mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

博多三大祭 筥崎宮「放生会」

2017年09月13日 | まち歩き

春の「どんたく」、夏の「山笠」とともに「博多三大祭」の、筥崎宮「放生会」に行ってきました。

関西では「ほうじょうえ」と読みますが、博多では「ほうじょうや」。

筥崎宮の「放生会」は千年以上続く神事で、「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭り。

18時前、結構な人出です。

参道にはびっしり露店が出ています。

とある会合があったのですが、20時頃帰る時には、初詣並みの人出でした。

さすが三大祭。

こういう“詰め合わせ”をお土産でいただきました。

しゃもじも風情がありますが、有名どころでは、「ちゃんぽん」、「おはじき」があります。

博多人形師の手造りになる「おはじき」は美しく、毎年の限定品も販売されます。

ところが、このレアさゆえに不逞の輩がネットオークションに出したということで、今年は販売中止です。

記念に買い求めたかったのですが、残念。(そもそも徹夜で並ばないと買えないらしいですが。)

 

こちらも名物とのこと。

(ネットより拝借。)

新生姜。

お土産でいただきました!

(迫力の大きさ。)

単身赴任者としてこれをどうするか?

確認のためネットで調べてみましたが、このあたりが産地で、薄くスライスして醤油漬けにすると、爽やかな辛さでご飯を何杯もいただけるとか。

ちょっとハードルが高いので、LINEで妻に相談中。

 

今年、「山笠」は観させていただきましたし、今日、「放生会」にも行きました。

今年は突然の雷雨で中止になった「どんたく」を来年観れば、三大祭、コンプリートです。

もちろん、それぞれのお祭りの意味を勉強して心身ともに参加したいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「薬膳 YAKUZEN EXPO 2017」 / 「壱岐牛カレー」

2017年09月02日 | まち歩き

ようやくエアコンなしで眠れるようになりました。

日頃の運動不足解消も兼ねて、ぶらぶらと「薬膳エキスポ」に行ってきました。

場所は博多ベイサイドの「福岡国際センター」。

大相撲九州場所の会場です。

朝10時開場。

フードコートもあるそうなので、ゆっくりめに入って何か“体にいいもの”を食べようと思っていました。

行ってみてびっくり。

結構マジで薬膳をテーマにしたイベントです。

乳幼児から老人まで何を食べるのが良いかとか、薬膳セミナーとか、世界の薬膳とか、出展企業も健康関連食品を出しています。

入場者が想像以上に多いのも驚きました。

学生さんや先生のような方が多い印象でした。

だからでしょうか、みなさん真面目にメモを取ったり、写メしたり。

“何か食べよう”なんて思っていた私はやや場違いでした。

小さなフードコートもありましたが、スタッフの多さに気後れして何も食べず。

一回りして退場しました。

 

せっかく港の近くまで来ましたので、「ベイサイドプレイス博多」に寄りました。

博多ポートタワー。

(昭和39年建築。70数m。スーパー銭湯が隣接。)

東京タワー、通天閣と同じ方が設計したそうです。

そう言われてみればテイストが似ているような。

日差しはまだまだ強いですが、風が気持ちいい!

離島からの船が接岸。

食事処があるようなのでのぞいてみましたが、そそられるものがなかったので結局スルー。

「湾岸市場」で刺身でも買おうかと思いましたが、刺身は売ってません。

そりゃそうか、お土産物売り場ですものね。

こんな情報が。

9月中旬の連休にカレーイベントがあるらしい。

 

海を見ると心がおおらかになりますね。

リフレッシュできたので、またぶらぶら。

さすがに汗をかきました。

 

カレーイベントの告知に影響されたのか、カレーを食べたくなったので、いただいた「壱岐牛カレー」を食べました。

本日の夕食なり。

しっかり肉が入っています。

間違っているかもしれませんが、トマトがたっぷり入っているような気がしました。

とても美味しいです。

ごちそうさまでした!

 

さて、季節も良くなってきました。

まち歩きシーズンです。

(ネタ本を買ってみました。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡城址散策(お濠のハス)

2017年08月08日 | まち歩き

先日バスの車窓にふと見えた福岡城址お濠のハスの群生がすごかった。

ということで、炎天下の中ですが、福岡城址に散策に行ってみました。

位置関係はこんな感じ。

散策コースはシンプルで、「ハスの群生」→「福岡城址天守台」→「大濠公園」。

8時半に出発、、、既に暑い。

地下鉄赤坂駅を上がるとすぐにお濠。

さっそく群生しています、すごい!

お濠を埋め尽くしています。

しばらく歩いた所、登城の橋の上から。

これだけ群生していると、管理不在かと思ってしまいます。

花は多分見頃ではないでしょうか。

大ぶりの花が本当に美しい。

こんなに猛暑でも、この花を見てそよぐ風に当たっていると、“極楽”をイメージしてしまうから不思議。

蕾もたくさんありましたので、まだまだ見頃は続くのでしょう。

それにしてもなぜこんなに群生しているのか?

ネットで調べてみました(真偽の程までは確認していません)。

私なりの解釈ポイントです。
・明治維新の廃城令によって福岡城は取り壊された。
・不要となったお濠の活用方法として、食料となる蓮根のためにハスを植えようとなった。
・食卓に流通した蓮根は郷土料理の「筑前煮」(がめ煮)となった。
・その後いつしか放置され、その時のハスが自生して今の群生となった。

当時レンコンの販売で得られた収入は「修猷館」のために使われた、ともありましたので、同校出身の方ならご存知かも。

 

さて、見事なハスの群生を後に、福岡城址の散策へ。

既に汗が噴き出しています。

潮見櫓。

道路を挟んで、元平和台球場の平和台陸上競技場。

お濠沿いには球場の記念碑がありました。

(西鉄ライオンズのホームですね。)

ここで道を間違えて、大濠公園に出てしまいました。

ヒマワリ・お濠の水・青空=夏のベストミックス。

元に戻って登城です。

そんなに広くもなくアップダウンもないので、お手軽散歩コースですね。

途中、ちょっと見晴らしのいい場所。

櫓と平和台陸上競技場。

(軽トラが砂煙をまき上げながらトラックを整地しています。)

大きな井戸が2つほどありましたが、そのうちの1つにこんな看板が。

九州大学が「地震活動予測システム」を設置しているそうです。

地下水の水位の変化が地震活動の予測に役立つ、とのこと。

 

天守台到着。

天守閣は既にありませんので、天守台から眺望を楽しむだけ。

何と、8/11・8/12に「福岡一夜城」再現イベントのため工事中で登れず!

このイベントのようです。

(ネットより拝借。)

後程行った史料館の方が「本当に城を再現してライトアップします。赤坂あたりからでも見えますよ。」と教えてくれました。

これはこれで見たかった、、、。

こういうイベントのための工事中なら納得です。

イベントの成功を祈ってます。

ちなみに、遺構から再現された福岡城はこちら。

なかなかに美しいお城です。

 

下城します。

福岡城址は春を中心に季節の花が咲くようで、桜、ツツジ、ショウブなどなど。

ここはおそらくツツジの築山ですが、満開時はさぞ美しいと想像できます。

立ち寄ろうと思っていた史料館、「福岡城むかし探訪館」。

入ると、巨大な福岡城・城下町・その周辺のジオラマが中央にあって、その周囲の壁のパネルで分かりやすく歴史を解説しています。

親切なボランティアの方がいろいろ教えてくれます。

続いて立ち寄ったのは、「鴻臚館跡展示館」。

「鴻臚館」は、政治の中心が「大宰府」(現在の表記は「太宰府」)だった頃の、外交を担う迎賓館。

日本で3ヶ所(大阪〔難波〕、京都〔平安京〕、福岡〔筑紫〕)あったそうです。

跡地。

ただの原っぱになっていますが、「鴻臚館跡展示館」の中に発掘した遺構が展示されています。

当時はこんな様子だったそうです。

この時代の様子は「福岡市博物館」で動画や出土品の展示などで分かりやすく勉強できます。

 

これにて福岡城址の散策は終了。

2時間弱の散策。

これだけ汗をかけば、前日の“ランチ暴食”の分はチャラにできたかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

筥崎宮「夏越まつり」 / 博多大丸「カレー展」

2017年07月31日 | まち歩き

ポストにこんなチラシが入っていました。

筥崎宮の「夏越(なごし)まつり」です。

「夏越」は、大阪勤務時代に二度ほど経験しています。(1度目2度目

筥崎宮にはまだ行ったことがないし、国道3号線から見える大鳥居を間近で見てみたかったので、日曜日に行ってきました。

 

地下鉄「箱崎宮前駅」(漢字が違う)直結。

(出口を上がると案内板があります。)

直線的に配されていますので、お参りしやすいです。

横からも撮っておきましょう。

一礼して境内へ。

夏越の祓に必須の茅の輪があります。

この輪をおおよそ8の字に3回くぐるのですが、たまたま居合わせた団体観光客もくぐり出したので、1回しかくぐれず。

今年前半の“けがれ”をお祓いできたでしょうか。

 

あとは境内の中を見て回ります。

勝負の神様だけあって、野球、サッカー、ラグビーの福岡ホームのチームが巨大絵馬を奉納しています。

「湧出石」(わきでいし)。

真ん中の石から運気が湧き出ているので、触ると運をもらえます。

もちろん触っておきました。

「お潮井」。

このお潮井(真砂)を籠に入れて玄関に置いておき、出掛ける時にふりかけて災厄から身を守る、とのこと。

「さざれ石」。

由緒ある神社にはたいていありますね。

「蒙古軍船碇石」。

(後ろに横置きされている細長い石。)

元寇の時の蒙古軍の船がイカリに使った石だそうです。

ここを振り返るとある「大楠」。

樹齢800年、威厳は伊達ではありません。

 

境内を出て、午前中だというのに刺すような日差しを浴びながら、大鳥居へ。

(でかい!)

私の後ろには国道3号線が走っています。

国道3号線を渡ると、「お潮井浜」。

(向こうの方に大鳥居が小さく見えます。)

振り返ると、海。

境内にあった「お潮井」はここからですね。

山笠でも各流がお清めのためにお潮井を取りに来ます。

(写真右。)

興味本位で持って帰っていい真砂には思えませんでしたので、一礼して引き上げました。

 

案内板の通り、直線を端から端まで歩けば全域お参りできます。

ちょうどいい時間になったので、天神に移動して、これに行ってみます。

博多大丸(大丸天神店)でやっているイベント。

連日混んでいるというネットの情報ですが、10時過ぎですので「まぁ大丈夫だろう」と思って行ってみると、、、大行列。

何階下まで並んでいるのか分からないぐらいの待ち行列がデパートの階段に伸びています。

 

システムは、食券を買う→そのお店でカレーをもらう→フードコートのテーブルで食べる、です。

よく見ると、各お店にはお客さんは全然いません。

フードコートも空席があります。

この食券を買う所がボトルネックになっているみたいで、カレーというスピード重視の食べ物のイベントなのに興醒めなオペレーションです。

お目当てのお店があるわけでもないので、併設されている500種類あるというレトルトカレーコーナーで3つほど買って帰ってきました。

(北海道、高知、沖縄。牛以外にしてみました。)

このカレーたちはまたの機会にいただきます。

帰り道にスーパーでこんなのがありましたので、晩御飯のおかずに購入。

「日本唐揚協会」が認めた一品。

ネットで見てみると、協会が「からあげグランプリ」なることをやっているようですが、そこで「金賞」を受賞したみたいです。

晩御飯が楽しみ。

 

ということで、暑さがまだマシな日曜日の午前中のまち歩きでした。

カレー、ちょっと残念、、、。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散髪

2017年07月08日 | まち歩き

転勤・転居すると日常を安定させるためにやらなければならないことはいろいろありますが、私にとってそのひとつが散髪。

新しい住まいの近くに自分に合う散髪屋があるかどうか。

このところの蒸し暑さもあって、さっそく飛び込んでみました。

ネットで調べて来ないと誰も入らないであろう地下への階段を降りたところにあります。

工程・丁寧さは普通の散髪屋と全く変わらないのですが、なぜか¥1800。

仕上がりも気に入ったので、ひとまずここに通うことにします。

大きな懸案があっさりと解決しました。

 

土曜日、訳あってこれから会社に行きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡散策(博多入り2日目)

2017年06月26日 | まち歩き

日曜日、雨が上がりました。

土曜日は博多の中心をぶらぶらしましたが、日曜日はちょっと西方面に行ってみます。

博物館で勉強したのですが、その昔、博多と福岡は別エリアとして区別されていたそうです。

今日は「福岡」の散策です。

 

朝ごはんはホテルにて。

ブッフェかここの定食か、2つから選びます。

今日はここで。

(あの「磯貝」の姉妹店?)

4種類あり。

全部美味しそうなので、まずは左上の「長浜市場直送 鯛茶漬け膳」を。

うまいっす。レベルが高い。

これは毎朝が楽しみ。

 

さて、スタートは博多駅から。

地下鉄で大濠公園へ。

15年前と変わらない景色。

(さすがにスワンは代替わりしていると思いますが。)

大濠公園から唐人町へ。

この商店街がお目当てです。

日曜日ということもあり閉まっているお店の方が多い気がしますが、1店、行列が。

「高級『生』食パン 乃が美」というパン屋さん。

もう1店、気になるお店あり。

「おいしい氷屋」というかき氷のお店。(まだ準備中でした。)

食パンはともかく、かき氷屋さんには今度来て見よう。

 

西新方面に歩いて行くと、15年前にはなかったと思うのですが、こんなことになっています。

西新の「脇山口」あたりからシーサイド百道あたりまでが「サザエさん通り」になっていました。

由来は、長谷川町子さんが百道浜を散歩しながら「サザエさん」を発案した、ということらしい。

 

私の目当てはサザエさん通りではなく、「福岡市博物館」。

ここでちょっと博多・福岡の歴史を勉強しよう、ということです。

(あの国宝「金印」があります。)

¥200という安さですが、歴史を勉強するには十分過ぎるコンテンツ。

15年前に来たかどうか覚えていませんが、ここはおススメです。

すぐ近くの「福岡市総合図書館」。

(15年前も時々来ていました。)

少し中に入ってみましたが、変わらない充実ぶりです。

大いに利用させていただいたいと思います。

で、「福岡タワー」。

(注射器をイメージしていることは有名な話。)

今日のもうひとつの目的は「海を見る」。

福岡タワーをスルーして海浜公園へ。

ライフセーバーの競技の大会をやっているようです。

能古島も曇天でかすんでいます。

能古島の「かもめ食堂」はまだ健在だろうか。

 

引き返します。

西新まで戻って、「西新商店街」をチェック。

「リヤカー部隊」は出ていませんでしたが、昔とそんなに変わっていない印象でした。

商店街で何か食べようと思ったのですが、結局、西新の「やよい軒」で遅めのランチ。

この「厚切りカルビ焼肉定食」が結構うまい。

ご飯をおかわりしてしまいました。

 

さて、この土曜日・日曜日であちこち歩いてみました。

どんな博多・福岡ライフになるか分かりませんが、ワクワク感を十分味わえたスタート2日間でした。

 

月曜日から楽しくやっていきたいと思います。

みなさん、お世話になります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多入り〔昼の部〕 / 「吉塚うなぎ屋」

2017年06月25日 | まち歩き

土曜日午前11時前に博多に入りました。

失効しそうなグリーンポイントがあったので新大阪から博多までグリーン車。超快適。

約一週間滞在するホテルにスーツケースを預けて、ざっくり計画していたまち歩きへ。

 

まずは「博多の地を踏ませていただきました」ということで「櫛田神社」へお参り。

7月中旬の「博多祇園山笠」の準備が急ピッチで進んでいました。

山の格納庫。

(でかい。)

こちらは新天町の山ですが、まさに組み立て中。

「お昼はここで」と決めていた「吉塚うなぎ屋」へ。

(山笠の中州流の衆の寄り合いがあるもよう。)

12時までまだ少しありましたが、45分待ちの混雑。

タモリが「日本一美味しいうなぎ屋」とテレビで言ったためでしょうか。

雨模様で蒸し暑かったので、店内の階段で待つことにしました。

予定よりも10分以上早く入れました。

「素焼き」。

いわゆる白焼きですが、激ウマです。

わさびが大量に添えられているのですが、たっぷりつけても鼻を刺すようなツーン感はありません。

本わさびがうなぎの脂っこさを程良く軽やかにして、いくらでもいただけます。

関東のうなぎと違うのは、皮がパリパリで身がふっくら。

タモリの評価もうなずけます。

ちょっと値は張りますが、ご訪問の際は「素焼き」は注文必須です。

立派な器で登場します。

名物、売り切れ御免の「きも焼き」。

もちろん美味しいです。「素焼き」の感動の後の登場だったのでちょっと不利ですが。(笑)

そして「うな重」。

「素焼き」、「きも焼き」、「うな重」を注文したので、店員さんに「多いですけど大丈夫ですか?」と聞かれました。(笑)

ということで、「うな重」は特上とかではなく“並”にしておきました。(枚数の差のようです。)

こちらも皮がパリパリ、実はふっくら。

タレは九州らしく甘めです。

大きなお皿に入れられたタレは、うなぎをつけて食べても良し、ご飯にかけても良し。

たらふくうなぎを食してお代は¥6900也。

東京や名古屋のうなぎの高騰を考えれば安いのではないでしょうか。

ごちそうさまでした。

 

さて、腹ごなしのため、天神までぶらぶら。

途中、東京銀座の佐賀牛のお店の博多店を発見。

(川向うの黒いキューブ。)

曇天の那珂川。

(那珂川クルーズというのがあるらしい。)

反対側に少し歩くと、雨にかすむ「博多ポートタワー」が見えます。

大名、天神あたりをぶらぶら。

ここでもお参り。「警固神社」。

この一角もちゃんと現状確認。

(15年前とここだけが変わらないような、、、。)

天神駅前の公園。

最近博多駅前(博多口)に集客を押され気味とのことですが、ちょっと分かる気がします。

このあたりはまたゆっくりと。

 

このあと岩田屋さんの本屋「リブロ」で九州関連の本(といっても旅行関係)を物色。

なにやら糸島半島がおしゃれになっているらしい、、、びっくり。(すみません。)

 

15時になったのでホテルにチェックイン。

温泉にゆっくり浸かって〔夜の部〕にそなえます。

やっぱり博多は最高です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーシェアリング

2017年06月13日 | まち歩き

次の赴任地で便利だというので申し込んでみました。

ネットで必要事項を事前に登録しておいて、最寄りの店舗に行くと、あっという間にカードを発行してもらえます。

15分で200円から。

街の買い物に便利です。

利用感は来月にでも報告します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市ヶ谷見学

2017年01月13日 | まち歩き

市ヶ谷と言えば、「シン・ゴジラ」でも大活躍した防衛省・自衛隊。

見学コースもあったりして開かれた印象です。

“売店”に行くチャンスがありましたので、つい買っちゃいました。

「ときめいて自衛隊」。

(¥680。)

「自衛隊限定販売」と書かれています。

「市ヶ谷」はシールですので、自衛隊関係施設の売店で各ロケのシールを貼って販売しているのだと思います。

売店の運営会社のレジ袋。

(これも貴重なように思える。)

カレンダーもあります。

1枚もの(海上自衛隊バージョン)。

一番上をアップで。

(かっこ良過ぎます。)

月めくりバージョン。

12ヶ月、12枚の写真はどれも迫力満点の素晴らしいものばかり。

(ミサイル発射!)

司馬遼太郎の「坂の上の雲」で描かれた日本海海戦を彷彿とさせる1枚。

お菓子、カレンダー以外にも、旭日旗のネクタイピンや陸自の制服を着たくまもんのワッペンなど、あまりにも魅力的なグッズ多数。

市ヶ谷、かなり興味をそそられます。

またゆっくりと再訪したいものです。

 

確か陸自のイベントだと思いますが、富士演習所だったか実地訓練の見学もできるとか。

今度申し込んでみようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス風景

2016年12月20日 | まち歩き

日比谷公園に「Tokyo Christmas Market 2016」なるイベントが立っていました。

公園中に出店が出ています。

噴水近くには結構な高さの塔?が。

世の中、クリスマス景色でいっぱいですね。

最近全くやっていないポケモンGOのスタート画面もこのバージョン。

(飽きた。)

今年はクリスマスは3連休。

中には今週木曜日で仕事納めの方もいるかも。

良いお年をお迎えください。

そうそう、日比谷公園のイベント、私はクリスマスよりもこちらが気になりました。

あっ、明日で終わりだぁ、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加