ゲッチョのコラム

カマキリ広報パートⅡからゲッチョのコラムにタイトル変更しました。再開します。よろしくお願いします。

8月のやんばるは~

2018-08-06 22:46:38 | イベントその他
週末
ひさしぶりのヤンバルへ。夜から出かけ、車中泊。
朝起きて、森へ。
今年は梅雨開けてからなんだか雨が多いから、菌類の時期が引き延ばされているように思う。とはいっても、さすがに虫草は見つからなかった。代わりに、変形菌を少し見る。
ただ、菌類まなこで森を歩いていたら、予想もしていなかった者に出会えた。
菌従属栄養植物のタカクマソウ。沖縄でははじめて見た。
 
やっぱり、歩いてみるものだなあ。
コメント

掘り出し物?

2018-08-06 22:43:56 | イベントその他
前に、石垣島でクマゼミのしたいを見つけた。セミの発生期よりも前なのに、中身のつまった死体だ。こりゃ、菌にやられ、中身は菌核になっているなと持ち帰り、培養をしてみる。といっても、タッパーの中に湿らせたティッシュをしいて、その上において、ベランダの室外機の上においておいただけ。通気がよいように、タッパーの蓋はすこしあけておいて、朝晩、水やり。
と、でてきた。
イリオモテクマゼミタケ。

8月の頭になっても、まだ完全に熟さない状態だけど、こんないいかげんな培養で、よくぞ成長してくれたもの。
この、クマゼミタケを手土産にして、琉球大に、マツウラさんをたずねる。
マツウラさんは、最近、セミ類の共生菌が、じつは冬虫夏草の仲間である・・・という論文を発表した人。
あれこれ、興味深い、話を聞けた。クマゼミタケも、何らかの資料に役立ててもらえるかな。
コメント

週末のフィールドワーク

2018-08-01 22:26:27 | イベントその他
週末
学生と一緒にこどもの国へ。秋に行う予定のイベントの下見。会場をみて、フィールドワークができそうか歩いてみて。ついでに学生たちは馬にさわらせてもらったり、なんだり。
終わって大学へ。もと学長の新崎盛暉先生のを偲ぶ会に出席。なかなかすごい方々が参加していた。新崎先生の非凡さをあらためて知る。
日曜の朝から上京。いつものごとく母親の見舞い。買い物をして、料理をして。買い物を背負って家に帰るだけで、汗だく。
翌日は草むしりをして、また買い物に行って、沖縄に戻る。
途中、寄り道。前回も見て回った朽木は、前回ほど変形菌は発生していなかった。モジホコリの仲間やらなんやら。代わりに、館山で初めてコアカミゴケ(地衣類)に気がついた(写真)。

ついでにオレンジ色が美しい、ホソエノヌカホコリの未熟体・・・前にも紹介したけれど、ついつい、写真に撮ってしまった(写真)。


九州大のマルヤマさんからは、pdfで論文が送られてきた。前に、遺伝子解析用に、サンプルを送ったので、謝辞に名前がのっかっている。恐縮・・・。
(Phylogenetic relationshipps and convergent evolution of ocean-shore ground beetle/・・・といった題名の論文)
コメント

講演会&フィールドワーク in 長崎・諫早

2018-07-23 22:04:21 | イベントその他
諫早。
一日目は「こどもの城」という施設で、お母さんや学校の先生相手(ほとんど、ふくちゃんのお知り合いのようだ)に虫の話。
結構、なごやかにできた・・・やれやれ。
夜は、こどもの城の館長さんも交え、夕食会。館長さん、なかなかにユニーク。話がとにかく、人をひきつける・・・。
会場には、自森のときの最後のクラスの卒業生のヒカリもきてくれて、一緒に晩飯を。ヒカリの受け答えもユニーク(というのを、意識していなかったけど、あとでふくちゃんたちに言われて、なるほど)だったので、初対面ながら、ヒカリはふくちゃんやこどもの城関係の人たちに人気だった・・・。
諫早は鰻が名物ということで、この日の晩飯は鰻・・・(写真)。


翌日は、親子連れ対象に虫の話をしてから、こどもの城周辺の雑木林で虫探し。事前にふくちゃんがトラップをかけてくれていたので、トラップ中に、センチコガネなどが、わらわら。(写真)

子どもたちの反応もとってもよくて、楽しませてもらった。


ところが、帰りの特急が途中でストップ。あわてて新幹線に乗り換えて空港へ。と、今度は雷のために、滑走路が全面封鎖で、空港中が人であふれている・・・。
なんとか、沖縄便の出発前に、滑走路が再開されて沖縄に戻れたが、かなり疲れた。
いや、なにがあるかわからいもの・・・


来週は東京だ。
コメント

講演会 in 長崎・諫早

2018-07-23 22:01:43 | イベントその他
7月20日~
週末、長崎・諫早で虫についての講演会とフィールドワーク。
虫の講演会は苦手なんだけど・・・だって、虫屋じゃないし、虫のカメラマンでもないし。たいして虫をしっているわけじゃないから、がっつり虫めあてで来てくれた人が満足するような話ができない。
ただし、今回は諫早のうんこガール、ふくちゃんが企画してくれた、「虫が苦手なお母さんたち対象の虫講座」ということで、多少、波長があいそう。
今回、仕込んだ新ネタは、インドネシアで買ってきた、アリ植物、アリノスダマのお茶(写真)。

自分自身もまだ飲んだことがない・・・。どんな味がするんだろう?
大学で、夕方の会議に出て、最後は走るようにして空港へ。夜の便で福岡。翌日、特急に乗って諫早行き。


で、くだんの「スダマ茶」。飲んでもらうと「んー、なにこれ?正露丸みたいな風味がする」とのこと。たしかに、そんな雰囲気が・・・。なんで?
コメント