Tiny Jewel

ヨークシャーテリアと…日々を楽しく美味しく♪

屋形船 ~両親へ感謝をこめて~

2014-05-26 10:12:08 | 2014.05 母の日

2014.5.25(日)

義父母への感謝を込めて乗合屋形船に乗ってきました。(母の日、父の日をまとめて(^^ゞ

義母と私は初体験o(@^◇^@)o ちょっとワクワクしちゃいます。

義父と旦那さまは3度目だったかな・・・会社がらみで経験済みです。

 

今回お世話になったのがこちら

車で30分ほどの北千住桟橋からの乗船です(無料駐車場あり)

 

 

18:30 出船

船内はこんな感じ

 

お座敷なので足の悪い義父が心配されましたが、用意された座椅子を利用することで快適だったようです。

 

お料理をご紹介しましょう。

ドリンクは飲み放題!ビール・ワイン・焼酎・ウイスキー・・・

ですが、私は運転手なのでウーロン茶(T_T)

(義父母の前で醜態を晒すわけにもいかないから良かったのかも(≧∇≦)

 

 

どんより曇り空にみえるスカイツリー

 

 

完全に陽が沈んだ頃、台場が見えてきました。

海からの台場も綺麗♪ と撮影するもののどうにも上手くいかない。

夜景だから持参した三脚だ!と思ったけれど・・・取り出す前に気づきましたよ。

船は揺れるんだって。。。(乗るまで気付かなかったけど)

で、ない知恵絞っていろいろやってみたけれど、結局AUTOでの撮影となりました。

 

台場の停泊時間は15分。この間は屋上のデッキに上がることができます。

 

 

フジテレビ

 

 

船員さんにお願いして記念撮影

シャッターボタンを使ったらブレるブレる。

 

そこで再度お願いしてタッチパネルにしてもらうと。

綺麗に撮っていただきました~♪

 

夜景を満喫したら、今度はライトアップされたスカイツリーを楽しみに引き返します。

 

お料理もそろそろシメで穴子ご飯、お新香、お吸い物をいただきました(撮影忘れ)

そしてデザート

 

もうお腹パンパンです。

 

夜のスカイツリーが見えてきました。

アサヒビールさんのウンPオブジェと一緒に☆

 

 

このとき見れたライティングは開業2周年のブラウンショコラでした。

 

 

そして船旅は終了。

 

もしかしたら酔うかも!?と心配した屋形船ですがとても楽しく過ごせました。

そして勉強にもなりました。船上からの夜景は私には無理!だとね(´ε`;)

 

義父母には楽しんでもらえただろうか。

少しでも気持ちが伝わっているといいな。。。

 

 

 

さて、次回からは6月の旅へむけて準備していきます。

待ち遠しくてもうパッキングしたい気分"ァ '`,、'`,、(´▽`) '`,、'`"

  

 

コメント (2)

母の日 2日目♪

2014-05-19 07:21:48 | 2014.05 母の日

前日22:00に寝たせいか翌朝は5:00に起床。

このまま起きてもやることないので布団でゴロゴロしてみる。

となりの母をみると、こちらも時間つぶしで寝ている様子。

普段は4時頃起きる母だけど私に気を使って起きなかったのだろうな。

6:00 そろそろ起き出し私は帰りの支度をし、母は部屋風呂で朝風呂。

この日もいいお天気で朝の陽射しが心地よかったです。

 

 

 

 

朝食バイキング

夜に負けない品揃えで何を食べようか迷っちゃいます。

その場で焼いてくれるはオムレツは外せないよね。

 

 

母は和食中心

 

 

私は洋食で

 

美味しくいただきました。

 

 

部屋へ戻り一休み。

 

こうして母の日は終わりました。

 

生活のペースが全く違う母娘だけにお互い気を使うこともあったけれど、少しは親孝行できたかしら。。。

私にとっては母の老いを痛感させられる時間になり、もう少し?優しくしないといけないと感じた母の日でした。

☆お母さんありがとう☆

 

お留守番してくれた旦那さまに母と私からお土産。

早起きしてワンのお世話をし仕事へ行った旦那さまもありがとね。

 

 

義母の母の日は?

後日、屋形船に乗る予定です(*^^)v

その様子はまた後日。。。

 

  

 

コメント (2)

あさやホテル♪

2014-05-17 11:31:30 | 2014.05 母の日

13:30

今回お世話になるお宿、あさやホテルに到着。

 

 

15:00チェックインまでは時間があるので受付だけ済ませ館内を散策したり売店で買い物して待ちます。

 

開放的な吹き抜け

 

 

1Fロビー

 

 

各テーブルには母の日ために飾れたカーネーションとメッセージが。

 

 

14:00

準備が出来たということで、かなり早めのお部屋案内。

移動で疲れたのでこれは有難い。

 

お部屋は秀峰館 最上階デラックスツイン。

この部屋を選んだ理由は最上階の魅力とベッドであったこと。

(母は布団だと腰骨があたって痛いらしい。私も腰が痛くなるしね)

 

42㎡あればゆったり広々

 

 

 

 

4サイズある浴衣はチビの私には有難い。小で丈がぴったりでした。

 

 

左:足袋風靴下はいいサービスですね。暑がりの私は履かなかったので母が喜んで持ち帰ってました。

右:洗面所にあったアメニティー。基本的な物の他にbody washタオルとマスクシートが入ってました。

 

そしてこの部屋を選んだ決定打だったがこのマッサージチェア。

お風呂上がりに利用したら格別でしょ!

 

 

他にも癒しを意識したアイテムがありまして、マッサージチェア横にある空気清浄機だったり

せせらぎのCDだったり、アロマポットまで。

 

温泉なら趣のある和室もいいけれど、これだけの癒しが揃ってれば洋室もいいものです。

 

狭いながらベランダもあります。

12階なので眺望もgood!

 

見下ろせば鬼怒川が。

 

 

母も満足のようでした。

 

 

温泉は屋上にある空中庭園露天風呂と1F大浴場。(さすがにカメラ持ち込みでは入れないので興味のある方はHPをご覧下さい)

荷物を整理し早速露天風呂へ。青空と緑を眺めながらの露天は気持ちよかったぁ。

部屋へ戻ったらマッサージチェアで疲れをとり、一休みしたら夕食へ。

私たちがチョイスしたのはブッフェバイキング。

バイキングのお宿大賞受賞したというだけあって80種以上の豊富な品々。

 

 

その中から私が厳選?したのがこちら。

ズワイガニ、ステーキ、油淋鶏、湯波、天ぷら、鶏のスイートチリソース

 

 

豚しゃぶ鍋

 

撮り忘れましたが和牛カレーも少しいただきました。

そしてデザートはスイカとライチ。

 

いや~結構食べたよね。

このあと大浴場に行ったんだけどお腹がパンパンで恥ずかしかった(^_^;)

(夕食時間中でガラガラだったのが幸い)

 

ということで、歩いて食べて温泉浸かっての母の日は終わり。

いつになく早い22:00には眠りにつきましたZzz・・・

 

  

コメント

母と鬼怒川へ♪

2014-05-16 09:42:49 | 2014.05 母の日

日光東照宮をあとにし鬼怒川へ向かいます。

そろそろお腹すいてきたので湯波懐石でもと思ったけれど、母が多くは食べれないということで

お蕎麦屋さんによってみました。

日光東照宮から鬼怒川温泉に向かう途中の原宿(地名)。このあたりはそばの産地らしいです。

 

母はそばがあまり得意ではないのでとろろうどん。

 

 

私はそばを頂いたのですが帰って画像をみたらこのザマ。酷すぎる(>_<)

 

この時期は山菜の天ぷらがおすすめのようです。

是非とも頂きたかったのですがひとりで食べるには量が多すぎなので次回の楽しみとします。

 

 

13:00pm 寄り道

鬼怒楯岩大吊橋

 

 

母は満腹のため車で休憩中なのでひとりで渡ってきました。

 

これが結構揺れるのね!食後だったから酔うかと思うほどでした。

母は休ませてて正解(*^^)v

 

吊り橋から見下ろす鬼怒川

 

 

 

橋を渡りきり展望に現れたこの方は?

   

だそうです( ^ω^)

 

 

そのとなりには縁結びの鐘

 

わたくし既婚者ですし、ひとりで鳴らすのもおかしな話なので遠慮しておきました。

 

 

まだチェックインには早いですがそろそろホテルへ向かいます。

つづく

 

   

コメント (2)

母と日光へ♪

2014-05-15 10:25:33 | 2014.05 母の日

2014.5.11(日)~12(月)

母の日に実母と日光・鬼怒川へ行ってまいりました。

二人で旅行するには何年ぶりだろう。。。

結婚する何年も前だから15年は経っているだろうか。

この旅を提案してくれた旦那さまに感謝です。

 

11日朝、実家に母を迎えに行き、ま~母さんと4ワンを旦那さまにお願いし出発です。

日曜朝の東北道はスイスイ。

途中佐野SAで浅漬きゅうりを一本食べ2時間ほどで到着したのは

『日光東照宮』

中学の修学旅行、独身時代に旦那さまと訪れて以来3度目になるかしら。

 

五重塔  

 

 

三神庫  百物揃千人武者行列で使用される馬具や装束類が収められている

 

 

神厩舎  ご神馬をつなぐ厩(うまや)。



神厩舎の長押上には三猿  昔から猿が馬を守るとされている。「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名。

 

 

おみくじを引いてみた。

 

 

母娘とも仲良く?吉

 

 

記念撮影

カメラを渡すと無料で撮影してくれるという有難いサービス。

同時にプロカメラでも撮影しているので、「お帰りの際によければ買っていって~」というものらしい。

母は律儀に買って帰りました。

 

 

陽明門  残念ながら修理工事中

 

 

唐門  胡粉(ごふん)による白塗り。

 

 

眠り猫  前足をしっかりと踏ん張っている事から、徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしている。

      もう一つの教えとして(裏でが舞っていても)「猫も寝るほどの平和」を表している。

 

 

ここから奥宮へ進むのがお決まりのルートらしいが、母にはキツそうなので引き返してきました。

 

二荒山神社へつづく道

 

こちらも断念。

 

 

気候がいいこの時期は緑が濃く観光日和でした。

 

帰りがけに福と糖分補給。

 

お味はというと、求肥をつかっている大福だったので私には甘かったかな。

豆大福はやっぱり『もち』でしょ!

 

 

日光を後にし鬼怒川へ

つづく

 

コメント