マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

新しい携帯電話

2007-08-31 23:37:56 | 父の日。母の日。結婚記念日。
      「DRAPE」! 今日からの私の相棒!

[au]携帯電話が、「誰でも割」、新料金サービス、「基本使用料いきなり半額」、9月1日より新登場

主婦の私が、この広告を、見逃すはずがありません
サービス開始日の9月1日より適用しようと、8月31日の今日、手続きに行ってきました。
手続き順番を待つ間に、店の壁に貼ってある、『機種交換0円』も、見逃しませんでした
「0円商品」の一つは、「テレビ電話機能」付きでした

私は、とっさに考えつきました  「あッ!!この機種なら、メグちゃんと、お顔を見ながら、お電話できる!! これに、機種交換しよう!」 ってね。
手続きしている時は、メグちゃんとテレビ電話をしている私を想像して、にやにやでした

「DRAPE」は、「アールデコ全盛の時代を彷彿させる造形と、オーセンティックな質感を持った携帯」だそうです。  意味がよく分かりません
私にとっての「DRAPE」は、 「メグちゃんと私が、お互いの顔を見ながら話せるので、メグちゃんとのコミュニケーションが広がる携帯」ということです!!
あ!!忘れてた!!  メグちゃんは、今日やっと4ヶ月になったばかりだった
メグちゃんと、携帯電話で話せるのは、何時になることやら
でも、メグちゃんは、今、コンピュターの特訓()を受けているので、携帯電話を使えるようになり、バアバと話しができるようになるのも、もうすぐのはずです
更に、メグちゃんも、同じ機種の携帯電話をもたなければ、テレビ電話おしゃべりは、出来ないのでした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「青春18旅行2007年夏版」・・中央北陸の旅

2007-08-29 22:10:39 | 父の日。母の日。結婚記念日。
私の季節毎の恒例の、「青春18切符の旅」を、”18旅行の相棒”と、今日実行しました。

「青春18切符の旅」の私の楽しみ方の一つは、今日はこの『鉄道』と決めると、その『鉄道』沿線の景色の気に入った駅で途中下車をしながら、下車した景色の中に入り込み、『その場所』を楽しむのです

昨夜の雨と雷の後の晴れ間の今日のテーマは『北陸本線』・・・山々はその山頂を霧の王冠をかぶり、木々は露にぬれ、湖は空の青さに染まり、空気も澄みきり、気温も下がり・・・・と、私の期待を上回る楽しい旅となりました。
朝6:45明石駅出発・・・夕方6:53明石駅帰着・・・・ちょうど12時間の旅となりました

6:45明石駅で、18切符に、相棒と私分の、2個のスタンプを押してもらい、米原行きの新快速に乗り、旅の始まりです  8:55米原着  米原で、列車の後ろを切り離し3両編成にすると、今日の目的の、『北陸本線びわこ線』となり、琵琶湖の最北端を目指します。
『北陸本線』は、車窓に見える、山々の緑とそのすそ野の黄金色に輝く田んぼとその間の素朴な民家の薄茶色の、3色に広がる景色を、楽しませてくれる列車です。
琵琶湖最北端の『余呉駅』まで来ると、その素朴で美しい景色に呼ばれて、「降りよう!!」と、飛び降りました!!
いつもとうり、下車駅駅員さんに、次の列車の時刻と周りの観光名所をたずねます。  小さな「余呉駅」の駅員(駅長?)は、可愛い小さな主婦のような普段着(!)の女性で、一人で切符切り案内と、すべてをはんなり(!)と、こなしていられるのが、とても新鮮な印象でした   47分後の列車と、余呉湖一周40分のサイクリングを薦められる。 レンタルは、1台300円。  思いもかけなかったサイクリングとなりました。

「余呉湖」は、秀吉が、湖が血潮で紅に染まったと伝えられる大激戦の末、佐久間盛政を壊滅させ、その足で、柴田勝家を追いつめ、勝家をお市の方と共に自害させ、信長亡き後の混世を治め天下を取る、天下分け目の合戦の地となった湖です。
歴史の重さに感謝の頭を下げ、歴史に思いを馳せながら、昨夜の雨で山頂から霧がそそり立つ山々の間に広がる小さな湖の周りの「中央北陸自然道」を、その美しさに胸に込み上げてくる物を感じながら、走りました。 感謝!感謝!

10:18「余呉駅」発 『北陸本線』に再び乗車。 路線を戻り 10:45米原駅着・・・・ 11:00米原駅西口発バスに乗車 11:27醒ヶ井養樽場(さめがい ようそんじょう)着。  体を包み込む、醒ヶ井渓谷の、どこまでも伸びる杉の深い緑の中で、散策を30分間楽しみました  名物の、鱒の甘露煮を忘れずに買い、11:58発のバスで再び、米原駅に戻る

旅の楽しみは、駅弁  駅弁通には有名で、なかなか手に入らない、米原駅ホームで井筒屋が売る「近江牛ホカ弁」を、幸運にも1個ゲット出来ました! (昨年の冬の青春18旅行で、雪の湖西線を回る旅の時には売り切れでした) 近江のもう一つの名物の「鱒寿司」駅弁を買うのを忘れませんでした!

1:20再び『北陸本線』の乗客となり、列車で叉もどり(同じ路線を行ったり来たり!!)、1:20「河毛駅」着・・・・ 車中から電話で予約しておいたタクシーに、駅前から乗り、 1:30「小谷城跡」入り口に到着

小谷(おだに)城は、浅井家三代の居城で、1524年(大永4)、小谷山の山頂付近に築かれた山城。
三代目浅井長政に自分の妹のお市の方を嫁がせた織田信長と浅井長政の、姉川の戦いで、浅井家が滅んだ後、落城。  城は、信長によって、豊臣秀吉に与えられましたが、秀吉はそれに見切りをつけ、今浜(現在の長浜)に城を築いたために、そのまま廃城となってしまいました。 小谷山全山におよぶ城は、今では石垣や礎石などを残すのみで、跡の遺構から、当時の面影を偲びます。 小谷山も、「中央北陸自然道」の一部でした。

長政と博幸で絶世の美女と言われたお市は、4人の子供を生みます。信長は、落城の際、自分の甥である、長政の長男・万福丸を、関ケ原で磔にし、妹のお市の夫・長政には、自刀を命令し、浅井家直系の男子を絶やします。  お市との間に、4人の子供が出来、自刀した長政は、享年29才でした
娘3人の、長女の茶々は、17才の落城の際、妹に「そなたたちは、名族・近江浅井家の姫ぞ、見苦しき振舞があってはならぬ」 とたしなめたといいます。 豊臣秀吉の側室(淀殿)となり、秀頼を産みます。秀吉没後、秀頼のお袋さまとして大阪城に君臨し、権勢をふるいました。
次女お初は、六万石の大津城の城主・京極高次に嫁いで、「京極マリア」として、キリスト教の宣教に力を尽くされました。村の殆どの人が、キリスト教信者となるほどの影響力を与える人物になられたようです。
三女おごうは、徳川秀忠夫人となり、家光、忠長、千姫(徳川家と一豊臣家の架け橋として、7歳で、いとこの秀頼に嫁ぐ)、福門院(後水尾天皇中宮、明正天皇の母)等をうみます。
三人は何れも、後世に名を遺します。 後に心ならずもこの三姉妹は、大坂の陣で東西の敵味方に別れることになります。  戦国の動乱の世に翻弄された人物が生活した、「小谷城跡」です。

「小谷城跡入り口」から、「小谷城跡」までは、片道50分の、ハイキングとなります。
1:30~2:00  まずは、米原駅で準備した、駅弁2つと鱒の甘露煮の、近江名物づくしの昼食です。 「近江牛ホカ弁」は、弁当箱についたひもをひっぱりだすと、内臓された発熱ユニットが働き、ほかほか弁当に早変わり!!
眼前に広がる、癒される草原を見ながらの昼食は、格別美味しい!!かったです

2:00~4;00 結構厳しい上り坂を40分登ると、やっと「小谷城跡」に到着。そこからは、琵琶湖が見え、「竹生島」も一望出来ました!!
信長から秀吉が「小谷城」をもらっても、すぐに棄てて、木材だけを運び出し、琵琶湖湖畔に「長浜城」を築城したのが分かります!
素晴らしい早さで小回りのきく早業を得意とする秀吉にとって、あの高所の城は、あまりに不便です。
城跡は、本丸の石塀が少し、部下達の供養塔、長政の自刀場所、会議場跡、等々が残る山でした。 「歴史上の人物の悲しい霊が、沢山いる山ね」と、相棒と私は、諸霊のために、祈りを捧げました
「4月に熊が出没」と「熊出没注意」の二つの立て札に緊張しながら、熊よけのために(役立つ?)大声でおしゃべりしながらの、私達二人しかいないハイキングとなりました
「小谷城」に住んでいた歴史上の大人物の冥福を祈り、深い山を楽しみ、琵琶湖と近江米の田んぼの眼下の景色を楽しみ、登って来て歴史を実感出来たことに感謝し、山を降りました。 感謝!感謝!

10:04「小谷城跡」からバス・・・ 16:16 「河毛駅」に再び戻る。
16:25「河下駅」発の播州赤穂行きの新快速に乗ると、『北陸本線びわこ線』を、行ったり来たりで2往復した、感謝と感動の、「2007年夏青春18旅行」が、終わりです。
18:53 出発駅の明石駅に戻りました。  さあ、冬の18切符では、どこに行こうかな

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「失われた信頼を取り戻す」内閣改造で首相が記者会見

2007-08-27 22:39:28 | 父の日。母の日。結婚記念日。
今日、阿部新内閣が発足しました

今回、幹事長になられた麻生さんが、「ぶっ壊された自民党を建て直します」と、言うのに反し、
阿部さんは、多くの国民が支持していないのを横目に、「国民は私の改革路線を指示している。」と、言い切る。

そんな、阿部さんを、どう考えればいいのでしょうか?

憲法9条の見直しでも、
「私の改革案を国民が指示している」と言いきる阿部さん。

「憲法9条」の、改正に反対している国民は、半数を大幅に上回ると、世論調査を、毎日新聞がした結果です!!!

私の一点は、『憲法9条』を、守りたいだけ!!!
『憲法9条』だけに焦点を合わせて、阿部新内閣を見守って行きたい!!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車交換時期?

2007-08-26 16:04:49 | 父の日。母の日。結婚記念日。
私の愛車に、またもや、問題発生!!

ファンベルト取り替え、バッテリー取り替え(04年に交換)、ABS警報機常時警報状態、の3大問題が出て来ました。
04年時のバッテリーは26250円。 ファンベルトは25000円? ABS警報発生による故障修理は12万円? 今回の修理合計は、合計18万円?
昨日、行きつけの自動車修理会社に、愛車を預けました。 見積もりを頼みました。
大好きな愛車は、ローバーのカブリオレ。 12年物で、約10万Km乗りました。 私の愛車は、すでに老体なのでしょうか 

私の愛車ローバーは、これも私の大好きなイギリスの乗用車。  そのローバー社は、2005年、社の経営破綻に伴い消滅しました。 現在、ローバーのブランドはフォード社が所有するが、ローバーの名前を冠する乗用車は製造・販売されていないそうです。
そんな事情で、ローバーの修理は、部品探しから始まり高く尽きます。  ちなみに最近の娘のBMWのパワーウインドーの修理は21289円でした。同じ修理を2003年にしたのですが、ローバーでは、54180円かかっています
手放すことを考えると、淋しいですが、破綻した会社の車を持ち続ける馬鹿もいないでしょうとも、考えています。
部品調達には、時間がかかるし、値段もとても高い。 12年も乗ると故障も多いことですし。

今回の修理予算を18万円と見ていますが、いくらになるか分かりません。
修理費の見積もり次第で、廃車にしますと、自動車修理会社には、話しておきました。
いくらを境に、廃車にするのか? 
廃車にすると決めた場合、次の車を何にするか? 一時冷めていました、車を巡っての、夫婦のバトルの、再会です
今は、夫はエスティマ車です。私はカブリオレ車です。 二つの車の買え替え時期が同時に来ました。
老夫婦で、2台の車の必要もなかろうとも考え、1台にしましょうかとも話しています。
しかし夫婦の、車の好みがハッキリしていて、両者に妥協点が見つけられないのです
たかが車にこれだけこだわるのは、どうしてなのかしら?  人は、何かにこだわってこそ、その人らしさが出るのですよね・・・こだわりは、人生を豊かにしますよね 人から見れば、くだらないことですが、こだわれる幸せを感謝しています
見積もりが安ければ、又又、バトル休止で、「重い問題は一時見送り」と、お互い笑って通り過ごす
見積もりが高ければ、バトル必死です  さてさて、どうなりますか
皆さんも、夫婦バトルは長引かせず、解決策を早く見つけて下さいね
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

二人だけのバーベキュー!

2007-08-25 22:10:51 | 父の日。母の日。結婚記念日。
結婚以来、何回、バーベキューをしたことでしょう!!
家族と・・友人も一緒に・・子供の友達と・・と、数え切れません
一番多い時は、娘の友人が20数名で狭い庭にひしめいて、食べたっけ!
子供達や、友人達や、沢山の仲間で、バーベキューを楽しむのは、夏の絵日記のような一こまです。
思い出すと、絵日記のように、あの時、その時と、懐かしく楽しいシーンが目に浮かんで来ます
そして今日は、初めての夫婦二人だけでの、バーベキューとなりました
香取線香を用意して、うちわも用意して、火もおこり、庭の電気をつけて、庭に出て見ると・・・
日中の暑さが嘘のように、涼しい秋風が、さわやかに庭を流れています。
庭に降りて、毎日の暑さで良く見てもいなかった庭を眺めると、キキョウの花の隣には、萩とススキが今にも咲こうと、紫の蕾とスーと伸びた穂を出しているではありませんか  
そして更に、静かに耳を澄ませば、秋の虫の鳴き声も聞こえて来ました
一時時が止まったような感じで、「お~!秋だ」ってな具合に、夫婦顔を見合わせながら、秋を告げる可憐な透き通るような虫の声に、聞き入りました

昨日友人から戴いた牛肉を炭火で焼き塩胡椒で美味しく戴きながら、、嬉しい今年初めての”秋の夜長” です
子供達とにぎやかに楽しんだバーベキューとは、ひと味違った、周りの自然を楽しみながらの大人のバーベキューとなり、涼しい秋風の中で、終わりのないおしゃべりを楽しみました
しばらくすれば叉、今度は、孫達と、そして孫の友達と一緒の、にぎやかで楽しいバーベキューの時が、巡ってくるのでしょう・・・と、今から楽しみです



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残暑お見舞い申し上げます!

2007-08-24 22:17:12 | 父の日。母の日。結婚記念日。
再び、残暑お見舞い申し上げます

今年の猛暑の8月も、いよいよ残すところ、1週間になりました。
今年の猛暑の為に、熱中症で亡くなった方が、24名にもなったそうです。
来週は再び、猛暑のぶり返しがあるそうですので、お互いに気をつけてまいりましょう

今日、友人が残暑見舞いに、家を訪ねて下さいました。
「家にいる? 残暑見舞いに、ちょっと行くわね。」と友人からの電話
残暑見舞いの葉書は数人の友人から戴きましたが、残暑見舞いにわざわざ、訪問下さるというのです
「残暑を元気に乗り切るには、やっぱり食事よ!」と、鰻ではなく、牛肉を持ってきて下さいました
美しい牛の霜降りの焼き肉で、薄切り肉の2~3倍の厚さでステーキ肉の半分ほどの厚さの薄切り肉でした。 
「焼き肉にして食べてね」と、友人は言い残して帰っていきました。 
お肉を見るだけで、元気が出ます  有難う
今日の全国的に夏の暑さ復活で、各地で猛暑日復活でした。 神戸も37.9度まで上がりました。
夫は、この暑さの中、ゴルフの一日でした  暑さにも負けず、「81」で回ったようです
私は、この暑さの中、音楽をアイポッドで聴きながら、徹底大掃除の一日でした
今晩は、夫婦で、汗びっしょりの一日の後は、枝豆で生ビールがグイグイとすすみました
明日は、頂いたお肉を、最高の状態で戴きましょう
どなたかと、バーベキューで頂き、夏を乗り切るスタミナ源にしましょう
残暑を乗り切るには、食事も大事! そして、二番目には、睡眠も大事です。 ではお休みなさい 




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『one year without 「made in China」』

2007-08-23 06:03:23 | 父の日。母の日。結婚記念日。
『「中国製」を買わない一年間』 という米国主婦の書いた本が、米国でベストセラーになっているそうです。

主婦の作者は、中国製品の安全性への信頼が持てなくなり、安全確保のために「中国製品」を買わない一年間に挑戦したそうです。
しかし、靴一つにしても、イタリア製靴 (靴といえば、世界にイタリアと言わせる程のイタリアの実力が素晴らしい) は、中国製の3~5倍もするという現実の中で、高品質で安い中国製品を買わない一年を、断念せずにはいられなかったと、語っていました。
現実には、豊富な人材を背景に、低価格と高品質を守れる中国は、「世界の工場」となっています。  その製造会社は、零細企業なのだそうです。 貧富の差が非常に大きな中国では、零細企業の企業主は、「生きる為に、製品の需要があるのだから、コスト削減や利益を優先し、安全性を二の次にして、どんどん作ります。」と、はっきり言っていました。

米国主婦は、自分の安全のために、中国製品をボイコットする一年間に挑戦しましたが、・・・挫折しました。
私はどうでしょう・・・中国製品の不安全性にどんな形で挑戦していていくべきかか・・・考えました
恥ずかしながら、私は消費社会にどっぷりつかりきって、私ののクローゼットは、一年間袖も通さない洋服も含め、いっぱいです。 
しかも、その中の大きなスペースを占める大好きな米国ブランドの製品は、中国製も多いのです。  大好きな米国ブランドが、中国製だと安く、どんどん買っていました!・・・反省!
私の挑戦は、先ず手初めに、このクローゼットの洋服の数を減らすことから、初めなくてはならないのでしょう。
そして、大好きな米国ブランドの衣類の購入の時は、米国製品を探すと決る!・・・「出来るかしら?とても高いのよ!」・・・本の作者の米国主婦のように、「無理かも」と、私の心も応えています・・・せめて日本での製造品を買いましょう
そのブランドの米国製造品は、高値の為に買う人が少ないのでしょう・・・神戸の百貨店のそのコーナーは、なくなりました

ヨーロッパや北欧の人々は、消費文化に負けることなく、高くても自国製品を買うことにより、自国の製品の向上に努めると聞いています。その高品質製品は、どんな低価格高品質の製品が上陸してきても、低価格商品以上の購買量を保てる実力製品、だとも聞いています。

消費社会の代表者の様な米国人や日本人が、北欧人の様な考え方に成長するには、年月がかかることでしょう。
でも、私も、先ず一歩から挑戦してみましょう 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秋到来!

2007-08-21 21:44:08 | 父の日。母の日。結婚記念日。
まだまだ暑い毎日ですが、秋は確実に近づいてきています

朝の散歩時のセミの合唱が、小さくなってきました・・
朝のラジオ体操に、秋新学期ののスタートが上手くいくように、小学生が戻ってきました・・
今朝、赤とんぼが飛んでいるのを、見ました・・
中国産(!)の松茸が、野菜屋の店頭に並び始めました・・
百貨店のマネキンは、すっかり秋の服を着ています・・
テレビから、ビールの宣伝が消えました・・
そして今日、私は北海道の新物のサンマを食べました・・秋到来です

皆様・・残暑お見舞い申し上げます
今年の夏も終わりに近づ行ってきました。  やり残したことはないですか?
私は夏休みの計画通りに、家中の徹底した掃除をしてきましたが、いよいよ残るは、家の外壁の大掃除です。  
まだ間に合いますよね?   やり残しのないように、夏の残りを謳歌しましょう
でも、暑かった日々の疲れがたまって来る頃ですので、どうぞごお体も自愛下さい。
そして、確実に近づいている秋を、お元気で充実感に充ちて迎えられますように、お祈り致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸ツアー

2007-08-20 22:22:00 | 父の日。母の日。結婚記念日。
神戸といえば、何をイメージしますか?  神戸に旅すれば、どこに行きたいですか?

夫の大学の同期会が、10月早々に神戸で開かれることになりました。 
「神戸同期会」の、計画者兼世話役兼幹事役を、夫が仰せつかりました
東京からも九州からも、沢山が集まります。  お世話は頑張っていくらでもしますが、食事処、宿泊場所、翌日の案内場所・・・と決めるのが大変なことです

神戸のイメージといえば、六甲山、有馬温泉、パン、神戸牛、異人館、神戸港、JAZZ,神戸大震災・・・。
食事処と宿泊が決まりました。 六甲山でのゴルフ組も決まりました。 次は、「神戸ツアー」です。
ともかく、神戸らしい各地を巡ってみることにしました。 私にとっては、ラッキーってとこで、夫に体験同伴することにしました

まずは『パン』・・・かの吉田首相も、神戸のパンが大好きで、神戸から東京にパンを汽車で運ばせてたといいます (贅沢過ぎる
日本のパンの発祥の地とさせた、ドイツ人が神戸で店を開いた「フロインドリーブ」が、今はその孫の3代目の女性社長で、健在です。 昔から変わらない、6時間製法、無添加、レンガ窯焼きパンです。 
そんなフロインドリーブの、自家製のローストビーフ(神戸牛!)とデミグラソースとマスタードソースで出来た、オリジナルローストサンドを、昼食に、ちょっと女性っぽいかと思いましたが、ともかく下見試食してみることにしました
お味はとても良く、1928年に建てられたゴシック様式の教会を改築し、2Fの礼拝堂をカフェにしたおしゃれな空間での昼食とおしゃべりは、とても楽しい一時です。・・・しかし、中年おじさま方だけでの昼食場所にふさわしいのでしょうか?・・・難しい~

次に『神戸港』・・・港神戸を楽しむのは、クルージングでしょう!!
大きな舟中から、ピアノとフルートの生演奏を聴きながら、美味しい料理とビールを頂きながら、港神戸の街並みや六甲山や神戸空港や世界一の明石大橋を眺めるのは、とてもロマンティックで楽しいです。・・・しかし、中年おじさま方だけで行く場所でしょうか?・・・難しい~

遠くからおいで下さる友達に、神戸の旅を、十分に楽しんで頂きたいものでが・・・沢山の男性だけのコースを決めるのは本当に難しい  何か良いアイディアーがありましたら、お知恵拝借させて下さい
今日訪ねた2箇所は、恋人同士で、夫婦で、あるいは家族で、行くのにふさわしい所かもしれません。  
・・・・ってな訳で、お陰様で、私は夫と二人で、超楽しい一日を過ごしました 
残りの、『JAZZ』のお供が、楽しみです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3丁目自治会 と自治会費

2007-08-19 23:46:09 | 父の日。母の日。結婚記念日。
「自治会内の連携を深めることにより、安全で、安心で、住みよい町になりますように、皆様方のご理解とご協力をお願いします。」 と明記されている自治会です。

3丁目全住民で、自治会を作っています。
自治会役員としての仕事が、8年に一度位に頻度で回ってきます。役員になると2ヶ月に一度の会合があり、総務部、住宅環境部、文化体育部の各部での課題を協議します。・・・が、各部は、「自治会内の連携を深めることにより・・・・」と、明記されている割には、皆さん、なるべく仕事を少なくと考えており、協議する程の大事も殆どなく、集会は短時間で終わります。

全体の自治会の下に、近所の48軒で、活動グループが作られています。
近所グループの仕事は、生ごみステーションと荒ごみステーションのゴミ収集後の掃除が年に計3回程、だけです。
「絶対に自治会の仕事はしたくない」 との申し出が、48軒の内の2軒から以前にあり、その申し出を却下する決まりもないので、そのままに長い年月が過ぎています。 と、昨年度の自治会役員の私達に、連絡事項がありました。
その二軒の住民はの一軒は、4台も車を持つ、おじいちゃんから幼稚園生と犬までの元気な、大大族です。   もう1軒は、大きなグルーガーとセダンを持つ、中年両親と二十代の息子娘と犬の、元気いっぱいな家族です。
高齢の家庭やお病気の家庭からの、仕事が出来ないとの申し入れなら、何の問題もありません。
しかし、この元気で成人いっぱいの二軒からの申し入れは、いかがなものかと思ってしまいした。 そんな人もいるのだと、驚きました。

自治会費を、1軒1年間で、1800円集めています。
使い道は、回覧板等の事務費、交通安全の標識板、敬老の日の鉢花プレゼント、死亡者への5000円の弔費、年1回の親善の為のオリックス野球観戦費、位です。

「自治会費も納めません。」 とこの度、「自治会の仕事はしない」というクルーガー家族からの申し出がありました。   「ごみは神戸市が集めに来ているのだから、その経費は私達が神戸市に払う税金で賄われています。 しかし、ごみ収集場所の掃除は、自治会の人がしているので、地域のごみステーションには、私達のごみは今後捨てません。  親が近くに住んでいるので、ごみは、親のごみステーションまで持って行きます。」 との、申し入れでした。
自治会役員で、討論しても結論は、「それでよしとしましょう。次期役員に、伝達事項として残しましょう」 でした。
「ごみは捨てません。」 と言うなら、「大きな犬の散歩をさせて、フンをするのは、如何お考えですか?」 と、聞いて見たいものと思いましたが、言いませんでした。
「人には、いろいろの考えがあるのね」では済ませられない、と思ってもみます。
でも、その方と膝を交えて、話し合ってみましょうとも、思いません  私が逃げているのかしら
「自治会内の連携を深めることにより、安全で、安心で、住みよい町になりますように」のスローガンは、宙に浮いていますよね? これが、今の世の中の現実だとは、私は思いたくありませんが、私が間違っている
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加