晴れのち平安

源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪
webサイト『花橘亭』の更新記録も。

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

定期観光バス「京の夏の旅 宮廷鵜飼と夕景の嵐山」UP開始

2009年08月31日 23時57分06秒 | サイト更新記録

『花橘亭~なぎの旅行記~』「平安時代好きの京都旅行記」“晩夏の京都”

定期観光バス「京の夏の旅 宮廷鵜飼と夕景の嵐山」 UP開始しました。

9月15日で終わってしまうコースなので、私としては一日でも早くUPしてしまいたいと思っています。

法輪寺は歴史あるお寺なので、後日、追記いたします。
定期観光バスでの法輪寺滞在時間は、10分ちょっとでした。
またゆっくり訪ねたいですね。

渡月亭松風閣で夕ごはんをいただき、とても美味しかったです。

本日UP分では、夕ごはんのページまでです。

定期観光バスにご参加の方々は、母と娘・家族一同・夫婦・友達同士 という関係が多かったように見えました。

私は一人参加。

でも、充分楽しめましたよ

他の方々と一緒に行動しているうちに、おのずと顔見知りになってきて、お話するようになったりします。
これが面白いと思いますね。

だから、定期観光バスはやめられません。(笑)




『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語追体験」

鵜飼

文章を追記。
(社)岐阜県観光連盟様から「鵜飼」の画像を1枚おかりして掲載させていただきました。
ありがとうございます~。




 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

見おくる夏

2009年08月31日 22時08分03秒 | 日記
8月31日というと、夏が終わってしまうという気がしません?

今日放送された『笑っていいとも!』の「ドキドキアンケート だんだん減らしまSHOW 2009」で、“この夏、かき氷を食べた人”という会場のお客さんへの質問を見ていて、私はかき氷を食べていないな~と気づきました。


なので、『いいとも』を見終わったあと、ミニストップに行ってハロハロを食べました。




左:ハロハロ宇治金時
右:ハロハロゴールデンパイン




私のハロハロゴールデンパイン
めちゃ美味しかったです。

ソフトクリームやパイン、ゼリーでトッピングされていますが、下のほうは、かき氷です。

食べ終わったあと、身体が冷えちゃったねぇと話しつつ

レジに行って・・・



「Xフライドポテト」と「ミニタコ」を購入。

これもまた美味しい。
ぱくぱくと手が伸びて、あっという間に食べてしまいました。


次回は、白桃ピーチパフェを食べようと誓ったわたくしでした。





 NHK教育で放送

昨晩、NHKで放送された
ETV特集 日本と朝鮮半島2000年(5)日本海の道~幻の王国・渤海との交流
の録画分を今日見ました。

渤海国の輪郭がおぼろげながら見えてきたような気がして、ワクワクする番組でした。
いろいろ興味深かったです。

再放送は、以下の日時ですのでご興味がおありの方はどうぞ。
NHK教育 9月6日 24:40~26:10

番組内容⇒http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-09-06&ch=33&eid=8824

『源氏物語』好きさんは、河添房江先生のご本を読まれてから、この番組を見るとより楽しめると思います。
番組内では『源氏物語』の「げ」の字も出てきませんが、交易文化としてみると面白いです。




河添 房江

Amazonランキング:327229位
Amazonおすすめ度:






河添 房江

Amazonランキング:126868位
Amazonおすすめ度:




 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

選挙だわっしょい!

2009年08月30日 20時32分40秒 | 日記
今日は衆院選の投票日。

ここ数日、あまり体調がよろしくなくて、朝から頭痛とめまい・吐き気がひどく、少し眠っては起きてを繰り返しています。

サイト更新しているじゃん!と思われるでしょうけれども、寝たり起きたりの生活の中でパソコンに向かいちまちま書いています。


まー。そんなことは置いといて。


今日は選挙

特定の支持政党はないものの、今回は投票に行こうと思い、夕食後、投票に行ってきました。
午後8時まで受付って便利ですね。

体調が悪くて投票に行けませんでした、というのは避けたかったので今日はよかったです。


今、テレビの前にいますが開票結果はどうなるのでしょう。
今まで選挙にあまり興味がなかったのですが、今回はチェックです☆




 本日のgoogleのトップ画像はこんなです。




 本日のYahoo!のトップ画像はこんなです。



記念に画像を保存してみました。




 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

「耳皿」UPしました。

2009年08月29日 22時39分37秒 | サイト更新記録

『花橘亭~なぎの旅行記~』「平安時代好きの京都旅行記」“晩夏の京都”

嵐山宮廷鵜飼船乗船記念品 復原・平安王朝箸置き 耳皿(みみざら) UPしました


いろいろな角度から見た耳皿をご覧ください。

私、耳皿をいただけてとても嬉しかったですー。
ぶっちゃけ、鵜飼鑑賞と記念品の耳皿目当てで定期観光バスに乗車しました☆

鵜飼の様子は後日UPします。



■嵐山宮廷鵜飼は9月15日までです。
ご興味がある方はお急ぎください~。

『京都定期観光バス』

『嵐峡の屋形船 嵐山通船株式会社』

第34回 京の夏の旅2009 定期観光バス特別コース「宮廷鵜飼と夕景の嵐山」
『社団法人 京都市観光協会』内のページ)

[京都定期観光バス]<宮廷鵜飼と夕景の嵐山
『京都おこしやす.com』内のページ)


※大堰川の増水など、悪天候により宮廷鵜飼船が欠航となる場合はコースも運休されます。



 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

鵜飼をUPしました♪イベントカレンダー更新

2009年08月28日 23時05分22秒 | サイト更新記録

『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語追体験」更新

鵜飼をUPしました。

自分で文章を書きながら、鵜がかわいそうに思えてきましたが、これも日本の伝統文化。
大堰川の鵜飼はしばらく途絶えていたのが、2008年の源氏物語千年紀を機会に復活なさったのだそうです。

関係者のみなさまには私なんぞがはかりしれないご苦労があったと拝察します。

鵜は川にいる川鵜(かわう)ではなく、海の鵜である海鵜(うみう)を淡水の川に慣らして、立派な鵜飼の鵜となるべく努力した鵜ちゃん達だそうです。

先週は、京都嵐山宮廷鵜飼を見ることができてよかったです。


平安時代の鵜飼は川鵜を使ったのかな??
そのへんよく存じません。




『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語・紫式部イベントカレンダー更新

いろいろ情報を追加しました。
どうぞご覧くださいませ。

自薦他薦問わず、情報提供お待ちしております。



 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

「私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~」

2009年08月28日 16時55分12秒 | 本・漫画




セブンアンドワイに注文していた「私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~」を受け取り&支払いに行ってきました。

やっとGETできましたー。


中居くんの全てがいとおしいです。

何度も繰り返し見ています。

「カッコイイ」という私服姿もあれば、
「どうしてこんな服を選んじゃったんだろう・・・
「どこにこんな服、売っているんだろう・・・
というものまで様々。(笑)

基本的に黒づくめの中居くんに対して、私の心拍数は上がるようです。


そして、中居画伯の絵が素晴らしい

私には絶対描けないわ。


37歳というと、世間ではアラフォーとか言われちゃう世代ですが、まだまだ充分とってもカッコイイです。


この夏、私が一番笑った本かもしれません。
370円で幸せを買いました。なんつって。




 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

産経新聞での連載終了【今に生きるみやびの世界】 伊勢斎王

2009年08月27日 20時26分33秒 | 日記
画像は、私が2002年に三重県立斎宮歴史博物館で撮影した斎王人形(後ろ姿)です。


東京・上野の東京国立博物館で、7月14日~9月7日まで開催される「伊勢神宮と神々の美術」展にあわせて、三重県立斎宮歴史博物館学芸普及課の榎村寛之課長のコラムが7月2日~8月27日までの毎週木曜日に産経新聞に連載されていました。

覚え書きも兼ねて以下に『MSN産経ニュース』掲載記事へのリンクを貼ります。


1回目【今に生きるみやびの世界】(1)斎王(いつきのみこ)
産経新聞:2009年7月2日付

2回目 記事がみつけられませんでした。

3回目【今に生きるみやびの世界】(3)禊(みそぎ)
産経新聞:2009年7月16日付

4回目【今に生きるみやびの世界】(4)三節祭(みおりのまつり、さんせつさい)
産経新聞:2009年7月23日付

5回目【今に生きるみやびの世界】(5)斎宮(いつきのみや、さいくう)
産経新聞:2009年7月30日付

6回目【今に生きるみやびの世界】(6)青瓷(あおし)
産経新聞:2009年8月6日付

7回目【今に生きるみやびの世界】(7)日記(にき)
産経新聞:2009年8月13日付

8回目【今に生きるみやびの世界】(8)貝合(かいあわせ)
産経新聞:2009年8月20日付

9回目【今に生きるみやびの世界】(9)十二単(じゅうにひとえ)
産経新聞:2009年8月27日付

(展覧会後のリンク切れはご容赦くださいね)




 榎村寛之先生の斎宮に関する本




『源氏物語』に登場する六条御息所と前坊(先の東宮)の間に生まれた姫宮は、伊勢の斎王として伊勢神宮に仕えました。
この姫宮は斎王退下後、京へ戻り、光源氏の養女として冷泉帝に入内。
のちの秋好中宮となります。

教科書ではとりあげられることのない、“斎宮(さいくう=斎王の御所と斎宮寮と呼ばれる役所)”についてわかりやすく解説してある本です。
古代から中世半ばまで存在した“斎宮”と“斎王”についての入門書として最適だと思います。
斎宮跡周辺の散策ポイントも紹介されている充実した一冊。





榎村 寛之

Amazonランキング:334244位
Amazonおすすめ度:



気になりつつも未読です。



 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

web拍手メッセージありがとうございました【私信】

2009年08月27日 18時53分12秒 | 日記
私信です。

 8月25日 23:54 にweb拍手メッセージを送信下さった方へ

 九州のおすすめお菓子をお知らせくださりありがとうございました。
 いまやネットでお取り寄せは当たり前な時代になってしまいましたが、その地に実際に足を運んで食べてみたいです。



 8月26日 21:04 にweb拍手メッセージを送信くださった方へ

 誤字のご指摘ありがとうございます。
 訂正いたしました。




 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

源氏物語イベントカレンダー更新しています

2009年08月26日 21時08分04秒 | サイト更新記録

『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語・紫式部イベントカレンダー更新

昨日の更新なのですが、今日お知らせします。


中部地方 1件加筆

・福井県越前市内で開催される「源氏物語アカデミー」の日程が公表されています。
10月23日~25日までの3日間開催。

お申し込み期限は、9月30日です。


私もいつか行ってみたいです。
よろしければ、『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』内、“紫式部と越前”もご覧くださいませ。




近畿地方 1件追加

・三重県伊勢市に王朝浪漫の夢見宿「斎王の宮」オープン!
   11月 7日(土)~



自薦他薦問わず、情報提供お待ちしております。



この度、『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』Yahoo!カテゴリ源氏物語の項目に登録していただけました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。



 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

乞巧奠(きっこうでん) 七夕の節句

2009年08月26日 20時44分11秒 | 日記
今日は旧暦7月7日ということで、先週、宇治市源氏物語ミュージアムで撮影した乞巧奠(きっこうでん・きこうでん)の展示の写真を載せます。




乞巧奠⇒牽牛(けんぎゅう=彦星)・織女(しょくじょ=織姫)の二星をまつって、技芸上達を乞う奠(=祭り)です。






清涼殿の東側というとこちらです。
写真は京都御所の清涼殿なのでイメージと思ってください。
2002年くらいに撮った写真なので「呉竹」や「漢竹」の雰囲気が現在とかなり異なります。





『源氏物語』第41帖「幻」の帖で、光源氏が亡き紫の上を偲び、七夕の歌を詠むシーンがあります。

風俗博物館で2006年下半期に展示された~在りし日の紫の上と源氏~『源氏物語』「幻」よりもご覧くださいませ。




 オススメ

明さんのBlog「源氏物語」の記事にて乞巧奠(きこうでん)と七夕に食べる風習があった索餅(さくべい)について詳しくご紹介されています。



 本日開催。

門人ら王朝の風情を楽しむ 上京・冷泉家で「乞巧奠」
京都新聞 2009年8月26日付



 web拍手をありがとうございました。

下のリンクをぽちっと押すだけです☆ メッセージも送信可能です。

web拍手を送る

HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ