晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 入道の宮

2015年06月27日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女楽 に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿西廂では
『源氏物語』<幻>より
「入道の宮~出家した後の女三の宮のもとを訪ね亡くなった紫の上を偲ぶ源氏~」
の場面が展示されていました。

舞台は、春の御殿 寝殿西面(にしおもて)と見立てられています。


展示全体の様子。

博物館レジュメより
 “源氏51歳の夏、最愛の紫の上がこの世を去る
 (享年43歳)。
 年が改まり、六條院に再び春がおとずれ、春を愛でた
 紫の上の庭に花々が咲き乱れている。



源氏はなんとも所在ないので
入道の宮(女三の宮)のもとを訪ねました。


源氏。
白無紋直衣姿
(服喪の期間を過ぎ、平常服であるが、故人への
 心の喪の表れとして、地味に装っている。)



入道の宮(女三の宮)。
五條袈裟姿。



匂宮(6歳)も紫の上ゆかりの女房に抱かれて
一緒にいらっしゃっいました。

女房:鈍色服喪唐衣裳姿。
(紫の上を偲んで喪が明けても鈍色の服を
 そのまま着ている。)




薫(5歳)
匂宮と薫は無邪気に走り回って遊びます。



入道の宮(女三の宮)は仏の御前で読経しています。

 “柏木との不義の子である薫をもうけた女三の宮は、
 その罪の重さに耐えかね、出家し、今は勤行の日々を
 おくっていた。




閼伽(あか)棚に向かう女房。





 実物大展示室へ続きます。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む