さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

爆弾発言:ジョンズホプキンスの研究者曰く、CDCのデータは、COVID-19は、高齢者の死亡率には影響がなく、米国の死亡数を増加させていないことを示している JD Heyes

2020-12-07 09:00:00 | 「コロナ」詐欺
爆弾発言:ジョンズホプキンスの研究者曰く、CDCのデータは、COVID-19は、高齢者の死亡率には影響がなく、米国の死亡数を増加させていないことを示している  Friday, December 04, 2020 by: JD Heyes
https://www.naturalnews.com/2020-12-04-research-cdc-data-covid-19-no-effect-deaths.html



(ナチュラル・ニュース)すべてが終わったとき、アメリカ人-そして世界-は、COVID-19ウイルスがパンデミックと同様に実在する一方で、感染・死亡率について私たちが聞いたことは事実上何も正確ではなかったことを発見することになるだろう。

程遠い:実際には、これは政府のデータを使用して、米国におけるCOVID-19の死亡率と通常の死亡率の新しい分析によって裏付けられている。

11月中旬の時点で、最新の情報によると、米国はコロナウイルスの症例数、1日あたりの新規症例数、死亡者数で第1位となっている。これらの指標を用いて、ジョンズ・ホプキンス大学応用経済学修士課程のアシスタント・プログラム・ディレクター、ジュヌヴィエーヴ・ブリアン[Genevieve Briand]は、「『COVID-19 死:米国のデータの調査」』と題したウェビナーで、疾病対策予防センター(CDC)のデータを用いて、米国の死亡に対するCOVID-19の影響を批判的に分析した:同機関の11月26日付ニュースレターによる(アーカイブはこちら)。

ブリアンがアクセスしたデータによると、3月中旬から9月中旬までの間に、米国での総死亡者数は170万人に達し、そのうち20万人(約12%)がCOVID-19関連死であった。

しかし、ブリアンは、これらの死亡者数だけを見るのではなく、年齢層別、死因別の死亡者数の合計に注目し、そのデータをウイルスの全体的な影響を測るために使用した。

「彼女は、米国の死亡者数に対するCOVID-19の重要性は、米国の総死亡者数と比較することによってのみ完全に理解できると説明した。」、とそのニュースレターは述べている。

その発見は驚くべきものであった-そして、「主流」のシャットダウンメディアで聞くようなものではなかった。

CDC のウェブサイトでデータを取得した後、ブリアンは、COVID-19 が米国で検出される前から感染率が急増した後に検出された期間を含む 2 月上旬から 9 月上旬までの年齢区分ごとの総死亡者数の割合を表すグラフをコンパイルした。

驚くべきことに、COVID-19の前後で高齢者の死亡率は変わらなかった。COVID-19は主に高齢者に影響を与えるため、専門家たちは高齢者集団での死亡率の増加を予想していた。しかし、CDCのデータからはこの増加は見られない。実際、すべての年齢層での死亡率は比較的同じである。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
After retrieving data on the CDC website, Briand compiled a graph representing percentages of total deaths per age category from early February to early September.


「COVID-19による高齢者の死亡報告数が若年者よりも多いのは、単に、米国では毎日、高齢者の方が若年者よりも多く死亡しているからです」とブリアンは指摘する。

ブリアンは続けて、COVID-19が米国にやって来た前後で5万人から7万人の死亡者数が見られ、これはパンデミックのずっと前から死亡者数が正常であったことを示していると指摘した。そのため、ブリアンは「COVID-19は高齢者の死亡率にまったく影響を与えなかっただけでなく、総死亡者数を増加させていなかった」、以上、と指摘していると、そのニュースレターは述べている。(関連記事:メリーランド州知事が密告ラインを拡大、マスク着用を拒否する「憲法上の権利はない」と発言

「これは多くの人に衝撃を与えます。データが私たちの認識とはかけ離れたところにあるのはどうしてでしょうか?」とニュースレターは問いかけている。

答えを出すために、その研究者は2014年と2020年の間の様々な原因を用いることに焦点を変えた。

彼女は、そう、そのウイルスによる2020年の死亡者数の急激な増加があることを発見した、そして、それ自体は驚くべきことではない。しかし、彼女は追加している、彼女はトップ3を含む様々な原因からの死亡率の季節的な上昇があることを発見した:心臓病、インフルエンザ、肺炎(「フルーの季節」)。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
Graph depicts the number of deaths per cause during that period in 2020 to 2018.


興味深いのは、コロナウイルスはまたほとんど、併発症として心臓に問題がある人々に影響を与えるということである。

「これは毎年そうです。アメリカでは毎年、季節の浮き沈みを観察すると、あらゆる原因による死亡者が増加しています。」と彼女は述べている。

「これらすべての点から、COVID-19が過剰な死亡数を生み出したという証拠はありません。総死亡数は通常の死亡数を上回っていない。我々はそれに反する証拠を発見しなかった」と結論づけている。


COURTESY OF GENEVIEVE BRIAND
Graph depicts the total decrease in deaths by various causes, including COVID-19.
名札付け替えの画期的な暴露ですネ


繰り返しになるが、ニューヨーク・タイムズで読むことはないだろうし、主流の「毎晩のニュース」で聞くこともないだろう。なぜなら、COVIDが「惑星キラー」だから、すべてをシャットダウンしてアメリカ人を隔離し続けなければならないという左翼の恐怖のポルノ談義に反しているからである。

Pandemic.newsでCOVIDの最新情報を入手してください。

Sources include:

Web.Archive.org

NaturalNews.com


++
結局、ほぼ無害な常在コロナの仲間がいるだけです


ジョンズホプキンスから、こんな暴露が出てくるというのは、何か流れが変わった合図ではないでしょうか、、



https://twitter.com/binbou415/status/1335787951859462145
びんぼ♬@binbou415

[感染報道にダマされないで]
PCRの悪用が続く限り陽性反応はいくらでも作れます。陽性=感染とする不正と相まって感染詐欺が永遠と続くことになります。
感染報道はすべてデマです。実際の感染者はひとりもいません。毒ワクチンを打たせる罠です。PCR検査に行かないで!
#コロナは巨大なワナ


コメント   この記事についてブログを書く
« ゲイリー・バーネット:暗い... | トップ | 民主党はIDなしで投票しても... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

「コロナ」詐欺」カテゴリの最新記事