さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

爆弾:致命的な血栓の原因はcovidスパイクタンパク質であり、(意図的に)すべてのcovidワクチンに含まれていることを、ソーク研究所の科学論文が明らかにした Mike Adams

2021-05-08 13:00:00 | 毒ワクチン
そしてなんと、ソーク研究所から爆弾発表


Bombshell Salk Institute science paper reveals the covid spike protein is what’s causing deadly blood clots… and it’s in all the covid vaccines (by design)
爆弾:致命的な血栓の原因はcovidスパイクタンパク質であり、(意図的に)すべてのcovidワクチンに含まれていることを、ソーク研究所の科学論文が明らかにした Friday, May 07, 2021 by: Mike Adams
https://www.naturalnews.com/2021-05-07-salk-institute-reveals-the-covid-spike-protein-causing-deadly-blood-clots.html



(ナチュラルニュース) ワクチンのパイオニアであるジョナス・ソーク[Jonas Salk]が設立した権威あるソーク研究所は、SARS-CoV-2スパイクタンパク質が、covid患者やcovidワクチン接種者の血管障害を引き起こし、脳卒中、心臓発作、偏頭痛、血栓などの有害反応を促進し、すでに何千人ものアメリカ人が亡くなっていることを明らかにする、衝撃的な科学論文を執筆・発表しました。(出典:VAERS.hhs.gov)

重要なのは、現在広く使われている4種類のcovidワクチンはすべて、患者にスパイクタンパクを注射するか、あるいはmRNA技術を使って患者自身の体にスパイクタンパクを製造するように指示し、自分の血液中に放出させるかのどちらかであるということです。これにより、ソーク研究所が血管障害や関連事象(血栓など)の決定的な原因であると特定したスパイクタンパクが、患者の体内に氾濫することになります。

簡単に言えば、人々を殺しているまさにその要素を含むようにワクチンが設計されたということです。

ワクチン業界とそのプロパガンダ担当者は、スパイクタンパクは「不活性」で無害であるという誤った前提を持っています。ソーク研究所は、この仮定が危険なほど不正確であることを証明しています。


ソーク研究所:スパイクタンパクは、ウイルスがなくても「細胞にダメージを与え」、「血管病」を引き起こす

2021年4月30日に発表された『新型コロナウイルスのスパイクタンパク質が病気の発症にさらなる重要な役割を果たすことが判明[The novel coronavirus' spike protein plays additional key role in illness]』と題された記事の中で、ソーク研究所は、「ソークの研究者と共同研究者は、このタンパク質がどのように細胞を傷つけるかを示し、COVID-19が主要な血管疾患であることを確認した」と、警告しています。

その記事から:

  今回、新しい大規模な研究により、(ワクチンによって安全にコード化された[訳注:ということになっている]タンパク質とは全く異なる挙動をする)ウイルスのスパイクタンパク質が、病気そのものにも重要な役割を果たしていることが明らかになりました。

  2021年4月30日にCirculation Research誌に掲載されたこの論文は、COVID-19が血管疾患であることも決定的に示しており、SARS-CoV-2ウイルスが血管系を細胞レベルでどのように損傷し、攻撃するかを正確に示しています。

  本研究の共同研究者であるユリ・マナー[Uri Manor]助教授は、「多くの人はそれを呼吸器系の病気だと思っていますが、実際には血管系の病気です」と述べています。「脳卒中を発症する人がいるのも、体の他の部位に問題を抱える人がいるのも、それで説明できます。これらの共通点は、いずれも血管が基盤になっているということです。」

  ・・・本論文は、このタンパク質が血管細胞にダメージを与えるメカニズムを初めて明確に確認し、詳細に説明しています。

  今回の新しい研究では、SARS-CoV-2の典型的な冠であるスパイクタンパク質に囲まれた、実際のウイルスを含まない「疑似ウイルス」を作成しました。この疑似ウイルスを動物モデルに感染させたところ、肺と動脈に損傷が生じました。これは、スパイクタンパク質だけで病気を引き起こすのに十分であることを示しています。組織標本では、肺動脈壁を覆う内皮細胞に炎症が見られました。

  研究チームは次に、このプロセスを実験室で再現し、健康な内皮細胞(動脈を覆っている)にスパイクタンパクを暴露しました。その結果、スパイクタンパクは、ACE2と結合することで細胞にダメージを与えることがわかりました。この結合により、ミトコンドリア(細胞のエネルギーを生成する器官)に対するACE2の分子シグナルが阻害され、ミトコンドリアが損傷を受けて断片化されました。

  これまでの研究では、SARS-CoV-2ウイルスを細胞に作用させた場合にも同様の効果が見られましたが、スパイクタンパク質単体を細胞に作用させた場合にも損傷が生じることが示されたのは今回が初めてです。

  「もしあなたが、ウイルスの複製能力を取り除いても、COVIDのおかげで有名になったACE2受容体、Sタンパク質受容体に結合できるという理由だけで、血管細胞に大きなダメージを与えることができるのです」と、マナーは説明しています。「変異したスパイクタンパク質を用いた研究をさらに進めることで、変異したSARS CoV-2ウイルスの感染力や重症度についても新たな知見が得られるでしょう。」 (訳注:犯人達は、最初から、このスパイクタンパクの改悪に邁進していたのである)


この記事では、covid-19ワクチンが、研究されたのと全く同じスパイクタンパク質を患者に注射していることには触れられていませんが、この事実は広く知られており、ワクチン業界でも宣伝されています。

この研究の結果、covidワクチンは血管疾患を誘発し、血栓やその他の血管反応に起因する傷害や死亡を直接引き起こしていることがわかりました。これらの原因は、ワクチンに意図的に組み込まれたスパイクタンパクによるものです。


医学誌『Circulation Research』より:ダメージを与えているのは、スパイクタンパク質である

ソーク研究所の記事では、Circulation Research誌に掲載されたこの科学論文を紹介しています:SARS-CoV-2スパイクタンパク質は、ACE 2のダウンレギュレーションを介して内皮機能を低下させる[SARS-CoV-2 Spike Protein Impairs Endothelial Function via Downregulation of ACE 2]。

この論文は、スパイクタンパク質が、たとえウイルスの活性成分を欠くものであっても、ACE2受容体に結合し、細胞のミトコンドリアの機能を阻害することで血管破壊を引き起こすメカニズムを初めて明らかにしたものです。

その論文より:

SARS-CoV-1 [スパイク] タンパク質は、感染した肺のACE2レベルを低下させることで肺傷害を促進する。今回の研究では、Sタンパク質単独でも、ACE2を低下させ、その結果、ミトコンドリア機能を阻害することで、血管内皮細胞(EC)を損傷させることができることを示している。



また、その論文から:

  次に、Sタンパク質がミトコンドリアの機能に与える影響を調べた。S1タンパク質を投与したECの共焦点画像では、ミトコンドリアの断片化が増加しており、ミトコンドリアの動態が変化していることが判明した・・・

  さらに、ACE2-Lを過剰発現させると、基礎酸性化速度、グルコース誘導解糖、最大解糖能、解糖予備能が増加した(図[D]、ii)。また、S1タンパク質をインキュベートしたECでは、IgGで処理したコントロール細胞と比較して、ミトコンドリア機能は減衰させたが、解糖を増加させた・・・

  ・・・我々のデータは、Sタンパク質が、ミトコンドリア機能とeNOS活性を低下させ、解糖を増加させることで、内皮にダメージを与えることを明らかにした。ECにおけるS タンパク質は、酸化還元ストレスを増大させ、AMPKの不活性化、MDM2のアップレギュレーション、そして最終的にはACE2の不安定化につながると思われる。


この研究は、明らかにワクチン推進団体が執筆したもので、その後、「ワクチン接種で生成された抗体」がスパイクタンパクから体を守る可能性があると述べています。つまり、この論文は本質的に次のように言っているのです(言い換え)。「スパイクタンパクが人に注射されると、血管系に甚大なダメージを与える可能性があるが、その人の免疫系がスパイクタンパクを攻撃して中和すると、ダメージを食い止めることができるかもしれない。

言い換えれば、人間の免疫システムは、患者がその有害反応によって殺される前に、ワクチンによる損傷から患者を守ろうとしているのです。

別の言い方をすれば、covidワクチンから生き延びることができたのは、生まれつきの免疫システムがワクチンから守ってくれたからであって、ワクチンが守ってくれたわけではないのです。ワクチンは武器です。あなたの免疫システムがあなたの防御です。


バクディ博士、懸命の訴え《スチャリット・バクディ博士:実験的な注射は人口を減少させるだろう[DR. SUCHARIT BHAKDI: Experimental injection will decimate the population]》
https://www.naturalnews.com/2021-05-07-salk-institute-reveals-the-covid-spike-protein-causing-deadly-blood-clots.html


すべてのcovidワクチンは直ちに中止・回収されるべきである

今回の調査だけでも、すべてのcovidワクチンは直ちに市場から引き上げられ、長期的な副作用について再評価されるべきです。

政府発表のVAERSデータによると、2021年(これまで)のワクチン死亡者数は、2020年のすべてのワクチン死亡者数を合わせても、すでに4,000%近くになっています。2021年?の新製品は、血管障害を引き起こすスパイクタンパク質で作られたcovidワクチンです。covidワクチンを接種して死亡したアメリカ人の数は、すでに数千人に達しており、現実的な見積もりでは数万人に上ると言われています(毎日、さらに多くの人が死亡しています)。

そのメカニズムは今やよく理解されました:covidワクチンは患者にスパイクタンパク(訳注:合成指令遺伝子物質)を注射し、スパイクタンパクは血管の損傷と血小板の凝集を引き起こし、これにより血栓が生じて全身を巡り、さまざまな臓器(心臓、肺、脳など)に留まり、「脳卒中」、 「心臓発作」、「肺塞栓症」などの死因となるのです。

共通の原因は、スパイクタンパク質による血管の損傷です。要するに、何百万人もの人々が人工的な血液凝固因子を注射され、血栓で死亡しているのです。その一方で、悲惨なまでに不誠実な企業メディアは、すべてのcovidワクチンは完全に「安全」であり、誰にも害を与えていないと主張しているのです。


mRNAワクチンは、あなたの体をスパイクタンパクの生物兵器工場に変え、他の人を被爆させる

mRNAワクチンは、人体の細胞をスパイクタンパク工場に変え、致命的なスパイクタンパク粒子を血流中に流出させます。このスパイクタンパクは、ワクチンを受けた人から受けていない人へと「シェディング」(感染)するようで、自分はワクチンを受けていなくても、ワクチンを受けた人の近くで過ごしたことのある人に副反応を引き起こすことを発見する研究者も増えています。

この技術は「自己複製ワクチン」と呼ばれ、南アフリカのアパルトヘイト(人種差別)体制下で働いていた医師や科学者によって開発されたものです。そこでは、医学研究者たちが、種族に特化した兵器化された自己複製ワクチンを設計していました。このワクチンは、南アフリカの黒人人口に広がって、支配者であるテクノクラートのエリートに脅威を与える大衆を絶滅させるために開発されました。肌の色や出身国に関係なく、地球規模で人類を絶滅させようとするグローバリストにとって、今日、私たちは皆、この兵器システムの標的となっているのです。

ちょうど今年、ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生大学院は、この自己複製可能なワクチン技術を称賛し、ワクチンの遵守を強制する監視ドローンやAIロボットによって増強された世界的な大量ワクチン接種を実現するために使用することを呼びかけています(おそらく銃口を向けられる)。

事実上、mRNAワクチンは、人間を、まだワクチンを接種していない人々を含む全人口に血管障害と死を広める、生物兵器の製造と伝染の拠点に変える生物兵器工場として機能します。


すべてのcovidワクチンは危険な医療実験であるにもかかわらず、知らない大衆はワクチンがすべて安全で効果的であると「承認」されていると洗脳されている

FDAはcovid-19ワクチンの治療承認をしておらず、covid-19ワクチンの安全性と有効性を示す長期試験も完了していません。むしろ、FDAは米国内での実験的使用を許可しており、ワクチンを接種する人々は結果が未知の危険な医療実験に参加していることを認めています。

このワクチンを接種した人は、covidワクチンがFDAによって「承認」されており、誰にも害を与えていないと偽っている企業メディアに洗脳されたり、騙されたりすることが多い。政府のVAERSデータ(VAERS.hhs.gov)がそうでないことを証明しています。

本日のポッドキャスト「状況更新」では、これらのことを詳しく説明し、covidワクチンが最初から、世界的な人口削減(ワクチンによる大量殺人)を達成するための、人口削減/安楽死用の注射として設計されていたことを明らかにしています。

この結論は、今では反論の余地がありません。そのワクチンは、文字通り、人を殺す物質を注射しているのです。これは医療ではなく、人類に対する医療暴力です。

ワクチンを推進している医学界は、人類に対するホロコーストレベルの犯罪を犯しているのです。ヨーゼフ・メンゲレは誇りに思うでしょう。(彼は人類に対する犯罪のため、最終的には[表向きは]公開絞首刑で処刑されました)。

世界中で聞いて、共有しましょう:

Brighteon.com/186eb1f4-4078-4f47-a544-b6c2cc428abc

以下で平日ごとに新しいポッドキャストを見つけることができます:

https://www.brighteon.com/channels/hrreport



https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33784827/

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8091897/pdf/res-128-1323.pdf


最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (拡散希望)
2021-05-08 19:27:18
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52064434.html

日々、益々、世の中が狂ってきていると感じます。悪魔崇拝者(グローバリスト・カバール、DS)の悪あがきが激化しており、NWOを成功させるために何が何でも大量虐殺したいのでしょう。世界中の人々を地獄の底に引きずりこもうとしているようです。これは見えない第三次世界大戦ですね。
Unknown (くまだけん)
2021-05-08 20:40:21
S-1蛋白質は小さいので、僅かですが脳膜内に侵入してしまいます。
これがプリオン病(いわゆる狂牛病)です。
血栓ぐらいで済めば、またマシな部類でしょう。
mRNAに感染した細胞はS-1蛋白質を考え無しに量産してしまいます。
細胞の寿命は数日~数か月ですので運が良い人は何も起きないでしょう。
1回のみのワクチン接種であれば、、、ね。
ワクチン接種ごとに同じ事が繰り返される訳ですので年数回のワクチン接種を行えば数年後は殆ど誰も生きていないでしょう。
これは「AIと機械の発達により、もう必要の無い大衆の間引き」なのです。
Unknown (K)
2021-05-08 23:55:16
病院に行くこと自体が自殺行為かもしれない。
政治家等は非ワクチン接種者の輸血かなぁ…
まあアメリカはバンバンワクチン接種者が輸血してるらしいけどね。

日本赤十字社より 4月28日

平素より献血にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスのワクチンを接種された方の献血の受入基準については、以下のとおり決定されましたので、お知らせいたします。
なお、当基準の適用開始は令和3年5月14日からとなります。

●mRNAワクチンを含むRNAワクチン接種後、48時間は献血不可

※現在、国内で承認されているmRNAワクチンは、ファイザー社製のものです。

●1回目、2回目の接種ともに、上記期間を経過すれば献血にご協力いただけます。

また、新型コロナウイルスのRNAワクチン以外のワクチン接種後の受入基準については、国において継続して検討されていることから、基準が示されるまでの間、献血はご遠慮いただくこととしております。 基準が決定しましたら、あらためてホームページ等でお知らせいたしますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。
今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

チャンチャン^_^

コメントを投稿