mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

竹の生垣のリフォーム(完成編)

2017年02月11日 | 家族

今週初めから始まっていた竹の生垣のリフォームが完成しました。

庭樹たちの緑が引き立つ明るい仕上がり。

柱、笠木など強度もレベルアップ。

 

雨で植木屋さんが作業できなかった一日を除いて一週間で完成。

本当は毎日進捗を見たかったのですが、朝はまだ日が昇っておらず。

(1日目。1スパン出来上がっていました。)

1日1スパンのペースで進んでいるようです。

2日目か3日目の朝。

資材がまだまだ庭に残っていますので、半分も来ていないところか。

ツバキのあたりまで来ました。

(笠木は翌日回しってところで終わっています。)

そして、土曜日のお昼。

前日から職場旅行で不在にしていましたので、一泊旅行から帰ってきたら完成していました。

結局、植木屋さんに挨拶もできず。

ありがとうございました。

 

庭樹の手入れ、生垣の施工、いい植木屋さんとは長くお付き合いしたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹の生垣のリフォーム(準備編)

2017年02月06日 | 家族

いよいよリフォームが始まります。

とある日、帰宅すると、庭に資材が搬入されていました。

人工竹。

笠木と柱(多分)。

(防水・防虫塗料が塗られているような。)

妻によると、植木屋さんが搬入した資材をカットしていたそうです。

 

本日(月曜日)から施工です。

楽しみ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹の生垣のリフォーム(計画編)

2017年01月15日 | 家族

お隣の庭との目隠しの竹の生垣。

(気に入っています。)

かれこれ10年弱になるでしょうか、傷みが目立ってきました。

毎年春と秋に入ってもらっている植木屋さんの造作。

生竹の風合いが素晴らしいのですが、長年の雨風には勝てません。

(生竹なのでもちろん割れる。)

生垣のてっぺんに渡している笠木も雨風・暑寒にさらされて、これまたかなり傷んできました。

 

ということで、全面リフォームすることにしました。

植木屋さんとも相談した結果、最近の人工竹は良くできているらしいので、耐久性重視で人工竹に。

昨年秋の剪定に入ってもらった時に、造園カタログでイメージを説明してもらっていました。

こんな感じだそうですが、うちの庭に合ったデザインを考えて新年に改めて打ち合わせに来てくれるとのこと。

で、この土曜日、植木屋さんがデザイン案と見積もりを持って来てくれました。

庭で簡単な打ち合わせ。

普通の竹に黒竹をどう混ぜるかがポイントだそうです。

何案か説明してもらいましたが、植木屋さんおススメのデザインで決定。

着工は来月、楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017今年のおせち

2017年01月02日 | 家族

ほぼ毎年注文しているホテルのおせち。

昨年はホテルの経営母体が替わったのですが、引き続き注文。

三段重となっています。

お披露目は1月1日の夜、“全員集合”しての夕食から。

壱の重は洋風。

弐の重は中華。

参の重は和風。

和・洋・中の三段重、なるほど。

(きれいです。)

肝心のお味の方は、経営母体が替わっても変わりなく、美味しいです。

どうやらシェフはそのままなのでしょうね。

注文特典のホテルでの「お食事クーポン」も例年どおりついていましたので、別途レストランに行くとします。

 

箱根駅伝観戦中(もちろんテレビで)。

最近年末年始はインドアです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017元旦

2017年01月01日 | 家族

新年明けましておめでとうございます。

暖かい新年となりました。

今朝は部屋の窓を開けて、ニューイヤー駅伝をテレビで観ています。

今年もよろしくお願いします。

 

妻が友人からいただいた「絵馬クッキー」。

「開けるのは新年に。」とのこと。

(撮影、大晦日。)

今朝開けました。

絵馬型のクッキー。

お見事!

 

気持ちいいお天気、ちょっと散歩にでも行きますかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016大晦日

2016年12月31日 | 家族

2016大晦日。

紅白をあまり観ない私としては「ゆく年くる年」までテレビのザッピング。

 

今日は雑用のほかは、いつも注文するホテルにおせちを取りに行きました。

ずっしりと重いおせちは三段重。

段ごとに和・洋・中となっています。

ホテルの経営母体が替わりましたので、お味の方はいかに。

正月が楽しみです。

 

さて、今年もあと数時間。

みなさま、今年もブログにお立ち寄りいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掃除/高圧洗浄機編

2016年12月29日 | 家族

「働かざる者食うべからず」。

年末、円滑な在宅のための教訓です。

本日は、高圧洗浄機でアプローチをきれいにします。

それにしても、毎年同じことをやっているなぁ、と妙に感心。

洗浄の段取りは毎年同じ。1時間半ほど水煙にまみれて作業終了。

見上げた師走の空がきれい。

今年は28日が休暇だったので、年末が長いと思っていたら、残すところ2日。

油断してました。

 

昨日駅前にクリーニングを出しに行った時、まだクリスマスの装飾がありました。

でも、よく見ると、「Happy Holidays!」ですね。

「幸せに満ちた年末年始をお過ごしください。」

ちょっと温かい気持ちになりました。

 

さて、明日も「やるべきこと」をやって、妻に成果をアピールせねば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋形船

2016年08月12日 | 家族

8月11日は新しい祝日、「山の日」。

山の日ですが、海・川に行ってきました。(笑)

東京湾・隅田川の屋形船。

 

品川(北品川)のこのあたりには屋形船の船宿(?)が数軒ありました。

本日は「船清」。

住宅街というかビルの谷間に入っていくのは意外でしたが、エントランスは雰囲気があります。

(もっとしょぼいのをイメージしていたのでびっくり。)

待合です。

浴衣姿の人が結構います。

船も多数停泊していて、ざっと十数艘。

一艘の最大定員は120人だそうで、船内はこういう感じ。

こりゃ、もうちょっとした宴会場です。

料理もちゃんとしています。

(小さくて見えませんが、お品書き。ちなみに飲み放題です。)

先付けは夏の食材で彩られています。

黄色いのは玉子ではなくトウモロコシ、高杯の焼きナスなどなど。

刺身は今朝築地市場で買い付けたもの。

かなり美味しいです。

 

ここで改めて本日の遊覧コースを見てみると、、、

品川から隅田川を上って、スカイツリーを間近に見つつ、また品川まで下るコース。

んっ?

どこかで体験したような、、、そうです、先日やった「昼のセント酒ツアー」とほぼ同じコース。

 

出船して、まずはお台場でしばし停泊。

前日と違って過ごしやすく、船上(展望デッキ?)は海風が心地よいです。

お台場、すごい人出でしたね。

少し時間が経つと夕日を見ることができます。

レインボーブリッジと夕日、なかなか風情があります。

うちは甥っ子・姪っ子家族との“家族ツアー”ですが、若いカップルの姿も数組。

誕生日プレゼントなんぞを渡している光景も見ましたが、記念日に屋形船っていうのもいいもんですね。

 

ここからは隅田川を上りますが、たくさんの橋をくぐるので船上はNG。

船内に戻って、天ぷらをいただきます。

エビ、キス、イカ、アナゴ、マイタケ、野菜各種、、、夏の江戸前のネタを揚げたてでいただきます。

最高です!

 

隅田川にかかるいくつもの橋をくぐり、両国国技館を過ぎると、いよいよスカイツリー。

屋形船はここでイカリを落として停泊。

スカイツリーと記念写真タイムです。

現在オリンピック仕様のイルミネーション。

日本選手が金メダルを獲った日のみ、ゴールドになるそうです。

本日は内村さんの体操と男女柔道の金メダルを祝してゴールドなり。(ツリーの裾の方かな?)

いなせな船頭装束のスタッフさんがシャッターを押してくれます。

家族、カップル、すごくいい記念の写真です。

 

上りの時はまだ明るかったのでライトアップされていなかった橋たちもそれぞれの灯りに化粧された中、下りは少し速めのクルーズ。

東京湾に出たあたりで速度を落として、レインボーブリッジを堪能。

ちょっと写真では分かりづらいですが、祝日限定(だったかな)のカラー、コーラルピンクにライトアップされています。

ここでも記念写真を撮ってもらいました。

 

この後、仕上げの稲庭風のうどんとデザートが出て、2時間45分の屋形船遊びは終わり。

品川に戻ってきました。

 

私は初めての屋形船でしたが、これは楽しい。

多分江戸時代から続く日本の夏の遊び、心に沁み入る風情を味わえました。

夏休み前半のいい思い出となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富里のスイカ、いただきました。

2016年06月13日 | 家族

ありがとうございます。

今年も、高級スイカ、富里のスイカをいただきました。

(心高なるパッケージ。)

築地の料亭などに卸されるとも言われますが、オーラを感じます。

(厳重包装にて到着。)

今年も「自信作」のシール。

スイカ好き夫婦でありがたくいただきます。

 

以前、芭蕉の奥の細道の東北エリアを巡る秘湯旅行に出たことがありますが、その時に知った、日本のスイカ生産量1位は山形県の尾花沢市。

九州勤務時代に知った、九州の代表、熊本県植木町のスイカ。

ネットで調べてみると、やはり、スイカの日本3大産地は、「千葉県富里市」、「熊本県植木町」、「山形県尾花沢市」でした。

ちなみに、見たネットでの県別生産量順位は、1位:熊本県、2位:千葉県、3位:山形県、だそうです。

 

そんなことも思いながら、富里のスイカ、いただきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾上製作所のウォータータンク22L

2016年06月07日 | 家族

いざという時のために備えをしておこうと、Amazonに追加発注していたタンクが予定より早く届きました。

尾上製作所のウォータータンク22L。

本来はアウトドア用ですね。

広口なので手を突っ込んで洗えますというのがウリのひとつらしい。

アイリスオーヤマの10L×2と比べると、大きさが分かります。

ちなみに、この10Lの方、買ってすぐに水を入れましたが、かれこれ1ヶ月は入れ替えずに放置、、、。

良くないですね、反省。

 

マリオさんに現実的なアドバイスをいただきましたが、災害時の水問題、飲料水は避難所などでペットボトルを配付しているのでそんなに困らないが、トイレや洗い物など用の水が困る、とのこと。

しっかりと用途をイメージしていくことも大切ってことですね。

引き続き、備えていきたいと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加