マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

ある日の食事・・

2011-11-29 15:30:00 | 旅行。海外旅行。

  朝食・・・『朝食バイキング』      果物とサラダはじいさんと2人分。 1730円/1人

宿泊ホテル・バイキング
食べ放題。時間制限なし。世話係のフロアーの男性達接客も丁寧。
秋の観光に最適なホテルだけに満室とのこと。バイキング会場もバスパック旅行者でいっぱい。

でも・・
バイキングで満足する年は過ぎてしまった私。
和食だけで抑えた。 
納豆と山椒ちりめんとご飯とお味噌汁でいっぱい・・。新鮮果物は良かった。



  そして昼食・・・・


  『びっくり刺身定食』     1日2食限定  驚きの1000円 

 今朝の漁の魚をさばき・・豪快に盛り付けされた刺身  
        絶品  舌鼓を打って


宿泊ホテルの昨夜の夕食レストランのマネージャーさん
「明朝・・必ず・・境港の朝漁の並ぶ『新鮮市場』にいらして下さい!」と。

「市場の中の山芳海産さんの経営の食堂にもよって下さい。
そして・・1日限定2食の『びっくり刺身定食』を食べたください!」 とも。


今朝10時半
マネージャーさんのお勧めを訪ねるべく・・美しい紅葉の山道を海辺へと・・フッ飛ばしました


マネージャーさん
「限定2食ですからね!・・開店30分前には並ばないと食べれませんよ!」
「その量の多さに・・びっくりですよ! 1人では食べ切れませんよ。お2人で1食で十分ですよ!」 とも。

じいさんと私
35分前から並びました。 やりました!! 一番乗りでした!!
他のお客さん
次々と・・あっという間に並びます
私のすぐ後に並ぶご夫婦
「お宅様!! 本当に1食でいいのですか? ご主人さんの分の1食を譲ってもらえるのですか?? ありがとうございます!!」と大喜び


   うわさの・・『びっくり刺身定食』

KIRIN non・アルコールビール。蟹味噌汁。蛸のぶつ切り。大盛りご飯。全部で1000円。

  『食べ残しは・・別料金を頂戴します』の掲示板

  今朝のとれとれ魚の数々 絶品刺身です。
「量にびっくりして頂いて・・おいしさに喜んで頂く。それが嬉しいいんです。」と店主さん。


「びっくりしました。おいしかったです。」 「ご馳走様でした」


山芳海産さん『食堂』 季節限定丼  4種   ご紹介
 
  「全部食べたいね~!!」  
 
 皆様!!  
是非! 是非! お近くにおいでの節はお試し下さい。お勧めします! 米子駅近く。



   そして夕食・・


     『白いか刺身』

山芳海産さんの今朝の捕れたて白いか・・私の調理です



  旅は道連れ、世は情け

旅は楽し  日々も楽しい  人生も楽し







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違い・・

2011-11-29 15:00:00 | 旅行。海外旅行。

鳥取県の『大山』    じいさんが車で待ってる間の3分間のスケッチ     

       鬼女峠からの大山

  同じ景色を              写真で捕ると・・。



景色を眺めながら
スケッチしたり・・写真を捕ったり

同じ大山の景色でも・・私の眺める目に『違い』が出る。 とらえ方が変わる。
スケッチの時には・・山の険しさが目に入る。 写真の時は・・大山を包む美しい青空が気になった。
  その時々に生じる『違い』の発見は、新鮮な発見でした



同じ大山・・

  『険しい山肌』
夏山登山道から1,710mピークの山頂弥山を過ぎて・・一等三角点地点や最高点の剣ヶ峰の大山山肌。 けわしい。
稜線が両サイドとも崩落しており縦走は禁止されている。(しかし毎年無謀な縦走を試みる人が後を絶たず死傷事故が発生する)


  険しい山肌と一変・・まるで正反対の姿を見せる大山


  『穏やかな山肌』
夏山登山道から1,710mピークである、実質上の山頂弥山への登山道。  なだらか。

子供達が生まれる前・・じいさんと私・・大山に登山した。
子供も巣立った今日・・じいさんと私・・大山を眺めるだけ。  

 時が流れ・・
山は登るためのものだったが・・山は眺めるものになった。 変われば変わるもの。『違い』が生じる。
年代を重ねて・・大きな『違い』を確認された。 ちょっと驚きの・・そして寂しい確認でした



同じ大山への道・・

『美しい紅葉に彩られる景色』    色鮮やかなグラデーションの世界


   大山を囲む山道・・正反対の姿を見せる。『違い』

 
『葉も落ち寒々と白肌を見せる白樺林』   灰色のモノトーンの世界


山道も『違い』を見せる。  ”そうだな~” いやに素直に、『違い』を納得した



同じ山
見せる景色も・・現れる姿も・・まるで違う。 木々の育つ環境や山の置かれた環境によって。
同じ人
考えも・・興味も・・まるで違う。 育った環境によって。 私の場合は信仰の違いも大きい。


  『違い』は
豊かさではある。 同時に。。 悲しみと寂しさでもある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉  2種

2011-11-28 12:00:00 | 旅行。海外旅行。

  横山大観  『紅葉』             166、3×361,0cm


大観の作品の中でも、最も絢爛豪華な趣を持つ作品。大作。

六曲一双の大部分を群青に彩って、流れを表し・・
その上に白金(プラチナ)泥のさざ波を加えて、秋の清冽な自然を表している。

左半双は、画面を埋め尽くすような真紅に燃える紅葉を配し・・
右半双は、彼方に飛び去る鶺鴒が一羽・・人里離れた渓谷の風情を示している。                
                 『足立美術館大観選』 画集より
 

  左半双一部分

                 撮影禁止 (写真はネットより拝借)


       『紅葉』

  紅葉の時期にのみ、お目にかかれる『紅葉』 
  長年の憧れにお目もじ。 ただただ感激



そして・・・

『紅葉』を所蔵する 『足立美術館』


     『足立美術館庭園の紅葉』

 自然を借景に、四季折々の表情を醸し出す50,000坪の日本庭園。
  長年の憧れにお目もじ。 こちらも・ただただ感激




  どうぞ! 一部ではございますが・・ご一緒にお楽しみ下さい


   玄関でお出迎え下さいます紅葉



美術館の周り全面・・百景・・。 眺める全ての景色がそれぞれです。美しい。


 
日本の神々のふるさとと言われる出雲の国の恵まれた自然を借景に・・・。


   『枯山水庭園』

  

50,000坪の日本庭園  写せるのは・・・眼に入る一部分  全体は・・私の心の中に・・・。



   『景色』・・・切り取ってみました。


    
     『生の掛け軸』
「床の間にかかる生きた山水画をお楽しみ下さい」 との掲示。


『生の掛け軸』  その一         その二
 
あつらえた和室の床の間の壁に掛け軸大の窓があり・・窓から庭が見える設計。  楽しい

   

     『窓額の絵』
私が考えました・・「窓から見える生きた絵画をお楽しみください



    『窓額の絵』 その一


  
    『窓額の絵』 その二




    『紅葉 2種』 を楽しむ旅。

  『紅葉』 を夫婦の姿に重ねてみたり・・。

先人達の生き様。そして、自然に脱帽! 感激! 感謝!




そして・・ 『紅葉』 その三  いかがでしょうか?

   『我が家の紅葉』  
帰宅してみると・・真っ赤に紅葉していました










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待降節・・

2011-11-27 09:30:00 | 日々のこと。

我が家の玄関に飾られた『クリスマス・リース』
   今年からのクリスマス・ニューフェイス。でっかい。アメリカ産。



今日から・・
待降節。英語ではアドベント。キリスト誕生を待つ4週間。教会典礼の新年の始まり。キリスト教の新年のような。

今日のミサ・・
「待降節を、キリストの誕生を迎える意義ある喜びあふれる4週間にしましょう!」と神父の挨拶。
   嬉しいメッセージです

毎週の教会・・
1週間ごとにローソクが1本づつ増えて・・4週間後に4本のローソクが立てば・・
   嬉しいクリスマス・キリスト誕生です


4週間・・
忘年会。仕事収め。年賀状作り。大掃除。クリスマスプレゼントの買い物・・・。 等々。
師走。先生も走る!皆も走る!走る!走る! 忙しさに目の回る4週間でもあります。


  皆様!!
意義ある喜びあふれる4週間 楽しい今年最後の月12月 でありますように! 心からお祈り申し上げます

風邪をひきませんように 怪我がありませんように 日々楽しくありますように 
             お祈り申し上げます



そして・・
火事など決して出しませんように・・火の用心! 火の用心!




ピーポー ピーポー ピーポー ピーポー
今朝・・教会に向かう私の車の後ろから・・サイレンの音。消防車です 

なぜか??? 私は消防車によく出会う! あの時も。 あの時も


今日は・・消防車が後ろから来たので・・さすがの私も車を停めた。 消防車を先に通した。お先にどうぞ!!
その後・・私は、いつものように・・消防車の後に着いた。 
     
心が燃えた ”今日も・・消防士のほれぼれする手際良い作業が見れる!!” 大好き


 見事!!  


民家の前に到着到着と同時に飛び降りた! 一瞬のうちに・・2人は民家に飛び入った! 1人はホースを出した!!

  ”う~ん! すばらしい!!” お見事です。 消防士のほれぼれする作業を見ました

赤信号・・消防車は無視して右折&民家前に停車。私は停車。青信号に変わるまでの数秒にパチリ

    迅速な作業が・・人の命を。人の大切な家や財産を。救います。

消防士さん!!
ご苦労様です。感謝します


そして・・皆様!
くれぐれも・・火の用心! 火の用心!
くれぐれも・・楽しい有意義な年末をお過ごし下さい!!



**********
記録
11月27日ラン:14km。 11月走行合計:128km。

  今月の走行合計・・最低目標=200kmに遠く及ばず。 反省あるのみ。

明日から2日間・・足立美術館への旅。 走行距離の伸びるあてなし








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の絵 2点

2011-11-26 10:00:00 | 絵画。写真。

   『菜の花』 

友人の作品。日本画。
デッサンをし直し。し直し。・・色を重ね。重ね。 数ヶ月かけて仕上げる作品。重厚です。見事です。


土曜日の日差し穏やかな午後
友人の作品展に行ってきました。
72歳の友人。 高校時代より絵を続けておられる。 単純に数えても55年の実績。今は日本画。
続けることの実力と続ける人の魅力を、学ばせて頂きました。 感謝!

 
    『ユリの花』


私の作品。パステル画。
さっ!とデッサンし。さっ!と色を塗る。レッスンの2時間ほどの間に仕上げてしまう作品。重厚さに欠ける。友人の作品とは雲泥の差。


土曜日のさわやかな午前。
市民絵画教室でした。
絵画を始めて・・もうすぐ2年になる。まるで新米の私。
続けていけば・・私でも実力がつくと希望を持って・・。 頑張ります!




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノアの箱舟

2011-11-25 14:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

  『大洪水』


今日は聖書通読会の金曜日
有名な・・『ノアの箱舟』と『バベルの塔』。
人間のおごり高ぶり。それでも、神は人間を救った。 旧約聖書・創世記の部分。

  有名な『ノアの箱舟』 紙芝居のようにお読み下さい。


    始まり! 始まり!

神は言われる.旧約聖書の中で。
『地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っている。』
『地上に人を造ったことを後悔し、心を痛める。』
『わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。』
『すべて肉なるものを終わらせる時が私の前に来ている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。』
                    創世記6章

神が人を創造。 その人は悪を重ねる。 神は人を造ったことを後悔。これを地上から大洪水でぬぐい去ろうと決意する。


    神の姿の厳しい部分、が書かれています。
 

神の厳しさを読んで・・
”旧約聖書の神は苦手。恐い。” ”旧約聖書の神より新約聖書のキリストが好き” ”神が滅ぼすなんて・・!”
   とかなんとか・・。聞こえます その通りですよね!

    
   神の、本当の姿はどんな人?
旧約聖書と新約聖書の神は、まるで別者と思えるほどに・・神の表現は、両聖書違います。


旧約聖書は・・
キリスト誕生よりずっと前のユダヤ教の正典を、キリストの出現を預言した『古い契約の書』とみなし・・キリスト教の正典の一部としました。
後に・・・
キリストの福音書や使徒書簡を、神との『新しい契約の書』としてまとめ・・『新約聖書』と名が付けられた。
新約聖書に対し、律法・預言・諸書の3部39巻からなるユダヤ教正典=キリストの出現を預言した古い契約の書=を・・『旧約聖書』と名付けました。


   律法を重視するユダヤ教。赦しを重視するキリスト教。
両聖書の神の表現に、違いがあって当たり前。 納得です


   『ノアの箱舟』・・続きます。

神はノアに告げる。
悪を行う人々を、洪水で滅ぼす。
箱舟をつくり、家族とその妻子、すべての動物のつがいを箱舟に乗せるように。 と。『ノアの箱舟』です。


洪水は40日続き、地上に生きていたものを滅ぼしつくした。水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。


その後、箱舟は『アララト山』の上に、とまった。 現在のトルコ共和国の山です。

箱舟の遺跡が発見された。とか。  それってすごくないですか!!


40日の後・・
ノアは、地の面から水が引いたかどうかを確かめるために、鳩を放ちます。

『鳩』は平和の象徴とされますよね  『ノアの箱舟』からきてるそうですよ 


放たれた鳩
その日・・とまるところがなく帰ってきた。さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。
7日後・・もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。
更に7日後・・鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。
ノア
水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。

ノアが、狭い『ノアの箱舟』の中に、沢山の家族と動物と住んでいた期間は、204日間!!
神を信じ、すべてを受け入れる。神が『良し!』と認めるノアの信仰は、『無垢』そのものです。脱帽です 見習いたい



ノアとその息子たちを祝福。
地上の全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、決して起こさない事を契約した。
その契約の証として、空に虹をかけた

  
  ここまできたら・・
神の本当の姿がイメージできますよね 『神は愛である』

  『ノアの箱舟』は、
神の救いが、ノアの家族のように全人類に、世々とこしえに続くということを、神が具体的に示した。ということ。

 旧約聖書の神も・・新約聖書の神も・・同じ神。唯一の神。 です。


人は・・
色々つらいことがあっても・・いつか乗り越えられる。 家族や友人や自然に助けられて。愛を体験できればね


                 3枚の写真はネットより拝借

*********
記録

11月25日ラン:ahortの10km。 11月合計:114km。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思考回路・・

2011-11-24 22:55:00 | 私のこと

その①  NHK:『爆問学問』 
  ”ええ~!” ”それって・・あり? なし?”
                  NHK・HPより写真を拝借


NHK:『爆問学問』
大好き いつも楽しく見ている私。
今日は、存じ上げてる先生がゲスト出演ということで・・TVの前に張り付く。


  今日のテーマ   『”ありえない偶然”はなぜ起きる?』

人は・・
”ありえない偶然”を、テレパシーや超常現象か? と思ってみたり。
ゲスト先生・・
“ありえない偶然”の謎を、確率論から・・心理学から・・解きほぐす。
テレビを見ている私・・
  思考回路全開 解説についていこうと・・


  今日の結論  『”ありえない偶然”が起きているのではない!』

人は・・
”ありえない偶然”のあいまいさが我慢ならない。 意味をつけたがる。
  ・・六感が感じる何かの違和感の正体を・・見つけたがるものである・・。 と。
”なんか変!” ”なんとなく・・!” ”Something wrong!”
  ・・”分からない!” 事を、無意識に過去の経験と比べ分かりたいと思うものである。六感の働きである。 と。
テレビを見ている私・・
  思考回路全開 理解できた  本当に?

”ありえない偶然”が起きているのではなくて・・。
過去の経験の蓄積が、”ありえない偶然”を、無意識に&自ら、考え出しているのである。六感の働きである。



その②   『津島佑子』の作品
  ある種・・理解不可能の本。 と知った私。

津島佑子を網羅したくなった。 津島の本10冊を図書館に予約。4冊が昨日準備された。

ともかく・・読む読む読む・・・・読む


  思考回路全開 理解しようと・・


全く理解出来ない 焦る   文字を追う。
全く理解出来ない 焦る  初めての種類の作品 作品の意味が理解出来ない



  思考回路全開 読み続ける・・
津島佑子の文章に慣れるまで。そして、津島佑子の作品に慣れるまで。 まずはそこから・・始まる。
  


*************
記録

 11月24日ラン:14km 11月合計:104km。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕方5時・・

2011-11-23 17:00:00 | 日々のこと。
「行きますか? 寒くならないうちに・・」
「行きますか! 雨が降る前にね・・」天気予報は夕方から雨。

夕方の5時・・予定がない限り・・散歩に出かける じいさんと私。



昼食後・・
昨日の録画ビデオを見る。おいしいデザートとお茶もも。 2重の楽しみ。
その後は・・
夫婦それぞれの時間を過ごす。「じゃあ5時にね」てなことで

今日のそれぞれ
私・・衣類の入れ替えを済ませた。冬物を出し・・季節はずれのものをしまった。完了
じいさん・・「旅行に行こう!」と思い立って、行き先やホテルの検索。予約まで済ませていた。私の行きたい所だった


そして5時・・


散歩の目的
エコノミー症候群予防。夫は家にいる日はほとんど動かない。読書が多い。 血流が止まるのではないかしら? と思うほどに。
食材探し。「何かめぼしいものがあるかな?」 酒の肴やおばんざい探し。明日の昼食食材も。これが楽しい


今日の収穫:特別Saleのステーキ肉を見つけた。金曜日・『花金』のために2枚ゲット。ラッキー

私は、図書館で予約本を4冊ゲット  嬉しい 今晩は眠れそうにない
『津島佑子』を網羅したくなった私。10冊の津島の本を予約した。4冊が準備された。



そして帰宅・・

夕食用意
1時間ほどの散歩で・・のども渇き&お腹もペコペコ 手さばきも早く・・。


「1ぱいいきますか?」 「いいですね~!」
じいさんは焼酎オンザロック。 私はウイスキーオンザロック。


今宵も・・
平凡に・・いつものように・・穏やかに・・暮れました。 感謝!感謝!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感性・・

2011-11-22 10:00:00 | 娘と娘家族

『バアバの写した水族館』  魚がいっぱいいるのは分かります・・。 
          が・・・。 面白くない写真。 失敗

孫姉・・
「私にも撮らせて。」 
カメラの使い方を教えた。 あとは・・カメラを渡して・・まかせた。


『孫姉が写した水族館』 10枚くらいの中の3枚。 ピンボケもあるが・・バアバの写真より、ず~と、楽しい。


一匹・・一匹・・カメラでおいかける。 そしてパチリ 
 姉の写真:上手下手より・・見る者の目が止まる。 楽しい。


バアバ・・
驚きました
・・自分と姉の感性の違いに驚きました。 姉のほうが、邪心もなく好きなものを追いかける純粋さで、感性豊かな写真です。でしょ?
反省しました
・・大人の物分り顔が、感性を鈍らせています。 感性でなく・・常識が優先されて、感性を感じさせないバアバの写真です。



   新潟孫守2日目:
朝10時~夕方5時まで。 7時間の孫守。 雨振り
雨では遊園地は無理です。計画倒れ。 『新潟水族館・マリンピア日本海』 で一日過ごしました。


『イルカShow』  Showタイムが来るとダッシュ  4回も見ました

イルカShowは楽しい。面白い. Showをみる姉弟の反応は・・もっと面白い。新鮮。


   純粋無垢な姉と弟
水族館の水槽に泳ぐ魚達と同じです。 
・・純粋な、なんとも可愛い反応を見せる。 感性の感じるままの、なんとも意を得たりの言葉を発する。
   感動したバアバ 反応や言葉をメモした 




食堂に掛けられた絵  魚が・・絵の額縁から飛び出している 

この絵の発想は、どこから出るの 
  作者の感性の豊かさに感動! こちらでも・・感激!のバアバです。


姉も弟も・・
様々な物を見て、聞いて、触れて、味わって・・感性を育ててね。

  バアバも頑張るよ!




*************
記録

 11月22日ラン:shortの10km 11月合計:90km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボジョレー・ヌヴォー

2011-11-20 12:00:00 | ワイン。おいしいもの。お勧めスポット。
 
   

11月13日(日)    『長岡・ヌヴォー』        『洗心』  純米大吟醸。15度。季節限定商品。

 製造年月日・・『2011年11月8日』 5日前の製造。  正に・・ヌヴォー。
    
 新潟県長岡市・朝日酒造株式会社 生産。 
米「たかね錦」を精米歩合28%まで磨き、そして醸し、ゆっくりと熟成。 『洗心』の製造工程だそうです。 

  綺麗なお酒でした。冷やしすぎず人肌で・・香りが浮き立ちました。
       気品漂う・・正に「心洗われる」程の純米大吟醸酒です。


『あさひ山』料亭で・・『長岡・ヌヴォー』  おいしい
 
新潟学会出席の娘夫婦。 11年前から続く・・新潟友人との友情を温めます。



孔子曰く・・

『有朋自遠方来 不亦楽』・・「朋有り、遠方より来たる、亦た楽しからずや。」
             『論語』より  (最近・・孔子に傾倒している私です)
  


良い酒で・・友情を温める。  至福の時間  瞬く間に過ぎる。

友情・・何物にも替え難い。嬉しい。  
   「お元気でね!」「又ね!」



     


11月20日(日)  『ボジョレー・ヌヴォー』
   
ヌーボー解禁後・・3日目。  正に・・ヌヴォー。 おいしい  最高

フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー。
  『長岡・ヌヴォー』同様。。新酒は、言ゆに言えぬ、気品漂います。 
   きれいなルビー色。フルーティで心躍るような味。



今日は『紅葉ウォーク』  学生時代同窓生の山好きが集まる「ウォーク会」  秋は紅葉鑑賞

   『光明寺』の紅葉を楽しみました。


  『紅葉ウォーク』=『ボジョレー・ヌヴォーを楽しむ会』
    紅葉の下で・・ボジョレー・ヌヴォー宴会
      

山好き&酒好きの仲間。 15名ほど。 何年か続きます。 
 男女半々位。男性がワイン。女性がつまみ。 暗黙の了解


  良い酒で・・友情を温める。  至福の時間  瞬く間に過ぎる。
『友人が遠方から訪ねてきてくれるのは、こんなうれしいことはない。』 昔から友情は有り難い。孔子も同様。



     鴨が笑って・・・人も笑う  




   


11月20日(日)4時  『プレミアム・ヌヴォー』 

サントリー京都ビール工場作成直後の『プレミアム』  
  正に・・ヌヴォー。 おいしい  最高


  ビール工場で生産される『プレミアム・ヌヴォー』
『長岡・ヌヴォー』&『ボジョレー・ヌヴォー』同様。。生まれたてのビール。気品漂います。 
 きれいなルビー色。香り高い。濃厚な心躍るような味。


 サントリー京都ビール工場見学。 『紅葉ウォーク』最後の目的地。

ビール工場スタッフが工場内を案内・・ビールの製造工程を解説してくれました。1時間近くも。
製造工程見学後・・こだわりのビールの試飲です。一人3杯まで。 おつまみ付。 参加費は無料です。


次には・・『モルツ・ヌヴォー』  工場案内のお嬢さん。

『プレミアム・ヌヴォー』と、ずいぶん味の違いがある。 
   私は、やはり、『プレミアム』
   


 ヌヴォー万歳!  友情最高!




****************
記録
今日・神戸マラソンの20日・・・執念のランニングです

今月のランニング走行距離が、めちゃ少ない。 焦る私

今日は,秋恒例の「紅葉ウォーク会」です。神戸マラソン参加は落選
ウォーク参加者は、80歳近いお姉様~30最台の男性まで年齢巾が広い。てわけで・・歩行距離が短い。 楽な設定。

歩行距離が短いウォークだからと、安心して、朝7時に出かける前に・・執念のランニングした私 


 11月20日ラン:shortの10km 11月合計:80km。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加