マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

イザヤ書・・・『苦難の僕』 そして 『聖シモン 聖ユダ使徒 祝日』

2016-10-28 22:23:41 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

仲間の差し入れで・・・    『お茶タイム』


ツマガリのクッキー。      疲れた頭が、生き返ります。        おいしい!

今日・金曜日は聖書通読会。
週一回の100回で、旧約聖書と新約聖書を完読する、『聖書100週間』でした。

実際には、
旧約聖書を76回。 新約聖書を45回。 合計121回、約3年半かけて、全聖書の完読です。
今日は
旧約聖書第51回目。 始まりから約1年半が過ぎ、旧約聖書の2/3ほどを読み終えました。 有難いことです。


     旧約聖書の2/3は、『イザヤ書53章』
     新約聖書が語るイエス・キリストの前表と言われる、『苦難の僕』が出てきました。

        『彼が刺し貫かれたのは わたしたちの背きのためであり
         彼が打ち砕かれたのは わたしたちの咎のためであった。

        彼の受けた懲らしめによって わたしたちに平和が与えられ
        彼の受けた傷によって わたしたちはいやされた。』     イザヤ書 53章4節&5節

『神の僕』。
『神の意志=裁きでなく赦しの徹底』を、身をもって具現化する人ですよね。

     平和といやしをもたらすために、人類の罪の償いを、自らの生と死で償いました。

 
  人は、お人の救いのために、信仰を持つ時、自分の命を捧げることができるのですね。 驚きます。


もう二人。
お人の平和といやしのために、自らの命を捧げた二人。

今日は、10月28日。  『聖シモン 聖ユダ使徒 祝日』


           『聖シモン』          エル・グレコ作品

聖シモンは、熱心党と呼ばれ、信仰に篤いのですが、過激派的な性格だったのでしょうか?
                       聖ユダと共に旅をして、福音を伝えました。

そして。

    
                  『聖ユダ』    ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作品

     聖ユダは、
     殉教のシーンに関連する『棍棒』を持っています。
     人の平和といやしのために『棍棒』の刑を受け、ペルシャで殉教しました。

もう一回。

  
  『聖シモン』  『のこぎり』を持って描かれます。  ジョルジュ・ド・ラ・トゥール作品

  聖シモンは、平和のために、『のこぎり』で体を二つに裂かれて、殉教したのです。 

 
イエスは、
その宣教活動の早い時期に、聖シモンと聖ユダを含む、十二使徒を選びました。
それは、
『彼らを自分のそばに置くため、また、派遣して宣教させ、悪霊を追い出す権能を持たせるため』でした。 
                                            マルコ福音書 3章14&15節

『そばに置いて』・・・弟子たちを教育し、御自身の手本を見せたのでしょう。
『権能を与える』・・・遣わされて、イエスの代わりに『イエスの救いの業』を行う、のが使徒ということでしょう。

 
人は、お人の救いのために、師匠・イエスと共に過ごし教えを受けた時・・・
     『イエスの救いの業』に倣って、自分の命を捧げることができるのですね。 驚きます。    

  私達も、イエスに倣って祈りながら、イエスの本当の弟子になれるかもしれませんね。 頑張りましょう!


皆様!
御訪問に感謝申しげます。
いかがお過ごしの金曜日でしたか? 明日の土曜日を素敵な一日にしてください!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『神の武具』・・・「すべて... | トップ | 10月最後の週末・土曜日・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。