させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

ユタカナジンセイ

2010-05-31 08:45:34 | 日々のこと

イージーライダーで有名な 

ハリウッドの名優 デニス・ホッパー氏の

訃報が 届きましたね

スクリーンの中のような 壮絶な人生だったそうな

ニュースで 彼が ハリウッドの殿堂入りを

果たした時の インタビューが紹介されていました

「何でもない私の人生を 豊かにしてくれた

愛する人たちに 感謝します」と

華やかとか 贅沢とか そういうことではなく

ココロに 鮮やかに染み入る 

深く刻み込まれる

良質の出逢いが あれば 

同じ年月であっても

豊かなモノとして 記憶に残されるか

乏しいモノとして 褪せていくか

道は分かれて行くのでしょう

通勤途中にある お寺には

こんなコトバが 記されていました

「死んでいくコトが 情けないわけじゃない

むなしく人生を 終わらせていくコトが

やるせないんだ」と

日々を 全力疾走とはいかないけれど

日々を 豊かなモノにしてくれる 

スイッチや アンテナは

たとえ 暗闇の中でも 

いつも手探りしていたいなぁと思います

 

コメント

アオイツキノキオク

2010-05-29 19:57:47 | 日々のこと

5月最後の週末

よしだ屋は早朝からにぎやかでした

そんな空気感とは 少し

違和感が あったのだけれど

BGMは 大好きなスタンダードナンバー

「ムーンライトセレナーデ」でした

この曲が流れると

ふいに 時間が 巻き戻ります

そうあれは 青い月の記憶

小さくボリュームを絞った

カーステレオから流れるこの曲と

高い高い夜空に浮かんだ初秋の月

青い炎みたいな静かに燃ゆる月

そんな一コマが 色鮮やかに

目の前に広がります

忘れられない記憶

戻れない時間

月が青く見える夜は 願いが一つ叶うとか

願いは 叶ったのだろうか

今までに見てきた 夢のうち

どれくらいを 叶えるコトが出来たのだろうか

そんなコトを ぼんやり考えていたら

はいはい 仕事なさいなと

云われてるかのように

BGMは いつのまにやらビーチボーイズ

「サーフィンUSA」か・・

夢を叶えるのも 

現実の波を うまく乗り越えるのも 

自分の腕次第 ココロモチ次第

月の記憶や 

巡りくる「ツキ」を味方につけて

 

コメント

アジナハナシ

2010-05-28 19:38:25 | お知らせ

このところ 乙女ブログやら

ノスタルジックブログに脱線していたので

ちょいと本職に戻ろうと思います

いよいよ明日から!(週末だけれど・・)

よしだ屋味の祭典!鯵祭り!スタート!

と、張り切ってみましたが

今朝 厨房に入ると なにやら

たくさんの 熱視線が・・・

えっ!?アタシ 遅咲きのモテ期!?と

思いきや そこには つぶらな瞳の

ピッチピチ 活きのいい鯵!鯵!鯵!

今朝 相浦にある魚市場より直送されてきたそうな・・

しかも 届けてくださったのは 

よしだ屋看板娘Oちゃんが 小さい頃

お母さんに手をひかれ 毎日のように

買い物に行っていた 大宮市場にある

鮮魚店さんだとか・・・ 

目利きのご主人のイチオシだけあって

鮮度 身のしまり方などなど抜群でした!(うらやましい)

一つ一つ モリモリ食べてくださるであろう

お客様を 思い浮かべて 張り切って おろしてみました

刺身でも美味しいであろう プリプリ鯵を

よしだ屋では 人気メニューの 

アジフライ定食(650円)で

ご提供させていただきます

ぜひ お試しくださいね~

定番ながら 大人気の開き鯵定食(620円)も おススメです

こちらは 東浜の一風干しを ご賞味くださいね

地産地消・・最高の贅沢ですよねっ

明日も みなさまのご来店を 心よりお待ちしています

 

 

 

コメント

ムショウニ

2010-05-28 04:18:48 | 日々のこと

無性に 逢いたくなるヒトがいる

無性に 食べたくなるモノがある

無性に 聴きたくなるウタがある

それらはいつも 

叶う訳じゃないけれど

いつも ココロの中にあって

ふと淋しくなったり

小腹がグゥとなったり

ホゥとする時間が生まれた時に

マッチ売りの少女の

淡い灯し火のように

つかの間 豊かなキモチにしてくれる

イイ意味で 現実逃避をしていかないと

現実を うまくやりこなせないから

いつもココロに

ムショウニリスト

コメント

ホタル

2010-05-27 08:23:16 | 日々のこと

おはようございます

ヒンヤリとした朝ですね

こんな朝には 山を一つ越えた

町を流れる 清き川を 思い浮かべます

雨の季節の気配を そこいらに漂わせ

空気までもが 川面のように

透き通っている町

もうすぐ そこには 螢たちが

柔らかで力強い 光と 存在感を 放つ頃です

父が他界した年ぐらいから 母がポツンと

淋しくないか 気懸かりで

その町の 螢や藤の花を口実に

一緒に ドライブがてら見に行っていました

暗闇の中の 仄かな灯りを 見落とさないように

スゥッと 螢が逃げてしまわぬように

小声で 父の想い出話や

遠く離れた 母の故郷の話などしていたっけ

数年は そんなひとときを楽しみにしていたけれど

「いま」を生きていくモノとして

お互いに 忙しく

それぞれの日常に追われ

いつのまにやら その時間までもが

想い出化してしまいました

母は こんな朝には

何を 思い浮かべるんだろう

あの時間を 憶えていてくれるだろうか

今年は 久しぶりに螢を見に行こうかな

無数の光が帰る場所

無数の想いが還る場所へ

コメント

オヤゴコロ

2010-05-23 22:14:36 | 日々のこと

雨の休日

一日中 本読んで過ごしてました

な~んてカッコイイ台詞ですが

内容は 息子の イチオシ漫画「ジャイアントキリング」に

娘の 乙女バイブル 「Seventeen」!

なぬなぬ サッカー魂に ゆるカワファッション・・

世代が違うからこその 感動や感嘆

子供たちが 今何を 考え 求め 

何に 躓いているのか

なかなか 腹を割ってとか 

改まってとか

話って できないもので 

そんな時 彼らが 欲している情報や

ハマっている読み物が 

ヒントをくれる

家族だから 親子だからと

全てを 把握 支配しようとは 思わない

し、 出来ることではない

ただ 気配とか 視線とかは

いつも 感じてほしいし

ワタシも 意識しなければいけないと思う

立派とか 偉大なとか 

キラキラした冠は いらない

ただ 思わぬ雨や日差しを 凌ぐ

自分に合った帽子を 持った大人になってほしい

楽しいコトと 大変なコトが

人生には 交互にやってくるコト

頑張ったヒトにしか ご褒美タイムはこないコト

気負わず 背負わず 自分に負けず

一年一年 らしい速さで いつの間にやら

大人に なっていてほしい

あっさり 超えていってほしい

コメント

ハルヲアイスルヒト

2010-05-19 08:33:09 | 日々のこと

おはようございます

雨の水曜日 街には傘の花が咲きますね

最近 大人のレインブーツも カラフルですよね

花柄 ストライプ ドット柄

昔から欲しいなぁと思っているのは

エ―グルのカ―キ色ですが・・

今日は 5.19 コークの日

スカッと 爽やか コカコーラ

よしだ屋には 瓶コーラ(160円)ご用意しています

食後に ホントは 一杯の珈琲を・・と

云いたいところですが

この街には ステキな喫茶店、カフェ

そして 素晴らしいスペシャリスト達が 

イイ仕事 していらっしゃいます

ぜひそちらで 堪能してくださいな

そして 今日は ワタシの

大切な心友の 誕生日でもあります

彼女もですが 周囲の大切なヒトには

春に 生を受けたヒトが 多い気がします

草花が芽吹き 心地よい風が

淡い色のベールを この街にフワッとかける

そんな季節に生まれた 

そんな季節を愛するヒトたちは

穏やかで やわらかで 繊細だなぁと思う

人間が出来ていると 尊敬するけれど

その奥にある 努力とか 葛藤とか

もがきとか 泥臭さは 

他人に 見せるコトじゃないんだと

自身に言い聞かせる 「強さ」 故のものだと思う 

感情の水瓶の容量は 生きてきた時間そのもの

そこから溢れるモノを 土に還すか

無意味にするかで その後の生き方も変わっていく

花の色に季節を教えてもらうように

大切なヒトの生き方から 自身の方向性も学ぶ

崇高な神にも 偉大な宗教家にもなれやしないけれど

最高の気分転換が ワタシの仕事だと思う

出逢ってくれて ありがとう

 

 

コメント

コトバトハ

2010-05-18 09:27:09 | 日々のこと

雨の匂いが 部屋の中にまで

気配を 強くさせています

木々が騒めき 雲が厚く晴天を覆う様は

これから起こるであろう

憂鬱な物語を 縁取っているかのよう

雨を恵みと感じるか もの哀しいものと

とるかは その時の ココロの置きどころ

今日は 5.18 コトバの日

語呂合わせをすれば 毎日が記念日になるんですね

最近 コトバの重みや 意味を実感します

以前は 流せたコトバが 

いつまでも ココロに 居座ったり

誰かが 何気なく 云ってくれたコトバが

感涙のスイッチになったり・・

コトバではなく もっと奥の 先の

本質を 見極められるヒトになりたいと思う

誰かに対しても 自分自身においても

コメント

ソウショクケイツブヤキ

2010-05-16 08:28:22 | 日々のこと

昨夜は 二十年来の友人と

久しぶりに 週末の夜を 満喫してきました

まずは よしだ屋のご近所さんであり

常連さんでもある Cafe.5さんへ

自家製サングリアに ゴルゴンゾーラのピッツァ

メキシカンアボカドサラダどれも絶品!

開け放った赤い扉から 店内に流れこむ 五月の夜風

BGMの 心地いい響きの ノラ・ジョーンズ

いつもの 見慣れた港町なのに

異国にいるかのような 錯覚を覚えました

ガールズトークを 満喫した後は

これまた 常連さんでらっしゃる「噂」の「久美子と・・・」へ

何でも この胸キュンな屋号 故に

フジテレビで 紹介されたそうですね

後日 ワタシの大好きな ビビる大木サンが

取材に訪れるそうな、行くべしっミーハー魂!

そこでは 卒業以来逢っていなかった友人とも

ばったり再会し プチ同窓会となりました

〆のラーメン店は まるでヒューマンスクランブル

2つ離れた席に 草食系男子二人組

(A)あ~なんでさ お前は18才の頃から

  彼女の絶えずにおるとけ オイはおらんとや~

(B)あ~そうねぇ

(A)おい 25才には 結婚して 落ち着きたいっちゃんねぇ

でもあと一年で どうせろって云うとや~ハァ~

(B)あ~なんでやろうねぇ

まずは チャーシュー麺でも 食べればいいのになぁと

ココロでエールを送る

男子たるモノ 肉食系であれ!とは思わないけれど

守らなきゃいけないモノを 守れる

底力は 蓄えていてほしいですよね

命短し恋せよ男子!

コメント

コボレダネ

2010-05-16 07:51:59 | 日々のこと

おはようございます

今日も快晴!

朝イチから 洗濯機は フル稼働です

今朝の散歩道 いつものコース

砂利敷きの駐車場に 

小さな小さなポピーが一輪

健気に 可憐に 咲いていました

子供の頃 よく駄菓子屋さんで 買っていた

紙石鹸を 思い起こさせる 

淡いオレンジの 花びら

庭先には 植えた記憶がない

紫陽花が いつのまにか

葉を繁らせ 無数の小さな花芽を

ブーケみたいに 寄り添わせています

こぼれ種は 場所を選べない

時には 気づかれないまま

朽ちていく哀しさが つきまとうけれど

ふいに 誰かの元気の素に なったりもする

自身が持っている タフさ 向上心を

信じて ありのままに 生きていきたいな

同じ花は 二度は 咲かないのだから

コメント