晴れのち平安

源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪
webサイト『花橘亭』の更新記録も。

【情報】 福井県越前市 紫式部公園の紫式部像、パンフレットと実物では大違い!?

2015年06月30日 00時00分00秒 | 情報
 紫式部に関する情報です。

福井県越前市にある紫式部公園には
高さ約3メートルの紫式部像があります。


※この写真は2008年秋に撮影しました。


現在、この紫式部像は
長年の風雨で金箔が剥がれ
輝きが失われているのだとか。

 ※福井新聞 2015年6月27日
 観光名所、パンフと実物が大違い 紫式部像が「がっかり名所」の恐れ
 ⇒ http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/event_calture/74167.html



越前市の観光パンフレットなどでは
制作当時の金色に輝く像の姿で掲載されているので
現在の姿とのギャップが大きいようです。

地元を中心に修復を求める声が高まっているのだとか。

この記事はYahoo!ニュースでも取り上げられ
SNSで話題になっていました。



今後の動向が気になるところです。




 当方のwebサイト内のこちらのコンテンツもご覧くださいませ。

 ・webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「紫式部と越前たけふ」

  





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【DVD】 「瀬戸内寂聴 源氏物語の男君たち」<全2巻セット>

2015年06月29日 06時00分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関するDVDの情報です。

Twitterのフォロワー様から教えていただきました。
ありがとうございます。

2008年4月~5月にNHKEテレで放送された
「知るを楽しむ この人この世界」(源氏物語の男君たち)が
2012年にDVD化されていたのだとか。

放送当時、毎回楽しみに番組を見ていたので懐かしく思い
先日、DVDを購入しました。




瀬戸内寂聴さんによる解説と
ホリ・ヒロシさん作の人形での演出が素敵でした。

DVDは上巻と下巻の2枚セットです。


 “内容
 源氏ブームを巻き起こした第一人者・瀬戸内寂聴が、
 日本人の心を描いた古典文学「源氏物語」を解説。
 「源氏物語」から約1,000年、時代は変わっても
 男たちの欲望は変わらない。
 権力と色情に生きる男君たちの性格や心理を読み解く。
 全8回を収録。2枚組。



 “収録内容
 
【上巻】
 第1回 光の君の誕生 桐壺帝の偏愛
 第2回 藤壺との禁断の恋 恋の醍醐味は秘めごとに
 第3回 無二の従者惟光 その忠誠と危険
 第4回 朱雀帝の悲劇 「負け犬」の苦悩

【下巻】
 第5回 源氏と藤壺の陰謀 人間は変わる
 第6回 裏切られた頭の中将 六条院の光と影
 第7回 柏木の悲恋 寝とられた夫源氏
 第8回 薫と匂宮の恋の争い 浮舟出家




 
 瀬戸内寂聴 源氏物語の男君たち [2巻セットDVD]




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【本】 学研まんが NEW日本の伝記 5巻 「紫式部」

2015年06月28日 12時00分00秒 | 本・漫画
 紫式部に関する漫画のご紹介です。

2015年6月、学研教育出版から発売された
学研まんが NEW日本の伝記5巻
「紫式部」を読みました。



 ※紫式部 はなやかな王朝絵巻『源氏物語』の作者
 ⇒ http://hon.gakken.jp/book/1020418300

内容
 古典の名作『源氏物語』の作者・紫式部の生涯を通して、
 貴族文化が花開いた平安時代を知ることができるまんが。
 才能豊かな1人の女性が、宮廷社会をしなやかに生き抜く姿を描く。
 巻末には、紫式部の生きた平安時代のくわしい解説つき。



 
 紫式部: はなやかな王朝絵巻『源氏物語』の作者 (学研まんがNEW日本の伝記)


小学校高学年を対象にされた漫画ではありますが
オトナでも充分楽しめます。

『紫式部日記』のエピソードや
『紫式部集』の和歌でのエピソードが
盛り込まれていて、既存の伝記まんがよりも
内容が濃く感じられました。

既存の伝記漫画では
あまり登場することがなかった(気がする)
紫式部の姉や紫式部の幼なじみの女性、
伊勢大輔や藤原実資も登場!

オールカラーで見て読んで楽しい一冊です。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 実物大展示室

2015年06月28日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

入道の宮 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

実物大展示室では
直衣姿の男君と唐衣・裳姿<十二単姿>の女君が
展示されていました。



直衣姿の男君


唐衣・裳姿
・・・いわゆる十二単姿の女君。


角度を変えて。




 着装体験。

風俗博物館、実物大展示室には
洋服の上から自由に羽織ることができる
装束があります。

 ・男性用・・・狩衣姿(狩衣と指貫)
 ・女性用・・・袿姿(単と袿)



今回は着装していません。




以上、2006年4月における風俗博物館の展示の様子でした。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 入道の宮

2015年06月27日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女楽 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿西廂では
『源氏物語』<幻>より
「入道の宮~出家した後の女三の宮のもとを訪ね亡くなった紫の上を偲ぶ源氏~」
の場面が展示されていました。

舞台は、春の御殿 寝殿西面(にしおもて)と見立てられています。


展示全体の様子。

博物館レジュメより
 “源氏51歳の夏、最愛の紫の上がこの世を去る
 (享年43歳)。
 年が改まり、六條院に再び春がおとずれ、春を愛でた
 紫の上の庭に花々が咲き乱れている。



源氏はなんとも所在ないので
入道の宮(女三の宮)のもとを訪ねました。


源氏。
白無紋直衣姿
(服喪の期間を過ぎ、平常服であるが、故人への
 心の喪の表れとして、地味に装っている。)



入道の宮(女三の宮)。
五條袈裟姿。



匂宮(6歳)も紫の上ゆかりの女房に抱かれて
一緒にいらっしゃっいました。

女房:鈍色服喪唐衣裳姿。
(紫の上を偲んで喪が明けても鈍色の服を
 そのまま着ている。)




薫(5歳)
匂宮と薫は無邪気に走り回って遊びます。



入道の宮(女三の宮)は仏の御前で読経しています。

 “柏木との不義の子である薫をもうけた女三の宮は、
 その罪の重さに耐えかね、出家し、今は勤行の日々を
 おくっていた。




閼伽(あか)棚に向かう女房。





 実物大展示室へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女楽

2015年06月26日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女房の日常~夏の装いと伏籠~ に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿北廂では
『源氏物語』<若菜下>より
「女楽」の場面が展示されていました。

舞台は、春の御殿、寝殿西面(にしおもて)南廂・簀子に見立てられています。



全体の様子。

博物館レジュメより
 “源氏47歳の正月20日、六條院の女君たちによる女楽が催された。



主催者である源氏(准太上天皇)
烏帽子直衣姿。


夕霧。
烏帽子直衣姿。
調絃には夕霧が召されました。



女三の宮。
琴(きん)を演奏。細長姿。
青柳の少し枝垂れはじめた風情



明石の女御。
筝(そう)を演奏。袿姿。
夏に入っても十分に咲きこぼれた藤の花”のよう。



紫の上。
和琴(わごん)を演奏。細長姿。
花に例えれば桜であるがこの桜以上の優れた風情



明石の御方。
琵琶を演奏。細長に裳(も)をつけた姿。
五月待つ花橘の、花も実も一緒に取った時のかぐわしさ





写真右:紫の上付きの女童
写真左:明石の女御付きの女童

正装汗衫姿。



写真右:女三の宮付きの女童
写真左:明石の御方付きの女童

正装汗衫姿。




写真右:龍笛(りゅうてき)を吹く太郎(夕霧と雲居の雁との子・長男)
写真左:笙(しょう)を吹く三郎(鬚黒と玉鬘との子・三男)

直衣姿。






 入道の宮 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女房の日常~夏の装いと伏籠~

2015年06月25日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女三の宮と紫の上の対面 に引き続き、
2006年4月に風俗博物館で撮影した展示の様子です。

女房の局(つぼね)では
「女房の日常~夏の装いと伏籠(ふせご)~」が展示されていました。






博物館レジュメより
 “夏の盛りの日にあまづらのシロップの中に
 貴重な氷室の氷をうかべて食する女房達。
 装束は夏の装いとして単かさねである。
 この氷は「あてなるもの」として枕草子に
 記されている。



清少納言の『枕草子』 あてなるもの(=高貴なもの)

 削り氷(けずりひ)に甘葛(あまづら)入れて、あたらしき鋺(かなまり)に入れたる。

とあります。

<「新編日本古典文学全集18 枕草子」/校注・訳:松尾聰 永井和子/小学館発行>より





この女房は文を書いているのでしょうか。
それとも物語を書き写しているのでしょうか。




伏籠(ふせご)を用意する女房。

 “伏籠とは、衣服に香りをうつすための器具である。
 竹または金属製でできた籠で火取り(火取香炉のことで
 薫物をくゆらすための道具)の上に籠を伏せ、その上に
 装束をかけた。






 女楽 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女三の宮と紫の上の対面

2015年06月24日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女三の宮六條院降嫁 その4 に引き続き、
2006年4月に風俗博物館で撮影した展示の様子です。

東の対 東廂では
『源氏物語』<若菜上>より
「女三の宮と紫の上の対面」が展示されていました。

舞台は、寝殿西面(にしおもて)南廂に見立てられています。



源氏40歳の夏、
六條院の円満な秩序を保つため、紫の上は
源氏の正妻である女三の宮と対面します。




女三の宮(14歳)
唐衣・裳姿。



紫の上(32歳)
唐衣・裳姿。


女三の宮の母・藤壺女御と
紫の上の父・式部卿宮は異母兄妹の関係にあたります。
よって、女三の宮と紫の上は従姉妹同士の関係でもあります。




貴族の遊びである「偏つぎ」を運ぶ女房。


貴族の遊びである「双六(すごろく)」を運ぶ女房。




 女房の日常~夏の装いと伏籠~ へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女三の宮六條院降嫁 4

2015年06月23日 18時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女三の宮六條院降嫁 その3 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

東の対では
女三の宮の六條院降嫁にともない、
紫の上がこまごまとしたお世話の指示を
女房たちにしていました。





東の対 全体の様子。
女房たちによって、禄(ろく)の準備や御膳の準備などが行われていました。



紫の上(対の上)

博物館レジュメより
 “華やかで年若く、揺ぎ無い正妻の地位として、
 この上ない御威勢で降嫁してきた女三の宮の姿に、
 事の重大さを悟る紫の上(32歳)は心穏やかではないが、
 冷静に対処し、平静を装って輿入れのこまごまとしたことまで
 御世話申しあげた。







禄の準備をする女房たち。



禄を被いた公卿。








御膳の準備をする女房たち。



以上、「女三の宮六條院降嫁」の展示の様子でした。




 女三の宮と紫の上の対面 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女三の宮六條院降嫁 3

2015年06月23日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女三の宮六條院降嫁 その2 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

博物館レジュメより
 女三の宮に“付き従う女房や女童も入内に倣って
 贅をつくして整えられ、網代車より庭上の莚道(えんどう)
 に控えて寝殿へ入る。





 莚道に控える女三の宮付きの女房たち=唐衣・裳姿。

唐衣のかさねの色目は「梅かさね」[表:白、裏:蘇芳]。
五衣と単のかさねの色目は一人ひとり違っていて
興味深く拝見しました。


紫の薄様(うすよう)。


色々。


雪の下。


紅梅の匂(におい)。


裏山吹。


紅の薄様。


女房たちの様子。




次回は、東の対の様子をご紹介します。


 女三の宮六條院降嫁 その4 へ続きます





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本