かぜねこ旅日記

一日一日が旅ですから、遠ざかる風景を、忘れないように綴じておきましょうね。

石垣島海岸一周  新鉱~野原崎

2016-12-31 17:32:09 | 日記

気温は、晴天26度は超えていただろうか。汗ばみながら、大晦日の午後、3時間弱歩いてきた。星野の砂浜からは岩が目立つので、迂回して野原崎の先の砂浜に降りる。

遅々として進まないが、誰もいない海岸を歩いていると、どこかの惑星に不時着して一人だけ生き延びた感覚にも、あるいは、人類が一挙に滅んだのに、オイラだけ生き延びて途方にくれて歩いている感覚にもなるから、石垣島の海岸線の一人歩きは、不思議な旅といえる。

集落のない海岸線を歩いていると目立つのは、海岸に打ち上げられたゴミだ。大方が、石油二次製品。ペットボトル、魚網、カゴ類、ビニール袋、発砲スチロールの浮き、サンダル、・・・・落とし主(捨てぬし?)は不明だが、ペットボトルには、日本製ではないことが明らかな漢字、よって中国か台湾のものと思われる。誤って海に流されたら許されるかもしれないが、漁民が船の上からポイポイ捨てているのではないか、と、大いに疑われる。

核のゴミといい、石油二次製品のゴミといい、途方もない時間をかけてしか自然に帰れない物質を、何ゆえ人類は製造してしまったのだろう。目先の利益だけしか考えず、子々孫々の迷惑も考えないで製造し続け、反省どころか、技術を「後進国」に売りつけて、その利潤に笑っている人々。

オイラは、子々孫々の迷惑や美化の問題からだけ怒っているいるのでない。あの無垢なシギやチドリの親子が魚網や釣り糸に足を絡ませて命の危険にさらされることにも、大いに危惧を抱いている。傲慢な人類によって、純粋無垢な命が冒されることにも、大いに憤りを感じている。だから、彼らより人類のほうが潔く滅びるべきだと、密かにも思う。

と、年の最後に、高血圧がぶり返すような感情にもなったが、締めは、「第9」ではなく、ベルク四重奏団の「カヴァティーナ」とアルヴォ・ペルトを聴いて終わることにしよう。お静かに。穏やかに。

そして、また、拙い句で2016年を終わる。

  行く年や貝も硝子も波に溶け  

 

 

河口とは思えない、通路川(とうろがわ)河口。

あそこの野原岳で終わり2016

今日は、あのカーラ岳からスタート

 

 

 

 

 

コメント

アルトラ三兄弟

2016-12-30 19:04:48 | 日記

アルトラのインスティンクトがようやく通販で確保でき、昨夜石垣島のわが家に到着した。朝、小1時間ばかり試走したが、やや硬さはあったが、来月のワイドーマラソン100kまでには履きなれてくれるのだろう。このメーカーのシューズは、志賀高原で始めて履いたローンピークがまったくストレスを与えなかったので、偏平足気味のオイラのメインシューズとしてそろえることにしたが、マイナーなメーカーなので、なかなかサイズの靴が手に入らず、これまでローンピーク以外では、最も軽いセロワンが手に入っただけで、これはNAHAマラソンでお世話になった。それにしても、不恰好なスタイルであるが、つま先部が押し込められないこと、ゼロドロップという底が平坦な靴で、はだし感覚で走れ、故障を防いでくれること、といううたい文句でそろえることにした。お値段、馬鹿にならないが、走りを永く続けるための投資と思えばいいか。

アルトラ三兄弟。左から、ゼロワン、ローンピーク(防水仕様)、新顔のインスティンクト

 

 

コメント

行く年のそらぞこにいる

2016-12-29 18:35:59 | 日記

少しは、温かみが増しているとはいえ、北風が強く、外に出ると肌寒いので、朝はNHKFMの「フルトヴェングラー変奏曲」をイヤホンで聴きながらウインドブレーカーで走った。

昨日届いた、魚眼レンズの試し撮りに宮良の浜辺に出るが、青空が垣間見られたが、雲が厚い。さて、二日後、三日後このレンズの活躍舞台は訪れてくれるか、予報はいいが、女心とやいまの天気は不安定だ。《失礼》

年末に学習した俳人長谷川櫂さんの「切れ」、年明けから俳句やフォト575をビシビシ作っていこうか。恥ずかしいが、この日記にも載せていこう。

年の瀬に聴く音楽は何がいいか、日本人なら第九だろうが、オイラは、モーさんの「魔笛」と決めていたが、「コジ」やアリアでもモーさんの声楽だったら年末でも年始でも似合うと思うが、日曜日に聴いたラフマニノフのヴォカリーズが、沈み行く大晦日の夕日を見ながら聴きく音楽だと思った。歌は、放送で流れたアンナモッフォ(すでに故人)がすばらしいと思ったので、衝動買いでタワーレコードにRCAコンプリート歌集(12枚組みでなんと3000円ちょっと、かわいそうですアンナ)を注文したが、取り寄せとのことで、果たして年始に手元に届くかどうか。

 https://youtu.be/GibjzBPwhBU

 

宮良の浜で、撮ってきたFisheyeの絵を見ながら 

 行く年のそらぞこにいるヴォカリーズ

という句が浮かんだが、どうだろう。2016に痛みと悲しみを強いられた全世界の人の平癒を願い。

長谷川さん風に切れば

 /行く年のそらぞこにいる/ヴォカリース/

と「取り合わせ」で「間」を作ったつもりだが・・・

宮良の浜で、クロサギの飛翔をたまたま撮れたが、何と美しいのか。野生の意匠には脱帽です。

新しい仲間。チョロチョロしていながら太っていたが、図鑑で調べたら「イソシギ」に近い。

コメント

28年回顧(2)

2016-12-28 20:42:47 | 日記

石垣地方、「冷え込んで」朝は、外気で18度くらいか、日中も20度に届かなかったか、曇り空で北風が強く、午後からは雨模様。こんな時、当地を訪れた観光の客人は、寂しい思いをするのだろう。幸い、明後日あたりから暖かくなり日差しも出るとの予報.

客人ならずオイラも明日からの6連休、星空撮影や海岸周遊の旅や、「宮古のワイドーやトライアスロンの練習」の絶好の日和となってくれることだろう。

運動会以外の回顧ということで少し触れると、

1.運動会、少しやりすぎで、内地の旅行費用がそちらに食われ、山旅や観仏旅行が十分できなかった。それでも、石垣の旧友たちと富士山につつがなく登れたことや、深田久弥先生終焉の茅が岳に登れたことはひとつの課題を克服したといえる。しかし、南も北もアルプスは行ってないし、奈良・京都は、もしかしたら、まったく足を向けなかった。反省すべきこと大。年に一度は、古き仏たちにお参りすると決めていたのに。(祈るような、苦が生じなかったのでよしとするか。)

2.p900を購入し、撮影エリアが格段に広がったが、d750を十分に生かす撮影をしなかった。石垣に住むのなら、新年朝のサザンクロス、3月から5月のヤエヤマヒメボタル、4月から10月までのリュウキュウアカショウビン、5月から6月のサザンクロス、南の空でしか見れないカノープスやアケルナル、それ以外にも晴れた星空の機会が十分あるし、祭りだってアチコチとある。十分歩いて納得の行く画像を納めたとは言いがたい。

ただし、後半からチドリをはじめとする野鳥観察や星空ウォッチングがなんとなく日課になってきた。満足のいく画像を収集する旅にしよう。幸い、本日シグマのfisheyeが届いたし、その使い方を習っていくうちに、昔のレンズ群をd750でも使えることを覚えたし《馬鹿ですね、今まで使えないと思っていた。)大幅にレンズワークを駆使できるのではないかという淡い予感。とにかく、出かけよう大空の写る世界へ。

3.モー君全集を購入したのは、大正解。石垣島の小部屋のなんという贅沢な環境。1万程度なら小川さん全集も来年購入しましょう。伊豆トレイルのまえに、カワサキのホールで聴いた「コジ」、昨年も野沢温泉トレイル前に聞いた文化会館での「フィガロ」。このような、異業種取り合わせが人生の奥を広げる。(自己満足).来春は、小川さんのヨコハマでの「マタイ」を予約したし、秋には、「バラ」のオペラもトウキョウであるという。生きている間に、モー君とシュトおじさんのオペと小川さんのパッションやカンタータとオルガンをホールで聴きたかったからね。

4.そして、もっと、八重山を歩くべし、そして、海に入るべし。幸い、年末から海岸線を忠実に歩く旅をはじめた。石垣島を終わったら、西表島が待っている。命短し、恋せよオッサン。

 

先週の日曜日、移し残した画像から、

えーと、シロチドリ君かメダイチドリ君か、分かりませんが、好きなのです。彼らが。

飛翔の映像を撮りたいのですが、脅かすわけにも行かず、難しいのです。

 

あのオスプレイ=ミサゴ君ではないでしょうか。墜落しないでね。

 

 

コメント

28年回顧(1)

2016-12-27 20:04:37 | 日記

朝方、少しは晴れてお月様の撮影は少しできたが、のち曇って冷たい風が吹いてきた、時折水滴も混じる。

年内では、明日が気温の底で、年末年始は晴れて暖かくなりそうだ。十分な撮影ができるかしらん。

記憶だけを辿って、今年の運動会を辿ってみた。

1月

宮古島ワイドーマラソン100k

石垣島マラソン フル

2月

石垣島オーシャンビュートレイル34k

西表島ヤマネコマラソン23k

3月

六甲トレイル40k?

4月

石垣島トライアスロン ショート

5月

野辺山ウルトラ100k だけど70前で関門 ×

6月

徳之島トライアスロン ミドル

7月

野沢温泉3Dトレイル 60k

10月

志賀高原エクストリームトレイル 55k

いぜな88トライアスロン ミドル

11月

与那国島1周マラソン25k

石垣島ビーチ&トレイル55k

12月

NAHAマラソン

IZUトレイルジャーニー 43kで関門 ×

 

復帰したトライアスロンは、すべて完走したけれども、イゼナは、スイムで本気でリタイアを覚悟した。流れの強さに、戦術を誤った。来春は、4月の宮古島が頂点。30回記念大会の徳之島と伊是名は、必ず参戦します。あとは、引退の方向。

トレイルは、常にビリ位置をつけたが、野沢温泉と志賀高原は極上の1日を味わった。伊豆は、タイムマネジメントを誤ったので、来年もチャレンジしたい。すばらしいコースだった。65歳までのUTMFのハーフサイズSTY出場を目指し、かつ、日本全国の極上のトレイルを捜し求めて、何戦か挑んでみたい。

 ウルトラは、豪雨の宮古島はいい思い出、野辺山は、トイレ欲求というシモの問題で敗退したので、リベンジを期す。アーリーエントリーで応募済。来年は、再難関かつエクストリームとうわさの高い村岡100kも完走果たして100k卒業したい。錦秋の伊南川も検討。

地元を除いて、ロードレースは、そろそろ卒業しようか。10月1日の復興宮城フルマラソンには出てみようかしらん。

 

いずれにしても、すべての大会と名をつくものは、65歳をしおに、引退と決めているから、自然、あと2年熱が入るわけ。その後は「隠居」ではなく「旅」にでるだけ。

 

 

 

 

 

朝6時38分の地球照 さようなら2016年のお月様。姫

コメント