晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 実物大展示室

2016年04月19日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

『竹取物語~かぐや姫の昇天~』 に引き続き、
2012年6月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。


実物大展示室では
直衣姿の男君、唐衣・裳姿<十二単姿>の女房が
展示されていました。


母屋の部分にのみ
実物大の人形が展示されていました。

2010年以前に展示されていた
御帳台(みちょうだい)はありませんでした。





直衣姿の男君








唐衣・裳姿<十二単姿>の女房





 着装体験。 

風俗博物館、実物大展示室には
洋服の上から自由に羽織ることができる
装束がありました。

 ・男性用・・・狩衣姿(狩衣と指貫)
 ・女性用・・・袿姿(単と袿)


※2016年の風俗博物館 移転&リニューアル後、
着装体験コーナーは設けてありませんのでご注意ください。





以上、2012年6月における風俗博物館の展示の様子でした。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 『竹取物語~かぐや姫の昇天~』

2016年04月19日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

東宮の消息使 ~婚礼作法~ に引き続き、
2012年9月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

2012年(平成24年)のリニューアルにともない、
平安初期を題材とした『竹取物語~かぐや姫の昇天~』
が4分の1の縮尺で展示されていました。

※この展示は2012年から2015年まで行われました。



実物大展示室において展示されていました。


全体の様子。


かぐや姫


写真右:かぐや姫の背後から天の羽衣をきせかける天女
写真中央:かぐや姫



媼(おうな)


翁(おきな)


かぐや姫の侍女




飛ぶ車に乗った王



天女たち




 実物大展示室へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 東宮の消息使~婚礼作法~

2016年04月18日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

薫物合せ ~姫君の通過儀礼・婚礼仕度~ に引き続き、
2012年9月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿 西廂では
『源氏物語』<梅枝>より
「東宮の消息使 ~婚礼作法~」
の場面が展示されていました。




舞台は、六條院春の御殿 寝殿に見立てられています。

明石の姫君が東宮に入内する前のこと。
東宮の消息(しょうそく=手紙)をもった使(つかい)が
六條院春の御殿 寝殿へ遣わされている場面です。





東宮の消息をもった使(つかい)が
六條院春の御殿 寝殿の南簀子に参上しています。

東宮の使者は蔵人(くろうど)の右近衛少将がつとめました。






東宮からの消息を受け取る明石の姫君の乳母。

この後、消息使は明石の姫君の返歌をいただいて宮中に帰参します。




お使いの一行は十分な饗と禄でもてなされます。
写真は禄を用意している女房。




簀子で消息使を迎える源氏。




打出(うちいで)
寝殿や対の屋の御簾の下から、女房装束の袖口の重ね色目をはなやかに見せる装飾。
 着飾っている女房が居並んでいるように見せるが、実際は重ねた装束を朽木文様(くちきもんよう)の几帳の帳(とばり)ごと抱え込むように絞り、左右の袖口から出した裳(も)の紐で結んである。







 『竹取物語~かぐや姫の昇天~』へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 薫物合せ~婚礼仕度~

2016年04月17日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

局~明石姫君入内・参入女房の身仕度~ に引き続き、
2012年6月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿 北廂では
『源氏物語』<梅枝>より
「薫物合せ(たきものあわせ)~姫君の通過儀礼・婚礼仕度~」
の場面が展示されていました。






舞台は、六條院 春の御殿 寝殿に見立てられています。

<博物館レジュメより>
明石の姫君の裳着が執り行われる前日の二月十日、雨が少し降って紅梅が盛りの夕暮れ、六條院において風流人として名のしれた蛍兵部卿宮を判者としての薫物合せが行われた。

裳着とその後に控えた東宮入内の準備のため、当代の文化の粋を尽くした名品がつぎつぎに六條院に集約される様は、まさに源氏自身が文化の中心にいることを示し、明石の姫君の入内とともに宮中にもたらされる最上の文化の数々の準備が六條院を中心に華やかに進められていくのである。”



源氏:直衣姿






朝顔前斎院からの使者




紅梅かさね


朝顔前斎院からの使者への禄(ろく)、紅梅かさね<表=紅梅、裏=蘇芳>の細長。







蛍兵部卿宮と夕霧





香を調合している女房






 東宮の消息使 ~婚礼作法~ へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 局~明石姫君入内・参入女房~

2016年04月16日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

草子つくり ~明石姫君婚礼支度~ その2 に引き続き、
2012年6月撮影した風俗博物館の展示の様子です。

局(つぼね)では
局 ~明石姫君入内・参入女房の身仕度~
が展示されていました。


 ~香りを纏う、もう一つの装束・伏籠(ふせご)~





<博物館レジュメより>
直接男女が顔をあわせる機会が少なかった平安時代、趣味の良さを相手に伝える手段としての一つが、香であった。装束とともに、香りを纏うという意味で、もう一つの装束ともいえる。自分の好みに調合した練香(ねりこう)を、火取香炉(ひとりこうろ)で燻らし、その上に伏籠という竹の籠を置き、さらに上に装束を架けて香を移すのである。



 ~女房の務め 装束誂え・裁縫~






単(ひとえ)仕立ての裁ち生地の端の始末は
もち米を練って作った糊を裁った生地につけ、
「ひねる」という仕立て
をしました。




 ~女房の身嗜み・髪について~




髢(かもじ=付け毛)をつける女房。

平安女性の容姿の美しさの中で大きな比重を占めていたのが頭髪であり、豊かで長い髪がもてはやされた。
平安女性の豊かな黒髪に対する憧れからくる、髢(かもじ)を使った身嗜みは、現代女性に通じるおしゃれ感覚であると思われる。


髢(かもじ)




 ~顔づくり・平安時代の化粧~


化粧することが成人女性の身嗜み。








 薫物合せ ~姫君の通過儀礼・婚礼仕度~ へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 草子つくり その2

2016年04月15日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

草子つくり~明石の姫君婚礼支度~ その1 に引き続き、
2012年6月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

東の対 北廂では
平安時代の御冊子つくりの様子が展示されていました。




冊子をつくる女房たち



1、冊子の料紙になる継紙つくり~紙を切る~




紙を着る女房



2、冊子の料紙になる継紙つくり~切った紙を美しく継ぎ合わせる~




切った紙を継ぎ合わせる女房



3、書写をする女房




書写をする女房



4、のりづけする女房(粘葉装(でっちょうそう)に糊で綴じる)




のりづけする女房






 局~明石姫君入内・参入女房身仕度~ へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 草子つくり その1

2016年04月14日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

明石姫君の裳着 ~姫君の通過儀礼・成人~ に引き続き、
2012年6月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

東の対 東廂では
『源氏物語』<梅枝>より
「草子つくり ~明石姫君婚礼仕度~」
の場面が展示されていました。

ふたつの記事に分けてご紹介します。





舞台は、六條院春の御殿 寝殿にみたてられています。

<博物館レジュメより>
桜の盛りも過ぎて浅緑の空がうららかな頃、源氏は寝殿に独り離れ、御簾をあげわたして端近くで脇息の上に草子を置き、くつろいだ袿姿で草子を書くことに心砕いている。御前には草紙の情趣が解せる女房二三人ほどだけが伺候し、墨を擦らせている。そこへ、兵部卿宮が依頼の草子を持参し、風流人として名高い兵部卿宮は香合わせに続き、源氏のもとへ集められた草子を様々に評論した。





源氏:袿姿

平安時代、男性の袿姿は一番くつろいだ服装で、客人はもとより、目上の家族であっても人前に出るには憚られる服装であった。それが故に、限られた者のみが目にする、貴公子のくつろぎの姿には艶(つや)が増す。この場面の草子つくりに熱中する源氏のくつろいだ姿も「飽く世なくめでたし(いつまでも見飽きない美しさ)」と賞賛されている。






墨を擦る女房



草子を持参した蛍兵部卿宮




 草子つくり その2 平安時代の御冊子つくり へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 明石姫君の裳着

2016年04月13日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

明石姫君の入内 ~姫君の通過儀礼・婚礼~ に引き続き、
2012年6月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

東の対 南廂では
『源氏物語』<梅枝>より
「明石姫君の裳着 ~姫君の通過儀礼・成人~」
の場面が展示されていました。





舞台は、六條院秋の御殿 寝殿にみたてられています。


明石の姫君と秋好中宮

<博物館レジュメより>
源氏39歳の2月11日(旧暦)、六條院秋の御殿において、源氏の唯一の愛娘である明石の姫君の裳着が行われた。11歳で迎える明石の姫君の裳着は、腰結の役を秋好中宮自らが務めるという、先例のない盛儀であった。



明石姫君:濃長袴(こきながばかま) 白単 白五衣 白表着 白唐衣 白裳


秋好中宮:唐衣・裳姿
明石姫君の裳(も)の小腰(こごし)を結びます。




源氏:冠直衣姿


紫の上:唐衣・裳姿




鏡と鏡箱


理髪道具





髪上げの内侍






髪上げの内侍のための禄が用意されています。



女房たち


汗衫姿の女童





草子つくり ~姫君の通過儀礼・婚礼準備~ へ続きます。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2012年6月撮影 明石姫君の入内

2016年04月12日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

2012年6月に
風俗博物館を訪ねて撮影した展示の様子です。

寝殿において
『源氏物語』<藤裏葉>より
「明石姫君の入内 ~姫君の通過儀礼・婚礼~」
の場面が展示されていました。



<博物館レジュメより>
源氏39歳の4月20日頃(旧暦)、愛娘の明石の姫君が11歳で東宮のもとへ入内した。この年の2月11日の“裳着(もぎ)の儀”より様々な贅美を尽くした準備が盛大に進められ、ようやく迎えた入内であった。明石姫君入内の夜は、源氏の北の方として紫の上が付き添って参内し、入内の儀式で最も重要な婚礼の三日間を姫とともに過ごし、その後、紫の上は宮中を退出した。”


寝殿南廂にいる紫の上:唐衣・裳姿



写真中央:紫の上
手前の女性:紙燭をかざす下仕の女房







牛車の一種・糸毛車(いとげのくるま)に乗る明石の姫君。
そばにいるのは源氏。

明石の姫君:唐衣・裳姿



源氏の後ろ姿



糸毛車に乗る明石の姫君。別の角度から。



糸毛車と車副(くるまぞえ)





唐車と糸毛車



唐車



牛飼と牛



網代車




2012年から2015年までの展示において
透渡殿(すきわたどの)の下がくぐれるようになっていました。






 明石姫君の裳着~姫君の通過儀礼・成人~ へ続きます。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2010年9月撮影 実物大展示室

2016年04月08日 12時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女房のお勤め 御格子参る に引き続き、
2010年9月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

実物大展示室では
直衣姿の男君、
細長姿の姫君
唐衣・裳姿<十二単姿>の女房、
衵(あこめ)姿の女童が
展示されていました。





母屋にいる直衣姿の男君。



細長、唐衣・裳<十二単>、衵





細長姿の姫君






唐衣・裳姿<十二単姿>の女房



衵姿の女童





着装体験。 

風俗博物館、実物大展示室には
洋服の上から自由に羽織ることができる
装束がありました。

 ・男性用・・・狩衣姿(狩衣と指貫)
 ・女性用・・・袿姿(単と袿)

※2016年現在、着装体験コーナーはありません。


写真右側にいるのが袿姿の私です。




以上、2010年9月における風俗博物館の展示の様子でした。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本