Blog・連句の部屋

みんなで楽しく歌仙を巻きましょう♪

せっかち・その37 潮だまりの巻

2017年08月17日 | せっかち歌仙

       

参加者=紅蓮・逐電・茶目猫・長者巻・良流娯・晩菊



発句........子ら遊ぶ潮だまりにも秋の風   紅蓮      
脇句........勝ち相撲でも濡れる尻餅  逐電      
3(月)..鳥けもの月夜に浮かれ回るらむ  茶目猫    
4...........杜の精霊太古の響き  長者巻     
5...........小糠雨蜘蛛の巣光る木々の間に 良流娯  
6............五月雨傘を傾げ眺むる  晩菊  
(初折裏)
7............踏切で久闊を叙し立ち話   逐  
8............時空を越えてふいにときめく  紅     
9............繰り返す千変万化恋と嘘  長     
10...........規則正しく定時に退社  茶     
11...........寛いで囲む雀卓先ず一杯  晩        
12...........金曜の夜はカプセルホテル  良    
13(月).. ひとり寝は楽しからずや寒の月  紅 
14...........田鶴鳴き渡る成金の土地  逐    
15..........恩返ししつぺ返しの気味ありて  茶   
16..........もり友の後かけ友と会う  長   
17(花)..迷い道灯りたどれば残花あり  良
18..........夜明け待ち兼ね飛ぶ朝燕  晩   
(名残折表)
19..........長き日や中近東に弾すだれ  逐   
20..........すぐとなりでは核・ミサイルも  紅    
21..........トランプと似たり寄ったりキム・ジョンウン  長   
22..........我慢較べのカードゲームか  茶   
23..........蚊と蚋を払い除けつつ庭木処理   晩   
24..........下手な刈り上げ夏帽隠す  良    
25..........日は流れ疾走の果て新記録  紅   
26..........きつく締めてと渡す靴紐  逐   
27..........踏切のこちらとあちら平行線  茶   
28..........遅刻の夢に飛び起きる朝  良   
29(月)..煌々と欅の上を渡る月  長   
30..........こんな時刻に蜩の声  晩    
(名残折裏)
31..........住職と檀家が悩む野分晴れ  逐    
32..........Let it be と口ずさみつつ  紅   
33..........ケセラセラとハモリ歌う芭蕉翁  長    
34.......... 囀りの中はるかな虚空  茶   
35(花)..緑児と共に見上げる夕桜  晩   
36..........春の炉囲み再開の宴  良

<2017 年8 月17日~9月21日>


せっかち歌仙・その37

2017年08月17日 | お知らせ

連句をスタートします。

今回は、8月17日スタートいうことで秋の巻です。

本来なら、発句の募集時期が夏にもかかっていたら、夏でもよいという感じではあるのですが、前回のその36が夏で始まったので、やはり季節は秋に進めたいです。

順番は連句の部屋のブログを見てください。たのしく巻きましょう!

今までは、秋の巻の場合、3句目を月の句にしていましたが、季題表をみると、2句目が月になっていますね。

どちらで詠んでもいいですが、3句までに月の句を詠んでください。


せっかち歌仙・その37 発句

2017年08月14日 | 発句

発句を順にのせてゆきます。


雨上がり雲は流れて蝉時雨

八月の大地に閃光の記憶  ○

音楽が岸辺を充たす曼珠沙華 ○

山裾の金のすすきを一輌車  ○

霧雨や蜘蛛の巣光る木々の間に  ○○

新涼や夜具巻きつけて身縮む

子ら遊ぶ潮だまりにも秋の風 ○○

志という厄介や夏の雲 

遠花火またも侮恨のごときもの