晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

お知らせ

webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』(http://www42.tok2.com/home/kakitutei/)はサーバー障害のため現在ご覧いただくことができません。以下のコンテンツ・サイトはご覧いただくことができます。
 ・「平安時代好きの京都旅行記」
 ・「PICK UP」
 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』

【日常】 2014年を振り返って

2014年12月30日 00時00分00秒 | 日記
 2014年を振り返ってみます。

今年を一文字で表すとしたら
でしょうか。

周囲のいろいろな事柄が動きだし、
私自身もよく動いた1年だったように思います。


【 1月】
・webサイト『花橘亭~なぎの旅行記~』10周年!
映画「かぐや姫の物語」を鑑賞。
福岡市の筥崎宮参拝。花庭園の冬ぼたんも素敵でした。



【 2月】
太宰府ぷち散策(観世音寺・戒壇院・太宰府天満宮)
九州国立博物館 特別展「国宝 大神社展」鑑賞。
・佐賀県唐津市、古代の森会館で行われた『花と源氏物語・玉鬘の生涯』展の設営をちょこっとお手伝い。



【 3月】
L'Arc-en-Cielのライブビューイング。
新居昭乃弾き語りLIVE TOUR2014 「Little Piano vol.5」 福岡Gate's7



【 4月】
九州国立博物館 特別展「近衛家の国宝 京都・陽明文庫展」鑑賞。
・滋賀県大津市~京都市を観光。(市川海老蔵特別公演「源氏物物語」鑑賞。



【 5月】
・太宰府天満宮参拝。新緑が綺麗でした。
倉本一宏先生による講演会「藤原道長『御堂関白記』と世界記憶遺産への道程」を拝聴。



【 6月】
筥崎宮参拝。あじさい苑花庭園を散策。)
・webサイト『花たちばな』を仮UP。
スマホデビュー。


【 7月】
・Twitterで行われている #源氏物語深夜の真剣創作60分一本勝負 に参加。毎回が楽しみに♪
九州国立博物館 特別展「クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美」鑑賞。



【 8月】
・京都旅行。(京都迎賓館を参観。



【 9月】
宮地嶽神社参拝。
京都旅行。吉海直人先生の百人一首講座を拝聴。
北九州市 安立山妙見宮「舞楽の夕べ」鑑賞。



【10月】
・NHK Eテレ「100分de名著」清少納言の『枕草子』放送。
・特殊切手「古典の日制定」発売。



【11月】
・webサイト『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』 7周年!
バスツアーで初めて、平家落人伝説の秘境・宮崎県椎葉村を訪ねました。
北九州国際音楽祭 雅楽<東京楽所>鑑賞。
京都・宇治旅行。「京ことば源氏物語』<夕顔の巻>」鑑賞。まいまい京都に初参加。・百人一首講座拝聴。)



【12月】
・人生において初めて手術をしました。今はだいぶ元気です。





まとめ。

今年は興味のある分野の
講演会に行ける機会に恵まれて、
とても嬉しかったです。

『源氏物語』『百人一首』『平安時代』『舞楽』を
キーワードとした様々なご縁にも感謝。


500円でフォトブックが作れるTOLOTで
自分が撮った写真をフォトブックにすることにハマっています。
6月にスマホを買って以来、
もっと写真を撮ることが身近になったような気がします。


2014年、ありがとうございました。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【本】 2014年に発売された紫式部や『源氏物語』に関する本

2014年12月29日 00時00分00秒 | 本・漫画
 本のご紹介です。

2014年に発売された
紫式部や『源氏物語』に関する本のうち
印象に残ったものを書き出してみます。


■紫式部のことや紫式部が生きた平安時代を知ることができます。

 
 

 『平安人の心で「源氏物語」を読む (朝日選書)』 ⇒ご紹介と感想

朝日選書。2014年6月に発売されました。
著者は、京都学園大学教授の山本淳子先生。

『源氏物語』のおおまかなあらすじや人物をご存知の方向けです。
『源氏物語』をより楽しめるエッセンスがいっぱい。




 

 『紫式部と平安の都 (人をあるく)』 ⇒ご紹介と感想

吉川弘文館の<人を歩く>シリーズのうちの一冊です。
2014年9月に発売されました。

著者は、国際日本文化研究センター教授の倉本一宏先生。

「源氏物語千年紀」だった2008年以来、
紫式部や『源氏物語』ゆかりの地を
まとめられた本の出版は少なかったような気がします。

それだけにこの本との出会いは嬉しかったのでした。







■『源氏物語』の名場面を描いた絵を見ることができます。

 

聚美 10(Winter 2014) 特集:源氏絵』 ⇒ご紹介

2014年1月に発売されました。
「源氏絵」にご興味がおありの方にオススメ。
読み応え充分です。





      

 『源氏物語 絵巻54帖 上 (別冊宝島 2216)
 『源氏物語 絵巻54帖 下 (別冊宝島 2217)』 ⇒ご紹介と感想

2014年7月に同時発売されました。
監修は、立教大学教授の小嶋菜温子先生。

国宝「源氏物語絵巻」の源氏絵と
国内・国外で所蔵されている源氏絵が様々に掲載。

『源氏物語』各帖のあらすじと読みどころも掲載されています。
源氏絵を見るのが好きな方にはオススメの2冊(上・下)です。




 

 『浮世絵で愉しむ源氏物語 (双葉社スーパームック)』 ⇒ご紹介と感想

2014年9月に発売。
オトナのための源氏物語本というべきでしょうか。
江戸時代の『源氏物語』を楽しもうというエネルギーを感じます。





・・・というわけで
2014年はいろいろな本との
出会いがありました。








2015年はどんな本との出会いがあるでしょう。
楽しみです。

オススメの本がありましたら
教えてくださると嬉しいです。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【三重県明和町】 第33回「斎王まつり」 2015年6月6日・7日開催!出演者募集中ですって。

2014年12月28日 00時00分00秒 | 三重県明和町
 三重県明和町 観光大使のひとり なぎ です。

三重県多気郡明和町では
第33回「斎王まつり」
平成27年6月6日(土)・7日(日)に
開催されます。

現在、斎王役・出演者を募集中だそうですよ。
応募期間は、平成26年12月1日~平成27年2月10日(日)まで。

選考会がある役柄や先着順の役柄もあるようです。

詳しくは、こちらをどうぞ。

 ※斎王まつり
 ⇒ http://saioh.sub.jp/




いつか「斎王まつり」を実際に見てみたいものです。







<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【三重県明和町】 いつきのみや歴史体験館にて「追儺と正月」開催中。~1月12日まで!

2014年12月27日 18時00分00秒 | 三重県明和町
 三重県明和町 観光大使のひとり なぎ です。

三重県多気郡明和町にある
いつきのみや歴史体験館では
斎宮今昔 いつきのみやの四季 平安貴族の暮らしと感性
いつきのみやの冬「追儺と正月」が開催中です。

~2015年1月12日(月・祝)まで。


 ※いつきのみや歴史体験館
 ⇒ http://www.itukinomiya.jp/


 “「追儺(ついな)」とは、平安時代の年中行事として宮中で行われていた大晦日の夜の行事です。
  王朝人たちは目に見えぬ「鬼」を追い払い、新しい年に幸多からんことを願いました。
  また、「正月」は迎春行事として現在も受け継がれています。
  新しい年に願いを託し、ぜひいつきのみや歴史体験館の「追儺と正月」をお楽しみ下さい。




お近くにお住まいの方もそうでない方もどうぞ。
※年末年始は休館されます。ご注意くださいませ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 宇治市源氏物語ミュージアムにて 入門講座2 開催。(2月12日・3月11日の全2回)

2014年12月27日 12時00分00秒 | 情報
 源氏物語に関する講座の情報です。

京都府宇治市、
宇治市源氏物語ミュージアムにて
入門講座2
源氏物語の舞台 京都・宇治

が開催されます。

 ※宇治市源氏物語ミュージアム
 ⇒ http://www.uji-genji.jp/
 ⇒ http://www.uji-genji.jp/information/view.php?info_no=369


【開催日】 2015年 2月12日(木)、3月11日(水)の全2回。

【時 間】 各回とも午前10時~11時30分(受付は9時30分から)

【講 師】 大塚 朋代 (宇治市源氏物語ミュージアム職員)

【人 数】 80名 ※応募者多数の場合、抽選。

【参加費】 500円


応募は、往復はがきにて受付中とのことです。
締切は1月31日(土)必着。





 宇治市源氏物語ミュージアム 企画展開催中。

企画展「モノが語る平安時代」が開催中です。
~2015年2月15日(日)まで。





<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 福岡県太宰府市 観世音寺と戒壇院にて「ライトアップinまほろばの里」開催!

2014年12月26日 00時00分00秒 | 情報
 太宰府に関連する情報です。

福岡県太宰府市にある
観世音寺戒壇院にて年末に
「ライトアップinまほろばの里」が行われるそうです。

 【日程】 平成26年12月30日(火)、31日(水)

 【時間】 午後5時~午後10時まで(31日は翌朝3時頃まで実施)


 ※太宰府市ホームページ
 ⇒ http://www.city.dazaifu.lg.jp/
 ⇒ http://www.city.dazaifu.lg.jp/kankoukeizai-ka/sisekilightup.html



観世音寺は『源氏物語』にもその名が登場する古刹です。

ライトアップは毎年行われているようなのですが
私はまだ見たことがありません。

いつか実際にライトアップされた様子を見たいと思っています。





 昼間の様子はこんな感じです。


観世音寺(2014年2月撮影)


戒壇院(2014年2月撮影)




 当方のサイト内で太宰府をご紹介しているコンテンツです。

 ・『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語ゆかりの地をめぐる 遥かなる筑紫 太宰府」


よろしければ、ご覧くださいませ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【情報】 中身は何でしょう?時雨殿の「百人一首」福袋、登場!

2014年12月25日 00時00分00秒 | 情報
 百人一首に関する情報です。

京都市右京区、嵐山にある
小倉百人一首殿堂 時雨殿

本日12月25日から2015年1月3日まで
年末年始のため休館されます。


そんな中、朗報が

1月4日(日)から時雨殿にて
福袋が販売されるのだそうです。


公式サイト内のミュージアムショップのページにて
「百人一首」福袋 【3,000円】【5,000円】【10,000円】や
「ちはやふる&おじゃる丸」福袋 【3,000円】【5,000円】【10,000円】が登場。

通販での事前申込みも可能だとか。

 ※時雨殿 公式サイト
 ⇒ http://www.shigureden.or.jp/
 ⇒ http://www.shigureden.or.jp/info/001949.html


公式サイトの案内によると
非売品のものも入っているようなので
気になります~~~。



どんなものが入っているのでしょうね。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【日常】 再放送されないかしら? NHK「源氏物語(まんがで読む古典)」

2014年12月24日 00時00分00秒 | 日記
 私のささやかな日常。雑感。

今は昔・・・、NHKで
「まんがで読む古典」と題したシリーズがありまして
日本の古典文学作品を数回に分けて紹介する番組が
放送されていたことがありました。


『徒然草』や『更級日記』、『蜻蛉日記』、『伊勢物語』を見て
おもしろかったという記憶がおぼろげながらあります。


 ※詳細は、Wikipedeia まんがで読む古典 のページをどうぞ。



Wikipediaによると1991年の春休み期間に
『源氏物語』も放送されたのだそうです。

知りませんでした!!

しかも、光源氏を関俊彦さんが演じられたのだとか。


NHK Eテレのサイト内、
「お願い!編集長」にて
再放送検討中のページがあります。

 ※ただいま「源氏物語(まんがで読む古典)」の再放送を検討中!
 ⇒ http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/detail/15271.html


再放送を希望する場合、
クリックひとつで投票できるようです。

私も早速、クリックしてきました。

ご興味がおありの方は、ぜひ「Eね!」をどうぞ。






<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【サイト更新】 「源氏物語追体験」 亥の子餅のページを更新しました。

2014年12月23日 00時00分00秒 | サイト更新記録
 サイト更新のお知らせです。

お知らせ その1。


『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』「源氏物語追体験」亥の子餅 更新

 虎屋菓寮でいただいた亥の子餅もupしました。





お知らせ その2。


『花橘亭~源氏物語を楽しむ~』源氏物語・紫式部関連イベントカレンダー 更新

来年の情報を大幅に追加しています。
お出かけのお役にたてましたら幸いです。

開催中 または これから開催される情報については
冒頭に  で示しています。

そのほか、源氏物語や紫式部関連の展覧会やイベントが
開催されそうな寺社・博物館美術館へのリンク集ともなっています。

自薦他薦問わず、情報提供をお待ちしております。


 ・web拍手ボタン ・・・メッセージのみを送信できます。
 ・メールフォーム ・・・お返事が御入り用な方はこちらをどうぞ。
 ・掲示板・・・書きこみ歓迎です。
 ・Twitter なぎ(@kakitutei) ・・・リプライ、DMをお気軽に。




Twitterで「源氏物語」関連情報bot(@GenjiBot)も運営しています。
フォロー・リムーブご自由にどうぞ。

 ⇒ https://twitter.com/GenjiBot




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本

【日常】 11月に「京ことば源氏物語」<夕顔の巻>を拝聴しました。

2014年12月22日 00時00分00秒 | 日記
 11月の京都旅行でのこと。

こちらでのご報告が遅くなりました。

11月に京都にて山下智子さんによる
「京ことば源氏物語」<夕顔の巻>を拝聴しました。

会場となったのは
京都市中京区にある「しまだいギャラリー」。


御池通に面して、趣きのある佇まい。



能絵師・浅山澄夫さんの能絵展の
期間中に行われた催しのひとつだったのでした。

浅山さんの能絵も拝見して、うっとり。




山下智子さんによる「京ことば源氏物語」は
東京と京都を中心にして各地で語り会が行われています。

かねてより拝聴したいと思っていたところ、
この度、願いが叶いました。

 ※京ことば源氏物語できく源氏物語
 ⇒ http://www.genji-kyokotoba.jp/


ご公演では最初に
『源氏物語』<夕顔>のあらすじが紹介されたので
初めて聞かれる方でも安心です。


今から約100年前の京都の言葉で
中井和子先生によって訳された「京ことば源氏物語」。

九州で生まれ育った私には
初めて聞く京ことばの言い回しが多くて
少し戸惑いました。

でも、だんだん京ことばの語りが
耳に心地よく感じられました。

夕顔のなんと愛らしいこと!!


『源氏物語』の中でも
幻想的な<夕顔>の世界観が
立体的に浮かび上がります。


とても感動しました。

ぜひ、また機会を作って「京ことば源氏物語」語り会を
拝聴したいと願っています。




 
 現代京ことば訳 源氏物語〈1〉桐壺‐明石




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本