さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

エクスクルーシブ - ファイザーの元副社長:「あなたの政府は、あなたの死につながるような嘘をついている」 Patrick Delaney

2021-04-09 17:00:00 | 毒ワクチン
EXCLUSIVE - Former Pfizer VP: ‘Your government is lying to you in a way that could lead to your death.’
‘Look out the window, and think, “why is my government lying to me about something so fundamental?” Because, I think the answer is, they are going to kill you using this method. They’re going to kill you and your family.’
エクスクルーシブ - ファイザーの元副社長:「あなたの政府は、あなたの死につながるような嘘をついている」
「窓の外を見て、『なぜ政府はこんなにも根本的なことについて私に嘘をついているのか?』と考えてみてください。なぜなら、その答えは、彼らがこの方法であなたを殺そうとしているからだと思います。あなたとあなたの家族を殺そうとしているのです。」
 Wed Apr 7, 2021 - 8:47 am EST
https://www.lifesitenews.com/news/exclusive-former-pfizer-vp-your-government-is-lying-to-you-in-a-way-that-could-lead-to-your-death


Dr. Mike Yeadon Arshad Ebrahim / YouTube


By Patrick Delaney
Follow Patrick

2021年4月7日(ライフサイトニュース)- 32年間にわたり新薬の研究をリードし、その分野で「最も上級の研究職」として製薬会社を退職した、ファイザー社の元副社長兼アレルギー・呼吸器系チーフサイエンティスト、マイケル・イェードン博士がライフサイトニュースの取材に応じました。

同氏は、COVID-19に対する各国政府の「明らかに間違った」プロパガンダについて、危険な亜種の「嘘」、「ワクチンパスポート」の全体主義的な可能性、20世紀の戦争や虐殺で経験した大惨事をはるかに超える事態につながる「陰謀」に対処している可能性が高いことなどを述べています。

彼の主な指摘は以下の通りです:

1. 現在のCOVID-19の亜種が免疫を逃れる可能性は「ゼロ」です。それは「単なる嘘」である。(訳注:主としてT細胞による細胞免疫交差反応で処理できる)

2. しかし、世界中の政府はこの嘘を繰り返しており、私たちが目撃しているのは単なる「収束した日和見主義」ではなく、「陰謀」であることを示しています。一方、メディアやビッグテックのプラットフォームは、同じプロパガンダと真実の検閲に取り組んでいます。

3. 製薬会社はすでに、「変種」のための不要な「上乗せ」(「ブースター」)ワクチンの開発を始めています。製薬会社は、現在実験中のCOVID-19「ワクチン」キャンペーンに加えて、何十億本もの小瓶を製造する予定です。

4. 米国食品医薬品局や欧州医薬品庁などの規制機関は、これらの「追加」ワクチンは、緊急使用認可を受けた事前の注射と非常によく似ているため、製薬会社は「いかなる臨床安全性試験も行う必要はない」と発表しています。

5. したがって、これは事実上、繰り返し行われる強制的なmRNAワクチンの設計と実施が、「製薬会社のコンピュータ画面から何億人もの人々の腕の中に入り、全く必要性も正当性もない余計な遺伝子配列を注入する」ことを意味しています。

6. なぜこのようなことをするのか?良心的な理由が見当たらないので、ワクチンパスポートの使用と「銀行のリセット」は、世界が経験したことのない全体主義を引き起こす可能性があります。スターリン、毛沢東、ヒトラーの悪事を思い出すと、「大量の人口削減」が論理的な結果として残ります。

7. 少なくともこのようなことが起こりうるということは、誰もが「そのようなシステムが形成されないように、気が狂うほど戦わなければならない」ということです。


イェードン博士は自身について、「大手製薬会社に就職して・・・全国放送を聞き、新聞を読んでいた」という、単なる「つまらない男」であると語り始めました。

続けて彼はこう言いました。「しかし、この1年で、私は、政府とその顧問が、このコロナウイルスに関するすべてのことについて、イギリス国民の前で嘘をついていることに気がつきました。絶対にすべて嘘です。症状がなくてもウイルスの発生源になっているという無症状感染というのは誤りです。ロックダウンが機能する、マスクには明らかに自分や他の人を守る価値がある、亜種は恐ろしいものであり、これらの厄介な外国の亜種が入ってきた場合に備えて、国境を閉じる必要さえあるなどみな虚偽です。

「あるいは、ところで、私たちが奇跡的に作った現在の遺伝子ベースのワクチンのリストの上に、免疫逃避の変種に対処するための『追加』のワクチンがあるでしょう。

「私が皆さんにお話したことは、そのどれもが実証できる嘘です。しかし、私たちの国の政策全体は、これらすべてが大まかには正しいことを前提としていますが、すべて間違っているのです。」


「陰謀」であり、そして単なる「収束型日和見主義」ではない

「しかし、私がやりたいのは、免疫逃避についての話です。というのも、このイベント全体の最終的なゲームは、おそらく陰謀ではないかと思うからです。昨年、私はこれを『収束的日和見主義』と呼んでいました。つまり、さまざまな利害関係者が混沌とした世界に飛び込んで、私たちを特定の方向に向かわせることに成功したということです。つまり、さまざまな利害関係者が混沌とした世界に飛び込んで、私たちを特定の方向に向かわせようとしているのです。

「私は今、それは甘えだと思います。世界中の非常に重要な権力者たちが、次のパンデミックを利用しようと計画しているか、パンデミックを起こしているかのどちらかであることは疑いの余地がありません。なぜなら、何十カ国もの政府が同じような嘘をつき、同じような効果のないことをして、明らかに人命を奪っているからです。

「そして彼らは、同じ類いの未来の脚本を語っているのです:『我々は、これらのしつこい害獣、《変異株》の故に、あなたには移動してほしくない』と-ちなみに、私はそれらを《セイミアンツ(同種株)》と呼んでいます、なぜなら、ほとんど同じなので-しかし、彼らは皆、このようなことを言っています、そして、彼らはみないっています:『心配しないでください、潜在的な逃亡者に対処するための 《追加》ワクチンがあります』と。明らかに無意味なことを言っているのに、彼らはみなそう言っているのです。」


最終局面の可能性:支出許可、徹底管理に結びつけられたワクチン「パスポート」

「私は最終局面が進行していると思います、『すべての人々が、ワクチン接種を受ける』ことになるという・・・地球上のすべての人々が、ジャブを受けるように、説得されたり、おだてられたり、強制されているわけではないのに囲まれたりしている自分たちを発見することになるでしょう。

「そうなれば、地球上のすべての人々が、名前や固有のデジタルID、そして『ワクチンを接種した』かどうかという健康状態のフラグを持つことになります。そして、そのような単一のデータベースを持っている人は誰でも、中央で操作でき、あらゆる場所に適用され、管理し、いわば特権を提供することができます。この特定の閾値を超えるか、特定の取引を行うか否かは、その1つの人類データベースの管理者の決定次第です。いったんそれが実現すれば、私たちはおもちゃになり、世界はそのデータベースの管理者の思い通りになるからです。

「例えば、銀行のリセット後に、実際にこの(データベース)、ID、名前、(そして)健康状態のフラグを利用したアプリを使ってしか消費できないことに気づくかもしれません。」

「そうですね、確かに国際的な国境を越えることが、このワクチンパスポートと呼ばれるものの最も明白な用途ですが、公共の場、閉鎖された公共の場に入るために必要になるかもしれないという話をすでに聞いています。もし彼らがその気になれば、あなたは将来的には自分のアプリで適切な特権を得なければ家から出られなくなるだろうと予想しています。

「しかし、それが[ワクチンキャンペーンの意図]ではないとしても、そんなことは問題ではなく、それが事実である可能性があるということは、[これを読んだ]誰もが、[ワクチンパスポート]システムが決して形成されないように、狂ったように闘うべきだということです。」

「(そのようなシステムでは)ここに、彼らがあなたにさせることができる例があり、これが彼らが[人々に]させようとしていることだと思います。

「あなたはウィルスとその変異株、時間の経過とともに起こる変異についてのストーリーを発明することができます。そのストーリーを創作して 囚われの身となっているメディアに埋め込み 代替の情報源を検閲して、誰も反論できないようにすると、人々は今、このウイルスは突然変異する、それは起こっており、免疫システムから逃れることができる変異株を生み出しているという考えにお馴染みとなっています。そして、それは嘘です。

「しかし、それにもかかわらず、私たちはあなたにそれが真実であると伝えようとしています。そして、私たちが、それが真実であることを伝え、『しかし、私たちは治療法を持っています、ここに追加のワクチンがあります』と言うと、あなたには、この1つのグローバルな、この1つのIDシステムに基づいたメッセージが表示されます。ところで、『あなたの既存の免疫特権は4週間有効です』と表示されます。しかし、その間にトップアップワクチンを接種しなければ、残念ながらあなたは『アウト・パーソン』となってしまいますが、そんなことは望まないでしょう?このようにして、人々は歩み寄り、上乗せワクチンを手に入れることになるのです。」


政府は嘘をつき、大手製薬会社は前進し、医薬品規制当局は邪魔をしない、そして起こりうる「大量人口削減」

「でも、パトリック、私はコメントする資格があるので、あなたを案内します。バンデン・ボシュが何を言っているのかは、私にはわかりません。可能性は全くありませんでした。現在公開されている4,000種類ほどの変異体の中には、免疫逃避をする可能性のあるものはありませんでした

それにもかかわらず、政治家や(各国政府の)健康アドバイザーは、そのように言っています。彼らは嘘をついています。なぜそんなことをするのでしょうか?

「もう一つのことが、並行してあります、製薬会社のいくつかが言っています、遺伝子ベースのワクチンを調整するのは非常に簡単で、開発を早めることができ、あなたを助けることができます、と。

「そして、ここからが本当に恐ろしいところなのですが、(米国食品医薬品局)FDA、日本の医薬品庁、欧州医薬品庁などの世界の医薬品規制当局が集まって発表したのです・・・追加ワクチンは、すでに緊急使用許可を得ているものと非常によく似ていると考えられるため、製薬会社には臨床安全性試験の実施を求めないつもりです、と。

「だから、あなたの片手には、亜種は現在のウイルスとは十分に異なるため、たとえ自然暴露やワクチン接種で免疫があったとしても、リスクがあり、追加のワクチンを接種する必要があると嘘をついている政府やそのアドバイザーがあります。つまり、どちらも真実ではないということです。では、なぜ製薬会社は追加ワクチンを作っているのでしょうか?そして、規制当局は邪魔にならないようにしています-そしてもしイェードン氏が正しければ、私はそう確信していますし、そうでなければあなたにこの話をしていないでしょう-製薬会社のコンピュータ画面から、何億人もの人々の腕の中に、必要性も正当性もない余計な遺伝子配列が入ってしまうのです

そしてもしあなたが、有害で致死性のある特性を導入しようと思ったら、『9ヶ月間にわたって肝臓障害を引き起こすような遺伝子に入れよう』とか、『腎臓が機能しなくなるが、この種の生物に出会うまでは無理だ』というように調整することも可能です。バイオテクノロジーは、率直に言って、何十億もの人々を傷つけたり殺したりする無限の方法を提供してくれるのです。

「そして、私は、変異体、追加ワクチン、規制当局の調査なしというどのステップにたいしても良心的な説明が思いつかないのです・・・どのステップにも良心的な説明が思いつかないだけでなく、説明されたステップ、説明されたシナリオ、そしてこの偽りの問題に対する必要な解決策は、先ほど説明したように、未知で不必要な遺伝子配列を、潜在的に数十億人の人々の腕に無意味に注入することを許すということになります。

「私は非常に心配しています・・・その通路(道筋)が大量殺戮に利用されるのではないかと。なぜなら、私は良心的な説明を思いつき得ないからです。」


変異株が免疫逃避することは「ばかばかしいほど不可能」、「ただの嘘」

「もし私が、世界中の政府が国民に伝えている一つの大きな事柄が嘘であることを示せれば、全てではないにしても、そのほとんどが嘘であると言う私の32年間の経験豊かな意見を取り入れるべきです。」

「最も異なる変異株は、2020年1月に武漢から電子メールで送られてきたオリジナルの配列と、わずか0.3%しか違いません・・・0.3%というその変異株は、今までのところ地球上で最も異なったものです。そして今、別の言い方をすると、『すべてのバリアントは互いに99.7%以上の同一性を持っている』ということになります。

「さて、皆さんは『うーん、0.3%で[免疫を逃れてより危険な状態になるのに]十分ではないだろうか?』と思うかもしれません。答えはノーです。逃げるんです、そう、ほら、ここから・・・


「人間の免疫システムは驚異的なものです。このような新しい病原体に直面したとき、プロの細胞が存在します。プロ抗原提示細胞と呼ばれるもので、ウイルスに屈しないような荒々しくタフなものです。


訳注:こういう食細胞が食べてくれれば、それだけで片が付くのですよ。健康で自然免疫力が強いといってよいでしょう。ちょっと手強くて一般の細胞がやられると、キラーT細胞がチェックに出てきて、感染細胞諸共始末してしまいます。抗体無しでも大丈夫な理由です。抗体があるところまでストレスをかけると、抗体依存性感染増強を利用するウイルスには逆効果になります。また、食細胞が強い人はT細胞活性もあまり上がっていないでしょう。「抗体がでていないといかん」などというイカサマ話に騙されてはいけませんよ。抗体が出てくるのは免疫力が弱い人なんです、、


彼らの仕事は、身近な環境にある異物をつかみ、(細胞内で)手足を引きちぎることです。何百ものピースに切り分けます。驚くべきことに、神と自然が与えてくれた多様性のおかげで、異物を認識するための巨大な可変性があり、あなたの体は最終的に15~20の異なる特定のモチーフを使って、このウイルスにスポットを当てます。エピトープと呼ばれるこれらのモチーフは、基本的にはこのウイルスの詳細を示す小さな写真のようなものです。これがエピトープの役割です。あなたの免疫レパートリーは、このウイルスの様々な部分の20種類の正確な写真、クローズアップ写真のようなものです。



「さて、先ほど説明した0.3%のように、ウイルスのごく一部が変化した場合、その変異体に再感染すると、専門家である細胞がウイルスを引き裂き、断片化して、再び提示します。そしてなんと、すでに見て認識した断片のほとんどが、変異体の中に残っているのです。

「それらの全てが認められない可能性は全くありません、そしてそれが免疫逃避、あなたの免疫から逃れるために必要なことなのです。新しい病原体として登場しなければなりません。その病原体は、あなたの専門家であるチェッカー細胞によって切り分けられたときに、以前に見たことのあるものとほとんど同じものが見つからないような、十分に異なるものでなければなりません。0.3%しか変化していない、だから99.7%(似ている)というのでは、それゆえに逃避はとんでもなく不可能です。

「アリソン・ターク[Alison Tarke] という人物の論文を見れば、あなたはそれを確認することができます。そこには、シェーン・クロッティ[Shane Crotty]もいますし、他の共著者の皆さんもいます。

「そして彼らの前に、私が理論的に理解していた多重座免疫から-これは、私が今、大いに説明しようとしたことですが-実際に起こったことを説明すると・・・もしあなたの[免疫系]が、それらの類似した断片の半分でも含んでいるものを提示されたら、あなたの体が『それは新しい病原体だ』と言うことはありえません。

「だから、0.3%が免疫逃避(回避)できる可能性があるというのは、ただの嘘です。それは意見の相違のようなものでもありません。

「3%でも十分ではないと思います。16ヶ月間に起こった変動の10倍です。30%の違いでも十分とは思えません。つまり、実際に起こったことの100倍のバリエーションがあっても、人間の免疫システムが新しい病原体であると騙されないことに大きな賭けをしているということです。

「このことを何人かの免疫学の教授とおしゃべりしましたが、彼らは私の意見に同意してくれました。『なんでこんなこと聞くんだよ』、という感じです。

「つまり、私が今言ったことは、複数の国の政府とそのアドバイザーが、変異株について嘘をついているということだと思います。それは大規模なことです! あなたはそれをチェックすべきです。あなたの読者はそれをチェックすべきです。もし本当なら、恐ろしいことだと思いませんか!?私はそう思いました。

だから、彼らは変異株について嘘をついていて、そしてもちろん、 [その変異株は]実際には違うものではないので、『追加』のワクチンは必要ありません。今、あなたは首の後ろの毛を逆立てなければなりません、彼らは今、それを作っているのですから!」。

彼らは何十億本もの小瓶を作っています。そして、それらは、年末までには入手可能になるでしょう。

そして、まずワクチンパスポートのワンワールドデータベースに登録することが求められ、その後、追加に追い詰めるると思います。


しかし、これは消えません。『あなた方は詐欺師の集団で、私たちは自由を取り戻すのだから、こんなことはやめてくれ』と十分な数の人々が言うまでこれは消えないでしょう。

「なぜなら、一人の人間が荒野に向かって叫んでも、他の学者たちが見て見ぬふりをしていては、私が何も言わなかった場合よりも1週間ほど遅れて、私たちはこのパイプを通って地獄に落ちることになるのですから。

「だからこそ、私はゾッとしているのです。

「その変異株は違うものではありません。私は「セイミアン」と呼んでいますが、ほとんど同じです。違うものではありません。ですから、追加ワクチンは必要ありません。だから、それらおどれにも近づかないでください。

「なぜ政府は私に嘘をつくのか?なぜなら『彼らはあなたを殺そうとしている』からです。

「[そしてもし、私たちの政府が検証可能な大嘘に関与していると認識したら]コンピュータの電源を切って夕食に行くだけではいけません。やめなさい。窓の外を見て、『なぜ政府はこんなにも根本的なことについて私に嘘をついているのだろう』と考えてみてください。なぜなら、その答えは、この方法であなたを殺そうとしているからだと思います。あなたとあなたの家族を殺そうとしているのです。

優生思想家が権力を握っていて、これは本当に巧妙な方法で、あなたを並べて、あなたにダメージを与える不特定多数のものを受け取らせようとしているのです。それが何なのか私にはわかりませんが、ワクチンではありません、あなたが必要ととしていないものだから。そして、針の先であなたを殺すことはありません。なぜなら、あなたはそれに気づくからです。

それは通常の病理現象を引き起こすものかもしれません。ワクチン接種とそのイベントの間の様々な時期に起こり、その時に世界で起こっている他のことがあるので、もっともらしく否定され、その中であなたやあなたの子供の死は正常に見えるでしょう。

「世界の人口の90~95%を排除しようと思ったら、私はそうするでしょう。そして、それは彼らがやっていることだと思います。

「彼らがあなたを殺すためにその[システム]を使うかどうかはわからないが、良心的な理由は思いつかないし、そして、その力があれば、あなたに危害を加えたり、あなたを支配したりすることができるのは確かですから、あなたは反対すべきです[そして、強烈に反対すべきです]。」


人々はこのレベルの悪には対処できないが、ソビエト、ヒトラー、毛沢東はその可能性を示している

「知性のある人、友人、知人と話をしていても、私が何か重要なことを話していることは伝わっていても、『あなたの政府は、あなたとあなたの子供を死に至らしめるような嘘をついている』と言ったところで、彼らはそれに取り組むことができないということがはっきりしました。そして、私が言ったことを理解している人は1割程度で、9割の人は難しすぎて理解できずにいると思います。私が心配しているのは、このままでは負けてしまうのではないかということです。なぜなら、人々は、誰かがそんなにも邪悪であるという可能性に対処しないだろうからです。

「しかし、20世紀のロシアで何が起こったか、1933年から1945年にかけて何が起こったか、戦後の最もひどい時期に東南アジアで何が起こったかを思い出してください。また、毛沢東の中国では何が起こったかなどを。

「私たちは、2世代、3世代前を振り返るだけでいいのです。私たちの周りには、これを行った人たちと同じくらい悪い人たちがいます。だから、私は皆さんに言いたいのですが、今回の事件を本当に特徴づけるものは、その規模です。

「でも実際には、これはおそらく血生臭いものではなく、個人的なものでもありませんよね?これを操縦している人たち・・・彼らにとってはずっと簡単なことなんです。誰かの顔を撃つ必要もないし、誰かを殴る必要もない。バットで誰かを殴り殺したり、凍らせたり、飢えさせたり、死ぬまで働かせたりする必要はないのです。そういったことが2世代、3世代前に起こっていて、私たちの祖父母や曾祖父母はその犠牲者になっていたり、実際にメンバーになっていたり、少なくとも海外から目撃していたりするのです。それくらい、私たちは身近な存在なのです。

「私が言いたいのは、そのような変化が再び起こっているということです。ただし、今は分子生物学を使っています。

「そして、それに賛同する人たちは、私たちが以前聞いたように、おそらく『私は命令に従っただけだ』と言うでしょう。


「でも、私はたくさんの人と話をしてきたからわかるのですが、中には『あなたの言うことが正しいとは思いたくないから、もし本当だったら対処できないから、このまましまっておこうと思う』という人もいます。私が思うに・・・必要なのは、『ウイルスで死ぬ医学的リスクがなければ、ワクチンを受けないでください!』と人々に伝える正当な理由を見つけることです。これはかなりいい線だと思います!


解決に向けて - 「神様が必要です」


「私は科学者ですが、科学者ではない人に科学をツールとして使って話をしても、うまくいきません。失敗するでしょう。

「ですから、哲学者や、論理や宗教などを理解している人が必要なのです。彼らがこの問題に取り組み、人々が理解できる言葉で話し始めなければなりませんなぜなら、科学者に任せてしまうと、私のような人間は、たとえ私が善意であっても、一般の人々が心配するようなおしゃべりな宇宙人になってしまうからです。彼らは、政府が自分たちに嘘をつくとは思わないし、政府が自分たちを傷つけるようなことをするとは思わないのでしょうが、しかし、彼らは、[そのようなことをやっています]」

最後に、イェードン博士は電子メールで次のように締めくくっています。「私は最近、『May God save us(神が私たちを救ってくださるように)』と署名するようになりました。なぜなら、私たちは第二次世界大戦以降のどの時代よりも神を必要としていると思うからです。


ライフサイトニュースでは、COVID-19ワクチンのリソースページを充実させました。こちらをご覧ください


RELATED

It’s ‘entirely possible’ vaccine campaigns ‘will be used for massive-scale depopulation’: Former Pfizer VP

Anti-lockdown scientists challenge theories of Geert Vanden Bossche, though vaccine ‘global catastrophe’ not ruled out

Coming soon — Vaccine passports will determine where you can go and what you can do

Former Pfizer VP: ‘No need for vaccines,’ ‘the pandemic is effectively over’

Frontline Doctors: Experimental vaccines are ‘not safer’ than COVID-19


関連

爆弾!ファイザー元副社長「これが大規模な人口削減のために使われる可能性は完全にある by tts-admin
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/48863b09658a3feec00b03fc4f959b3b

ファイザーの研究責任者:Covidワクチンは女性の不妊化である Health & Money News
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8c1518e410cc6e6925a8d5225a4316aa

「犯罪的なまでに欺かれている非接種者」: ファイザーの新しいコロナウイルスワクチンについて語られていないこと F. William Engdahl
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3706879f231d503f1da8d6b337085f28

著名な科学者や医師12名がEU規制当局に向けて発信:《緊急の》安全性に関する懸念に対処するか、さもなくばCOVIDワクチンの停止を Children’s Health Defense
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/473f04bb184af1d2d270a12a4bed3bc2

爆弾発言:ジョンズホプキンスの研究者曰く、CDCのデータは、COVID-19は、高齢者の死亡率には影響がなく、米国の死亡数を増加させていないことを示している JD Heyes
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f889ee44bd413d883ed0d63dfc654499

ゲイリー・D. バーネット:あなたの子供はワクチンのモルモットである
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7ae0745706c75e22be5834001080134e

COVIDの議論では「全体像」が無視されている。エンドゲームは何か? By Peter Koenig
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/197482f5f9c7400e05c44929b8f298dc

人口削減狂想曲 改訂再掲
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7f4934a4a5651680cfb5f964afcf3b73

FDAがマーコラ博士にビタミンDに関する記事の執筆中止を警告
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/48f1a3b5de76aeb9034808911d68aa8b

COVID発生前、ゲイツは製薬会社、CDC、メディア、中国、CIAとともにワクチン安全擁護者のソーシャルメディア検閲を計画していた Robert F. Kennedy, Jr.
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d93c87c7fb1e1a4dcb0a13f20e1ac427

ゲイツ財団が支援する新興企業が、問題のあるmRNAワクチンの「迅速な」開発を約束 Raymond Wolfe
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ebb94c354ae6536cde2cbe07290c9c14

ワクチン・パスポートが、大量殺戮の前哨戦として、アメリカで義務化されることになる
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c40159607ed19ead3d79c4869bb52a49

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D.
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b74bf9484ceb12e7dd4fe779f3a113bb


ヴィガーノ大司教--「リセット」はサタンの降臨である
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/882299c57d85f4233c754779fc4139c8


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 状況更新、4月7日:警告 - CD... | トップ | 状況更新、4月9日:mRNAワク... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いぼんこ)
2021-04-09 18:27:59
https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1380417517273841666

2020年3月コロナウイルス対策会議記録文書が漏洩。

彼らはコロナによって、人々の心に恐怖心を植え付け、人生を不幸のどん底に突き落とすことを計画していた。

コロナ禍は、大本教の出口王任三郎(李家=ユダヤ人)によって計画され、創価学会によって実行されている。
http://kawata2018.com/2020-04-12/

コメントを投稿

毒ワクチン」カテゴリの最新記事