あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

でっかい声で「お前が言うな」

2014-02-25 22:46:05 | 政治(野田政権)
【産経】民主・野田氏「安倍政権は陰険保守」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140224/stt14022408090000-n1.htm

 野田元総理の言葉を、新聞が紹介した部分について全文引用してみよう。
 最後の4文字を除き、俺も同意見である。



思想が違う人をののしる傾向が出てきている。穏健な保守ならいいが、偏狭なナショナリズムは陰険な保守だ。
中道リベラルや穏健な保守の担い手がなくなったのが日本の最大の課題だ。中核になり得るのは民主党だ

 思想が違う人を罵る傾向は俺も感じるし、それは偏狭なナショナリズムにつながる危険性があるのは、俺も同意見だ。そして、中道リベラルや穏健保守のまともな担い手が少ない事が日本の政治の問題点である事についても、否定はできまい。
 ただ、その穏健保守や中道リベラルの中核となりうる政党はお前らではない

 どの面下げてその台詞を言うか。お前らの政党に存在している有田芳生や、



 先日落選した元民主党議員の岡崎トミ子とか、



首相まで務めた菅直人や鳩山由紀夫を見て、同じことが言えるか。

 

 ウチの古くからの読者なら知っているだろうが、俺はこいつら民主党が存在した時点から、こいつらの事が信用できなかったし許せなかった。
 確かに、日本の中道リベラルや穏健保守にまともな奴がいないのは確かで、そこに一番立ち位置で近い連中が民主党なのは確実だろうと思う。

 よーするにお前らが「まともではない」からこそ、そーゆー批判を受けるのだろうが。

 まあね。野田佳彦のスタンスが、売国奴ではない事については百歩譲って受け入れてもいいと思うわ。民主党3人目の総理は、前任の2名に比べればはるかにマシであったのは確実だ。

 でも、だからと言って消え行くべきお前らの罪業が消え失せたのかと言えば、そうではないだろう。歴代総理のバカランキングワンツーフィニッシュを頭に据えてたのは、紛れも無くお前らだ。政治生命をかけたのであれば、消え行くべき命であろう。消えろ。消えてしまえ。

 左翼側として、一番まともなのは悲しいことに左派ではなく、「左翼の」共産党なんだよ。
 安倍政権のブレーキ役としては、公明党で十分だと思う。リベラルな政策は、奴らがねじ込んでくるだろう。そういう意味において、公明党はまだ利用価値がある。よーするに公明党・共産党で自民党に対抗する形が、現在望みうる最も健全な形ではないかと思う。

 というか、民主党がおかしいというより、民主党を担いでいる労働者の代表者達がおかしいのかもしれないけどな。日教組とか労連とか。
 基本的な対立軸として、労働者と経営者があって、それぞれを保護する為、健全な対立を繰り返すのは悪い事ではない。労働者搾取に寄ってしまうのは、それだけ左派が弱いからなのだ。安倍総理は明確な経営者側。先日ワタミが自民党から擁立されていた事を考えれば、実にわかりやすい。あれ、安部総理の肝いりだろ?



 本来、外交やら外国人の問題は国の問題であって、労働者・経営者双方の利害は一致しているはずなのだ。そこに、左側が中韓からの内政干渉を無防備に受けすぎて堕落しきったのが、民主党とか社民党ではないのか。

 日本の政治の問題点は、大半が君ら穏健保守とか中道リベラルに責任がある。

 野田自身が周辺に比べてまだマシだからと言って、自らを顧みない発言をするのは不愉快だ。盛大に言われるべきであろう。

「お前が言うな」と。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※なんかじわじわランキングあがってます!よろしくお願いします

日本一わかりやすい保守の本-KAZUYA CHANNEL (SEIRINDO BOOKS)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南スーダンPKO・雑感

2014-01-14 22:54:24 | 政治(野田政権)
 南スーダンPKO派遣で、自民党が銃弾1万発を韓国軍に無償提供した問題は、俺がブログを休止している間の中でも、かなりホットなニュースだった。

 今もまだ、銃弾1万発問題については様々な報道で燻っているが、この問題はかなり興味深かった。

 国連を通じたとは言え、他国への武器供給という左翼があまりに喜びそうなネタなのに、報道はされるもののものすごい抑制されたトーンと言うか。テレビもあまり騒がない。違和感バキバキである。

 そもそも、この南スーダンPKO派遣、決めたのは民主党だ。

 派遣決定当時の現地スーダンの状況も、混迷を極めた状態で、日本の応仁の乱のような状態である。紛争開始当時の「北スーダンVS南スーダン」から、「南スーダン反政府軍VS南北スーダン軍」と、敵味方が流動している。日本のPKO参加5原則にも明確に違反しているのだ。

【外務省】PKO参加5原則
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pko/pko_sanka.html

1.紛争当事者の間で停戦合意が成立していること。

 この通り、「原則その1」で破綻している。当事者すら曖昧なのである。
 なぜ、日本政府…いや民主党は、こんな状況に陥る事が明白だったPKO派遣をやっている?しかも、このPKO派遣参加国は、こんなラインナップなのだ。

 ケニア、中国、ルワンダ、カンボジア、バングラディシュ、モンゴル、日本、インド、ネパール、韓国

 アメリカとかイギリスとかはどうした。なぜか途上国多数。
 気のせいか、日本(民主党)も含め中国に親しい国ばかりが派遣されているように思う。そりゃー途上国ばっかなので、韓国軍と互換する銃弾持ってるのが日本だけって事態になるわな。

 ちなみに、南スーダンは中国が外国で油田を獲得した最初のケースであり、中国の主たる石油供給源の1つなのであった。

 そして…。
 南スーダンは一度派遣してしまうと、難民等の発生も容易に予想でき(PKO部隊がいるだけで抑止力になるから)、非武装の自衛隊は単独では離脱困難となってしまう上、人道的見地からも後戻りできなくなってしまう事が最初からわかっていた案件だったんだな。
 2011年11月、南スーダンPKOを民主党が「責任は我々がとる!」と強硬し。

南スーダン国際平和協力隊の設置等に関する政令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H23/H23SE345.html

 その後の外交防衛委員会で自民党を代表してヒゲの元自衛官、佐藤議員が猛反発していたわけだけど。
 この南スーダンPKOを決めた民主党の連中の、外交防衛委員会での態度をどう思う?

【つべ】佐藤正久が南スーダンPKOに自衛隊を派遣した民主党をフルボッコ 2011/11/29


 俺には、中国の国益の為に、日本人の命を粗末にしているようにしか思えなかった。
 奴らが残した爪あとは、今もなお、日本人を苦しめている。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※目指せとりあえず政治ランキング50位以内!

ありがとう自衛隊: - (ワニブックスPLUS新書)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

売国奴・民主党政権の歴史にまたも1頁追加

2013-09-04 22:33:48 | 政治(野田政権)
 野田は保守ではない。
 かつて、野田政権の時俺が散々主張した台詞である。

「野田は保守ではない。『何も決断しない男』なのだ」と。

 そんな野田の動きが、また1つ明らかになった。なんと、野田は韓国の詐欺ババア共に対し、公式謝罪する予定だったというのだ。

【慰安婦問題】「日韓がもう少し真剣に検討していれば」韓国側、野田首相が謝罪する民主党政権の賠償案を断っていた★2[09/02]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1378134532/l50

 これはヤバかった。すごい売国奴ぷりである。
 何回も繰り返しているが、野田は保守ではない。さらに、自分では何も決断できない男なのだ。

 そして、野田政権の「影の総理」は…岡田なのだ。もうね。さもありなんだよ。
 ちなみに、野田政権下での屈辱的外交については、ウチでも当然の如く、何回かネタにしている。

【拙】外患誘致罪適用の可能性2
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/f3bf9b2f5c1e169506160863f762f01a

 この時は、中国軍艦の領海侵犯を黙認するように指示を出す岡田の姿が!

【拙】【要チェック記事】レーダー照射事件の謎の糸口
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/145a8a853ae60f7a28e6bb9331906a6a

 この時は、日本のP-3Cが中国海軍にロックオンされた(準戦闘行為)というのにスルーを指示した岡田の姿が!

【拙】朝日新聞が民主党政権と密接に関わっていた可能性
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/e6da34f5ab4ea1364fb0fcb309183364

 この時には、領空侵犯する中国機を黙認するように指示を出す岡田の姿が!

 これだけ見ても、野田内閣は保守ではないのだ。
 が、野田佳彦は腐っても「保守」と呼ばれた男。流石にここまでの売国奴ではないのだ。で、決断の裏にいる男こそ、民主党では「アホではない優秀な売国奴」の2大巨頭の片割れ、フランケン岡田克也がいるのである。無論もう一人は仙谷由人。

 決断できない野田の、超絶売国奴的決断の裏に、岡田の影が見える。

 俺は、野党・自民党の言いなりにならざるをえないレームダック野田の政権が、衆院任期ぎりぎりまで続くのも悪くはないと思っていたが…。
 こういう裏事情を知ると、一刻も早く民主党政権が崩壊して本当によかったと思う。
 そして同時に、この破格の条件でも許さないと繰り返し呪詛する韓国と言う国とは、どう考えても折り合う事は不可能だと思うのであった。
 「破格の条件」とは、冒頭の記事を引用すればこうだ。

・野田総理が慰安婦問題に対する直接的な謝罪を表明
・駐韓日本大使が元慰安婦を訪ねて野田総理の謝罪を伝える
・日本政府が直接人道支援という名の賠償を行う

 今、韓国政府筋はこの条件を飲まなかった事を後悔しているし、これを超える行動を日本政府へ要求しているとの事で、これは事実上の絶縁宣言であろう。安倍総理がこれをやるとは到底思えない。

 絶妙なタイミングでの政権交代だったんだな。
 そろそろ本気で民主党の逮捕者を出すべきだと思うんだよ。俺は。

人気ブログランキングへ ※最近、ブログランキング下降気味です!1票よろしく願いします。

「国土」喪失。 なぜ日本は領土を守れないのか

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

日印友好が嫌な人達

2013-03-25 23:23:36 | 政治(野田政権)
 少しマイナーなニュースなんだが…。昨日の産経新聞にて、インドへ、純国産の救難飛行艇、US-2のインドへの輸出が決まったニュースが出ていた。

【産経】海自飛行艇 印へ輸出 中国牽制、政府手続き着手
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130324/plc13032406580005-n1.htm

 この飛行艇は2009年から海自に配備された、ガチ世界最高性能の救難飛行艇で、ヘリかと勘違いする程の低速飛行と、ヘリかと勘違いする程の離水距離なんだそうだ。
 動画を見て吹いた。なんという変態度。

▼こっちが、あり得ない低速度でほとんどホバリング状態のUS-2で


▼こっちが、ほとんど数秒で離水するUS-2


 これに加え、3mの荒波でも着水可能とか、高高度飛行可能で低気圧の上空を飛ぶことができるとか、俺はミリオタじゃないので詳しい兵器面での機能比較解説とかができないのは残念だが、調べてみる限り、凄まじい性能の一言。まさに海難救助の鬼。

 この輸出に道筋をつけたのが、実は民主党の野田政権なのだけど…。
 まあ、よくやったと言ってもバチは当たらないと思うものの、正直不安だった。何がって、この凄まじい飛行艇の技術が中国に筒抜けになる事がだ。

 輸出にあたり、製造元の新明和工業は、防衛省以外へ納入するため、「民間転用」の手続きをとってて、ヘタを打つと合法的に技術が中国に渡ったかもしれないと思ったからだったんだけど…。今はこの辺りについては、なんの心配もいらないもんねぇ。ホント、自民党が与党になってよかったと思う。

 しかし…。
 最近、何故か急に、インドのレイプ事件が日本で大きく取り上げられていたけどさ。

【産経】レイプ事件相次ぐインド 厳罰後も後絶たずデモ大規模化
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130320/asi13032022170001-n1.htm

【BOB】【時事通信・AFP】インド旅行中の英女性がホテルの二階から飛び降りた事件報道~比較事例
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51417768.html

 無論、レイプは大事件だと思うんだけど、何故インド?レイプ関連だとマジキチレベルの事件が我が国の隣国ではガンガン起こってるやん。

 とか思ってたら、途端にUS-2のインド輸出決定とか、麻生氏の積年の外交思想である、「自由と繁栄の弧」の華々しい最初の第1歩が。

 マスコミさんの妨害工作っぽい感じが如何にもナイスタイミング!なのであった。
 インドと日本が仲良くなるのって、そんなに嫌なん?

人気ブログランキングへ

自由と繁栄の弧

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

外患誘致罪適用の可能性2

2013-03-06 23:28:50 | 政治(野田政権)
【拙】外患誘致罪適用の可能性
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/d5e6303b49bd71484d43bc4ffcc4b5f5


【産経】「中国刺激するな」 野田政権の尖閣での消極姿勢また判明
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130305/plc13030508500009-n1.htm

岡田氏は次いで、中国軍艦の領海侵犯を黙認させるような対応も命じた。
領海侵犯と同時に空自戦闘機による緊急発進(スクランブル)を準備する必要があるが、岡田氏は「軽微な領海侵犯だから中国を刺激するな。海上保安庁に任せればいい」と準備を認めなかった。

 またしてもフランケンか…。
 

【拙】【要チェック記事】レーダー照射事件の謎の糸口
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/145a8a853ae60f7a28e6bb9331906a6a

【拙】朝日新聞が民主党政権と密接に関わっていた可能性
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/e6da34f5ab4ea1364fb0fcb309183364

 別件とはいえ、この記事の続報と言えるだろう。
 いや凄いねフランケン。こいつ、最近の媚中外交の全てに関わってきているわけか。
 レーダー照射の時も、曳光弾非公式に使用禁止の時も、日米合同離島奪還訓練の断念の時もそうだった。仙谷もそうだが、民主党政権で真にクソいヤツというのは、「影の総裁」だよね。
 鳩山の時の小澤、菅の時の仙谷、そして野田の時の岡田というわけだ。
 お気づきだろうか。

 全部「無能トップと飛び切り売国奴のサブ」である。

 実質、サブが国政を仕切る形なのである。

 ちなみに、現在の自民党も同じ形くさい。安倍総理がアホなのかどうかはわからないがな。形としては、安倍総理と麻生副総理は同じ形なのではないかと思っている。
 自由に辣腕を振るうためには、今の日本ではサブに徹するのがよいと、政治家は考えたのかもしれんね。

 ちなみに、俺は自民党総裁選の時、総裁に町村氏、サブに安倍氏がいいと思っていた。安倍氏は矢面に立つにはマスコミに嫌われすぎているので、自由に動くためにはサブに徹するべきだという考えからだった。
 みんな、考える事は同じなのかもな。

 ちょっと脱線したが。
 まあ歴代民主党の「影の総裁」全員がそうなんだけどさ、岡田は飛び抜けて酷いな。

海自艦艇は中国軍艦と15カイリ(約28キロ)の距離を置き、中国側が近づくと後退するよう命じていたほか、領海侵犯の恐れがあっても先回りして警戒するのを禁じた。

 28キロ先となると、目視による警戒は不可能でレーダーに頼る事になる。
 どうぞ自由に領海侵犯してくださいと言っているようなもので、わざわざ危険な状態にしているわけだ。まさに無防備マン。

 外患誘致罪とは、他国の軍隊を引き込み、日本へ軍事的脅威を誘致することに対する罪で、未遂でも立派に成立させる事ができる。
 北朝鮮への間接的な資金援助をしていたと思われる菅は、「外患誘致罪に適用できるんじゃねーの?これ」程度の罪状であったが、岡田のコレはド直球の外患誘致罪であろう。死刑である。

 そりゃー、岡田はドヤ顔で「事実ではない」と言うしかなかろう。

 しかし、俺もとうとう達観してしまったのか、岡田に対してはなぜかあまり怒りが湧いてこない。多分歴代民主党の売国奴行為の中でもトップクラスと言っても過言ではない彼の行動なのに。不思議でならない。

 これよりも、日本の重文を強奪して自国に逃亡して「もともとウリの物ニダ!」と嘯いでそれを国家が了承したり、金でオリンピックメダルを買ってホルホルしたり、文化や技術を盗用して起源主張したりする隣の国の方が余程腹が立つ。
 元はと言えば、岡田や菅のような売国奴が、特亜を増長させているのが要因なのにな。
 日本人は、もっと売国奴を糾弾すべきであろう。
 関係者を証人喚問とか、やりようはいくらでもあるのに、なぜやらない。
 大人しすぎる。溺れる犬は棒で叩くべきだよ。

人気ブログランキングへ



売国奴
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【要チェック記事】レーダー照射事件の謎の糸口

2013-02-18 22:58:02 | 政治(野田政権)
【ニュースポストセブン】2012年4月に発生 中国海軍によるP-3Cロックオン事件を再現
http://www.news-postseven.com/archives/20130215_172022.html

 と言うわけで週刊ポスト誌上にて、かねてより噂があったレーダー照射事件の民主党政権時代の話が出てきた。
 このネタ自体は最早新味はないのだが、恐らく具体的な発生時期が出てきたのはこの記事が初めてであろう。
 2012年4月と言えば、2011年9月から民主党政権崩壊までを担当した、野田政権のど真ん中である。

【民主党】岡田氏「日本政府は北朝鮮・中国に厳しく対応を。日経の『野田氏と岡田氏がレーダー照射を非公表』は無責任な誤認」[02/14]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1360806512/l50

+

 この記事の裏をとる記事なわけだ。
 ここは岡田の証人喚問を行うべきだと思うのだけどな。まあほぼ岡田と野田が嘘をついていると思うが、この記事だけではまだ、防衛省で握りつぶされた可能性が否定できない。

 今後の展開が要注意の記事であろう。

人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞が民主党政権と密接に関わっていた可能性

2013-02-04 23:01:35 | 政治(野田政権)
 本日の産経新聞の記事が、朝日新聞が民主党と密接な繋がりがあったのではないかという事を伺わせる内容だったので紹介しようと思う。

【産経】尖閣侵犯、野田内閣“弱腰”で中国エスカレート 「関係悪くなる」岡田氏主導、曳光弾封印
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/627434/

 まあ、この記事自身、そうとう酷い内容(記事自体ではなく民主党が酷いんだよ)で、岡田が以前「それは中国様の許可をとったのですか?!」と国会中継で絶叫したアレと同じくドン引きの内容なんだけど。
 それは後で解説するとして。

 要するに、

野田内閣、非公式に曳光弾使用しない方針

朝日新聞、その事実を知るもスルー

安部内閣誕生、小野寺防衛相「(領空侵犯については)国際ルールで対応」

朝日新聞「ピコーン!事実上の曳光弾使用解禁宣言アル!!

【拙】朝日は中国に戦争を煽り、日本に無防備を強要する
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/5e6c596a25b2f946e65b6021ff561e38


 という流れなのではないかと。

 産経新聞の今回の記事の表の意図(キモ)としては、

・今の中国の領空侵犯頻発については、岡田の進言が結局は中国の増長を招いた
森本敏防衛相は抵抗したが左派政権の花畑バリヤーの前に無力だった
・野田は国際ルールよりも内輪の非常識を採用した


 の3点を伝えたい意図があると思う。
 それにしてもまたあのフランケンか…。

 

 中国の増長のウラに、いつも見え隠れするなヤツは。実家(イオン)の利益にも直結するからだろうが、基本的に外国人に依存するような日本人経営者絡みの人が政治的に影響力のある立場に立ってはいけないような気がするわ…。イオンとかソフバンとかロッテとか。

 産経の立ち位置としては、完全に「同志」であろう森本氏は護らねばならないので、森本氏の抵抗のシーンは多少不自然であろうとも挟まねばならなかったのであろう。

 野田の件は…。産経としては、野田は護りたい部類の人種であろうが、岡田・森本氏の両者の対立を描くにあたり、口にせざるを得ない状況になってしまっているのだ。

 産経はよく野田を持ち上げるし、野田に対する世論の評価はワリと高めだが。
 前々から主張している通り、野田は「何もしない男」なのである。

 印象としては、「何も考えていない鳩山」に近い存在だ。

 鳩山は、自身の理想で思考が煙って現実が見えておらず、そして3歩あるけば人の忠告を覚えていない為、最後に忠告を入れた人の発言のみを重用する。
 野田は、何もかもが自身の意思でなく調整オンリー。受けた忠告は、自身に最も近い人を重用するのだ。彼こそが、よく安倍総理を非難する為に使われる造語である「お友達内閣」であったと言える。

 野田が最後の方、かなり保守寄りと言われた最も大きな要因は、TPP問題等で反発して民主党の左派系がかなり党外へ小澤と共に流出したからである。
 もし本当に野田が保守なのであれば、森本元防衛相の発言が常識なのだから、ドン引き間違いなしの岡田の売国発言を重用するとか狂気の沙汰であっただろう。

 またひとつ、野田が如何に「無能」で、「何もしない男」だったかを証明する記事…。俺はそれが、この記事の本質であろうと思う。

 産経新聞にその意図があったか否か、不明ではあるものの…。
 裏の意図として、朝日新聞記者が、民主党の岡田のドン引き発言を知ってて、外交問題にまで発展しているにもかかわらずスルーしていた事を暗に示すことにあったのではないかと思う。



人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙放送雑感

2012-12-17 22:15:04 | 政治(野田政権)
 さて。今回も選挙をチャンネルザッピングで各チャンネルを見てたんだけど。
 やはり一番酷かったのは古舘伊知郎のTBSであった。もう明らかに「世襲批判」を前面に押し立てた論調なのね。

「やはり自民党強い…!××1区当確の○○さんは、△△さんのご子息です」

 とか、必ず自民党で世襲の人はこんな紹介の仕方なのである。田中真紀子とか角栄の血筋とか絶対に紹介しないし、松本ドラゴンだって、玄葉だって、小宮山だって菅だって世襲なんだが、欠片も紹介しない。(ほとんど落選しよったけどな)

 選挙関係は情報の速さ確認でTBSもザッピング対象だったんだけど、序盤でそんなふうに不愉快なので見る気が失せた。
 その後、NHKを中心に、民放(TBS除く、サッカーやってたフジの序盤も除く)をたまにザッピングしてたのだけど、なんつーか感情的というか、絡み方が粘着質でガチで気分が悪かった。

 NHKがいいわぁ。淡々とした雰囲気が。コメンテーターとかいらんわ。マジで。

 それに、NHKは、地デジのプログラムが一番便利だった。
 ウチの選挙区だった大阪第7区は、藤村修内閣官房の地元で、維新が元キャンギャルのドシロウト、上西小百合を刺客に立ててたいわゆる「注目の選挙区」だったので、

「ぬぉおお!渡嘉敷直美(自民)がんばれー」

 とか俺ら夫妻は熱くなっておった。
 なので、NHKの「マイ選挙区」に登録してたんだが、地デジの選挙ページトップに投票情報がリアルタイムで更新される。

 それを除いて10数件の「注目の選挙区」が登録・保持できる。

 麻生太郎と小泉進次郎がどんなけ差をつけて勝つのかとか、

 どんなけ大差で負けるのか興味津々だった菅、田中真紀子とか、

 負けて欲しかった原口や、

 中川郁子さんの対抗馬が、あの政治資金を風俗で使い込み、小澤の側近でもあるクソ野郎の石川だった為、是が非でも勝って欲しく注目とか。

 とりあえずそんな感じで、ガッツリカスタマイズ可能で、はっきり言ってかなり便利だった。選挙情報の為にザッピングする事はほとんどなかった。NHKだけでOK。
「進次郎すげー!投票占拠率8割とかマジすげー」とか、「なんで中川郁子さんがあの人間のクズ石川と僅差やねん」とか、「ドシロウトの上西小百合がなんで渡嘉敷直美さんとがっぷり4つやねん」とか、常時確認しつつ、同時にNHK解説員の解説と、立候補者のインタビューとかも流れるわけだ。機能的には完全にネットを凌駕していた。

 局側が厳選したツイートが吹き出し表示されるニコ動みたいな選挙特番もあった。テレ朝だけど、ぜんぜん役に立たねぇ。プログラム的には実用オンリーのNHKの圧勝だった。

 NHKは確かに反日ではあるものの、朝日新聞と同じで良い方面についてはホント非常に良い。
 俺はNHK、金を出す価値はあると思うから金を払っているし、スクランブル導入されてもまったく実害がないのだけど。
 こと選挙に限れば、他の民放と比較して圧倒的な情報量と公平さを考えるとねぇ。無料で視聴している人がいなくなる事はマイナス以外の何者でもないと思うんだよな。

 税金で国営局として運用し、反日バイアスを監視するBPOみたいなのを設置するのはどうだろ。

P.S.
 テレ東の選挙速報が無双であった事を後で知った。まとめも確認した。

【はてな】テレ東の選挙特番に出演した池上彰さん、直球質問で政治家を斬る ネット上では「池上無双」と評価
http://b.hatena.ne.jp/articles/201212/12010

 すげぇズケズケ言いまくりだったよ池上。面白そうだったが、ありゃ単なる「嫌がらせショー」だよね。
 聞きたいけど聞けない事を聞いてくれるのはいいんだけどさ。「社民と共産は同じような主張なのになんで一緒になんないの?」とか。俺は知ってるけどさ。

 俺、あいつ嫌いなんだよな…。

池上彰、「政治記者100人に聞いた評価できる政治家」で、野田総理1位、安倍総裁15位
http://togetter.com/li/424193

人気ブログランキングへ

NHKにようこそ! (角川文庫)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年衆院選総括

2012-12-17 22:09:07 | 政治(野田政権)
 いやぁ。心地良い選挙だったな。

 いろいろ見所はあったけど…。とりあえず「未来の党」が消滅の危機に瀕しているのが、実に嬉しい。
 小選挙区で勝ったのは小澤と亀井のみだったとか。あわよくば全滅して欲しかったけどな。

 全体的な統括という点では、見所は大きく2点。
 『「民主党の大勝利ではなく、自民党の大敗北であった」という前回衆院選の代名詞が逆になっただけ…。』というマスコミの台詞と、投票率の低さである。

 此度の衆院選は、前回の衆院選と「自民党と民主党が逆になっただけ」という印象をマスコミは語っているのだけど、とんでもない。
 前回の衆院選は、マスコミの執拗な自民党バッシングによる印象操作…一方的すぎるネガティブキャンペーンにて「作られた結果」だが、今回は「マスコミが作った結果」ではない。
 誰もが納得する自然の成り行き上の、「民主党、未来の党の大惨敗」なのである。

 そして、戦後最低という投票率の低さ。
 これは、「どこに投票しても一緒やん」と考えている「無党派層」が如何に多いかを示している。
 実に判りやすいと思うが、つまり、「前回自民党を拒否する為に民主党へ投票したけど、民主党はぜんぜんダメだった。自民党に入れても民主党に入れてもダメだった。もうどこでも一緒やろ」という思考に至ったが故のものなのだ。

 「どこでも」なんて、俺からすればとんでもない話で。自民党与党時代、社会党や民主党やマスコミが邪魔をしているのも大きな政治不信要因であり、民主党時代はあの害虫どもの日本破壊活動が、実害を伴った政治不信要因だったのである。排除すべきは社民党や社会党で、あとその流れを色濃くくむ民主党だったはずだ。「どこに入れても一緒やろ」とか、不勉強以外の何者でもない。

 この、「政治不信の流れ」を助長しまくっているのがマスコミなのだが…。

 マスコミが力を失いつつあるのは、何度も言及している通り。
 それはそうなんだけど、多くの国民がマスコミ以上の信頼足りえる情報元を見いだせないでいるのが現状なのではないかと思うのだ。

 「政治なんて、どこがやっても一緒や」は、言わば昔超強かったマスコミが残した「呪縛」なのだ。簡単には解けない。それが実によく判った。

 俺は、これまで民主党の実態や、自民党の評価すべき点が正当に評価されていけば、いつかことの重大性がわかってもらえる時がくると思っていたが…。現在60代以上の世代は、最早この呪縛を解く術がないのではないかと思う。
 若い世代に政治に興味をもってもらい、現状の問題点を正しく認識してもらって選挙にきてもらえるようにするのはもちろん重要なんだけど。

 俺の目の黒いうちに、衆愚政治からの脱却は難しいな。

人気ブログランキングへ

亡国の宰相―官邸機能停止の180日

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

マイルドインフレーション 夏休みの終わり

2012-12-17 22:01:08 | 政治(野田政権)
 大阪では無双の強さだったね維新。

 実に予想通り。俺周辺でも「維新信者」は多かった。
 実際、大阪でのアレの実績は大したもんなんだよなぁ。俺も、今の時期が好景気なのであれば、普通にアレでOKだと思う。特に石原都知事と組むことで、双方の問題点がうまく緩和され、いい具合に化学変化していたように思う。

 石原・橋下双方ともに、暴走列車だからね。喧嘩して妥協してで、丁度よさげだった。惜しいね。実際、安倍総裁になって、確実に景気は回復できるだろう。俺は最早確信したわけだが。
 景気回復後、満を持して、維新の会が国政に出れば…!じっくり大阪府政で力をためとけば…!明確な自民党の対抗馬に成長できた可能性がある。
 今みたいなワケのわからん烏合の衆にならなかった可能性があった。

 左派・自民党と右派・維新の会。
 見てみたかった気がするけど…。既に石原は歳を取りすぎている。今のタイミングしかなかっただろうな。まさにラストチャンスだったのだろう。

 ところで。
 俺が何故、日本の景気回復を確信したかというと。
 かの有名な高橋是清のデフレ脱却路線と同じ現象が発生しているからだ。レールに乗ったっぽい。

矢野浩一さんによるリフレーション政策メモ
http://togetter.com/li/322150

矢野浩一
@koiti_yano

通常の「高橋財政」の評価は、
(1)財政政策と、(2)金輸出再禁止や
日銀引受を含めた金融緩和によりデフレから脱却した、
というのがよくある理解だと思いますが、
「昭和恐慌の研究」第5章、第6章の結論はそれとは少し異なります。



昭和恐慌の研究



昭和恐慌の研究」第5章、第6章では、
「日銀引受が始まる以前(つまり貨幣成長が始まるよりも前)に、
日本経済はデフレから脱却し、マイルドインフレーションに移行している」(←ここが重要です)
ことをデータ・実証で示しています。

では何がデフレ脱却を実現したかというと
「政策レジームの変更」と「インフレ期待の変化」だということになります。
つまり、サージェントの「四大インフレーションの終焉」の逆のケースだということになります。


 実際、安倍総裁はインタゲに舵を切ると宣言し、既に実現可能な政策として立案している。すると、安倍総理誕生前から円安と株高が進行し始めた。直前の超無能民主党政権も手伝っているものの…同じなんだよね。

 野田元総理のおっしゃる通り。時計の針は、確かに戻った。麻生政権退陣まで。
 そして、そこに立っているのは麻生財務相(かもしれない)なのである。
 ※個人的に麻生元総理は外相希望。

 麻生元総理は、高橋是清と同じ場所に、同じ立場に、同じ状況に、同じ意思でもって立っているのだ。

 やっと、麻生政権の時の麻生氏の弁「日本の経済再生の処方は全治3年」に戻った。
 恐らく3年後、今の「麻生財政」を評価する時期がやってくる。
 それが、実に愉しみだ。

 日本の政治空白、4年間の夏休みは、あと半年を残し、ようやく終わった。

P.S.

【衆院選速報】加藤紘一・自民元幹事長の落選確実に 山形3区
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121217/plt1212170028003-n1.htm

 自民党もようやく一二を争うガンが消えましたな。
 こいつの敗戦が、今回の選挙の真っ当さを表しているように思えるよ。

人気ブログランキングへ



コレキヨの恋文
コメント
この記事をはてなブックマークに追加