マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

2013年12月31日・・・大晦日

2013-12-31 19:00:00 | 休日(GW。夏休み。冬休み。休暇。)
2013年最後の日。12月31日。大晦日。

一年を振り返れば・・・

とても有難いことは、
健康に恵まれて、日々変わらぬ、変化のない、普通の毎日を過ごせたことです。

変わらぬ日々を過ごせることは、年を重ねていくと、なかなか難しいことです。  
当たり前が、当たり前でなくなっていくのです。 当たり前が、向こうからちょっとづつ、さよならを告げる。 筋肉も。骨も。歯も。

   今日・31日・大晦日も、元気に普通に日常が越せました。 感謝です!

朝5時。
いつものように起きました。 普通は、起床後はランニングです。
今年も、一年間、本当にあり難いことに、朝ランができました
1月走行合計距離:172㎞。 2月:154㎞。 3月:94,195㎞ 4月:0㎞。  5月:140㎞。 6月:102,5㎞。
7月走行合計距離:110㎞。 8月:109,5㎞。9月:104㎞。 10月:98㎞。 11月:96㎞。 12月:104㎞。
  私の目標は、一か月『150㎞』。  そして…今年の一か月平均は、『107㎞』でした。 
    今年は、目標に足りませんでした。 それで良し! それで良し!

朝7時半。 
霧の濃い高速上の帰路で・・・   『2013年12月31日の夜明け』    

今日早朝は、ランニングの代わりに、某教会へ、書類を届けました。  
                                          高速で車を止めて
  こんな風に・・・
予定は未定です。 普通の計画すらも実現は難しい。 来年も又、すべてを受容しながら…前を見ていたい。
走る予定すら、簡単に、くつがえされる。 それも又良し!
それでも
来年の早朝も、無理なく、朝の沈黙と瞑想の 『至福の時間』 を確保し・・・
       そこから、一日を始めたいものです。


昼・12時。

夫婦のお気に入りの蕎麦屋で・・・ 『年越しそば』

正に、日本の味です。  『道産。10割そば』             上品な味。
 『一本挽き』
玄そばの、殻とうす皮をとりのぞき、丸抜きの状態で、石臼によって挽いたもの。 淡いグリーン色。
そば本来の風味。弾力のあるもちもちとしたコシ。甘味。  すばらしい『日本文化』です。 

  こんな風に・・・
来年の大晦日も・・変わらずに、普通に、おいしい『年越しそば』、を食べることができますように!


夕方。

今朝の太陽も、夕方には・・・ 『2013年12月31日の日没』

又、明日は、新年の陽が昇ります。


今年も、いろいろのことがありました。 悲しいことはつらい。
それでも
又、明日の太陽は昇ります。 めげずに、来年も、頑張りましょう!

   『思いわずらいは、何もかも神にお任せしなさい。
 神が、あなたがたのことを心にかけてくださるからです。』
                     ペテロの手紙Ⅰ 5章7節
そして
    『明日のことまで思い悩むな。
明日のことは、明日自らが思い悩む。 その日の苦労は、その日だけで十分である。』
                      マタイによる福音書 6章34節


大晦日の夜。
この時間に・・・
考えることは、すべての人への感謝です。 
    今年も一年間 ありがとうございました

まずは
私のブログをお読み下さいました皆様! ご訪問に心からの感謝を申し上げます。有難うございました。
次には
いろいろの場面で、御一緒させていただきました皆様!
一年間の交流に心よりの感謝を申し上げます。 有難うございました。
最後に
家族の皆! 一年間ありがとうね! 私のすべては家族の応援と励ましで成り立っています。 感謝します。

  すべての人の新年の平和をお祈り申し上げます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月29日・・・今年最後の日曜日 PartⅡ

2013-12-29 19:00:00 | 娘と娘家族
昨夜のブログは
2013年12月29日。 今年最後の日曜日。 『 PartⅠ』。 朝9時半~夕方4時半まで。
ママとパパの共働き生活を支える子供たちに、 感謝の『姉弟スキーDay』 でした。

そして
今日のブログは
2013年12月29日。 今年最後の日曜日 。 『PartⅡ』。夜7時~11時まで。
孫の姉弟の友人家族(パパは欠席)と、合計8人の、 『子供天国Night』 でした。

子供たち・・
4人。 今年のクリスマスの最後のイベント。
 子供たちの2倍の高さのクリスマスツリー 


机と椅子を重ねて  
ツリーに隠されている・・・   『宝探し』

  大興奮の子供たち
ママは、イベント企画に長けています。

大人たち・・・
ワイン仲間4人。 ”年末だ!” と。 今年最後の 『ワイン会』 
進みます。進みます。 


まずは・・
1本目。
朝から夕方までの、スキーで、のどがカラカラ。

”So thirsty!” で・・・  『VILLA D'ESTE』

スキーの後の『泡』。               のどにしみとおります。     
                                   超うま!
   『生きている喜び! と 幸せ!』 で・・・乾杯!乾杯!です。

子供たちと大人たちも一緒に、『前菜』 と 『鍋』。
何ともにぎやかな 『子供天国Night』です。


そして・・・
2本目。 
”So happy!” 
  で・・・ 『CHARDONNAY BOURGOGNE 2010』

シャルドネの『ブルゴーニュ』。    超 Oaky! 
   又又・・『生きている喜び! & 幸せ!』

ホスト役の婿殿。
『ブルゴーニュ』には・・・と。 スペシャルチーズです。 
『Cremeux des Citeaux aux Truffes』。 トリフ入りチーズ。  
                                  とろけちゃいます
まだまだ・・・

そして
3本目。
”Next must be Red!” 
  で・・・   『Casale Vecchio Montepulciano d’Abruzzo』           

驚くべき完成度のフルボディ赤ワイン。   言葉がない
通常であれば1本のぶどうの木に8房の実をつけるところを、2房にまで制限して凝縮感を高めています。 
                ワイン大好きのワイン仲間。 全員で、超超満足です!


ホステス役の娘。
「このワインには・・・」と。 ちがうチーズを削ってくれます。
         黄色の ミモレット  Good!Good!  

ここまでくると
ちびっ子軍団も 大人たちも 最高の盛り上がりです!
全員…元気に、充実して…終える今年。 ありがたく感謝です! 


そして
4本目。
”デザート風に!” 
 で・・・『TEMPUSTWOBotrytis SEMILLON』

   『生きている喜び! & 幸せ!』

貴腐ワインには・・・なんてたって ドライフルーツです!
    『イチジク』 と 『パイナップル』


以上。
無礼講で。 今年・2013年最後の日曜日。 
子供も大人も、仲良し仲間が集まって、生きている喜びと幸せを満喫する一日でした。
4人で4本。  『ワイン会 納会』 でした。
   本当に、幸せな 『 Day & Night 』 でした。


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 来年も今年以上に、子供たちや友人たちと、お幸せに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年12月29日・・・今年最後の日曜日

2013-12-29 09:30:00 | 娘と娘家族
今年も最後の日曜日を迎え・・・
感謝あるのみでございます。 
夫に。子供たち家族に。友人に。恩師に。世界の皆様に。そして 私のブログをお読みくださいます皆様へ。
       ありがとうございました

今年も残すところ3日となりまして・・・
娘家庭の助っ人に松本へ参上中でございます。
寝る間を惜しんで、今年最後の仕事の追い込みに励む娘 ・・・

 絶対なるパートナーの旦那様の協力で成り立つ、娘の仕事です。
    娘婿殿に、私からも特別の感謝あるのみでございます

 娘の日々の仕事は、保育園の先生方の協力で、成り立っております。
    保育園の先生方に、私からも特別の感謝あるのみでございます

今年も最後の日曜日を迎え・・・
私の今年の一年間も、私の周りの方々への感謝で一杯でございます。 
       ありがとうございました 

そして
勿論。
 娘の仕事は、生後10日目から保育園に通うたくましく自然児に育てられた子供二人の協力で、成り立っています。
    孫姉弟に、祖母からも特別の感謝あるのみでございます

そんな
    感謝の2013年12月29日。 今年最後の日曜日
        一年間の保育園生活を無事終えることが出来て・・・
 『姉弟への感謝Day』 の一日となりました。 姉弟の大好きな『スキーDay』となりました。


朝9時20分。
自動車の窓の外は白銀の世界・・・   『鹿島槍ヶ岳』                  1550cm          

1130m地点の・・・  『鹿島槍スキー場』
朝9時20分現在: 気温:-8度。 快晴。 積雪:108㎝

孫姉弟と。    『いざ! 滑らん!!』

スキーベテランのパパとママの、二年間の指導の結果の孫姉弟。
  6歳の姉。・・・今日は『スキーレッスン』 受講です。 プライベートレッスンとなった先生と2人で、山の奥から滑走を繰り返します。
    先生のお言葉:「教えることはありません。 どんどん滑って・・技術を磨いて下さい。
  4歳の弟。・・・パパと二人。スイスイと・・・。 ゲレンデの中で、体も年齢も一番小さい。 大人スキーヤーの半分。 ちっちゃい!
    弟の言葉:「僕! 一人で、どんどん滑れるよ!」 リフトで昇り。スキーで下る。 と。滑走を繰り返します。


孫娘・・・『祖母の先生』 です。                                 いかがなものでしょう!
  
「スキー板を見ないでね。 先に見えるレストランを見てね。」 「カーブする時はカーブする方向の足に力を入れてね。」
滑る私の真横を、ピッタリ。 私の速度に合わせて滑る孫娘の 『アドバイス』
  先ほどの孫娘のコーチの言葉を繰り返しながら、今度は、孫娘が私を教えてくれます!

スキー新米のおばあちゃん。
大ベテランのパパとママ。 コーチに「教えることはありません」と太鼓判の孫娘。 「僕についてきてね!」と大人たちスキーヤーの中で、スイスイ滑る孫息子。 
  孫たちへの 『子供二人への感謝Day』  が  『ばあちゃんスキー教室Day』 になりました。
   今日も又、ばあちゃんは、感謝あるのみでございます。 ありがとうございました!

夜7時。
娘の家庭は、孫の友人家族と・・・    『子供天国』

    続きは後ほどに  ここで一応失礼させていただきまして…お休みなさいませ!

皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 年明けまでの2日間。 お幸せな二日間となりますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜のとばりがおりる頃・・・

2013-12-28 23:13:17 | 娘と娘家族
夜のとばりがおりる頃・・・
夕食もすんで。 ほっと一息。 ほっ!
そんな時・・・
皆様は何をしてお過ごしでしょうか? 家族団らん? テレビ鑑賞? 読書?

亡き父は、
ほっと一息。 ラジオから流れる『野球中継』 でした。
    ・・・末子の私が大学入試合格決定の日までテレビを買わなかった父の、食後の楽しみでした。

私も、
ほっと一息。 父に埋め込まれたDNAのお蔭で、テレビを見ることは少ない。 夫は読書が多い。 私も

私の娘も、
ほっと一息。 自分も見せてもらえなかったテレビを見ることが全くなく、ゆっくりと家族で夕食で ほっと一息。 
    ・・・夕食後は、ほっと一息をする間はなく、育児に仕事に勉強にと、寝るまで働いている。


孫たちも、
テレビを見せてもらえることは、全くない。
そして
ほっと一息。時々・・・     『天声人語』の書き写しです。

驚きますでしょ!                  6歳ですごいと思いません??

『天声人語』から大学受験問題が多く出るということで
  ・・・大学受験勉強時代に、『天声人語』の書き写しをやったものですよね。

実は・・・
孫たちは、毎週木曜日に配達される 『こども新聞』 を楽しみにしていて、読んでいます。
今週の第一面は、 『東京の知事 退場』の大見出し写真 と 関連記事の、『こども新聞』。 大人の新聞同様です。

そして ほっと一息。  夕食後に、時々。
『こども新聞』の楽しい記事を切り取って、『天声人語』 用ノートに貼りつけ。 記事を全部書き写すのです
『こども新聞』のすべての漢字には読み仮名がついていて、全部、ひらがなで書き写します。

姉孫。
今日の書き写し記事は、『やなせたかしさん亡くなる』。 175字。 大好きな『あんパンマン』記事です。
ちなみに
前回の書き写し記事は、『五輪の準備 次の知事に』。 419字。 

4歳の弟も、
今晩は、書き写しで、ほっと一息。です!    
今日の書き写しは・・・    『第2戦 ギリシャ』     214字。

サッカー好きの弟が選ぶ記事は、サッカー関連記事ばかりです。


隣で見守るパパとママと一緒に、子供部屋の勉強机に向かう姉と弟。
    4人一緒が嬉しくて・・・鉛筆が進みます

以上。
夜のとばりがおりる頃・・・人の安らぎの形は人の数だけある。 と考えた今宵の私でした。


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 皆様の今日の終わりがお幸せでありますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・・・・・☆ 『サンタさんのクリスマスプレゼント』 ☆

2013-12-26 16:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
      メリークリスマス! 


サンタさん!
我が家にも来ました!

どの煙突から入ったの?    

『私の背より高い大箱!』

何が入っているの????

開けて・・
ビックリ! 玉手箱!


    『クイーンニーナ』 

    『葡萄の苗木』

皆の喜ぶプレゼントを運ぶサンタさん!
ワイン好きの私には、『自家製ワインの元』。 世界でただ一つの 『My ワイン』 を作ってみなさいと!!
しかも
赤ワイン好きの私には、『赤ブドウ』

今年の8月には、収穫できます! 猛暑でも鮮やかな赤色! 食味が大変すぐれた糖度20度!
   ・・・となりゃあ!!  亡き母も作っていたMyワイン。 いよいよ 『My ワイン』 製造です!


サンタさん!
我が家にも来ました!

もう一つ。
なぜに??

  『フライパン』            『黄な粉 & バター』

サンタさんのメモ付です。
「料理の出来は・・・食材の良さと道具の良さで決まります。 ますます料理の腕を上げて・・・人生楽しむように!
そして
「元気の素は・・・大豆です。乳製品です。 ますます元気になって・・・人生楽しむように!


      今年のサンタさんの プレゼント二つ
          感謝! 感謝! ありがたや! ありがたや!



私もサンタになって・・・
26日~。 松本入り。

クリスマス前の会話。
私: 『私からのクリスマスプレゼントに、何か欲しいものがある?』
娘: 『時間!』  何日か前のブログにも書きましたように・・・数年来、娘からは、同じ答えが返ってきます。

女の一言
偽りがあってはなりません!  有言実行です!
私自身が 『時間』 となって、娘の住む松本へ参上! 

     『娘の時間』 + 『私の時間』= 『娘の一日48時間』。 てことになりますでしょうか
            母は強し! 母の愛は海より深し!  母の愛は空より高し。

以上。
サンタさんからのクリスマスプレゼント。 一部をご披露させていただきました! お粗末様でございました!


皆様!
ご訪問に感謝申し上げます。 幼子・イエス・キリストをお迎えし・・・ クリスマスプレゼントも頂き・・・
     皆様の今年のクリスマスは、いかがでしたか? お幸せが運ばれてきましたことを、ひとえに祈願申し上げます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ すべての者が神の救いを見た! ☆

2013-12-25 09:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。

昨夜夜半に生まれた・・・  『栄光なる幼子・イエスキリスト』

                                父母の愛情に包まれてスヤスヤと。
昨夜お迎えした 『栄光なる幼子・イエスキリスト』 は、どういうお方なのか?

聖書は答えます。

     『初めに(ことば)があった。
言は神と共にあった。であった。この言は、初めに神と共にあった。』
                                ヨハネ福音書 1章1&2節

更に
聖書の答えは、続きます。

(ことば)は肉となってわたしたちの間に宿られた
わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理に満ちていた。』
                                     ヨハネ福音書 1章14節

昨夜お生まれになった 
『幼子』は・・・

『初めに、神は天地を創造された。』(創世記 1章1節)。 天地創造の前から・・。 永遠の初めから・・。
   ・・・『神と共にあった。』 そして 『言』 である。 『神』であった。 
           『わたしはある。私はあるという者だ。』 (出エジプト記 3章14節) ということです。


        主の御降誕! おめでとうございます! 


『わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、
     恵みの上に、更に恵みを受けた。』

   『恵み真理はイエス・キリストを通して現れた。』
                                  ヨハネ福音書 1章16&17節
                               
あらためて・・・
主の御降誕おめでとうございます

すべての者が、『神の救い』 = 『栄光なる幼子・イエスキリスト』 を見た 昨夜でした。
そして
『いかに美しいことか。山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は。』 (イザヤ書 52章7節) と。
                  イエスを告げ知らせる足音が聞こえる 今日です。


   『(ことば)』は・・・
 『肉となって、わたしたちの間に宿られた。』。 マリアのお腹で、月満ちて、産まれた『言』 ということです。
   ・・・『言』 は、わたしたちと同じ姿になられた。 ということですよね。 『言』『神』を目で見、触れることができるようになった。 ということですよね。


     人は・・・”神を見ることが出来ない。” とか ”神は見えない存在だ。” と言いますよね。
でも
その言い分って、間違っている。ってことですかね。
    ”神を見ることが出来る!” つまり  ”神は見える存在になった!”  てことです! よね すごいことです!


     『栄光なる幼子・イエスキリスト』は、『言』である神がこの世にお生まれになったということです!

        ハレルヤ!ハレルヤ! 
  『突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
       「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」 』
                                           ルカ福音書 2章13&14節
     
確かに・・・
聖書は語ります。
『いまだかって、神を見たものはいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。』
                                           ヨハネ福音書 1章18節


イエス自身も語ります。
わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなくて、わたしを遣わした方を信じるのである。』
        『わたしを見る者は、わたしを遣わした方を見るのである。』    ヨハネ12章44~46節
                                        

   『恵みと真理はイエス・キリストを通して現れた。』 ヨハネ福音書 1章16&17節
つまり・・・
  イエス・キリストを通して現れた 『恵みと真理』 こそが 『神』 てことになりますよね!

以上。
あれこれと。 昨夜お迎えした 『栄光なる幼子・イエスキリスト』 は、どういうお方なのか? 
               と。 考えた一日。 その一部でした。 お粗末さまでございました


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 メリークリスマス!
昨夜と今日と。クリスマス をどなたとお迎えになりましたか? 私は夫と二人で。 静かで穏やかで幸せなクリスマスでした                                 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ メリークリスマス! ☆

2013-12-24 20:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
           『ひとりのみどりごがわたしたちのために生まれた。
              ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。』

『その名は、                                       わが教会の救い主・イエスキリスト
        「驚くべき指導者、力ある神、永遠の父、平和の君」 』
                                          イザヤ書 9章5節


      主の御降誕! おめでとうございます! 

『マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布に来るんで飼い葉桶に寝かせた。
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
これがあなたがたへのしるしである。』


   『いと高きところには栄光、神にあれ。
           地には平和、御心に適う人にあれ。』
                                    ルカ福音書 2章12&14節
主の降誕 夜半ミサ。
司式司祭の説教がありました。

    『あなたは深い喜びと大きな楽しみをお与えになり、人々は御前に喜び祝った。』     
                                        イザヤ書9章2節
クリスマスおめでとうございます。
皆様は、今日、どんな方を、待ち望んでいらっしゃいましたか?
その方は、驚くべき指導者。力ある神。永遠の父。平和に君。 です。

しかし
その方は、
この世で人のために働いたのは、短い3年間だけ。 しかも、数回の説教と数回の奇跡を行っただけです。
人生のほとんどの30年間は、大工の子として、大工として働いた方です。 目立たない所で生きた方でした。

しかも・・
その方は、
『忍耐』の方でした。
『力ある神』でありながら、御自分が持つ『神の力』を使うことなく、『忍耐』をして、神の言いつけを守り続ける人でした。

『忍耐』には、忍耐をする相手への 『愛』 が必要です。
イエスキリストは、人間への「愛」があったからこそ、神の言いつけを守り、苦難の『十字架上での死』 に至るまで、忍耐を続けました。
『イエスの忍耐』 こそが、『神の道』 です。

皆様! 
イエスに倣って、『神の道』 を歩んでいますか?
イエスに倣って、相手への『愛』で、何事も 『忍耐』していますか?

忍耐する人にとって、
イエス様は、 『希望の星』 です。
貧しく苦しい苦難の日々を忍耐する羊飼いたちは、 『希望の星』 見つけました。

   『その地方で羊飼いたちが野宿しながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
     すると、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非情に恐れた。
そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。』
                                         ルカ福音書 2章8&9&16節

苦しむ人、耐え忍ぶ人、にとって、
クリスマスは 『喜びの日』 です。 クリスマスは 『希望の星の日』 です。

皆様!
『愛』のために『忍耐する人』となって、喜びの 『キリストの星』 を見いだす人となりましょう!


以上。
クリスマスイブのミサでの、司式司祭の説教の一部でした。

  『わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。
    希望はわたしたちをあざむくことがありません。』
                               ローマの信徒への手紙 5章4&5節

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。   クリスマス! おめでとうございます! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮・・・・『加古川フルマラソン』 & 『クリスマスキャロル』

2013-12-23 09:45:00 | スポーツ・ランニング・自転車・水泳・・・
2013年12月23日。快晴
9時45分。

スタートです。     『第25回加古川マラソン』

この日に向けて、練習と節制を重ねてきた勇士達

私の友人 もスタートです。 助祭様です。

初マラソンにして・・・    いきなりの 『3時間台ねらいです!』

今までに、走る司祭様や助祭様が いたでしょうか         
                           ノーベル賞の山中信弥氏も 走る人 ですよね。 4時間3分19秒 ランナー。
    ・・・新しい時代の到来を感じます。


快調に!早い!早い!        『10km地点』       

加古川の河川敷を・・   ルンルンランです。     余裕のよっちゃん
  

私も、神父様と助祭様と女友人と、「加古川マラソンを走ろう!」 と。エントリー。
エントリー出来たのは、一人だけでした。 先着順のエントリー時間切れで落選の三人
   ・・・正に、素晴らしいマラソンブームです。 走ることは良いことです!


    『 しんどいよ~ 』
苦しさがでてくる・・・        『30km地点』 

『このままいけば・・・3時間台大丈夫ですよ! 』 と。 エイドの方のお声かけ。
よっしゃ!』 と。 3時間台を諦めかけていた助祭様。 『やるぞ!』
               お声かけに勇気と闘志をもらいました!


  『あつしさ~~ん! 頑張れ~~!』   『あつしさ~~ん! 頑張れ~~!』

快調に、速さを戻して・・・      『38km地点』

私の息子よりも若い助祭様。息子と重なります。
   ・・・ 息子に応援するのと同じです。 大声で名前を呼んで、勇気づけます
            『あつしく~~ん! 頑張れ~~!


フルマラソンの応援側に回ったのは初めてです。
友人と、自転車に二人乗りで・・・・『あつしさんを追っかけ』。 『応援隊』。
   ・・・重い私を後ろ席に乗せた 友人は
 ギッコン!ギッコン! オッチラ!オッチラ! フーフーフー


ついにやりました!
            ゴール!!
         3時間50分! 快挙!』     
     [ ここにゴールした助祭様の写真が大きくUP予定でした ]


おめでとうございます
   初マラソンにして、『3時間50分』. 快挙でした

そして

ごめんなさい
ラストスパートをかけた助祭様に、自転車二人乗りおばちゃんたちは、追いつきませんでした! 
青年のランニングに、おばちゃん自転車応援隊は、負けました!
   ・・・『ゴールの晴れ姿』 の写真を撮れませんでした。

そして
夜。5時~6時

恒例の・・・    『第15回・西神中央駅前広場・クリスマスキャロル』  

    『 主は来ませり! 主は来ませり! 主は~~来ませり! 』
地域のお仲間とサブ4ランナー助祭様と                声高らかに…主の御降誕を賛美しました。
       


以上。
明日に、主の御降誕・『救い主イエスキリストの誕生日』 を迎える前日。23日。 幸せな一日でした。 感謝!感謝!

皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 素敵なクリスマス をお迎え下さい!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮・・・・・『仕事納め』

2013-12-21 13:00:00 | 私のこと
            『めざし』

「今日は今年最後のクラスだから…2時間で描き終え、サインをするように。」先生。

今日・12月21日・土曜日。午後。
絵画教室。 今年最後の教室となりました。

今年も一年間・・・指導者の先生も参加者の私たちも、頑張りました。 感謝!感謝!

夫をまきぞえ  
  クラス全員の頑張りを称えて・・・『納会』
  
1978年Xmas。35年前の私の刺繍作品。細かい細かい『手作業』。
そして・・若い2011年物。 
『VILLA MONTES 2011 CABERNET SAUNIGNON』 
                    美味しい美味しい『手作業』。

私にとって・・・
絵を描くことは、
『好きだから描く』。 下手でも自分の作品が好き。 『手作業』が好き。 描いている無になりきる時間も好き。
『心の浄化』 にも役立ちます。 下手を受け入れる。 先生の言葉に従う。 『従順』は心の浄化をもたらします

『仕事納め』
仕事に満足していても満足していなくとも・・・年末なので、仕事をいったん終える。
絵に満足していても満足していなくとも・・・・2時間が過ぎたので、サインをする。 終わる。

  潔く・・・今の自分を認める。満足する。・・・そこから次のステップが始まる。

    暮・・・・・『仕事納め』。 来年の自分が楽しみです。 ステップ&ジャンプします。 乞うご期待!


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 仕事納め。 皆様も一年間のお勤め本当にご苦労様でございました!    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・・・・・『三つの捧げ物』

2013-12-21 06:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
『学者たちが家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。
彼らはひれ伏して幼子を拝み
     宝の箱を開けて、黄金乳香没薬 を贈り物として捧げた。』

贈り物を捧げる三人の学者さんたち。                  マタイ福音書 2章10&11節
先週・第三主日 に上演された、教会小中高校生の皆さんたちの 『聖劇』 です。


今朝もランニング中、
プロテスタント教会の 『馬小屋』 を観に立ち寄りました。
そして
馬小屋の横の掲示板に、新たな 『今週の一言』 を発見しました。

             『三つの捧げ物』
    「12月22日。日曜礼拝。10時半から。どなたでもどうぞ。」

”あの方の誕生日のお祝いに、何を差し上げましょうか?”
子供や孫たち。 伴侶。 両親。 友人。 恩人。と。
大切な方の誕生日が近くになると、迷いますよね。 心嬉しい迷いです

3日後・24日夜は、
神の御一人子。救い主・イエスキリストの誕生日です。

    『誕生日プレゼント』 。 
                  何を差し上げましょうか?” 何を捧げましょうか?
イエス様に
学者たちは、黄金乳香没薬 を贈り物として捧げました。
教会日曜学校の生徒さんたちは、一生懸命に練習をして、『聖劇』 を捧げました。


さて・・・

皆様は、何を捧げますか? 私は、何を捧げましょうか?

   『神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心。』
                               詩篇 51章19節

もうすぐクリスマス。
一生懸命に、頑張って、心を込めて、幼子・イエス様への 『捧げ物』 を用意いたしましょう!


皆様!
御訪問に感謝申し上げます。 あと3日でクリスマスです。 第四主日の素敵な日曜日をお過ごし下さい!


*****************
記録 
今日・12月21日のラン距離:12km

外気温度4度。 
40台位の格好良い青年ランナー。 すれ違い様に 「おはようございま~す!」。 思いもかけぬ『クリスマスプレゼント』でした。
  朝のご挨拶。 一日の元気の元ですよね。

    12月走行距離合計:104km 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加