Cafe SLOWHAND

珈琲と紅茶の小さなカフェのお話

市を開く

2016年05月20日 | 日記

四半期に一度の超スローペースなブログ
更新になっていることに、猛省している
レイラです。

前回の投稿は3月。
いつの間にやら季節は初夏。
レイラが住む地域で季節の風物詩となっ
ている「お茶のマルシェ」も花盛りで、
多くの人出で賑わっているらしい。

パパとママ、そしてレイラはいつもと変
わらない毎日が過ぎている。
パパは、「Good Morning Coffee」の
早朝割引サービスのテイクアウトの営業
をやりながら、合間にケーキを焼いてい
る。
その傍らで、レイラはオーブンから漂っ
てくる香ばしい匂いにお鼻をピクピクさ
せながらうたた寝をしている。
ママはというと、自宅でお弁当をこしら
えて、近くのスーパーに寄ってお店の材
料を買ってから出勤。
そんな日々が延々と続き、平穏な平穏な
毎日だ。 

単調すぎる時間が過ぎてくもんだから、
巷ではお茶のマルシェが賑わっていると
いう噂を聞いて、ママも何かやりたくな
ってきた。
そこで、仲良しのお友達二人に声をかけ
て、うちのお店で古着とパンの小さな市
を開くことにしたよ。
これまで何度か出店してもらった二人。
毎回大好評だったんで、きっと今回も賑
わうだろう。

さあ、いい季節になってきた。
お茶のマルシェに行き損ねた人たち、う
ちのお店に出かけてこない?
きっといい掘り出し物見つかるよ!

「古着とパンの小さな市」
6月12日(日)12:00〜
古着:Used Ones ユースドワンズさん
    (女性用がメインです) 
パン:Mamapapan ママパパンさん
    (ブリオッシュなど)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

贈る

2016年03月15日 | 日記

ようやく、ようやく春が来たようだ。
まだまだ風は冷たいけれど、お日さまの
あたる場所は暖かい。
待ってたんだよ春を、と空を見上げたレ
イラです。

そうかぁ、もう3月も半ば。
そろそろ暖かくなってもらわなきゃ、今
年の冬は大雪も降って寒かったからね。 

そう思いながら、ふとカレンダーを見る
と日付は3月14日。
世の中では「ホワイトデー」と呼ばれて
いる日だ。
そっかぁ、だからなの?コーヒー豆を買
ってく人が多かったのは。
きっと、バレンタインデーのお返しに、
豆をプレゼントしたんだね。

プレゼントといえば、こないだレイラは
花束をいただいた。
あるお客さまがね、レイラお誕生日めで
とう、ってくれたんだ。実はね、レイラ
はこの3月で13歳になったのね。
思いがけない贈りものに、ママも一緒に
なって大喜び、そして恐縮。
レイラのお鼻は人間の1000倍の嗅覚
だからね、花の香りを存分に楽しんだ。
一足お先に春を満喫!って寸法さ。

お店をしてるとね、なぜだかお客さまか
らいろんなプレゼントを頂くの。
旅行に行ったお土産やお気に入りのワイ
ンのおすそ分けなど、いろいろね。
ありがたい限りなんだな。
それでママは日頃から、そんなみんなの
ご厚意にどうにか応えたいと思ってる。

うちのお店では、お客さまみんなに、テ
イクアウトに使える割引券をご来店の度
にお配りしてる。その割引券は、テイク
アウトに使わずに取っといて10枚貯め
ると、1ドリンクを無料で飲める仕組み
になってるのね。

10回も来てくれて、たったの1杯無料
なんて、ちょっとみみっちくない?
だから、こうすることにした。

10枚貯めた人には、思い切って2杯無
料でサービスしちゃう。
ただしね、1杯は貯めた人本人へ。
もう1杯はね、自分じゃなく他の人にプ
レゼントするって仕組み。

誰にプレゼントすっかはその人が決めら
れる。
ママがレジでカードを渡すからさ、それ
にこう書いてよ。
例えばね、
「今月、お誕生日の人へ」とか
「チョコレートもらえなかった男子へ」
「この春就職が決まった人へ」とか
「髪を切りすぎて落ち込んでる人へ」
なんてね。

そのカードは、ママがお店の掲示板に貼
り付ける。
お客さまが、自分に当てはまってるカー
ドをもし見つけたら、掲示板からそれを
はがしてママに渡して。
そしたら、その人のお飲み物は無料で提
供しちゃう。

これは、10枚貯めた人からの見知らぬ
人への贈りもの。
お店からの予期せず現れた人へのささや
かな贈りもの、ってわけ。

ねえパパ。
パパだったら、なんて書く?
どんな人へ贈りたい?

「恋を忘れた哀れな男へ」

なんだ、それ有名なコーヒーの歌の歌詞
じゃないか。
それだと「モカ」を差し上げないと。

その歌はさ、差し出されたコーヒーを飲
んだら、たちまち元気になって恋をした
ってやつだよね。
飲み物の贈りものってステキだな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝もの

2016年02月20日 | 日記

こないだまでの寒さも和らいだけれど、
シトシトと雨が降ってやだなぁと、濡れ
たあんよのままクレートで丸くなってい
るレイラです。

さて、こないだの店休日、パパはお店の
お掃除もひと段落したってんで、レイラ
を短い短い散歩に連れ出してくれた。

すると、近所の駐車場でひとりの若者が
マイカーのお手入れをしていた。
ワックスを塗っては拭き、塗っては拭き
の繰り返し。

久しぶりに車にワックスがけをしている
光景を見たパパは、自分の若い頃を思い
出していた。
その昔、パパは就職が決まるとローンを
組んで新車を買った。
毎週毎週、日曜日には車を洗ってワック
スをかけ、ピカピカの愛車を眺めて満足
してたんだと。

パパはその若者に、つい声をかけてしま
った。
「自分でワックスかけるなんて、大事に
してんだね」
彼いわく、洗車に2時間、ワックスに2
時間はかかるって。
そいじゃ、せっかくの貴重な休日も、半
分は車に費やすってことになる。

彼は続けて、
今の時代は車なんて普通に買えるし、
「宝もの」ってほどじゃないんでしょう
ね、洗車機に入れれば済むんですけどね
って。
その間も、彼の手は休むことなく、ずっ
とボンネットの上でクルクルくるくる回
っていた。

「宝もの」か・・・
そんなん、パパは忘れかけてたような気
がした。

毎晩毎晩、白い液体を「潤滑油」と称し
てお腹に入れて、アイドリングは済んだ
と言って、お次は赤い液体を注ぎ込む。
可愛がってるのは自分の胃袋ばっかりで
大事なもののお手入れは放ったらかしに
してきたんじゃないかな。

雨は、シトシトと降り続いている。
この雨、今日は一日中降るんだろうか。
せっかく洗った彼の車、この雨で泥だら
けになっただろう、かわいそうに。

でもきっと、次のお休みにまた洗うんだ
ろうね、半日かけてさ。
だって、彼の宝ものだからさ。

レイラは、クレートの中で濡れたあんよ
を見つめながらこう思ったんだ。
濡れても汚れても大丈夫。
こんどのお休み、きっとパパがシャンプ
ーしてくれるさ。
レイラがパパの宝ものならさ・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たり前

2016年02月16日 | 日記

数日前は、もう春が来たのかと思うよう
な陽気だったけれど、昨日くらいから寒
さがぶり返し、雪がチラチラと舞ってい
る。
こないだみたいに、大雪になって積もん
なければいいけどな・・・

そんな朝、パパはいつも通りお店のテー
ブルに新聞を大きく広げてコーヒーを飲
んでいる。
きのうは、休刊日で新聞は届いてなかっ
たからね、二日ぶりの憩いのひと時だ。

休刊日なんて、一年に何回あんだ?
販売店の人たちは、貴重なお休みをゆっ
くり過ごせたんだろうか、なんて考えな
がらパパはページをめくっている。

そういえば、誰かが言ってたな。バイク
を使う三大事業ってのがあるって。
一つは「郵便配達」
二つ目は「白バイ」
そして三つ目が「新聞配達」

一つ目と二つ目は、大雪が降ったりする
とお休みしたり遅れちゃったりするけど
ね、ところが、三つ目はどんな時でも必
ずやってくるって。
そうだね、雪が何センチも積もってる日
にスピード違反の取り締まりをやってる
白バイなんて見たことがない。

そうだ、あの大雪の日の朝もさ、パパが
お店に行って郵便受けを開けるとさ、シ
ッカリ届いてたもんね、新聞。
ふと白い地面を見るとさ、細くて長い筋
が残ってた。きっといつものようにバイ
クを飛ばしてきたんだね。

毎日当たり前のように届いてる新聞に幸
せを感じるパパ。
考えてみるとさ、大変なお仕事だよね、
新聞販売店のお仕事ってのはさ。

当たり前のように朝起きて、当たり前の
ようにお店を開けて、当たり前のように
帰って、当たり前のようにお酒を飲んで
寝る。

当たり前って、
幸せなことなんだね・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本に帰る

2016年02月08日 | 日記

冬眠の準備をはじめたのはいつだったっ
け。そうそう、去年の10月だ。
あれから数ヶ月。
節分の豆をまく、パラパラという音がし
たような・・・そうか、もう春なのか。
そんな気がして、長い冬眠から覚めたよ
うにブログを更新している。

久しぶりの投稿で、なんだか恥ずかしい
気もするけど、いつまでも怠けてはいら
んない。
そろそろ啓蟄。虫たちより早く起き上が
って張り切らなきゃ、と自分を奮い立た
せているレイラです。

ブログの更新が滞ってて、読者の中には
お店閉めちゃったのか、と心配してる人
もいっかも。
幸いにね、パパとママはこれまで通り、
淡々と店を続けてる。

「お店をする」ってことを、昔っから
「看板を出す」って言う。
看板を出すってことは、お客さまに、私
たちは「ここに居ます」ってお知らせす
ること。
看板は、文字どおり板に書いて立てかけ
る、それを看てもらうわけだ。
そいで、お客さまは「ああ、ここに居ん
だな」と安心してお店の暖簾をくぐるわ
け。

今の時代はね、その看板の役目をブログ
やホームページが果たしてくれる。
だからね、それらをしっかりメンテナン
スしとかないと、周りの人に心配かける
ってことになんだな。
だからレイラは反省しきりなのさ。

もう2月になってしまったけれど、みん
なは今年の抱負とか何かある?

パパはね、年の初めは「飛躍する」なん
て言ってたけれど、すぐに心変わり。
やっぱりこれで行こうと決めた。
今年はね「基本に帰る・・・」。

そう、飛躍なんてちょいと早すぎる。
やっぱね、基本からやり直すさ。

基本・・・。
お掃除シッカリやれた?
豆や茶葉の量はシッカリ計量してる?
スコーンは手早く混ぜなきゃだよ、バタ
ーが溶けちゃ台無しだ。オオカミのお口
ちゃんと開いてる?

お店のスコーン。
お店で焼いてるスコーンのレシピは、
紅茶専門店の大先輩から頂いたもの。
ずっとずっと、変わらぬ配合で焼いてい
る。
思えばね、このお店がママの背中を押し
てくれた。紅茶のお店をするように。

焼きたてのスコーンを試食しながら、マ
マはアールグレイの紅茶を淹れた。
ベルガモットの香りが、キッチンの中に
広がった。
きょうはやけに香りが強い気がすんな。

きっとね、アールグレイが基本を教えて
くれてんのさ。

あらら、もうオープンの時間だ。
パパ、お店の看板ちゃんと出した?
ここに居ます、って言うの基本だよ。

そうそう、レイラもね。
看板のブログ、
更新すんの基本だよな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加