あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

自民党の裏切り者

2013-01-30 23:21:24 | 政治(安倍政権)
 近頃オワコンの親中派議員が、鳩山を筆頭に中国詣でに行っている。

 他にも、村山富市も、加藤紘一も行ったようだ。
 見事なまでに、売国奴だらけ。しかも、河野や二階のような、「生きている売国奴」ではなく、死んでいる売国奴が中心のようだ。

 中国は今の日本の態度に困ってるんだろうなぁ。この辺りの記事からも、中国がなんとか日本との関係を修復したいと考えている事が伺える。

【読売】尖閣に言及しなかった首相所信表明、中国が評価
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130129-OYT1T01111.htm?from=ylist

 国境線はきっちり守ると、安倍総理は所信表明内で宣言していたので、ちゃんと全部聞いたら些かも安倍総理はブレてないのにね…。必死すぎる。

 ま、それはいいとして。
 この中国詣での話が出て、久々に加藤とかの名前が出たので、「今どうなってんだろう奴は」とか思って、調べてみると、驚いた。落選してやんの。あの?自民党に超絶追い風だったあの衆院選挙で?

 そして、その落選の内容が凄い。

 自民党は加藤紘一を公認する(これは当然だろう。現職だし13回当選のベテランなのだ)んだが、これに自民党山形県連が反発。対立候補に無所属で阿部寿一を立てる。で、加藤を落選に追い込んでいるのだ。

 自民党公認を、自民党県連が無所属の候補を擁立してである。

 なんと恐ろしき自民党の自浄作用!まさか、加藤紘一すらも追い出すとは。
 加藤紘一はホントに終わった奴になってたんだな…。

 今日なんて、加藤は赤旗に寄稿してたしな…。自民党の重鎮が赤旗に寄稿とか、マジで前代未聞じゃなかろうか。

【産経】国賊か!? 「赤旗」で“日本叩き”に加勢した自民党元重鎮
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130126/stt13012618000004-n1.htm

 中国詣でから帰国して、速攻で仕事したんだなぁ。最早頼みの綱は中国様しかおらんのだろう。憐れだ…。

 自民党山形県連GJだった。みんな追い出したくても追い出せないものかと思ってたよ。よくぞ裏切った。

 松本龍といい、日本は今、確かにレジームチェンジの最中にいるんだろうね。

人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネトウヨを恐れるキ○ガイの量産

2013-01-30 22:20:16 | その他
 なんか、「ミラージュ・ウヨ」とか、「ファントム・ウヨ」とか、そんな厨二病的ネーミングがお似合いな、必殺技に昇格したような気がするわ。ネトウヨバッシング。

 在特会の代表、ドロンパ氏のとこで、こんなエントリが投下されている。

「ネトウヨ」の幻影に翻弄される人たち
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-11459299251.html

 自分の主義に反するので、「ソースは俺」か、「ソースは既存メディア」でなければそうそう俺はエントリにはしないんだけど、すんごく説得力のある話で。非常に興味深い話だったので、今日のネタにする。

そもそも誰が「ネトウヨ」なる造語を用いたのか? その起源を知る術はないのですが、昨年8月に在特会を密着取材に来ていた韓国SBSの取材班の通訳係がはっきりと「ネトウヨという言葉を作ったのは私たちだ」ということを発言していました。この「私たち」がSBSを指すのか? はたまた韓国あるいは韓国人全体を指しているのかは不明ですが、少なくとも乱発されてもはや意味不明の「ネトウヨ」という造語の拡大に韓国人が関わっているのは確かのようです。

 ドロンパ氏のエントリの表現を借りれば、
現在では安倍総理もネトウヨなら、尖閣・竹島問題を受けての世論調査で支那朝鮮に対して厳しい態度で臨むべきと答えた80%以上の日本国民もネトウヨであり、同じく昨年のネット調査で一番嫌いな国を問われて「韓国」と答えた95%以上の回答者もネトウヨなど、左翼人士の頭の中では一億総ネトウヨ化が実現しつつある状況です。

 との事で、韓国SBSのウリ達は、自分達が創りだした幻影が、今の日本の政治的最大勢力と思い込み、戦々恐々としているわけなのである。
 現状を考えるに、「ネトウヨ」を連呼するのは、かえって連呼してる側と思しき韓国人勢力のイメージダウンに繋がり、思うように成果は上げられていないというのが、ドロンパ氏の見解のようだが…俺は違うと思う。

 ネトウヨ連呼は効果があるだろうよ。

 かつて、街宣右翼が右翼のイメージダウンを狙った左翼側の仕業であるということが話題にのぼり、そのまま定説化しつつある昨今だが、そのイメージダウン戦略は効果絶大だった。

 ネトウヨ連呼と、そしてそれによって左翼側のTV局がネットをやっていない人にもネトウヨを紹介する形は、そのままネットのイメージダウンに繋がる。
 ネットがダークサイドであるという印象は、ネットを忌避する人を更に固くなにする。そして連呼厨と呼ばれる工作員連中の書き込みが最多であろう事もまた、これも根拠が薄いもののほぼ事実(世界の8割のメールはスパムであるというのと同じ理屈)で、実際に2chの大半の書き込みはゴミ以外の何者でもないのだ。マッチポンプっつーか自作自演であっても、一応真実としか思えないものを伝えているのだ。TVは。

 それで、ネットを蛇蝎のように嫌っている小林よしのりみたいなヤツの存在も説明できるのではないかと、俺は思っている。
 このドロンパ氏のエントリを読んで、俺は思いを新たにした。
 ホンモノの狂人か、なんらかの利益の為に魂を売り渡したのかと思える小林よしのりの変貌は、あんがいガチなのではないかと。

 ネトウヨ連呼側が作りたい日本人は、あんなのなのではないかなぁ。

人気ブログランキングへ

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

流れの変化を見極める

2013-01-29 22:41:20 | 政治(安倍政権)
【産経BIZ】麻生財務相、米倉経団連会長ら誘導論に反論「筋違い」「いまは円高修正」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130129/bsg1301290503006-n1.htm

 たろさは、第1次安倍政権の時よりも、麻生政権の時よりも、年々態度が悪くなっていくな…。

 

 麻生政権以降、マスコミに対する嫌悪感がどこまでも加速してるんだろうな…と勝手に想像している。もしそうなら解るわ~。すっごくわかるわ~。

 しかし、売国奴の筆頭であろう米倉と、

 

 今日本で一番優秀な政治家であろう麻生財務相がそろって同じ論調でドイツに反論する光景はなんとも珍妙だ。結局、売国奴であろうとも金の力があれば味方につける事ができるわけだ。TBSが韓国をクソミソに叩き潰した「事件」が実に印象的であった。
 アレがTBSの「変心」の現れなのか、まだ2の矢、3の矢を見てからでないとわからないが、金の切れ目が縁の切れ目なのかもしれない、と本当にそう思う。

 今は、日本の国益に沿う事が、そのまま日本企業の利益にもなっているという、本当に珍しい状態だ。
 加えて、何をやっても「民主党よりマシに見える」という、最低最悪の売国奴党の後であるというアドバンテージが凄まじすぎる。第1次安倍政権は、「小泉政権の後」という、難しい時代だった事もあった。

 このまま、堅実に冒険せず、参院選を迎えてほしいものだ。

 話は少々変わるが…。

 今の、橋下の「維新の会」の凋落っぷりは、俺は急ぎすぎた事が原因だと思う。
 橋下は後10年、大阪でじっくりと府政を固め、盤石の準備の後に国政に打って出ればよかったのだ。そうなれば、本当に日本初代大統領も夢ではなかったかもしれない。

 物事には、何事にも「期」というものがある。維新の会の国政進出は、間違いなく「期を誤った」と言ってもいいだろう。
 第1次安倍政権は、別に「早すぎた」とは俺は思わない。だが、今や最大の敵であったマスコミの凋落は著しく、民主党は最早社会党と同じ、消滅の道を辿ろうとしている。
 今の安倍政権は、第1次の時の反省も活かせているし、敵対勢力は無力化しつつある。
 絶好の「期」と言っても差し支えなかろう。安倍自民党が衆院選で未曾有の圧勝をとげるまで、俺は想像もできなかったけどな…。まさかここまでマスコミの弱体化が著しかったとは…。

 これで、最大の敵は(弱体化したとはいえ)マスコミだけになったが…。

 2007年に、サウナやネカフェにすら滞在する費用が稼げない「マック難民」という言葉が生まれ…、

【J-CAST】コーヒー1杯で「宿泊」 「マック難民」が急増
http://news.livedoor.com/article/detail/3101551/

 そして、今久しぶりに、3年ぶりにその事が話題に登った。

【レコチャ】急増する「マクドナルド難民」、日本の雇用制度の破たん顕著に―華字紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000015-rcdc-cn

 マスコミが、封印していた政府批判を復活させはじめた。以前拙エントリにて紹介した、3年ぶりの韓国経済の失速、3年ぶりの韓国の輸出減少… …。

【拙】本日の安倍晋三叩き10
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/c19150e805e01dcbc0f5e5ea4685b210

 今年は、「3年ぶり」がキーワードになりそうな年になりそうだ。
 3年ぶりの久しぶりな話題を、俺はマスコミウォッチャーとして、注視していこうと思う。

人気ブログランキングへ

約束の日 安倍晋三試論

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魔界都市では人は生きられない

2013-01-29 22:35:41 | 特定亜細亜
【天漢日乗】西日本に中国から大気汚染物質(PM2.5など)がかなりの濃度で飛来の予測@1/29→1/29-2/3までの間 日本国中に大気汚染物質は飛来拡散
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2013/01/pm25129129-23-0.html

 俺は花粉症持ちで、かつ西日本在住ではあるものの、今のところダメージは受けていない。が、俺より花粉症の症状が激しい友人知人、及び親族は「既に始まっている」と口を揃えたように言う。
 今年は厳冬(正しくは寒冬だと思うが…)で、花粉の飛散時期は遅れがちになるはずだったのに。

 黄砂が降ると、俺の妹はテキメンに体調を崩す。
 結局、中国からのこの大気汚染物質が原因なのではないだろうか。


▲PM2.5の汚染拡大図 西日本がすっぽりである

 いや、根拠も何もないんだけどさ。

 ここ数日紹介されてた、上海の写真を見られた方も多いだろう。









 どこの魔界都市かと思ったわ。
 幻想的ですてきなんだけど。

 産業革命時代のイギリスも、「霧の倫敦」とか言われて大気汚染された中での生活を余儀なくされていたが。中国の汚染物質飛来は、また格別に体に悪そうだよ。

人気ブログランキングへ

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞の扇動にのっかる阿呆守

2013-01-28 23:03:47 | 政治(安倍政権)
 今朝の産経新聞の「正論」は、民主党時代の元防衛相、森本敏氏だった。

【産経・正論】前防衛相・森本敏 中国の不条理、粘り強くはね返せ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130128/plc13012803070002-n1.htm

 いつものように要約すると。

私は元防衛相として中国を見てきたが、奴らは本気で尖閣を取ろうとしていることがよくわかった。だが、日本は中国の挑発に乗ってはならない。奴らはエスカレートを狙っているのだ。防衛に力を入れ、盤石な体制をつくる事はもちろんだが、余計な事をせず、我慢強くいく必要がある

 とまあこんな感じである。
 もっともらしい事を言っているが…。2つ不満がある。うち1つは致命的とすら言える。

 まず1つが、海上警備についてしか述べていない点。

今後は、艦艇レーダーや移動警戒レーダー、無人機の展開や、海上へのレーダープラットフォームの設置を含めて、総合的な手段を駆使し、警戒監視機能を強化する必要がある。

 何故ゆえに安倍政権が検討している「尖閣諸島への設備設置」に触れないのか。彼はもう公人ではない。「私人として」と前置きしているぐらいだ。言えないわけはない。
「尖閣諸島が我が国固有の領土である」事は「一点のくもりもない」のだろう?森本氏。中国人に尖閣諸島に上陸される事はなんとしても避けなければならないのであれば、自衛隊の尖閣諸島常駐が筋ではないのか。これは中国への挑発行為にはあたらないだろう。純粋な「一番効果的な防衛力の強化」だ。「一点のくもりもない」のなら。

 そしてもうひとつ…。こっちが本命というか、致命的なのだが。

侵入する中国機に警告射撃を検討している、などと政府関係者が発言することは国益に反する。(中略)現に、警告射撃発言の直後、中国の戦闘機が日本の防空識別圏に接近してきている。


 政府関係者は、具体的には小野寺五典防衛相は、そんな事を言っていない。

【拙】朝日は中国に戦争を煽り、日本に無防備を強要する
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/5e6c596a25b2f946e65b6021ff561e38

 単に「国際的なルールに則って対処する」と述べたのを朝日新聞が拡大解釈し、「警告射撃」と誤報しただけだ。
 これには中国も流石に「まずい」と、即刻政府広報を使い、「問題の件は朝日新聞の誤報である」と火消しに走っている。

 国際政治に詳しい森本氏がそんな事を知らないわけがない。

 森本氏は、この「外国に日本を攻撃するように煽る朝日新聞のウソ」をそのまま引用し、「ほら。中国は事態のエスカレートを狙っているであろう?」という1つの判例として、「日本が挑発に乗ってしまい不利になった時の例」として使用している。

 森本氏にその意図があるのか否かは不明だが、このような引用を繰り返す事は好ましい事ではないだろう。従軍慰安婦だって、早い段階で捏造であることがはっきりわかっているにもかかわらず、

「(あれは捏造だが)可哀想なのは事実」

 という繰り返し報道により事実のようにすり替えられてきたのである。
 実際、読んでみればわかるが、小野寺防衛相があたかも国益に反する発言をした事を非難しているようにしか取れないコラムになっている。

 なんの問題もなかった「自民党の閣僚」を「架空の報道」で叩いているのである。

 森本氏は、海上自衛隊の動員について語っているので、海上保安庁のみで対処を強いていた民主党の頃に比べればマシだが、事態を保留しようとする気マンマンで、解消しようという気概が感じられない。

 フィリピンの毅然とした態度で、共産党軍が撤退したごく最近の話を、彼は知らないわけはなかろう。

【石平】中国監視船が退散、フィリピンは中国に勝った!
http://ggai.me/2012/04/24/6476.html

 確かに、当面は海上自衛隊の動員までできれば上出来と言えると思うが、やはり本筋は尖閣諸島への基地設置だ。
 森本敏氏がもし、「尖閣諸島への基地設置が中国への挑発行為である」と述べるのであれば、それは暗に「尖閣諸島に領有権問題が存在する」と認める事になりはしないか。むしろそちらの方に大きな問題があると思う。

 俺は、マスコミに登場する「保守の論客」はどうも好きになれない。どいつもこいつも、「中国の思うツボ」とか言いながらも、結局中国の意にそっているようにしか見えないからだ。

 違うと言うのであれば、何故尖閣諸島に基地を設置するのが挑発行為にあたるのかと、小野寺氏の発言をよりによって朝日新聞の誤報を信じて糾弾したのか、理由を述べてほしい。

人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

趣旨替え様々

2013-01-25 23:58:38 | 経済
 さて。日本の代表的な新自由主義者と言えば。この人だろう。

【産経】与謝野馨元財務相 「日銀に勝った」発想間違い
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20130125096.html?fr=rk

 とりあえず、俺はこの人が普通に主張する分には問題はなかろうと思ってる。
 日本には言論の自由があるのだ。議論大いに結構ではないか。

 でも。嘘はあかんよ。
 今日、この記事で、与謝野氏は嘘としか思えない事を話していた。

バブルの時代、土地と株は上昇したが物価の上昇は1%前後でしかなかった。物価を2%上げるのは極めて難しい。


 俺は以前、こんなエントリをアップしている。

【拙】本日の安倍晋三叩き7
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/1130198f47951076f69256f0bec4b700

 白川日銀総裁が「3%非現実的だ。80年代後半のバブル時期ですら、3%なんぞになっていない」って言ってたので、実際に調べてみたら、バブル時期のうち、85~89年だけ3%を超えていなかった。その他の時期は3%を超えている年がむしろ当たり前…というエントリである。

 1%前後って!
 なんぞ、また数字のトリックなんだろうか。白川だって、バブルを引き合いにだしてしまうと「3%未満」としか例示できなかったんだぞ?
 すると、土地の値段が物価に含まれてるのか?で、それを差っ引いて1%前後として、後に続く「物価2%上げるのは難しい」は前の文章にかかってないとかか?

 なんにせよ、これはペテンと言ってもいいであろう。
 しかも、

日銀は、物価上昇のための手段も方法も持ち合わせていないのが現状です。

 と言いつつ、

毎年2%ずつ上げるとなると、5年後には10%、10年後には20%の上昇となり、このような物価上昇には国民は黙っていないでしょう。


 とか、2%ずつ上がるだけで国民は黙っていないと、明らかに「物価が簡単に上がってしまう」事を前提として話してみたり、

政府が何か言って為替が反応するのはせいぜい1週間程度でしょう。

 とか、既に安倍政権の「口先介入」でどんなけの期間円安方向へ動いているのか、本当にわかってるのかという発言をしたりしている。

 モウロクしたな与謝野…。俺はちょっと悲しいよ。麻生総理の元、リーマンショックに立ち向かった、あの時の趣旨替え宣言はどこに行ってのよ。

 あ。趣旨替えと言えばやっぱ今日のTBSの朝ズバだね!

【痛いニュース】TBSが韓国をボロクソに報道したと話題に
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1748038.html

 三橋貴明氏のコメントを引用とか、気でも違ったのか。
 あの時間帯、もしかしてやっとマトモに見れる番組が出現したかもしれん。
 これなら確実に、すまたんよりマシと言えるわ。

人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生財務相がシブすぎる2

2013-01-25 23:00:04 | 政治(安倍政権)
【拙】麻生財務相がシブすぎる
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/915c16fef92ee26450c935e1009ddc57


【zakzak】独メルケル首相「為替操作」と日本を批判 ダボス会議で
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130125/frn1301251213001-n1.htm

 俺のマイミクさんが、この記事をチェックしてて。

「メルケルさん。リーマンショック以降のユーロの動きを見てから言ってくれないかな?」

 とコメントをつけていた。
 うむ。まさしく同意見なんだけど。ここはこれ、別にドイツに俺は文句はない。
 というか、むしろメルケル氏がこういうのは当たり前であろう。それが外交というものである。

 何と言っても、ドイツは輸出依存度で韓国と競るほどの外需依存国家。他国には存在しない、ユニークな技術を多数持っている国が、貿易において強烈に復活しつつあるのだから。牽制してくるのは当然。こーゆー「口先介入」で、日本が方針を転換しないまでも、「もうちょっと目立たずにやろう」とか思ってくれたらめっけもの。なのである。
 それに、市場関係者は、「日本がそう思うかも知れない」という懸念を持つかもしれない。その効果も考えているわけだ。

 つまり、これについて必要となってくるのは、このメルケルの発言をうけてヘタれない日本の閣僚の発言となるわけだが…。

 さてはて。日本のコレ関係の閣僚さん、なんて言ったのかな?

【ロイター】財務相が通貨安競争批判に反論、「為替操作との批判あたらない」
http://jp.reuters.com/article/jpeconomy/idJPTYE90O01T20130125

 

 ロイター…。いい写真撮ってんなぁ。まあ、写真の是非はともかく。麻生財務相はこう言ってくれたわけだ。

「知ったことか」と。

 いやあシブい。カッコ良すぎるわ。実際、最近の日本の円安局面は、為替操作ではない。

【マネー辞典】為替介入
http://m-words.jp/w/E782BAE69BBFE4BB8BE585A5.html

通貨当局が外国為替市場を操作する目的で通貨を売買すること。急激な為替の乱高下は日本企業の経営悪化を招き、経済に影響を及ぼすため、中央銀行が円相場を安定させるために為替介入をすることがある。資金は外国為替資金証券を発行することによって得る。購入した外貨は外貨準備金となる。
為替介入は1990年代半ばから銀行が介入後すぐに公表するかたちで実施されていたが、2003年に円高を抑えるため隠密介入が実施され、日本銀行によって米ドルが買われた。この隠密介入によって国際的に批判を受けた。


 日本は、これまで怠ってきた国内への投資を再開しただけに過ぎない。
 別に、不当にドルやユーロを大量購入したわけでもない。しかも、アベノミクスで宣言したことの大半は、高度成長期時代に作りまくって老朽化が進んだインフラの再整備と、東日本大人災の復興促進である。ドイツは、本当に必要なインフラ整備すら、日本には許さないというのだろうか。はっきり言って内政干渉である。

 日本やアメリカは、ユーロ圏内の各国への輸出に大きく依存するという、構造的欠陥を持つドイツとは違う。ドイツ与党幹部である、ミヒャエル・マイスター議員の、「日本に必要なのは構造改革であり、為替介入ではない」という台詞は、如何にも日本の新自由主義者が好みそうな、使いそうな台詞だと思った。お前の台詞、そっくりそのまま返してやるよ。

人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本的に朝日新聞はウソつき

2013-01-23 22:08:59 | 国際
 朝日の伝説の嘘つきに、新たな1ページ。
 今日1日、多分政治関係では最もたくさんネットで話題になったであろうネタだろうね。これ。



【BOB】【アルジェリア人質事件】「実名非公開の取材約束を破り、フェイスブック写真無断掲載する朝日新聞記者のモラルを疑う」テロとペンの暴力に蹂躙される犠牲者遺族が慟哭
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51406742.html

 BOBをはじめとして、様々な場所で話題になっていた、被害者遺族のツイート。
 こんな低モラルな事をやった上で、マスコミはこのような要請を政府に行っているのである。

【アルジェリア人質事件】 遺族ら「氏名公表避けて」→朝日新聞など加盟の内閣記者会、「死者7名の氏名公表すべき」と安倍首相らに要請 | 保守速報
http://www.hoshusokuhou.com/archives/22568908.html

 ついで、

【産経・アルジェリア人質事件】異例の被害者名「非公表」 専門家から懸念
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130122/crm13012221200022-n2.htm

 学者のこんな意見も産経が紹介し、実名報道の重要性を訴えている。

 まず今回の件だが、別に被害者匿名であろうとも報道は可能だし取材もできるであろう。実際、被害者遺族の方と思われる前述のツイートは、「氏名公表を避けてほしい」という前提で朝日新聞の取材にも応じている。
 上智大教授の弁は的はずれと言わざるをえない。

 そもそも、そんなに実名報道にこだわるのであれば、朝日はなぜに、通名報道をやっていたのか。表向き、韓国人や中国人達、通名を使用している人々への配慮であろう?まあ本音は在日外国人の人権などどうでもよく、特定アジア全体のイメージダウンの防止策だったのだろうけど。

 表向きの「人権重視」の配慮は、日本人に向けられていない事が火を見るより明らかな、一連の流れだった。
 フェイスブックの写真を載っけてるとか、リテラシー面で被害者遺族は甘かったと確かに思う。が、「弱者の味方」を標榜する朝日新聞の所業とはとても思えない。

 ま、俺のオヤジも朝日新聞に取材を受けた事がある話は何回かエントリにもした事があるが…。ヤツらは、取材上でやった約束を平気で破る。俺なんぞ足元にも及ばない大嘘つきである。さもありなんってところだ。

 そういう意味で、俺は「流石に朝日クオリティ。今も昔も、下々の者共に対する超絶上から目線は変わらねぇ」とか思うのだけど。単にネットで検証が可能にされてしまってあらが目立つようになっただけなんだろうけどさ。

 劣化したよな。マスコミ。
 最近、ホント朝日は支離滅裂だ。
 本日、朝日はこんな天声人語を書いている。

【天声人語】
http://blog.livedoor.jp/gotagotashita/archives/50378536.html

イスラム武装組織の実体は、聖戦をかたる山賊といえる▼無法者に対するのは、基幹産業と威信を守りたい国家。冷たい歯車二つに巻き込まれた生身は、どうにも無力だ。


 人権を無視する国家に対し、人間は無力なのだそうだよ。
 非武装バリヤーは核兵器に勝るという無防備マン・朝日新聞の台詞とは思えないね。



人気ブログランキングへ

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日は国民にイスラム圈への憎しみを煽り、咎を安倍政権に転嫁する

2013-01-22 23:29:09 | 国際
【ニコ動画】テレ朝の脳内変換「外国人を出せ」→「日本人を出せ」
http://nicoviewer.net/sm19880700

 と、言うわけでこりゃ酷い。

 誤訳をコメンテーターの宮田律氏が指摘しているにもかかわらず、そこをスルーして訂正もしていない様子。
 この時、テレビ朝日で流れたキャプチャ映像がネットに流れまくっている。











同社の他のニュース番組でも、

テロリストが、日本政府は人命第一だと言ったことを知っていたからこそ、日本人を狙った可能性がある


 と誤訳を指摘された後も、続けて解説していたようだ。(残念ながらこちらは動画未確認)

 これも…、これも産経の阿比留瑠比氏は、スタッフの力量不足で片付けようとするのだろうか。誰かの捏造がそのまま真実として流布され、捏造が発覚した後も発信元だった朝日は訂正もせず…まるで従軍慰安婦問題を見ているようだ。

 朝日は、今度はテレ朝だが、「イスラム圏への憎しみを炊きつけ、あたかも安倍政権に責任があるかの如く振る舞う」わけだ。

 ま、100歩譲って日本人狙い撃ちのテロだというテロップについては、翻訳関連の質の低下だったとしよう。
 しかし、これが訂正されずに流布されている状況で、それを訂正しようとしていないのは、どう考えてもテレビ朝日に非がある。

 非を認めるのがイヤとか、そんな幼稚な理由で訂正しないのか?ならばアルジェリア人にとってたいそう迷惑な話である。

 そして、こうしたアルジェリアの悲惨な現状にのっかるようにして、読売新聞らは政府の不備を煽る。こんなかんじ。

【読売】「海外メディアでは事件の詳細や日本人の安否も報道されている。
信頼できる情報であれば、とにかく知りたい」。安否が分からない日本人駐在員の親族はこう憤る。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130121-OYT1T00673.htm

※文中、日本政府に向けたとされる明確な「被害者家族の不満を表現する台詞」がない事に注目※

 つーか、海外メディアができて日本のメディアにできない事こそ猛省すべきであり、そこを日本政府に責任を転嫁しているようにしか思えないのだけどな。

 少し前。尖閣のビデオ公開事件の直後、フジタの社員が中国で拉致されるという、一種のテロが発生したが、その時マスコミは、時の民主党政権の危機管理能力を叩いただろうか。
 口蹄疫の問題が発生した時や、エジプトが政情不安に陥った時、マスコミはどうだっただろうね。
 安倍総理は、外遊を切り上げてアルジェリア案件にとりかかったが、赤松は口蹄疫の時に外遊をやりきっとったよな。

【赤松】外遊先でゴルフ
http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1224169.html

「赤松口蹄疫」赤松広隆(鳩山内閣農林水産大臣)、



 菅は、エジプトへ政府専用機を出さす、自身のダボス会議出席を優先し、あまつさえ、「勝手に(エジプトに)行った奴をなぜ助けるのか」などと激怒したそうやん。

【J-CAST】「邦人救出に専用機使わせず」 週刊誌報道を菅首相側は全否定
http://www.j-cast.com/2011/02/25089076.html?p=all



 この時、民主党はぜーんぜん叩かれなかったよ。ガチで。本気で腐っとったわ。
 今の安倍政権を見てみろ。ボッコボコにしてるやん。マスコミさん。

 なんかね。迂遠に安倍内閣を、今の政府与党を無理矢理叩こうという方向に展開したそうな流れ満載で、ちょっとイライラする。

人気ブログランキングへ

とびだせ どうぶつの森

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

陰謀論ってなんだろう

2013-01-21 22:18:57 | 政治(安倍政権)
【ブロゴス】陰謀論廃絶の困難を自ら証明した内田樹
http://blogos.com/article/53995/

 という記事が本日あって…。この記事が、

「陰謀論」を信じてしまう人は“複雑な思考”が出来ず、複数の原因を考えられない事が判明

 というスレタイで2chにアップされた。
 その後で、こんな記事も見つけた。

【変態】中川淳一郎氏「麻生氏は日韓議連の副会長だが、ネトウヨにも支持されている、漫画好きだけで支持する単純さがネットにはある」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1358752406/

 で、俺は、今日のエントリネタとして、この記事2つをくっつけて、中川淳一郎は麻生氏支持者がマンガ好きだけで麻生氏を支持していると、単一問答で思考しているまさに陰謀論者という流れでエントリしようと思っていた。

 中川淳一郎氏は、アンサイクロペディアで茶化されてしまう程度に有名な陰謀論者なのは間違いないし。

【アンサイクロペディア】中川淳一郎
http://ansaikuropedia.org/wiki/中川淳一郎

 俺も麻生支持者の一人ではあると思うが、ウチのブログの常連さんならご存知の通り、麻生元総理を支持するのは別に漫画だけではない。

 一番の理由は的確な経済政策で、2つ目の理由が他の政治家にはない、自身の能力に裏付けられた堂々たる態度と華やかさ、3つ目の理由が2つ目の理由をバックボーンとした、他国に媚びない姿勢であろう。
 俺は複合的に麻生氏が好きだ。麻生氏は、B層へのウケを狙って漫画好きをよくアピールされるが、実はマイナス面の方が大きいと思っている。
 コアな麻生支持者程、そうなのではないかと密かに思っているが、どうか。

 それなのに、中川氏のこの記事は、「麻生氏=漫画好き」「ネトウヨ=麻生支持」と単純思考を連発し、まさに典型的陰謀論者的思考ではないか。…とまあ怒りを感じて、俺なりにこの記事を紹介しようと思ったのだけど。

 …これって単なるレッテル貼りなんだよね。陰謀論でもなんでもない。レッテル貼りなんてぜんぜん珍しくない。こんな思考の方法をまったくしない人なんて、きっとどこにもいない。

 で、なんかおかしい。これじゃなんだかなんでも陰謀論になってしまうんじゃ…と思って、冒頭の記事の内田樹氏が意識せずに語ってしまったとされる陰謀論の文を読んでみたんだけど。
 案の定、何が陰謀論なのかよくわからん、そこそこ真っ当な文章なのであった。

政治家もビジネスマンもメディアも『国際競争力を高めなければ日本は生き残れない』と盛んに言い立てますけれど、彼らが言っている『国際競争』というのは平たく言えばコストカットのことなんです。
中国や韓国やインドとの競争というのは要するにコスト削減競争のことなんです。同じ品質の製品をどれだけ安く製造できるかを競っている。その競争での最大の障害になっているのが日本の人件費の高さです。これを切り下げないと世界市場では戦えない。そういう話になっている。
今、大学生が多すぎる、大学数を減らせという話が出ていますが、低学歴・低学力の若者たちを作り出していったいどうするのかと言うと、低賃金の労働力がほしいからです。
たしかに国内の人件費を中国やインドネシアなみにまで切り下げられれば企業は海外に生産拠点を移す必要がなくなる。国際競争に勝つためには日本の労働者の賃金を下げるというのがいちばん簡単なんです。すでに低賃金化は深刻になっています。


 問題の箇所はこれ。

 大学を減らせって話は、イコール低学歴・低学力の若者を作り出したいからってのは、ちょっと違うような気がするのだが、これはこれで、別に内田氏の個人的な見解であろう。
 国際競争力=コストカットという話は、安い労働賃金の国が台頭する現在、あながち変な話ではないと思う。

 俺も、危うく単純思考しかできない人の罠にかかってしまうところだったのであった。危ない危ない…って。ちゃうって。
 要するに、なんでもかんでも陰謀論ってアホちゃうのって事である。

 世の中は、多かれ少なかれ、誰かの意思で動いているのである。
 そういう意味で、多くの事象が陰謀たりえるという事を、まずは知った上で世の中を見たほうがいいと、俺は思う。

人気ブログランキングへ

アメリカは日本経済の復活を知っている

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加