さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

単に「ウイルス」だけではなく、Covid-19ワクチンのスパイクタンパクが、人々を殺している Ethan Huff

2021-05-10 15:00:00 | 毒ワクチン
これも簡潔なまとめ解説、こういうもの(反復学習、まとめ化)も必要だと思います


Covid-19 vaccine spike proteins are killing people, not merely the “virus”
単に「ウイルス」だけではなく、Covid-19ワクチンのスパイクタンパクが、人々を殺している Sunday, May 09, 2021 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-05-09-covid19-vaccine-spike-proteins-killing-people.html



(ナチュラルニュース) ソーク研究所の新しい研究が、実験的な遺伝子治療(mRNA)の注射後に体内で永遠に生成される武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状Covid-19)の「スパイク」タンパク質が、傷害や死亡を引き起こす直接の原因であることをうかつにも明らかにしました。

ソーク研は、危険なのは「ウイルス」のスパイクタンパク質だけで、ワクチンに含まれるものは危険ではないと主張していますが、頭の良い人ならばよくわかるでしょう。スパイクタンパクはスパイクタンパクであり、最新の科学では、血管系を細胞レベルで攻撃する致命的なものであることがわかっています。(訳注:もともと、SARSの時にも、そのスパイクタンパク質がACE2に結合し、血管に害を与えることはわかっていました。今回はそのメカニズムがより明確になったというところでしょう)

最近、学術誌「Circulation Research」に掲載された論文によると、中国ウイルスのスパイクタンパク質は、呼吸器系よりも血管系にとって脅威となることがわかりました。
多くの人が呼吸器系の病気だと思っていますが、実際には血管系の病気なのです」と、この研究の共著者である研究助教授のユリ・マナー[Uri Manor]は言います。

「そのことは、脳卒中になる人もいれば、体の他の部分に問題がある人もいることを説明できるかもしれません。これらに共通しているのは、血管が基盤になっているということです」と述べています。

武漢フルーのスパイクタンパク質が不活性物質を取り囲んでいるだけの「疑似ウイルス」を使った実験では、肺や動脈に、ウイルスと思われるものと同じダメージを与えました。

肺動脈の壁を覆う内皮細胞に炎症が見られた」と、ソーク研は報告しています。

「研究チームは次に、このプロセスを実験室で再現し、健康な内皮細胞(動脈内部を覆っている)にスパイクタンパクを暴露しました。その結果、スパイクタンパクは、ACE2と結合することで細胞にダメージを与えることがわかりました。この結合は、ミトコンドリア(細胞のエネルギーを生成する器官)に対するACE2の分子シグナル伝達を阻害し、ミトコンドリアが損傷して断片化する原因となったのです。」 (訳注:ミトコンドリアが損傷すると、細胞は自殺に向かいます)

あなたが苦しんで死にたいのでなければ、ワクチンを受けてはいけない

これまでの研究でも同様の結果が出ており、この問題の真の脅威は「ウイルス」ではなく、「ワクチン」として意図的に人々の体内に注入されているスパイク状タンパク質であることが示唆されています。

「ウイルスの複製能力を取り除いても、このACE2受容体、つまりCovidのおかげで有名になったSタンパク質受容体に結合できるという理由だけで、血管細胞に大きなダメージを与えることができるのです」と、マナーは認めています。

「変異したスパイクタンパク質を用いた研究をさらに進めることで、変異したSARS CoV-2ウイルスの感染力や重症度についても新たな知見が得られるでしょう。」


Doctors for Covid Ethicsというグループは、この研究に対して声明を発表し、中国ウイルス注射を受けることの危険性と効果のなさを警告しています。
 
このグループは、「リスクとベネフィットの計算は・・・明確である:実験的なワクチンは必要なく、効果がなく、危険である」と主張しています。

「COVID-19の実験的なワクチン接種を許可、強要、投与する行為者たちは、集団や患者を深刻で不必要な、そして不当な医療リスクにさらしている。」

ソーク研の研究で明らかになったことを踏まえ、中国ウイルスは主に血管系の病気であり、その主な原因はスパイクタンパクであることが明らかになりました。

合わせて考えると、武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状Covid-19)の注射には、体内でスパイクタンパクが継続的に生成されるように設計された成分が含まれており、それを接種した人はほぼ確実に死亡するという論理的な結論が得られます。

「出血性疾患、脳内血栓症、脳卒中、心筋梗塞などを含む致死的・非致死的な血液凝固障害のリスク、自己免疫反応やアレルギー反応、抗体依存的な疾患増強、急ごしらえの製造や規制されていない製造基準によるワクチンの不純物などの理由で、健康な人にも慢性疾患を持つ人にもワクチンは危険である」とDoctors for Covid Ethicsは警告しています。

武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状Covid-19)の欺瞞に関するその他の関連ニュースは、Pandemic.newsでご覧いただけます。

Sources for this article include:

Salk.edu

NaturalNews.com

TheBurningPlatform.com

おまけ




ファウチたちは、確信犯ですネ
ファウチの方が高位で、トランプは言いなりの様子


なにはともあれ、ウイルス自体は、通常の感染経路で少しやってくるくらいでは、我々の細胞免疫系は、個体の栄養状態が整っていれば、簡単に対処できるものと思われます。しかし、スパイクタンパク質製造装置を直接体内に注入されては、私もお陀仏だと思います。細胞活性が強い分、かえって死にやすいかもしれません。


関連

爆弾:致命的な血栓の原因はcovidスパイクタンパク質であり、(意図的に)すべてのcovidワクチンに含まれていることを、ソーク研究所の科学論文が明らかにした Mike Adams
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c62a0ce31e1254dc4fb03cf125e86144

実験的なmRNAワクチンはバイオ兵器として機能し、コロナウイルスのスパイクタンパク質をワクチン未接種者に伝えることができるか? Lance D Johnson
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/48d1ddc6d735069c274dda3a7b33d4ad

爆弾:ゲイツ財団とDARPAは、アパルトヘイト下で黒人を絶滅させるために始まった自己複製可能な兵器化されたワクチン技術に資金を提供・・・そして今・・・ Mike Adams
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/bc10747b410d42579856c1bbe3058ed7

絶滅機械が正体を現す:ワクチンを受けた人が健康な人を病気にしている理由、ファイザー社の文書はワクチンを受けた人が感染性の粒子を「排出」していることを認めている、そのスパイクタンパクは生物兵器である
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/329b70f84e849db18677cde1d9434a0f

COVIDワクチン:必要性、有効性、安全性 Doctors for Covid Ethics
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0a079feef75e806e4d094277c46226ad

ジム・ストーンが語るVaxxの恐怖の物語 by tts-admin
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b6b627f6da1c2fb2dca42fe1f5f3f89f

ジャック・アタリは1981年に詐欺デミックとジェノサイドを予言していた By RM
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/82a378d7ff3a52f0df50050019c6278b

ほか


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (拡散希望)
2021-05-10 16:51:46
コロナ禍の中、大物政治家たちが高野山最高位・池口恵観の宿老就任祝賀パーティ開催 安倍や二階も参加

http://rapt-plusalpha.com/politics/post-10001/

しかし現在、政治家たちは「コロナ感染対策」と言いながら、国民に自粛を強要しています。

そんな中、こんな大規模なパーティを開催するというのですから、当然、招待状を受け取った人たちの多くは「コロナ禍の終息が見えない中、本当にパーティを開催するのか?」「国民たちが多くの不便に耐えているのに、政治家たちは何を考えているのか!」と、疑問や怒りの声を上げています。

しかも、招待状には「この祝賀会の席では、私が皆さま方に、真言密教の秘法と言われる疫病退散の祈りをさせていただきます。この祈りが日本が新型コロナ禍の苦界から解放されるきっかけになればと願っています」と書かれているらしく、それなら最初から感染を防ぐために、こんなパーティなど開催しなければいいのではないかと、普通の人なら誰でも思うことでしょう。

もちろん、政治家たちがこうして堂々とパーティを開催できるのは、彼らがコロナが噓であることを知っているからです。
Unknown (Unknown)
2021-05-11 12:09:59
いつもありがとうございます
*PシーR検査は何の遺伝子を見ているのかわからない(大橋先生)、、、
記事*PCR検査してきた! そしてとうとう来週から週一検診に
  カンジタ治らなすぎて飲み薬飲むか先生達で相談するって言ってた…
記事*PCR検査って、カンジタとかインフルエンザその他7種以上の菌に反応するから、
  袋から開けた瞬間に空気中の菌を拾って反応しちゃうんですよね。
記事*新発見の恐るべき真菌、カンジダ・アウリス
  その後の拡散は速やかで、インド、パキスタン、南アフリカ、ベネズエラ、英国、米国、クウェート、イスラエル、コロンビア、中国などから続々と報告されるようになった。
medical-tribune.co.jp/kenko100/articles/190808529598/
記事*ファイザーワクが自然免疫による炎症性サイトカインの産生を変調させることが判明
  TLR4(ウイルス膜蛋白を認識)およびTLR7/8(一本鎖RNAを認識)に対する自然免疫の反応が低下 2回接種後にも低下顕著
記事*BCG義務国はコロナ被害が非義務国より桁違いに少なかったのも統計的事実だし
  BCG義務国がワク*ン接種進めるとコロナ被害が拡大しているのも統計的事実

記事*BCG接種国を欧州、南米、アジアの3つに分けた
・欧州BCG義務国:元が高めで、2%超えから拡大、10-20%超えで収束へ
・南米BCG義務国:元が中、ダラダラ拡大が続き、20-40%超えで収束へ
・アジアBCG義務国:元が超低、すぐ拡大が始まり、先行バレーボール、モンゴルを
見る限り30%超えても収束まだ見えず
記事*不都合な統計的事実に目をつぶり、小国は例外だ、ファイザーは大丈夫だという  
根拠なき希望を持ち出す人が散見されるが、ファイザーで抽出するとこの通り。
感染・死亡がワク接種とともに右肩上がり。各国みている印象では過去の波より重症・死亡 の伸びが感染より早い。
記事*インドは祭りの季節が終わっても、感染者も死者も減り続けていた。なのに
「驚いたことに」予防接種を始めたため症例数の増加を示し始め感染爆発が起きた。
 わざとそのタイミングで接種開始したとしか思えない
pbs.twimg.com/media/E0yidRxVIAUr_Qd?format=jpg&name=medium

記事*これだけの医師がコロナワクチン接種になぜ反対するのか分かりますか?利益なんかないんですよ。
ameblo.jp/don1110/entry-12673779966.html

記事*無視された警告論文「mRNA,DNAを使いスパイクだけを生成する方法が、
 ”チャレンジ ウイルスまたは循環ウイルス”との曝露時に、疾患をADEで悪化させる可能性があるという前臨床および臨床の証拠を、インフォームド・コンセントに明示すべき」
記事*医療関係者の先行接種(3/8~開始)
  接種数ランキング上位と相関(黒、赤)
  1大阪、2東京、3埼玉、4北海道、5福岡、6兵庫
  接種⇒変異株に感染⇒スプレッダー化⇒感染爆発
  病院、老人ホーム等がホットスポット化
  通勤経路によって拡散(京都、奈良?)
  茶番は終わり。満員電車はもう乗ってはだめ。
動画*この動画必見です。感染爆発の初期に何が起きたか?
 ICU医師の証言。

 ICUに運び込まれる人について
 最初は、医療関係者。個人開業医とか。
 今は(4./16)、普通の方が増えている。
 変異株が8割

 3/8~医療関係者先行接種開始。大阪はダントツ。
 3月に英国変異株出現(大阪)
youtube.com/watch?v=4Su5OaTeg6Y&t=2s

記事*PDF⇒artemis2024.html.xdomain.jp/corona/Japan_Shots_Effect.pdf
 「接種開始直後から従来株が急速に英国変異株に置き換わり、現在英国株が 
 感染爆発を起こしている主要株と推測される」
 医療関係者先行接種で感染爆発が始まった。
 各都道府県別陽性者数、変異株の増加、従来株の消滅
 大阪、京都のゲノム解析⇒kuhp.kyoto-u.ac.jp/~ict/clm/?page_id=555


記事*これだけ読めば、、、
>artemis2024.html.xdomain.jp/corona/must_read_info_to_understand_corona.pdf

コメントを投稿