Blog・連句の部屋

みんなで楽しく歌仙を巻きましょう♪

反省会の日にち

2022年09月21日 | 会合

反省会は、10月14日(金)  6:00~  にしました。

今のところ、出席者は3人。2-3日前までに、来られる方は連絡をください。

場所 :  燦廚 サングリア    

        03-3496-3697
        〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-10 吉野ビル2F

その日までに、句の変更や、反省点などありましたら、お知らせください。


反省会の日程

2022年09月16日 | 会合

みなさまへ

反省会の日にちですが、以下の2日のご都合をお知らせください。

10月13日(木) 〇 〇 〇

10月14日(金)〇 〇 〇

 

時間は 6:00~。

渋谷ですることになると思いますが、繁華街なので、無理のないようにしてください。


せっかち歌仙・その52「梅雨空の巻」が満尾

2022年09月16日 | お知らせ

みなさまへ

暑い夏が終わるとともに、せっかち歌仙・その52「梅雨空の巻」が本日満尾しました。

お疲れさまでした。たまにミスもあり、すみませんでした。

今回、みなさんの都合があえば、反省会を開きたいと思います。

私事ですが、10月3日と24日に白内障の手術を受けます。

その頃は、東京にいるので、10月11日の週の予定を調べたあと、皆さんの予定も早めにお聞きします。

よろしくお願いします。

 


せっかち歌仙・その52「梅雨空の巻」

2022年06月17日 | せっかち歌仙
参加者=紅蓮・晩菊・茶目猫・長者巻・逐電・良流娯・多摩のO脚・山八訪



発句........島やさい梅雨空越えて届けられ  紅蓮     
脇句........ 夏大根の辛み楽しむ   晩菊      
3..........目薬を差して夏書の僧ならむ  茶目猫      
4...........老いに追われて文字かすみゆく   長者巻       
5(月)..娘と庭で鶏さばきおり望の月  逐電     
6............もろこし焼く香道にも流る   良流娯     
(初折裏)
7............三島祭水辺をたどり碑を偲ぶ   多摩のO脚   
8............牢屋の窄に立ちて動けず   山八訪      
9............もどかしく狭まる思い痛ましや  晩     
10...........素足で浜を駆ける夢見し  紅     
11...........汗滲み目覚めの後の徒労感  長        
12...........自然薯掘るも途中で折れて  茶    
13(月).. 友招き果てぬ家飲み冬の月   良 
14...........不運の話題尽きず丑三つ  逐    
15..........登頂の想望弾む夜明け前  山   
16..........齢重ねて暑さわからず  O   
17(花)..花の宴あと何回と思うなり  紅 
18..........迎える春はいついつ迄も  晩   
(名残折表)
19..........初つばめ風に任せて瀬田泊り  茶   
20..........窓から投げる紙ひこうきや  長    
21..........質屋爺あいさつ好きは困り者  逐   
22..........あやせば笑う子に励まされ  良   
23..........手花火も気楽にできぬいつからか  O    
24..........片足立ちにふらふらゆらり  山    
25..........酒だけは今も変わらぬ八十路なり  晩   
26..........差しつ差されつ夜もふけゆく  紅   
27..........宇宙(そら)かなた星降る夜にプロポーズ  長   
28..........産卵終えて亀海へ発つ  良   
29(月)..月光の届き竜宮城ひらく  茶   
30..........太郎嘆くな姫肥ゆる秋  逐    
(名残折裏)
31..........天高く下見所歩む競走馬  山    
32..........美瑛の丘を爽やかに吹け  O   
33..........かろやかにクロカンはいてCafeに寄り  紅    
34..........ウッドデッキで聞く百千鳥  茶    
35(花)..咲き競う花々達も賑やかに  晩   
36..........初音の鼓(つづみ)舞あでやかに  長

<2022 年6月 17日~9月16日>


せっかち歌仙・その52 発句

2022年06月15日 | 発句

みなさまへ、発句が出そろいました。

以下の中からよいと思うのを1-2句選んで、一両日中にお送りください。


雨降れど紫陽花の花楽しげに  〇

あめんぼの手足に水の自在かな  〇

坂町に海の匂や花ざくろ

島やさい梅雨空越えて届けられ  〇〇〇

入梅や遠くの友へペンを執る  〇

夏の旅この世にいない人を追ふ  〇

雨音とショパン聴きつつ昼寝かな


せっかち歌仙・その52 発句

2022年06月09日 | 発句

届いた順に、発句を載せていきます。締め切りを6月15まで延ばします。


雨降れど紫陽花の花楽しげに

あめんぼの手足に水の自在かな

坂町に海の匂や花ざくろ

島やさい梅雨空越えて届けられ

入梅や遠くの友へペンを執る

夏の旅この世にいない人を追ふ

雨音とショパン聴きつつ昼寝かな


せっかち歌仙・その52 発句募集

2022年05月31日 | 発句

みなさまいかがお過ごしですか。

先日の反省会に集まったみなさんは、お元気そうでしたけど、話題は健康に関することが多かったですね。

できるだけ健康寿命を延ばして、楽しく連句を続けましょう。

私事、毎年のことですが、夏は孫達が三宅島にきたがるので、忙しくなります。

その前に連句を始めましょう。

発句の募集をします。締め切りは、6月12日(日) 6月15日(水)

たくさんの発句をお待ちしています。


久しぶりの反省会

2022年05月28日 | 会合

せっかち歌仙・その51「花菜風の巻」の反省会を、昨日行いました。

最後の反省会があったのは、2019年 10月29日にせっ かち歌仙・その43が満尾した時で、今回、2年半ぶりに開くことになりました。

それ以来となる渋谷の街は様変わりしていて、まるでお上りさんのように、駅からの道々きょろきょろしてしまいました。それでも、まだ工事は続いているので、どんな風に変わっていくのでしょうか。

集まったメンバーは4人。

最後の反省会から8つの歌仙を巻きましたが、みんな覚えていないだろうし、その都度一応反省した箇所は直しているので、最後のその51だけ、少し反省しました。

歌仙の途中で、逐電さんからも出されましたが、

「今回の歌仙は、色鳥、鳥、群雀、つばくらめ、一羽などと出て来る句が5句と、今年酒、二合、立ち飲み、と出て来る句が3句、一本調子で、バラエティが少なくなっていると思います」

鳥、お酒、それになんといってもこの歌仙を巻いているのと同時進行でロシアのウクライナ侵攻が行われていたので、それを思わせる句が多かったという意見がでました。

あと晩菊さんの28句、灯火親しむは、読書をしているというのではなく、本来の明かりのもとで、お酒を呑んでいるという場面だそうです。

では、6月に入ったら、また次の歌仙を巻きましょう。


反省会の日にち

2022年05月07日 | お知らせ

反省会は、5月27日(金)  6:00~にします。

場所 :  燦廚 サングリア    

        03-3496-3697
        〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-10 吉野ビル2F

 

 

 


反省会の日程

2022年05月02日 | 会合

みなさまへ

今回は久しぶりに反省会をしたいと思います。以下の日の都合をお知らせください。

5月27日(金)〇〇〇
  30日(月)〇〇〇
  31日(火)〇〇×

この時期あまり渋谷に出たくないという人はその旨もお知らせください。
そして、ここで都合がつかないようなら、6月に半ば以降にします。

場所はいつもの渋谷のお店です。

時間は、6:00~

場所 :  燦廚 サングリア    

        03-3496-3697
        〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-10 吉野ビル2F
  

紅蓮


せっかち歌仙・その51「花菜風の巻」満尾しました

2022年05月02日 | お知らせ

みなさまへ

本日「花菜風の巻」が満尾しました。

今回、スタートしたとき、遠方に出かける予定があって、あわただしく順番を入れたので、適当になってしまいました。

長句、短句とかわるがわるしなきゃならないのに、短句が続く人がいたりして、すみません。

反省会については、またお知らせします。

また、句を直したい方は、メールでもコメント欄にでもお知らせください。

 

 


せっかち歌仙・その51「花菜風の巻」

2022年03月02日 | せっかち歌仙
参加者=茶目猫・紅蓮・逐電・山八訪・長者巻・良流娯・晩菊



発句........寝転んで雲と流れて花菜風 茶目猫     
脇句........川辺ではしゃぐ野遊びの子ら  紅蓮       
3..........春泥を戦車蹴散らし進むらむ  逐電      
4...........強そな四股名並ぶ番付  山八訪        
5(月)..土砂降りのクリミヤ渡る月の暈  長者巻     
6............蹲を洗い色鳥を待つ  良流娯      
(初折裏)
7............案山子など無視した様に群雀  晩菊    
8............きみは追い込めわがかすみ網  逐       
9............見送りのテープをにぎり邁進す  紅     
10...........青と黄の旗国境越えて  茶     
11...........ニュース見て地図を広げる勉強家  良        
12...........反抗的に生きよとカミュ   長   
13(月)..月に居て地球を見れば何思う  山  
14...........争い治め酌む今年酒   晩   
15..........手打ち会締めは在所の走り蕎麦  茶   
16..........新居に荷物いれて寛ぐ  紅   
17(花)..いとはんは四駆を駆って花の宴  逐 
18..........行く春肴に杖置き二合  山   
(名残折表)
19..........つばくらめ蒼天裂いて何処へか  長   
20..........平和へ進化何世紀後  良    
21..........先見えぬけれど望みは失わず  晩   
22..........母にグリムを読み聞かせつつ  逐   
23..........冒険の森で童心に返らむ  紅    
24..........山彦で呼ぶ狼の声  茶    
25..........繁殖し鳥の楽園無人島  良   
26..........誰を待つやら小枝に一羽  長   
27..........立ち飲みの暖簾をくぐる秋の宵 山   
28..........雑談交わし灯火親しむ 晩   
29(月)..月明り一人静かに渉猟す  茶   
30.......... 栞替わりの満天星紅葉 良    
(名残折裏)
31..........受付で何度も呼ばれている愁思  逐    
32..........手元覗けばケイタイのゲーム  山   
33..........なつかしき通勤地獄よみがえり  長    
34..........トラクター借り今日は農道  良    
35(花)..咲き誇る桜の花に迎えられ  晩   
36..........春光浴びて我が道いかん  紅


<2022 年3月 2日~5月2日>


せっかち歌仙・その51 発句

2022年03月01日 | 発句

みなさまへ、発句が出そろいました。

以下の中からよいと思うのを1-2句選んで、一両日中にお送りください。


春浅し待ちわびる日々なお遠く

春寒し陽は日々高く刻々と

小型機の行く先想ふ春の夕 〇

筆を干す書道教室梅真白 〇

寝転んで雲と流れて花菜風   〇〇〇

臘梅と白梅競い香り立つ  〇

菜の花や一品多く夕支度  〇〇

蛙の子子の描く絵にも生える足

鳥帰る予定書き込む農事録  〇


せっかち歌仙・その51 発句

2022年02月23日 | 発句

届いた順に発句を載せていきます。


春浅し待ちわびる日々なお遠く

春寒し陽は日々高く刻々と

小型機の行く先想ふ春の夕

筆を干す書道教室梅真白

寝転んで雲と流れて花菜風

臘梅と白梅競い香り立つ

菜の花や一品多く夕支度

蛙の子子の描く絵にも生える足

鳥帰る予定書き込む農事録


せっかち歌仙・その51発句募集

2022年02月10日 | 発句

みなさまいかがお過ごしですか。

先週、東京に出てきましたが、離島の三宅島も寒かったけど、東京もすごく寒いですね。

発句の募集をします。締め切りは、2月28日(月) 

メールもあとで送りますが、たくさんの発句をお待ちしています。