晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【情報】 東京 実践女子大学・短期大学 「宮廷の華 源氏物語」展覧会・シンポジウム・講演開催

2014年05月31日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関連する情報です。

東京都渋谷区、
実践女子大学・実践女子大学短期大学部 渋谷キャンパスにて
「宮廷の華 源氏物語」展覧会、シンポジウム、講演が開催されます。

 ※大学プレスセンター 2014/05/30
 学校法人実践女子学園が「宮廷の華 源氏物語」と題した展覧会・シンポジウム、講演を開催
 ⇒ http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=6586


<展覧会「宮廷の華」>

 【日時】 2014年6月7日(土)~6月10日(火)
      10:00~17:00(最終日10:00~16:00)

 【場所】 実践女子大学・実践女子大学短期大学部
      渋谷キャンパス 創立120周年記念館1階

 【内容】
 “『源氏物語』や『夜の寝覚』といった平安時代の物語にちなんだ古筆切”など。



<シンポジウム「源氏物語と古筆切」>

 【日時】 2014年6月7日(土)
      13:00~17:00

 【場所】 実践女子大学・実践女子大学短期大学部
      渋谷キャンパス 創立120周年記念館4階403教室

 【内容】
 “源氏物語、古筆切、和歌などの研究の専門家をパネリストに迎え、
  古筆切をテーマにパネルディスカッションを行う。




<講演「王朝の薫と装束」>

 【日時】 2014年6月8日(日)
      13:00~15:30

 【場所】 実践女子学園中学校高等学校
      桃夭館 桜講堂

 ※十二単衣のお服上げの実演もあるそうです。



詳細はこちらをどうぞ。

 ※実践女子大学・実践女子短期大学
 ⇒ http://www.jissen.ac.jp/
 ⇒ http://www.jissen.ac.jp/event/year2014/201405030_eve1.html
 ⇒ http://www.jissen.ac.jp/school/measure/memorial/event/genji.html



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 ボーカロイドと文楽がコラボ!?源氏物語からも着想得た「葵上」

2014年05月30日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関連する情報です。

ボーカロイドと文楽がコラボして
世界最古の長編小説「源氏物語」の「葵」の一節を現代劇に再編”した
映像作品「ボーカロイドオペラ 葵上 with 文楽人形」が作成されたのだとか。

 ※ねとらぼ 2014年05月29日
 ボーカロイドと文楽のコラボ 源氏物語からも着想得た「葵上」ロンドンで世界初上映
 伝統文化と最新テクノロジーの融合によって表現される日本独自の美に注目。

 ⇒ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1405/29/news098.html

 ※朝日新聞デジタル 2014年5月29日
 ボーカロイドと文楽人形、魂の共演 源氏の世界を映画に
 ⇒ http://www.asahi.com/articles/ASG5X6HNWG5XUEHF019.html

どんな作品となるのでしょう。
興味津々です。


 ※オペラ葵上 日本語サイト
 ⇒ http://www.opera-aoi.com/index-ja.htm



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 京都府宇治市 「宇治川花火大会」有料観覧席の先行販売 6月1日スタート!

2014年05月29日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語とゆかりの深い宇治市の情報です。

京都府宇治市では毎年
「宇治川花火大会」が行われています。

『源氏ろまん』をテーマに宇治川畔で
『源氏物語』を連想させる華やかな花火がたくさん
打ち上げられます。

開催日は、8月11日(月)

なお、
6月1日(月)~7月10日(木)まで
有料観覧席の先行販売が行われるのだとか。

 ※宇治川花火大会
 ⇒ http://www.ujihanabi.jp/


お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【ご紹介】 源氏物語に登場する六条院を3D化! ブログ「ic-SD ~六条院~」

2014年05月28日 00時00分00秒 | 情報
 源氏物語と関連する情報です。

こたろうさんが作成されているブログ
「ic-SD ~六条院~」が素敵なのでご紹介いたします。

『源氏物語』に登場する大邸宅「六条院」の建築を研究され
3D画像をブログに公開されています。

 ※ブログ「ic-SD ~六条院~」
 ⇒ http://ic-sd.blogspot.jp/

『源氏物語』ファン 並びに 寝殿造ファンには
嬉しい画像がたくさん掲載されています。

現在、作成途中とのことですが
今後どのように展開されていくのか楽しみなブログです。

応援しております~。



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 滋賀県長浜市 紫式部が超えた深坂古道ハイキング

2014年05月27日 00時00分00秒 | 情報
 紫式部に関連する情報です。

滋賀県長浜市
以下のタイトルのハイキングが行われます。

 JRふれあいハイキング~深坂古道ハイキング
 近江と越前を結ぶ古道、塩津から敦賀までを歩く~


 【日 時】 2014年6月7日(土) 10:15(集合)~16:00頃(解散)

 【コース】 近江塩津駅(集合)―深坂地蔵入口―深坂地蔵―疋田―新疋田駅(解散)

 【歩 程】 約9km

 【参加費】 500円(保険料、講師謝礼)


紫式部が越えた近江と越前を結ぶコースを歩きます。
 日本海と近江を結ぶ、物と人の交流の重要なルートだったことがよく分かる古道です。
 大いに栄えた塩津街道を旅人の気持ちで歩きましょう。
 全コース自然と歴史に詳しい地元ガイドが皆様をご案内します。



詳細はこちらをご覧ください。

 ※滋賀県観光情報
 ⇒ http://www.biwako-visitors.jp/
 ⇒ http://www.biwako-visitors.jp/search/event_19850.html


 
 源氏物語の近江を歩く (近江旅の本)



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 東京 キッド・アイラック・アート・ホールにて「京ことば源氏物語」第30回『梅枝』開催

2014年05月26日 20時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関する公演の情報です。

東京・京都を中心に各地で
「京ことばで語る源氏物語」の公演を
展開されている山下智子さん。

6月7日(土)・8日(日)は
東京都世田谷区、京王線 明大前
キッド・アイラック・アート・ホールにて
「京ことばで語る源氏物語」
隔月連続公演 第三十回『梅枝』第三十二帖

開催されるそうです。

現在、6月8日(日)のほうが
お席に余裕があるのだとか。

詳細はこちらをどうぞ。

 ※山下智子さん 公式サイト
 ⇒ http://www.genji-kyokotoba.jp/
 ⇒ http://www.genji-kyokotoba.jp/%E6%98%8E%E5%A4%A7%E5%89%8D%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB2013%E3%81%8B%E3%82%89/

 ※山下智子さん Facebookページ
 ⇒ https://www.facebook.com/tomoko.yamashita.357



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【雑感】 福岡県北九州市で源氏物語?

2014年05月26日 00時00分00秒 | 日記
 源氏物語に関する情報をゆったり発信しているブロガーの雑感。

私は福岡県北九州市に住んでいます。

このブログ「晴れのち平安」以外に
webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』
webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』
趣味で作成しています。

日々、日本各地で行われる
「源氏物語」や紫式部に関連する情報を
発信していますが

私が住む福岡県北九州市では
滅多に「源氏物語」に関するイベントは行われません。

もし、なんらかの形で
「源氏物語」に関するイベント(展覧会・講演会・舞台公演など)が
地元で行われるとしたら、とても嬉しいことです。

あらゆるネット媒体を駆使して(?)
全力で応援しますし、駆けつけたいと思います。

万が一、私にも協力できることがあるとするならば
微力ですがお手伝いしたいとも願っています。

ご用がおありの方はどうぞ
メールフォームからご連絡くださいませ。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【三重県明和町】 素敵すぎる!伊勢斎王 規子内親王の封筒

2014年05月25日 00時00分00秒 | 三重県明和町
 三重県多気郡明和町の観光大使のひとり なぎ です。

三重県多気郡明和町は
国指定史跡「斎宮」跡があることで広く知られています。

そんな明和町からいただいたお便りの封筒が
素敵だったのでご紹介いたします。



名前と住所部分は隠しています。
イラストの部分を拡大!



平安時代に伊勢斎王をつとめた
規子内親王(のりこないしんのう)が描かれています。
散り行く紅葉も素敵です。

規子内親王は
『源氏物語』に登場する秋好中宮のモデルとも
いわれています。

封筒の裏面に解説が掲載されていました。






 お知らせ。

 「第32回 斎王まつり」が開催されます。

 【日時】 平成26年 6月7日(土)・8日(日) 

 【場所】 斎宮歴史博物館~上園芝生ひろば

 ※雨天中止


詳しくはコチラをどうぞ。

 ※斎王まつり実行委員会
 ⇒ http://saioh.sub.jp/

 ※明和町斎宮跡・文化観光課 Facebookページ
 ⇒ https://www.facebook.com/meiwa.saiku



 
 伊勢神宮に仕える皇女・斎宮跡 (シリーズ「遺跡を学ぶ」)




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【ぷちレポ】 束帯の着装の様子 (2003年5月撮影)

2014年05月24日 18時00分00秒 | 情報
 束帯(そくたい)の着装の様子について簡単にご紹介します。

2003年5月、
京都市にある仁和寺御室会館にて
束帯の着装の様子を拝見できる機会がありました。

その時に撮影した写真を掲載して
ごく簡単にご紹介いたします。


1、小袖と大口袴(おおくちはかま)をつけた男性の登場です。




2、単(ひとえ)をつけます。




3、大口袴の上に表袴(うえのはかま)をつけます。



※こののち、単の上に衵(あこめ)を重ねることもあるようです。


4、下襲(したがさね)をつけます。



※この時、下襲(したがさね)の「裾(きょ)」もつけます。
 「下襲」と「据」は本来一続きだったのですが、現在は別々に分かれているようです。


5、袍(ほう)をつけます。



※石帯(せきたい)で腰を留め、平緒(ひらお)と太刀(たち)をつけます。



下襲の据はとても長いです。


前から見た様子。


座った様子。

とても素敵でした。



 オススメの本。

 
 十二単のはなし―現代の皇室の装い

十二単だけでなく、束帯をはじめ
様々な装束について紹介されています。



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【本】 「平安人の心で「源氏物語」を読む (朝日選書) 」(著:山本淳子) 6月発売予定。

2014年05月23日 20時30分00秒 | 本・漫画
 源氏物語に関連する本の情報です。

源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり (朝日選書 820)」や
私が源氏物語を書いたわけ 紫式部ひとり語り」といった著書がある山本淳子先生。

私は今まで山本先生のご講演を拝聴するために
2度京都へ行ったことがあるくらいにファンです。

このたび、6月10日頃に山本先生の新刊が発売されるそうです

タイトルは、
平安人の心で「源氏物語」を読む (朝日選書)」。




Amazonの商品ページにある内容紹介より。

 “日本文学の最高傑作『源氏物語』。
  現代の読者が、少しでも平安社会の意識と記憶を知り、その空気に身を浸しながら読めば、
  物語をもっとリアルに感じることができるのではないか。
  本書は、平安人の世界を様々な角度からとらえ、 読者を誘うことを目指した一冊。
  全65編のほか、五十四帖のあらすじ、主要人物相関図、平安の暮らし絵図なども収録。



興味津々の内容ですね。
早速、予約注文をしました。

実際に手に取って拝読できるのが楽しみです。



<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本