淡々と昼飯日記

毎日の昼ごはんを淡々と坦々と記録していきます。

海鮮丼

2007年06月30日 18時03分13秒 | 和食系

今日は朝からプチ遠征。
天気は相変わらず優れないうえ、同行者が時間を守らないため、スタートをつまずいた。
前途に不安を抱きつつも、気を取り直して出発した。

 

昼は海陽亭で


 

海 鮮 丼

 

を食べた。

店は商業施設の一角にある。
昼を少し過ぎていたが、店内はまずまずの客。
が、店員がいない。
だから席への案内もない。
おかしな店だ、と思いながら適当に座り、テーブルにあったメニューを見て選んだ。

 

海鮮を中心に色々あるが、最初に目に止まったのが鉄火丼。
それにしようと、心にきめ、注文を取りにきたニーさんにお願いした。

 

が、メニューのその隣にあった海鮮丼も捨て難く、注文した後、思わず席を立ちあがり、そのニーさんに注文を変更した。
珍しい行動だ。

 

そのメニューには一応、「一日限定40食」とある。
ちょっと期待した。
お茶をすすりながら待っていると出てきた。
都合で撮影できなったが、酢飯の上に錦糸卵と刻み海苔、その上に魚介類が盛りつけてある。覚えている範囲で

 

マグロ イカ ハマチ 

 

 

イクラ エビ サーモン カツオ

 

などなど。
10種類以上はあっただろうか。
醤油とワサビが別の皿にあり、店員さんの説明では、魚介類をこの醤油とワサビにつけて食べても良いし、醤油にワサビを溶かしそれをご飯の上から少しずつかけて食べてもいいとのこと。
最初はネタにワサビを少しつけ、醤油を付けて食べていたが、途中から醤油にワサビを溶かし、それを少しご飯とネタの上にかけて食べた。

 

この状態なので、不味いはずがない。
かといって、絶賛するほどでもない。
ネタも全体的なボリュームも驚くほどではないし。
ごくごく普通。
これに

 

アサリの味噌汁

 

がついて980円。
こんなものか。

 

 

遠征の成果はあった!

 

本日の天気は
時々

よろしければポチリと押してください

人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

なかのひと

コメント

Dセット

2007年06月29日 13時22分50秒 | ラーメン

今日も朝から憂鬱な空模様。
ジメジメ、シトシト。
気分も滅入る。

 

午前中は取り立てて変化なく経過。
昼が来たが、案の定動きはない。
何かをしているふりをして、時間が経過するのを待った。
すると、ある時間になると同行者らが一斉に動き始めた。
タイマーが仕込まれているかのごとくだ。
アイコンタクトを交わして、昼飯にGO!

 

そして向かった先は山燦だ。
何にするか、どこにするか悩み、協議を重ねた結果、麺、しかもラーメンを食べることで意見が一致したためだ。
実はこの店、われらの間では「無愛想な店」として通っている。
味は悪くはないが、とにかく客商売にも関わらず、接客がなっていないのだ。
逆に、その無愛想がたまらないというドMな輩もいないではないが(爆

 

店の前に来て、いつものようにメニューの記されている看板に目をやった。
一般的なメニューは表記してあるが、毎日10食限定のメニューがない。
「おや?」と思い、一瞬入店を躊躇。
しかし、度胸の据わったある同行者が「怖いけど聞いてみる」と、チャレンジャー精神を発揮し、ドアを開けて「昼のセット、あります?」と尋ねた。
返ってきた答えは「あります」。
「それでは」、と入店した。

 

カウンターとテーブルがあり、見た目以上に集客できる店内はガラガラ。
というより、完全貸切(笑
ひどい状態だ。
ランチタイムのピーク時(チョイ過ぎてるが)に、この有様じゃあ、店員もやる気が出なくて無愛想になるのは無理からぬところか。

 

テーブル席に座り、メニューを見た。
そうしていると、ネーさんが間髪入れず、水を持ってくると同時に注文を聞いてきた。
入店前にチャレンジ精神を発揮した同行者は、もちろん昼の限定メニューを頼むものだと思っていたら、その予想を裏切る発言。
どよめきが沸き起こったが、平然としてた。
これで、こちらも一瞬戸惑い、頭の中が混乱したが、結局初志貫徹。

 

D  セ  ッ  ト

 

を注文した。

 

このセットが、昼限定。
内容は

 

味噌ラーメン 餃子2個 おにぎり1個

 

味噌ラーメンはモヤシと玉ねぎ、ミンチ肉の炒めたものがトッピング。
麺は中太縮れ麺。やや濃いめの味噌味。
これに、テーブルに備え付けの特製辛子味噌を溶かして食べる。
味噌を入れ過ぎると大汗をかくので、今日は押さえめにした。

 

餃子はゴルフボールより1回り大きなサイズの丸い形の餃子。
キャベツ、ニラがたっぷり入り、ニンニク臭はしないので、入ってないのかも。
酢、白醤油、ラー油で特製のたれを作り、そこにも辛子味噌を溶いて、それを付けて食べた。

 

おにぎりは昆布が具。大きくもなく、小さくもなく。

 

3点セットを食べるとかなりの量。
お腹いっぱいになった。

 

これで800円。
普通に注文するより、21%お得なのだそうだ。

 

支払を終え、店を出るとき、ネーさんと厨房のニーさんが小さな声で「ありがとうございました」と言ったのだが、元気がない。
こんな調子なので、無愛想と感じてしまうのだ。
客商売なら、もっと元気よくあいさつし、接客してほしいものだ。

 

本日の天気は
のち

よろしければポチリと押してください

 人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

カツ丼

2007年06月28日 14時24分23秒 | MG

今日も朝からジットリ。
思いっきり梅雨だ。

いつものように、時が進み、昼を迎えた。
さて、そろそろと思っていた時に、いつもの同行者が歩み寄り、「今日も別行動」とのこと。
ここ3日間ほど同じパターンだ。
もう昼飯同好会から除名しなければいけない。

 

そんな同行者は放っておいて、今日も出動した。
少し目先を変えようとMGへ。
昼もかなり回っていたので、店内にはほぼ客がいない。
というか、ほぼ貸切状態。珍しいことだ。

 

いつもだと、日替わりメニューの中から選択するのだが、今日はこれまた目先を変えたく、久しぶりに

 

カ  ツ  丼

 

を食べた。

 

客が少ないので、注文してからすぐに出てきた。
画像がないのが残念だが、ここのカツ丼はカツに溶き卵がうまくコーティングされていて、見るからに美味しそう。
出汁の中にカツを入れて少し煮込み、そこに溶き卵を流し入れ、微妙なタイミングで鍋を火から離して出汁とカツをご飯の上に乗せるのだろう。
半熟の卵とカツが絶妙に絡み合い、何とも優しい食感が良い。

 

これに

 

ワカメの味噌汁

 

が付いて600円。


いろいろな店でカツ丼を賞味するが、御食事処ふののカツ丼のカツを用いて、MGの出汁、手法で作るカツ丼が、現在考えられる最高のカツ丼だと思う。
このコラボ、何とか実現しないかな。

 

本日の天気は
時々

 

よろしければポチリと押してください

 人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

日替わり定食

2007年06月27日 13時32分32秒 | 定食系

きょうは朝から大外れ(謎
相当ぼやきたかったが、仕方がない。
気分が晴れぬまま、また昼を迎えた。
すると、いつもの同行者の一人がツカツカと寄ってきて「今日もだめ」とのこと。
「仕方がない」と答え、別の同行者らとともに出かけた。

 

最初に向かおうとしたのが御食事処ふの(大爆
「そこは、昨日行った」と言うと、「じゃ、うどんだ。蔵やだ」となった。
「そこは、一昨日行った」(大笑

 

意見がまとまらず、最終的に二手に分かれ、こちらは柚子庵へ。
ちょっと、久しぶりかな。

 

店の前でいつものようにメニューを確認。
「よかろう」ということになり、入店。
1階は満席なので、店主と思しき男性に案内されて2階に通された。
いつもの窓側の席かと思っていたら、奥の小部屋へ案内された。
とても小さな和室。密会するにはピッタリの場所だ。

 

ま、そんなことはどーでもいい。
着席してまっていると、店主の妻とおぼしき女性がお茶とおしぼりを持って入室。
こちらの顔をみるなり「いつも、どうも」だって。
完全に覚えられている。常連さんだ。

 

ここの昼は一本勝負。お茶とおしぼりを持ってきた時に注文するのはアフタードリンクだけでいい。それが作法だ。
今日は珍しく

 

アイスコーヒー

 

を頼んだ。

 

しばらく待っていると出てきた。
そう


日替わり定食

 

持ってくるなり、店主の妻が「ご飯のお代わりをどんどんしてくださいね」だって。
もう、こちらの食パターンを覚えている。

 

今日のメーンは

 

カレイの唐揚げ

 

あとは

 

稲庭うどん 昆布の煮物 丸子の刺身

 

ご飯 あさりの味噌汁  漬物

 

というラインナップ。
カレイのから揚げは片身。
骨がない状態で揚げてあり、食べやすい。
レモン汁をかけ、ポン酢でいただいた。

 

稲庭うどんは冷やしうどんの状態。
ショウガと刻み青ネギがトッピングされ、冷たい麺つゆがかけてある。
あっさりと美味い。

 

昆布の煮物細切りにした昆布と小さく切った竹輪が煮てある。
昆布のネバネバは体に良い。味付けも薄めで健康的だ。
丸子の刺身は3切れ。
肉厚に切ってあり、歯ごたえがある。
身は良く締まり、適度な脂分があり、これまた美味い。
しかも、いつも感心するのだが、小さな器に少しだけの刺身とは言え、丁寧に切った大根の桂むきが添えてある。手間の掛け方は半端ではない。料理人に思い入れを感じ取ることができる。

 

味噌汁も今日は具がアサリ。
貝の出汁がしっかり出ていて、良い味。
ご飯はもちろんお代わりした。
この時に茶碗を下げ、お代わりを持ってくるのは別の女性。
関西なまりの昔のネーさん。
これまた、手慣れたもんで、2杯目のご飯もしっかり盛ってくる。

840円とリーマンの昼飯にしては少々高いが、料理の質と味、ボリュームとも捨てがたい。

本日の天気は

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

鳥からあげ定食

2007年06月26日 14時05分39秒 | 定食系

今日も朝からジメジメと憂鬱な空模様。
しっとりというより、ジットリという表現が適切かな。
午前中は普段通りに経過し、昼が来た。
が、動きは鈍い。
最近の傾向だが、昼になって直ちに動きが出るわけではないようだ。
同行者らは昼になっても動かないのだ。

 

ブラブラしていると、ようやく動きが。
アイコンタクトを重ねて、ついに出動。
向かった先は御食事処ふの
最近、とにかく多い。

 

時間が時間だけに、店内はガラガラ。
いつもの桟敷席に着席し、注文体制へ。

 

ここで、いつもなら迷うことなくアレを注文するのだが、今日は新機軸。
頼んだのは

 

鳥からあげ定食

 

なのだ。
これには、同行者らが目を丸くした。
「なぜ、カツじゃないんだ」と詰問さえされた。
「だって、いつもと同じじゃ芸がないじゃん!」と、胸を張って答えたのだ。

 

しばらくして、登場。
ゴルフボールより一回りほどの大きさの鳥のからあげが5個。
あとはいつものように、キャベツの千切りとトマト1切れ、パセリ、ポテトサラダ、スパゲティが同じ皿に乗っている。
ちなみに、ここのは「鶏唐揚げ」ではなく、あくまでも「鳥からあげ」。
メニュー表にそう書いてある。

 

から揚げには味が付いていない。
今日は最初の1個に醤油をかけ、続く2個には塩とコショウを振りかけ、4個目は再び醤油、そして最後の1個はソースをかけて食べた。
味に変化を付けたのだ。
これが正解。なんか得した気分。
ただ、揚げたてで熱くて、最初の1個を食べたときに口の中を火傷した(爆

 

このほかは

 

ご飯 漬物 ワカメのみそ汁 大豆と昆布の煮物 

 

がついた。

 

トンカツに比べ、脂分が少なく体には優しいが、インパクトには欠けるかな。
不味くはないが、腹もちがなぁ。
値段は豚定と同じ800円。

 

本日の天気は
のち

 

よろしければポチリと押してください

 人気blogランキングへ

 

 

 

なかのひと

コメント

日替わり定食

2007年06月25日 13時39分20秒 | 麺類

今週もスタート。
しかし、朝からジメジメいや~な天気。
ごく普通に昼を迎えた。


さて、きょうはどうするかと思っていてたら、いつもの同行者の一人が近寄ってきて一言。「今日は不参加ですわ」。
ありゃ、りゃ。珍しい。「なんでやねん?」と尋ねると、午後イチに用事があり、同行できないとのこと。そりゃ仕方無い。ということで断念した。

 

その後、出動。
で、向かった先は蔵やだ。
なんか、久しぶり。
いつい以来だろ。調べるのが手間なので、ま、いいか(爆

 

昼どきにもかかわらず、店内は半分の客の入り。
天気が悪いせいだろうか。

 

食欲があまりない。
なんでもいいや、と思って頼んだのが



日替わり定食

 

安直だ(笑
しかも、内容を聞くことなく注文した。

 

すぐ出てくるだろうと思い、気楽に構えていたのだが、なぜかなかなか出てこない。
テレビを見るとビリー隊長が出演中。
食ってる場合じゃない。ブートキャンプしなきゃな(大爆

 

まつこと15分。やっと出てきた。
今日は

 

きつねうどん


だった。
揚げがものすごく大きい。そして、甘い。

うどんは海苔と野焼1切れ、刻み青ネギがトッピング。
出汁の味は、揚げの影響もあり、やや甘め。

おにぎりは2個。
高菜とシャケだった。

 

腹の減り具合から、この程度でちょうど良かった。

 

本日の天気は
のち

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

炒飯と半ラーメン

2007年06月24日 13時15分44秒 | 休日

朝から雨。しかも、時折猛烈に降る。
去年の悪夢を思い出す。
これまで少雨だったので、適度な雨は必要かと思うが、度を過ぎると大変なことになる。

 

で、今朝は遅めの起床。
部活も連日なので、まったり、ゆったりと。

 

帰宅して昼ご飯。

 

炒飯と半ラーメン

 

 

を食べた。

 

炒飯は昨日の残り物。作り過ぎて、置いてあったものをチンしただけ。
ラーメンは松江ラーメン醤油味
青ネギを刻んだだけの素ラーメン。
1人前を半分にして食べた。


天候に比例して気分も湿りがち。

 

本日の天気は
ほぼ終日

よろしければ↓ポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

ミックスグリルランチ

2007年06月23日 14時53分18秒 | 洋食系

午前中、所用を済ませ、部活へ。
梅雨の中休み、いい天気の下、かなりしっかりめに活動した。
大量発汗で、体も軽快に。
昼は何でも食べられるぞ、と意気込み、向かったのはBigBoy

 

午後遅めの時間帯だっただけに、余裕かと思われたが、店内はかなりの人。
何と、待合席でしばらく待たされた。

 

ようやく呼ばれたが、「喫煙席でいいか」とのこと。
時間も時間だったし、仕方がないのでやむなくそこへ。
それにしても、食べ物屋なら施設内完全禁煙にしてほしい。

 

着席し、メニュー表をみていたら、ネーさんが「本日の日替わりランチは売り切れました」とのこ。
何だ、これを食べるつもりだったのに。
ガックリだよ(やっくん風)

 

仕方がないので、選んだのが

 

ミックスグリルランチ

 

 

 

 

品数の多さで決めた。
もちろん、ご飯は大盛り。

それにしても、注文してから出てくるまで、かなりの時間を要した。
普通ならキレているところだが、ここはランチメニューのほぼすべてにスープバー(3種類のスープ飲み放題)がついている。これを飲みながら、空腹をまぎらわせた。
今日は

 

 

コーン 中華 ワカメ

 

 

の3種類あり、待っている間に中華とコーンを各1杯飲んだ。中華は卵とじ、コーンは味が濃い。

 

20分以上待たされ、ようやく登場。

 

ハンバーグ ソーセージ グリルチキン

 

 の3点セット。
付け合わせはポテトとブロコッリー、ニンジン。
醤油味のたれで食べた。
これで食べると、いずれも同じ味。
ご飯の大盛りがきいた。しばらく、満腹感が持続した。

 

本日の天気は

よろしければ↓ポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 

 

なかのひと

コメント

カツライス

2007年06月22日 13時00分23秒 | 御食事処ふの

朝からかなりの雨。
気分は憂鬱。
しかも、今日は早朝から拘束された。
何とか解放され、所用を済ませ、気がつけば昼。

 

いつもの同行者に目をやると、かなりお疲れ模様。
目に力がない。
が、どんなことがあっても、行かねばならぬのが、リーマンの昼飯。
激しく「行くぞ!!光線」を放ち続けると、ようやく始動した。
それっと、出たはいいが、行き先は全く決まっていない。
肉だ、麺だ、揚げ物だと意見噴出。
で、結局向かった先は御食事処ふの。
落ち着くところに落ち着いたという感じだ。

 

店に到着。が、何と言うことだ。一杯だ。
全く入る余地がない。大ショック。
前回は外で待ったのだが、今日は雨なので、そんな気分になれない。
どうする。どうなる。
そして、出した結論は、別の店にGO

 

舵を切り替え、向かったのは登竜門だ。
意気揚揚と乗り込んだのだが、な、何と、ナントここも一杯だ。
一同、再度意気消沈。
運に見放されているとはこのことだ。
この世に昼飯の神様がいるとすれば、「あんた、あまりにもひどいわ!」と声を荒げたかった。

 

再度、どうする、どうなる。
そして、導き出した結論はふのアゲイン(爆
それは、何の根拠もない。
ただ単に、もう時間的に空いているだろうという勝手な推測に基づいただけのこと。

 

ドキドキしながら、再度ふのへ。
するとどうだ、楽々入れるではないか。
やった~。やったー。やった~。
あらためて意気揚揚と胸を張り、威風堂々と暖簾をくぐった。

 

時間が遅いだけに、店内は半分程度の入り。
余裕で桟敷に座った。
前回と同じ席だ。

 

メニュー表を見て選択開始したのだが、今日は朝しっかり食べているので、食欲がいま一つ。あれこれ、悩んだ末に注文したのは

 

カ ツ ラ イ ス

 

久しぶりだ。

 

客が少ないので、ほどなく登場。
一皿にご飯とデミグラスソースのたっぷりかかったトンカツのほか、

 

キャベツの千切り レタス トマト

 

スパゲティ 福神漬け

 

が入っている。

食べてみて少し驚いた。
デミソース味がいつもと違う。
いつもに比べ、色も茶色が濃いし、味は酸味が抑えめ。
これは食べやすい。
肉はいつもの厚さで、申し分なし。

ゆっくり、かみしめて、味わいながら食べた。
満足。
それにしても、8日間で3回とは(爆

 

本日の天気は
時々

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント

サバの味噌煮

2007年06月21日 13時48分57秒 | 定食系

朝から梅雨らしい天気。
やだなぁ~。うっとおしい。

 

そんな、こんなで昼になり、いつもの同行者に打診したのだが、泣きそうな顔で「今日はだめ」とのこと。
「じゃ、また今度」とあっさり見切り、別の同行者を誘った。

 

そこまでは順調だったが、向かう先は決まっていない。
いつものことだが、決まらないと盛り上がらない。
どうする。どうなる。
そう思っていたら、同行者が「魚が食いたい」と言い出した。
それなら、あそこしかないだろう。

 

で、迷わず柚子庵へ向かった。

 

正面にはその日のメニューが書かれた看板(黒板)。

 

 

 

のれんをくぐりかけたら、同行者が「ちょっと!」だと。
なんだろなぁ、と思っていたら「サバでいいのか」と言い出した。
「魚が食いたいと言ったのはアンタでしょうが」と思いつつ、「どうしましょ?」と聞いたら「ま、いいか」だって。何なんだ~。

 

と、まぁそんなこんなで入店。
男の店員さんが現れ、人数を告げると2階のいつもの席に通された。
もう完全に指定席化している。
着席と同時に、今度は女性店員が現れ、いきなりアフターを聞かれた。
もう手慣れたもの。
今日は

 

オレンジジュース

 

をお願いした。

 

ほどなく料理が登場。
これはいつものおばさんが持ってきた。

メーンは

 

サバ味噌煮

 

 

刺身はイサキ

 

 

あとは

 

焼きナス  冷麺  鶏カレー汁

 

 

ご飯 漬物

 

サバの味噌煮だが、サバは尾の部分で食べやすかった。
サバだけでなく、モサエビ(ドロエビ)が1匹一緒に煮てあり、青菜の細切りが添えてある。手の込んだことがしてあり、感激した。
味は味噌が濃くもなく、薄くもなくいい塩梅でサバとマッチしている。
エビが一緒に煮てあるのはサプライズ。
これが、意外と美味かった。

 

刺身は肉厚でプリッとした食感が楽しめた。
腹の部分の身だったので、脂分もあり、これまた良かった。

 

冷麺は麺も細切りのニンジン、玉ねぎなどがトッピングされ、甘酸っぱいゴマ風味のたれがかけてある。ミニトマトは湯むきがしてあり、丁寧な仕事に感激。しかも、甘いトマトだった。サラダ感覚だが、量もそこそこあった。

 

焼きナスは冷たくしてあり、ショウガと削り節がトッピング。
いわゆる冷製だ。

 

鶏カレー汁はキャベツと鶏肉のスープ。
少し塩分濃度が高く、カレー風味。
辛くなく、このカレー風味が良い。

 

もちろんご飯のお代わりをしたのだが、これがまた…。
最初の茶碗を食べ終えた段階で、テーブルの呼び鈴を押した。
すると、おばちゃんが現れ、こちらの注文を聞くまでもなく「お代わりですね。ご飯の量はどうしましょ?」だって。
おばちゃんとしては、料理を運んでから経過した時間と呼び鈴を押した時間を基に判断したのだ。
「あ、この時間に、いつものあの人たちが呼び鈴を押すということはお代わりに間違いないな」と。
間違いない。
間髪入れず、ご飯の量を聞いたんだから。

 

と、まぁ、そんなことはどーでもよくって、お代わりした2杯目もあっという間に完食。
今日は超充実。


本日の天気は
のち

ついに梅雨だ、梅雨。

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

 

 

 

 なかのひと

コメント

チキンカツ

2007年06月20日 13時49分16秒 | MG

今日は朝から長時間拘束。
昼過ぎ、やっと解放となり、昼に備えた。
が、周辺の動きは鈍い。

 

どうしたもんかと、しばし周辺観察をしていたら、ようやく動きが。
しかし、取り立てて目標があるわけではない。
あれこれ、候補が出ては消えた結果、ある店へ。
店頭まで来たのだが、なぜかキャンセルして、MGへ向かった。
なんという節操のなさ(爆

 

時間も遅く、店内はかなり空いている。
いつものように、店内中央部の席に陣取った。
「今日のメニューは入口のとこにあるけんね」とあっちゃん。
日替わりランチの4種類ある候補の中から選んだのは

 

チキンカツ

それにしても、揚げ物をよく食べる。

 

待つこと数分。出てきた。
皿にカツと千切りキャベツ、レタス、カイワレ、トマト1切れ、スパゲティが乗っていて、あとはご飯とワカメと麩の味噌汁、今日はキュウリの漬物。

 

チキンカツは鶏のムネ肉だろうか。
衣はいつものようにサクサクしていて、熱々。
トンカツソースをかけて食べた。

 

おかず、ご飯の量はバランスがよく、食べ終えたら腹9分目になった(笑

 

本日の天気は

梅雨はどこなんだ~

 

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ







 なかのひと

コメント

生姜焼き定食

2007年06月19日 12時58分53秒 | 定食系

朝から暑い。
午前中、所用を済ませ、昼になり、いつもの同行者に打診。
都合が悪いらしく、ことごとくすれ違い。

 

どうするか悩んだ末、向かった先は県庁。
あれに挑もうと、意気揚々と食堂に行った。


昼のピーク時をやや過ぎていたのか、店内は2、3割の入り。
それを確認した後、食券の自販機の前へ。
「あるのか。売り切れか」不安を抱き、恐る恐る自販機のメニューの部分に目を凝らした。

 

おっ。おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~~~~~。


今日は売り切れを示す赤いランプが点灯していない。
ということは、まだ食べられるということだ。


ウレピ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

 

ついに、ついに、ありつける。
苦節4か月、ついにである。

 

財布から千円札を取り出し、自販機の紙幣挿入口へ。
あとは購入ボタンを押すだけ。
が、しかし、な、な、何なんだ。
興奮なのか、緊張なのかよく分らないが手が震えてボタンが押せない(爆
大きく深呼吸し、あらためてボタンに右手人差し指を当てた。
そして、グッと押した。
確かに押した。指先に伝わる手応え。
押したんだ、ついに押したんだ。

 

そして、あとは釣銭のボタンを押すだけとなった。
が、何をトチ狂ったのか、もう一度同じ注文ボタンを押してしまった。
ウィ~ンという音とともに、食券が2枚出てきた(涙
いくら食べたいといっても、2食は無理だ。
どうする、どうなる。
猛烈な不安感に襲われ、あたりを見回して助けを呼ぼうとした。
しかし、そんな時に限り、店員がいない。
向こうの厨房の中にはたくさんの人が働いているのが見えるというのに、自販機周辺にはだれもいない。

 

困り果てていた、その時、一人のおばちゃんがやってきた。
半分泣きそうになりながら、「すいません。2枚出してしまいましたぁー」と、食券を1枚差し出して泣きつくと、「はいはい。分かりました」と、レジを開けて返金してくれた。
このおばちゃん、マヂで天使に見えた。

 

そんな、こんなの混乱の中、ようやく食べられる、念願の

 

生姜焼き定食

 

 

ウキウキして、カウンターに食券を出し、厨房内を見ながら待つこと1、2分。
「生姜焼き定食のかたぁ~~」と呼ばれた。
待ち焦がれていたのに、なんだか、あっという間。
拍子抜けした。

 

水をコップに入れ、席に座って心を落ち着かせて食べた。
が、何ともいえない味。
肉は温かいのだが、それだけ。
温め直したという感じだ。

そういえば、厨房を見ていると生姜焼き定食の注文が次々入り、オッさんが作っていたのだが、既に出来ているものをフライパンに入れ直しているのを見た。
これもそうなのだろうか。



その昔、この生姜焼き定食に魅了されるきっかけとなったのは、焼きたての肉の美味しさだった。実際、オッが注文を受けてからフライパンに肉を入れ、味を付けながら焼いていた。
しかし、今日はそうでもないみたいだ。
ということは、作り置きしたものを、注文を受けて温め直しているのか。

 

だとすれば、以下の推測が成り立ちはしないか。

昔はその都度作っていたので、売り切れなどなく、いつでも食べられた。
一日どれだけ出るか分からないが、手間がかけられていた。
一食ずつ丁寧に作っていたということだ。
ところが、今は事前にある程度作っておき、それが売り切れると、終わりにしてしまう。その方が、ロスがなく経営効率が良い。
ということではないか。

 

もしそうだとすれば、悲しいことである。
店の経営も大事だが、顧客のニーズにはしっかり応えてほしい。

 

で、定食の中身だが、ご飯とモヤシ・わかめの味噌汁、漬物がつく。
そして、生姜焼きは豚バラ肉が適度な大きさに切ってあり、食べやすいが味は前述のとおり。なぜか紅ショウガが付いていた。

 

これで1015カロリー。ものすごい高カロリーだ。
値段は450円。

 

本日の天気は

 

よろしければポチリと押してください

 人気blogランキングへ

 

 

 

 

 なかのひと

コメント (2)

卵かけご飯

2007年06月18日 13時13分29秒 | 和食系

さて、今週もスタートだ。
梅雨の中休みか、朝から良い天気。
いつものように、昼になった。
同行者と合図を交わし合って、いつものように昼飯へ。
天気もいいし、新規開拓を目指して向かった先は蔵々。

 

以前、一度挑戦したのだが、その時は定休日かなにかで閉まっていた。
2度目のチャレンジで、見事入店に成功したのだ(笑

 

和風の店で一見すると敷居が高そう。
しかし、入ってみるとそうでもない。
が、どちらかといえば女性向きの店。
しかも、「大人の」が付く。


施設名は蔵々だが、お食事処は「蜆や」というらしい。
なんだか分かりにくい。
クラクラする(爆

 

ま、そんなことはどーでもよくって、玄関を入ると右側にテーブル席、左はカウンター席、正面に階段がある。
「どこに座ればいいのか?」 と、キョロキョロ見回していたら、ネーさんが「お好きなところにどうぞ。カウンターも空いていますよ」とのことなので、そのままカウンター席中央に陣取った。

 

メニュー表があり、ざっと目を通したら3種類のランチがある。
値段はいずれも800円。

 

少し迷ったが、選んだのは

土蔵ランチ

 

 

どんなランチかというと、メーンは

 

卵かけご飯

 

このほかに、

 

しじみの味噌汁 煮物 漬物

 

が付いた。


目の前でネーさん2人がせっせと作っていたが、イマイチ手際が悪い。
丁寧に作るのはわかるが、見ていてもどかしさが。
もっとテキパキと作業ができないのだろうかと思った。
イライラしながら待つこと10分、ようやく登場した。

卵かけご飯は大きめの丼にご飯が盛られ、その上に生卵とゆで卵の黄身と白身を裏ごししたもの、刻んだ水菜と錦糸卵がトッピングされている。
席にあった能書きによると、卵は田部のものを使用しているらしい。
そこに醤油をかけるのだが、その醤油はおたまはん
今や、有名になった卵かけご飯専用醤油だ。
カウンターには関西風と関東風の2種類があった。
さらに言えば、古式醤油までも。
かなりのこだわりだ。

 

今日は関西風のしょうゆをかけて食べた。
卵の黄身のねっとり感と裏ごしされたゆで卵がミックスされた何ともいいがたい食感。全体的に、ものすごく美味しいというほどではないが、そこそこ味わえた。

 

シジミのみそ汁のシジミはかなりの大粒。
採集地にこだわっているみたい。
煮物は鶏肉と豆腐、糸こんにゃく、野菜のすき焼き風煮。
小鉢にちょこんと入っていた。

 

悪くはないが、量を求めるオヤヂにとっては少し物足りない。
場所が場所だけに、観光客向けの店だな。

 

 

こだわりの食材

 

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください

 人気blogランキングへ

 

 

 

 

なかのひと

コメント

太巻き寿司

2007年06月17日 13時59分29秒 | 寿司系

朝から爽やかな天気。
洗車をしてその後移動。

 

昼はいただきものの

 

太巻き寿司

 

 

 

 

を食べた。
たっぷりの具材でものすごいボリューム。

 

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください

人気blogランキングへ

 

 

 

 なかのひと

コメント

カツ丼

2007年06月16日 13時03分56秒 | 御食事処ふの

早朝、猛烈な腹痛で目が覚めた。
その後、うたた寝しつつ復調を待ったが、一進一退の攻防が続いた。
それでも、しばらくすると何とか回復したので、軽く朝食を取り、部活へ。
天気も良いので、気分的にはさわやか。
あまり体に負担がかからないよう、適度にこなした。

 

その後、昼ご飯を食べに外へ。
以前から約束していたこともあり、今日も御食事処ふのへ。
2日連続とは珍しい。

 

ちょうど昼時だったので、昨日のことを思い出したが、店内はそこそこの入りで、普通に座れた。

 

注文したのは

カツ丼

 

 


久しぶりだ。
ここのはご飯の上にカツが乗り、その上に卵とじがかけてある。
味は濃い目で甘い。ちょっとくどいかな。
量はかなりあるので、食べ応え十分。

同行者は

 

とんかつ定食

 

 

を食べた。
今日はとん定のカツの厚さを画像に収めることができた。

 


それがこれ↓

 

 

 

少しピンボケだが分厚いのがよく分かる。
カツ丼と比べると、とん定のカツの方が厚くて大きい。

 

昨日、くどくど書いたので、今日はあっさり。

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください

人気blogランキングへ

 

 

 

 なかのひと

コメント