ギャラリープルシアンブルーからのご紹介

ギャラリーでの展示作品とカフェコーナーでのお薦めの甘いもののご紹介など。

田舎での素晴らしいニュースです

2015年01月29日 | 今日のプルシアンブルー

田舎に住む妹から大きな封筒が。
何かと開けてみたら  ジャーン !




と、いうニュースでありました。
そうなんです。
自分が出た田舎の高校なのですが、すごい久しぶりの出場とのこと。
(それはそうでしょう。) 前回82年前というのは野球では有名な松山商業がまだこの高校に
含まれていた時代ですから。その後独立して松山商業として野球で甲子園に出て行くようになりました。
そういえば最近、松山商業はどうしてるのでしょうか。
まっ、3月の春の選抜は応援したいと思います。

頑張れ! 松山東   でした。
しかし、選抜といっても県内どこかの高校が出場してると思われますが、いくら地方新聞とは言え出場が
決まるたびに号外が出ているのでしょうか?






コメント (2)

陶芸雑誌 「陶工房」 から

2015年01月29日 | 今日のプルシアンブルー

都立美術館の帰り道、本屋さんに寄って眺めておりましたら、「陶工房」が目に入り、手に取り、





私個人的には陶芸は暫くご無沙汰になっておりますが、お世話になってきた森魚工房・杉山さんのイラストでの
誌上教室を拝見。相変わらず初心者には分かりやすく表現されてるとニマニマしながらページを進め、
またパラパラと捲っていくと、



(説明の途中ページはここでは端折らせていただきます。)




ワッと六!。
プルシアンブルーでも何度か作品展をやってもらってる大学の同級生の内藤六郎君が。









うちでも紹介させていただいた作品が誌上に。





制作過程まで紹介されて。しかし土居恭司さんの面象嵌もそうですが、オリジナリティを高めていくのは
なかなか工程、過程で苦心、腐心しているんだと改めて見入ってしまった次第。





ちなみにこの取材、去年秋にお出でになられたそうです。(本人談)

六さん、練馬の方にもまた宜しくお願いします。
工房の方にも遊びに行きます。今年も去年のような雪になるのでしょうか。

コメント

ギャラリーの休みの日には

2015年01月27日 | 今日のプルシアンブルー

寒い日が続き、出歩くことが少なくなっているこの頃ですが (畑へ出ての掘り返しは
やっておりますが) 今日は久しぶりに上野の都立美術館へ足を運んでみました。




会社時代の元上司のお一人、THさんが現在書道をされており、所属する会の
書道展が開催されているとのことで拝見させていただきました。


THさんのお人柄と普段の書体からすると下記のような書体をイメージして会場を
歩きましたが、、、、。





ご本人の作品は下記にご紹介するこれだったのです。




見事な草書に「えっ!?」という感じではありました。が達筆過ぎて内容の
判読には到りませんでした。(すみません。)
しかしこの作品、仕上がるまでにどれほどの時間を必要とするのでしょうか。
画を作る自分も書の方はちょっと勝手が違いすぎて、、。





都立美術館を出た後、帰る途中本屋さんである本を購入。明日はこの本を紹介させて
いただきます。
午後からは雲が出てきましたが、少し暖かかったこの日、上野は大勢の人が出て
おりました。では明日の本のご紹介まで。
コメント

春近し

2015年01月27日 | 今日のプルシアンブルー

「金のなる木」に今年の花が咲きました。春が近い気分です。






ピントがイマイチですみません。(春の気分でいいかと変に納得しております。)
「春の北条・鹿島」です。





学生の頃の春休み、列車を岡山から乗り継いで予讃線に入り、松山が近付くとこのあたりの海沿いを走ります。「久しぶりの瀬戸内」と心が弾みました。
これから春を迎える瀬戸内ですね。
コメント

地元、大泉での最近の様子をご紹介します。

2015年01月25日 | 今日のプルシアンブルー

ローカルな話で申し訳ありません。
うちの前の道路も東京では良くある開かずの踏切が近くにありますが、この路線
池袋方面だけでなく新木場方面や横浜へも直通の乗り入れがあり、以前は常に
大渋滞となっておりました。が、昨晩でこれが終わりとなりました。



高架化の工事がこの5年ほど行われてきました。
上の写真は、下り所沢方面へ向かう、既に工事の完了している下り線を走る車両です。
で、下の写真が下を走る、上り池袋方面へ走る車両です。昨日朝の散歩時には
上下交差が偶然見られたのですが、これがいざ撮るとなると40分ほどもカメラを
構えて待ちましたがチャンスは来ませんでした。(残念)




今朝、踏切へ出てみると既に遮断機・信号機も無く、上り線は封鎖され線路だけに
なっておりました。




当然ながら、大泉学園の駅傍の線路は(ここで練馬からの高架は終わるのですが)
2本共に上に向かって伸びておりました。
昨日までは左脇に上り線が延びていたのですが、跡形も無くなっておりました。
(写真を良く見ていただくと、左隅に外され残ったレールが見えております。)
夜中2時頃に出ていけば付け替え工事が見られたと思いますが、
渋谷での東横線の付け替え工事を考えると大した工事ではないのでしょう。



高架線化と共に町は街へと変わっていきます。
ローカルな話しでした。




蛇足ですが、もっとローカルな話しを。
YUKIの作るケーキ、いろいろあります。どうぞ召し上がりにプルシアンブルーへ
お出でください。

コメント

p.bの仲間

鈴木りょうこ http://blog.goo.ne.jp/ryouko-tougei