あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

我が国のリーダーシップ

2016-02-29 23:04:53 | 政治(国内・その他)
【DO】40代で本当に自立できている人に共通する思考法
http://diamond.jp/articles/-/86965

自分では「ジリツ」しているつもりでも実は誰かの枠にはめられている

 ダイヤモンド・オンラインにて。社会人にはわりと耳に痛い話がエントリされていた。
 これが、ウチで先日から取り上げている「日本はアジアのリーダーか」という話題に微妙にリンクしていたので、紹介したいと思う。

 まあ、耳に痛いっつーても、俺的にはそんなに痛い話ではないのだけど。
 この記事の著者は野田稔氏。経営学者であり、元経営者でもある。俺も、管理職経験者なので、彼らの思考は痛いほどよくわかる。
 で、ウチのブログをずっと愛読されている方ならわかると思うが、俺の主張は常日頃から、

「経営者とは総じて外道であり、ワタミの渡邉美樹で普通」
「管理職ってのは、その外道と一般社員の間を取り持つ人々で、上昇志向の強い人は総じて外道に近づいていく」

 なのである。この構図ってのは、国対国にも当てはまるので、ちょっと面白いと思っている。
 では。この記事ではどのように「リーダーシップ」を定義しているのか。そんな観点で、この記事を紹介してみよう。以下、引用である。

リーダーが人を巻き込む際には、共感させ、納得させて、さらに自分事化させることが大切だと述べた。仕事の大義を理解させ、かつ、自分の人生やキャリアにおいての意味をメンバーに自覚させることによって、仕事を“我が事化”させるのだ。

 要するに「当事者意識」という奴である。他人事では人間、なかなか真摯に取り組む事はできない。日本って国は、憲法9条のせいで、軍事面では前線に出ておらず、従ってどこまで行っても他人事なのではなかろうかと思う。

 そして、それはアメリカも然り。東アジア情勢に対する意識はあくまで「他人事」なのだ。で、その当事者意識の希薄につけこんでいるのが、特定アジアの3カ国なのである。
 連中は、日本に当事者意識を持ってもらうと困るわけだな。この地域で当事者意識を持っている有力な国は、中国と韓国であろう。
 これに対抗すべき国は、当然ながら日米なのだけど。この2国の当事者意識が希薄な為、それでギリギリ均衡が保てているのである。

 ここで、日本が当事者意識を持ち始めると、現在保たれている均衡が大きく崩れるわけだ。だから、上記のような意識を持って、冒頭に紹介した

「40代で本当に自立できている人に共通する思考法」

 という記事を読むと面白い。実に面白い。日本がいかに安全保障について他人事か、理解しやすいと思う。

 尤も、俺は仕事よりも家庭をとった男であり、会社に家庭を優先する為管理職を辞め、一般社員になりたいと志願し、できないなら辞職も辞さないと宣言し、さんざん引き止められて現在に至っている人間である。会社内で「自律」する事がいかにしんどいか、そんな事ができる人ってのが、会社の中でほんの一握りである事をよく知っている。

 リーダーシップってのは、他人に「これは他人事ではない。自分事だ」と認識させるものだという上記記事の言説は、本当にその通りだと思う。無論、それはそれ相応の実力が伴ってナンボなんである。
 だから、おだてて当事者意識を持ってもらおうと思ったり、自分が楽をする為に他人に押し付けようとする行為は論外である。そういう意味では、台湾が「日本のリーダーシップに期待」したり、韓国が「よし。みんなで寿司が食えるな」って言ってみたりするのは似たようなものだろう。

 が、その国力に対し、日本の当事者意識の欠乏具合があまりに酷いのはガチである。
 こう言ってはなんだが、俺はそこそこ会社で優秀な部類である。が、俺を使う人に対し、俺はすこぶる従順だ。

 責任と自尊心はバーターである。日本人として矜持を持ちたいのであれば、俺は東アジアで当事者意識を持つべきだと思う。それでこそ、本当にリーダー足りえるのだ。

 でも、冒頭の記事を読んで俺は、「国として外道への道だな」とも感じてしまうのである。極端な話ではあるが。
 国際社会でリーダーシップを取るというのは、外道への道なのかもしれない。でも、俺は優秀で信頼できる経営者という、稀有なものを見た事もあるのだ。

 日本にそんな「信頼できる経営者たれ」という、離れ業を俺は目指してほしいのだろうか。少なくとも、現在大人気のアメリカ大統領予定のドナルド・トランプ氏のような「俺がアメリカを強くしてやる」節で拍手喝采するような人々ではきっとダメなのだと思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※30位代です!ホント、ありがとうございます!

なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国際派日本人女性のトレンドは反日

2016-02-27 00:03:41 | 国際
 こいつ、すっごい叩かれてるな…。

【棘】【影山優理】私達記者は正義。がんばる。
http://togetter.com/li/941924

 影山とは、AP通信の日本特派員記者である。彼女のツイートを読んでると、AP通信は常に中立で正確なんだってさ。鼻でわらっちまうわ。

 
 ▲影山優理 近影

 ちなみに彼女、先日日本でアンブロークンが公開された時、なかなか香ばしい事をツイートしており、どこが中立で正確なのかと頭を抱えたくなるような人物である。
 他にも、「レイプオブ南京」を史実扱いしていたり、わざとやっているとしか思えない。「めいろま」もそうだが、何故にこいつら海外のインテリ日本人女性はこんなんなんだろうか。反日がトレンドでカッコイイとか思ってるのか?

 
 ▲めいろま(谷本真由美)ちなみにさっき彼女のツイッターを確認に行ったらブロックされてた。やべぇなんかむっちゃうれしい…

【棘】【影山優理】AP通信・影山記者は「日本軍が強制連行した」という記事を未だに発信
http://togetter.com/li/935221

 それにしても正義かー。正義ってのは人それぞれだよね。俺の中の正義もあれば、きっと韓国人や朝鮮人の中の正義、イスイス団の持っている正義、安倍総理の持ってる正義、福島みずほの持ってる正義、中国人が持ってる正義、渡邉美樹が持ってる正義…。全部、相容れない正義だと思うな。

 まあ、こういった連中が叩かれるのは当たり前である。
 でも、俺はちょっと凄いと思ってしまったよ。

 俺らブロガーは、言わば批判専門である。人の粗を探して叩いてばかり。
 何か主張しようとしても、必ず何かの引用だもの。自分の言葉じゃないんだよね。

 ところが、この人は自分は正義だって言い切っちゃってるんだろう?
 俺、いくら自分が正義だと思ってても、そんなの口にできないもの。だって、自分の言ってる事は自分の立場からの台詞であって、「絶対善」には成り得ないんだもの。

 で、正義なんて言葉は、主体的に使ってしまえばそれは「絶対善」という定義の上で使うしかない。

 つまり、影山はそのまんま定義してしまえば、「自分が絶対に神のごとく正しい」という事を前提に話をしているんだろ?さらに言えば、「記者というのは基本的に正義」であると言うのだろう?もっと言えば、「AP通信は常に中立で間違えない」んだろう?

 となれば、彼女の言い分と違うものは全て悪なのである。
 慰安婦問題を認められない日本人は悪だし、レイプオブ南京を認められない日本人は悪なのだ。

 キチガイだよ。

 なんつーか、いわゆる日本の歴史認識問題ってのは、中国や韓国の人と話をしていると、「あーあー。お前の言ってる言葉なんてキコエナーイ」みたいな、暗に「日本人の言ってる事は正しいと思うが、まともに聞けば自分達が不利になるのは目に見えているので、でかい声で圧倒してやる。嘘も100回つけば本当になるんだぜ!ゴネ得命だ!」って感じの、言わば清々しいほどの悪意を感じる事が多いのだけど。連中、別に狂ってないんだよな。自分の利益に正直なだけ。

 ところが。この影山とかめいろまとかは、自分の利益になってるように見えない。狂気を感じるんだわ。それは、ドイツ人が、自分達が戦争責任から逃れる為に、全てをナチスのせいにして、自分達は犠牲者であると言い張った論陣に似ている。
 多分めいろまも影山も、自分のことを日本人だと思っていないのである。

 だからこそ、平気で根拠のない薄っぺらい論陣で日本人をクソミソ叩けるのだ。
 日本国内にいる特定日本人とはまた違う、キモい生き物だと思う。特定日本人は、「中韓国人に取り込まれた日本人」であり、自身の事を「良心的(正義の)日本人」だと思っている。…自分が日本人だという自覚がちゃんとある。ただ、一般日本国民より1段上の存在だと思っていそうだけどな。

 影山とかめいろまは、それより自分を上の存在と、いや違うな。自分を日本人だとすら思っていないんだろうね。
 そんな連中が、「自分は正義」とか言って、日本人を叩く。

 もし、これが正義って言葉の重さをちゃんとわかった上での発言であったならば…。

 その批判対象である日本人が絶対悪だからこそ、自分達を臆面もなく「正義」と言えるのだろうな。

 どっちにしろ、最悪のカスだと思う。

 …もう、こんな連中は日本人をやめてほしいわ。日本名を名乗るな。
 同一人種だと、思われたくない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※後ちょっとで再び30位代です!さらなる応援よろしくお願いします

なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか? (コア新書)

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

野党が次期選挙に向けて準備中

2016-02-25 23:29:11 | 政治(安倍政権)
 選挙に向けて、民主党は今、自分達の規模を大きくしようと躍起である。

【変態】岡田代表「2党が軸に、他の野党も参加を」
http://mainichi.jp/articles/20160225/k00/00m/010/121000c

 …懲りないよな…。懲りてないよな。マジで。言ってる事の「懲りてなさ」が、IOM事務局長に匹敵するわ。

【時事】難民受け入れ「努力して」=日本などに転換求める―IOM事務局長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160225-00000116-jij-int

 維新との合流話があったけど。綱領の策定から入るそうで、選挙の洗礼も受けていない政党の綱領に、なんの意味があるのだろう。

 まあ、とどのつまり、その綱領で選挙を戦おうという訳なんだろうけどな。
 じゃあ、1名残して全員離党とか、モロに政党交付金返却拒否狙いとか姑息な事をするなと。元民主党の小澤も、自由党を解党する際に5億円以上自身の政治資金団体に寄付しておいて政党交付金の返還を行わなかった。こいつら、まるで通名を乗り換える在日外国人や、自分達の名前が胡散臭くなってくると団体名をコロコロと変えるシールズとかしばき隊とかと同じで、コロコロと居場所が変わるけど、君らを信じて投票してくれた国民の気持ちを判っているのだろうか。

 今後も、選挙には実弾が必要だからだろうが…。連中、金に汚いのが目に見えてしまい、嫌な感じだなぁ。…ま、話は少し逸れてしまったから、元に戻すけど。

 懲りてないと思うのである。
 例え、自分達の規模が大きくなっても、自民党に勝てないと思うのだ。
 だって。やってる事が「反自民党」なんだもの。反・安保法制で野党が共闘できてしまうのだもの。正直、今の野党はそれぞれが差別化できていない。どこの野党も、似たり寄ったりの主張。ほとんどその全てが「自民党案にはとにかく反対」という形に近い。

 だから、今選挙をやっても、反自民票の少ないパイの取り合いになるだけだ。
 だからこそ、共産党は最近の選挙で躍進しているのだ。少ない野党のパイの中でも、独自色を出せているのが共産党だけだから、そこにパイが集中するのだ。

 すると、どういう事が起こるかと言うとだ。
 共産党を除く野党が集結すると、選択肢がより少なくなってしまい、恐らく共産党にも票が流れるのである。無論、規模が大きくなった民維党(仮名)にも多少票は流れるだろうが、コロコロと党名を変えたりする連中が徐々に支持を失っていくのは、しばき隊とかを見てれば明らかであろう。一本筋の通らない連中は、信用を失うのである。

 ちなみに、維新の会からの合流組は、元結いの党メンバーが多数含まれている。ということは、みんなの党→結いの党→維新の会→民維党と居場所がコロコロと変わった連中である。
 その他にも、あの有名な売国奴・初鹿明博も今回の合流メンバーには含まれているが、彼なんぞは民主党→みどりの風→日本未来の党→みどりの風→維新の会→民維党である。所属政党が一度も変わっていない安倍晋三氏や麻生太郎氏、あるいは志位和夫氏や福島みずほ氏なんかを思い浮かべれば、なんとなく格の違いを感じてもらえるだろうか。敵だろうが味方だろうが、一本筋の通った連中と、感じる事ができるはずだ。

 そういう意味では、あのフランケン・岡田和也の弁は正しい。

【産経】民主・岡田代表が山崎拓氏と共演 「政党名を変えたほうがいい」と迫られた岡田氏は…
http://www.sankei.com/politics/news/160204/plt1602040002-n1.html

岡田氏は「私は民主党であることに誇りを持っている。党名などを軽んじて支持者が納得するのかということもある」と述べ、消極的な姿勢をにじませた。

 なんにせよ、連中は選挙のたびに規模を縮小し、その小さくなった姿を他の少数野党と合流する事で補い、支持されていない事をごまかしながら余生を過ごす事になるのである。

 今のままならな。
 そして、そのたびに少しずつ共産党へ向かうパイが大きくなってしまい…。しばき隊のような人間のクズを別働隊に持つような連中が、なんだか自分達が支持されてきているような誤解を受ける事になっていくのである。

 あーあ。ほらな。だから自民党と公明党以外、投票の選択肢がないっちゅうねん。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※後ちょっとで再び30位代です!さらなる応援よろしくお願いします

LGBT初級講座 まずは、ゲイの友だちをつくりなさい (講談社+α新書)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しょせんアメリカも民主党か

2016-02-24 22:05:05 | 国際
 なんつーか、口だけだなぁ…と。

【変態】クリントン氏 日中為替操作「大統領就任後には対抗措置」
http://mainichi.jp/articles/20160225/k00/00m/030/059000c

 為替操作をどう定義しているのかは知らないが、日本がやっている事を為替操作と言うのであれば、アメリカは世界最大の為替操作国である。

 為替操作ってのは、中国とか韓国の場合は、自国通貨でもって例えばドルを買う。で、その後自国通貨を増刷して薄めるわけだ。
 すると、ドルの流通量が減ってドルの値段が上がり、自国通貨は薄められるので安くなる。外貨準備高のドルも、うず高く積もっていく。

 で、これをやると、自国通貨が安くなっちゃうわけだから、自国民はドルとかに変えておこうと思って、自国通貨をドルとかに換金しようとする。すると、どんどん通貨が際限なく安くなっていってしまう。これがいわゆる為替操作である。言っておくがドル建てとかで貯金しようとしている自国民は為替操作の片棒を担いでいるとは言わない。為替操作したのは、最初に大量の自国通貨流出を行い、市場の動揺を誘ってバンドワゴン効果を起こした、上記為替操作対象国であろう。

 一方、日本とかアメリカは、自国通貨がハードカレンシーである。中国や韓国とは違う。中国や韓国はソフトカレンシーで、自国通貨を担保する為に外貨を保持しておかねばならない。
 ハードカレンシーは、通貨の担保が不要なのだ。要するに担保にされる側の通貨なのだ。円とかドルは、他のソフトカレンシーを保証する為に使われている通貨なのだ。

 今回、アベノミクスで日本がやった事と言えば、日銀の通称黒田バズーカによって、円の流通量が相当増やしたって事で。それで円が薄まって、急速に円安が進んだのである。

 民主党時代、何故日本だけが突出して通貨高だったかと言えば。
 民主党政権と日銀の白川総裁が無策で、通貨高対策を一切やっていなかったからだ。有り体に言えば円高を容認し、やる気がなかったのである。

 つまり民主党時代が異常だった。

 安倍政権と黒田新日銀総裁は、他の国がやってる程度にマネタリーベースを増やしただけである。ハードカレンシーである事を考えれば、実にささやかな増やし方ではあったのだけど。

 完全に仕事を放棄していた日銀が、ちゃんと機能するようになっただけなのだ。

 この程度、恐らくアメリカに円安を容認してもらって動いていたという程のものですらない。勝手にすりゃーいいんじゃね?その程度。って奴である。

 それで、クリントンこの台詞かよ…。ここ最近の為替操作で酷かったのはそれこそ中韓であろう。何言ってるんだろこのクソババア。流石、トム・ヘイデン法(戦時強制労働補償請求時効延長法)が嵐のように各州で成立しまくった時期の大統領のファーストレディだよクリントン女史。

 これもまあ、恐らくはゲーム理論的な話なんだろう。ドナルド・トランプ氏が今、全米でウケている背景には、やっぱ過激な排外主義があるわけで。クリントンは得意の反日で、愛国者アピールをして、今のトレンドである「過激な排外主義者」へと寄っていっているのだろうと思う。

 欧州における移民政策の失敗もあり、世界的に排外主義が跋扈しているように思う。
 日本だって排外主義的なのは確かなんだけど。他国に比べればやはりマシな気がするのであった。

 オバマ大統領就任時、俺の彼への評価は、「高確率でピエロになる可能性が高いと思うが、伝説級の有能大統領になる可能性も僅かにある」であった。
 が、ドナルド・トランプはピエロ確定であろう。こいつは洋風鳩山由紀夫である。
 だから、次期アメリカ大統領なら個人的にはヒラリー・クリントンの方がマシだろうと思っていたのだけど…。

 いくら人気取りの為とはいえ、言っちゃいけない事って、あると思うんだよなぁ。
 TPPも反対、日本は円安誘導か…。アメリカ人としては、余裕で国益を損なっている演説だと思うのだけど。
 これがウケるアメリカ国内の空気は、ちょっと世紀末的だと思うわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、少しずつランキングが回復中です!さらなる応援よろしくお願いします

女子高生と学ぶ稲盛哲学

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本はアジアのリーダーにはなれない

2016-02-23 23:41:45 | 政治(安倍政権)
 ちょっと前のになるが、台湾の民進党が総統選で勝利した。

 で、日本は台湾との国交がないので、総領事館に当たる「台北駐福岡経済文化弁事処」の処長にお願いしたインタビュー記事が、本日産経に掲載されていた。

【産経】「日本はアジアのリーダー、絆はさらに深まった」「台湾は中国との対立望んでいない」 戎義俊・台北駐福岡経済文化弁事処長インタビュー
http://www.sankei.com/west/news/160223/wst1602230018-n1.html

 この記事をぱっと見て。俺は「アジアのリーダー」という台詞にひっかかりを感じた。日本は、アジアのリーダーという自覚があるのだろうかと。

 確かに、アジアという地域において、日本は様々な面で他国を圧倒していると思うが、GDPの規模で見ればリーダーは中国であろう。リーダーってのは「一番」の事である。日本は既に、その地位を喪失させていると思う。

 では、なぜ未だ日本はそこかしこで「アジアのリーダー」と言及されるのだろうか。
 それは、中国が「アジアのリーダー」ではなく「アジア最大の敵」だからだと思う。だから、中国の脅威に最も晒されている台湾は、常に日本を「アジアのリーダー」と言及するのである。中国に対抗しうる国が、アジアでは日本しか存在しないからだ。

 しかし、日本に俺はその自覚はないと思う。

 中国ときちんと向き合うには、軍事力が不可欠だからだ。日本にその軍事力はない。中国と向き合った時、中国に何らかの妥協を引き出す為の最終カードを日本は保持していないのである。

 現在、日本にあるのはアメリカの軍事力のみだ。

 これでは日本の意向というものは、ニアイコール「アメリカの意向」である。アメリカの意向に沿った話でしか、日本はアジア地域と対話できない。敗戦国という十字架を背負った日本は、戦勝国たるアメリカを中心とする秩序に独自外交が許可されていないのだ。
 これを阻む最大の障壁が、憲法9条なのだ。故に、特定日本人は護憲の立場を取り、日本が戦前の国力に回復する事を阻止し続けている。連中こそ、「中国やアメリカという戦勝国の意向にそっている」と言える。

 で、アメリカにとっても日本の復活という意味では両刃の剣であり、憲法9条改正は賛否両論なのだ。まあ中韓のロビー活動もあっての事でもあるけど。だって、今のままなら日本は中国その他の地域において、「アメリカの意向」に沿った外交しかできないのである。「憲法9条に縛られた日本」というものは、アメリカにとってすごい便利なのだ。

 こうなってくると、三段論法的に理解できると思う…いや理解できるというか、ある疑惑が浮上すると思うのだけど。尖閣等、アメリカは本当に日本を守る気があるのかという疑問である。無論、尖閣を守るという事は、アメリカの国益にもかなっている。そして、尖閣を守ってもらえず、米軍が役立たずだった場合、アメリカが想定するであろう最悪のシナリオは、世界一の親米国家日本の喪失で、ヘタをすると速攻で憲法改正された上で敵に回ってしまう可能性すらあるのだ。

 よって、アメリカは尖閣を守ってくれはするだろうが、本当にギリギリまで、殊更日本に肩入れする事はないと思われる。日中が敵対し、尖閣で対立していた方が、状況的にアメリカに望ましい形だからだ。

 憲法9条は、経済政策とかに関係ないとか思われがちだが、諸悪の根源がこの9条で、それに根ざした歪んだ日米同盟を基軸に据えているが故に、日本の政治は全体的に歪になっている。

 今年の参院選で、自民党は恐らく戦後初の憲法改正の機会を得る。参院選で問題がおきなければ、自衛隊が国軍化するのである。そして、いつもの米共和党ならば、米民主党がシッチャカメッチャカにしてくれた国際社会を元に戻すべく、尻拭いに奔走するのだけど。今回選ばれそうな異端・ドナルド・トランプ大統領(予定)は、さらにアメリカを迷走させる危険性を孕んでいる。
 アメリカは、国際秩序よりもまだまだ内向きに志向していくと思われ、日本はますます放置されるように思うのである。
 日本は、アメリカにとって有益な国なんだが、軍事面の片務性により、まるで足かせのように認識されており、バカな米民主党は、日本に自分の事は自分で守らせようと考えているのだ。その、東アジアへの無関心が、世界的にどれだけ迷惑な事なのかが認識できていない。

 これが、むしろ日本にとって千載一遇の好機だと思う。次代の大統領も、日本の憲法堅持の方向へ、方針変更も迫ってこない可能性がある。
 今年、なんだか本当に、いろんな事が重なっていて、憲法改正の機運の高まりが感じられる。

 別に、台湾に焚き付けられたわけではないけれども。
 日本は、安倍政権の間に、真なるアジアのリーダーに、中国との覇権を争う立場に立つかもしれないと思うのだ。


 …で、こんな事を書くと、「中国と戦争したいのか」とか左翼共がピーチクパーチク喚き立てるわけだ。面倒くせぇ。誰がいきなり戦争なんてするかよ。中国ですら、そこまで好戦的じゃないわ。一番好戦的なのは、おまえら特定日本人じゃないか。
 ただ、日本は暴走する中国に物申せる唯一の国になれるかもしれないって話なのではないのかよ。

 左翼ってのは、日本が中国に対抗しうる力を持とうとするたびに、ホントやかましいんだよな…。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、少しずつランキングが回復中です!さらなる応援よろしくお願いします

「いいね!」を強要する上司に慰謝料を請求できるのか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何度目かわからない平昌五輪開催危機3

2016-02-22 23:33:13 | オリンピック
 産経新聞を読んでると、たまにウチを読んでネタにしてるんじゃないかと思ったりする事がある。数日連続で、俺がエントリで書いた事がそのまま翌日の産経抄のネタだったりするのである。

 まあ、それは自意識過剰な話なんだけどさ。
 真面目な話、産経はネットでネタを拾い、そのネタのウラを取って記事にしているフシがあるように思う。

 個人的に、今のメディアの有り様としては凄く正しいと思うのである。
 だって。新聞なんて、所詮テレビやネットには速報性では敵わないのである。なら、そこは正確性で勝負するのが正しい。
 で、ネットの弱点と言えば、情報が玉石混交な点であり、「この話、裏さえ取れてりゃなぁ。すっごい話なんだけどなぁ」ってのが山盛り存在するのである。
 そんな眉唾もののネタを、きちんと調べて裏をとってくれるのは、本当に有難い。最近、産経を俺は叩いてばかりだったけど、こういう姿勢は評価しているので、俺はぜひ頑張って欲しいと思う。で、上位ランカーの変態新聞をいい加減ランキングで抜こうぜ。

 と、そんな気分になった平昌五輪ネタ。

【産経】やはりテスト大会の結果は散々だった 選手は会場まで往復2時間、極寒の戸外でストレッチ 頼みの綱の高速鉄道も安全性に疑問符が…
http://www.sankei.com/premium/news/160220/prm1602200019-n1.html

手は宿泊施設から競技会場まで往復2時間かかり、宿泊施設のジム使用時間を制限されたため厳寒の戸外でストレッチするなど不便を強いられた。観客も座席が足りず2時間も立ち見状態と多くの問題点が指摘された。そのうえ、交通インフラの鍵を握る高速鉄道の建設工事で1月に事故が発生し、工事日程に支障は避けられない

 この辺りの話は、数日前ネットで大いに流行った海外メディアの翻訳記事の内容そのものである。

  

 宿泊場所から観客席まで毎日登山を強いられる写真などがネットを賑わしていた。

 提供元は海外メディアであり、当然ながら原文は外国語。写真等を見てても、それは全然関連性のない写真なのかもしれず、紹介元のまとめサイトとか各種ブログも、引用元はほぼおなじで、興味深く読ませてはもらっていたが、どうにも疑り深くなってしまう。平昌五輪の準備不足があまりに酷くて、冗談のようにしか見えないからってのもある。

 で。産経が記事にしてくれたんだけど。やっぱマジだったのね…。
 どうするんだろう。マジで開催できるんだろうか。

 もう、流石に「韓日共催にさせてやるから感謝して、東京五輪の一部種目も韓国に譲るニダ。」とか言わないだろ。(韓国のネットではまだ「日本は東京五輪の一部競技をくれると言ってくれている」とか幻聴を聞いているようだが。それはそれで夢から覚めた後の日本への罵詈雑言が楽しみ)
 つーかマジでジャンプ台の話とかを読むと、本気で命がけの大会になってしまいそう。

【産経】「強風との戦争」強いられる不良ジャンプ台に大ブーイング! 新たに60億ウォン投じて改修するというが…
http://www.sankei.com/premium/news/160220/prm1602200005-n1.html

 アルペン競技以外ヤバいとは聞いてはいたし、事実なんだろうけど…。
 こうやって日本屈指の全国紙で掲載されてなければ、ホントに「ソースはネット」級の眉唾もの記事にしか見えない。

 もう無理なんじゃなかろうかマジで平昌五輪。
 義理で出場強制の日本選手団が可哀想。つーかこのまま行ったらマジでボイコット続出するのと違うだろうか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、少しずつランキングが回復中です!さらなる応援よろしくお願いします

定職をもたない息子への手紙

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

産経新聞が救えない

2016-02-19 20:09:39 | 政治(安倍政権)
 今朝の産経新聞を読んで、すごく嫌な気分になった。

 3つぐらいの記事に丸山和也氏の失言問題が載っており、社説でまで丸山和也氏を非難していたのである。

 まあ、もう10年近く前になるので既に知らない人もいるかもしれないが、彼は「行列のできる法律相談所」で橋下徹氏とか北村晴男氏と共に同番組の黄金期を支えた「最強の弁護士軍団」メンバーである。

 まあ、だからなんだと言う話なんだけど。
 彼が言ってる言葉は、別に失言ではないと思う。彼のこの怒りは尤もであろう。

【産経】丸山氏「なぜ人種差別の言葉になるのか」 批判は不条理と議員辞職を否定
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160218/mca1602182052016-n1.htm

 失言とされたのは2つ。「アメリカは黒人奴隷が大統領だ」「日本がアメリカの51番目の州になればいい」

 黒人差別といわれている方だが、上の記事で丸山氏本人が弁解している通り「黒人といえば奴隷だったアメリカで、今や黒人が大統領になれる。すごい国だ」という意味だったし、「日本をアメリカの51番目の州に」の方は、日本がアメリカの州となれば、アメリカ最強の州となるのだから、アメリカを乗っ取る事もできるという、そういう「考え方」の提供である。
 法律の裏や抜け道を駆使する、弁護士らしいロジカルな意見で、そこに人種差別的な意図や、媚米的な売国意識もない。

 そんな丸山氏の発言に対し、本日の産経朝刊は一大特集を組んでまで、丸山氏を非難したのだ。最終的には社説ですら批判している。その社説を紹介してみよう。

【産経・社説】丸山氏発言 立法府への信頼損ねるな
http://www.sankei.com/column/news/160219/clm1602190001-n1.html

言論の府の一員とも思えぬ軽率な発言に、開いた口がふさがらない。

 開いた口がふさがらないとはこっちの台詞である。

 麻生総理率いる麻生自民党政権を崩壊に追い込んだのは、保守を標榜する産経、読売をはじめとするメディア、及び櫻井よしこのような保守弁論人である。

 連中が、今日の丸山氏叩きのようなくだらない理由で自民党を叩きまくり、気色悪い左派マスコミやらと同じ論調で一丸となって一枚岩で麻生総理を退陣まで追い込み、念願の民主党政権を樹立したのである。さぞ満足だってであろうな。

 民主党内保守である細野とか前原とか長島とかと、産経の今回の記事や、麻生叩きが日課だったあの時の産経がやってる事は一緒である。あの所業は俺は今でも許せないと思っている。

 お前ら、民主党政権がお前らの手腕によって誕生してしまった時、何を後悔したのか。自分達になんの責任もないと思ったのか。

 なぜ、こんなどうでもいいような失言を自民党だけ執拗に叩くの。それも左右両方のメディアが。左派メディアなんて捏造してまで!
 民主党政権では、こんな失言叩かれた事ないぞ?
 え?民主党も散々失言で叩かれてたって?
 叩かれてないわ!民主党の失言ってのはもう、そんな曲解を必要とするようなものではなかったのだ。
 もう人格を疑われても仕方がないレベルの失言のオンパレードであり、これを報道しなかったら報道機関ではないレベルだったから、報道されていただけだ。

  

 重ねていうが、失言でもないものを曲解してハメるような言葉狩りは、民主党政権では行われていない。

 保守の論客や産経のような保守系の新聞記者は、「我々は左派系のキチガイ共と違う!メディアは公平でなければならない!例え応援したい人であっても失言は叩くべきであーる!」とかドヤ顔で主張しそうだけどさ。
 その結果、結局自民党の足を引っ張る事になるのだ。俺と違い産経は今でも「小さな政府」が社是だろう?小さな政府が党是である自民党とモロにかぶっとるやんけ。

 ふざけんな。せめてこーゆー理不尽でどうでもいい問題で執拗に味方を叩くのはやめろよマジで。

 結局、これで得すんの誰だと思ってるんだ!
 捏造してまで叩きまくる左翼NHKと同じ事をやってんだぞ?

【ライブドアニュース】NHK番組、丸山議員の発言を恣意的に編集か…指摘ツイートがネットで拡散
http://news.livedoor.com/article/detail/11199348/

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、少しずつランキングが回復中です!さらなる応援よろしくお願いします

僕の隣で勝手に幸せになってください

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

阿比留瑠比、今はこれが精一杯なのか

2016-02-18 23:39:49 | 政治(安倍政権)
 今回の国連人権委での日本政府関係者の発言について、朝日と産経の報道を比較するスレが立っていた。

【保守速】「日本政府、国連にて慰安婦問題は『朝日新聞の捏造報道』が原因と説明」 ←これを朝日が記事にした結果w
http://hosyusokuhou.jp/archives/46859608.html

 よーするに、「日本の外務審議官が『慰安婦問題は朝日の捏造だった』と説明したという情報を朝日自身は記事にしているか。読者に伝えているか」を検証していたのである。

 結果は上記スレの通りである。朝日は都合のいい部分だけを切り取り、自分達に都合の悪い部分を報じなかった。まさに「報道しない自由」の行使。
 この件について、朝日は恥じるところなく報じるべきであった。朝日はこれまで慰安婦問題について捏造してきた事を全面的に認め、謝罪しているのである。既に終わった話だ。これにより朝日は、既に終わっていた話を蒸し返してしまった感がある。

 今回の件を報道できないなんて、ジャーナリストの風下にもおけないな朝日。まあ日本のジャーナリストなんて日本で一番胡散臭い職業なのかもしれんが。俺が、もしどっかの記者だったなら、恥ずかしくてジャーナリストとか名乗れないわ。

 とりあえずここまで。

 ここまでならいつも通りである。マスコミが自分達に不都合な事実を報じず、ネットで叩かれる。もうかれこれ10年以上前から繰り返されている黄金パターンと言っていい。

 問題はこの後である。産経新聞の最右翼記者と言っても過言ではない阿比留瑠比氏が、朝日叩き記事を掲載している。

【産経】【阿比留瑠比の極言御免】慰安婦「強制連行」説の否定、20年前にしておけば… 変わらぬ朝日新聞は韓国への配慮にじます
http://www.sankei.com/politics/news/160218/plt1602180011-n1.html

 問題の箇所は最後のページ。

反省生かさぬ朝日
 ちなみに、杉山氏は国連での説明で、繰り返し朝日新聞に言及したが、杉山氏の発言を報じた同紙の17日付朝刊の記事には、朝日の「あ」の字も出てこない。
 一方で、わざわざ「韓国側の認識と違う日本政府の見解を国連の場で説明すれば、韓国で(日韓)合意を批判する一部の市民団体やメディアを刺激しかねない」と書き、韓国への配慮をにじませていた。慰安婦報道での誤報を認めた後も、朝日新聞の報道姿勢は基本的に変わっておらず、反省も生かされていない。

 まあ近年における産経の朝日叩きは今に始まった事ではないが…。少なくともちょっと前までこーゆー切り口の記事はタブーであったように思う(産経を含め、どこも脛に傷持っているから)。似たような事は書いていたとしても、もう少し迂遠であっただろう。今回のこれはすっごい直接的。

 いやあ隔世の感があるね。いい時代になったものだ。

 ただ。それでも記事タイトルに「朝日新聞、杉山外務審議官の『朝日の捏造』発言報じず」ぐらいの文言を入れてもよかったと思う。そこが一番この記事の言いたいところじゃないか。まだ、阿比留氏の記事ですら、朝日に対する遠慮が感じられる。

 俺は、今回の件について、もっと他の既存メディアも朝日を叩くべきだと思う。そうして「ヘタに醜聞とかを隠そうとしたら、もっと叩かれてしまう」という風潮を作るんだよ。

 それができないうちは、日本のジャーナリストという職業は、下品で恥ずかしい職業のままであろう。

 とりあえず。阿比留氏GJ。満点ではないにせよ。よーやった!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、少しずつランキングが回復中です!さらなる応援よろしくお願いします

給料をあげてもらうために上司に近づく技術と方法



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦合意終了

2016-02-17 22:01:53 | 政治(安倍政権)

 本日、とうとう日本が国連人権委の場で、「慰安婦問題は基本的に捏造である」との旨を解説したそうだ。

【産経】「朝日新聞が『捏造』を報道」「20万人も混同」…政府が国連委でようやく反論
http://www.sankei.com/politics/news/160216/plt1602160071-n1.html

 この内容で、韓国政府と同意できているのであれば、昨年末の日韓首脳会談からの流れにおける、慰安婦問題の解決方針については、多少の毒はあれども安倍政権GJと言えるのだけど。

 案の定、韓国外務省が「慰安婦強制連行は歴史的事実」とか反論している。

【産経】韓国外務省「強制性は歴史的事実」、国連委での日本政府の説明に反論
http://www.sankei.com/politics/news/160217/plt1602170018-n1.html

 はいしゅーりょー。

 これのどこが、「日韓は慰安婦問題にて、不可逆的に和解した」状態なんだよ。日韓の間には日本海溝よりも深い溝と、隔たりがある。

 この韓国外務省の言い分が正義なのであれば。日本が韓国慰安婦の皆様にお詫びとして10億円支払う上に、韓国の一方的な言い分をある程度容認すべきだという事になる。

 なめとんのか。

 ちなみに。韓国が履行せねばならない事は、事実上慰安婦像の撤去だけである。

 日本は、韓国が韓国国内の日本大使館前にある慰安婦像を撤去さえできれば、10億円を支払って上記のようにそのまま日韓の雪解けを演出し続ける可能性が濃厚であろう。

 と、言うわけで日本はここは絶対ヘタレてはいけない。

【NHK】官房長官 国連での慰安婦問題の見解 日韓合意に反せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160217/k10010412341000.html

 今のところ、菅義偉官房長官はヘタれていない。つーか相変わらず適切な尻拭いをやってくれる人なぁ。

 日本としては、今回の日韓合意が有効なのであれば、最低限国連で二度と慰安婦問題を取り沙汰されないようになってくれないと困るのである。主に安倍が。

 正直、可能性は低かろう。
 日韓合意とか…安倍とか岸田とか、いらん事をやってくれたものである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ランキング下降気味です!応援よろしくお願いします

太った男を殺しますか?――「トロリー問題」が教えてくれること (atプラス叢書11)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人権屋が問題視しない犯罪幇助サイト

2016-02-17 21:08:42 | 国内の事件
【産経】隠し撮りを捕まえる正義の味方 その正体は恐喝男「盗撮ハンター」だった スマホ普及でカモも増加中…
http://www.sankei.com/premium/news/160214/prm1602140018-n1.html

 同じ男として。
 俺は盗撮なんてしないどろうけど、何故か身につまされる気分になるのは、なんでだろうな。「気をつけよう」という気分になる。

 「気をつけて盗撮しようってのか?」と自問自答してしまうな。ま、それは置いといて。

だが、別の捜査関係者によると、インターネット上には、女性の下着を盗撮しやすい人気スポットを集めたサイトがあるという。「盗撮ハンターは、こうしたサイトを参考に場所を選定している疑いがある」と打ち明ける。

 この記事を見て思ったのは、こーゆーサイトこそ、取り締まるべきだと思う。
 実写の児童ポルノなんかもそうだが、これは立派に実害が発生する。好奇心でなんとなく、軽い気持ちでポイントに出掛けていって、盗撮の真似事みたいな事をやって恫喝されてしまうケースだってあるだろうし、盗撮する機会が目の前にあって、ついつい出来心で盗撮してしまい、そのまま一歩踏み外してしまうケースもあるだろう。

 無論、撮影されてしまった人の被害は言わずもがなだ。

 この手の犯罪幇助サイトはもちろん規制がかかっているだろうが、ネット上ではいたちごっこである。でも、日本でこの手のサイトを運営しているならば、何国人であろうとも身柄は日本国内にある可能性が高い。

 俺は、女性の人権を叫ぶ人々に、実害無き2次元児ポ規制を叫ぶより、こーゆー確実に犯罪につながってしまうサイトが放置されている事を叩いてほしいと思う。あと、日本国内で流通する女子高生等の児童ポルノについても、声高に叫ぶべきだろう。

 重ねて述べるが。俺は別に盗撮なんてする気は毛頭ない。毛頭ないのに、反射的に上記のような記事を読むと「気をつけよう」と思ってしまうのは、それだけハードルが低く感じられるからだ。
 で、犯罪する気が…盗撮する気がなかったとしても、上記の詐欺は被害に遭う可能性はあると思う。盗撮してなかったとして「盗撮しましたね?」って言われたら、証拠としてスマホの中身とかを見せねばならないだろう?

 自分のスマホの中に、如何わしいものが何も入っていないと、みんな言えるか?特に男性諸君。俺はヘタしたら、盗撮してないのに示談金支払いに応じかねないぞ。

 痴漢冤罪に近い恐怖を感じる。

【海外】国連「日本では児童ポルノ映像も漫画も気軽に買えるぞ!法制化しろよ」→法務省「してるけど何か?」
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1455697757/-100

【批評】日本人が生きづらいのは“ロリコン文化”のせい フランス人ジャーナリストが指摘する、日本の難点
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1455697049/-100

 こーゆーのに迎合する、日本の国力を貶めたいだけの連中は、なんでモロ犯罪幇助のこーゆー盗撮サイトとかを話題にしないねん。

 まあわかってるけどな。連中、女性の人権とか子供の人権とか言いつつ、本当は女子供の人権なんてカケラも尊重してないもんな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※最近ランキング下降気味です!応援よろしくお願いします

太った男を殺しますか?――「トロリー問題」が教えてくれること (atプラス叢書11)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加