mo-diary

酔生夢死ってわけでもないけれど、、、日々雑感

ラグビー観戦(応援)

2018年01月07日 | スポーツ

三連休の初日の土曜日は快晴。

ラグビーの応援に小倉の「ミクニワールドスタジアム」に行ってきました。

新幹線小倉駅から歩いて10分かかりません。

びっくりするくらい海際に建っています。

(ネットより拝借。)

バックスタンドで応援ですが、応援席のすぐ下は海!

釣り糸を垂らせば入れ食いでしょうね。

 

東京を本拠地にするチームですが、応援団やオーナー企業のみなさんが応援に駆けつけています。

北九州を中心に九州はラグビーの盛んなお土地柄で、グループ企業の私たちも自然、たくさんの人が応援に来ます。

(試合前。バックスタンドはほぼ満員御礼。)

九州(福岡・大分・熊本)は、2019年のラグビーワールドカップ開催の対戦カードも発表され、盛り上がりが期待されます。

(「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」、、、日本で開催されるのは、という意味でしょうか、ちょっと分かりづらいと思いました。)

 

試合の方は、前半を余裕でリードするも、後半結構追い上げられ、まだ勝ち試合を見たことがない私としてはヒヤヒヤ。

でも、終わってみれば、27対19で勝ちました。

初めて勝ち試合を見ました!

 

冷たい風が吹く中でしたが、陽の光がさすと寒くなく、ラグビー観戦日和でした。

久しぶりに、hiroさん、sskさん、“青葉城西のセッター”さん、そしてnktさん、ラグビー部長さんにもお会いでき、楽しいひと時でした。

選手・応援団のみなさんもお疲れ様でしたが、ご当地のボスのnkyさんが一番お疲れ様でした、素晴らしかったです!

 

選手や東京から応援に来られたみなさんは小倉を楽しんでいただきたい(お金を落としていただきたい)ですね。

新幹線の駅には名物としてこんな看板がありましたが。

これらもいいですが、もっともっと美味しいものがいっぱいありますよぉ。(笑)

 

私は、新幹線でさっと博多に戻って、天神で買い物へ。

日曜日は単身住まいで鍋かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡国際マラソン選手権大会

2017年12月04日 | スポーツ

日曜日、福岡国際マラソンがありました。

(ネットより拝借。)

ただのマラソンではなく、陸連の新しい運営で、この大会で「日本人3位以内、2時間11分以内」を達成すれば、東京五輪マラソンへの出場選手を一発勝負で決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」への出場権が与えられるという、東京2020にほぼ直結の大会。

 

そんな重い大会ですが、スーパーに買い物に行くついでに(というと叱られますが)、ちょっと応援を。

(23km地点で観ました。)

先行車のパトカーの後、メインのテレビ中継車が通過。

(谷口浩美さんが解説だったかと。)

今のタイムは1時間9分ぐらい。

先頭集団が来ました。

(まだペースメーカーがいます。)

レース後にこの写真を見ると、優勝したノルウェーのモーエン選手がペースメーカーの後ろに、日本人3位の竹ノ内選手が集団後方にいます。

下の写真では、日本人2位の上門選手が写っています。

(先頭集団のすぐ後ろでした。)

しばらくして、有名な川内選手が通過していきました。

(2時間10分台でフィニッシュしていましたね。驚異の粘りです。)

ヘリのパラパラという音がずっと聞こえるので、上空を見上げると、中継でしょうか、ホバリングしていました。

(写真上方中央に小さく写っているのがヘリ。)

ここで応援を離れて買い物に行きました。

スーパーからの帰り、同じ場所に戻ってみると、運営車が停まって、赤旗を手に車を降りてきました。

タイムによるレースストップのようで、選手が数名止められました。

23km地点で1時間28分ということは、3時間を切る選手でもこのレベルの大会ではダメなんですね。

 

レースの顛末は帰宅してテレビ観戦。

大迫選手が全体3位、日本人1位、タイムも2時間7分台という結果。

(ノルウェーのモーエン選手は2時間5分台!)

応援で見た竹ノ内選手も日本人3位、2時間10分台でフィニッシュ、MGC出場権獲得!

(おめでとう!)

上位の結果。

「MGC出場権獲得」というマーク、非常に意味がありますね。

東京五輪出場権をかけた一発勝負、分かりやすいし公平に思えるし、本番の強さも実力のうちだし、なかなかいいルールだと思います。

 

それにしても、世界は2時間5分のレベルなんですね、すごい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大相撲九州場所

2017年11月24日 | スポーツ

寒い勤労感謝の日、大相撲九州場所を観戦する機会に恵まれました。

(福岡サンパレスホテルもラッピング。)

何かと話題の多い今年の九州場所、“場外乱闘”ではなく、本割で好勝負を期待したいものです。

人出は多いです。

13時半頃に席に着きましたが、名も知らぬ力士がテンポよく相撲を取ります。

朝稽古を見せてもらった佐渡ヶ嶽部屋の「琴○○」という力士だけは顔を覚えていたので、やっぱり応援しますね。

14時半頃でしょうか、十両土俵入り。

(館内の雰囲気が一変します。)

佐渡ヶ嶽部屋の「琴恵光」がいます。

(宮崎県延岡市出身。)

残念ながら負けてしまいましたが、館内の声援は誰よりも大きかったですよ。

幕内の土俵入り。

佐渡ヶ嶽部屋では、幕内には、「琴奨菊」と「琴勇輝」がいます。

既に負け越していますが、ご当地力士の「琴奨菊」、ものすごい声援です。

(福岡県柳川市出身。)

そして、横綱土俵入り。

白鵬、本当に美しいです。

横綱が別格であるということが分かる充実した土俵入り。

この後、取り組みが続くのかと思いきや、「明日の取り組み」を行司が紹介します。

(一緒に行ったみなさん、「こんなの前からやってたっけ?」という反応。)

幕内の取り組みは一番一番、本当に見応えがあります。

今場所好調の「遠藤」。

(よくぞこれだけ足が上がるものだと感心したので写真を撮りました。)

「琴勇輝」は勝ちました(写真撮れなくてごめんなさい)、、、そして「琴奨菊」登場。

(がんばれ!)

残念ながら「栃煌山」に突き落としで負けてしまいました。

今場所一番の人気者、「嘉風」。

(大分県佐伯市出身。)

こちらも、「千代の国」に上手投げで負けてしまいました。

横綱「白鵬」は「御嶽海」に圧勝。

結びの一番が終わった後は弓取り式。

弓取り式は「聡ノ富士」が担当しているそうです。

 

大相撲観戦、本当に面白いです。

欲を言えば、四横綱の揃い踏みを見たかった、、、。

場所後、一体どうなるのでしょうか。

 

相撲を見ながら、お酒と肴、最後は弁当まで食べましたのでお腹いっぱいですが、軽く(?)うどんを食べて帰りました。

(かき揚げ、大き過ぎ。(笑))

みなさん、お疲れ様でした。

 

今晩妻がやってきます。

明日は大分国東半島へ日帰り旅行です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「佐渡ヶ嶽部屋」朝稽古見学

2017年11月05日 | スポーツ

初めて大相撲の朝稽古を見学させていただきました。

おじゃましたのは、元関脇・琴ノ若が親方の「佐渡ヶ嶽部屋」。

西戸崎の住宅街の中、海辺近くに佐渡ヶ嶽部屋の“九州ロケ”があります。

部屋の看板。

(どなたの筆になるものでしょうか、気になります。)

若いお弟子さんたちの熱い稽古を、8時前から見学。

親方(琴ノ若)の一人息子さんに大器の可能性を感じました。

写真左のジャージ姿の方が親方で、写真右で土俵をほうき掛けしている後姿が息子さんの「琴鎌谷」。

親方の現役時代を彷彿とさせる、美しく大きな体です。

親方や部屋付きの年寄りからアドバイスが飛ぶ中、みなさん、稽古の一番一番をしっかり考えながらやっていたのがとても印象的でした。

9時を回ると、幕の内・琴勇輝と十両・琴恵光が稽古を始めますが、若手と全くレベルが違うのが素人目にも分かります。

やはりすごいですね。

 

そして、9時半頃でしょうか、横綱の稀勢乃里が出稽古に来ました。

(大きい!)

何てラッキー!

その前から準備運動に余念のない、元大関(現小結)の琴奨菊と、いよいよ稽古開始の雰囲気です。

横綱と小結の稽古、土俵には新しい砂が入り整備されました。

いよいよ、、、

最初の一番は、横綱の圧勝。

この後、琴奨菊が「もういっちょ!」と何度も言って、30分ぐらいでしょうか、勝負は五分くらいだったと思います。

素晴らしいものを見せていただきました、感動です。

 

横綱・稀勢乃里、巨大です。

一列目で見学させていただけたので、手を伸ばせば触れることができるくらい間近。

 

感動の朝稽古の後は見学者にちゃんこがふるまわれますが、その準備のため一旦部屋を出ます。

ちゃんこ、から揚げ、もつ煮込みなどがふるまわれました。

私が朝稽古したわけでもないのに、このちゃんこが美味しい!

おかわりOKでしたので、おかわりしました。(笑)

 

本場所もいいものですが、朝稽古、本当に良かったです。

また機会があれば是非見学したいです。

大将、ありがとうございました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛ラバ(実釣)、、、のはずが。

2017年11月04日 | スポーツ

いよいよ天草で鯛ラバの実釣、、、のはずでした。

こんな顛末です。

 

深夜2時、ピックアップしてもらって、天草到着が5時半頃。

まだまだ月が明るいです。

写真だけ見れば穏やかな月明かりに見えるのですが、風が強い!

船頭さんとの待ち合わせは午前6時頃。

白々と明けてきました。

(普賢岳を臨む。)

風は一向に弱まりません、むしろ強くなっているかも。

船頭さん夫妻と今日のメンバーさんが相談。

安全と楽しい釣りどころではない風ということで断念。

何事も安全第一。

鯛ラバ実釣はまたの機会となりました。

 

ということで、天草まで往復。

これはこれで初めての天草でしたので良かったです。

(車から普賢岳を臨む。)

白波が立っています。

釣り船は全く出ていません。

ベースマンさんのご友人によると、気圧配置が今日だけ等圧線が縦割りの冬型で風が強い、とのこと。

お天気ばかりはまさに“天のみぞ知る”。

 

朝食用に買ったランチパックは単身住まいに帰着後いただきました。

ごちそうさまでした。

 

鯛の刺身、鯛のしゃぶしゃぶはお預け。

波乱の初・鯛ラバでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芥屋ゴルフ倶楽部

2017年10月28日 | スポーツ

台風22号が来ていますが、「芥屋ゴルフ倶楽部」でプレーする機会がありました。

小雨が降ったりやんだりで、スルーで18H終わる頃にはいよいよ降ってきました。

素晴らしいコースでした。

 

芥屋ゴルフ倶楽部はこんな美しいロケーション。

(ネットより拝借。)

遠くに「小富士」(可也山)が見えます。

ホール途中、山が靄っています。

ちなみに、写真中央下の樹はみかん、その左隣は甘柿。(狩ってもいいそうですが、もっともそんな余裕はありませんでした。)

小富士を最も美しく見ることができるホール。

小富士のことをキャディーさんに教えてもらいました。「標高365m=富士山の1/10、それ故に『小富士』」。

多分諸説あると思います。(笑)

 

スループレー後のお食事。

(コンペのお弁当(幕の内)。)

芥屋ゴルフ倶楽部で発見した小ネタです。

レストランのアイスコーヒーの“氷”が“コーヒー”。

(薄まらないという気遣い。)

先日のKBCオーガスタで優勝した池田選手のキャディーさんは芥屋のハウスキャディー。

(優勝インタビューで池田選手から紹介されたキャディーさん。)

今日付いていただいたキャディーさんもすごく良かったです。

 

芥屋ゴルフ倶楽部、初プレーでしたが、本当に素晴らしいコースです。

池も谷越えもありません。

樹齢何年だろうという立派な松と地形を生かしたアンジュレーション、深い(でも美しい)バンカーなどが戦略性の高いコースを作っています。

またプレーしたくなるコースでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛ラバ(準備中/ライン結び)

2017年10月23日 | スポーツ

鯛ラバの準備も終盤戦です。

リールのライン(「PEライン」というみたい)と、仕掛けにつなぐライン(「リーダー」)を直線的に結ぶ、ライン結び。

結び方の図解書をいただいていますので、この通りやればよい、、、のですが。

この「ノーネームノット」という結び方が比較的簡単とのことでやってみます。

リールとリーダー。

You Tubeの動画も参考にしてやってみました。

PEラインは普通の糸のように言うことを聞いてくれるのですが、リーダーは「8の字を作る」と言われてもその通りにならず、悪戦苦闘。

どうにか完成。

(左側に余ったPEラインとリーダーが出ています。)

結び目の“団子”が大きくなると、リールへの巻き取り・ライン出しの時に引っかかったりするので、きれいに結ぶことがポイント、とのことですが、これ、どうでしょうね。

余分なラインをカットして出来上がり。

(余分なラインはもう少しきれいにカットしました。)

リールに巻いたり出したりしてみましたが、スムースなので、ひとまずこれでいいか。

写メを師匠であるベースマンさんにLINEして判定を待ちます。

「上出来です。」との返信がありました。

念のため実物を見てもらって、80cm級の鯛の引きに耐えられるかチェックしてもらいます。(笑)

 

さぁ、これで鯛ラバの準備はほぼ完了。

あとは実釣に向け当日の用意をあれこれ。

かなり久々の魚釣り、しかも鯛ラバ、徐々に緊張感が高まってきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛ラバ(準備中/ライフジャケット購入)

2017年10月16日 | スポーツ

日曜日は朝から雨、止む気配がありません。

完全休養日なのですが、お昼に思い立って釣り具屋へ。

(タイムズカーシェアリングの車の中から。)

鯛ラバの準備で残っていた大物、ライフジャケットを買うために。

ネットでずっと物色していたのですが、どうもいいのがなく、先日竿を買いに行った時に見た物が結局良さそうなので。

こちらを購入。

大手釣り具メーカーにもOEMで製品を提供している、「高階救命器具株式会社」のブランド「BLUESTORM」。

付けて(着て)みました。

着心地云々の話ではないですが、違和感なし。

いざという時に命を救ってもらう物ですから、しっかりしたメーカーの物を買って良かったです。

 

ちょうど今朝、先日鯛ラバ釣行に行かれたベースマンさんから釣果のお知らせが。(写真使わせてもらいます。)

50cm!

(見事な鯛。美味しそう。)

70cm!!

(でかい。色がちょっと黒いですね。同船の方が釣ったそうです。)

鯛ラバ、すごいですね。

ベースマンさんによると、根がかりでいくつか仕掛けをロスしたそうですので、ライフジャケットを買うついでに、4つほど買い増しておきました。

(120g~150gまでを4つ。)

さぁ、あとはラインの結び方の練習です。

来月には本番を迎えますので、真剣に練習しないと。

ビギナーズラックで私も「50cm!」という記事をアップしたいものです。(笑)

 

それにしても、雨だからかどうか分かりませんが、釣り具屋の店内は大繁盛。

九州の釣り人口の厚さ、特に女性客の多さには驚かされます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽井沢72ゴルフ 三度(みたび) / “前々夜祭”

2017年09月30日 | スポーツ

今年も軽井沢72ゴルフでプレーする機会に恵まれました。

三度目ですが(2015年2016年)、今年は女子プロツアーコースの「北コース」!

7番ホールのティーグランドからの浅間山の絶景!

何となくテレビで観たことあるような景色が。

寒くもなく暑くもなく、涼やかな風が吹き、空気はカラッとしている最高の季節です。

朝は浅間山がやや曇っていたのですが、午後には最初の写真のように晴れ渡りました。

キャディーさんも「こんなにきれいに見えるのは年に何度もありませんよぉ」と。

ホテルの部屋からの景色もきれいでした。

(朝6時頃。)

スコアは散々でしたが、ドライバーが重症継続中です。

でも、撮ってもらった写真を見てダメな箇所が分かりました。

右足に体重残り過ぎ。一緒のパーティーで回った方にも「それが一番の原因」と教えてもらいました。

改善に向け努力します、ありがとうございました。

 

九州から軽井沢は遠い。

東京駅から北陸新幹線に乗る前、短い時間でしたが、前の職場で転勤した方や若手の方と飲みました。

72でプレーする“前々夜祭”となりました。

福岡の「喜多屋」のお酒をみなさんに紹介しておきました。(笑)

是非博多へお越しください、待ってます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛ラバ(準備中/竿購入)

2017年09月24日 | スポーツ

釣り師ベースマンさんにお付き合いいただき、竿を買いました。

一口に竿と言っても、鯛ラバ用、タチウオ用、イカ用、カワハギ用などなど、まぁ何と細分化されていることか。

ということで、こちらにしました。

DAIWA(ダイワ)の「ライトゲームX M-190」。

適用魚種に「マダイ」とは書かれていませんが大丈夫のようで、むしろ舟釣りの汎用竿としていいかも、ということで。

その場でネットで調べたところ、価格的にも最安値でしたので決定。

 

帰宅後開梱。

重さ何と115g、軽い!

リールをセットしてみました。

それっぽく見えます。もう大鯛が釣れた気分です。

長靴もネットと価格差がなかったですし、実際に履いてみて良かったので、合わせて購入。

(長靴¥2500。)

残された必須アイテムはライフジャケット。

こちらはネットの方が安そうなので、そちらで買うことにしました。

 

ベースマンさんから手作りの仕掛けをお借りしました。

リールのライン、リーダー、仕掛けの連結をしっかり練習しておくという趣旨です。

いざ本番では同船のお仲間にご迷惑をおかけしないためにも十分な予習が必要です。

 

ベースマンさん、ありがとうございました!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加