが、なかなか良いコンビになりそうw
テッサはちょっと大人になりましたねぇ~・・・胸も大きくなったみたいです(*´Д`*) やっぱ彼女が1番好きだわぁ~。その旅の途中に出会ったロニーがテッサの胸の感触を味わってた・・・羨ましい・・・(爆)
なんかコレを読んでようやくフルメタ本編が完結したような気がしました。テッサ好きな私としては、もっとテッサを見たい気がしますが・・・。

さて、短編集はコレで終了ですが、宗介たちの戦いから十数年後の世界を描いた「アナザー」という新しい物語が既に展開されています。宗介たちの出番はあるのか楽しみですね。
今回の墓参りの中でテッサがやろうと思ったこと・・・アナザーに深く関わってきそうですね。三十路のテッサと考えると・・・なんか見たいような・・・見たくないようなw

コメント

「彼岸花の咲く夜に」 第一夜

2011年08月22日 19時57分48秒 | 一般ゲーム

「ひぐらしのなく頃に」や「うみねこのなく頃に」でおなじみ、07thExpansionの最新作です!

20110822_01

特典はこんな感じでした。

20110822_02

ひぐらしが寒村を舞台にしたホラーサスペンス、うみねこが孤島を舞台にしたミステリー(ある意味ファンタジー)でしたが、今作は学校を舞台にした怪談モノです。なんか既に本で出てるっぽいですけど、私はゲーム版が初見になります。

メインは学校に住まう妖怪ですが、テーマは学校では1番解決が難しいと思われる「いじめ」についてですね。様々な形のイジメを見ることになるので、少し鬱になるかもしれませんが、色々考えさせられるものはあるのではないでしょうか?やや残虐な表現はあるけど、道徳の教材にしてもいいんじゃない?w

今回は第一夜ということで第7話まで収録。

第1話「めそめそさん」
学校の怪談に8つ目が出来るお話です。コレを起点として、物語が展開していきます。
クラスメイトにいじめられていた少女・森谷毬枝は、担任の金森義仁にイジメから守る代わりに自分の言うことを聞くように強要される。それが犯罪行為だと自覚していた金森は、自分のやっていることがバレないよう自分のコントロールが利くうちに、毬枝を殺してしまおうと考える。
一方、毬枝も周りに相談することも出来ず、自殺まで考えるが、そんなとき不思議な少女・彼岸花と出会って、自分が学校の怪談の8つ目「めそめそさん」になれる資格があるということを告げられる。
新しく出来た怪談「めそめそさん」を巡って、毬枝と金森がいつもの旧校舎の女子トイレで駆け引きをするが・・・。
相変わらず話の構成が上手かったですね。女子トイレに現れる「めそめそさん」のルールである”話しかけてはいけない”と”扉をあけてはいけない”がさりげなく説明されているせいか、読んでるうちにうっかりそのことを忘れてしまいましたw なのでラストの毬枝vs金森のところで、あれ?金森が勝ったの?と思ってしまったよw

第2話「心霊写真機」
理科準備室にあった人体模型を倒した女子生徒に濡れ衣を着せられ、先生に怒られてしまった少年・野々宮武。そのとき証拠を見せることが出来なかったため、同じことが起こらないよう常にカメラを持ち歩くようになる。
当初はある種の復讐心からカメラを持ち歩いていたものの、次第に撮影そのものに興味が移り、自分の趣味が活かせる新聞部に入部した彼は、部室で古いインスタントカメラを見つける。そのとき部員から「クラスの集合写真を撮ると心霊写真が撮れるカメラがある」という話を聞き、ためしに自分のクラスの集合写真を撮ってみたところ、見覚えのない女生徒の顔が映っていた。
それを心霊写真とは思いたくなかった武はその女生徒が誰かを突き止めるため調査を開始する。そして、調査を続けていくうちに彼はとんでもない真実を知ることになる・・・。
最初は毬枝についての後日談なのかと思ったのだけど、最後に大どんでん返しがありましたね。彼にも秘密があったとは・・・。改めて読み返してみると、冒頭部分に伏線がきっちりありましたねw あんなさりげないところにあるとはw
バトルシーンなんかはモロ「うみねこのなく頃に」の魔女対決そのままですねw あと、彼岸花はベルンカステル・・・天邪鬼って点ではベアトリーチェが近いか?、毬枝は立ち位置的に戦人か縁寿っぽい感じがしますねw

第3話「お姫様の嘘」
演劇部に所属していて、クラスメイトから「姫」と呼ばれている少女みどりと、かつて、みどりのように「姫」と呼ばれていたけど今はイジめられている少女のぞみを巡るお話です。
簡単な叙述トリックといいますか、全てのシーンで、みどりとのぞみを入れ替えれば、現実に起こっていることが分かりますね。なんだか最後は救いのない話になってましたなぁ。
学校妖怪、影の第2位”紅茶紳士”には毬枝は勝つことは出来ませんでしたが(みどりを救えなかった)、彼岸花でも勝てないのかな?

第4話「鎮守神さまの祠」
祠にボールをぶつけてしまった女の子グループ。その中の1人が落ちてきた椅子にぶつかり入院してしまう。
それを祠の霊の祟りだと思った女の子グループの1人が霊感の強い少女・桜田みちるに祟りを鎮める方法を教えてもらうが・・・。
これまたホラーというよりミステリーな感じですね。祟りは霊によるものではなく実は人間の手によるものだった!!ていう。
ってか、あの祠の主って・・・うみねこに出てきた、さくたろーですよね?www

第5話「ハルメンのカスタネット」
クラスでいじめられていた少年ひかるがハメルンと名乗る妖怪の力を借りてクラスメイトに復讐するお話です。今回の怪談の元ネタはハーメルンの笛吹きですか?
一言で言うなら「因果応報」ですかね。イジメられることになった原因が自分自身にあるにも関わらずそれを認めず責任転嫁、全て自分が正しいと思ってる人に起こりやすい間違いですね。
まぁしかし・・・彼岸花って強いんですね。本当に口が動くだけでハメルンを倒してるし。つか、相変わらず殺人描写が生々しい・・・読んでて自分の身体が痛くなってきましたwww

第6話「とある少女の一日」
第2話の解答編。第2話に出てきたとある少女のお話です。最初は名前が出てこないので、ただの明るい少女ですが、後半になって名前が判明します。それと同時に第2話の主人公だった武も出てくるのでそこで一気に一本の線に繋がります。
あの時ああしていればあんなことにならなかったのにな、っていうIFの物語。だから最後は切なかったですね。まぁクリア後に見られる資料室を見る限りでは、哀しい結末にはならなかったようですけど。寧ろ彼岸花によって救われたみたいですね。

第7話「ユートピア」
母親を亡くしたことがキッカケでいじめれるようになった少女・榊由香里。彼岸花の次のターゲットは彼女だと考えた毬枝は、由香里を救おうとする。その過程で、毬枝は由香里のクラスのイジメが異常であることに気付き、イジメっ子について調査する。
このエピソードは学校の陰湿な一面をただひたすらに見せ付けられ、やや鬱になりますね。イジメのないユートピアを作り出すことはできるのか由香里の葛藤が描かれています。最後は彼岸花の気まぐれによって、あっさり解決してしまいますが。ただし、由香里を除くクラスメイト全員の死というオマケ付ですが。
でも、このことをキッカケに由香里はイジメと戦うことを決意し、新しく編入したクラスでは女子の間で人気者になったようです。ひとまず目出度し・・・って41人の死と引き換えですけどね。

今回の作品は、「うみねこのなく頃に」と違って、難しく考える必要もないので、読んでいて楽でしたw うみねこよりはこっちの世界観の方が好きかなぁ。まぁ、ひぐらしが1番好きですけどねw
ただ、うみねこ以上に難しく、それでいて1番身近な問題(いじめ)を提示しているので、竜騎士07氏がどんな結論を導くのか今後が楽しみです。

コメント