晴れのち平安

webサイト『花橘亭』の更新記録。
源氏物語を中心に情報発信&平安な日々♪

【京都・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~】 2006年4月撮影 女楽

2015年06月26日 00時00分00秒 | 京都・風俗博物館
 京都市下京区にある風俗博物館のこと。

女房の日常~夏の装いと伏籠~ に引き続き、
2006年4月に撮影した風俗博物館の展示の様子です。

寝殿北廂では
『源氏物語』<若菜下>より
「女楽」の場面が展示されていました。

舞台は、春の御殿、寝殿西面(にしおもて)南廂・簀子に見立てられています。



全体の様子。

博物館レジュメより
 “源氏47歳の正月20日、六條院の女君たちによる女楽が催された。



主催者である源氏(准太上天皇)
烏帽子直衣姿。


夕霧。
烏帽子直衣姿。
調絃には夕霧が召されました。



女三の宮。
琴(きん)を演奏。細長姿。
青柳の少し枝垂れはじめた風情



明石の女御。
筝(そう)を演奏。袿姿。
夏に入っても十分に咲きこぼれた藤の花”のよう。



紫の上。
和琴(わごん)を演奏。細長姿。
花に例えれば桜であるがこの桜以上の優れた風情



明石の御方。
琵琶を演奏。細長に裳(も)をつけた姿。
五月待つ花橘の、花も実も一緒に取った時のかぐわしさ





写真右:紫の上付きの女童
写真左:明石の女御付きの女童

正装汗衫姿。



写真右:女三の宮付きの女童
写真左:明石の御方付きの女童

正装汗衫姿。




写真右:龍笛(りゅうてき)を吹く太郎(夕霧と雲居の雁との子・長男)
写真左:笙(しょう)を吹く三郎(鬚黒と玉鬘との子・三男)

直衣姿。






 入道の宮 へ続きます。




<コメントをくださる方は掲示板へ。>

 web拍手ボタン

blogram投票ボタン

☆チェック!:Amazon/源氏物語の関連本
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都・風俗博物館~よみが... | トップ | 【京都・風俗博物館~よみが... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む