心證寺住職のブログ

諸天昼夜 常為法故 而衛護之 諸天善神に護られて

百々ヶ峰に登りました

2020年02月11日 | 日記

岐阜市最高峰の百々ヶ峰(どどがみね)に登りました。

三田洞(みたぼら)の「岐阜市ながら川ふれあいの森」からスタート。

よく整備された登山道(というよりは遊歩道)を進みます。

昨日降った初雪がまだ融け残っています。

やまがら(山雀)もこんな近くに。

1時間半ほどで山頂に到着。標高417.9m

多くの登山客で賑わっています。

南には金華山と岐阜市内を流れる長良川。

北東には、右から中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳。

下山後は、三田洞弘法に参拝。正式には「霊鷲山法華寺」と言います。

すごいお名前。

立派な参道

金ぴかの観音さま。

本堂は長い石段の上でした。

平安時代初期、嵯峨天皇の時代に弘法大師が法華経を講説した場所に開かれたお寺と言います。

当初はもっと奥まった所にあったものが、山津波に遭い、江戸時代の初め、現在地に再建されたそうです。

 

三田洞地区には、寺院、神社、小さな祠、お堂、石仏がたくさんありました。

昔から神仏の棲みたもう霊的な場所とされてきたのかもしれません。

三田洞弘法のすぐ前には、「神仏温泉」もありました。

心證寺ウエブページ

コメント

すぎと寄席、大盛況でした。

2020年02月09日 | 心證寺

きのう2月8日、すぎと寄席は大盛況でした。

すぎと寄席レギュラーのKOHARU亭けいじろう君

あちらこちらで大活躍です。

主催者のすぎと亭さちさん。さちさんの人柄と熱意でみなさんこんなに集まってくださいました。

この人気に便乗して、わたしもduoを組んでギターを持って歌わせていただきました。

「みんなで歌おう」のコーナーと中入り後の「色物」として数曲披露しました。

組んだ方は、ギターのスペシャリスト。

ギターはほとんど素人の私を強力にサポートしてくださいました。

ありがたいです。

出演者で記念撮影。

いろいろな人とつながって、支え合いながら楽しい時間を過ごすことができました。

次回は4月ごろの予定です。ぜひ足をお運びください。

心證寺ウエブページ

コメント

今年はあたたかな冬でした

2020年02月02日 | 自然の営み

今年は、歴史に残るほどのあたたかな冬でした。

私の住んでいる街では、まだ雪が一度も降っていません。生まれて初めてです。

豪雪地帯と言われているこころにも、山にもほとんど雪がありません。

自然のリズムが狂ってしまうような気がします。

もう梅が見事に咲いています。

たんぽぽ

おおいぬのふぐり

ほとけのざ

畑のやさい(白菜?)は、菜の花を咲かせています。

いつもの年より、ずいぶん早く野の花が咲いています。

地球温暖化は、確実に進んでいると思います。

しかし、対策は進みません。

政治にとって、現在の豊かな生活を維持する、さらには、ますます発展させることが、選挙で選ばれる、つまり、「善」なのです。

このままでは、30年後、50年後、とんでもない未来が待っているかもしれません。

地球温暖化対策は、産業や経済の大転換を伴います。国と国との利害の調整も必要です。

本当に実行するためには、選挙のしくみから、変えていかなくてはいけないかもしれません

心證寺ウエブページ

コメント

第34回すぎと寄席 in 心證寺

2020年01月30日 | 心證寺

2月8日土曜日、杉戸寄席です。

芋喰亭ぽて幸さん、すぎと亭さちさん、KOHARU亭けいじろう君の出演。

けいじろう君は、年末、NHK名古屋放送局のラジオにも出演して、1年を振り返る創作落語を披露していました。

小学生の頃からすぎと寄席に来ていますが、今は高校2年生、もうプロの領域です。

今回は、出演者が3人と少ないこともあって、「みんなで歌おう」のコーナーを復活して、私が担当します。

ギター生演奏の強力な助っ人にも来ていただいて+αの演奏もあります。

乞うご期待。

心證寺ウエブページ

コメント

四摂法と六波羅蜜 2

2020年01月05日 | 法華経

前回の続きです。

法華経の十二番目の話「提婆達多品」に「四摂法(ししょうぼう)」という言葉が出てきます。物事がうまく運び、人びとを助けるための四つの方法です。前回は、この四摂法について書きました。今回は、六波羅蜜(ろくはらみつ)について書きます。

六波羅蜜(ろくはらみつ)という言葉も法華経にしばしば出てきます。六波羅蜜とはどんなものかというと、次の六つです。

布施(ふせ)欲張らず、物や心を相手に譲る
持戒(じかい)決まりを守る
忍辱(にんにく)つらいことにも堪える
精進(しょうじん)正しい努力を続ける
禅定(ぜんじょう)心を落ち着ける
智慧(ちえ)よく考え、真理を求る


六波羅蜜の反対を考えてみると、とてもよくわかります。
布施の反対は、欲張り、自分中心。

持戒の反対は、約束を破る、うそを言う。

忍辱の反対は、すぐあきらめる。

精進の反対は、がんばれない、怠け者。

禅定の反対は、すぐかっとなる。

智慧の反対は、物事を間違って理解する。誤解。

自分中心で欲張り、約束を破り、平気で嘘を言う。努力しないですぐあきらめる、間違った理解をしてすぐかっとなる。そんな人は、みんなから嫌われます。

人に優しく、親切で、約束を守り、忍耐強く、努力家で、落ち着きがあり、自分のことをちゃんとわかってれくる・・・こういう人は、自然と人から慕われ、人が集まり、人に助けてもらえる。私も、この文章を書きながら、日頃の自分を恥ずかしく思います。しかし、少しずつ、こういう人になれるよう、精進していきたいですね。

心證寺ウエブページ

コメント