さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

ビル・ゲイツ:第1回目のワクチンに続き、来年には第2波(COVID)ワクチンが登場するだろう By Arjun Walia

2020-10-21 06:08:42 | 毒ワクチン
ビル・ゲイツ:第1回目のワクチンに続き、来年には第2波(COVID)ワクチンが登場するだろう By Arjun Walia Global Research, October 18, 2020 Collective Evolution 15 October 2020 Region: USA Theme: Science and Medicine
https://www.globalresearch.ca/bill-gates-second-wave-covid-vaccines-next-year-first/5726799


何が起こったのか:ビル・ゲイツは最近NBCニュースに出演し、第一世代のCOVIDワクチンが利用可能になった後、第二世代のワクチンが市場に投入されると、COVIDワクチンが多回投与のワクチンになることを国民に知らせながら、述べた。

約半年前、彼は複数のインタビューに応じ、その中の一つで、「我々が基本的に全世界に対して手に入れたワクチンを持つまでは、物事が本当に正常に戻ることはないと言うのが妥当である」と述べている。

この最新のインタビューで、彼はワクチンへの躊躇が過去最高になっていることを論じたが、ワクチンの安全性提唱者が一般的に持ち出す懸念については触れなかった。その代わりに、他の多くの主流メディアのインタビューやワクチンについての記事のように、ワクチンは完全に安全ではなく、誰にとっても有効ではないという考えは、単なる 「陰謀論」として無視されているように見えた。

ここから彼は、ソーシャルメディア上で拡散される誤情報と、その拡散を制限し、阻止し、遅らせる政府の責任について質問された。しかし、このことは、これらの情報のうち、実際にどれくらいが誤報なのかという疑問を投げかけている。科学者や様々な出版物がワクチンに関する正当な懸念を提起した場合、それはまた、ビル・ゲイツのような人々の頭の中では「誤報」のカテゴリーに積み上げられているように見える。





ワクチンに関する正当な安全性の懸念が完全に無視され続けており、また決して本当に取り組まれていないため、これは非常に深刻な問題である。そう言われてみれば、誤情報がたくさん出回っていますね。このトピックについて書く際には、信頼できる情報源と情報を使用することが不可欠である。

もっと読む:COVID-19ワクチンでロシアンルーレットをプレイする


今、我々は、インターネットを巡回し、何が正しくて何が正しくないかを人々に伝えているデジタル権威主義者の「ファクトチェッカー」を有している。人々は情報や情報源を自分で調べ、何を信じるかを自分で決める権利を持つべきではないのだろうか?我々は本当に知性がないので、信頼できる情報源が何であるかを判断することができず、何が何であるかを教えてくれる「真理省」を必要としているのだろうか?

なぜこれが重要なのか:なぜ主流メディアやビル・ゲイツは、科学者や医師が提起している懸念事項を実際に取り上げないのか?なぜ「陰謀論」のような嘲笑や用語がいつも代わりに使われるのだろうか?

懸念されることは何だろうか?ワクチン傷害もその一つである。National Childhood Vaccine Injury Act」は、ワクチンで傷つけられた子供の家族に40億ドル以上を支払っている。連邦医療研究庁(AHCR)による2010年のHHSパイロット研究では、39本に1本のワクチンが傷害を引き起こすことがわかり、CDCの100万本に1本という主張と比較しても衝撃的な結果となっている。

繰り返しになるが、医師の間でもワクチンへの躊躇が過去最高レベルにあることは周知の事実である。 人類学の教授であり、ワクチン信頼プロジェクトのリスクと意思決定科学者のディレクターであるハイディ・ラーソン[Heidi Larson]教授は、世界保健機関(WHO)の会議で次のように述べている

  もう一つの傾向であり、問題なのは、提供者への信頼だけではなく、医療提供者の信頼です。ワクチンやワクチンの安全性に疑問を持ち始めている、非常にグラグラした医療従事者の最前線があります。これは大きな問題です。なぜなら、今日に至るまで、私が見てきた研究で・・・依然として、世界的に見てきたあらゆる研究の中で、最も信頼されている人物は医療従事者です・・・

これらの医療関係者は「陰謀論」に踊らされているのだろうか?

繰り返しになるが、ワクチンの安全性には多くの懸念があり、あなたが我々のサイトを閲覧した場合、それらを見つけるのは難しいことではない。適切な情報源に裏打ちされたいくつかの例に深く潜りたい場合は、以下の記事を参照することができる。これは主流の人には決して認められていないような情報である。

多くの人々の心の中にある疑問は、旅行や特定の建物に入るためのワクチンが義務化されるかどうかということだ。もしそうなれば、間違いなく保健当局は多くの反発や抗議に直面するだろう。どうなるか、見守っていきましょう。

*

Note to readers: please click the share buttons above or below. Forward this article to your email lists. Crosspost on your blog site, internet forums. etc.

Featured image is from CE

The original source of this article is Collective Evolution
Copyright © Arjun Walia, Collective Evolution, 2020


関連

Government to digitise incoming passenger cards (政府は、入国旅客カードをデジタル化する)17/10/2020
https://www.skynews.com.au/details/_6201935128001

https://twitter.com/HighWireTalk/status/1318246703124938755
The HighWire@HighWireTalk

この話に付随するビデオの中で、オーストラリア下院都市インフラ大臣のアラン・タッジ[Alan Tudge]は、入国旅客カードをデジタル化する予定のオーストラリア政府が、新しい交通I.D.s.MTに予防接種証明書を補足することに言及しています。



「一番違和感があったのは、厚生労働省の文書に「シナリオ通りに進める」という言葉があったことです」by奈須利江議員
http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-3517.html

「一番違和感があったのは、厚生労働省の文書に「シナリオ通りに進める」という言葉があったことです。今も専門的知見によって国が対策を進めているといったご答弁だったと思いますけれども、それであれば、その知見が積み重ねることによって、対応は変わるはずですね。未知のウイルスなんですから。ところが未知のウイルスの何年も前に作った計画に従ってシナリオ通りに進める。これね、すごくおかしなことが起きていると思っています。」




まさにその通りである。
すべてがシナリオ通りに進められているのである。
悪魔とその手先の売国奴どもによって。

シナリオ通りに存在していない(少なくとも存在が証明されていない)ウイルスの脅威を煽られている。

シナリオ通りに必要・効果のない3密を避けよと命じられている。

シナリオ通りに必要・効果のないマスクを強いられている。

シナリオ通りに必要・効果のない自粛生活を強いられている。

シナリオ通りに嘘八百のPCRで陽性になった人をコロナになったと決めつけられている。

シナリオ通りに必要・効果のない新生活様式を強いられている。

シナリオ通りに必要・効果のないどころか、超有害の遺伝子組み換えワクチンを強いられようとしている。

シナリオ通りに我々をアバター(奴隷ロボット)に仕立てようとしている。

あなたはこれでもシナリオに従いますか?

あなたはシナリオ通りに毒ワクチンを打ちますか?

あなたはシナリオ通りにアバター(奴隷ロボット)になりますか?

あなたはシナリオ通りに殺されますか?




コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「意図的な愚かさ」:マイケ... | トップ | COVIDワクチンは獣の印 by H... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (新風科戸)
2020-10-21 21:32:39
これと同じくらいの危機が目下に迫っている。種子法改悪が23日に迫っている。

法案審議からだが、もはや通す気満々である。コロナの危機よりも遥かに危険な法案の動きを陰で蠢いている。吐き気を催す悪意を見逃さず、この法案への廃止に声を上げてください。

コメントを投稿

毒ワクチン」カテゴリの最新記事