マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

娘・・

2011-10-31 10:00:00 | 娘と娘家族

『娘の庭』 ラベンダー。 日日草。   娘の花をスケッチ


仕事に。育児に。。。。。に。 忙しい娘
それでも・・いろいろの・・花を育てる。野菜を育てる。 花について語る娘は、静かで穏やかで幸せな顔を見せる。


今日は月曜日・10月最後の日
パパが、朝早、出勤した。子供達も保育園に連れて行った。

月曜日の午前
娘と私だけの時間となった。 静かで穏やかな時間が刻まれた。

娘と私の時間
   ”サラサラサラ・・・・”
ほうきの音だけが 静かに流れる。前庭に植えられたこぶしの木の落ち葉をかき集めた。
  「沢山のパンジーの苗を買ったのよ。次に植える花として・・・。」
娘の声だけが、静かに流れる。 庭を飾る花々の話を楽しんだ。

幸せに満たされる清い朝
幸せな愛おしい時間・・静かに流れていく。胸がキュンとして・・。
結婚前の娘と過ごした時間がよみがえったような・・不思議な感覚を覚えた。 透き通るような時間。



「午前中に論文を書き上げなくちゃならないの。頑張るわね。」 書斎にこもった。 娘時代のように。

「頑張ってね。」 応援の言葉をかけた。 結婚前に、いつも、励ましていたように。
 

今朝の・・胸キュンとする静かで幸せな時間。 切り取り・・留めおきたくて・・スケッチにすることにした。


『美ヶ原を望む』  娘宅居間からの展望をスケッチ  松本城も見える

描いているうちに・・胸こみ上げて・・涙ぐんでしまった
  

どうしたことだろう・・えも言われぬ幸せ感

 
『娘』  娘の特徴を描いてみた 

「もっと美人よ!」 文句が出るかもしれない・・

優しさと強さをあわせ持つ・・大きな目。  
生き方を示すような・・いつもひっつめている豊かな黒髪。  目と髪が娘らしさ。



  『母と娘』
不思議な縁あって結ばれた2人。 を大切にしたい。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

孫守り・・2日目

2011-10-30 09:00:00 | 娘と娘家族

  ハロウイーン  「ウイッチ・・魔女だよ!」

今日は日曜日
孫守2日目です。東山遊園地。

遊園地というだけで・・
姉弟は大興奮。じっとなんてしていません。 走り回ります 
ばあちゃんも大奮闘。日頃鍛えた脚力で、スニーカーをはいて、姉弟を追いかけます


今日も姉弟の、はしゃぎぶりと無垢な子供の言葉のブログです。 
 失礼申し上げます  しばらくお付き合いの程を


コアラ: 姉弟とは大違い。 いつも寝てる。 熟睡 

木からすべり落ちそう 「眠りすぎて・・落ちないでね~!」



東山遊園地にジェットーコースターが開設されて・・50年。
  昭和36年に開設てこと。 長い。
子供達にを与え続けて50年!!すばらしい。


ジェットコースター模型 『名古屋市認定 地域建造物第17号認定』

「うれしいな~」  「早く~! 本物に乗ろうよ!


ジェットコースター
東山遊園地・・50年の歴史の原型をとどめたままのジェットコースター。 昔のままの素朴なのが・・なんとも良い。グー
東京後楽園遊園地・・今は東京ドームになってしまった遊園地のジェットーコースター。私も高校生時代に通いました!大興奮の楽しさ 夢一杯の頃。懐かしい



「はじまりま~す!」・・・・・ゴットン・・ゴットン・・ゴットン・・ゴットン・・・・「キャ~!
 
 「はやい~!」  「運転は私よ!」   「イエ~イ!

降りてくると・・・

  「もう一度!」 「もう一度!
     「のろう!のろう!」 
姉弟には弱いばあちゃん。 ”もう一度乗りたい!”ばあちゃんの本音です


「スタンプラリーもしなくちゃ!」 「動物折り紙をもらわなくちゃね!」 

「一つ目終わり・・あと4っつだね!」 「頑張ろうね!」

姉弟
仲がよい。姉4才。弟2才。
今まで・・姉がしゃべる。弟は真似をする。オウムのように繰り返していた。
今では・・姉がしゃべる。弟もしゃべる。応答しあう。弟からもしゃべり姉が答える。

成長した2人
「おばあちゃんも一緒にスタンプ押そうよ。」
私を仲間と思っている。 光栄なことです。
 



「動物電車だ!!」  「スワンのお船だ!!」

  「二つに乗りたいよ~!!


まずは・・スワンお船


「前方にスワン船あり! 前方注意!」   「舵取り・・右に!」 

姉・・バアバの教える通り・・あっという間に・・一人前のドライバーです。
弟・・救命具を着て・・船上では・・姉の言うとおりに繰り返します。 
  「前方にスワン船あり! 前方注意!」   「舵取り・・右に!」 


次は・・動物電車 


 「電車はお客さんだから・・運転はなしね。 お行儀良くね!」

お行儀良く座ってなんていられない・・立って・・窓から見える物に大興奮の姉弟
 「さっき運転した・・スワン号が見える!」  「キリンさんも見えるよ!!!


沢山のお友だちと滑り台

 「手をつないで滑ろうよ!!!」 「うん! つなごうね!

「お友だちと順番よ!」  「もっと・・もっと::いっぱいすべろうね!」

 
 沢山の・・乗り物に乗って・・走り回って


姉弟バアバの・・楽しい時間・・流れました。


「うわ~~! パパだ~!!」  「ママだ~~!!
「パパ! お帰りなさい!」 「ママ! おつかれさま!
    
   練習しておいたとおり・・ご挨拶も出来ました 



「パパとママと一緒!!」  「嬉しいな!!

「歩く階段だよ!!」  「歩かなくってもいい階段もだね!!」


     「おりこうさんでした!」 「帰りましょうね!」


「おばあちゃん!! ありがとう!! 楽しかったよ!! 又つれっててね! 

「バイバイ!  又ね~!」 


   孫守の終了です。
2日間のおつきあいありがとうございました













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫守り

2011-10-29 11:00:00 | 娘と娘家族

ライオン:「立派な顔をしていますが臆病な性格です」←動物園の説明書から

臆病な性格とは、とても思えない、雄叫びをあげます。 王者の貫録です。 備わった素質です。

雄叫びの迫力に・・
弟は、全速力で、逃げ出す。 姉は、怖くても、真似する。ばあちゃんは、ほれぼれ、聞き惚れる


産まれて11年。4歳で来日。一日一回の食事に10㎏ほどの食事。

  「負けちゃいられません!」 姉弟も雄叫びあげて・・ピース


今日は・・
パパとママは名古屋でお仕事。
ばあちゃんが名古屋に出向いて・・孫守りです。 名古屋動物園。 

エソヒグマ:その大きさと向かってくるすごさに姉も弟もばあちゃんも・・びっくり

遊ぶ庭の横・・熊さんの個室  好物が並びます。はちみつはなかった

「3時20分個室に戻ります」の案内表示 個室に戻った瞬間に好物に飛びつく姿を見ようと・・・
子供は最前列・・・姉と弟は最前列真ん中に陣取ります。

大人も・・・何重にも見学人列ができます。

  待つこと…20分。 
弟が・・我慢できなく飛び出した。ばあちゃん・・追いかける。 姉・・「賢ちゃんがいなくなったから諦めるよ!」
  残念無念  「仕方ないね。でも見たかったね。また来ようね。」



出目メダカ:目玉だけを水面に出して・・メダカの学校は~川の中~

目玉だけが水面にいくつも並ぶ・・「面白いね!」


  動物園・・童心に返って・・夢の世界をお楽しみ下さい!


フラミンゴ:「あの細い足と優雅な姿! ばあちゃんも欲しい~!」



キリン:「私も歩き方真似できるよ!」



ペンギン:「歩くのはチョコチョコ・・泳ぐのは早いね~!」



トラ:「あんなに早く走れればいいな~!」 「お姉ちゃんも早いよ!」



ロバ:『子ロバをイエスのところに引いて来て、その上に自分の服をかけ、イエスをお乗せした。』(ルカ書19章35節)

「神様が乗ったのがロバなのね! 私も乗りたい!」


ホッキョクグマ:「大きいね~! 一杯食べるから大きいの?」素朴な疑問が可愛い姉です。



サル:「どうしてあんなに尻尾が長いの?」 質問にあたふたのバアバ 
 
体から流れ出る尻尾・・木端ではありません。床まで伸びる尻尾です。

「木から木へ飛び渡る時・・失敗しないように木に巻きつけるのかな!」 「巻きつける木がないよ!」


  そのとうり・・
可愛い動物たち・・
楽しませてくれるのは有難い 自然の中で飛び跳ねることができない生涯・・申し訳ありません



姉弟の孫との動物園
いっぱいの人の中で・・楽しかったね! また来ようね!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グルメ・ウイーク

2011-10-29 05:30:00 | ワイン。おいしいもの。お勧めスポット。

   『カサゴ』  初めての魚

「カサゴのから揚げがうまいよ。姿はグロテスクだけどね。」と兄。
 

 小料理屋で出てきた『カサゴのから揚げ』

姿に反して・・白身で美味
勇ましい姿・・武家に好まれ、江戸時代、端午の節句に飾られる縁起の良い魚であった。 とか。

火曜日・・
長兄と私。
熱海の小料理屋にくり出した。
熱海の海で採れる魚料理に舌鼓を打ちながら・・次兄の生前の思い出を偲んだ。


幼い頃の『時間』を共有した次兄は・・この世にはいない。
今という『時間』を共有出来る長兄と・・この世の生を楽しんだ。



伊豆半島といえば・・『キンメダイ』 金色の目玉です


  『キンメダイの煮付』

  おいしい


次々と・・おいしい料理を食べ・・酒杯が重なるにつけ・・

この世での『生』の不思議について。の話になった。

この世で、一時、『生」を共有する時間とかかわり。 
考えれば・・時間は、短く、つかの間。 かかわりは、不思議な縁。

「この世のものは、必ず、限界が付きまとうね。」
「限界があるから、共有の時間と縁は大事にしたいね。」 とかなんとか話が続いた。



そして今日・土曜日

「名古屋といえば・・名古屋コーチンよ。」と娘。


今日から2日間・・名古屋です。 孫の子守です。


おいしい食べ物とのご縁を大事に・・グルメウイークです。



********

記録

 昨日・28日のラン:14km 10月合計:205km




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見合い結婚

2011-10-27 16:00:00 | 日々のこと。

   鉢植ラベンダー 紫の可愛い小花 
勢いをなくし・・捨てようか?迷った。 勢いを戻した・・迷ってごめんね。


今は・・
インターネット時代。
デパートの売り上げに・・ネットの売り上げが勝った。
デパートも変化をする・・ネット上にデパートの商品を並べ始めた。 
              NHKテレビニュースより

お見合い事情も・・
今はインターネット時代。
素敵な出会い・・ネット上でアレンジされる。
釣書の交換・・・ネット上で履歴書も写真もチェックする。


『ネット見合い』
インターネット検索をしてみた。 


出てきました。 下記はその一部です。

~素敵な出逢いを貴方に~

出会いと結婚を真剣に考えてるあなた。
このインターネットの世界で貴方のパートナーを探してみませんか?。

インターネット結婚相談所基本プロセス

入会登録[無料]

気に入った相手がいれば交際申し込み[無料]

相手からOK返事が返って来た時[無料]

相手の連絡先アドレスを知らせる際に1名に付き1500円   等々。 説明が続きます。



驚いてはいけません 今はインターネット時代なのですからね
時代が流れ・・現代風『お見合い結婚』ということでしょう。



    私の友人の娘さん

婿さんとフランスから帰国。今年のバケーションを日本でと。1か月の日本でのバケーション。1ヵ月ですと
友人に誘われて友人宅に お邪魔した。
友人(未亡人)と若夫婦と私・・4人でおしゃべり。

フランス在住の若夫婦
奥様は、友人の一人っ子。ネット上で手作り作品を販売する手芸家。
だんな様は、好男子のフランス人。フランス銀行員(日本銀行のような国営銀行)。

若夫婦の出会い
ネット見合いでした。 時代の先端です。
フランス語の勉強のために単身渡仏した娘さん・・『素敵な出会い』を『ネット見合い』で求めた。
東洋人と結婚したかった外見もそのままのフランス人・・『素敵な出会い』を『ネット見合い』で求めた。

若夫婦の姿
素敵なご夫婦です。 昭和の日本人夫婦を彷彿させるような・・。
奥様は、一つにまとめたストレート長黒髪。化粧気なし。シンプルな服。落ち着いた雰囲気。楚々と気品がある。
だんな様は、半袖のポロシャツ。オーソドックな髪型の濃い茶髪。落ち着いて丁寧。義母(私の友人)の車椅子を当然のように押す姿は、バリアフリーの世界が当然のフランスのDNAが流れているのかな? 人格です



    私と私の娘と息子の友人(単身英国でキャリアを積む)の妹さん


淡路島に両親と住む。『素敵な出会い』を『ネットお見合い』で求めた。何年以上も前の話。
そして・・素敵な国際的出会いがあり・・幸せな国際結婚生活をしておられる。
  こちらのカップルも・・日本人とフランス人 素敵なカップルです。
奥様も、一つにまとめたストレート長黒髪をなびかせながら・・ 日本とフランスを行ったり来たり。
だんな様のフランス人婿さんも、目の不自由な義母の手を、当然のように支える。バリアフリー国のDNA? 人格です


今は・・
インターネット時代。インターネットが現実の時代です。 
世の中どんどん変わる。新しい挑戦を続けなくちゃ!! 私もついていかなきゃ



***********

 27日:14km。 10月合計:191km






 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一人住まい

2011-10-26 10:00:00 | 日々のこと。

今年も秋の庭に咲く:秋明菊
 清楚な凛とした美しさ
 秋風に楚々と揺れる

花言葉:「忍耐」 「薄れゆく愛」
英語名:Japanese anemone。アネモネ は、ギリシャ語の「風」が語源。「風の花」の意味。


「忍耐」 「薄れゆく愛」 「風の花」
・・・どの言葉も・・「はかなさ」を感じさせる。はかなく消える。凛とした潔さ。


今朝・・
一瞬にして未亡人となった義姉から電話をもらった。

「家の中に一人になってしまったわ。」
・・一言が、義姉の心の穴と家の中の大きな穴を、物語る。
「ローカルに生きてきたので・・近所に友人が沢山なの。皆さんが”毎日伺うね”と言ってくださるの。」
・・一言が、義姉の優しさを、物語った。
「一人なので、近くにいらした時は、必ず寄ってね。」
・・一言が、義姉の寂しさを、物語った。


『一人住まい』
一人は、人の原型であろう。 一人で生まれ・・一人で死んでいく。
一人は、あるべき姿なのかもしれない。 雑音に惑わされることない一人の静かさが、あるべき人の姿に変貌させてくれる。
一人は、その人らしさを生み出す。  本来の姿に戻れる。
一人で、初めて、厳しさと寂しさの中で、人と共にある喜びが意識できる。


  義姉の電話は、私に考えるきっかけを与えてくれた。


未亡人
自分の計らいではなく・・神の計らいで・・一人住まいが、突然、訪れる。


未亡人の友人達
一人で、自己主張する必要がなくなり・・『自然の命』 が友人の心の中を満たしている。
一人住まいがもたらす特権・・・『自然の命の開放』 を楽しんでおられる。

長年の日本画を極める友人。60歳から始めた社交ダンスを15年間極める友人。キャリアウーマンの娘家族と同居・・主婦業を仕事として極める友人。等々。


未亡人友人達からあふれ出る魅力
好きなことを極める生活・・・自然に・・魅力がにじみ出る。  『重厚な魅力』。いぶし銀の魅力。 
あれもこれもと迷う若い時・・努力で・・魅力を作り出そうとする。 『上っ面な魅力』。ネオンサインのような。


『一人住まい』
秋明菊のように・・悲しみを乗り越えて・・凛とした潔さの魅力を出したいものです。



**********

記録
毎朝の14kmラン。 付加を付け猛スピードの14km自転車。 違いを試してみた。

 今日・26日:自転車:14km








 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2人の兄と私

2011-10-25 11:00:00 | 私のこと

19日に突然この世にさよなら。逝った『次兄』のイメージ。禅宗僧のような・・。

私には3人の兄がいる。今日は2人の兄の話。


突然逝ってしまった『次兄』の喪に服した1週間を、今日まで過ごした。長兄と共に。忘れ得ぬ1週間となった。


『次兄』
私の成長に、精神的にも物理的にも、多大な影響を与えた兄。先日のブログにも書いた。

大学時代から・・頻繁に・・座禅に通った。何日もこもったりして。寺周りも、好んで、した。私を誘ったりして。
結婚してから・・壮大な変化を見せた。愛する妻に合わせる人生を築いた。

1週間前・・最後の影響・・身をはっての教えを、私に遺して逝った。その顔は禅宗僧のようだった。

  直接でなく・・遺した生き様の影響。私の心にズシンと、今も、語りかける。


『長兄』のイメージ。 ふっくらと。 親分肌のような・・。

私たち兄弟の、本人も自覚する、柱である。 小さい時から今に至るまで。


『長兄』
兄弟のゆるがぬ柱である。 責任感と正義感の塊。 長男であることを忘れることのない人生。

「僕は、考えに考えた後での、無宗教者である。」と言う。
「日本の習慣にあわせての仏式葬儀をおこなうことは、僕の場合は、仏教信者に失礼なここと思う。」と言う。

長男としての役割を、自分の信念に反しても、両親の望みに合わせてこなす。
宗教色強かった両親の大きな仏壇を守る。毎朝の線香を欠かすことはない。
 
 直接ではなく・・生き様の影響。私の心にズシンと、いつも、語りかける。



『私』のイメージ。 兄を慕い兄の影響を受ける。 

小さい時から・・今も。 兄達の足跡を踏む。


  影響を与えてくれる兄達に・・深い感謝の念を抱く私


自宅に戻る、今日の新幹線の中で・・
私も、『人に影響を与えることの出来る人としての人生』を送りたい。・・強く願った。
今日も、読書とデッサンの車中。・・お粗末なデッサン。今日もお見せします失礼。お許しを








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本

2011-10-22 08:00:00 | 私のこと
 
デッサン  『女性像ー1』


『松本』
松本といえば・・何を思い浮かべますか?

漆黒の松本城。そば粉100%の灰色の蕎麦。浅間温泉。美ヶ原。信州大学。。。。。

私にとっての松本・・
娘家族。それが思い浮かぶ一番で最後。それがすべて。後は付属品。てのは・・ちょいおおげさですが。

今朝も8時:梅田発:『松本行』バスに乗る。
5時間45分。 高速バス大好き・・誰にも邪魔されることなく本が読める至福の時間 長さが気になることはない。


今日の高速バスの旅
少し様子が変わった。読書だけでなく・・デッサンタイムも設けた

「平山郁夫は、旅に出ても、絶えず至るところでスケッチをする。
それは常に新鮮な眼と手の感覚を保つためである。
・・・・・・・
また平山郁夫くらいスケッチの速い画家も他にはいないだろう。
五分、十分と、その与えられたあるいは許される時間内に、モチーフを選択し最小限に必要な線から始めて、それぞれの対象を的確に捉えていく。
・・・・・・・
スケッチの技術を修得するには、『訓練しかありません。』
・・・・・・・
『デッサン力を身につけるには人物を描くのが一番勉強になりますね。』

 
デッサン  『女性像ー2』


巨匠:『平山郁夫の言葉』に忠実に・・

今日の高速バスの中・・読書にデッサンを加えることにした。
17㎝×10㎝四方の小さなスケッチブックと4本のデッサン鉛筆を持って・・。いっぱしの画家気分。


10分間だけ・・巨匠:平山郁夫のデッサンを真似てデッサン。10分以上の時間はかけない。10分に制限した。
1時間・・・本を読む。面白くて・・1時間ではやめられない。でもやめて・・。
デッサン&読書。  デッサン&読書。 4回繰り返した。



デッサン  『女性像ー3』

孫姉のイメージです。


たったの3枚を描くだけで・・いろいろ分かることがある。眼の描き方。影の入れ方。。。。等々。 初歩なりにも分かる。

デッサン  『女性像ー4』

孫弟のイメージです。


デッサンをして・・本を読んで。瞬く間に5時間45分経過。
  ”もっと乗っていたいよ~!!”

 
松本到着。娘は仕事。パパと姉と弟のお迎え

  ”デッサンも読書もどうでもいいわ!” 姉と弟とハグハグハグです




*********************
私がブログを描き始めると・・・。

「私も・・」「僕も・・」  一つの絵文字を解説付きで選び・・ポッチン。
孫の 姉と弟のブログです。 よろしくお願い致します。 ご粗末様です

←めぐ&賢(姉と弟です)←早い新幹線!大好き!



←泳ぐペンギン大好き!←パパの好物です←大好きなママにお手紙です

おじいちゃんの体操です→




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖書

2011-10-21 14:00:00 | 私のこと

『聖書』 人間模様を写し出します。

・・聖書1ページ1行目: 『初めに、神は天地を創造された。』
最後のページ最後の行:『主イエスの恵みが、全ての者と共にあるように。』


聖書の魅力に取りつかれた女・・それは私です。


今日は金曜日
聖書通読会の日です。 全聖書を通読するのに3年半かかる私たちの聖書通読会。


新しい聖書通読会
今日スタートした。 13名が集まった。
毎週金曜日に13名が集まり、3年半の長き間、当日の聖書通読箇所の読んできた感想を述べ合う。 それだけ。
3年半の長き間、欠席は許されない。途中参加も許可されない。やむおえず欠席のときはレポート提出が義務である。
欠席の許されない3年半というきまり。 始めるにあたり・・参加者は、尋常ではない、覚悟をする。


覚悟のスタート
毎週の聖書の通読箇所。かなりの速さで読み進みます。・・・マラソンの日々の練習ランのように。
毎週の通読箇所の感想発表。かなりのプレッシャーがかかります。・・マラソンの集中練習のように。
3年半後の完読の喜びと自信は、読み終えた者だけに与えられる特権です。・・マラソンの完走者のように。
・・聖書通読は・・その過程においてもゴールにおいても・・全くマラソンのようなもの。と言われます。


ランニングハイ。  そして  聖書通読ハイ。
ラン練習中・・「う~ン! これはいける! いくらでも走れるような・・!」 心の高揚感が生まれる時がある。ランニングハイ状態。
聖書通読中・・「う~ん! これなのね!」神の救いの言葉を、より一層深く知り、味わう喜びの体験をする時がある。聖書ハイ状態?


『すると、二人の目が開け、イエスだと分かった。』  理解と納得です。
          ルカ福音書24章31節


『納得』
人間として・・何事でも・・『納得』の瞬間は、生きている喜びの時である。
  『納得』の繰り返し=生きている喜び。 生きている幸せ。


聖書通読において
『納得』の瞬間を、神の恵みとして、繰り返す私。生きている喜びの瞬間を、繰り返します。


    聖書の魅力に取りつかれた女・・それは私

  喜びと期待と覚悟のうちに・・今日から9回目の聖書通読突入です

『道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか。』
             ルカ福音書 24章32節




++++++++

記録

 21日:14km。 10月合計:177km

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完走祝賀会・・『挑戦』

2011-10-20 12:00:00 | スポーツ・ランニング・自転車・水泳・・・

完走祝膳です 情熱の祝いです 
・・情熱の色・・ピンクのロゼです


若い友人・・
2度目のフルマラソン『挑戦』 前回より1時間10分も縮めてのゴールでした 勝利でした


    祝いだ!!  祝いだ!!

集まりました。10人。明石大橋を窓一面に絵を見るように眺める完走者のお宅で。 


    持ち寄りパーティーとなりました

モッツァレッラチーズ。散らし寿司。焼き豚。炊き込みご飯。牛肉煮物。サンドイッチ。枝豆。生チーズ。ケーキ。チョコ。ロールケーキ。等々。
    主婦パワーの結束はすごい。 男性も2人参加でした


      
  カクテル・・作る作る・・飲む飲む

私・・完走者の希望で・・お読みくださっていた私の夏休みのブログのカクテルの再現です。
   ブラッディ・マリー  ソルティ・ドッグ  ウォッカマーティーニ
  
  明るい時間のカクテル・・大人だけに許された『大人の時間』


『挑戦』
言葉の響きだけで・・ワクワクします。挑戦は良い。
未来のゴールに向かって・・自己統一。自己抑制。自己集中。・・の日々。 挑戦は良い。
ゴール到達・・・充実感。達成感。ゴール到達した者だけに許される・・自信。 挑戦は良い。
未来志向・・・今に留まっていては、ましてや過去に留まっていては、挑戦のゴール達成はない。前に向かって・・。 挑戦は良い。



 個人で戦い・・仲間で勝利を祝う
   戦いも祝いも人生の喜びです



**********

皆様!

私のつたないブログをお読み下さり・・心より感謝申し上げます
お読みくださる皆様に励まされ続ける事が出来ます・・感謝申し上げます

60歳台の一人間として・・日々大切にと過ごす日々。

そんな日々のあれこれ・・これからも綴ってまいりたいと思います。

 よろしくお願い申し上げます


************

記録

ばあちゃんアスリート・・今朝も・・明日の挑戦に向けて・・一人走ります


 20日:14km。 10月合計:163km








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加