させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

よりより

2013-04-30 22:24:42 | 日々のこと
連日

食べモノシリーズ

みたいに

なってますが


日々

美味しいモノに

囲まれて

シアワセです(笑)


「よりより」

大好きな中華菓子


知ってか偶然か

大好きなトモダチが

手作りして

「やぁ!」と

訪ねてくれました


一瞬緊張する硬さ

仄かな甘さ

軽快なリズム感で

ポロポロポロリ

崩れていく

溶けていく


きっちり

タッグを組んで

なんだか

意志すら感じます


キミとも

よりより


固い絆で

結びあって

いきたいよ


うん

ずっと

ね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャロットケーキ

2013-04-29 20:15:38 | 日々のこと
ずっと

食べたかった

キャロットケーキ


しっとり甘く

やさしく溶ける


ワタシたちを包む

幸福の時間

みたいだ


時として

少しだけ

苦手なモノや

面倒なコトも

取り込むコトで

自分なりの

楽しみに変えてみよう

きっと

生きるヒントや

スパイスになる

はずだから


ただ甘いだけじゃ

終わらない

思わぬ深みに

ハマッていく


ワタシも


キミも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春を感じたくて

2013-04-28 10:59:37 | 日々のこと
春を感じたくて

街角を

少しだけ

歩いてみた


木洩れ陽

鮮やかな色彩の装い

薫る風


あぁ

気持ちいいなぁ


ふと

小さな公園から

シャボン玉が

フワリ


小さな女の子が

酒井駒子さんの

絵本のように

よちよち

追いかけている


微笑み見守る

おかあさん

二人を

今を

やきつけようと

夢中で

シャッターを切る

おとうさん


なんとも

微笑ましく

なんとも

あたたかな光景

でした


春も

シアワセも

シャボン玉みたいに

儚く

あっという間に

消え去りそう

だけれど


あきらめずに

嘆かずに


握りしめて

壊してしまわない

ように


見守る

見送る


抗わず

感謝しながら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆれているゆれている

2013-04-27 20:46:46 | 日々のこと
あっという間に

色づくボクら


みんな同じように

見えるけれど

たった

ふたりぼっち

繋がっている

ボクら


思わぬ風が

ボクらを

揺らす


キミが

揺れると

ボクにも

伝わる


大丈夫だよって

いつも

安心させたいのに

ゴメンね


こんなに

たくさんの

甘い果実の中で

ボクらは

廻り合い

結ばれている


けっして

ヒトツの実には

なれずとも


すぐ傍で


いちばん近くで


笑っていよう

揺れていよう


朽ちるまで


土へ還るまで
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バードモナミGW の営業日のご案内& 「てげのいち」イベントのお知らせ

2013-04-26 22:51:49 | 日々のこと
玄関先の

桜の木の

さくらんぼが

少しずつ

少しずつ

色づき始めています


羽根を休める

小鳥たちと

分け合い

頬張る日が

待ち遠しいです


さて

いよいよ

GWに突入ですね


バードモナミの

店休日のご案内です

GWも

通常通り

日、月曜日を
(4/28・29、5/5・6)

お休みさせていただきます

よろしくお願いいたします


それから

GWのイベントの

お知らせです

佐世保の

ホッとステーション(パクり!)

喫茶店

てげてげ

にて

今週末28(日)に

「てげのいち」が

開催されます


参加アーティスト・・

あいちゃんのお弁当

井手蒟蒻店

emina’s bakery

oharido(革製品)

坂田焼菓子店

ひいらぎのはね(雑貨、手仕事モノ)

てげてげ(take out珈琲)


場所)比良町 てげてげ

時間)11~16時


ワタシも

微力ながら

1日イベントスタッフ

として

参加させて

いただきます!


お天気になるコトを

祈るばかりです
(てげてげオーナーは
晴れオンナらしい・・)


ぜひ

みなさま

遊びに来てくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キミノソラ

2013-04-25 08:54:33 | 日々のこと
とても

美しき

昊を

仰ぎ見る


この昊を

描き残したい

そう想った時

どの蒼を

選ぼうか


今日と明日では

違う蒼を

選ぶのかも

しれない


こんな晴れた日には

ピーコックブルー


少し伏し目がちな日には

セルリアンブルーを


でも

うちひしがれる

夕暮れには

ルビーレッドで

塗りつぶしても

きっと

いいんだよね


キミの昊は

キミのモノ


見上げたいと

記憶に残したいと

深く望んだ

キミのモノ


そんな色じゃないよ


そう云われても

惑わずに


ボクの知らない

色を

キミは知っている


ボクには見えない

奇蹟を

キミはきっと

遺す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

余白と余韻

2013-04-24 08:41:48 | 日々のこと
キミは

瞬きも

出来ぬほど

ため息など

つかせる間もなく

ボクを

夢中にさせる


何が大切か

何が必要か

反芻する

余裕など

持ち合わせぬまま

傍らに居ると

時は

足早に

過ぎる


共に生きる


それは

心地いい

苦しさを

与えてくれる


清き水を

泳ぐように

吐き出す息

吸い込む息で

こうして

游ぎ方を

学ぶんだ


キミと出逢い


ヒトリもフタリも

シアワセだなぁと

思えるんだ


残り香が

記憶の鼻先を

掠めたような


余韻の時も


余白の時も
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お洒落は足元から

2013-04-23 08:54:12 | 日々のこと
この写真

可愛いでしょう?

バードモナミ

スタッフの

Mちゃん御用達

ファンシー五本指!

他にも

ドラえもんやら

所有しているそう


お洒落は足元から


そう云われますね

最近

ペディキュアも

塗りっぱなしだし

踵もカチコチ

してる気が・・

靴もどうだろう

ガシガシ履きっぱなしで

手入れしてないわぁ

罪滅ぼしみたいに

玄関に

ピシリと

並べてはいるけれど


もうすぐ

ワタシの

最年少オトコトモダチくんが

靴に関する起業を

する予定だし
(詳細は後日!)

もっと

足元にも

目をかけ

手をかけ

しなくちゃね


オンナ道

四十路からは

下り坂

一歩一歩

踏みしめて

立ち止まる

ゆとりを

持てたのなら

きっと

眼下に拡がる

絶景を

眺められる

コトでしょう


慌てたり

なんにも

気にも留めなければ

まさに

坂道を

転がり落ちて

いくのでしょう


慎重に

丁寧に


一歩

また

一歩


あぁ

傍らで

キミが

手など

ひいていて

くれたのなら


あぁ

シアワセね


きっと

軽やかに

ステップなんか

踏むかもね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナンニモシナイ

2013-04-22 11:32:54 | 日々のこと
ワタシの

だいすきな

平日の休日


午後には

ちょっとした

予定もあるけれど

今朝は

風変わりな夢を見て

寝汗をかいたまま

早々に

目が醒めたので

なかなか

なんにも

やる気がしない


トモダチから

借りたままの

読みかけの小説

いつでも

うとうと

微睡んでも

いいように

少しだらしないけれど

布団に

横たわったままだ


少し開けた窓からは

鳥の囀りが

聴こえる


家の前の道路を

配達のトラックが

行き交う音がする


なんとはなし

誰かに

申し訳ない気もする

けれど

傍らに

丸まって

安心したように

すやすや眠る

ワンコを

眺めていると

これでいいような

気もしてきたな


なんにもしない


それはきっと

ずっとは

続かない


でも

つかの間

とどまることで

こうして

止まり木みたいに

在れるのならば


なんにもしない


それもまた

なにかを

生み出す時間

なのかも

しれないね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩き続ける

2013-04-21 07:05:28 | 日々のこと
なにかを

始める時

きっかけは

なんであれ

それは

きっと

必然なのだろう


なにかを

続ける時

それは

まるで

試されている

かのように

思わぬ

障害や

逆風に

見舞われる

コトだろう


成り行きで

一歩を踏み出しても

惰性でヒトは

歩き続けられない


意思を持って

意志を貫いて


ワタシのボスを

傍観して

気付いたコト


愉しいコトを

楽しむだけじゃ

続けられやしない


躔足のように

自分に枠を

定めてしまったら

成長など

出来やしない


「変わらずに

在り続けるには

新しいコトを

取り入れる

柔軟さを

持ち合わせなければ」


保守的にではなく

邁進的に

守り続ける

ボスの姿勢

多少なりと

身に付く日が

来るだろうか

伴走者

いや

後続グループの

ワタシにも


師愛する

ボスの

仕事とはまた

少し違う一面が

本日まで

島瀬博物館

美術センターにて

行われている

書展「澄彩会 佐世保展」にて

垣間見れます
(10~18時)

名は体を表す

筆跡は生きざまを

表すのでしょうか


ぜひ

拝見したいと

思っています


今日に至るヒストリーを

そして

学びの姿勢を


歩き続けると

いうコトを


コメント
この記事をはてなブックマークに追加