晴れのち平安

源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪
webサイト『花橘亭』の更新記録も。

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【情報】源氏物語千年紀「声明・雅楽と語り 源氏物語」開催

2008年06月30日 13時44分39秒 | 情報
源氏物語千年紀
「声明・雅楽と語り 源氏物語」


■開催日:2008年10月26日(日)開催  午前9時30分 受付開始

■会 場:尾華山 蓮通寺(おばなざん れんつうじ)
     滋賀県伊香郡西浅井町岩熊542

■交 通:JR近江塩津駅、永原駅より送迎バス

■参加費:8,000円≪お食事付き≫
    <※装束着装体験希望の方は+8,000円>

■お問い合わせ:TEL 0749-89-1130(丸子船の館

■主 催:奥琵琶湖 水の駅まつり実行委員会
■後 援:西浅井町観光協会西浅井町商工会
      源氏物語千年紀委員会
      源氏物語千年紀委員会in湖都大津


↓画像をクリックされますと大きなサイズでご覧いだけます。↓

   


(画像及び情報の掲載許可をいただいております。)



当日の流れ(予定)

 9時30分  受付開始
10時00分  挨拶・説明
10時30分  声明・雅楽
11時30分  若紫の語り⇒『源氏物語』<若紫>の巻のかたりを楽しみます。
                語り:今井友子(むらさきの語り主宰)
12時30分  ≪昼食≫ ⇒平安時代の食事を地元の食材で味わっていただけます。
13時30分   終了
    
 終了後    バスにて「奥びわこ 水の駅」経由で、駅にお送りします。



『源氏物語』第五帖<若紫(わかむらさき)>の語りでは・・・
光源氏が過ごした北山の“なにがし寺”での様子や心象を背景にして進行されるようです。

吹きまよふ 深山おろしに 夢さめて
  涙もよほす 滝の音かな

という歌の部分も含めて原文で読んでくださるそうです。




平安装束着装体験(限定20名様)
定員になり次第、締め切りとなるそうです。
ご希望の方はお早めに。

 男性・・・狩衣(かりぎぬ)姿
 女性・・・小袿(こうちき)姿

※体験を希望される場合、参加費とは別途、8,000円必要です。






 なぎメモ。 

ポスター左上に印字されている和歌は、紫式部が越前下向の際に詠んだ歌です。

以下、『紫式部集』より。
<原文・訳は渋谷栄一氏のサイト『源氏物語の世界』から引用。

.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・

塩津山といふ道のいとしげきを賤の男のあやしきさまどもして「なほからき道なりや」と言ふを聞きて

知りぬらむ行き来にならす塩津山
 世にふる道はからきものぞと


(塩津山という道がたいそう草木が繁っているので、下男が粗末な身なりをして「やはりつらい道だな」と言うのを聞いて

知っているのだろう、行き来に慣れた塩津山の
 古くからある世渡りの道は辛く塩辛いものだと)


.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・


「からき」は、辛い(つらい)ことと塩が辛い(からい)こととをかけている歌です。

国道8号線沿い、常夜灯のかたわらに、この和歌が記された歌碑があるそうですよ。
参考⇒畑裕子 著『源氏物語の近江を歩く』 (近江旅の本)


紫式部は京で生まれ育ちましたが、ただ一度、京から離れて生活の居を移したのは、父・為時と過ごした越前の地でした。

京を発ち越前に向かうため、琵琶湖の西岸沿いを船に乗り北へと向かいました。
たどりついた湊がこのイベントが開催される地、「塩津」です。

越前下向にあたって、道中、紫式部は上にご紹介しましたようにいくつかの和歌を詠んでいます。

紫式部の旅の体験は、のちに彼女が執筆する『源氏物語』にも深く影響を与えていることと思われます。




「声明・雅楽と語り 源氏物語」に参加される方はどうぞ楽しまれてくださいね!!


web拍手を送る



HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

NHKラジオ第2

2008年06月29日 23時05分19秒 | 日記




この本は、NHKラジオ第2で 7月から放送開始される番組のガイドブックです。

NHKカルチャーアワー 文学の世界
紫式部のみた京都
講師:高橋 文二(駒澤大学教授)


本放送⇒毎週木曜日 20:15~20:45(NHKラジオ第2)
再放送⇒毎週金曜日 10:15~10:45(NHKラジオ第2)

7月3日(木)から放送開始。全13回の講座です。

詳しくは、NHKカルチャーアワー 文学の世界をご覧下さい。

番組内容のタイトルを見る限り面白そうです。


しかし、我が家はラジオ番組が受信しづらくて・・・。


番組のガイドブックだけでも拝読したいです。
定価:893円(税込み)
テキスト内容を知りたい方はNHK出版のこちらのページをどうぞ。




☆ラジオ受信ができるのでしたら、今年春から来年春にかけて放送されている伊井春樹先生の古典講読「源氏物語、千年紀・選」も拝聴したいのですけれども。


ラジオが聴ける方はお楽しみくださいませ。
ご感想などお聞かせくださいね!




HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

「はろうきてぃ」切手・「百人一首」切手が発売されます♪

2008年06月29日 19時19分46秒 | 日記
本日の画像は、先月、京都のお土産屋さんで買った「はろうきてぃ 京都小倉百人一首」ハンドタオルです。

紀貫之(きのつらゆき)の和歌と紫式部の和歌が描かれています。
装束姿がちょっと間違ってるなーと思いますが、可愛いからOKです!!

===============


7月23日(水)に同時発売

グリーティング切手
「はろうきてぃ」50円郵便切手・80円郵便切手

参考⇒「日本郵便」の公式ホームページでの切手紹介ページ。


めっちゃ可愛いです。
キティは十二単姿。ボーイフレンドのダニエルは直衣(のうし)姿ですよ。
ネットから通販申し込みができるので、申し込みしちゃいました。
届くのが楽しみです。




7月23日(水)に同時発売

特殊切手
ふみの日にちなむ郵便切手 50円郵便切手・80円郵便切手
平成20年「百人一首」源氏物語の時代の歌人たち

参考⇒日本郵便公式ホームページでの切手紹介ページ。


切手に採用されたのは以下の歌人たちです。

・紫式部
 めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に 雲隠れにし夜半の月かな

・藤原実方朝臣
 かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思いを

・清少納言
 夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ

・大納言公任
 滝の音は絶へて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ

・和泉式部
 あらざらむこの世のほかの思い出に いまひとたびの逢うこともがな


こちらもシートで買いたいです♪





 私はその昔、切手収集をしていました。
ストックブック(切手を保存するためのアルバムみたいなもの)も持っています。
今回買う切手も使わずに保存します。




HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

小倉城庭園と蝶屋染織美術館

2008年06月28日 22時24分10秒 | 日記
本日の画像は、福岡県北九州市の小倉城です。
(小倉城庭園書院棟から撮影しました。)



今日から小倉城庭園で、
企画展「日本のゲーム~室内遊戯の楽しみ~」
が開催されています。

展示期間:6月28日(土)~8月31日(日)


今日の夕方のニュースで展示の様子が紹介されていました。
面白そう~♪

日本古来の遊びである、双六(すごろく)やカルタ、囲碁、将棋、貝覆いなどが展示されているそうですよ。

期間中にぜひ行きたいと思っています。


<当サイト内、小倉城庭園のページ>
「東へ西へ」小倉城庭園(2007年1月撮影)
「おまつり」小倉城庭園 十二単着付け公開(2002年11月撮影)
「おまつり」小倉城庭園 十二単着付け公開(2007年10月撮影)






福岡県久留米市にある蝶屋染織美術館でふたつの展示
「京都・西陣織展―源氏物語絵巻―」
「西陣織秘宝展―明治・大正・昭和―」
が開催されます。

展示期間:7月2日(水)~7月31日(木)


美術館のホームページ内の紹介ページによると、十二単と舞妓さんの着装を解説を交えて実演で紹介されるもよう。
西陣織の展示も興味津々。

久留米までちょっと遠いですが、高速バスを使えば距離はそれほど負担にならないのですよね。
見てみたいです。




HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

思文閣出版から「鴨東通信」届く

2008年06月27日 19時20分53秒 | 日記
本日の画像は、京都御苑で撮影した「土御門第跡(つちみかどていあと)」の駒札です。
土御門邸は、一条天皇の中宮彰子がのちの後一条天皇・後朱雀天皇を出産し、藤原道長が望月の歌(この世をば…)を詠んだ邸宅です。
現在の京都御苑の迎賓館の南、仙洞御所の北に駒札があります。



数日前に、思文閣出版さんからPR誌 四季報№70「鴨東通信」(無料)が届きました。


朧谷壽先生の“歴史の現場をつかまえる”を拝読。
角田文衞先生の思い出・京都の新名所・光源氏のモデル・もの言わぬ史料を読む という構成でした。


■改めて角田先生の功績は偉大だと思いました。
先月、廬山寺を訪ねた際にお若い頃の角田先生のお写真を見て、胸がつまりそうでした。
廬山寺では、角田先生の小冊子「紫式部の居宅」(200円)と「紫式部 その生涯と遺薫」(800円)を購入しました。

角田先生のお名前を覚えたのは、むかーしNHKで放送された歴史番組シリーズの何かで、「平安王朝スキャンダル~待賢門院璋子の生涯~」にご出演されていたことがきっかけでした。
璋子の生涯について語られる角田先生の姿に見入り、待賢門院璋子に関する著書があるらしいことも知りました。

なので、初めて買った角田先生の著書は『待賢門院璋子の生涯―椒庭秘抄』 (朝日選書 (281))です。


私をふくめ素人にでも、わかりやすくて手にいれやすい本を遺してくださったのは、本当にありがたいことです。



■先月の京都旅行中に、京都御苑内に「土御門第(つちみかどてい)跡」の駒札が建てられたことを知り、京都御苑を訪ねました。

京都御苑内には、そう簡単に駒札や石柱を建てられないのだろうなと思っていたので、これは嬉しかったです。
朧谷先生や京都御苑管理事務所の方が頑張ってくださったおかげなのですね。

一地方都市に住む私が嬉しいと思うくらいですから、ご専門の方々にはもっと喜ばしいことだろうと拝察いたします。

同じく京都御苑内に「枇杷殿(びわどの)跡」の駒札も建てらるとのこと、次回、京都へ行ける際にはぜひとも訪ねたいです。



■朧谷先生は文末で、現在、京都市考古資料館で開催中の「紫式部の生きた京都展」((財)京都市埋蔵文化財研究所)を一人でも多くの方に見ていただきたい とつづっておられました。
来年の1月31日までの展示ですので、私も可能なら見に行きたいです。





思文閣出版さんの気になる本

リンク先は思文閣出版の本の紹介ページです。

『石山寺の信仰と歴史』
・シリーズ古典再生1『一千年目の源氏物語』
・シリーズ古典再生2『日本の心と源氏物語』
・シリーズ古典再生3『歴史の中の源氏物語』





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

カウンター56200/【情報】ギャラリー「源氏」オープン♪

2008年06月26日 22時34分17秒 | 日記


↑画像をクリックすると原寸サイズでご覧いただけます↑


本日夜、『花橘亭~なぎの旅行記~』のトップカウンター、56200を自分で踏みました。

記念に画面を保存&画像UP。

いつもご覧下さっている方、時々ご覧下さっている方、初めましての方、
当サイトにお立ち寄りくださいましてありがとうございます。


今後ともどうぞよろしくお願いします。


 現在、京都旅行記をぼちぼち作成中です。
気長~にお待ちください。




===============


【情報】
ギャラリー「源氏」オープン♪

京都市中京区高倉通三条下る 「J.KYOTO WAZA GU INTERNATIONAL」1階に、源氏物語千年紀委員会の公式ギャラリー「源氏」が、6月25日(水)にオープンしたそうです。

源氏物語千年紀を記念した“源氏グッズ”約500点が展示販売されているそうですよ。

開店期間は、2009年3月31日まで。

私も期間中にお店を訪ねてみたいです♪


ソースはこちら。
⇒読売新聞 2008年6月26日(木)付
「源氏物語千年紀 グッズ500点展示即売 中京」





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

ここはグリーン・ウッド実写化!

2008年06月26日 20時06分32秒 | 日記
今、岩田光央さんのラジオ「岩田光央の超ラジ!」を聞いていて知ったのですが、漫画『ここはグリーン・ウッド』が来月からドラマ放送されるそうですね。

うわーーー。
今の今までノーチェックでした。

岩田さん 教えてくださってありがとう!!

OVA版(アニメ版)はNHK-BSで放送されたので、きょうだい揃って見ていましたよ。


懐かしい~~!!
しかも、岩田さん(アニメでは、 光流 役を演じておられました)がドラマのナレーションをつとめられるそうです。

きゃ~~。
楽しみっ。


岩田さんによると、ドラマの内容は楽しみにしていて良いようです。
深夜放送なので、ビデオの用意をしておこっと♪


番組公式サイトはこちら。
「ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~」





 ぶっちゃけ、岩田光央さんの存在を初めて知ったのは、グリーン・ウッドの光流(みつる)役からでした。

次に知ったのは、友達からかりた「超兄貴ショー」のCD・・・。

このギャップに驚きましたねぇ。(笑)



【追記】
上記の内容を少し書き換えて、メールで番組宛に送りましたら、岩田さんに番組最後でメールを読んでいただきました。

生放送のラジオ番組にメールを送ったのは初めてだったのですが、リアルタイムに読んでいただけて感激です。
泣いてもいいですか。

嬉しすぎて踊っちゃいそう。O(≧▽≦)O ワーイ♪




HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

怪~ayakashi~/源氏物語記念貨幣

2008年06月25日 22時56分57秒 | 日記
今日はアニメ「怪~ayakashi~」シリーズを鑑賞していました。
アニメはほとんど見ないのに、ハマってしまうとは。
しかもホラー系ジャンルです。
オープニングテーマもエンディングテーマも大好きです。

●四谷怪談

個人的感想⇒怨念ってなんなのでしょう。
見終わってから不思議な気持ちになりました。
ひとりで見るのはコワイです。
執念を維持し続けるパワーがすごいと思いました。


●天守物語

個人的感想⇒テーマは、恋とはどんなものかしら?という雰囲気。
純粋であるがゆえに富姫が可愛いです。
図書之助のお静に対する不誠実な夫っぷりにイライラ。(笑)
最後は、思いっきりファンタジーの世界に飛び立ってしまいましたね。
そんな展開になるとは思いませんでした。
まあ これもありかな。


●化猫

何度も何度も見ています。
薬売りさん目当て。
珠生さんと猫が・・・。(´・ω・`)
人の業とか執念とか、やりきれない気持ちになります。
ラストの珠生さんの「ねこねこー こっちよ。」という笑い声で救われます。
薬売りさんのつぶやきにも。


==========



新聞記事より


源氏と石見銀山をテーマに
記念貨幣のデザイン公表
京都新聞 2008年5月6月24日(火)付


地方自治法施行60周年を記念して貨幣(硬貨)が発行するにあたり、京都府は源氏物語・島根県は石見銀山がテーマだそうです。

源氏物語は、国宝『源氏物語絵巻』の原画が採用されるようです。
いったいどの場面が選ばれるのでしょうね。

(弐千円札に国宝『源氏物語絵巻』(鈴虫 二)が採用されたので、鈴虫以外の絵になるのかな~。)

・・・と思いつつ、ググってみたら、中日新聞の記事に写真が掲載されていました!


カラー硬貨に源氏物語 地方自治法60年記念
中日新聞 2008年6月24日(火)付


硬貨に採用された 国宝『源氏物語絵巻』の絵は、「宿木(三)」なのですね。

私は、この絵、とても好きです。
一応付け加えておくなら、光源氏は出ていません。(笑)
『源氏物語』の宇治十帖のお話です。

この絵の男性は“匂宮(におうのみや)”、女性は“中の君(なかのきみ)”でふたりは夫婦です。



純銀製とはいえ、1000円硬貨のお値段が 6,000円もするのですね。

うう。欲しいと思うけれど・・・。
10月に発売なのでしばらく悩みます。(笑)

6,000円あったら、もう少しお金を足して私ならコレを買ってしまうかも!?



財務省のホームページ内の報道発表では、500円硬貨と1000硬貨のすべての絵を見ることができます。

京都府の500円硬貨は 国宝『源氏物語絵巻』の「宿木(二)」です。
描かれているのは、“匂宮(におうのみや)”と“六の君<ろくのきみ=夕霧の娘>”。
こちらも夫婦です。

500円硬貨・1000円硬貨ともに共通するのは“光源氏”の孫である“匂宮”。
“匂宮”の妻である“六の君”と“中の君”が硬貨のそれぞれにいることに何か意図があるのでしょうか。

関係者の方のお話をお聞きしたいところですね。





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

菅原孝標女 生誕1000年記念

2008年06月22日 23時59分24秒 | 日記
2008年は「源氏物語千年紀」
と、こちらで何度も連呼していますが同時に

「更級日記(さらしなにっき)」の著者である菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の生誕1000年にあたります。

菅原孝標女は、1008年生まれなのです。


彼女の本名はわかっていません。
父の名前はそのまま菅原孝標(すがわらのたかすえ)。

菅原道真の子孫にあたります。

「源氏物語」に憧れる様子が「更級日記」に活き活きと記されており、源氏物語関連の本などにも、そのことが紹介されていますね。


今年は生誕1000年ということで、ネット検索してみましたら、面白そうなページを発見しました。


千葉県市原市の『市原市埋蔵文化調査センター』公式ホームページ内の「さとしとなるみの勉強部屋」というページです。
(リンクは新しいウインドウで表示されます。)

こちらに“菅原孝標の女の更級いちはら紀行”や“菅原孝標女生誕1000年記念特集”というコンテンツがあります。
かなり内容が充実していますよ♪


私は「更科日記」を通読したことがないので面白く拝見しています。

市原市のJR五井駅前の道(更級通り)に物詣姿の菅原孝標女の像があるそうです。
いつか訪ねてみたいですね~。




 現在、小池笑芭さんのサイト『源氏の部屋』の「ご感想・ご意見用 掲示板」にて、大伴茫人さんが『更級まで夢をみて』を連載してくださっています。
こちらも楽しく拝見しています。



 さぁて本日の画像は?
ご案内がおくれました。
風俗博物館で2005年秋に展示されていた『更級日記』での一場面です。
写真の右奥にいる姫君が、菅原孝標女。
左にいる姫君が菅原孝標女の姉です。

展示の様子は、当サイト内、“文学作品にみる名場面1 「更級日記」菅原孝標女 著”をご覧下さい。





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。
 

京都定期観光バス 夏の期間限定コース

2008年06月20日 23時48分11秒 | 日記
以下の情報は、私が小池笑芭さんのサイト『源氏の部屋』にある情報掲示板に投稿したものです。
若干書き換えています。

.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・.:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・'゜'・ .:*:・☆.:*:・


京都定期観光バス 夏の期間限定コースのうち、「源氏物語」や平安時代に関連するコースです。


■教科書に見る京都・再発見~源氏物語~  コース記号:LE
http://www.kyototeikikanko.gr.jp/course/index02.php/n_id=224/

≪運行日≫
7月18日まで月・土休日、7月19日~9月30日まで毎日 ※8月12日は運休

≪観光場所≫
・平安京創生館
 ※7/22・8/26・9/9・9/24は平安京創生館は他に変更予定
・下鴨神社
・清凉寺
 ※8/8~8/16は清凉寺は他に変更予定
・野宮神社と嵐山散策
・紫式部墓所
・泉仙《昼食》

≪料金≫
お一人様料金        大人:8,700円  子ども:6,200円
グループ料金(4名様から) 大人:8,600円  子ども:6,160円


◎このコースに乗車した私の簡単なメモをブログ記事に書いています。
よろしければご参考までにご覧下さい。
(乗車日は5月19日でした。今後、観光順序など変更の可能性もあります。)




■宮廷鵜飼と夕景の嵐山 コース記号:LG  
http://www.kyototeikikanko.gr.jp/course/index02.php/n_id=293/

≪運行日≫
7月1日~9月15日まで毎日
※8月16日及び宮廷鵜飼船が欠航の場合、コースも運休

≪観光場所≫
・嵐山宮廷鵜飼船
・夕景の嵐山散策
・渡月亭《夕食》

≪料金≫
お一人様料金        大人:9,000円  子ども:6,650円
グループ料金(4名様から) 大人:8,800円  子ども:6,450円


※個人的に、“平安時代の箸置きを復元した耳皿をプレゼント”というのにとても惹かれます。

耳皿は、こちらのブログ記事の写真にうつっている白い“箸置き”をイメージしてよいと思います。



■~第33回 京の夏の旅~ 京の異界伝説をたずねて コース記号:L
http://www.kyototeikikanko.gr.jp/course/index02.php/n_id=223/

≪運行日≫
7月19日~9月30日まで毎日

≪観光場所≫
・六道珍皇寺~小野篁~
 ※8月1日~8月19日は六道珍皇寺を他に変更予定
・晴明神社~安倍晴明~
・北野天満宮~菅原道真~
・千本ゑんま堂~小野篁~ ⇒紫式部供養塔もあります。
・天喜《昼食》
・鶴屋吉信《京菓子と冷抹茶》

≪料金≫
お一人様       : 大人9,000円 小児6,510円
グループ(4名様から): 大人8,700円 小児6,210円




六道珍皇寺についてひとりごと。

数年前、友人と一緒に行ったことがあるのですが・・・。
うーん。これを言っていいのかな。。。
私だけ金縛りみたいになってしまって、身動きがとれなくて立ちつくしてしまい、写真が全く撮れなったんです。

「六道珍皇寺 金縛り」でネット検索してみたら、約98件ヒットしましたよ。

たまにある話なのかな。

「六道まいり」で有名なお寺ですし、地元密着型なお寺だと思うのです。

いつかまた訪ねたいお寺のひとつです。





HP『花橘亭~なぎの旅行記~』に戻る> <コメントをくださる方は掲示板へ

私のamazonストア「オススメ本と読みたい本リスト」もご覧下さい。
通常のamazonでのお買い物のようにご利用いただけます。