マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

不動産

2010-05-31 20:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。

世界投資家を引き付ける世界最大のNY証券取引所:ニューヨークのウォール街
娘と息子と三人でアメリカ横断旅行出発地息子が迷子になり警察沙汰でした



今の時代・・・
  不動産購入は、投資になるのでしょうか?
   (不動産といえば・・投資をイメージする、バブル時代経験者の私世代)


管新内閣発足で?、株価が上がり出し&円高と・・・
  今は、投資家には逃せないタイミングなのかもしれない。
 ちょっと投資熱が再熱、したりしてね。 否否!
  
    不動産投資は、時代錯誤の考え方? でしょ?


娘夫婦が、二人の子供の成長の速さに驚き、持ち家夢を持ち始めだし・・
最近は身近なこととして考えることのなかった、最近の不動産購入事情を 
   ・・・・・ウォッチしています。


高い買い物の不動産購入は、
 銀行に融資してもらって、不動産を買う。 てのが当たり前です。
金利が、私達の頃は8~10%なんて高かった。 今は2%とか1%です。
 この数字の変化は、大きな意味がありますよね。 
不動産が投資対象にならない時代になった? なって見受けます。

   
①気に入った土地に、気に入った家を建てる。健全な持ち家考え。・・の娘です。
②転売好条件を考え、理想の家をちょっとあきらめ万人受けする家にする。・・の私達でした。


今の家に落ち着くまで・・
3軒の持ち家を、子供の成長に合わせて、購入しました。転勤などで転居は12回。
最後の家購入は、バブルの真っ最中。
  不動産屋さんに相談を持ちかけただけで、家販売広告を作ることもなく、
    翌日、不動屋さんが我が古家を買いました

素人の主婦までが・・経験もない・・家転がしや株に手を出したり・・。
バブル時代・・何かが狂っていた、私達の持ち家購入時代事情でした。


 20年たって・・確実に・・世の中変わっている。


娘が考え始め出した・・現代の家購入事情は・・
   健全で当たり前で・・地に足が着いていて・・気持がいい。

  
新政権が、管さんの庶民感覚で・・
  当たり前の金銭感覚が守られる政治をしてほしいものです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『時間』のプレゼント

2010-05-31 12:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
   
  孫娘初挑戦手作りバースデーケーキ  ママ38才誕生日プレゼントです


  娘の38歳誕生日  元気に迎えました。 感謝!感謝!


嬉しい祝いの気持をプレゼントに込めて・・・
孫娘・・バースデーケーキ作りに挑戦しました
       美味しいケーキを作って、ママにプレゼントでした。

私・・・「何か欲しい物があるかしら? 何でもプレゼントしますよ。」ってね。
     「時間が欲しい。」 って娘の答です。
   「何でもプレゼントしますよ。」って言葉に、二言は許されません。 


         時間のプレゼント


仕事に育児にと、超多忙な毎日の娘です。

 ○一日24時間に、1時間でもプレゼントして・・・
     不足の睡眠時間を補いますか? たまった仕事をこなしますか?
    24時間に延長1時間をプレゼントすることは、神様でも出来ません。
     『延長時間』のプレゼントは、私には出来ません。


5時半に子供に起こされ・・家族で学校に向かい・・仕事をこなし・・と繰り返す娘です。

 ○日常の日々に、非日常の時間をプレゼントして・・・
    夫と二人だけでデートはいかが?
     『非日常時間』のプレゼントは、私にも出来ます 



『非日常時間プレゼント』を、私からもらった娘は・・

いつも身にまとわりつき、気をぬくことのできない子供達を、私に預け・・
     身も心も解放されて、解き放った気持で・・
     すっかり忘れているオシャレを、ちょっとだけして・・
   夫と二人で・・夜のロマンチックな時間を過ごすために
           嬉しそうに出かけました。。
   
3時間楽しんで帰宅した二人の顔の嬉しそうなこと!!

    

           『非日常の3時間』
  夫婦そして家族の愛を深めるために、なくては成らない、貴重な『時間』です。       
              

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘の義父

2010-05-30 18:30:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
     
   八ヶ岳富士見高原の中の”鉢巻道路”・・時々、見事な富士山が見えます
          (2009年11月29日撮影 鉢巻道路沿いをちょっと下がった場所で)


先日、老後生活について書きました。
 「老後の日々は、若い時からの延長の日々、のように見受ける。」・・ってね。


  年を重ねた時の生き方には、いろいろあって・・・
    その人らしさが現れている生き方をしている人は・・生き生きとして素敵です。   


娘の義父は・・・
 78歳。
 毎日の生活は、やはり、若い時から(英語先生)の延長の日々です。
 月曜日~土曜日まで?、小学生~大学受験生~主婦までと幅広く、自宅で、英語を教えておられます。
 英会話あり。 受験勉強あり。 英語入門。・・・。もありって具合のようです。

娘の義父は・・・
 定収入があるので、老後生活者ではありません。 正に現役です。
   年を重ねた後に、こんな生き方も素敵ですよね
      若者との毎日なので、ともかく、お若い!です。

娘の義父は・・・
 毎日のように仕事があるのですが、第5週がある月は、第5週は仕事は休み。
 車を自分で蹴って、八ヶ岳に出かけるようです。

ちなみに、娘の義母さんは・・
 趣味は夫さん? 生きがいも夫さん? って感じで・・義父にいつもぴったりです。 
 お二人のトレードマークは赤色。 微妙に洋服は変えて、でも、赤でおそろいです素敵です。
   赤色のジャケット。赤色のセーター。赤い柄のブラウス。・・。
    


   5月は第5週がありました。 義父母さんは八ヶ岳入りです。


「夕食を、一緒にいかがですか?」 って、お誘いです。
「喜んで。嬉しいです。」 って、ルンルン気分で、お誘いに乗りました

        中国悠膳 照坊ず


八ヶ岳の自然の中・・・
 数少ない中国・上海料理。 家庭的な雰囲気で、美味しいのです
    是非一度ご賞味頂きたくて・・ブログにのせますね。


       再会を祝って・・・カンパ~イ  前菜:
    
 お父様がご馳走下さるのは・・東京でも必ず中華・・お元気の基は中華料理

   

   海老チリ:もんごいかも混じって美味い    キノコと米団子
 
    

沢山の品を食べました・・食べるのに忙しくて・・カメラ撮りを忘れちゃいました。


 最後の焼き飯もグー            デザート:マンゴープリンと杏仁豆腐 ジャスミンティー。
 

    坦々麺やぴり辛ゴマ入スープ麺。 麺好きには、たまらないそうです


********

八ヶ岳・鉢巻道路を走り・・おひとり様山岳訓練ランをするつもりの私でした

   無事に走り出して・・一坂超えたら・・右手に「鹿の湯」ののぼりがヒラヒラ

    走りはそっちのけ・・温泉に飛び込んでしまいました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栄養補給

2010-05-30 12:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
 
    前菜:  これだけでワインが進みます



栄養補給・・
  お腹を満たす栄養補給。  そして 心を満たす栄養補給。

単細胞の私にとって、お腹も心も満たす栄養補給は・・・『外食』


あれこれ考えて、料理して、家で食べる食事が大好き
 でも、娘にプレゼントした、『非日常時間と空間』を過ごす『外食』も大好き


私の心を癒してくれた、娘家族とのイタリアン・・・
  イタリアン&スパニッシュ酒場:藤原商店のお味。 一緒に味わって下さい。




娘:海老とブロッコリーのアヒージョ 860円     お婿さん:トムヤムクリームくん 1250円 
  
                            タイ料理トムヤムクンをパスタで!

   

私は迷わず・・オマール海老←大好物。 ではなく!ワタリガニ←珍しいでしょ!  1850円
    
    ワタリガニをオマール海老と覚え間違い  酔っぱらった? 


 お味はバッチリ・グー 大満足の栄養補給でグー リーズナブル価格もグー


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

拒絶反応

2010-05-30 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
        
    私の考えを肯定してくれ、私が作者に共感した、『音漬け社会と日本文化』


年を重ね・・・老化現象の見られる最近の私です

何でもOKだった私に・・拒絶反応を起こす事柄が出てきて・・老化現象です


キンキン声・・・・さんまさんや島田伸介さんののり、にはついていけなくなった。
緑のない生活・・・緑に囲まれた生活でなくては、しぼんでしまいます。
街の騒音・・・・・渋谷の日曜日では、完全に、酸欠状態に陥りました。
忙しい日々・・・・”静かに1人”って時間がないと、思考がstopです。  
               等々・・。拒絶反応のいろいろです。



  『音漬け社会と日本文化』(中島義道&加賀野井秀一 往復書簡集)


私の老化現象、共著者も同じ感覚を持っての往復書簡、を肯定してくれる本。
共著の二人の考えに、私は”うん。その通り。”て、至極納得した本。



娘の家に向かう夜行バス停留所に向かう電車、で『本』を読み始めました
  超面白くて。。。ハプニングに次ぐハプニング。。。が起きました


地下鉄・三宮駅下車なのに・・面白くて夢中になり・・次の駅まで乗り過ごした
   あわてて、一駅戻り、三宮駅に引き返し・・無事・・次の阪急電車に乗りました。
阪急電車は梅田駅下車なのに・・面白くて夢中で・・一駅手前の十三駅で下車した
   大慌てで、次の電車を待って飛び乗り・・梅田駅に向かいました。


   
 拒絶反応は起こす。 電車の乗り降りは間違える
 私は・・間違いなく・・老化現象を起こし始めています 



娘宅からの帰路のバスで、おもしろくて、『本』を読み終わりました
 
  でも!無事! 帰路は間違えないで、梅田駅に到着 
       当たり前でした。 乗り換えがないバスですものね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育2  言語習得

2010-05-29 10:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
 『You've got mail』・・私の携帯電話の、Cメール受信サウンドです



教育1で、私の子供の幼児期の教育を、ちょっぴり書きました。
          信仰と好奇心、を最重視した教育でした。


教育2:今日は、娘の、娘の子(私の孫)への幼児期教育を、ちょっぴり書きたいと思います。
          二ヶ国語の言語獲得、バイリンガル教育をしています。


言語学の常識の1:   
「両親の人種や民族に関係なく、子供はどのような言語でも獲得できる。
胎児は、産まれる前から、外部の音や母親の声に反応を示す。
8ヶ月から1歳頃までは、どのような言語であれ反応する。
1歳以降になると、周囲で話されている言語にだけ反応するようになる。」
    ・・・ということらしいです。



   言語学の常識を子供に応用して、育てようととしているようです。



長女は・・一歳前から毎年、アメリカに連れて行き、英語の環境の中に置く。 
     母親は自宅では、日本語と英語の二ヶ国語で、娘と話をしています。
長男は・・アメリカで出産大事業を成し遂げ、米国と日本の二カ国国籍保有者です。
       ・・・ってのが、娘夫婦の教育です。


   
言語学の常識の2: 
「英語を母語とするアメリカ人とフランス語を母語とするフランス人の子供が、日本で生まれ育った場合。
家庭において日常使用されている言葉(英語?フランス語?かな)を習得する。そして、日本語も共に獲得する。
したがって、家庭よりもそれ以外の環境の影響、が強いかもしれない。」  
   ・・・ということらしいです。



   土曜日・日曜日と娘宅に来ています。そこですごい発見をしました。


私の携帯電話が、バックの中で、鳴りました。
    『You've got mail』 『You've got mail』  
 

私は気づきませんでした。
孫娘が気づきました。 そして当たり前の顔をして、私に声をかけました。

  「おばあちゃん! You've got mail。You've got mail。って言ってるよ。」


  これって!!!  すごいと思いませんか?
孫娘は、教えたこともない言葉を、言語の音として、聴き分けてしまっているのです


  これって!!!  娘夫婦の教育の成果(成功?)を表しているのですよね


幼児教育は・・・大切です。 
    幼児教育は、子供の基礎を作り上げてしまいます


10か月の孫息子・・周りの音を聴きながら・・その通りを真似しています。
    彼が初めて言語を発する時は、日本語かな英語かな

  
 
ちなみに、私の息子が初めて発した言葉は、英語でした。
   当時、アメリカ滞在中だった私達家族。私は日本語だけで子供と話していました。
   環境は、英語世界でした。

「家庭よりも、それ以外の環境の影響が強いかもしれない。」という、言語学の常識。
     ・・・息子には、言語学常識通りになりました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恵

2010-05-28 14:00:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今日も、仲間14人で、聖書の通読  
同じ文章を読んでも・・・感想は人それぞれ。・・そこが何とも面白い


『シラ書(集会の書)』1章~23章

「すべての知恵は、主から来る。主と共に永遠に存続する。
 主は、すべての人々に分に応じて知恵を与える。」  (シラ書1章1節&10節)



皆様は”知恵を与える”と言われれば・・どの知恵を与えられることを、望みますか? 


サムエル・・イスラエル国の最初の王・・・は、
「民を正しく裁く知恵を頂きたい。」 と神に祈りました。
 結果・・『一生の間イスラエルをさばいた。』(サムエル記上7章15節) そうです。


夫と娘と息子に尋ねて、分かち合い、笑い合いました。
  「一つだけ知恵をくれると言われたら、どの知恵が欲しい?」

夫:「将来の分かる知恵」     だそうです。
娘:「子供や生徒を正しく導く知恵」 学校の先生で、子育て真っ最中の娘らしい答えです。
息子「人の心の分かる知恵」  傷つけず、傷つかないためにも欲しい。のですって。
私:「真理を知る知恵」 でした。 
   (神とは?人間は何のために生まれたの?自由とは?自由は何のため?死後どうなるの?)てな真理。
               私の答は、シラ書に書かれていました。




正しく民を裁く知恵を祈ったサムエルは・・・一生の間イスラエルを裁きました。
真理を知る知恵を願い、答えをもらった私は・・一生の間、どうすべきなのかしら




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワーUPグッズ

2010-05-27 22:30:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
   
スパンコールでキラキラ刺繍がほどこされたジーンズ 


「パワーUpで頑張らなきゃ!」な~んて、特別時間に・・・
  自分に、パワーupを暗示させ、元気を満たす、『パワーup グッズ』 お持ちですか?


私の秘密兵器、『パワーUPグッズ』は、キラキラ刺繍つきジーンズです
 これを着ると・・背筋を伸ばし。腰を伸ばし。胸を張って。歩幅も延びて。・・パワーup


     今日も、フル回転の一日です

朝4時半:  起床
5時~7時半: ひたすら走る・・・走る
10時半~12時:教会で信仰講座。 信者6人&non信者4人&司祭。今日は「キリストや私達の復活」について。「見ずして信じる世界」の勉強なので、面白い!



12時半~: 勉強仲間と昼食  とんかつ定食 650円 

   口は・・食べてしゃべって・・閉まる間がない


2時~4時半:
ボランティァ仲間と3日後・30日のバザーに向けて、最後の手作り作業。
  口も手も動きっぱなしで・・・沢山の商品完成

5時~6時:『パワーUPジーンズ』に着替えて・・駅前SOGOへ。『特別時間』です
  5階建ビル階段を10往復。昇ったり降りたり昇ったり降りたり。筋トレ(足トレ?)です。

7時~9時半:夫の野球応援人生をかける:「西武野球」観戦  
     夫曰く:「高校野球の相手をしたようなもんだな」ですって!
       「西部・阪神戦」2勝にご機嫌の夫

10時半:フル回転の長い一日も終わり・・・おやすみなさい


  明日も・・今日の様な一日が・・・。
ただ・・寝るのは孫達の待つ松本、に向かう夜行バスの中です


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疑義

2010-05-26 14:25:28 | 父の日。母の日。結婚記念日。
      
 悪を避けて生きていた無垢なヨブの信仰を捨てさせようと計画し・・・ヨブに襲いかかるサタン


『悪い奴ほどよく眠る』   黒澤明監督の、50年前・1960年映画。
父を殺した現代社会の悪の機構に立ち向かえない無力さを嘆いて、咆哮するだけの主人公の物語。

『ハムレット』   シェイクスピアの悲劇作品。
父を殺し母を奪い王位を簒奪した叔父を討ち復讐を果たす、デンマーク王・ハムレットも復讐後死ぬ。



二つの「作品」は、悪玉が世にはびこる話です。 善玉人間の想いが無視される話です。
  これには、人は納得しない。 でも、往々にして、これが世の事実です

   『理不尽』が自分の身に襲ってくると、人は苦しむ。 でも答はない。



今日は、女子大生になって、旧約聖書『ヨブ記』の勉強です。
     『ヨブ記』は、この世の理不尽を解き明かす書。です。
 ヨブ記を、9回の授業、前期講義の全授業を当てて、読み解いていきます。



「良いことをする人は・・・・報われて、幸せな人生を終える。」
「悪いことをする人。人を落とし入れる人。等々は・・・不幸な人生の終わりを迎える。」
  これだと、世の中は納得する。 Happy Endでパチパチ
   
  
『理』が通れば、 ひょっとして、宗教も哲学も生まれなかったかもしれない。
  『理』が通らないこの世の常に、人は「神も仏もない」と苦しむ。 でも答はない。


   
   
旧約聖書の律法の時代は・・・『因果応報』の考えが、まかり通っていました。
 「あれだけ恵まれているのは、本人も先祖も、清よい人生を送った結果でしょう。」
 「人が生まれつき目が見えないのは、本人か両親が罪を犯したからです。」
     ・・・てな具合に。


しかし、事実は・・・
  「律法を守り、清よい生活を送る人たちが、得をしているだろうか???」
  『因果応報』て、ほんまかいな???って気持が、わいてきます。

       

        『疑義』(疑わしい気持)が生まれてくる。
      


  旧約聖書中に、初めて、『疑義』を取り扱うようになるのが、『ヨブ記』です。



「ヨブが無垢で正しいのは、神がヨブの全財産を守っているからだ。」と神に言うサタン。
「ヨブも神をのろうはずです。理不尽に、彼の全財産が奪われれば。」とも言うサタン。
「ヨブの全財産を、好き勝手に、奪い取ってみろ。」と挑発するサタンに応える神。


 
        サタンは、ヨブに襲いかかります。(写真の絵)
   清く無垢なヨブは、理不尽にも、全財産をなくす。家畜も牧童も子供も。


『このようなときにも、ヨブは神を非難することなく、罪を犯さなかった。
  わたしは裸で母の胎を出た。
  裸でそこに帰ろう。
  主は与え、主は奪う。
  主の御名はほめたたえられよ。地にひれ伏してヨブは言った。』(ヨブ記1章21~22節)



 授業で、先生が強調したかったのは・・・『疑義』の気持を持つことが大事。って。
    
    ヨブは・本当に完全で無垢な人だったの? 周りもそお思っていたの?
    旧約時代の人達は、『因果応報』の考えを、心から受け入れていたの? 等々。
・・・授業では、聖書の言葉の合間から、ヨブの性格を読み明かしていきました。

    ヨブ記は、日常的常識に『疑義』をはさむ考え方の定義でもある。
        ・・・とも、先生は言いました。



 『因果応報』の考えだけでは・・現世を理解・納得出来ない。次の世に期待する。
 『因果応報』が事実の世なら・・次の世(天国)はいらない?パラダイスはすでに完成。
         ヨブは・・・・・・キリストの前表?



先生の勧める、『疑義』の気持を忘れず・・・
   世間の考えに流されてしまうことのないように、気をつけてまいりたいものです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育

2010-05-25 06:49:39 | 父の日。母の日。結婚記念日。
 
子供用聖書:子供達が初めて接した聖書・・毎日一緒に読んでいました      絵本のように楽しい絵と文章です


表紙のシーン:
 モーゼがイスラエルの民を引き連れ・・二つに割れた海を渡って・・エジプトを脱出するシーン
中身の一シーン
 女は言う:『私達は園の木の果実を食べてもよいのです。園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。』
 蛇は女に言った。『決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものになることを神はご存じなのだ。』 (創世紀3章2~5節)


       子供用聖書といえ、『本物』を教える、「英語子供用聖書」です。



日曜日の麒麟獅子マラソン、ご一緒した私と同年の「婦人の言葉」が忘れられず・・・思いめぐらしていました。
  

「若い頃から走り、楽しかったので、子供が走れるようになった頃から楽しさを教えようと思い、一緒に走り出しました。 
  その結果・・35歳の息子は・・全く走らない。全く走りに興味もゼロ。・・寂しいです。」 って。

愛する子に自分の喜びを伝えようと教育したが・・喜びは伝わらず。苦しみのトラウマだけが残った。・・
  最悪の教育の結果でしょうか? 否否。 将来は息子さんも走りだすと希望したい!


         私も同じく、『教育』 に悩む親です。
私の人生で一番大切な・・信仰と聖書の喜び・・を子供に伝え教えたくて(『教育』したくて)・・ゼロ才より・・教会に毎週一緒に行き聖書を毎日共に読みました。
  その結果・・38才35才の子供は・・私の様な聖書馬鹿やにわか信者ではなく・・『本物』信者です。感謝です
  


    夫と改めて・・・親から子への『教育』で何を教えたい・・・話しました。
私の結論(私の教育の目標)は・・・『信仰』と『好奇心』の本物を植え込むことです。



『信仰』があれば・・どんな逆境にも・・”大丈夫!陽は又昇る!”・・と”希望”の火を燈せる
『好奇心』があれば・どんな逆境にも・・新しい目標を見つけ、”又やるぞ~!”・・と”希望”の火を燈せる
  希望で、『本物の人生』を手に入れられる。 はずです。←すごい思い込みです。




          10年も過ぎれば・・・
  今の価値観はひっくり返る世の中です。目に見える幸せの基準も変わります。
      好きなことを全うする道には、ひっくり返りはない。はずです。

  

「婦人の言葉」を、思いめぐらしながら・・・
「『信仰』と『好奇心』で好きな道を自分で探す → 好きな道を全うすることで → 『本物の人生』を手に入れられる。」 
   て図式に・・考え着きました。 いかがでしょうか?




『子は親の背を見て育つ』
  息子に教えなくとも・・・私の背を見て・・・走りに目覚めた息子です
『親も子の背を見て育つ』
  親に教えなくとも・・娘夫婦の沖縄NAHAマラソン参加誘いで娘夫婦の背を見て・・マラソンに目覚めた親の私です



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加