淡々と昼飯日記

毎日の昼ごはんを淡々と坦々と記録していきます。

ラーメン大とおにぎり

2007年05月31日 13時40分54秒 | ラーメン

今日は朝から色々あった。
昼になり、いつものようにどうするかと周辺を見回したが、目立った動きはない。
困ったなと、思いつつとりあえず向かった。
あてはない。が、とにかく昼飯なのだ。
どこかに向かった(謎

 

さすがに、それでは困る。
途中、いつもの同行者に電話。
すると急いでやってきて、あっさり合流。

そして向かった先は勝美屋だ。

 

昼時にもかかわらず、駐車場はガラガラ。
おかしいなと思いつつ、入店すると1階はガラガラ。
勝美屋にしてはとても珍しい状況だ。

 

厨房のところで、ジーさんに注文。
もちろん、

 

ラーメン大濃いぃのとおにぎり

 

を頼んだ。

 

もう、ここに来ると、これしか頼まない(爆

 

2階に上がると、3人の先客。
が、間もなく食べ終えて出て行ったので貸し切り状態となった。
客が少ないので、すぐに出てきた。
いつものように、ジーさんがお盆にラーメンと水を乗せて持ってくるのだが、2階の部屋に入る際は、両手がふさがっているため、ドアをお尻で押しながらバックで入ってくる。いつ見てもエレガントな姿だ(大笑

テーブルにラーメンを置くのだが、その際「これは大盛り。濃いのはコクがある。チャーシューは肉がたくさん入ってる」とブツブツいう。
このフレーズ(大盛り、コク、肉)は注文する際もブツブツ言っていた。
この3、4種類の語彙ですべて完結するジーさんはすごい。

 

で、今日のラーメン大濃いぃのだが、ジーさんがいうほどコクがない。
というか、味を感じない。同行者も同意した。
チャーシューはいつになく、厚く切ってあり、美味しかったが…。

 

ジーさんのほか、若いのが手伝っているが、これがいるときは味がおかしいというのが同行者の意見。そうかもしれない。

 

本日の天気は
時々

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

かつ丼

2007年05月30日 14時01分38秒 | 和食系

今日は朝から忙しいような、そうでないような。
気がつけば昼過ぎ。というより、午後2時前だった。

慌てて繰り出した先は鷦。

 

時間が時間だけに、店内はほぼ客がいない。
カップルが1組だけで、もう食べ終えて店を出る直前だった。

 

座るや否や、注文したのは

 

か つ 丼

 

 

だ。
ここはそば屋なのだが、かつ丼を食べる人が多い。
出汁がそれなりの味だからなのだろう。

 

客は少ないが、出てくるまでに少し時間がかかった。
厨房の奥で、ジャージャーと上げる音がしていたので、とんかつを揚げていて時間がかかったのだろう。手を抜いていない証しでもあり、この点は許す。

 

出てきたかつ丼は、ご飯の上に普通サイズのトンカツが乗り、その上に太めにスライスされた玉ねぎとニンジンが濃い目の出汁で炊かれ、卵でとじたものがかけてある。
画像ではかつ丼がそのまま映っているが、テーブルに持ってこられた時は蓋がしてある。

 

今日は空腹感がなく、食べてもおいしさを感じなかった。

ここは、食後のサービスとして

 

コーヒー

 

が付く。
といっても、セルフだが。


本日の天気は
時々

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

Bセット

2007年05月29日 16時06分25秒 | 中華系

昨日、バイ研幹事長に連絡していて、今日の昼はやや早めの時間に合流。
一緒に昼を食べることは事前に決めていながら、店は決めていなかった。

 

どうするか協議した結果、登竜門で意見が一致。
それでは、と店に向かった。

 

昼のピーク時ながら、適度に席が空いていた。
左手奥の個室っぽいテーブルに着席。
注文したのは

 

Bセット

 

 

 

今日のメーンは

 

チキンカツ

 

他には

 

タケノコのごまみそ和え

 

ご飯  卵スープ  キュウリの漬物

 

というラインナップ。

 

チキンカツは特製のタルタルソースがたっぷり。
見た目以上にかかっている。
意外に酸味も強くなく、食べやすい。
カラリと揚がったカツにソースをからませながら、ご飯と一緒に食べると美味いのなんの。ご飯がススムくんだ。

 

だが、これは中華なのかと思った。
チキンカツとタルタルソースだぞ!
ま、細かいことはいいか。

 


野菜サラダの上にカツが乗っている状態なので、野菜もしかり食べられる。
ニンジンは鳥が飛んでいる形に細工が入れてあり、こだわりも感じられる。

 

タケノコは旬の素材をアレンジしたのだろう。
芝麻醤をベースにしたごまだれで、味も濃くなくイイ感じ。
タケノコ本来の味、食感を楽しめた。

 

スープは溶き卵で醤油ベースだが、ピリ辛。
キュウリの漬物も同様だ。

 

ご飯は当然お代わりした。無料だもんね。
食後は

 

コーヒー

 

をお願いした。

 

ちなみにAセットは麻婆春雨がメーン。
幹事長はこれを食べたが、見るからに辛そうで、かつご飯に合いそうだった。

これで750円。評価できる。

 

 

次回は1000円コースに挑戦したい。
今日もメニューを見る限り、とてもとても捨てがたい内容だった。

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

日替わり御膳

2007年05月28日 12時05分28秒 | 定食系

昨夜からプチ遠征中。

 

爽やかな五月晴れの下、爽やかな気分で昼ごはん。

 

源輝家という店で

 

日替わり御膳

 

を食べた。

輝きの源の家とは、何とも力の出そうな名前だ。

 

入店したのはちょうど昼時。
店内は和風の造りで、客の入りは半分程度か。
店員の接客態度がとてもはつらつしていて、とても気分が良い。

 

奥のテーブル席に案内されて着席。
あたりを見回すと、非常に客の年齢層が高い。
にもかかわらず、みんな元気だ。
テニス帰りにランチを楽しんでいる風の昔のネーさん。
高級そうな料理を食べている昔のニーさん。
みんな、裕福そうだ。

 

そんなことはどーでもよくって。
今日のメーンは

 

和風ハンバーグ

 

これに

 

野菜サラダ 青菜のおひたし 

 

ご飯 ワカメの味噌汁

 

 

ハンバーグは大根おろしが乗っていて、甘酸っぱいソースがかかっている。
焼きあがりはかなり硬めで、箸で簡単に切れない。
ナイフとフォークがほしいとろこだが、それだと和風にならないか。

 

味噌汁は赤味噌が使ってある。
久し振りに赤味噌の味噌汁を飲んだ。

 

ご飯が少し硬めだったが、全体に味は良い。
厨房の中を見たが、スタッフがまじめに料理を作っていたのに好感が持てた。 

 

 

さて、その後はおやつ(爆

 

サンマルクカフェで

 

有機ブラックコーヒーバナナチョコクロ

 

 

 

 

 

を飲食。
バナナチョコクロはバナナ味のチョコレートがパイ生地に包まれているもの。
かなり甘かった。

 

 

さらに、風月で

 

とんぺい焼き

 

 

 

 

 

を食べた。
豚バラ肉が玉子で包んで焼いてあり、ソースとマヨネーズをたっぷり塗り、かつお節をちりばめたもの。
ちょっとのどが渇いたので、生中を1杯やりながら食べた(笑
それにしても、ソースとマヨネーズの相性の良さを再認識した。

とんぺい焼きは500円(税込)
味は良いが、値段的には高い気がする。

 

本日の天気は


秋のようなさわやかさだった。
よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

白ネギラーメン

2007年05月27日 13時42分18秒 | ラーメン

天気は良いが、あまり爽やかではない目覚め。
その後、部活へ。
五月晴の下、陽光を浴びながら軽めに部活に励んだ。

 

帰宅後、昨日の炒飯が少しだけ残っていたので、それを食べた。

 

が、当然それだけでは腹が減る。
午後から所要もあり、何か食べておかねばと、だんだん家に繰り出し

 

白ネギラーメン

 

 

塩、醤油、味噌のスープがあり、塩を注文。

 

山盛りの白髪ねぎ、茹でた青梗菜、なると、トロトロのチャーシュー1枚、刻み青ネギ、メンマがトッピングされていた。
麺は中太ちぢれ麺。
スープは塩の旨味をさほど感じなかったなぁ。

 

1杯700円。
積極的に食べようとは思わない。

 

本日の天気は

よろしければポチと押してください
人気blogランキングへ

コメント

炒飯その後ラーメン

2007年05月26日 12時17分00秒 | 休日

朝から良い天気。
黄砂が気になるが、爽やかで気持ちが良い。


午後からのスケジュールが詰まっていて、午前中に

 

 

炒    飯

 

 

 

を作っておき、部活後、それを食べた。

 

具材はミックスベジタブルとウインナー、鮭。
鮭の適度な塩味がイイ感じだった。

 

その後、現場へ。

 

が、さすがに激しい部活をしただけに、これだけでは腹が減る。
途中、はわいで

 

ラーメン

 

 

 

を食べた。

食券を機械で購入し、カウンターへ持って行き、半券を持って待っていて、出来上がれば呼んでくれるスタイル。

食券を出すと、威勢のいいアンちゃんが手際よく、扱ってくれた。
テーブルに座り、待ったのだが、威勢の割にはなかなか出てこない。
時間がなかったので、少し焦った。
厨房を見てみると、4人のスタッフが動いている。
動きに無駄はなさそう。
要するに、注文が集中したのが原因か。

 

3分ほどまって、呼ばれたので取りに行き、一気に食べた。
スープ醤油味。ネギ、シナチク、ワカメ、モヤシ、チャーシュー1枚がトッピングされている。麺は中太ストレート。
味は評価外。
スープは脳卒中になりそうなほどしょっぱい。
シナチクも妙な味。
麺もゴムのようだ。
これで450円。コンビニでおにぎりかサンドイッチを買った方がずっといい。

 

現場で懸命に支援したが、最悪の結果。

 

 

本日の天気は

黄砂がすごかった。
 

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

2品セット

2007年05月25日 13時58分47秒 | 定食系

朝から雨模様。
じっとりとした、梅雨のような天気だ。

 

昼になっても行動が湿りがち。
どうする、どこ行く。
散々悩んだ挙句、ぼうげつに決定!

 

既に午後1時前だというのに、店内は8分の入り。
ちょっと嫌な予感がした。

 

注文したのは

 

2品セット

 

おかずjが2品ある定食だ。

 

おかずは

 

スタミナ焼きエビフライ

 

予想通り、注文してから出てくるまで長かった。
店内の先客の分をさばかなければいけないので、仕方がないこと。
が、それにしてもかなり待たされた。
10分以上は待った。いや、15分は超えていたかもしれない。
これほど待たされたのは久しぶり。
普通なら、キレて席を蹴って店を出るところだが、なぜか今日は落ち着いてた。
じっと待った。

 

ようやく登場。
その料理内容を見るなり、同行者が一言。
「動脈硬化食だな」だって(笑
ま、そう言われりゃそうかもしれない。

 

皿の上に、エビフライが2匹、玉ねぎと豚肉の炒めたものがドカ~ンと乗っている。
さらに目玉焼き。一応、キャベツの千切りとレタスも添えてあるが、気休めだ。
肉とフライのカロリーにはホント、気休め。

 

それにしても、エビフライの衣の硬いこと硬いこと。
しかも、衣中心で肝心のエビの身が見当たらない。
バリバリしていて、食べたら口の中が切れた。
マヨネーズで食べるよう、たっぷり付いているので、これでまたカロリーが上がる。

 

スタミナは生姜焼きの味でスライスした玉ねぎと豚ロースの角切りが炒めてある。
濃い醤油ベースのたれで、ご飯はすすむが、のどが渇く。

 

満腹になったが、胃にもたれ、しばらく気分が悪かった。


 

850円の価値はあるような、ないような…。

 

 

本日の天気は
のち



よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

日替わり定食

2007年05月24日 14時20分53秒 | 定食系

今日も朝から良い天気&暑い。

 

午前中は、普通に過ごし、いつものように昼が来た。
恒例となった周辺サーチ。
動きがほとんどないため、少し不安になる。
何度も周辺を見回し、動きを見たが、目立った動きがない。

 

午後零時半過ぎ、ようやくいつもの同行者と目が合った。
軽くうなずき合い、外に出た。

 

さて、どうするか。いつもの展開となり、向かったのは柚子庵。
2日前に行ったばかりなのだが、抵抗はない。
要するに、全員が店を認めているからだ。
それほど、ここは良い。

 

店の前にある、メニュー看板を見て内容を確認してから、同行者らに「どうする?」と聞いたのだが、中の一人が「ダメ出ししても、他店に行く気はないんでしょ」と突っ込んできた(笑
その通り。返す言葉もなく、店の扉を開けた。

 

入口に誰もいなかったので、前回同様、厨房の方に向かって「すいませ~ん」と声をかけると、奥からネーさんが登場。
そして、こちらを見るなり「いつもどうも」と大きな声でお出迎え。
「もう完全に常連扱いだよな」と一同ワロタ。

 

さて、着席しなければいけないのだが、1階はほぼ満席。
ただ、席を立つムードが漂っている。
時間的に、昼を終えた人たちが帰るころなのだ。
少し待たされたが、1階の奥のテーブル席が空いたので、そこに通された。

 

頼むはもちろん

 

日替わり定食

 

というか、これしかないので、実際には頼んでいない。
本当に頼んだのは食後の

 

オレンジジュース

 

だけだ。

 

ほどなくして料理が登場。
今日は

 

 

カレイの唐揚げ イカの中華風炒め

 

 

白菜のゴマ和え 飛び魚の刺身

 

 

ご 飯   漬 物  豚 汁  

 

 

だった。

 

カレイのから揚げはレモン、素揚げしたシシトウが添えてある。
レモンの切り方を見ても、手を抜いていないことが分かる。
もちろんモミジおろしのポン酢が付いていて、それで食べた。

 

イカは青菜と一緒にゴマ油で炒めてあるのだろう。そして、軽くあんかけ状態にしてある。ゴマの風味がイイ感じだ。

 

白菜のゴマ和えは家庭でも食べる、シンプルなもの。
刺身だが、店頭の看板にはカンパチとヒラメと記してあったが、実際はアゴだ。
売り切れたので、切り替えたのだろう。
前回もアゴの刺身だったが、全然問題ない。
今日はわさびで食べた。

 

今日も当然のようにご飯をお代わりした。

 

いや~。満足、満足。
それにしても、同一週に2度も柚子庵とは…。
大慶状態だ。

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

豚かつ定食

2007年05月23日 13時23分56秒 | 御食事処ふの

今日は朝から忙しかった。
穏やかな日は二日と続かない。
はぁ~。

 

と、ため息をついていてもだめだ。
昼になり、疲れた体に鞭打ち、出動した。

 

体が麺を欲していたが、一言で方針転換。
向かった先はふの食堂だ。
それにしても、意志が弱いww

 

到着時間は午後1時前。
遅めの時間帯だったこともあり、入店作業は順調。
着席も快調。
ツイていた。

 

注文したのは

 

豚 か つ 定 食

 

店を決める際の一言とは、同行者と協議する中で肉の話になり、肉→カツ→トンカツと流れる中でふの食道が浮上。そのまま、店が決まったという次第。

 

ま、そんなことはどーでもよくって、店内は他のお客さんも少なく、5、6分待って出てきた。
中央部分の肉の厚さは2センチはある、大ぶりのトンカツが皿の上にドカ~ン。
そのカツの上には特性デミグラスソースが、ドロ~っとかけてある。
さらにキャベツの千切り、トマト1切れ、パセリ、ポテトサラダ、スパゲティ(パスタではない)が添えられていて、典型的な日本の洋食だ。

 

ちなにみに、ふの食堂は和食の店。
何ともいえないメニューだが、美味ければそれでいいのであって、取り立てて問題視はしていない。

 

この他に

 

ご飯   ワカメのみそ汁 

 

茶碗蒸し  青菜と油揚げの煮付け

 

が付く。

 

デミグラスソースはいつもの味。
しょっぱ過ぎず、すっぱ過ぎず。ちょうどいい感じ。
ほかの料理も味が良い。

 

値段は800円(税込)。
リーマンの昼飯にしては、少し高いが、これなら許せる。

 

住宅地のど真ん中にポツリとある渋い店だが、長年愛されている理由が分かる。

 

本日の天気は


よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

日替わり定食

2007年05月22日 13時41分10秒 | 定食系

朝から良い天気。暑さを感じるほどだ。
そろそろ大汗の季節到来だな。

 

今日も午前中は、比較的安寧。
昼になり、周辺を観察。
いつもの同行者と目が合い、お互いうなずき合って出動した(爆

 

「さて、いずこへ?」
となり、向かった先はうどんの食べられる場所。
天気も良いし、外のテーブルで食べる気満々で店に入ったらな、ナんと定休日。
なんだか、以前も同様の展開があった。
全く学習していないわが頭脳に少なからず、ショックを受けた。

 

で、結局向かったのは柚子庵だ。
それにしても、最近多い。
ま、内容が良いから行かない理由はないのだが。

 

店頭の看板で今日の内容を確認。
そう、ここは

 

日替わり定食

 

の一本勝負なのだから。

そして、入店。
誰もいなかったので、「すいませ~ん」と厨房の方に向かって声をかけると、ネーさんが出てきて、こちらの顔を見るなり「あっ、いつもありがとうございます」だって。
もはや、常連扱いなのか(大笑

 

一階は見るからに人がたくさんいて、騒々しい。
ネーさんに続いて店主らしき板さんのいでたちのニーさんが現れ、これまた「いつもどうも」と愛想が良い。
愛想は無いより、あった方が良いので、この接客は気分が良い。
「一階はだめなのかな」と言うと、「そうですね。二階を見てきます」とニーさん。
階段をトントントンと軽快に上がり、すぐに降りてきて「少し狭いんですが、大丈夫です」ときっぱり。
ネーさんにも促され、二階に上がり、靴を脱いで通されたのが左手奥の和室。
四畳半程度の広さしかない個室で、四人がちょうど座れるテーブルがある。
密会するには最適の部屋だ。

 

座敷に座り、くつろいでいると、件のネーさんが再度現れ、「テーブル席が空きました。すぐに片付けますので、そちらにどうぞ」とのこと。
前回来たときに座った、窓際の何とも風情を感じるテーブル席。
ここは料理と景色が楽しめる、とても良い席なのだ。

 

そちらに移動し、改めて着席すると、今度は別の昔のネーさんが登場。
お茶とおしぼりを置いて、なぜかそのまま引っ込んだ。
「なんのこっちゃ」と思っていたら、再度登場して、「すいません。忘れていました。食後はコーヒーかオレンジジュースが付くのですが、どちらにされますか?」とのこと。
お茶とおしぼりを置いて行った時に聞き忘れたみたい。
年甲斐もなく、照れくさそうに笑う姿がほほえましかった。
そして、今日のアフターはひねりを加えた。

 

メニューが一つしかないだけに、料理が出てくるのが早い。
3、4分待ったら出てきた。

 

今日の内容は

 

焼き赤魚  茄子の煮びたし 

ローストビーフの胡麻だれ和え

飛魚の刺身

 

 

これに

 

ご飯 漬物 みそ汁

 

というラインナップ。

 

 

焼き赤魚は焦げ目が付かないように焼いてある。
その上に大根おろしが乗っていて、添えてあるレモンの果汁をかけて食べた。
あっさりしていて美味しい。

 

茄子の煮びたしは甘酸っぱい味付けて、さっぱりしている。

 

ローストビーフの胡麻だれ和えは1センチ角に切ったローストビーフがスライスオニオンなどの野菜とゴマドレッシングで和えてある。
魚中心のメニューだが、その中に肉が入ることで、料理にアクセントがつく。
考えているなぁ、と感心した。

 

刺身はアゴだ。旬の味だ。
弾力のある身はプリッとしていて美味しい。
ワサビではなく、おろしショウガが添えてあるのがうれしい。
細やかな心配りに、板さんの心意気を感じる。
それにしても、840円の日替わり定食にアゴの刺身なんかを付けて大丈夫なのかと思わず、案じてしまった。

 

味噌汁は魚のアラ汁。
魚種は不明だが、魚の脂で旨味がアップ。

 

もちろん、ご飯はお代わりした。

 

食べ終えたころに、ネーさん登場。
最初に注文した

 

オレンジジュース

 

を持ってきた。
そう、今日はコーヒーではなく、ジュースにしたのだ。
過去の経験から、コーヒーは単に熱いだけで、美味しくないから。
こんなところだけは、なぜか学習しているのだ。

 

毎回思うが、この内容で840円は価値がある。
しばらくは、行き先に困ったらここになりそうだ。

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

担々麺セット

2007年05月21日 13時22分47秒 | 中華系

新しい週が始まった。
先週のように、朝からのドタバタもなく、天気が良いこともあり、比較的精神状態は落ち着いている。

 

昼を前にバイ研の幹事長に、こちらから御誘いメール。
ソッコーで返事があり、合流決定。

 

正午過ぎに落ち合い、向かった先は登竜門。
前回は土曜日に行ったため、普通のメニューだったので、平日の昼はどうなっているか確認の意味もあり比較的短いスパンでの出撃となった。

 

昼のピーク時に到着。
「混んでいるかな」と、少し案じたが、ガラス越しに店内を見たらそうでもなさそう。
入口には本日のランチメニューが書かれた黒板がある。
「そうか、やはり平日はランチがあるんだ」と期待に胸をふくらませ、店内へ。
店内は4割程度の入り。
入るなり、ネーさんが「お好きな席へどうぞ」というので、左手奥の個室っぽいテーブル席に着席した。

 

一般のメニューのほかに、ランチメニューがあり、複数種類(6種類程度と記憶)のセットメニューが記されている。
いずれも捨てがたかったが、結局選んだのは

 

担々麺セット

 

 

 

坦々麺とごはん、サラダ、漬物が付いていて、ご飯はお代わり自由。
サラダはイカとレタス、スライスオニオンで酸味のドレッシングがかかっている。
しかも、イカには緑のペースト状のものがかかっていて、まるでジェノベーゼ風。
漬物はキュウリのピリ辛。
画像を見るだけでも美味しそう。

その画像だが、上部に野菜とから揚げが写っている。
これは幹事長が注文したもの。せっかく撮影するなら、一緒に写してはとのはからいで、合わせ技1本となった。

 

それにしても、ちゃんとした坦々麺を食べるのは久しぶりだ。
ここの店はレベルが高いので、坦々麺にも十分期待した。
画像左下が坦々麺だが、見るからに本格的。
スープとストレートの細麺の上にはミンチのそぼろ、刻みネギ、青菜がトッピングされている。
正統派だ。

 

それだけに、かなり期待してまずスープを一口。
ところが、「ん?」
芝麻醤、ラー油がしっかり効いていて辛いのだが、なんか物足りない。
パパチューの坦々麺と比べると少し塩分が足らない。
旨味も感じない。
ベースとなるスープが今一つなのだろうか。
それでも、久々の本格的坦々麺なので、味わいながら食べた。
が、評価するとすれば、やや低めか。
でも、ご飯はしっかりお代わりした(笑

 


当たり前だが、途中から大汗、汗、汗。
汗を拭きながら食べたのだが、最初に出てきたおしぼりはもちろん、ハンカチがびっしょりと濡れてしまった。

 

食後はサービスでコーヒー(ホットかアイス)が付く。
今日は

 

ホットコーヒー

 

をお願いした。


これで800円(税込)。
今度はほかのセットに挑戦してみよう。

 

本日の天気は

 

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント (2)

目玉焼きカレー

2007年05月20日 11時55分07秒 | 休日

朝から良い天気。

 

午前中、慌ただしく部活を済ませ、昼ご飯。
今日は

 

 

目玉焼きカレー

 

 

 

 

昨夜の残りカレーに目玉焼きをトッピングしただけのもの。
自家製らっきょうの酢漬けを添え、オリジナルアルカリ水を飲んだ。

 

カレーはやはり一晩置くと味に深みが出る。

 

それにしても、休みの日はこのてのカレーか、炒飯というパターンが多い(笑

 

その後、サポートに出向いた。
結果は辛勝。つまらない内容だったし。

 

本日の天気は

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

ラーメン大とおにぎり

2007年05月19日 16時39分25秒 | ラーメン

なんだか肌寒い。
朝方はどんよりとした曇り空。

 

気分が乗らないが、頑張って部活へ。
しっかり目の部活を終えて帰宅し、着替えてから向かった先はふの食堂。
何だか、いつもと同じパターンだ。

 

店に到着。ラッキーなことに駐車場できる状態。
「よしよし」と喜んだのも束の間、よく見ると「準備中」の札が掲げてある。
ガックリ。
どうやら、数分違いで昼の営業が終わっていたみたい。

 

それでも、昼は食べなければいけない。
ショックに打ちひしがれ、向かったのは勝美屋だ。
これまた、いつものパターンじゃないか(大爆

 

店に到着。ラッキーなことに駐車場から1台車が出て行ったので、そこが空いた。
サッと車を停めて店内へ。
すると、階段から見覚えのある顔の男が一人降りてきた。
よく見ると、いつもの同行者。
顔を見合せて大爆笑。
お互い、ほかに行くところがないのかよ。

 

と、まぁそんなことはどーでもよくって、ジーさんに様子を聞いたら、客が多くて座れないとのこと。仕方がないので、待つのを覚悟し、最初に注文。
もちろん、いつもの

 

ラーメン大の濃いの



おにぎり1個

 

 

頼み終えたら、どうやら2階席が座れることが判明。
そのまま、ギシギシときしむ階段を上がり、2階に着席した。

 

室内は五つのテーブルがあり、全テーブルに1~3人が座っている。
しかも、多くが喫煙。
「食べ物屋に来てたばこを吸うな」と思いつつも、口には出せず。
じっと待った。

 

それにしても、今日は出てくるのが極めて遅かった。
10分以上は待っただろうか。
ようやくラーメンが登場。
待ってましたとばかりに、麺を食べ、スープをすする。
間もなく、おにぎりも1個皿に乗せられて出てきたので、それを食べた。
長い待ち時間の反動から、一気に食べたのでその所要時間は5分を切った。

 

本日の天気は
時々時々
冬のような天気だった。
よろしければポチリと押してください

人気blogランキングへ

コメント

焼きそば

2007年05月18日 14時16分52秒 | 麺類

今日も朝からドタバタ。
ホントに毎日何をしているんだろ。

 

昼になり、周囲をキョロキョロ。
その結果、いつもの同行者とアイコンタクト。
「よしっ!出動だ」と向かった先は、かまや。

 

暖簾をくぐり、店内に入ると先客が1団体(4人)、2個人。
いずれも、まだテーブルには何もない。


 

午後も早めに用事があり、すぐに食べて用事を済ませたかったので、「これは、時間がかかりそうだ」という思いが頭をよぎったが、仕方がない。
「ま、どうにかなるさ」と着席し、厨房の奥にいるおばさんに声をかけた。

 

コップに水を汲み、それを飲んでいると、おばさんが店に登場。
見ると、料理を持っていて、船客たちのテーブルに次々と置いているではないか。
その手際の良さに見とれながら、「これなら大丈夫そうだな」と思った。

 

そして、注文したのは

 

焼 き そ ば

 

以前の大食いシリーズの時、何ともいえない麺の食感と味わいに魅了されていて、「今度来たときは必ず」と決めていたのだ。

 

待っていると、おばさんが次々と料理を出す。
しかも、その間、厨房の奥からはジャージャーと物が焼ける(炒める?)音がする。
ここは、このおばさん一人で賄っているはず。
ということは、料理をもって店に出ているとき、厨房は無人。
考えれば、すごいことだ(大笑
火事にならないのだろうか。
それ以前に、店舗を正面から見ると傾いている。
倒壊が先か(大爆

 

そんなことより、ほどなくして焼きそば登場。
かなりのボリュームだ。
食べ始めたら、同行者が注文した揚げそばの量が多いからと、少し分けてくれた。
揚げそばは麺を油で揚げ、その上に野菜と肉のあんがかけてある。
中華っぽいといえばそうだが、決して本格中華ではない。

で、肝心の焼そばだが、味はソース味ではなく、塩焼きそばと表現すればいいか。
化調はたっぷり効いている。
野菜はキャベツ、ニンジン、玉ねぎのスライスとモヤシ。それと豚肉が入っている。
麺はストレートで、妙にコシがある。
噛んでいると、顎が疲れるほどだ。
正確には、味よりこの麺の食感にだけ魅せられたという表現が正しいかもしれない。

 

次が控えているので、急いで味わいながら食べて店を後にした。


しかし、これで700円は高いと思う。

 

本日の天気は
時々時々

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント

日替わり定食

2007年05月17日 14時34分20秒 | 定食系

今日も朝から立て込んでいて、忙しかった。
午後も忙しい。何だかなぁ~(阿藤快風)

 

 

そんな状態なので、昼はバタバタ。
最初、麺系を所望したが、ふと頭をよぎったのが柚子庵。

 

 

 


 

(店の名刺から)

 

 

 

3日前に行ったばかりなのだが、妙に好印象だったので、再び出撃だ。
週に2度同じ店に行くのは、最近珍しい。大慶を思い出す(爆

 

 

昼のピーク時を少し過ぎていたので、少ないかと思って入店したら、1階は満席。
2階に通された。

 

 

その2階だが、靴を脱いで室内に入ったのだが、正面右は6人掛けのテーブル席、正面左は畳部屋。さらに左手奥もやや広めの座敷という作り。

案内してくれた、昔は若かったんだろなネーさんが、「好きな席にどうぞ」と勧めてくれたので、テーブル席に陣取った。

 

 

窓際で景色も楽しめるし、三方は囲いがあり入口も引き戸になっているので個室状態なのも良い。

 

 

落ち着いたところで、そのネーさんに注文したのだが、ここの昼は

 

 

日 替 わ り 定 食

 

 

の一本勝負。

しかも前回、学習しているので、迷うことなく

 

コ ー ヒ ー

もお願いしてオーダー完了。

 

そして待つこと2、3分。

 

出てきましたよ~、定食が。

 

今日の内容は

 

 穴子の山椒焼き

 

 

野菜の煮物

 

 

クリームコロッケ

 

 

カツオのたたき

 

 

タイの刺身

 

 

ご飯  味噌汁  漬物

 

 

 

 

 

 

穴子の山椒焼きは、甘辛いたれで焼きあげて、山椒が散らしてある。
味は良かったが、ちょっと身が硬かった。

 

 

野菜の煮物は里芋、インゲン、ニンジン、シイタケ、タケノコが薄味で炊いてある。
季節感たっぷりで視覚的にも鮮やか。

 

 

クリームコロッケはハーフサイズ。
と書けば聞こえはいいが、要するに半分。
が、これが1個だとちょっとくどいかも。
味の付けてあるピーマンがトッピングされていた。

 

 

カツオのたたきとタイの刺身はそれぞれ2切れずつ。
日替わり定食で刺身が付くと、なんとなくゴージャスでお得感がある。

 

 

味噌汁はワカメと豆腐が具材。
ご飯はもちろんお代わりした。


 

そして、食後のコーヒーだが、前回同様、熱い!
カップも熱い。
これだけは考えて。

 

 

本日の天気は
時々

よろしければポチリと押してください
人気blogランキングへ

コメント