マリアテレジアの独り言

日々の生活の中で見つける・・
  小さな感動をつづります。

VENGE 1998

2012-09-29 17:30:00 | 娘と娘家族
娘宅に掲げられた:   『人生の家訓ー1』


というわけで・・今宵は  『VENGE 1998 を飲む会』

  サンチーム にて。

「秋深くなってきますと・・ワインに向く季節になりますね!」 
              娘婿さんの・『会開催宣言』


先日の、『Providenceを飲む会』、同様に・・
儀式から始まります。 
本番に向かう前に・・心も体も、『VENGE 1998』 に向かう状態作りから。


まずはシャンパンで

前菜ー1: 『鳥レバーの蜂蜜かけ』     前菜-2: 『黒豚と地鶏のテリーヌ』


孫の初運動会見学と参加のために、娘宅訪問。
となれば・・娘婿&娘&ワイン新米の私、3人勢ぞろい。

当然の・・・『Life is too short to drink bad wine』。 家訓の実行です。
連日の・・・『・・・を飲む会』開催です。

  訪問初日は、『VENGE 1998』 を飲む会。

サンチームオーナーシェフさん
  『スペイン豚肉』 が合うと思いますよ!。 と。 

前もって預けておいたワインぴったりの肉を仕入れて料理。  
   最高です  そのおいしさに感謝!感謝!

いよいよ・・
 
ワインの開幕      『VENGE 1998』

三人が口をそろえて・・「おお~~!」  &  てな感じ
  香り  味  最高!
OAK VILLE  NAPA VALLEY  CABERNET SAUVIGNON 100%   Family Reserve


以前に、3人で訪ねた小さなワイナリー『サトルバック』の、 更なるカル的ワイナリーのワイン。
後日に、娘夫婦だけで訪ね & 仕入れ & 『飲む時』・今宵を、数年間、娘宅セラーで待っていたワインです。


娘と私。 もう一つの、いつものように、注文。 


    『カモのコンフィー』

  「うん!」 「うん!」   こんな言葉のみ!!

娘婿さん。 シェフのお勧め一品で、いつものように、済ませます。
「あれこれ食べると・・ワインの味が変わってしまいますよ」と忠告。 「はい

5歳と3歳の孫たち。 姉と弟。
弟は生まれた翌日からレストランに連れて行かれて…2人とも、レストラン慣れをしています。

姉の今宵の作品  『エッフェル塔』

食事に好条件の 落ち着いたサンチームのディスプレイの写生です。  
    上手い!

デザート:


おりこうな姉と弟   『マンゴーとバジルの ソルベ』


私たち大人3人

もう一つの娘宅の   『人生の家訓-2』

信仰は、人生を強くします。 確かです  うけおいます

家訓に忠実な3人   

迷わずの    『チーズ』   

で・・  『ANOTHER GLASS of WINE』



   秋にカンパ~イ!  ワインにカンパ~イ!


皆さま!
ご訪問感謝申し上げます。 連日の『・・の会』でご無沙汰申し上げておりました。 皆さまも今宵!『・・の秋』をお楽しみ下さい!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運動会

2012-09-29 08:30:00 | 娘と娘家族
    2歳~6歳 児童たちの運動会

晴天の下  児童たちの手作りの万国旗 そして 自己紹介の旗。 たなびきます。

この世に命を得て・・まだ2年~6年。
その小さな体一杯・・一生懸命に頑張る どの子の姿もいとおしい

今日は半日
日頃の運動と練習の成果を・・・
パパやママ。お兄ちゃんやお姉ちゃん。じいちゃんやばあちゃん。たくさんの人。の前で
    ご披露です


4歳児クラス
運動会といえば走りっこ


先生:  「位置について~!」  

お友達: 緊張の瞬間です。 ドキドキドキ


先生:  「よ~い!」   「ドン!」


コーナーを曲がって・・
      走る!走る!走る!走る!



       「ゴ~ル!」 

    頑張ったね!!


2歳児クラス

障害物競争です

川を下り・・山を登って・・天幕を潜り抜け・・  やったね!!


じいちゃんばあちゃんクラス:
日本チーム 対 ブラジムチーム  サッカーです。

どこかのばあちゃんは、ブラジムチームキャップテン  

3つもボールが入ったサッカーボール
チームの10人が・・ポールまでボールを蹴って戻って・・アンカーがゴール!


    「ブラジルチーム勝利!」 

      イエ~イ!!


  頑張ったお友達  金メダル ゲット! 

  頑張ったね!  立派だったよ!
ロンドンオリンピック年の運動会!
  
4年後のブラジルオリンピック年の運動会は・・小学生と幼稚園生になってるね!

お友達皆さんの
  元気な成長を祈ります!



皆様!
ご訪問に感謝します。保育園運動会の応援にも感謝します。 未来に生きる子供たちに素晴らしい地球を残せるように頑張りましょう!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック選手と・・・

2012-09-28 20:01:08 | スポーツ・ランニング・自転車・水泳・・・

  オリンピック選手と・・・



   ランニング


    大したものでしょ

只今から。。
明日の孫たちの運動会に、

 得意の走りで、行ってまいります。

いえいえ
 得意の夜行バスで、駆けつけてまいります。


皆様!
ご訪問感謝申し上げます。 楽しい週末を!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白萩

2012-09-27 04:00:00 | 日々のこと。
『世の風に この白萩の みだれよう』
                  桂信子

皆さま!
『今日の一句』。 桂信子の白萩の歌を、どのように思われますか?
私は、一種のエロチシズムを感じるのですが、いかがでしょうか?  


(我が庭に咲き出した)  『白萩』

今日・9月27日の誕生日の花は白萩です。

今日、お誕生日を迎える皆様! おめでとうございます。

それでは。今日はこれで失礼いたします。
今日の一日が、皆さまにとって、良い日でありますように。

以上。
朝5時。NHK『ラジオ深夜便』の今朝の終わりを告げる、アンカーが述べた言葉でした。

今日のアンカーは、私の高校3年間の同級生。
高校以来聞きなれた、変わらぬ声を聞くのは、心休まります。 

”変わらずに、頑張ってるな~!” と、励まされます。

高校卒業以来・・
若い頃は2年に一度。 この10年ほどは毎年。 クラス会を開いて集う仲間の 一人です。
お互いの夫婦生活の長さより、ず~と長い年月を、お互いに見つめ合ってきた仲間の 一人です。

仲間っていいな~
高校クラスの仲間。 ラン仲間。 山仲間。 勉強仲間。。。。。いっぱいいっぱいの仲間。そして家族の仲間。
共通の心を持つ仲間はいいな~
安心と信頼が、中心にあります。 よね?
 

先日の聖書の言葉を思い出します。
『ダビデはユダのすべての人々の心を動かして一人の人の心のようにした。』
            サムエル記下 19章15節

沢山の人の心が一つの心になる方法は・・
唯一。 共通の心を持つ。 てことのようです。 いかがでしょうか?
ダビデは、唯一の神への信仰心の共通の心で・・ユダのすべての人々の心を、一人の人の心のようにした。 ということなのですよね??


皆さま!
ご訪問に感謝申し上げます。 私もアンカーの言葉を繰り返します。今日の一日が、皆さまにとって、良い日でありますように!


*************

記録 
昨日・26日のラン距離・14km
今日・27日のラン距離・14km

  走る! 走る!

9月走行距離合計:85km


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒しの空間と時間

2012-09-25 17:00:00 | 私のこと
   『神戸・茜屋珈琲店 』
昭和41年開店。 今年で46年。
軽井沢(3店)をはじめ、東京や大阪にある茜屋珈琲店の1号店。


阪急三宮駅西口すぐにある 珈琲専門店。
モーニング時間の終わった11時開店。ランチメニューもなし。軽井沢店作成ケーキ&ジャムがある。夜10時半閉店。
「食事のにおいがコーヒーの香りの邪魔になりますので・・。」 とオーナーさん。 


行って来ました。
20年ほど前に仕事場に近くて頻繁に通った・・”20年ぶり位!”と言う友人と、2人で。
店前の、三宮駅前の喧騒の世界から完全遮断された、時が止まったような静かな空間。 落ち着いた薄暗い空間。
ガス灯だった店は・・阪神大震災後、消防法により、禁止になりました。「残念です。ガス灯を、せめて、インテリアに使っています。」と。オーナー。

46年の継続はすばらしい。 
時代に流されることなく・・創立のビジョンと姿を保つ。 それが継続のコツでしょうか? 

「阪神大震災を境に、前後で、客層が変わりました。
前は、社用族や同伴出勤の世界が広がる三宮界隈でした。そんな年配の客層も多く、待ち合わせの場でもありました。
後は、社用族の時代でなくなり・・そんな店も閉めてしまいました。 若いお客様も多くなりました。」 とオーナー。
  往年のバブル時代の名残。 や レトロの香り。  が漂うような・・。


味わってきました。

キリマンジャロ コーヒー&チーズケーキset。   1400円
強い酸味と芳醇な香り。焙煎が効いていて深めの味。

 客の前で・・豆を挽いて、ペーパーでドリップです。
 壁面にずらりと並んだコーヒーカップ。店内に響くLPレコード・クラッシック音楽。禁煙。
 席はカウンターだけ。 20席ほど。 すぐ隣にお隣さん。  近くても気になりません。

                
オーナーさんが、私たちのお相手をして下さる。
そお!  私たちの前だけは・・カウンターBarの感じです
客が、コーヒー好きとクラッシク好きが高じてサラリーマン退職後の第二の職場、オーナーになられた模様。ダンディーな72歳。

「静かな空間と 癒しの時間を求めて、お客様はおいでのようです。」
「スタバックさんなどもありますが、他店とは違う空間を提供したいと考えています。」 とオーナー。
「静かでええわ~」なんて、客が、ネット上のコメントを書き込んでいる。 見つけました。


私たちと同席の客は、11人ほど。 ほぼ満席状態。
女性3人ずれ一組。 と 他は全員カップル。 30~40台の若い人ばかり。

この空間は・・何かが違う!  何か  スタバックや他コーヒー店と何かが違う!  何か
分かりました!  ひらめきました!  気付きました!
  客の一人として、携帯を開いている人がいない!!

現代の人は・・・
携帯を開かずにはおられない! 
家に帰っても・・携帯。 車に乗っても・・携帯。 食事しながらでも・・携帯。 寝ても覚めても・・携帯

コーヒーというより・・『癒し=携帯OFF状態を自分に課せる=空間と時間』 が嬉しいのではないかしら???


現代は・・・
静かな空間すら・・自分で工夫するのではなく・・人様に、お金を出して、提供してもらわなくてはならない時代。な~んだ。
私の友人には・・携帯を持たない人も何人もいます。 それって・・単に新しい挑戦しないだけかも? でも期せずして・・静寂の時間を楽しんでいるのかもね? 
   ”ふ~ん!” 妙に、考えさせられ、感心し、納得した、素敵なコーヒータイムでした。。


皆さま!
ご訪問感謝します。 秋風の吹く昨今・・静寂を保ちつつ・・内面を豊かにしていきましょう! 



*************

記録 
今日・25日のラン距離・14km

走る時間は・・私の大事な静寂の時間です

9月走行距離合計:57km






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Myアスリート魂

2012-09-24 05:30:00 | スポーツ・ランニング・自転車・水泳・・・
「ハワイマラソンを走ったことは、おあり?」

私の友人たち、走ることは皆無のおば様たちが、必ず、私に向けて言われる質問です。
おば様たちは、『マラソン=ハワイマラソン』 のイメージがおありのようです。

「いいえ。 素敵なハワイマラソンは、私のマラソン人生幕引きのシーンにとってありますのよ!」
私が、そんな質問に、必ず、お答えする答えです。

目の悪い私: 走るにも運転にも・・サングラスは必需品

車につけるサングラスholder    便利   娘の米国土産 39!


ハワイマラソン
正式名は、『JALホノルルマラソン』 今年は第40回。
1985年の第13回大会以降、長年に亘り日本航空(JAL)が協賛しており、正式大会名は「JALホノルルマラソン」 改名となりました。
近年は、参加者の半分以上を、日本人ランナーが占めます。

ハワイマラソンの特徴は、
①時間制限を設けていない。
但しゴールゲートは16時台を目処に撤去され、それ以降ゴールした参加者のゴールタイムは手動計時となる。
②参加資格は、当日に満7歳以上の健康な人。 
③参加人数制限なし。

以上の三つの特徴が手伝って・・
○健康づくりのために参加している一般市民ランナーや、フルマラソン初参加のランナーが多く、「世界一の市民マラソン大会」といわれる。
○参加者の過半数が日本人のため、JAL経営の、「日本人のためのハワイ祭り」 とも言われます。
○参加人数的に大規模の大会ではあるが、マラソンとしては高温、強風、アップダウンコースなどの条件が厳しいため、「世界記録が決して出ないコース」とも言われます。 そうです。



Myアスリート魂の決意
「市民マラソン大会」には出場しない。 
と決めています。 
制限時間がゆるく長い市民大会に出場の気持ちになると・・Myばあちゃんアスリートの気持ちまでゆるんで・・結果としてMyアスリート魂のモチベーションUPが難しくなります。
「ウルトラマラソンは100km参加のみ。」 それ以下の距離ウルトラには参加しない。
と決めています。
距離が短いと・・Myばあちゃんアスリートの気持ちまでゆるんで・・結果としてMyアスリート魂のモチベーションUPが難しくなります。

アスリートのモチベーションUP方法は、アスリートの数だけ、色々あるのでしょう。
MyモチベーションUP方法は、逃げられない。やるきゃない。という、出口のない目標設定です。


こんな風に頑張ってきた、ばあちゃんアスリートの私。


そんな私・・
『私のマラソン人生幕引きのシーン』 を決断する時が、
ハワイマラソンに参加する と決める時が、
どんな時に? どのように? 現れてくるのか、見当がつきません。 非常に興味深いのです。


そして
そんな『時』が、近くなってきたのかもしれません

Myアスリート魂の決意
崩れてきました。  わが事ながら・・驚きです。 恐ろしい。 情けない

「市民マラソン大会」に、出場しちゃいました
ティファーニーネックレスの完走者記念の誘惑に負けて・・名古屋の「市民マラソン大会」に出場しちゃいました!
名古屋市民マラソン大会にエントリーする時・・Myアスリート魂の決意に反することであり・・私なりに迷いに迷ったのは、事実です。
でも・・事実として・・「市民マラソン大会」には出場しちゃったのです。  ティファニーに、My アスリート魂を売ちゃったのです

「ウルトラマラソンの60kmに、参加しちゃいました
(結果的には抽選落ちで参加は出来ませんが) 自分の弱気に負けて・・ウルトラマラソンの60kmにエントリーしちゃったのです!


でも
Myアスリート魂の決意の崩れを・・反省する自分。悔しがる自分。が健在なんです
ということは
Myアスリート魂・・まだまだ健在てことなのでしょう


    深く考えない! 考えない!
成り行きのままに・・残りのばあちゃんアスリート人生を楽しんでいきます 

  私のばあちゃんアスリート人生を支えてくださいます皆様!
   いましばらくの間・・よろしくお願いいたします


皆さま!
ご訪問に感謝いたします。 秋風を感じながら爽やかな一日をお過ごし下さい。



*************

記録 
今日・24日のラン距離・14km

走るきゃない

9月走行距離合計:42km


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨模様・・日曜日

2012-09-23 05:00:00 | 日々のこと。
今日・23日日曜日は、月一の登山月例会


私の担当は、いつも、食後のデザート。

今日はパウンドケーキ。そして コーヒー。湯沸し用に、ボンベと鍋。水2L。
Myコップは、北穂高山荘で手に入れた、冷めない、ステンレスと断熱材の二重構造

私のリックの中身
他にも
昼食。 雨具。 スポーツドリンク2本。山頂での着替えに、温泉後の着替え一式。 等々。
相当の重さになる。 背中に、ずっしりと、のしかかってくる。
それでも、黙々と、運び上げる。 その黙々と苦労する自分に価値を見いだしたり・・。と。 ”あほかいな!”←夫の言葉。

今朝5時: 起床。 
大雨  まいった!まいった!
天気予報を聞きながら・・おにぎりの昼食作り。 じいさんの分も。 着々と準備。

その後: 雷警報。
仲間と・・メールや電話が行き交う。 中止決定。

   
   雨模様・・日曜日。 登山月例会はお流れとなりました


今日は日曜日。 教会でミサ。

『イエスは言われた。
いちばん先になりたい者は、すべての人の後になり、すべての人に仕える者となりなさい。』

『一人の子供の手を取って、抱き上げて言われた。
「わたしの名のために、このような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。
わたしを受け入れる者は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。』
                    マルコ福音書 9章35~37節

私には
『そう』ありたいとの願いがあっても、すべての人に仕える者となるなんて・・無理! とてもとても無理!無理!
キリストは
そんな私に助け舟を出して下さる。
「分かっていますよ! 小さな子供を受け入れれば・・それでOK。 てことですよ!」  と。

小さな子供ですら、ぐずる。言うことは聞かない。等。完全に受け入れることは、難しい
しかし・・
「自分の周りの小さな子供を受け入れ、自分の周りの人を受け入れる。 その努力はせよ!」  とキリストは言う。

「そおする事は・・
私・キリストを受け入れていることであり・・神を受け入れていることである。」 と。キリストは言う。

私の周りの人たち、夫。子供たち。孫たち。友人たち、を愛しきることは、私の人生をかけてのチャレンジなんです  格好いいでしょ

以上。 私の、今日の福音書の解釈です。

   
   雨模様・・日曜日。 
登山月例会はお流れで、教会ミサに参加できました。 これも又良し


今日は日曜日。  午後はのんびりと。 じいさんと2人。いつものことか!


ネットショッピングです。  お買い物・・大好きです

まずは
化粧品。 いつもは、市販より、30%OFFで購入。 今日は、今週中の期間限定で、33%Offとのこと。 ラッキー 

じいさんとばあさんで、議論となった。
「若者は、ネットで買い物しますよね。 私だって、百貨店で買うより33%Offとなりゃ、ネットで買いますよ!」 と私。
「競争原理で・・百貨店の化粧品売り場がつぶれれば・・ネット店が値上げをしてきますよ! 百貨店並にね!」 ですと。じいさん。 本当かな?? 

「阪神百貨店を建て直して、1963年完成で、地上11階地下5階の、新百貨店建設計画。 Goサイン!」 ですって
しかも
「その隣にすでに建っている、地上12階地下2階の、阪急百貨店と、高層ツインタワーにする。」 な~んて考えられない!  
「たとえ・・上部分を、貸しビルにするといっても・・
若者は勿論! 年寄りまで・・百貨店離れの昨今。 時代錯誤じゃ! 金の無駄!」 と私。
「そこまで心配してどうする!  株主でもないのに!」 じいさん。
「それがおかしい。それが良くない。 企業の無駄は、国の無駄につながると・・市民が自覚を持たなくちゃ!」 な~んて私。 間違ってるかな??


次に
切符の購入。  夜行バスと高速バス。

10月14日は、次兄の1回忌。 早いものです.横浜行き夜行バス切符の購入。 
神戸横浜間の往復料金=7720円也。 新幹線往復なら28720円也。 両者:2万1千円の差額。 おおお!
急ぐ身でなし・・夜行バスで熟睡できますので・・OK  たった数時間の法事に出席の旅。 主婦にとって2万1千円の差額は大事!
帰路は、横浜ではなく、慣れた東京駅発バスにしました。 値段は同じ。 夜の東京を楽しみます! 
帰路バス出発までは、差額の2万1千円で・・素敵な新東京駅・StationHotelBarで、
東京の友人と一杯。な~んてね。 
たまには贅沢に、大好きな故郷・東京の意味ある進展を願って唯一人で・・食事 &も良いね

10月27日は、娘夫婦の名古屋学会。孫の子守に参上。 名古屋行き高速バス切符の購入。
神戸名古屋間の往復料金=4000円也。片道3時間。 新幹線往復なら29020円也。片道1時間6分。 両者:こちらは、2万8千円の差額。 おおお! 
急ぐ身でなし・・3時間のバス旅は気になりません。 バス中には各自テレビ映画付 孫守に、充分、間に合います

   
   雨模様・・日曜日。 登山月例会がお流れでなければ・・まだ山中を歩いています。
時間が出来て、切符購入が出来て・・ラッキー  最後の残り2席の1席確保が出来ました


今朝9時:  雨がやみました。  
雨模様の日曜日。・・安全第一。登山中止の決断で正解でした。来月の登山月例会は、唐沢の紅葉登山になるといいな!


皆さま!
ご訪問に感謝申し上げます。 日曜日は特別の日です。 仲間と、家族と楽しい一日を!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休む日

2012-09-22 05:30:00 | 私のこと
「今日一日、休みの日にしようね。」 じいさん。
「はい。 午前中にすべて済ませましょうね。」 ばあさん。

10日間
孫たちを預かった。
テレビを見なかった。 見せなかった。 じいさんもばあさんも見なかった。 テレビ番組を録画した。


私の父は、末っ子の私の大学受験発表当日まで、テレビを我が家に入れなかった。 合格発表の日にテレビを買った。
私は、子どもが生まれて、テレビを中止した。 父よりも早く、子どもの中学入学で、テレビを入れた。 が見なかった。
私の娘も、子供たちに、テレビを見せない。 その代わり・・家中が運動場状態。

午前中
私・・掃除洗濯。アイロン。昼食と夕食作り。ブログ書き。
じいさん・・買い物。牛乳、ほうれん草、チーズ、豆腐、・・。私が書いた買い物リストメモを持って。

      『休む日』準備体勢終了。

午後
テレビの前に、2人で、陣取った。
10日間分の録画鑑賞。朝ドラ10日間分。夜ドラ。日曜日の平清盛2回分。 新婚さんいら~しゃい! 笑天 も2回分。等。

朝に作っておいた・・『昼食キッシュ』 サラダも作って冷蔵庫の中。

テレビを見ながら・・チン!  「いただきます!」 「いただきま~す!」
テレビを見ながら・・昼食。  大忙しの午前中で・・食欲満点。ペロリ完食
食事をしながらテレビ・・お行儀もあったもんではない


夕食後
私・・テレビ鑑賞終了   普段はテレビをあまり見ない私。 お勤め終了! て感じです。 
じいさん・・私の見ないテレビの録画観賞。  お付き合いはご遠慮申し上げて・・・・

テレビ鑑賞終了
孫たちがいて、本も読めなかった。
久しぶりの読書 生き返ります。 ほっ

聴講大学院クラスの推薦図書。 再読です。 

「私」という一日本人として、自分自身は唯一の神、人間と世界を絶対的に超越する神という問題をどう受け止めるのか。
それは、私たちがほとんど無意識の内に身につけている日本的あるいは東洋的伝統、思考法、価値観に照らして、何物なのか。
今日に生きる自分の姿勢を問い直し、二十一世紀を「宗教の衝突」の世紀にしないために考えを深める。



テレビも読書も良し。 両立はなかなか難しい。 自分は、ちょっぴりの犠牲も払って、どちらを取るのか?


皆さま!
ご訪問に感謝します。 初秋の楽しい一日をお過ごし下さい!


*************

記録 
今日・22日のラン距離・14km

孫たちとの日々。 走りも出来なかった。
今月に入って2回目、21日ぶりのランニング。走れる幸せに感謝!

前代未聞の私のラン記録 9月走行距離合計:28km






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダビデ王

2012-09-21 14:00:00 | 聖書。聖書勉強会。教会。日常の信仰生活。
『ダビデはユダのすべての人々の心を動かして一人の人の心のようにした。』
            サムエル記下 19章15節

王・ダビデは

その強烈なカリスマ性で、
イスラエル全12部族を統一。 (ユダのすべての人々の心を動かして一人の人の心のようにした)
当時ほとんど体をなしていなかった、王権と王政組織を確立。
エルサレムに都を定め、エルサレムを拠点に、近隣諸国の征服併合を行い、版図を拡張していった。
ユーフラテス川からエジプトの国境までを含む大連邦、「大イスラエル王国」ともいうべき、空前の大軍国を形成した。
近隣諸国と友好条約を結ぶなど、したたかな外交政策で、国家の安定と繁栄を築いた。


    今日・金曜日は、聖書通読会
サムエル記下 13章~24章。 ダビデが王として頭角を現した時代。 読破と深読。


    今日の私の考察そして検証。 自らに課した課題。
ダビデは、王としての強烈なカリスマ性を、どこから身につけ? どのように育てたのか?
ダビデは、王として、いかなる能力により、『ユダのすべての人々の心を動かして一人の人の心のようにした。』のか
ダビデのカリスマ性と能力の考察と検証。
考察と検証が出来れば・・日本の政治家に、まともな政治を施行するために、その結論を教えようかな? そりゃないかありえません



ダビデの、羊飼いであった、少年時代

イスラエル第一代目王・サウル王の失脚後・・次なる王候補者の選別が行なわれた。

『主は言われた。
「容姿や背の高さに目を向けるな。わたしは人間が見るようには見ない。
人は目に映ることを見るが、主は心によって見る。」』
        
『エッサイ(ダビデの父親)は答えた。
「末の子が残っていますが、今、羊の番をしています。」』

『彼は血色が良く、目は美しく、姿も立派であった。
主は言われた。
「立って彼に油を注ぎなさい。これがその人だ。」
その日以来、主の霊が激しくダビデに降るようになった。』
          サムエル記上 16章7~13節


ダビデは8人兄弟の末っ子で、羊飼いをしていたのですが、その信仰の素直さの故に神に愛され、王として選ばれたのでしょう。


ダビデの、イスラエル第一代王・サウロに仕える、青年時代


ダビデ伝の中でも、青年ダビデと巨人ゴリアテとの一騎打ちの戦いは、有名な史実。 
ヴェロッキオ作『ダビデ像』  巨人ゴリアテを足で踏みます。

『ダビデは袋に手を入れて小石を取り出すと、石投げ紐を使って飛ばし、ペリシテ人の額を撃った。
石は、ペリシテ人の額に食い込み、彼は、うつぶせに倒れた。
ダビデは、石投げ紐と石一つでこのペリシテ人に勝ち、彼を撃ち殺した。
ダビデの手には、剣もなかった。』
       サムエル記上 17章 49&50節



ペリシテ軍の巨人ゴリアテを、剣でではなく、『知恵』と『ダビデに激しく降る主の霊』、で倒すダビデ。  
等々・・。次々と。 ダビデは、頭角を現し、紀元前993年に、イスラエル王国第2代目王となります。
   

ダビデの、王として君臨した、熟年(30~70歳)時代

○イスラエル・ユダヤ統一国家の建設。
将軍 そして 政治家としての、ダビデの卓越した能力が発揮される。


いつもの、変わらぬ、ダビデの態度は・・新しい事の始まりには主の託宣を求め、その後必ず、主の託宣に従う態度。


『その後ダビデは主に託宣を求めて言った。「どこかユダの町に上るべきでしょうか。」
主は答えた。「上れ。」「どこへ上ればいいのでしょうか。」「ヘブロンへ」』
『そこでダビデは二人の妻、彼に従っていた兵士を家族と共に連れて上った。こうして彼らはヘブロンの町々に住んだ。
ユダの人々はそこに来て、ダビデに油を注ぎ、ユダの王とした。』
         サムエル記下 2章1~4節

それから7年半後・・

北イスラエル王国のサウルの末子エシバアルが暗殺されると、
ダビデは、北イスラエルの王に推挙されるに至ったのです。(BC994年)

『イスラエルの全部族はヘブロンのダビデのもとに来てこう言った。
「わたしたちはあなたの骨肉です。
これまでサウル王がわたしたちの王であったときにも、イスラエルの進退の指揮をとっておられたのはあなたでした。
主はあなたに仰せになりました。
『わが民イスラエルを牧するのはあなただ。あなたがイスラエルの指導者となる。』と。
長老たちはダビデに油を注ぎ、イスラエルの王とした。』

かくして・・

『ダビデは三十歳で王となり、四十年間王位にあった。
七年六か月の間ヘブロンでユダを、
三十三年の間エルサレムでイスラエルとユダの全土を統治した。』
           サムエル記下 5章1~5節 
  

ダビデの、絶えず感謝と喜びを持って、まだ主の答えが無い時から、主に向かうことは、ダビデの完全な勝利の秘訣です。 のようです
ダビデの家臣達や兵士達も、ダビデの安定した心と変わらぬ態度に、安心して付き従うことが出来た。 のではないでしょうか??
今も、現在の状況を見ながらも、信仰をもって、主に捧げる祈りの中で、感謝と喜ぶことが勝利のカギかもしれませんね


○首都をエルサレムに定め、更に、イスラエルの信仰の聖なる象徴であった、『契約の箱』をエルサレムに運んだ。
王国の政治的支配と 民族の宗教的伝統を 結びつけた。 


司祭たちを全土に分散し、信仰の普及を計った。 
同時に、司祭たちを全土に分散することにより、司祭たちの政治力の弱体化を計った? のではないのかな?←私の推察。


○対外的には、当時の有利な国際情勢を活用して・・各国を破った。
イスラエルの境界線を、中央シリア、ユーフラテス河にまで、拡張する。

『その後、ダビデは、ペリシテ人を撃ち・・。メチグ・アンマを奪った。モアブを撃ち・・。
次に、ツォバの王を撃ち・・。アラム軍を撃ち・・。エドム人を撃ち・・。・・・。
主はダビデに、行く先々で勝利を与えられた。』
     サムエル記下 8章


主とダビデとの深い関わり。と言うか・・ 両者の信頼関係が、聖書には、美しく書かれています

『ダビデは、主が彼をイスラエルの王として揺るぎないものとされ、
主の民イスラエルのために彼の王権を高めてくださったのを悟った。』
           サムエル記下5章12節
『ダビデは祈った。
「あなたはあなたの民イスラエルをあなたの民として堅く立て、あなた御自信がその神となられました。」』
           サムエル記下7章24節
『ダビデは、主に託宣を求めた。・・その後、神はこの国の祈りに答えられた。』
           サムエル記下21章1&14節
『ダビデは、主に言った。
「わたしは重い罪を犯しました。主よ、どうか僕の罪をお見逃し下さい。大変愚かなことをしました。』
           サムエル記下24章10節


私の、単純な考察ではありますが・・・
主は、いつも祈るダビデと、共におられた。
ダビデは、いつも、主が自分と共にいて、力の源となってくれることを信じ続けて、イスラエル王の道を歩んだ。
主は、ダビデ王の素直さと信仰を良しとされ、ダビデに祝福を与え続けた。


ダビデは、モーセに次ぐ偉大な人物とされ、全ての王の模範とされました。
更に
ダビデは、メシア(救世主イエスキリスト)の系譜を 継ぐ者とされました。

ダビデは、キリスト(全世界の人々・羊の群れの牧者)の前表と云われるとおり・・
ダビデは、少年時代は羊飼いでした。 そして、王として民を牧したという点でも、善き牧者でした。



    今日の私の考察そして検証の結論

ダビデの神への素直さと信仰が、神のダビデへの祝福と許しを 導き出し・・
結果として
ダビデのカリスマ性と能力が 生み出されました。



以上。
長々と申し訳ございません 私の今日の聖書通読会の発表の一部でした。


皆さま!
ご訪問感謝申し上げます。 限界ある自分の能力に頼るのではなく、無限の神の力に頼って、開放感と自由を味わいながら強くなりましょう!






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幻のワイン

2012-09-18 12:00:00 | 日々のこと。
幻のワイン:
 ニュージーランド・『Providence』 『プロビデンス』

2004年物。 オーナー・デルヴィッチ氏サイン入り。 メルロー。カベルネ・フラン。マルベック。
婿さんが持ってきてくれた!!  ありがとう!


 ”こりゃ! 『プロビデンスを飲む会』 を開かなくちゃ!!”
      家族全員に集合命令
  集まりました! 
   一人仕事で欠席。お気の毒様!


飲む前に・・
  踏まねばならないのが ・・・『ワイン会』の儀式です。


まずは・・
    お勉強会。 『プロビデンス』とは何ぞや??  


『プロビデンス』の言語の意味は?

英語。キリスト教における概念。 「摂理」 「神の意思」 と日本語に訳される。
「すべては神の配慮によって起こる」という意味である。


・・・ここまでは、幸いに、私の得意分野で、クリアー。  第一関門パス!



次に・・
  『プロビデンス』  ワイナリーやオーナーの知識吸収 

オーナー:『ジェームス・デルヴィッチ』さんの身上調査
本業は 弁護士。
究極のワインを造り出すプロビダンス オーナーでもあり 自らワインメーカーも務める。
「ワイン造りはビジネスではなく、楽しみであり、生きがい。」 と語る。
仲間と一緒に趣味で造り始めた、たった数百ケースのワインを、あるワイン評論家が絶賛したことをきっかけに・・あっというまに『幻のワイン』として広まりました。


・・・”ふ~ん! 趣味が高じて・・『幻のワイン』オーナーとはすごい!
そこまで行かなくとも・・楽しみであり生きがいである趣味を持人は、人生が豊かで幸せだな~! 素敵!



「ワインを造り始めたのも・・。ワインが出来上がるのも・・。「摂理」「神の意思」です。すべては神の配慮によるものです。」 と。

デルヴィッチさんの目指す理想のワインとは? 
「ワインには、フィネス、エレガント、フェミニンさ が必要。
そして、
3つが兼ね備えられていても、ボリュームばかりで、最後まで楽しめないワインでは 意味がありません。
プロヴィダンスでは、食事と共に楽しめて、ボトルが空になるまで、最後まで美味しく飲めるワイン、みんなが心から楽しめるワイン造りを心がけています。」


余談(お恥ずかしながらの私の単純な疑問)
『幻のワイン』 そもそも その意味は? 
色々の理由から、手に入りにくい。 当然ながら、値段が高い。 と言うことのようです。 



『プロビデンス』のワインの特徴は??

①完全なるオーガニック栽培のぶどう100%
   =手間暇かけたぶどう作り

葡萄の樹は、地熱を利用。 葡萄を寒さから守るため、全て約1m10cmと低く仕立て。
又、
「日照量が20%減ってしまう」ために、畑には鳥避けのネットを使わず、代わりに猟師を雇っている。 ですって 驚きの事実です
そして、
収穫をいつ行うか、というタイミングには・・数値分析には頼らず・・実際にブドウを食べ、自らの直感を大切にしている。
収穫前には、悪いブドウを全て取り除きます。
収穫日には、良質なブドウだけになった畑で、一斉に収穫。 1時間以内に全てのブドウは除梗・破砕します。


②酸化防止剤、普通のワインになら必ず入っている、が一切使用されていない。

収穫後・・全てのブドウは、品質と鮮度確保のため、1時間以内に、除梗・破砕します。
「最高のブドウを育てる」という哲学のもと、本当に多くの時間と労力をかけて ブドウを栽培しています。


③生産地

ワイナリーがある、ニュージーランド・マタカナ・『MATAKANA』地方は、海洋性気候。
夏は暑すぎず、冬も寒くなり過ぎず、良質な葡萄が育つため ・・理想とするフィネスとエレガンスを兼ね備えるワインに最適の環境。
又、
ワイナリー周辺の土壌は、水はけのいい火山灰の層と、ミネラル・鉄分を多く含む粘土質の、2層になっている。
この土壌が、プロヴィダンス独特のユニークな味わいと複雑味、を作り出している。



・・・ここまでも、どうにか、
日本の『魚沼産米』の栽培法にも似てるな!と、お勉強クリアー。  第二関門も、無事にパス!


更に・・
  お勉強会は続きます


じいさんが、飲んだことがないのに、『プロビデンス』大ファン!
婿さんは、じいさんを喜ばせようと、じいさんに、『プロビデンス』プレゼント


じいさんは、好きが講じて・・野球界きってのワイン通・『桑田真澄さん『プロビデンス』訪問紀行・ドキュメント』録画済



勉強会最後は・・『プロビデンス訪問紀行』・ドキュメント録画  観賞会。


・・・ワインを栽培するのは、勿論の、奥深い世界です。
・・・ワイン通の道を極めるのも、奥深い世界です。 一事を極めることこそ人生の醍醐味。ですよね



ここまできて
いよいよ・・やっと・・
   『プロビデンスを飲む会』の始まりです


『2004年ヴィンテージ』
この幻のワイン・・8年もたった後どういった味わいになっているのか  興味深々


「コルクが乾いているな~」  「慎重に!慎重に!」 
「コルクが割れてしまうな~」   「開いた!」  「割れたコルクが少し入ったのでデカンタしてみよう!」
  
孫2人・・「まずは・・・私が香りをかいでみますね!」「僕も!」 「結構ですねぇ!」 慣れた仕草です
大人5人・・期待に胸ドキドキ  気持ちが、沸騰点まで、高まります



     びっくりするくらいに香り豊かでエレガント!


デルヴィッチさんの目指す理想のワイン度:「ワインにはフィネス、エレガントさフェミニンさが必要」。チェックです 

 フィネス(繊細さ、優雅さ、上品さ、そして血統の良さなどもある高貴なワインを表現する言葉) OK
 エレガント(落ち着いて気品のあるさま。優美なさま。) OK
 フェミニン(女らしい)  女らしさの味? 優しさですよね?  勿論のOK
 



     おいしい!


デルヴィッチさんの目指す理想のワイン度:「ワインが、ボトルが空になるまで、最後まで美味しく、みんなが心から楽しめるワイン」。チェックです 



     完璧です!
最後まで美味しく、みんなで盛り上がり、心から楽しみました    



以上。
ニュージーランド・幻のワイン:『Providenceを飲む会』 報告の一部でした。  お粗末さまでした


皆さま!
ご訪問に感謝いたします。 喜びをみんなと分かち合って・・今日も楽しい一日を!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加