住んでる香港、旅はタイランド

香港
ときどき
タイ

香港暴動 ~ 通勤手段の確保

2019-11-15 | 香港に思う
ひと月前ぐらいまでは、暴動が起きるのは週末、それも特定の地域に限られていたので平日の通勤に関してはさして影響がありませんでした。

ところが最近日曜日の破壊活動が大規模化してきて交通施設の修復に時間がかかるようになって月曜日にも影響が拡大し、さらには平日にも騒ぎが起きるようになって、連日交通機関に乱れが生じています。

地下鉄、鉄道の場合は区間運休や特定の駅を閉鎖(電車は通過の措置)することが常態化しています。バスについては運行区間の短縮やルートの変更、ひどい場合には運休といった措置が取られています。

テレビのニュースでは鉄道関係は比較的運休区間や閉鎖駅の情報をテロップで煩雑に流しているので分かりやすいですが、バスの場合は路線が多く、細かい情報が必要なため個別の路線についての情報はほとんど流れることがありません。

インターネットのほうが詳しい情報が得られます。鉄道についてはほぼリアルタイムで出てくるので、最寄り駅と目的地駅間が運行されていれば混雑で何台か待つことになっても通勤は可能です。しかし、バスについてはルート変更が煩雑に行われていてバスが来ても「臨時改道」と表示があるだけでどこを通るのかは運転手に聞かないとわからない場合も多いです。言葉がわからない私は先日、この団地には寄りませんという表示を見て、途中で降りるから大丈夫と思って乗ったところ乗ってすぐ高速道路に入られてしまい、終点まで一気に連れ去られてしまいました。それ以来バスには乗れません。

私を含めて職場の日本人は幸いなことに香港島の地下鉄沿線に住んでいるのでなんとか通えていますが、香港人スタッフは大陸側に住んでいて、利用する鉄道が断続的に運休を繰り返しているため出社できない日もあります。

毎朝、テレビとネットで鉄道の運行状況を確認してから出社するのが日課になりました。


それにしても、日本の報道やネット声を見ると暴徒の一部を傷つけた警察=悪者、鉄道や道路などの施設を破壊して交通を遮断している暴徒についてはコメントがない、という一方的な図式が多いのがどうしても腑に落ちません。
コメント

香港の日本食品フェア 第二弾

2019-11-13 | 香港 和食
日本食品フェアの二週目はお弁当特集でした。鮭やイクラ、カニなどがはいった海鮮弁当がメインです。これまでも同じような催事があったのですが、その時大量に作っておいて閉店時間間際になると値引きをするので、今回もそれを狙って仕事帰りの週末に行ったのですが、並んでいる商品がすくなく値引きもしていませんでした。

香港デモの関係でお店の閉店時間が早まったため作り置きの数を極端に減らして値引きもしないぐらいですむぐらいの在庫しか置かなくなったようです。

それでもせっかくだったので、鮭いくら丼を購入しました。こんな時だから贅沢してもう少し値段の高いいつもなら食べられないものにしたいとも思うのですが値引きがないので、値段的にはそれほど高くないもの、いつもと同じ価格帯になってしまいました。

それでもこれほど大量のイクラを一度に食べる機会は滅多にないのでそれはそれで満足いくものでした。

次回は値引きに期待したいです。
コメント

社内で食事会

2019-11-08 | 香港 食べ物
京から上司が新事務所の視察にやってきたので食事会に行きました。

事務所が移転してから初めての食事会です。昨今の香港の政治情勢から上司には交通の便の良い繁華街ではなくて事務所近くのホテルに妻財してもらって、食事会も事務所近くで行いました。

会場は地下鉄天后駅近くのホテル地下にある中華の店でした。前菜二品と野菜、スープ、エビなどが出ました。写真の中に肉が食べられない人がいるので注文はその人任せがパターンになっています。なので、だいたい海鮮料理主体になります。

繁華街ではなく、さらに開始時間も早かったため店内は混んでおらず落ち着いて食事をすることができました。最近、職場の食事会ではすっかり飲めなくなってしまいました。この日もビール二杯で終了でした。三杯目を頼むと悪酔いしそうなので二杯でやめておいたというのが実際です。酔いやすいというわけでもないのですが、職場だとあまり酒が進まない割には悪酔いしやすいというのは、わかる人にはわかると思います。
コメント

香港 デモと暴動と

2019-11-04 | 香港に思う
そのうち収まるだろうから、知り合いが過剰に心配するといけないのでとこの話題は今まで避けてきたのですが、節目とされた10月1日を過ぎても一向に収まる気配がないので、在住者としてのこれまでの印象をまとめてみます。

数か月前までの状況をごく簡単に述べると、毎週末にデモが計画されて同じ日にデモのルートと別のところで、警官隊が出動するということが多かったようです。

この二か月の状況はデモが計画されて、あるいは集会が計画されてる週末にデモ、集会の現場近くで鉄道駅施設の破壊、商店の破壊、警官隊との衝突、放火、催涙弾の発射といった事件が起きています。

日本のマスコミの記事でおかしいと思う点がひとつあります。それは数か月前でも、現在でもデモ隊の一部が騒ぎを起こして警官隊と衝突という一般市民が暴動を起こしているような書き方をしていることです。

テレビの映像から確認できることは、駅を破壊したり、警官隊ともめているのは明らかにデモ行進をしている市民と一緒ではありません。別動隊的な存在の人たちなんです。

襲撃の目標は駅や警察署のほか、中国本土系の銀行や経営者が本土寄りの発言をした企業にも及び始め、それら銀行の支店や店舗は襲撃に備えて白い板囲いをして防衛しているという状況です。(写真参照)

香港のマスコミの姿勢にも大いに疑問を感じています。駅の出入口や自動改札を壊す映像、警官隊に物を投げつける映像、一部の人たちを取り囲んで鉄パイプや傘で流血するまで襲撃する映像、これらがニュースで流れるのですが、すべてこれらが警察が到着する以前から、つまり破壊者、襲撃者の後ろからカメラがドキュメンタリーのように追跡しているのです。彼らは事実を伝えるのが仕事と思っているのでしょうが、駅を破壊し、個人を寄ってたかって数人で襲撃する人たちを止めようとする気配が全く感じられないのです。これはどういうことなのか。

この前の週末は私の住んでいるアパートのすぐ近くのショッピングモールで騒ぎがあり警官隊が出動する事態になり、騒然とした状況が嫌でも聞こえてきて恐かったです。
コメント (2)

香港で食べる和食

2019-11-02 | 香港 和食
近所にあるAPITAは先ごろ日本資本が撤退して名称はそのままにして香港の会社に引き継がれています。

品揃えが変わるのではないかと危ぶんでいましたが、文房具売り場がやや狭くなったぐらいで大きな変化はなく日本食品、日本製品が多く並んでいてホッとしています。

催事のパターンも今までとほぼ同じです。年に数回行われる日本食品節がやってきました。第一弾はまぐろ解体ショーがメインの刺身が中心でした。売り場をのぞくとマグロの刺身やすしがずらりと並んでいましたが、お値段が高いせいか値下げをしてもあまり売れ行きがよろしくないようです。通常の刺身売り場に混在してやっていた四品で100ドルの刺身コーナーは早めに行ったのに残り僅かしかありませんでした。
甘エビやしめさばなどを買ってきて久々に豪勢な食卓となりました。

最近、味が濃いものが苦手になってきましたのでちょうどよいタイミングでした。
コメント