させぼ moonlight serenade

たとえ泡沫でも
ここへ のこして
いきましょう
大切なヒトへの
想いと 今を
そう
夜想曲の奏でのように

前略 道の上より

2018-03-31 23:26:34 | 日々のこと




愉しかった

三月





そして

2017年度



終わって

いきます



長男



結婚



始まり



長女



就職




次男



進学






目紛しい

変化の年

でした



ワタシ自身



おばあちゃん。



なったり(笑)




転職したり




まさに

節目の年



なりました



大変だったけれど

それだけ

たくさん



関わり



繋がり



生かされているコト



実感出来ましたし



それと

同時に

頑張って

ヒトツヒトツ

クリアした

先には

ご褒美みたいな

時間



両手を広げていてくれて



よく頑張ったね



背中をトントン

撫ぜてもらえているような

安堵感に

その都度

包まれた気がします




きっと

いままでも

如何に

シアワセでいようか



日々

想い巡らしていた

とは

想いますが

この一年は

ほんとうに

その

集大成だった

ように

想えます



多くを望まぬ分だけ

シアワセ



濃度



増し



その分

充実感



色濃くなる



大切なモノ



自身



見つけ



守ろう



決めた

その日から



じゃあ

何をするべきか



何をしないべきか



合わせて

見通せるように

なった気もします




時には

迷い



自信喪失するコト



あるけれど

そんな

自身も

愛していきたいなぁ



想うのです





ただ

春を待ち




ただ

奇跡を信じる

だけならば



こんなに

美しい風景

にも

出逢えなかった




こんなにも

ココロから笑える

自身に

出逢えなかった






明日から



また




変わらぬモノ



変えていきたいコト



明確に

胸に

抱きつつ

健やかなる一年



目標



一歩

一歩

踏み出そう



想います




誰かに

伝えるんじゃなくて

自身の中で

噛みしめるよな

とっておきの

シアワセ



日々

紡いで

いこう





明日



ワタシ






いつも



愉しみ



いられます

ように









ただ 春を 待つ 〜スピッツ〜




遠い明日につながってる心

こらえ切れず

飛び起きるほどの

一度だけで終わるかもしれぬ

網をくぐり幼な子に戻る



ただ春を待つのは哀しくも楽しく

強がりで ワガママなあなたにも届いたなら

居場所求めさまよった生き物

足を踏まれ ビル風に流され



ただ春を待つのは哀しくも楽しく

見え隠れ夢の夢

あなたにも届いたなら

雪溶けの上で

黄色い鈴の音が

密やかに響く
コメント

ジグザグも 歩き進めば なだらかなりけり〜赤崎岳〜

2018-03-30 07:26:25 | 日々のこと


幼少期



お正月



なると

其の山には

ジグザグ



イルミネーション



まるで

巨大なクリスマスツリー

みたいに

点灯され

ワタシが

住んでいる

少し離れた町

からも

ハッキリと

見えて

ワクワクしていたのを

憶えている



なんとなく

神さまからの

お年玉のよな

ハッピーな気分



なっていたものだった



先日

山歩きの話に

なって

其れが

赤崎岳



登山道

だった



聴いて



居ても立っても居られず

早速

登ってきました



下見



したら

残念ながら

登山口には

駐車場は

なかったので





此方



停めさせて

もらいました


助かりました!



緩やかな

歩道



春の花々など

愛でながら

下り






右手に

赤崎バス停






左手に

案内板






愛宕神社



鳥居



くぐり抜けて


いざ!





御神殿に

登山の無事



大切な方々



心身の健やかさ



祈る






振り返ると

右手に

登山口



表示






民家



脇道から

徐々に

山道へ








此れが

憧れていた

あの光の道





見上げると

桜並木



美しく













すっかり

足に

馴染んでくれた

相棒



red shoes


ん?

太もも



逞しくなってや

しないか⁈
(笑)






山頂



向かう前



眺望の良い

ビューポイント



二箇所

東西



設けられているみたい






一箇所目

は・・






わー!!


港街SASEBO





でした


烏帽子岳

隠居岳



望めますね〜






さて

次なる

ビューポイント







いきなり

今来た道へ

戻れと

云わんばかりに

逆方向から

登って来た方への

表示も

すぐ

現れますが

惑わされるコトなく





御神体と

思われる

巨岩に

一礼し





二箇所目



展望所








雌愛宕山
(この赤崎岳が雄愛宕山ですね)







船越



九十九島



堪能できましたよ






さて

行きますか










インディージョーンズ



気分



立ちはだかる

巨岩群



潜り抜け




広場



出ると











ご褒美のような

〜幸せのトントン石〜




現状維持で。



謙虚に

呟きながら



トントン

トントン

トントン

トントン・・







アンティークのホーロー

みたいな

趣ある

水色の鳥居



上ると










山頂



到着!






恒例の記念撮影



今日



普段着

プラス

ウィンドブレーカー



ちょうど良い

気候

でした






幽玄なる





眺めて




五時の合図



共に

さぁ

下山です






長く伸びた影



キミ



重ねて

ココロ強くなる







そろそろ

sea kayak



シーズン到来です!


体力つけなきゃ〜







あっという間



下山



さっきまで

彼処



居たんだよね〜



他人事のように

見上げて





もう

次の季節を

予感させる

枇杷ベイビー

にも

遭遇







帰り着いた

駐車場

には

大好きな

飛行機雲



また

旅にも

出たいなぁ〜

なんて

ひそかなる

野望




でも

やっぱり

この街が

好きだなぁ



山も

海も

ヒトも

優しく

見守ってくれる

この場所






ジグザグ道



歩いてみれば

なだらかな道



想え



ヒトリの時間



過ごしてみれば

自身



見つめる

大切な時間



想える




そんな

気付き



今日



ありがとう






誰とは

なしに




何とは

なしに
コメント

コントラスト

2018-03-29 07:40:17 | 日々のこと



不安











見上げる

クセ



いつしか



あの空



無限

とは

比べよう



ない



なんと

ちっぽけ



不安



此れ

如何に




なんの

これしき




やり過ごす






舞い上がり

駆け出しそう







足許



見つめる



地に足



ついているか



か弱き花



踏み躙って



いないか



シアワセ



奪い合うモノ

ではなく



自身







構築するモノ

なりけり





然り



立つモノ














背景

には

青空





そして

時には

曇天





それは

際立たせるため

でも

引き摺り下ろすため

でも

なく




ただ



コントラスト



過ぎず



せめて

祈るのは



儚くも

短くも

逞しき

その

一生



咲き切らせて



貰えぬか





ただ

それだけ




永遠



願う

キモチ





一瞬



咲き切る

覚悟





併せ持つ



ヒト



コントラスト







泳ぐ

生き物








妖艶さ



時に

自身



投影

しながら
コメント

いつもシアワセは遅れてやってくる⁈

2018-03-28 01:00:27 | 日々のこと



昨日



末息子



15歳



誕生日

でした



久しぶり



ガトーショコラ



焼いてみました



晩ごはん







パンパカパーン

とか

云いながら

登場する筈だったのに



つい

コタツに

入ったのが

転落への一歩・・



日付け



またぎ

目醒めると

しぃ〜ん



リビング



静まり返って

おりました




慌てて

クリームを

泡立て





パウダーシュガー



バースデーケーキ仕様へ









点火した

アロマキャンドル



携えて

厳かに

二階の

ムスコの部屋へ



合言葉がわり



ノック三回



・・は、はい?



怪訝な様子



気付かぬふりで



♪ ハッピーバースデー

寝てた〜

ハッピーバースデー

ごめんなさ〜い




差し出す

ケーキ



苦笑い



ムスコ







真夜中



記念撮影



素早く

終えると




もう、いいかな・・

また、明日ね、おやすみ・・






やんわりと

扉を

閉められ

面会時間

終了〜




15歳の夜



そう

間抜けなおっかさん



付き合うため

には

存在して

居ないのでした




優しさ



持ち合わせたまま

順調に

心身共に

成長している様を

日々

垣間見るコト



出来て

一安心しています



ワタシ



カレにとって



きっと

反面教師



部分



方が

多いだろうけれど

これからも

オトナ=愉しい!!



図式



身を以て

体現して

行きたいなぁ



想ってるよ





恋したり

チャレンジしたり

苛立ったり

昇華したり

しながら

たくさん



初めて。



経験出来る一年



なりますように




HAPPY BIRTHDAY MY LITTLE STAR ☆




間抜けなカアサン

より

愛を込めて♡




コメント

ココロ ノ アリカ

2018-03-27 01:03:18 | 日々のこと




うれしきことを思ひて 

ひとりねる夜は

かぎりなきさいはひの波をさまり 

小さくうれしさうなるわれのいとしさよ 

やがてまた 

うれしさを祈りに乗せて 

君がねむれる家におくらむ


ー室生犀星「逢ひて来し夜は」ー







こんなにも

あたたかな

春の日





こんなにも

やわらかな

キモチ





過ごせたコト



あるだろうか



こんなにも

得るコトばかり



日常





こんなにも

感謝溢れる

ココロ





過ごさせてもらえるコト



あぁ

豊かさ








飛び込んで

来るのは

うれしい知らせ





飛び交うのは

人々の

笑い声




飛び越えられたのは

過去の

柵 ーしがらみー



苦しみ



不安



遠ざけるコト

なく

受け容れ

互いに

分け与えて

食べてしまうコト






一人







独り

では

なくなった



さみしさ



寂しさ

ではなく

いとしさ



なった




差し出すモノ



犠牲

ではなく



あたたかな






繫ぎとめるモノ



惰性

ではなく



やわらかな

目差し





捉えて離さない

のは

重圧

ではなく

無重力



ココロ



自由だから

こそ

何処にも

行かない

ココロ




自由だから

こそ

此処に

居るコト



選んだ

ココロ











あなたがおしえてくれた 〜今井美樹〜



戻らない季節の輝きを

過ぎゆく一日の儚さを

はしゃぎ過ぎた夕暮れの寂しさを

あなたがおしえてくれた



眠りまた目覚める喜びを

踊りだしたくなる音楽を

運命さえ飛びこえる驚きを

あなたがおしえてくれた



テーブルの向こう

あなたが笑って

お皿の湯気

宵闇の風

犬が鳴いて



飽きるほど繰り返し

いつかきっと

この景色に嫉妬して

涙を溢すの

ここを去るとき



ぶつかり合うことに疲れたら

黙ってそっと…手をつないで

言葉よりもなぜかずっと伝わること

あなたがおしえてくれた



心破れそうな悲しみを

何にも救えない悔しさを

私というこのよわき人間を

あなたがおしえてくれた



それでも私は心を捨てずに

信じながら 

躓き泣いて 

もがき生きる



窓から見上げた月に願いましょう

どうか、あなたがいつまでも

やさしい夢を

見られるように



形ある今日はすべて消える

風が私を嘲笑っても



ただ愛することでしか

生きられないのだと

あなたがおしえてくれた
コメント

淋しいオンナだね と 云わないで〜福岡・二丈岳登山〜

2018-03-26 08:34:26 | 日々のこと






ムスメ



不在



週末




心友



多忙そう

なので




ちょっと

久しぶり



ソロ登山





行きたい。



行ける。



まだまだ

合致しない

ビギナー




ネットで

入念に

下調べ



・片道

一時間程度


・駐車場が

しっかり確保出来る



・スタート地点



登山ルートの標識



明確


・頂上の眺望が素晴らしい



此れ等が

いまのレベルに

合った

選択条件

かと

想っております




今回は

二丈岳(711.4m)






駐車場に

着くと

いきなりの

春の花々



大歓迎してくれて

思わず

歓声を上げてしまいましたよ








車中で

着替え

いざ

出発!











渓流のせせらぎ



BGM



よく

整備された

登山道



鼻唄まじり



上る























大好きなカラーの花


食虫植物みたいな

色合いは

初めて見たなぁ









ハート型の石

発見!

幸先良いわぁ









巨大化した

薇の仲間

コゴメ(コゴミ)



おひたしや胡麻和えにして

食べると

美味しいそうです
(植物博士な従兄談)



チューバッカの毛並み

みたい(笑)









不動明王



無事を

祈る




まだまだ

先は長そう








ん?

緩やかな道



左手に

伐採中



杉林



急な斜面



テープ



見えるぞ


素人判断



つい

まだ

日も高いし

ステップアップ

にと

ルート変更

したのが

痛恨のミス

でした



登れど

歩めど

杉林の樹海



i phone



無かったら

修正出来なかったかも!







Googleマップ



頼りに

下の

林道へ

下りるコト



出来て

ホッ



ヒトリ



時は

特に

遊びゴコロは

まだまだ

禁物ですね












今一度

気を引き締めて

頂上目指します!













あと少しかなぁ・・





空を近くに感じながら

自身の

息の上がり方に

ビックリ





最近は

少し

運動不足だったかな・・












よし

あと

ひと息







逸る気持ち



つい

駆け上がって

しまいましたよ







到着!




記念に

パチリ













わー

春霞

ながらも

糸島半島



見渡せる

最高の瞬間







いちばん

眺めのいい

巨岩に

よじ登り











二時間半も

かけてしまった

けれど

その

疲労感も

吹き飛ぶ

束の間の休息







あっ!

街中の

五時のチャイムが

鳴り響いてきたぞ




身支度整えて

さぁ

下山です







陽の高さ



確認しながら

斜面を

テンポ良く

降りて行く






行きがけには

立ち寄れなかった

加茂神社で

参拝




今日の登山の無事



大切なヒトたち



心身の健やかさ



想う






帰り



約一時間



無事に

下山







登る前より

いっそう

桜の開花が

進んでいたような







暖かな一日だった

モノ

ねぇ




帰りは

道中の

まむし温泉



立ち寄り

サイコーのお湯



堪能しました




少しだけ

成長した気分



ソロ登山

でした



コメント

BREAKING AND ENTERING

2018-03-25 09:11:32 | 日々のこと




「マイ ブルーベリー ナイツ」


「ガタカ」


そして


この作品





ジュード・ロウ祭り



佳境を迎えております



きっかけ



ジュード・ロウ

という

下心でも

いま

その作品を

観るべく

タイミングだったのだ



観終わった後

必ず

そう

感じます





探している時には

見つからなくて



見つかった時に

潜在意識の中で

探していたんだ



気付くくらい



ちょうどいい

のかも

しれませんね


何事も・・・





この作品

「BREAKING and ENTERING」



和訳すると


〜不法侵入〜




ストーリー



軸となる

事件のコト

であり




重ねて



順番



公共性



反し

ココロ



潜り込んでくる

孤独







はたまた





情熱




意味しているのかな

とも

想いました




LOVE is no ordinary crime



この

キャッチコピー



肯けますよね




傷付けたり

苦しめる為に

ヒトは

ヒトを

愛する訳ではないのに

そうするコト



守り切ったつもりで

いるコトも

しばしば




どんどん

痛みから逃れようと

鈍くなろうとするコト



オトナの振る舞い

なら

オトナになんて

なりたくない



きっと

あの頃



想っていた筈なのに

どんどん

ヒトとの

関わり合い



狭めては

何処か

ホッとしている

自身



いるのです




大切なモノ



代替品



ナイ




そんなコト



改めて

気付かされる

作品

でした



コメント

谷川俊太郎展へ

2018-03-24 09:12:34 | 日々のこと



段取りよく

準備も

捗ったので

フタリで

新宿まで




ムスメは

ショッピング




ワタシは

そう

行けたらいいなぁ



ひそかに

想っていた

谷川俊太郎展









会場

には

きっと

日常



随所



谷川俊太郎サン









ヒント





はたまた



ピント合わせ





憶い出している

であろう

観衆が



静かに


たしかに



各々



立ち位置



愉しんで

いらっしゃいました





アート



せよ




音楽



せよ




道具



せよ



そして

誰かの言葉



せよ




受け取るモノ



受け取り方




昇華加減






それは


生かされたり



完結する





だなぁ





ワタシ



其処に

立ち尽くし

四方を

見渡しながら


改めて

そう

感じていましたよ









ワタシ







谷川俊太郎サン



詩のセカイ

への

誘い



なった



〜朝のリレー〜




いまでも

朝を迎えられる

というコト



また

一日

生きるコト



赦された証

なんだ



この詩



想う度

ハッと

させられるのです





そして

今回

とても

胸掴まれたのは

こちら










いま

居る場所




いま

一緒に

生きてくれている

大切なヒト




その

希少さ



感謝せずには

いられない

名文

でした








谷川俊太郎サン



ルーツ



垣間見れ






ワタシ自身






いままで



そして

これから






出来るだけ





気に入ったモノ



見つけられ



其れ



大切に

守れるような

歩き方



生きていきたい



そう

気付かせてもらえる

ひととき



でした





コメント

明日への手紙

2018-03-23 20:45:16 | 日々のこと


あっという間



東京ステイ




なんとか

新生活



準備



整い




ホッとした

表情



ムスメ



ホッとして



互いが

泣き顔に

変わる前



ワタシタチらしく

そう

いつも

笑い合えていた

ワタシタチらしく

手を振り合って

分かれました
(別れ。ではなく、ね。)









後で

読んでね




そう

云われて

渡された

手紙





機内

では

きっと

すぐに

眠ってしまうから

その前に・・





座席に着いた

途端

読んで



読んだ

途端

実感が

湧いて



ホロホロ

涙が

止まりませんでした




そういえば

産まれる時も

第二子



いうコト



時間がかからず

ホロリと

産まれたし




歩き出しの時も



断乳の時も



あの時も


その時も



そう

手を

気を

煩わせるコトなく



あたかも

自身で

タイミングを

決めてきたかのような

意志と

段取りを

整えて

越えてきた

ムスメの

いままで。






いまから



いままで

より



気遣い



歩み寄り

など

試される時

期待される時



増えるでしょう




でも

きっと

大丈夫




ヒト



きっと

変わらない

から



流されようが


揺さぶられようが



ハッと

我に帰るコトが



きっと

瞬時に

出来るから



いままで



感謝



同じくらい



これから

への

決意の表れ



ひしひし



伝わってきた

この手紙





カノジョ自身



明日への手紙

とも

なって




いま


哀しみ



淋しさ




歓び



安らぎ



変えてくれている




ワタシ



今度

手紙



書こう




改めて




伝えたいコト






此処で

こうして

ずっと

見守っている



いうコト








明日への手紙 〜 手嶌葵 ー



元気でいますか。

大事な人はできましたか。

いつか夢は叶いますか。

この道の先で




覚えていますか

揺れる麦の穂 あの夕映え

地平線 続く空を探し続けていた




明日を描こうともがきながら

今夢の中へ

形ないものの輝きを

そっとそっと抱きしめて

進むの




笑っていますか

あの日のように無邪気な目で

寒い夜も雨の朝もきっとあったでしょう



ふるさとの街は帰る場所ならここにあると

いつだって変わらずに あなたを待っている




明日を描くことを止めないで

今夢の中へ

大切な人のぬくもりを

ずっとずっと忘れずに

進むの




人は迷いながら揺れながら

歩いてゆく

二度とない時の輝きを

見つめていたい




明日を描こうともがきながら

今夢の中で

形ないものの輝きを

そっとそっと抱きしめて

進むの






コメント

二十歳の微熱

2018-03-22 23:43:15 | 日々のこと





今日



ムスメ



二十歳の誕生日






この春から



社会人です



そんな

門出に相応しく

今日から

東京で

一人暮らしを

始めます



ワタシも

それに合わせて

いま

東京へ

来ています



オ・ト・ナ



入口



まさか



母親同伴

なんて

申し訳ない

気もするけれど




イヤな顔もせず

都会っぽくない

下町



四川料理屋



定食









はたまた

夜景も

僅かにしか見えない

ホテル



一室









ハッピーバースデートゥーユー

なんて

ふたり

調子っ外れで

唄いながら

乾杯し

お祝いしたのでした




今朝は

心友たちも

見送りに来てくれました









愛犬も

カノジョの巣立ちを

哀しげでしたが

見守っていました








ワタシよりも

うんと

おだやかで

うんと

オトナで

うんと

想いやり溢れる

カノジョが

大好きです




同じ齢の頃には

こんなに

精神的に

自立していなかったよなぁ〜



うっかり

ボンヤリ

かあさん



背筋を伸ばし

知らない街を

堂々と

半歩先行く

ムスメの

頼もしき背中に

つい

見惚れてしまうのでした




ムスメの住む街



駅の名前にも

なっている

大きな

稲荷神社



あって

せっかく



ご縁だから



夜にも

関わらず

お詣りさせて

いただきました







お稲荷さん



女性の神さま



云うから

きっと

カノジョの

日常



ワタシの分まで

見守ってくださるかな




よろしく

お願いしますよ








マンホールの蓋

にも








やけに

明るい

橋の袂にも








春の花が

綻び始めていました




自身



見つけた

新しいセカイ




自身



歩こうと

決め

手繰り寄せた所縁




貴女



人生



貴女次第



いくらでも

輝くから




どうか



どうか




健康には

気をつけて




美しい花の時代







美しい青の時代






謳歌していってね





おめでとう





そして

ほんとうに




出逢ってくれて

ありがとう







コメント