ギャラリープルシアンブルーからのご紹介

ギャラリーでの展示作品とカフェコーナーでのお薦めの甘いもののご紹介など。

今日、最終日も終日盛況のうちに写真展を終えました

2014年08月31日 | 今日のプルシアンブルー
本日は最終日。



今日も朝から大勢の方がお出でになり、出展されている方のご家族もお出でに
なられました。



5時になり、終わりと共に居残っておられたお仲間さん達がお手伝いされ、ものの
20分ほどで、空のギャラリーに戻りました。




その後は、1時間ほどお仲間さんでささやかにご苦労さん会、打ち上げを。
いいおじさん達の大人の集まりの2週間でした。
普段は作品内容にかかわらず女性の出入り、女性主体のプルシアンブルーですが、
これほど男性がお出でになったのは初めてのことでした。




さて、明後日水曜日からは、自分(河野)の作品展を予定します。
どうぞよろしくお願いします。ご覧ください。
コメント

SL写真展、本日PM5時まで

2014年08月31日 | 今日のプルシアンブルー

連日、盛況のSL写真展です。






本日5時までです。どうぞお見逃しなく。ご覧ください。
コメント

作品展のご案内です。

2014年08月27日 | 今日のプルシアンブルー
作品展のご案内が来ておりますので、ご紹介させていただきます。


この7月には、ご夫婦でお世話になった内藤六郎さんの作品展。場所は大阪阪急なのですが。
機会のある方は是非寄っていただけたらと。山里は勿論、新しい部分も本当に楽しみな
六さんの新作です。






大学の後輩の小松冴果さんのお父さんは童話画家さんをされておりますが、今回は
水彩画とのことです。どんな作品が並ぶのか楽しみです。本日より。





練馬のギャラリー、呉天華さんからのご案内です。




そして河野も。
来週水曜日(3日)から、夏の松山での作品展の報告を兼ねた展示会を
プルシアンブルーにて行わせていただきます。「YOUちゃん」のシリーズは
絵葉書くらいでしかご紹介できませんが、是非見てやってください。
20点余りを展示いたします。
このご案内絵葉書の作品も松山の方で決まりましたが、プルシアンブルーでの
展示会ではご紹介させてきただきます。


コメント

自身の出身校である愛媛県立松山東高等学校のこと

2014年08月26日 | 今日のプルシアンブルー

作秋、自身の出身高校の同窓誌編集の方から今年の表紙画の依頼を受け描いた画が、
この夏、松山のギャラリータナカさんで紹介させていただいた「思い出の桟橋」です。
で、個展の最終日に東高に寄贈させていただいたのですが。
余談ですが、この夏、もう1勝すれば60数年ぶりに夏の甲子園へ、というところまで行き、
地元松山では盛り上がったようではありました。







教務課の先生と教頭先生に案内され中を見学させていただきました。新築になった東高。多分、卒業後初めて学校の中に入りました。
(写真は同窓誌より)

以前の校舎に比べ随分重厚な作りになっておりました。

(写真は同窓誌より)


で、本日、学校長の藤田先生よりお便りを頂戴し、校長室に画を掛けてあるとの事。



私個人的には廊下のどこかにでも提げてもらって生徒さん達にも見てもらえればくらいの
ことだったのではありますが恐縮です。
そういうことで、この件落着であります。
コメント

SLについて

2014年08月25日 | 今日のプルシアンブルー
杉 行夫さん、野口 信夫さん、金澤 忠さんという3名の方による今回のSL写真展
なのですが、だんだん分かってきたことを記します。

この方々は、この世界(SLマニア)の間では、相当カリスマ的に有名な3名の
ようで、この土日はプルシアンブルー始まって以来かと思われる、人、人、人。
いわゆるファンの方々が大勢おられ、どこで写真展を開催されても必ず人が大勢集まり
になるとのことです。

40年以上も前からインドや台湾を訪れ、写真を撮ってこられ本を出しておられます。
現在うちでも2種類の写真集の販売も行っております。








午後も3時を回ると、ここプルシアンブルーでは人の間を通るのも大変なほどで、皆さん
ホントにSLの話しを熱く語られているのです。私はというと一日中てんてこ舞いで裏方さんを
やっておりました。



この上下2枚は、成田ゆめ牧場というところに置いてある蒸気機関車を走らせている
時に撮影したものとのことですが、この列車を40年ほども前に台湾から日本に買い戻し
たのが、今回のゲストである杉さんとお仲間さんとのこと。この列車はもともと日本で
製造されたものだとのことです。サイズは小さいのですが、鉱石や生活物資の搬送に使って
いたらしいのです。





「あの、松山にもこんなの走ってますが、、。」
と、言ったのですがとりあってはいただけませんでした。
まっ、これは松山市内を走る観光用の電動機関車なので。(すみません。)






どうぞ、インドの現在の列車と生活をご覧になりにお出かけください。
コメント

p.bの仲間

鈴木りょうこ http://blog.goo.ne.jp/ryouko-tougei