ギャラリープルシアンブルーからのご紹介

ギャラリーでの展示作品とカフェコーナーでのお薦めの甘いもののご紹介など。

春にはいい音楽を

2012年03月28日 | 今日のプルシアンブルー
春休みに入り、若いお客様がいらしてくれるようになったことと、もうひとつ、
カフェコーナーに展示してある小型スピーカーの試聴においでになる方の
出入りが増えてきたことです。
東和電子の「olasonic」。超小型なのにとてもいい音です。


同じギャラリー内にはソニーSS-G7という38cmウーハーの大きなスピーカー
もあるのですが最近は使っておりません。もっぱらこの「Olasonic」のみです。
是非、試聴におでかけください。あっと商品を揃えて販売も行っております。
ギャラリーの画同様に宜しくお願いします。



コメント (1)

小さな画の紹介とその他

2012年03月26日 | 今日のプルシアンブルー
今日は、小さいサイズの画のご紹介をさせていただきます。




一部、掛けるスペースが足りず、テーブルの上に並べました。
でもこうやって撮ってもよく分かりませんね。もし興味が持てそうでしたら
じかにご覧いただけるのがいいかと。宜しくお願いします。

それからもうひとつ。
初日に下の画の行き先が決まりました。人物はほとんど描かないのですが
それが良かった!?ようです。


名前もつけてない少女でしたが。人としてのディテールも描いてはいるのです。



会期中は展示させていただきますのでご覧ください。
会期前にある日この少女、私の見てる前で(画面の中で)海の方に向かい、
それから左に歩き、また今のところに戻ったのですよ。(私には確かそう
見えました。)
少し寝不足で疲れているのでしょう。
コメント

絵画個展「春の海」のご紹介です

2012年03月25日 | 今日のプルシアンブルー
手前味噌ですが、昨日から「春の海」と題した、河野賢一郎自身の絵画個展を行っておりますので
何点かご紹介させていただきます。

「桜風」

松山高浜港裏の山からの眺めがベースです。

「想出の桟橋」

昔描いたスケッチをもとに描き起こしたものです。

「出漁」

「宇和海の朝」という画をもとに春の色にしてみました。

「春の海」

早朝、浜辺を歩いた時に近くを歩いていた少女を思い出して描いてみました。

「長閑かな一日、夕景」

昼間を描いた「長閑な一日」の夕方を想像して描いたものです。並べて展示しております。

小さな画も何点かテーブルに平置きでご紹介させていただいております。
どうぞコーヒーを片手に(笑)見ていただければと思います。宜しくお願いします。
小さな画は明日またご紹介させていただきます。
コメント

どうやら春が来たようですね。

2012年03月20日 | 今日のプルシアンブルー
ギャラリーの中は寒い気分でしたが、外に出ると「あっ春だ!」と、今日は感じられました。
で、今週末から絵画展 「春の海」 スタートです。
詳細は後日ご連絡をさせていただきます。

コメント (2)

バーグという犬の話し

2012年03月13日 | 今日のプルシアンブルー


40年ほども前に、ある方のうちを訪ねた再、ご自宅にコッカースパニエルの老犬
がおりました。昨秋にギャラリープルシアンブルーで個展を開催してくださった
井口啓氏なのですが私の画の先生でもあります。そのご自宅で昔飼っておられたのです。
昨秋、ギャラリーにご夫婦でおいでになった際、奥様が財布から1枚の写真を
出されました。(奥様は90才にお近いのです。)それがこの写真、あのバーグ
だったのです。その写真を眺められる奥様の愛おしそうなお顔を拝見してすぐ、
友人の大矢康行さんにお願いをしました。

そして出来上がったのがこの陶器のバーグです。



大矢さんは、現在は趣味で陶器の犬作りを行っているのですが(先日も、ご近所に
お住まいのタレントさんの飼われているボロニーズを依頼で製作したものをこの
ブログでもご紹介させていただきました。)今回は手掛かりとなるのがたった1枚
のこの写真のみ。ほとんど彼の中のイメージ作りだけで作ってくれたものなのです
が、顔の表情など当時の記憶にあるバーグ(という老犬)にそっくりのまま、上がって
きました。手の平に載るほどの小さなものなのですが、この年老いた顔、表情には
脱帽です。
今週中には、その奥様にプレゼントさせていただくべく青梅に向かう予定でおります。
バーグとの再会をさぞかし喜んでいただけるはずと、今から奥様の笑顔が楽しみでは
あります。



ちなみに一緒に写っているビーグルはうちのクレオです。これも大矢さんに作って
いただいたもので、記念に2ショットとさせていただきました。
大矢さんの作品については、ご本人のサイトをこのブログにも載せておりますので
アクセスしてみてください。作品のご紹介でした。
コメント

p.bの仲間

鈴木りょうこ http://blog.goo.ne.jp/ryouko-tougei