goo

JAL123便墜落事故-真相を追う-そしてミサイルは発射された(1)

これまでの掲載記事(隔壁説の問題点、諸説の比較、事故現場の目撃証言など)から、日航機事故の墜落原因が米軍機からのミサイルによるものであり、(偽)自衛隊や(偽)警察の怪しい挙動も、その事実を隠すための隠蔽工作である疑いが見えてきたのではないでしょうか?

今回より、新シリーズ「そしてミサイルは発射された」をスタートさせますが、このようなタイトルを付けると、「結論を急ぎすぎなのでは?」「ミサイルありきの推論でよいのか?」と強くお叱りを受けそうですが、私にもこのタイトルを選択しただけの根拠があることを、まずお知らせしておきます。それが何かについては、このシリーズの中で少しずつ詳らかにしていきますので、どうぞご期待ください。


■相模湾上空の異変:最も有力なのはミサイル説

123便が尾翼を大破することになった相模湾上空の異変。この原因については、事故調が報告した「圧力隔壁破壊」が如何に根拠のないデタラメであるか、私のブログならずとも、多くの書籍、識者の意見として早くから指摘されていたことは「圧力隔壁説の嘘」でれ触れました。しかし、それに代わる説としての「自衛隊標的機衝突説」や「自衛隊艦上ミサイル説」が全く根拠に乏しいこと、比較的有力だと思われる「フラッター説」も、フラッターの発生原因を説明できないなど、これまでの事故原因説では不十分であることについても述べてきました。

誰がそれを発射し、その理由は何であったかという点を別にすれば、相模湾上空での異変を最もシンプルに説明できる説とは、実は「空対空ミサイル説」なのです。「御巣鷹の謎を追う」の著者、米田氏はミサイル説を「誇大妄想」と一蹴するのですが(意図があってそのような姿勢を示していると私は疑っています・・)、私の考えでは、ミサイル説が最も可能性が高く、むしろ圧力隔壁説の方がはるかに「誇大妄想」と言える代物だと捉えています。

もっとも、これを理解するには、空対空ミサイルの特性、特に誘導方式に起因する特性について知っておく必要があります。


■空対空ミサイルの誘導方式

詳しくは、Wikipediaの「空対空ミサイル」の項目を参照いただきたいのですが、ここでは、空対空ミサイルの一般的な誘導方式である、(1)赤外線ホーミング、(2)セミアクティブレーダーホーミングについて、簡単に触れます。

(1)赤外線ホーミング
 ジェットエンジンなど、赤外線を放射する熱源に向かって飛行します。高度な誘導管制を必要とせず、打ちっ放しで済み、購入費用も安価です。米国のサイドワインダー(AIM-9)などが有名(ただし派生型によって誘導方式は異なります)。

(2)セミアクティブレーダーホーミング
 ミサイルを発射する戦闘機(母機と呼ぶ)がレーダー波を照射し、目標が返したレーダー波(反射波)をミサイルが感知し、目標に向かって飛行します。母機のレーダーで誘導し続けなければならないため、互いに打ち合う空中戦では使いにくいとされている。米国のスパロー(AIM-7)などが有名です(ただし派生型によって誘導方式は異なります)。

他にも誘導方式は色々あるのですが、敵機撃墜を目的とした戦闘機(飛行機を相手にする戦闘機を「要撃(ようげき)機=インターセプター」と言います)は、まず標準装備として上記(1)、(2)のどちらか、または(3)両方の誘導機能を併用した空対空ミサイルを搭載していたと考えられます。


■空対空ミサイル vs 大型機

ネットを調べると、上記のような誘導方式やミサイルの種類・スペックなどについては、非常に多くの情報が提供されています。軍事愛好者・研究家がこの世には大勢存在するということなのでしょうか?ただし悲しいかな、それが実戦でどのように使用され、どのような結果を得たのか、それを報告したものはほとんど見られません。あったとしても、戦闘機同士の空中戦のようなものばかりで、ジャンボジェットのような大型機に空対空ミサイル発射すればどうなるのか、現実的視点からそれを論評したものを、私は見つけられませんでした。

そこでまた、国際軍事評論家のB氏にアドバイスをいただきました。先のシリーズでも少し触れましたが、まず「空対空ミサイルが大型機に命中したとしても、1発で打ち落とせることなどほとんどありえない」という事実です。ミサイルが命中して旅客機が大爆発などというイメージは、マンガや映画の世界のお話であると理解してください。大型機の機体構造を対戦闘機(小型機)用のミサイル1発で粉砕することはほとんど不可能です。そのため、要撃機は爆撃機など大型機を撃墜するために、何発もミサイルを撃ち込むか、核などの特殊爆薬を使用します。余談ですが、第2次世界大戦中も状況は似たようなもので、大型爆撃機を確実に落とすために、コクピットのパイロットを機銃で狙っていたそうです。

そして、B氏の指摘による最も重要な点は、(2)のセミアクティブレーダー、または(3)の併用型の誘導方式で大型機を狙った場合、「命中箇所のほとんどは機体後部、特に垂直尾翼に集中する」という事実です。図1はジャンボジェットの進行方向右斜め前方の要撃機から、誘導方式併用型の空対空ミサイルが発射されたことを想定して描いた、機影と熱源のイメージです。123便の垂直尾翼右側前方に、外力による大きなフレームの歪みが記録されている(「圧力隔壁説の嘘(2)」)ことより、この向きを選びました。図を見るとお分かりになると思いますが、ジャンボ機の垂直尾翼は機体に対して比較的大きく、周囲の空に対して明確なコントラストを作ります。また、熱源は当然のことながらエンジン後方に集中することになります。なるほど、垂直尾翼に当たる確率は高いと言えそうです。逆に、相模湾上空での垂直尾翼の異変は、(2)または(3)の誘導方式を持つ空対空ミサイルが原因ではないかと疑うこともできます。


図1:セミアクティブレーダー誘導と赤外線誘導、ジャンボ機シルエット

B氏によると、当時の運輸省担当技官をはじめ、航空機事故の現場を知っているプロならば、「垂直尾翼の状況を見れば、まず最初にミサイルよる攻撃、もしくは誤爆の線を疑うだろう」と、当時の事故調査担当者が第一要因として容易に空対空ミサイルの関与を想像し得たと指摘しています。彼らがなぜそれを沈黙し、「圧力隔壁説」などという「誇大妄想」を作り上げたのか、その理由と背景については別途シリーズで解説いたします。


■垂直尾翼大破の主原因

以上の推論から、セミアクティブレーダー誘導を搭載した空対空ミサイルが垂直尾翼に向かった可能性が高いと結論付けることができると思います。しかし、物証が少なくこのミサイルが実際に爆発したのか、不発だったのかがはっきりしません(「空対空ミサイルは不発が多い」B氏)。ここでは、この空対空ミサイルが垂直尾翼に着弾後どのように反応したのか、仮説を2つ挙げておくに留めます。

仮説1.爆発→垂直尾翼大破→部品の散乱
仮説2.不発→フレーム・ヒンジ等変形→フラッター発生→垂直尾翼大破→部品の散乱

1は文字通り爆薬のエネルギーで破壊された想定、2は不発であるがミサイル本体の運動エネルギーにより尾翼の機軸部分を破壊、フラッターの発生を誘発し大破したとするもの。いずれにせよ、最初のミサイルの着弾を主原因とするものです。

そして、これが最も重要なことですが、このミサイル仮説が正しい場合、隔壁破壊はなかったことになり、そこから連鎖して発生したとされる油圧系統破壊もとい操舵機能の完全喪失もなかったことになります。すると、事故調が報告した123便の迷走飛行のシナリオそれ自体がもしかしたら「誇大妄想」ということになりかねません。だとしたら、世の人の感動を誘ったあのボイスレコーダーの音声とは何だったのか???事実は一体全体どうなっているのか、謎は深まるばかりです。


今回はここまで。次回以降もミサイル説についてさらに検証を進めて行きます。


ET NON COGNOVISTIS EUM EGO AUTEM NOVI EUM ET SI DIXERO QUIA NON SCIO EUM ERO SIMILIS VOBIS MENDAX SED SCIO EUM ET SERMONEM EIUS SERVO

管理者
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« JAL123便墜落... AL123便墜落事... »
 
コメント
 
 
 
群馬県公安委員会本部・群馬県警本部の指示に従ったら病んでいると掲示板で揶揄されました。当方には理解できません。 (123)
2009-10-23 13:07:32
群馬県公安委員会本部・群馬県警本部の指示に従ったら病んでいると掲示板で揶揄されました。当方には理解できません。以下引用

血染めの乗客の帽子 不明 - 2009/10/22(Thu) 01:29:50 No.15825

7月頃にも書きましたが、階段拡張工事の関係で、血染めの乗客の帽子が出ましたので、群馬県公安委員会・群馬県警本部の前橋まで行きました。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/9941.jpg
群馬県警公安委員会・群馬県警本部の指示で、前橋駅前交番に届けました。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/9942.jpg
期限が来たので、取りに行きました。前橋駅前交番に行ったら、保管されているのは前橋警察署なのでそちらに行ってくれとの指示で、前橋警察署に取りに行きました。
http://www.youtube.com/watch?v=9kaAstbkenM
女性の婦人の帽子と思われますが、頭頂部と紐部に血がしみ込んだこの遺品からは、深い悲しみがひしひしと伝わってきます。あらためて乗客の無念を追悼する次第でございます。

Re: 不明さんへ 無 - 2009/10/23(Fri) 11:12:26 No.15829

やはり、この男は何かしら病んでいるのでしょう。
もう、何も言うことはありません。

群馬県警公安委員会・群馬県警本部の指示で、前橋駅前交番に届けると病んでいるのでしょうか 不明 - 2009/10/23(Fri) 11:51:58 No.15830

乗客の遺品の有価物と判断される遺品が出てきて、群馬県警公安委員会・群馬県警本部の指示で、前橋駅前交番に届けると病んでいるのでしょうか。理解できません。
 
 
 
久々にプラズマ態が見えた (123)
2009-10-24 13:07:17
やはり、フィラデルフィアに酷似していると思います。
おととい、登山したところ、1秒足らずですが、プラズマ状態で見えたと思われる中年男性の乗客が立っていたのが見えました。あのリアルさはどこから来るのか理解できませんが、普通に人の気配を伴いますのでテクノロジー兵器で送られてくるホログラムではなく本物であることは間違いないと思われます。
あまり怪我をしていませんでした。
夜間に殺された方だと思います。無念の情がすごかったです。
あまり怪我をされていない人がプラズマ状態で見えるというのはフィラデルフィア的なことが発生しているということになります。
夜間に、あの辺に立っていた人が、現代の時空で見えるということになるように察せられました。
極短時間しか時空がつながらないのが難点です。乗客から窓の外に何が飛んでいたか直接聞いてみたいものです。
 
 
 
高浜機長は延岡生まれ (123)
2009-10-25 17:14:52
日航ジャンボ123便の高浜機長は宮崎県延岡生まれです。
高千穂の高天原の生まれです。

多忙の中、家族旅行で上野村(生犬穴(おいぬあな)の高天原)を訪れ、「よいところだ。また来たい」と絶賛していたエピソードがあります。

日航ジャンボ123便機長として軍機との戦いの後、高天原山で姿が見えなくなりました。時期が来るとフィラデルフィアの生存者のような感じで出現すると思われます。

なんともいえぬ巡り会わせといえます。(ちなみに慰霊の園は生犬穴(おいぬあな)の高天原にできました。

参考
http://shima-jinjya.kazumino.net/2007/05/post_8.html
 
 
 
Unknown (Unknown)
2009-10-26 07:06:37
高浜機長がまた現れるとかキチガイがいるな。
 
 
 
またキチガイ呼ばわり一言コメントか(大笑)いいからピンピンしていた当時5人目の生存者を監禁している場所から釈放しろコノチップ奴隷の腐れ公安め!! (FBI)
2010-02-19 14:50:43
やはり、恩が有るので書いておきます。

リチャードコシミズを唐突に大柄な態度で宣伝に来た奴(大笑)59歳だって(大笑)!!年取ってれば、年下の人達に大柄な暴言じみた言葉吐いても良いって、こう言う年配者が、かってに決めたんだろうか(大爆笑)変だし、何か?そう言うの、ゆるせないな!!
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”

サソウ様の証言につきまして。 (123)
2009-08-11 02:59:58
殺された元日航サソウ様ですが、他に以下の情報を喫茶店でお会いしてうかがっております。

・生存者の4人のほかにもう一人生存者がいて、ピンピンしていたため捕らえられ、007便のマクドナルト上院議員のように監禁されている。

・群馬長野県境で中性子爆弾で落とされている。

JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3)
の上部の方に書かれてあった↓

Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→

JAL123便墜落事故-真相を追う- 闇夜に蠢くもの(5)で書かれている“目撃証言 (とおりすがり)
2009-09-20 09:50:34“
 あの日のことを昨日のように思い出します。あの機体後部の窓際にすわっていらした赤い服の、あの若い女性はだれだったのでしょう。・・・・・・・・・・・

↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。

この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸: 2007年からチップの侵略が日本で始まりました。公安は既に全員埋め込まれました。ブッシュ元大統領がYouTube内の動画で言葉すら操られている状況が掲載さているのをご存知ですか!これを埋め込まれると、もう反発することは不可能になります!あなたもチップには充分お気をつけ下さい!!
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!確実だと、全てが確認できますから!!
リチャードコシミズのページは静岡県内でしか開かれないHPなのに何、宣伝してるんだろうか(笑)おかしいともっぱらの評判です!!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。